2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:31:44 ID:BZwPkcyc
「仕事しろ」

「やだぁ、疲れたぁ」

「……」

俺はあまり大きくはないアイドル事務所で、プロデューサーをしている。
この仕事に就いたのは半年程前で、まだまだ新人だ。

俺は、夢を持つ人間が大嫌いだ。
アイドルなんかは言うまでもない。
こんな俺が、アイドルのプロデューサーなどをしてるのは、爺ちゃんのせいである。
それは半年程前、暑い夏の日だった。 


 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:32:13 ID:BZwPkcyc

******

ブーブー、ブーブー

「おい○○○、電話がなっているぞ。出なくていいのか?」

先輩が、箸を俺のポケットに向けて尋ねる。
俺は、ポケットから電話を出して液晶を覗いた。
そこには、爺ちゃんの名前が映されている。
爺ちゃんからとは珍しいな、電話をかけて来たのは初めてだ。
爺ちゃんと最後に喋ったのは、俺が大学に受かった時だったろうか。 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:33:12 ID:BZwPkcyc
「すみません、電話にでます」

先輩は弁当を、大きな口の中に流し込みながら言う。

「ひいよ、ひいよ。…おまへの肉、くっへもいい?」

俺は苦笑いで「どうぞ」と答えた。

「もしもし、爺ちゃん?久しぶり」

「おお、ワシの愛おしい愛おしい孫よ」

俺の記憶が正しければ、俺の爺さんは特に厳しい人ではなかった。
しかし、俺を気持ち悪いほど大事にしているわけでもなかった筈だ。 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:34:37 ID:BZwPkcyc
「何かいつもと違わない?」

「そうか?それよりも、大事な話があるんだ」

頼み事かよ。俺は、力の抜けた笑いを一つして、「なに?」と言う。

「アイドルのプロデューサーをしてみんか?」


その一言が、全ての始まりだった。
何でも元々いたプロデューサーが、過労で倒れて仕事を辞めてしまったらしい。
俺は即答した

「嫌だ、絶対に」

過労で倒れるような仕事を、孫に勧めるな。
そうでなくても、アイドルのプロデューサー?
そんなものは御免だ。
俺は強く断って、電話を切った。 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:35:04 ID:BZwPkcyc
しかし、爺ちゃんは諦めなかった。

「ただいまー」

「あら、おかえり。○○○」

家に帰ると、エプロンをした母さんが玄関まで出てきた。
俺は実家暮らしをしている。
別に親に甘えている訳ではない。家賃や光熱費は、俺が払っている。
俺には、父さんがいない。
俺が小さい頃にどこかへと消えたらしい。まだ小さかった頃なので良く覚えていない。

「何か臭くない?」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:35:29 ID:BZwPkcyc
「え?」

母さんは、スンスンと匂いを嗅ぐ。

「確かに」

そう言って母さんは、首を少し傾げ臭いの原因を考える。
そして首を正常な角度に戻して、笑顔を浮かべた。

「フライパンの火を付けっぱなしだ」

「…ヤバくない?」

「うん、ヤバイ」

母さんは、パタパタと小さな足音を立てながら台所へと向かった。
母さんの小さな背中をみると、きっと俺の父親は大きかったのだろうなと思う。
じゃないと、俺みたいにのっぽな奴が産まれないだろう。 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:35:54 ID:BZwPkcyc
母さんは少し抜けている。
だから、母さんを一人暮らしさせるのは少し恐いのだ。
決して、マザコンではない。

靴箱を開けて、俺の大きな革靴と、母さんの小さな靴を納める。
ネクタイを緩めながら、スーツのままで台所に行く。
呆然と立っている、母さんに尋ねた。

「大丈夫?」

母さんは、フライパンを両手で持ち上げて、俺にフライパンの中身をみせた。
見事なまでに、まる焦げだ。

「…大、丈夫?」

と母さんは、困ったように笑っている。 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:36:16 ID:BZwPkcyc
どうやってこれを見ると、大丈夫な可能性があるように思うのだろうか。

「大丈夫じゃないな」

俺にそう言われ、フライパンをコンロの上に戻す。

「どうしよう?」

「出前でも頼むか」

俺は携帯で、近くで宅配をしてくれる店を探す。

「ごめんねぇ」

母さんは小さな体を、もっと小さくして謝る。

「いいよ、ただ危ないから気おつけてね」

二人で台所を片付けているうちに、出前が届いた。 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:36:49 ID:BZwPkcyc
「いただきまーす」

「いただきます」

母さんの希望により、届いた超巨大ピザを食べる。
母さんは変わったものが大好きだ。小豆コーラを買って来るような人間だ。
どうせすぐに食べれなくなって、俺に押し付けるのだからやめて欲しい。

「美味しいねー」

母さんは柔らかく笑う。

「うん」

「…思ったより大きいね」

やはり、俺が処理しなくてはいけないのだろう。

「あっ、そうだ」

「どしたの?」

「今日ね、お父さんから連絡があったの」

俺は思わずに、眉間にシワを寄せる。

「え?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:37:17 ID:BZwPkcyc

「どうしたの?恐い顔して」

「いや、…何だって?」

「アイドルのプロデューサーをして見ないかって?」

俺は即答した。

「嫌だ」

「何でいいじゃない。可愛い女の子と居れるのよ」

「俺はアイドルが嫌いだ」

「ふーん、残念。お母さんをプロデュースして欲しかったのに」

「…は?」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:38:17 ID:BZwPkcyc
母さんは、手で口を覆いながら笑う。

