1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:21:24.12 ID:e+Kk4HfY0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「ゆいちゃん、絵本よんで」

結衣「また?京子はこの絵本好きだなあ」

結衣「しかたない、1回だけだよ?」

京子「ありがとう、ゆいちゃん、だいすき」

結衣「じゃ、よむね」

結衣「題名は、にんぎょひめ」

………

……



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

引用元: 結衣「京子が喋ってくれなくなった」 


 

ゆるゆり (1) 新装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2015-06-18)
売り上げランキング: 6,193
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:22:51.04 ID:e+Kk4HfY0
~結衣宅~

結衣「うーん…もう朝…?」

結衣「何か懐かしい夢、見てたなあ…」

京子「……」

結衣(あの頃の京子、可愛かったなあ…)

結衣(勿論、今も可愛いんだけどね///)

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:24:13.88 ID:e+Kk4HfY0
結衣「て、しまった、もうこんな時間じゃないか」

結衣「京子、起きて、急いで学校へ行こう」

京子「……」コクコク

結衣「京子?」

京子「……?」

結衣「どうしたの?昨日から喋ってないけど…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:25:40.52 ID:e+Kk4HfY0
結衣「…あ、ひょっとして、風邪で声が出ないとか?」

京子「……」

京子「……」コクン

結衣「もう、仕方ないなあ、京子は…どれどれ、熱は…と」ピト

京子「///」

結衣「うん、熱は大丈夫みたいだね、学校行ける?」

京子「……」コクン

結衣「よし、じゃあ行こうか、もし辛いようだったら言うんだよ?」

京子「……」ニコリ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:29:46.48 ID:e+Kk4HfY0
~学校~

結衣「ふう、何とか遅刻せずにすんだね、京子」

京子「……」コクン

結衣「綾乃、おはよう」

綾乃「……」ポー

結衣(綾乃、プリンと向かい合ってポーっとしてる)

結衣「綾乃」

綾乃「はっ!?あ、ごめんなさい、おはよう」

京子「……」ペコリ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:32:40.01 ID:e+Kk4HfY0
結衣(あれ、珍しいな、綾乃が京子に絡んでこないなんて)

綾乃「……大好き」ニヘラ

結衣(ああ、プリンが気になってそれどころじゃないのか…)

結衣(確かにあのプリンは美味しそうだからな…)

結衣(昨日みたいに、またわけて貰おうかな…)

京子「……」ツンツン

結衣「あ、ごめん、京子」

京子「……」プイッ

結衣「綾乃のプリン見てたからってそんなに怒らないでよ」クスッ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:37:57.90 ID:e+Kk4HfY0
~放課後~

~廊下~

結衣「さ、京子、部室へ行こうか」

京子「……」コクン

結衣「あれ、あそこに居るのは…千歳?」

結衣「いや、千歳は昨日鼻血出し過ぎて入院したから、千鶴かな」

結衣「千鶴、こんにちわ」

千鶴「……どうも」

京子「……」ペコリ

千鶴「……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:38:57.22 ID:e+Kk4HfY0
千鶴「な、なんだよ、歳納」

結衣「あ、ごめん、京子は今、風邪で喋れないんだ」

千鶴「……何か調子が狂う」

京子「……」ニコリ

千鶴「……!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:41:11.02 ID:e+Kk4HfY0
千鶴(無駄に喋らない歳納って、何か、可愛いな)

千鶴(そ、それに、何か良い匂いがするし)

京子「……?」

千鶴「……な、なんでもない」チッ

結衣「じゃ、私達はもう部活に行くよ」

京子「……」ペコリ

千鶴「あ、ああ、じゃあ…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:42:37.98 ID:e+Kk4HfY0
結衣「あ、そういえば、京子、昨日結局プリント出せてなかったよね」

京子「……」コクン

結衣「また綾乃に手間かけさせるのも何だから、持って行ったほうがいいんじゃない?」

京子「……」コクン

結衣「よし、じゃ、一緒に行こう?」スッ

京子「////」

結衣「も、もう、京子、手繋いだくらいで照れないでよ///」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:44:54.43 ID:e+Kk4HfY0
~生徒会室~

結衣「綾乃、いる?」ガラッ

綾乃「あ、あわわわわわ////」

結衣(綾乃、またプリン食べてる)

結衣(ほんと、大好きなんだなあ、プリン)

結衣「大丈夫だよ、綾乃、隠さなくても盗ったりしないから」

綾乃「え、あの……そ、そう?///」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:47:16.17 ID:e+Kk4HfY0
結衣「実は京子のプリントがまだ出てなかったから、届けに来たんだ」

京子「……」ペコリ

綾乃「あら、そうなの?」ジー

結衣(うわあ、綾乃、プリンが気になって仕方ないんだな)

結衣(またプリンと向かい合ってるよ…)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:49:03.75 ID:e+Kk4HfY0
結衣「じゃ、じゃあ、ここに置いておくね」

綾乃「わ、わざわざごめんね」

結衣「いや、いいよ、何時もの事だし」

結衣「じゃ、部室に戻るから」

綾乃「え、ええ、わかったわ…」

京子「……」ペコリ

結衣「綾乃、あの、ほどほどにね?」

綾乃「///」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:51:24.60 ID:e+Kk4HfY0
~部室~

京子「……」

あかり「京子ちゃん、今日はどうしたんだろう?」

あかり「結衣ちゃん、何か聞いてる?」

結衣「ああ、ちょっと風邪引いちゃったみたいで声も出せないみたいなんだ」

結衣「だから今日は大人しくしてるって」

あかり「そ、そうなんだぁ…心配だね…」

ちなつ(それで、今日は私に抱きついてこないのか…ちょっと寂しいかな…)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:54:26.06 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ「お待たせしました」

結衣「ありがとうね、ちなつちゃん」

京子「……」ペコリ

あかり「何時もありがとう、ちなつちゃん…あれ?」

ちなつ「ん?どうしたの、あかりちゃん」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:55:58.57 ID:e+Kk4HfY0
あかり「え、だって、一人分…」

あかり「……あ、ごめん、やっぱり何でもないよ、ごめんね!」

あかり「そっか、これ、ちなつちゃんなりの気遣いなんだ…あかり、馬鹿だな…」ボソッ

ちなつ「……?」

京子「……」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:58:16.82 ID:e+Kk4HfY0
~結衣宅~

結衣「京子、今日の晩御飯はどうする?」

結衣「風邪だからお粥にしておく?」

京子「……」コクン

結衣「よし、じゃあ、美味しいお粥作ってやるからな」

京子「……」ニコリ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:01:22.52 ID:e+Kk4HfY0
結衣「はい、完成」

京子「……」ペコリ

結衣「ふふ、ゆっくり食べてね」

京子「……」ニコリ

結衣(京子が喋れないのは残念だけど…)

結衣(何か普段より可愛く感じるな…)

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:02:35.66 ID:e+Kk4HfY0
結衣「さ、じゃ、じゃあ、一緒お風呂入る…?」

京子「……!?」

京子「////」

結衣「はは、冗談だよ、京子は風邪引いてるから、入っちゃまずいよね」

京子「……」ショボン

結衣「もう、京子、そんな残念そうな顔しないで」ナデナデ

京子「////」

結衣(可愛いよ、京子…)

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:04:26.03 ID:e+Kk4HfY0
結衣「フー、さっぱりした…」

結衣「よし、じゃあ、そろそろ寝ようか、京子」

京子「……」コクン

結衣「じゃ、布団に入って…電気消すよ~」

京子「……」コクン

結衣「……京子、もっとこっちへおいでよ…」

京子「////」

結衣(本当、可愛いなあ、今日の京子…)

結衣(それに、甘い、いい匂いするし…)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:06:55.95 ID:e+Kk4HfY0
結衣「あ、そういえばさ」

京子「……?」

結衣「明日からの連休は、実家に帰られないといけなくなったんだ」

京子「……!」

結衣「もう、京子、そんな驚ろかなくても…」

結衣「ほんの数日の事だし、さ」

京子「……」コクン

結衣「うん、じゃあ、おやすみ…」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:09:58.52 ID:e+Kk4HfY0
~休日~