「お父さんに勧められて、アイドルをする事になったの。年齢詐称すれば、大丈夫だからやってみないかって。面白そうだからやる事にしたの」

確かに、母さんは驚く程若く見える。若い、というよりも幼いと言う方が正しいだろう。
まず、実年齢がバレる事はない。
老け顔の俺と一緒にいると、母が妹だと思われてしまう事がある程だ。

「ごめん、ちょっとトイレ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 10:38:39 ID:BZwPkcyc
俺はトイレに入って、ジジイに電話をかけた。

「何だ?我が愛おしい愛お「おいっ、コラジジイ!!」

俺の怒声を浴びて、嬉しそうに言った。

「どうやら、話を聞いたようだな」

「母さんがアイドル何て、駄目にきまっているだろ!」

「マザコン野郎の愛おしい孫に選択肢をやろう。一、プロデューサーになる。二、大事なママをアイドルにする」


そうして、俺はプロデューサーになった。
俺は決してマザコンではない。 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 12:34:40 ID:BZwPkcyc

******

プロデューサーを始めて半年程立つが、全く慣れる事はない。
それは、プロデューサーと言う名目ではあるが、実際の仕事は、マネージャーから何から全てをしなくてはいけない事が、一つの理由だろう。
そしてもう一つの理由は

「プロデューサーおはようにぃ☆今日も頑張るよ!きらりんパワー注入すぅ?」

俺に近い身長のある、諸星きらりが恐ろしい質問をする。 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 12:35:03 ID:BZwPkcyc
「いや、いいです。それよりもスケジュールは確認したか?」

「バッチしだよお☆」

「ははっ、そうですか。…それでは」

きらりの前から逃げて、どうにか俺の机まで着いた。

「ふう」

「疲れているみたいですね。プロデューサー?」

「うおっ?!」

後ろをみると、佐久間まゆが微笑を浮かべていた。

「ははっ、すっ、少しね」

「へぇ、ところでプロデューサー。さっきはきらりさんと何を楽しそうに話してたんです?」

きらりは物理的なダメージを与ええてくるのに比べ、まゆは心理的なダメージを与えてくる。 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 12:35:40 ID:BZwPkcyc
「い、いやあ、他愛のないはなしさあ」

「他愛のない話も、ぜーんぶ知りたいんです」

「あー、営業に行かないと行けないのを思い出した!」

俺は事務所に来て早速、営業へと逃げた。
扉を開けて、外に出ようと一歩踏み出すと、誰かにぶつかった。

「すまないっ」

「痛いなぁ、これはもう家に帰らなきゃ駄目だね」

俺が事務所で、最も嫌いなアイドルが倒れていた。 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 12:36:09 ID:BZwPkcyc
俺はこの小さな体の可愛らしいアイドル、杏が大嫌いだ。

「すまない、少し慌てて」

俺が手を差し伸べると、何を思ったのか俺の手を掴まず、杏も手をこちらに差し出す。

「何だ?」

「飴ちょうだい」

子供のように無邪気な笑顔を浮かべて、飴をねだってきやがった。
こちらからぶつかったので、渋々と飴を差し出した。
ロイヤルキャンディーという銘柄の、その名の通り高級な飴だ。
双葉杏が言う事を聞かない時に与えなくてはいけないので、常に胸ポケットにしまってある。 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 12:36:28 ID:BZwPkcyc
「へへっ」

杏は嬉しそうに飴を受け取ると、口の中に放り込んだ。

「それじゃ、行ってらっしゃい」

「ちゃんと仕事しろよ」

「分かってる、分かってる」

絶対に分かっていないが、言ったところでどうせ無駄なので諦めて営業へと向かった。

俺がいつまで経っても慣れないもう一つの理由は、この事務所のアイドル達が個性的過ぎるからだろう。 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 14:26:57 ID:BZwPkcyc
******

午後からは杏のLIVEがあるので、杏を迎えに事務所へ帰ってきた。

「営業から戻りました」

「お疲れ様です、プロデューサー」

事務員のちひろさんが笑顔で迎えてくれた。
しかし、この事務員も癖がある。

「疲れたでしょう。どうぞドリンクを、いつもより値下しますよ」

何かあると、ドリンクを買わせようとするのだ。
このドリンクというやつが、中々疲れをとってくれる。しかし、恐ろしく高いのだ。 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 14:27:58 ID:BZwPkcyc
「遠慮しときます」

「そうですか?じゃあ、私がいただきます」

ちひろさんは、ドリンクのキャップを開けると、ぐいっと一気に飲み干した。

「あーっ、生き返る!」

こちらをチラと見ながら微笑んでいる。

「おい杏、LIVEに行くぞ」

早く事務所から出ないと、誘惑に負けてしまいそうだ。

「えー、疲れたぁ」

「何をしたというんだ」

「呼吸、あと食事、そういえば心臓もいっぱい動かしたなぁ」

この杏という奴は、とにかく働くのを嫌がる。 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 14:28:29 ID:BZwPkcyc
アイドルを目指したのだって、印税で一生働かなくていいようにという、冗談のような理由である。
しかし、ポテンシャルはかなり高く事務所で一番売れている。
俺は杏のふざけた夢も、そのふざけた夢を叶えようとするふざけたパワーも、高い能力を活かそうとしない所も大嫌いだ。

「ほら、早く行くぞ」

俺は杏を背負って無理矢理、車に連れて行った。

「いやー、誘拐だー」

「黙れ」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 14:28:56 ID:BZwPkcyc
******

大きなステージなのに、殆ど動く事なくライブをしている。
杏のライブには三畳ほどの場所があれば、十分過ぎるだろう。
殆ど動いていない、しかし観客の方は異常な程盛り上がっている。
杏は大きな動きこそしないが、観客が望んでいるパフォーマンスを理解して動いている。
観客が盛り下がらないように、加減をしながら分かるように手を抜く。
中々出来る芸当ではない。