~洋菓子屋~

ちなつ「~♪」

ちなつ「あれ、洋菓子屋さんに京子先輩が…」

ちなつ(何だろ、何か寂しそうだな…)

ちなつ「京子先輩!」

京子「……!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:11:37.72 ID:e+Kk4HfY0
京子「……」ペコリ

ちなつ「まだ、喋れないんですか?大丈夫です?」

京子「……」ニコリ

ちなつ(うわ、き、昨日より、笑顔が魅力的…)

ちなつ(だ、だめよ、チーナ、だめなんだから…)

ちなつ「こ、こんな所で、何やってるんです、京子先輩」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:13:39.89 ID:e+Kk4HfY0
京子「……」モジモジ

ちなつ「ん?あ、ひょっとして、お菓子が欲しいけどお金が無いとか?」

京子「////」コクン

ちなつ(もう、やめてよ、京子先輩、そんなに可愛いしぐさで私を魅了しないで///)

ちなつ「じゃ、じゃあ、おごりますよ、普段から、京子先輩には色々よくしてもらってますし///」

京子「……!」ニコー

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:15:27.65 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ「じゃあ、幾つか買ってあげますね///」

ちなつ「わ、わたしの家に行って、一緒に、食べましょう///」

ちなつ(ああ、私、何言ってるの、けど、止まらないよお///)

京子「……」コクコクコク

ちなつ「そ、それじゃあ、レジ行きましょうか///」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:16:21.81 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ(う、うう思ったよりお金かかった…)

ちなつ(今月は厳しいのになあ…)

京子「……♪」

ちなつ(けど、まあ、京子先輩がこんなに喜んでくれてるから、いいか…)

京子「……?」

ちなつ「な、なんでもありませんよ…あの、京子先輩、お菓子食べたら帰ってくださいね!」

京子「……」ショボン

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:19:51.96 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ「京子先輩?」

京子「……」ショボン

ちなつ「あ、そういえば、今日は結衣先輩、実家に帰ってるんでしたっけ…」

京子「……」コクコク

ちなつ「うーん、京子先輩の家って、両親は旅行に出てるらしいし」

ちなつ「今日は1人って事ですか」

京子「……」コクン

ちなつ(それで、寂しくて、行き場が無くて、あんな顔してたんだな…)キュン

ちなつ(な、何なのよ、このキュンは…別に京子先輩のことなんか…)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:22:44.40 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ(けど、可愛そうだよね、今日一日くらいなら…)

ちなつ「じゃ、じゃあ、京子先輩、あの、私の家に泊まります?」

京子「……!」

ちなつ「別に、他意は無いんですからね、変な事しちゃ、だめですよ?」

京子「……!」ペコリ

京子「……」ニコー

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:24:15.93 ID:e+Kk4HfY0
ちなつ(だ、だから、その笑顔やめて///)

ちなつ(もう、我慢できなくなっちゃいそう///)

ちなつ「じゃ、じゃあ着いて来て下さい!」プイッ

京子「……」コクコク

ちなつ(うう、黙ってついてくる京子先輩、可愛い…)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:25:30.89 ID:e+Kk4HfY0
~ちなつ宅~

ちなつ「あ、京子先輩、食事はどうします?」

京子「……」フルフル

ちなつ「何処かで食べてきたとか?」

京子「……」コクコク

ちなつ「私ももう食べちゃいましたしね、じゃあ、このままお菓子パーティーに突入です!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:26:17.28 ID:e+Kk4HfY0
京子「……」ニコニコー

ちなつ(あ、もうだめだ)

ちなつ「京子先輩!」ガバツ

京子「……!?」

ちなつ「きょ、京子先輩が悪いんですからね、そ、そんな無防備な///」

ちなつ「無防備な笑顔で私を魅了するから///」

京子「//////」

ちなつ「ああ、京子先輩、可愛いです、もう、食べちゃいたいです、京子先輩///」スリスリ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:30:50.74 ID:e+Kk4HfY0
~コンビニ~

千鶴「ふう…姉さんは鼻血出し過ぎて入院しちゃってるし、お婆ちゃん達もその付き添いだし…」

千鶴「今日は1人か…」

千鶴(……げ、洋菓子コーナーに居るのは、歳納なんたら…)