杏の小さな体は、青や赤、様々な色の照明に照らされて綺麗に輝いている。
小さな体を動かすと、それに合わせて会場が揺れる。

本当に綺麗だ。

そんな姿を見れば見る程、俺はこいつを嫌いになる。
俺は夢を持ち、輝いている奴が大嫌いだ。 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 14:29:15 ID:BZwPkcyc
これは嫉妬だ。
悪いのは俺だと理解している。
しかし、分かったからといってやめれるものでもない。
そんな簡単に思いを変えれるのならば、きっと、貧富の差をなくす事も簡単であろう。
理解をしても変われない。
理解していても、安い服を買って安いハンバーガーを食べて、貧富の差を広げる。

俺が悪いと知りながらも、俺は杏を嫌うのだ。

夢を持ち、才能があり、輝いて見える杏が眩しくて、嫉妬する。 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:04:48 ID:BZwPkcyc
******

「はぁ、疲れたぁ」

助手席に座る杏は、もう何度目か分からないほど、繰り返しそう言った。

「もうすぐで、お前の家に着くから」

「んー、今日も部屋まで負ぶっていってね」

「はい、はい」

「プロデューサーは車を持ってないの?」

「持ってるけど、何で?」

「いつも、事務所の車しか使わないから」

「ああ、俺の車はタバコ臭いから。アイドルに臭いがついたら、いけないだろ。それに車で事務所に来るのは疲れる」


「吸うのをやめなよ」

「簡単にやめれないんだよ」

前の職場よりも、遥かにストレスが溜まるのに禁煙なんて出来るか。 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:05:17 ID:BZwPkcyc
杏の住むマンションに着いた。
俺はいつも停める位置へと車を停める。
本当は停めては駄目そうな位置だが、杏を背負う距離を少しでも減らしたい。
いくら軽いといっても、やはり疲れるのだ。


「杏、鍵出せ」

「ん」

杏から鍵を受け取って、扉を開ける。
杏を背負ったままで、自分の靴と杏の靴を脱がせる。

奥の、杏の寝る部屋へと歩く。
一番奥の部屋なので、いくつかの部屋を過ぎる。
どの部屋も暗くて静かだ、そして静けさを強めるような、冷んやりとした空気が広がっている。

一人暮らしをした事がないので、こういう空間に暮らす事がいまいちイメージ出来ない。 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:05:48 ID:BZwPkcyc
奥の部屋に辿り着くと、杏をベッドへと放り投げた。

「あう、…ありがとプロデューサー。じゃあね」

杏は顔をベッドに押し付けたまま、手をヒラヒラと振った。
杏はいつも疲れているが、いつも以上に疲れているように見える。
まぁ、気のせいか。

「じゃあな、明日もちゃんと来いよ。明日は朝からサイン会だからな」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:06:30 ID:BZwPkcyc
******

翌朝、杏は事務所に来なかった。
俺は慌てて杏の家に向かった。

「おい!杏!!起きてるか!」

ドアをどんどんと叩く。
しばらく叫んでいると、ガチャリと鍵の空く音がした。
俺は急いで扉を引く、しかしチェーンの鍵はついたままで、ガチャンっと引っかかった。

扉の隙間から中を伺う。

「杏?」

すると、怯えるようにこちらを杏が見ていた。
俺の顔を確認すると力無く笑った。
一体何を笑っているのだこいつは。

「おい!朝からサイン会だって言ったろ」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:07:03 ID:BZwPkcyc
つい声を荒げて怒ってしまう。
杏はチェーンも外して、外に出てきた。
怒る俺に対して、何か不満がありそうだったが不満を出さずに、「ごめん」と呟いた。

「もう、いいよ。急いでサイン会に向かうぞ」

仕事場に着くと、しょげていた杏は切り替えて、いつもの気怠い雰囲気でファン達に。

「ごめん、ごめん。寝坊した」

と謝った。少しヒヤリとしたが、ファン達にウケてどうにかなった。

サイン会が終わると、急いで杏を車に連れ込んだ。
少し気になることがあったのだ。

「杏、お前何か隠してないか?」

「何かって」

「何かだよ。お前、最近いつも以上に変だぞ」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:07:32 ID:BZwPkcyc
「別に…気のせいじゃない」

杏はふざけるように笑った。でも、目には明らかに疲労の色がある。
何かを隠しているのだろう。
でもこれ以上聞いても、誤魔化されてしまうだけだろう。

「どうにもならなかったら、俺に言えよ」

「大丈夫だって」

******

俺が書類を書き終え、体を伸ばしていると、ちひろさんが俺の机にお茶を置いてくれた。
ゴツゴツしていて、歪な形をしている湯飲みだ。
俺は見る目が無いので、これが良いものか悪いものかは良く分からない。

「お疲れ様です」

「ありがとうございます」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:08:00 ID:BZwPkcyc
ちひろさんはドリンクを買わせようとしなければ、良い人なんだが。
オッパイも大きいし。

「最近の杏ちゃん、何だかおかしくないですか?」

やはり他の人から見ても、最近の杏はおかしいようだ。

「ですよね、何かありそうなんですけど教えてくれないんです」

「プロデューサーにも話してくれないんですか」

ちひろさんは眉をしかめる。 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:08:20 ID:BZwPkcyc
「何だか俺と杏が仲良いみたいに聞こえますよ」