京子「……」ペコリ

千鶴「……相変わらず、喋れないのか?」

京子「……」コクコク


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:32:38.94 ID:e+Kk4HfY0
千鶴(喋れない歳納って、本当に、可愛いよな…)

千鶴(何時もは殴りたくなるけど、今日は全然そんな気になれない…)

千鶴「何してるんだ、こんな所で」

京子「……」モジモジ

千鶴「……ああ、お菓子が欲しいのか」

千鶴「買えばいいだろ、これくらいなら」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:34:56.90 ID:e+Kk4HfY0
千鶴(あ、そういえば、綾乃さんが…歳納の家はしばらく前から家族が旅行に出てるって言ってたな…)

千鶴「もしかして、もうお金ないのか?」

京子「……」コクン

千鶴「そ、そうか…」

千鶴(1人の上にお金まで無くて、更に声も出せない…か)

千鶴(流石にかわいそうだな)

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:37:08.44 ID:e+Kk4HfY0
千鶴「仕方ない、私が買ってやるよ、それくらいなら手持ち有るし」

京子「……!」パァ

千鶴(凄く元気になったな、まあ、喋れないのは相変わらずだけど)

千鶴(こいつは、これくらい笑ってた方が似合う…)

千鶴(って私何考えてるんだ///)

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:41:44.62 ID:e+Kk4HfY0
千鶴「ふう、割と高かったな、そのお菓子」

京子「……」ペコリ

千鶴「ああ、そんなに礼しなくても大丈夫だ」

千鶴「それより、今日はもう家に帰るんだろ?」

京子「……」ショボン

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:42:44.60 ID:e+Kk4HfY0
千鶴(また沈んだ…まあ、家に帰っても1人なのは、確かに寂しいからな…)

千鶴(仕方ない…)

千鶴「歳納、私の家に来るか?」

京子「……!?」

千鶴「私の家も姉さんや家族は病院に居るし」

千鶴「1人分の飯だけ作るのも、食材がもったいないからな」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:44:45.07 ID:e+Kk4HfY0
京子「……!」コクコクコク

千鶴(う、必死で頷いてる様子、可愛い…)

千鶴「じゃ、じゃあ、大人しくしてるんだぞ?」

千鶴「ちゅっちゅとか言い出したら、追い出すからな?」

京子「……」コクン

京子「……」ニコー

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:46:50.58 ID:e+Kk4HfY0
~池田宅~

千鶴「ふう、食べた食べた…」

京子「……」ペコリ

千鶴「風呂ももう入ったし…そろそろ寝るか」

京子「……」コクン

千鶴「じゃあ、私はソファーで寝るよ、風邪引いてるヤツはベッドで寝ろ」

京子「……!」フルフルフルフル

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 23:48:39.52 ID:e+Kk4HfY0
千鶴「なに?一緒にベッドでって?」

京子「……」コクン

千鶴「お、お前な、幾らなんでも、その///」

京子「……?」

千鶴(…ああ、そうだよ、私、歳納如きに何を意識してるんだ///)

千鶴(無視して一緒に寝てしまえ///)

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:06:38.91 ID:/j6wxQ270
千鶴「いいか、歳納、私に触れたら本当にたたき出すからな?」

京子「……」コクン

千鶴「まったく、お前と一緒のベッドで寝る日がこようとは…」

千鶴「さ、もう電気消すぞ」

京子「……」

千鶴「な、なんだよ、私の顔をじっと見るな///」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:07:14.03 ID:/j6wxQ270
京子「……」ニコニコー

千鶴「何なんだよ、何でお前、そんなに嬉しそうに私を見るんだ///」

千鶴(う、うう、やっぱりソファで寝たほうが…歳納、いい匂いがするし///)

千鶴(けど、我慢、我慢だ私…!)

京子「……」コロン

千鶴「お、おい、私、さっき言ったよな、触ったら追い出すって///」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:09:15.31 ID:/j6wxQ270
京子「……」ウルッ

千鶴「あ、いや、違うんだ、嫌なわけじゃなくて、な?」

京子「……」

千鶴「ああ、もう、わかったよ、ちょっとなら触れてもいいから///」

京子「……!」ニコー

千鶴(ああ、もう、可愛い///)

千鶴(けど、我慢だ、我慢しろ私…!)

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:11:44.31 ID:/j6wxQ270
~ケーキ屋~

向日葵「櫻子、歳納先輩が困ってますわよ、早く手を離しなさい!」

櫻子「べーだ!歳納先輩が嫌がってるのはお前なんだよ!早く手離せ!」

京子「……」オロオロ

向日葵「え、あ、ごめんなさい、歳納先輩、困らせてしまいましたわね…」

櫻子「あ、別に本気で喧嘩してるわけじゃないですし、そんな顔しないでくださいよ、歳納先輩」

京子「……」ニコー

向日葵(ああ、可愛いですわ、歳納先輩、食べてしまいたい…)

櫻子(う、うう、いい匂いがするよ、歳納先輩、よだれが…)

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:12:04.29 ID:/j6wxQ270
~百貨店~

りせ「……」

京子「……」ニコ

りせ「……」

京子「……」コクコク

りせ「……」

京子「……」ニコー

りせ「////」

京子「……?」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:12:47.60 ID:/j6wxQ270
~連休明け~

~朝~

結衣「うう、連休中は、全然、京子に会えなかった…」

結衣「暇を見つけて京子の家を訪ねても、居なかったし…」

結衣「友達の家に泊ってるって、誰の事だよ…」

結衣「うううう…」

結衣「あかりか…ちなつちゃんか…まさか、綾乃って事ないよね…」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:15:30.40 ID:/j6wxQ270
結衣「あ、きょ、京子!?」

京子「……」ニコ

結衣「きょ、京子、何処に行ってたの?」

結衣「連休中、居なかったでしょ!?」

京子「……」オロオロ

京子「……」ペコリ

りせ「……」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:16:49.52 ID:/j6wxQ270
結衣「え、京子、どうして会長と…」

京子「……?」

りせ「……」

結衣「あ……そ、そうか…そうだったんだ…」

結衣「会長の家に、ずっと泊ってたんだ…」

結衣「あ、あはは、気付くべきだったよな」

結衣「京子、喋らないのは、風邪とかじゃなくて…」

結衣「会長に、会長に合わせてたからなんだ…」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:19:55.65 ID:/j6wxQ270
京子「……!」

京子「……」フルフルフル

結衣「違うって言うの?じゃあ、どうして、喋らないの?」

結衣「もう、何日も経ってるのに、全然しゃべらないじゃない…」

結衣「風邪とかじゃ、ないんでしょ…」

京子「……」

京子「……」コクリ

結衣「……」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:34:11.25 ID:/j6wxQ270
結衣「……もう、わかった、わかったよ…」ウル

結衣「あ、あはは、ごめんね、ちょっと、変な言いがかりつけて…」

結衣「そうだよね、京子が、誰と親しくなろうと、私、関係ないもんね」グス

結衣「じゃ、じゃあ、私、先に学校行くね…」タッ

京子「……!」グイッ

結衣「離して……もう、京子の事、わかんないよ…ごめん…!」バシッ

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:36:04.76 ID:/j6wxQ270
京子「ま、待って!結衣!」

結衣「……!」

結衣「……久しぶりに、聞いたよ、京子の声…」

京子「……」

結衣「ああ、また、喋らないんだ…」

結衣「もう、意味が判らないよ…京子…」

結衣「私を、私をいじめて、楽しいの…?」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:38:10.26 ID:/j6wxQ270
京子「だって、だって……結衣、信じてくれないんだもん…」ウル

京子「私が、好きだって言っても、信じてくれないんだもん…」

結衣「京子…?」

京子「私、言ったよ、何度も、結衣の家に泊まりに行った時も…」

京子「娯楽部で二人っきりになった時も…」

京子「けど、結衣、笑って流して…」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:38:40.44 ID:/j6wxQ270
京子「きっと、私が、お喋りだから信じて貰えないんだって、思った…」グスン