思わずに俺は苦笑する。
俺と杏ほど噛み合わない奴はいないだろう。

「違うんですか、杏ちゃんは嫌いですか?」

というよりも、アイドルが嫌いです。
なんて事を言える訳も無く、適当に答える。

「嫌いじゃないですよ、でも俺と杏って凸凹じゃないですか。外見も内面も」

自分で言うのもアレだが、俺は真面目な方だと思う。
杏とは正反対の性格だ。

「だから噛み合うんですよ」

ちひろさんは何故か満面の笑みで答えた。
一体何がそんなに嬉しいのだろうか。 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:55:20 ID:BZwPkcyc

息を深く吸う。
肺に、汚れた空気が溜まるのが分かる。

「ふうーっ」

肺の中に溜まったものを、全て吐き出す。
俺の中から出てきた空気は、周りの空気と比べ明らかに異質な色をしている。
俺の作り出したものだと一目で区別がつく。
すると、汚れている空気が、不思議と愛おしいような気がした。
手を伸ばして掴んで見る。
空気は空気と混ざり合って、溶けてしまう。
握った掌を開けてみても、俺の空気は消えていた。

杏は何かを隠している。
きっと、大事な事だろう。
何故話さないのだ。俺はプロデューサーだぞ。
杏には話す義務があると思う。
何だか腹が立ってきた。 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:55:46 ID:BZwPkcyc
もしも、また仕事に支障が出たらどうするのだ。
俺に迷惑がかかるだけなら良いが、うちはまだ小さな事務所だ。
他のアイドル達にも迷惑がかかるかもしれない。

プロデューサーを辞めたくて仕方が無いのに、こんな事を考えるのはやはり、俺は真面目なのだろう。

真面目に生きるしかないからな。
夢なんて無いし、何も無い。
何にも無い、真面目に普通に、それ以外の生き方など分からない。

別に真面目に生きたく無い、それしか俺には出来ないだけだ。

息を深く吸う。
息を深く吐く。
白い空気が闇に浮かぶ。

「あーっ、ムカつく。プロデューサー辞めてぇ」

やはり、白は黒に溶けてしまった。 


36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:57:29 ID:BZwPkcyc

******

今日は憂鬱だ。
プロデューサーを始めてからは毎日が憂鬱だが、今日は一段と憂鬱な日だ。
今日は杏の大きなライブがある。

今日もまた、俺は杏を嫌いになるだろう。

「入るぞー」

杏の楽屋のドアをノックする。
杏の慌てた声が返って来る。

「ダメッ、ちょっと待って」

「いや、もうライブ始まるぞ。どうした?」

「えっと、いいから待ってて」

どんな時でもノンビリしている杏が慌てている。
これは何かある、もしかして最近の変な理由が分かるかも知れない。 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:57:56 ID:BZwPkcyc
そう思って俺はドアを開けた。

「ばっ、馬鹿!」

俺は言葉を失くした。
別にトラブった訳では無い。
そんなに良いものではなかった。
杏はステージ衣装を、覆い隠すように持っていた。
しかし、杏の小さな体では隠しきれていなかった。

衣装は、切り刻まれていた。

一体どういう事だ。あまりに予想のしない事態に言葉が出ない。
杏は、大きな瞳に涙を溜めている。

「ごめんなさい」

そう言って、溜めていた涙をこぼしはじめる。

「いや、謝るな。…説明してくれないか」

杏は泣きながら、俺に話す。 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:58:18 ID:BZwPkcyc
事の始まりは、二ヶ月程前らしい。
杏はその頃から、人気が出始めていた。
家に帰ると、白紙の手紙がポストに入っていた。
それが始まりだった。
そのうち白紙の手紙には、杏を傷付ける文字が入った。
手紙は電話に変わり、段々と色々な嫌がらせを受けるようになったらしい。

そして、今日は衣装を切り刻まれた。

「相手は分かるか?」

「多分」

「誰だよ?」

「サイン会によく来るファンの人だと思う。一度だけかかってきた電話の声が一緒だったと思う」

「何か恨まれる事をしたのか?」

「わかんない」

そう言って杏はメソメソと俯いてしまう。 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:58:52 ID:BZwPkcyc
二ヶ月の間、嫌がらせを受けているのか。
最近になるまで、全然気づかなかった。
俺は唇を噛みしめる。

「何で黙っていた?」

声が震えてしまう。
杏は消えそうなほど小さな声で「心配をかけたくなかった」と言う。

「何でだよ?俺が信用できないか」

「違うよぅ、だってプロデューサー仕事がいっぱいで大変そうだったから」

俺は、杏は自分が思うように生きていると思っていた、けれどそうではないようだ。
俺なんかが思っていたよりも、杏は優しい子なのかもしれない。

でも、やはり俺は杏が嫌いだ。

俺は杏の肩を掴んで怒鳴る。

「ふざけんな、ちゃんと言えよ!」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:59:23 ID:BZwPkcyc
杏はそれでも「でも」だなんて泣きながら反論する。

「でもじゃねえよ!確かに俺は疲れてるよ、大嫌いなアイドルのプロデューサーなんかさせられてよ」

感情が昂ぶって、余計な事まで言ってしまう。

「特に、お前なんか大嫌いだよ!」

こんな事を言いたくはないのに、本音が全部こぼれてしまう。
俺は、夢を持つ人間が大嫌いだ。
アイドルなんて言うまでもない。

「けどさ」

俺の中に溜め込んでいたものまでぶつけてしまい、少し落ち着いて話しかける。
本当に余計な事を言ってしまった、と何だか笑えて来る。 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 16:59:50 ID:BZwPkcyc
「俺は男だぜ、可愛い女の子が泣いてるなんて放っとけないよ」

杏の涙を指で拭う。
杏の頬に触れると、思ったよりもずっと柔らかくて驚く。

「男は可愛い女の子に頼られると、それだけで嬉しくなる馬鹿なんだからよ、変な心配すんな。ほら、助けて、って可愛くお願いしてみろ」

杏はまだ少し泣きながらも、可愛く笑ってお願いした。

「助けて、プロデューサー」

「よっしゃ、任しとけ」

俺は夢を持つ人間が大嫌いだ。
アイドルなんて言うまでもない。
けど、俺は男だ。
可愛い女の子を傷付ける奴の方が大嫌いだ。 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:25:17 ID:BZwPkcyc
ライブの衣装はどうにかなった。
なったと言えるかどうか怪しいような気もするが、どうにかなった。
衣装の代わりに、いつも杏が着ているTシャツと短パンでライブをした。
働いたら負け、という名言の刻まれたTシャツだ。
思った以上にファン達に好評なようだった。
何だか、杏のキャラなら何をしても許される気がしてきた。

******

「本当に泊まるの?」

「じゃないと犯人を捕まえれないだろ」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:25:53 ID:BZwPkcyc
一度だけかかってきた電話の声が似ているとだけの理由では、ファンを捕まえる事など出来ない。
捕まえるなら、現行犯だろう。

杏の話によると、最近は毎日ドアのポストに手紙や写真などが入れられるらしい。

そこを狙って捕まえてやる。

その為には、杏の家に泊まるのが一番だろう。

「何を心配してんだ?俺はロリコンじゃないから安心しろ」

女子高生はけっこう好きだったりするが、杏は小学生みたいだから欲情する事はあるまい。
杏の事だから、あまり気にしないと思って言ったが、頬を膨らませて黙り込んでしまった。 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:26:22 ID:BZwPkcyc
「あれ、怒った?」

「とときんの胸とか凛の足を、やらしい目で見る時があるの知ってるよ」

こいつは意外と周りを見ているな。
しかし、これについては仕方が無いではないだろうか。
今までは、華の無い職場に居たのだ、あれをやらしい目で見るなというのは無理だろう。

「そりゃあ、俺だって男だしぃ」

「凛は杏より年下だよ。杏の事はやらしい目で見た事ないよね」

だからどうした。お前はやらしい目で見られたいのか。

「…いいからもう寝ろ。夜更かしは美容の敵だ」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:26:47 ID:BZwPkcyc
丑の刻を過ぎた頃に、誰かが階段を登ってくる足音が聞こえた。
俺は足音を忍ばせながら、玄関の方に行った。
足音は、この部屋へと近づいて来る。
そしてこの部屋の前で止まった。
恐らく犯人だろう。
一体どんな奴だろうか。
もしかしたら、いかれた奴かもしれない。凶器を持っているかも。
今になって恐怖が湧いてくる。
汗ばんだ掌をズボンで拭いた。

カチャッ カチャ

ドアノブを余り音を立てないように回してきた。
そして、鍵が掛かっているのが分かると、ドアの向こう側で舌打ちをしたのが聞こえた。
その音を聞くと、俺の中から恐怖は吹き飛んだ。 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:27:38 ID:BZwPkcyc
代わりに、抑えつけるのが難しい程の怒りが溢れる。
今すぐにドアを開けて、こいつをグチャグチャにしたくなる。
必死に抑えて、奴が何かを入れるのを待った。
数秒してポストから写真らしき物が入れられた。
それを手に取り、確認するとそれは、ライブ前に切り刻まれた衣装の写真だった。

俺は急いで鍵を開け、思いっきりドアを開けて外に飛び出した。

階段の方を見ると、大きな影が慌てて降りるのが見える。 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:28:00 ID:BZwPkcyc
走って階段を下りると、すぐに犯人に近づいた。
恐らく、動きが鈍い奴なのだろう。後ろから肩を掴んで、思いっきり引っ張った。
そいつは、コンクリートの床に鈍い音を立てて倒れる。

「ひいっ!」

そいつは、いかにもオタクっぽい見た目の男だった。
割と杏のファンにはそういった人が多いが、こいつはその中でも群を抜いてそれっぽい。

襟元を握り締めて、余り大きな声を出さないように声を絞って喋る。
気をつけないと大声で怒鳴りそうだ。

「何でこんな事をした、正直に言えよ」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:28:21 ID:BZwPkcyc
こいつはこんな状況なのに、にやにやと気味の悪い笑みを浮かべている。

「へへっ、杏ちゃんは泣いた時が一番可愛いんだ。僕は杏ちゃんを可愛くしてあげただけさ」

「おい、確かに泣いている杏は可愛いかった。いつもふてぶてしくて、ダラダラとしている女の子っぽくない杏が、小さな体を震わせて泣いている姿は可愛かったさ。かなりそそるものがあったさ」

俺はどうやら頭に血が登ると、本音をベラベラと喋ってしまうみたいだ。

「だ、だろう?!」

「しかし!」

こいつは分かっていないな。 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:28:59 ID:BZwPkcyc

「泣いている杏が俺に頼って来た時の方がグッときたね。想像しろっ、杏が声を震わせながらお前の名を呼ぶ」

「ああっ、あああっ!!」

こいつは頭を抱えて、眉間に皺を寄せている。
己の浅はかさに気づいたようだ。

「そしてお前に、助けて、と言うんだ!」

「うひょおおお!!僕が間違ってました!!!」

「うっひょおおお!そうだろう!!だから、杏に頼られるような人間になれぇ!!」

「でも師匠」

変態に師匠も呼ばれると、まるで俺が変態の師匠になった気分だ。 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:29:22 ID:BZwPkcyc
「何だ?」