京子「同じような言葉を他の子にも使ってるからだって…」

京子「だから、言葉に出す事で想いが薄まってしまうなら…」

京子「い、いっそ、人魚姫みたいに、言葉を捨ててしまおうって…」ヒック

京子「そ、そうすれば、きっと、結衣にも伝わるはずだって…」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:49:54.02 ID:/j6wxQ270
結衣「きょ、京子…」

京子「でも、ごめん、私、人魚姫には、なれなかったよ…」

京子「ずっと、結衣に黙ってるの、辛かったし…」

京子「…けど、その分、想いは薄まってないと思うから、今のうちに言葉に出すね…」

京子「結衣、私は…」

京子「貴女が好き」

京子「本当に、愛してるの…」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 00:50:15.35 ID:/j6wxQ270
結衣「きょ、京子…」ポロ

京子「ゆ、結衣、泣かないで、どうしたの?」オロオロ

結衣「ご、ごめん、私も、私もずっと京子が好きだった…」

結衣「け、けど、私も、言葉に出してなかった…」グスン

結衣「それどころか、京子の言葉、本気かどうか確かめるのが怖くて…」

結衣「ずっと、避けてた…」ヒック

結衣「ごめんね、ごめん…」ヒック

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:04:39.62 ID:/j6wxQ270
京子「結衣…ありがとう」

結衣「京子、こんな泣き虫じゃ、私も王子様にはなれないね…」ゴシゴシ

結衣「ごめん…」

京子「……いいよ、王子様じゃなくても…」ダキッ

結衣「京子…」

京子「ずっと想いを伝えられなかった私達は、二人とも人魚姫の方がお似合いって事で」ニコ

結衣「////」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:21:00.49 ID:/j6wxQ270
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「ゆいちゃん、絵本よんで」

結衣「また?京子は本当にこの絵本好きだなあ」

結衣「すごく悲しい話だと思うんだけど」

京子「そんなことないよ」

結衣「え?」

京子「わたしも、ゆいちゃんが好きだし」

京子「一緒にいられるなら、にんぎょひめと同じ事すると、思うの」

結衣「京子…」

結衣「じゃあ、わたしも、京子と一緒にいるために、にんぎょひめになる!」

京子「ありがとう、ゆいちゃん」ニコ

結衣「えへへへ///」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:54:03.03 ID:/j6wxQ270
~夜~

~結衣宅~

結衣「じゃ、京子、電気消すよ?」

京子「うん」

結衣「……」ゴソゴソ

京子「……」

結衣「……」

結衣(京子、何かいい匂いするな…)

京子(結衣、温かいな…)

結衣(どうしよう、すり寄ってキスしたい…)

京子(抱きしめて、キスしてあげたい…)

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:54:18.28 ID:/j6wxQ270
結衣(言ってみようかな…)

京子(けど、いやらしい子だって思われるかも…)

結衣(……)チラッ

京子(……)チラッ

結衣(京子も同じ事考えてくれてる…)

京子(なら、言葉はいらないよね…)



二人とも人魚姫だから



チュッ




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:54:30.96 ID:/j6wxQ270
余談1

~学校~

~2-5教室~

京子「おはよ、綾乃」

京子「あれ、まだそのプリン、食べてなかったんだ」

綾乃「歳納京子に貰った限定品プリン…これが最後の一つですもの」

綾乃「ゆっくり味わって食べるわ…」ポー

綾乃「って、歳納京子、何時の間に!?」

京子「あんまりゆっくり食べてると、摘み食いしちゃうよ?」

綾乃「だめ!このプリンだけは歳納京子でも駄目なの!」

結衣「綾乃は本当にプリンが好きだよな」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 01:54:42.42 ID:/j6wxQ270
余談2

~放課後~

~娯楽部~

あかり「ちなつちゃん、どうしたの?」

ちなつ「うう、な、何でもないの…」ガクッ

ちなつ(つい京子先輩に襲いかかったなんて、言えないよ…)

ちなつ(な、何とか踏みとどまって、冗談って事で乗り切ったけど///)

あかり(もしかして京子ちゃんの事心配してるのかなぁ)

あかり(ちなつちゃん、優しいから…昨日も、皆にはハーブティー配って)

あかり(京子ちゃんにだけは普通のお茶出してたし…)