弟子は涙をボロボロと溢れさせながら口を開いた。

「俺はっ、杏ちゃんにひどい事をしました。こんなクズな俺には杏ちゃんに頼ってもらう事なんて」

俺は右足を引く。そしてリラックスした上半身を捻りながら、後ろ足の右足から、体重を全て前に移動させる。
そして弟子に拳が触れた瞬間に力を込めて、思いっきり振り抜く。
鈍い音を立てながら弟子は吹き飛んだ。

「確かに、お前のした事は最低だ。お前は屑だ。お前のやった事は一生変わりはしない」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 17:29:51 ID:BZwPkcyc
うずくまる弟子に近づいて、手を差し伸べた。

「でも、人は変われるんだ。変わろうぜ」

「しっ、師匠!」

俺と弟子が熱い抱擁を交わしていると、警察の方が来られて大変だった。
深夜に騒ぐのは駄目だな。 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:09:24 ID:BZwPkcyc
******

杏の受けた嫌がらせの問題は解決して、杏は調子を取り戻した。
そして、今までよりも一気に人気を伸ばしていった。
ジジイからも褒められて、給料も上がった。
アイドル達にも、少しずつではあるが慣れてきた。

でも、上手くいくほどに、俺の中にポッカリと空いた部分があるのが感じられた。
そこは本当に空っぽだ。
何にもない。
ただ虚しさだけが感じられる。
人は大人になるにつれて、大事な物を失っていくのに気付くと聞く事がある。
しかし、俺はそうではない。
元からないのだ。
初めから持っていないのだ、大事な物を。
だからそれを持っている奴が、羨ましかった。
俺はそんな奴らに嫉妬して、馬鹿だの無謀だのと笑っていた。
そうやって、自分を誤魔化していた。 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:09:50 ID:BZwPkcyc
けれど、それも出来なくなってきた。夢に向かって、努力し少しずつ夢に近付く少女達を、笑う事が出来なくなってきたのだ。

そうして必死に隠して来た、俺の中の隙間に目を背ける事が出来なくなった。

ある日、限界が来た。

ふと、ふざけた考えが頭によぎったのだ。
いつも降りる駅の、二つ程前の駅を過ぎた時に、ふざけた考えがよぎったのだ。

このまま、どこか遠くまで行ってみようか。

ふざけた考えだ、馬鹿らしい。
けど、今は何故かそれに妙に惹かれてしまう。 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:10:11 ID:BZwPkcyc
いつも降りる駅、そこに着いた時に俺は席を立たなかった。
電車はドアを閉める事を、機会音を鳴らして知らせる。
まるで俺に、本当にいいのかよ?と何度も尋ねているように聞こえた。
心臓の鼓動が高鳴る。
本当にこんな幼稚な事をするのか。

電車の扉は、空気の抜けるような音を立てながら閉まった。

ゴトンゴトンと電車が動き出すと、体が一気に軽くなった。
こうなったら、行けるとこまで行ってみよう。

電車を幾つか乗り換えたところで、ポケットの中の携帯が震える回数が一気に跳ね上がった。
時間を確認すると、事務所に着く筈の時間を一時間も過ぎている。 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:10:36 ID:BZwPkcyc
昼を過ぎた時に、外の景色を見ると海があった。
お腹も空いて来たので、次の駅で降りる事にした。
この頃には、携帯の方もだいぶ大人しくなった。

電車を降りると、冷たくて、強い風に身震いする。
辺りを見回すと、すぐ近くに飯屋があった。
取り敢えずそこに入って昼食を取る事にした。

飯を食べ終わって、次はどうしようか困る。
遠くまで来てみたが、当たり前だが何も変わらない。
ポッカリと空いた穴が、埋まるような事はない。

俺はなにを馬鹿な事をしているのだろうか。 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:11:09 ID:BZwPkcyc
ふらふらと彷徨うように歩く。
海の目の前まで行ってみた。
冬に来るとこではないな。
海には楽しくて騒がしい、そんなイメージを持っていた。
だけども、目の前に広がる海は孤独で淋しい感じだ。
まあ、夏の海と冬の海の違いなんだろうが。

携帯が震える。
誰かの声が聞きたくなって、誰からかも確かめずに出た。

「もしもし?」

「プロデューサー、どこにいるの?」

子供のように、高い声だった。

「杏かぁ」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:11:41 ID:BZwPkcyc

「なに、どういう事?」

「いや、で何か用か?」

「用かじゃないでしょ!何してるの!どこに居るの!?」

杏は電話越しで怒鳴るが、まるで子供に怒られているようで少しも怖くない。

「いやぁ、なにしてるんだろ?」

ははっ、と声に出して笑う。
駅に降りた時に見た看板を、どうにか思い出す。

「△△△駅ってとこに居るよ。海が見える」

「どうしたの?壊れた?」

「ははっ、ひどい事を言うな」

そう言えば、前に俺もひどい事を言ったなぁ。 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:12:16 ID:BZwPkcyc
「なあ、前にお前の事を大嫌いだって言ったろ」

「…覚えてるよ」

「あれな、俺はお前が羨ましかっただけだから気にすんなよ」

「…別にきにしてなかったし」

少し、杏の声のトーンが上がった気がする。

「じゃあな、寝るわ」

「えっ!?」

何かを言おうとする電話の電源を落として、眠りについた。
起きた時には、何かが変わるだろうか。 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:12:39 ID:BZwPkcyc
*****

目を覚ますと隣に杏がいた。
幻覚かな。幻覚だろう。
杏は仕事があるのだ、ここにいるはずがないじゃないか。
でも、待てよ。
その理屈だと俺もここにはいないはずだ。
俺は杏に気づかれないように、そっと手を伸ばす。
手の甲が、杏のほっぺたにぶつかる。
手を裏返して、手のひらで頬を触って見る。
柔くて、気持ち良いな。
どうやら本物のようだ。

「何してんの?」

「プロデューサーにその質問を返すよ」

「ははっ、何でかな」

杏は俺を呆れたように笑って、海の方を見た。 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:13:11 ID:BZwPkcyc
「ねえ、私の何が羨ましかったの?」

「…簡単に言うと夢を持って、才能を持ってるところかな」

杏は「私の夢ね」と苦い笑みを浮かべた。

「夢ないの?」

「ないなぁ、昔から無いんだよ。何かやりたい事とか」

「ふーん」

「流れで生きてきて、これからも何となく選んだ物を着て生きていくんだろうけど、嫌なんだよ。俺じゃなきゃ駄目なものが欲しいんだ」

「ここまで来たら見つかった?」

杏は茶化すように言う。

「見つからない」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:13:34 ID:BZwPkcyc
「じゃあ、杏があげるよ」

「何を?」

「プロデューサーじゃなきゃ駄目なもの」

「何だ?」

「杏のプロデューサー。杏はプロデューサーじゃなきゃ嫌だよ」

杏は目を細めて、優しく微笑む。
こんな笑い方もできたんだな。

「あと、夢も上げよう。杏をトップアイドルにする事。どうかな?」

「それは、簡単に叶えれそうな夢だな」

杏が眩しくて、杏から目を逸らす。 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:14:14 ID:BZwPkcyc
俺は杏を知れば知るほど、話せば話すほどに、杏の良いとこを見つけてしまう。
嫉妬して、嫌う事が出来なくなった俺には、とても直視できやしない。

「まあ、悪くないや」

本当は嬉しいのに、ついそんな風に言ってしまう。
興奮すると本音が言えるのにな。

「ありがとうな杏」

「いいよ、プロデューサーの事好きだから」 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:14:36 ID:BZwPkcyc
いつもと変わらぬトーンで言うから、意味が掴めずに「プロデューサーとして?」と驚きながらも、平然を装って尋ねる。

「ううん、異性として」

杏は悪戯をした子供のようにな笑顔を俺に見せた。

俺は恥ずかしくて「あっそ」だなんてそっけない事を言ってしまう。

杏は鋭いから、俺の気持ちがばれてしまうと怖くなった。
でも杏は、悲しそうに笑った。

何でこういうとこは鈍いんだよ。
そして、俺もちゃんと言えよ。

ポッカリと空いたところを、モヤッとしたものが埋めてしまった。
少しモヤモヤするけども、とても心地が良い。 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 20:15:10 ID:BZwPkcyc
******

「ちょっと待てよ、杏。心の準備が」

「うるさいなぁ」

躊躇う俺を、後ろに杏は勢いよく事務所のドアを開ける。

「杏、プロデューサーを自分探しの旅から連れ戻しました」

きゃあああ、やめて。
そういう風に言われると恥ずかしくて死にそう。
穴があったら入りたい。
これだけ個性的なアイドル達が居るんだ、一人ぐらい穴掘りの上手い奴がいないかな。

「戻りました、すいません。ご迷惑をかけました」

「見つかりました?自分」

ちひろさんの素敵なスマイルで、心をズタボロにされる。しかし、俺が悪いので反抗できない。

「自分探しって何ですか?」

千枝ちゃんが純粋な瞳で俺に聞く。
やめてくれよ。 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:23:11 ID:BZwPkcyc

******

「プロデューサー」

俺は、杏の家に杏を送っているところです。

「プロデューサー」

杏ちゃんの髪から、少し甘い匂いが漂ってきます。
とてもいい匂いです。

「プロデューサー!」

「あっ、ああ何だよ」

「杏の家を過ぎてる」

「うっ、知ってるわ!」

杏は俺に怒鳴られてしょげてしまった。
しょげた顔も愛おしい。 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:24:10 ID:BZwPkcyc
一体俺は何をしているのだ。
初めて恋して、素直に慣れない男の子じゃないんだぞ!
ちゃんとやるんだ。
思い出せ、どうやって初めての彼女を作った?
あれ。うん。そうだ。
俺は彼女を作った事が無かった。
それなら、初めての告白はどうやった?
…うん、うん、うん。
告った事無かったな。
というか初恋ではないだろうか。
二十一歳にして初恋かよ。
いくらなんでもおかしいだろ。枯れてんのかよ俺。
しかし、どうしよう。
一体どうすればいいのだ。恥ずかしくて冷たく当たってしまう。

「プロデューサーはさ、杏の事を嫌いなのぉ?」

いつの間にか杏は泣いていた。
何をやっとるんだ俺は!
落ち着け、冷静に、優しい言葉を掛けてやるんだ。

「何で答えなくちゃいけないんだ」

俺の馬鹿野郎!! 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:25:00 ID:BZwPkcyc
「へへっ、そっか、ごめんね。でも杏の事を嫌いでも、杏は好きだからね」

俺は帰りの車で泣きじゃくった。
俺がこんなツンデレボーイだとは思わなかった。

家に帰ると、母さんが寝巻き姿で迎えてくれた。

「おかえりぃ」

「ただいま」

「自分は見つかったのかな?」

母さんはにやにやとしながら言う。
クソジジイか、あいつが教えたのか。

「んー、見つかった見つかった」

「良かったねえ」

俺は母さんと自分の靴を納める。
それを見て母さんは「ごめんね、納めるの忘れてた」と謝った。 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:25:39 ID:BZwPkcyc
「ねぇ、父さんってさツンデレだった?」

母さんは、蒸発した父さんの話をするのを嫌がらない。
というかむしろ、喜んで話す。

「えへー、そうだねぇ、ツンツンでした。何で分かったの」

「何となく」

どうやら俺は、父親譲りのツンデレらしい。 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:26:18 ID:BZwPkcyc

「ふあぁ」

目を覚まして時計を見る。
朝の六時だ。前まではいつも、ギリギリの8時まで寝ていた。
けど、最近はいつも六時に起きている。目を覚まして、プロデューサーの事を考えると胸がフワフワとしてあったかくなる。
そうすると、眠気など消えてしまい朝起きれるようになった。
でも今日は、何だか胸が痛い。
理由は分かっている。
プロデューサーに嫌われているからだ。
前にも嫌いだと言われたけど、優しくしてくれるから嘘だと思った。照れ隠しなんだと思い込んでいた。
でも、違ったみたいだ。 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:26:48 ID:BZwPkcyc
杏の気持ちを伝えると、プロデューサーは冷たい態度を取るようになった。
やっぱり迷惑だったのか。
言うんじゃなかった。
とときんや凛のような子に言われるなら別だろうが、こんなちんちくりんに言われても迷惑だろう。
事務所に行くのが辛いなぁ。
でも、プロデューサーに会いたいや。

「おはようございまぁす」

事務所に来るのは何て疲れるんだろうか。
杏の体力では来たら、もう帰る力しか残らないや。 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:27:48 ID:BZwPkcyc
「帰りたい」

「じゃあ、帰れ」

プロデューサーの冷たい言葉が飛んでくる。
来て早々に心を折られそうだが、どうにか泣かずに踏ん張る。

「にょわー。プロデューサー杏ちゃんをイジメちゃメー☆」

あっ、プロデューサーが逝った。

「きらり、落ち着いて!」


お詫びに杏に昼食をプロデューサーが奢るということで落ち着いた。
杏の事できらりがあんなに怒るとは思わなかった。 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:29:11 ID:BZwPkcyc
「ごめんねプロデューサー、杏のせいで」

パスタを食べながらプロデューサーに謝った。

「本当にな、お前が先に余計な事を言ったのに」

「…ごめんね」

杏が謝ると、プロデューサーは余計に苛々している。

「プロデューサー、ごめんね」

余計に怒らせると分かっても謝らずにはいられない。
だって嫌われたくない。

「ごめんなさい、だから嫌わないでよぉ」

耐え切れずに泣いてしまった。
いけない、迷惑をかけるともっと嫌われる。
けどそう思えば思うほど、涙は止まらなくなる。
どうしよう、プロデューサーにもっと嫌われる。 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:29:49 ID:BZwPkcyc

その時、ブチんっ、と何かが切れるような音がした気がした。


ブチんっ、と俺の中で切れる音がした。
多分キレタ音だろう。俺が俺に対して。
こんなに可愛い女の子を泣かして、俺は馬鹿じゃないか、死んだ方がいいんじゃないか?

俺は立ち上がって杏の方に近付いた。杏の頭に手を伸ばす。
杏はビクンと身体を震わせて身構える。
杏の頭をクシャクシャに撫でる。
杏は目を丸くしてこちらを見る。
ああ、可愛すぎる、愛おしすぎる。
俺は思わずに杏を思いっきり抱き締めた。

「ふぇっ!?え、プロデューサー?」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:30:09 ID:BZwPkcyc
「ああ、可愛い!可愛いよ杏!!お前は何で可愛すぎるんだよ、俺を殺す気か!?萌え殺す気なのかい!計画殺人か!?」

呆然としている杏と、周りの客達を放置して俺は暴走する。

「あああ!いい匂いがするぅ、なにこれこの不思議な匂いヤバ過ぎ!小さい手も口も可愛いよ大きな瞳も超ラブリーです!!!俺に嫌われたと思って傷付かせてごめんね!そして、そんな杏にときめいてゴメンよお!!!」

色々と吐き出すと落ち着いてきた。
ああ、ヤバイ。逃げよう。

「店員さん。これお金!お釣りは要らないから!」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:30:41 ID:BZwPkcyc
杏を抱きかかえて、店から飛び出した。


「あーっ、走ったあ、はあっ、疲れたぁ」

事務所までノンストップで走ってしまった。止まると杏に何か聞かれそうで怖かったから。

「よし、入るか」

事務所に入ろうとすると、服の裾を掴まれてしまった。

「説明してよ」

ですよねー。

「えっと、つまりな」

なんて言えばいいのだろうか。
色々と考えてみても、分からないのでそのまま答えた。

「俺はツンデレなんだ」

何て馬鹿な説明の仕方だろうか。
きっと、最近の中高生ならもっと素敵に伝えれるだろう。 


76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/05(火) 21:31:24 ID:BZwPkcyc
「…そう、なんだ」

杏は涙をボロボロとこぼした。

「ええっ、どうしたの!?」

また何か傷つけるような事をしただろうか。
杏はどんどん涙をこぼして、大声をあげて泣いている。

「だって、…ひっく嬉しくてっ、!グスンっ嫌われ、たと思った」

このままでは事務所にまで聞こえてしまう。

「杏少し、声を抑えて」

「じゃっ、じゃあ、 キスして?」

ここは覚悟を決めるしかあるまい。キスってもちろんソフトの事だよな?いきなりディープはないよな?
キスの時って目をつむるもんかな、何秒ぐらいするのかな。
色々な考えを吹き飛ばして、キスをする。

杏の唇に触れると、ジンワリと幸せな気持ちが込み上げてきた。

オワリ