1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:15:04.25 ID:s52xRhW1o
未来「だーかーらだーれもーがーゆーめーを見てるー♪」

未来「どーんーなちーずにーもーのってーなーいけーどー♪」

未来「どーんーなーフンフンフンフンかーなーえーてみよおー♪ さあ今ー♪」

未来「っててん♪ ててっててってん♪」


未来「おっはよーございまーす!!」


P「それで、13時から――」

静香「はい、はい、分かってま――」

未来「あれ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451657704

引用元: 未来「みーらいはだーれにーもーみーえーなーいもーのー♪」【ミリマス】 

 

2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:16:16.24 ID:s52xRhW1o
未来「2人とも気付いてないのかな? おーい、静香ちゃーん!」

静香「……そういえば、未来はまだですか?」

未来「え!?」

P「連絡は来てないが……寝坊してるのかもな」

未来「えぇ!? ちゃんと起きれましたよ!」

静香「まったく、未来ったら」

未来「な、何言ってるの静香ちゃん? 私ならここに…………はっ!」

未来「分かった、怒ってるんでしょ! 私が昨日静香ちゃんのうどんに七味かけまくっちゃったこと!」

未来「それでこんなイタズラするなんて……もー、静香ちゃんも子供なんだから」

未来「でも、それならこっちにも考えがあるもんね! 必殺ーっ……」


未来「おっぱいターッチ、いぇい!」スッ

静香「ひゃん!?」

3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:17:11.13 ID:s52xRhW1o
未来「ダメだよ静香ちゃん、喋っちゃ! イタズラは最後までやらないと……」

静香「な、ななっな何するんですかプロデューサー!?」

未来「えっ?」

P「え? どうした突然」

静香「どうした、って……! あなたが突然、その、触ってきたんでしょう!?」

P「触っ……? えっ?」

未来「静香ちゃん、さすがにそれは無理が……」

静香「ふざけないで……! 最っ低! 法的措置も検討させていただきます!」

P「待て、どこでそんな言葉を」

静香「知りません! 失礼します!」

ガチャッ バタンッッ!!

P「えっ、ええぇ……?」

未来「す、すごいアドリブ……でも、プロデューサーさんがかわいそう……」

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:18:10.05 ID:s52xRhW1o
P「どうしたんだ一体……静香、知らない内にストレスが溜まってたのか……?」

未来「そうだ、もう知らないフリしなくても大丈夫ですよ、プロデューサーさん!」

P「いや、しかし……いくらなんでもあんな爆発のし方があるか……? 冤罪πタッチて……」

未来「プロデューサーさん?」

P「……と、すると……何かが実際にタッチしていた……のか……?」

未来「真面目だなぁ、そんな必死にやらなくてもバレないのに」

P「……」

P「…………」

P「……………………」

P「まさか……未来……か?」

未来「えぇ!?」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:19:09.33 ID:s52xRhW1o
P「そうだ、そうに違いない! 未来は寝坊なんてしてなかったんだ!」

未来「す、すごい設定になってません!? 寝坊はしてませんけど!」

P「何かしらの方法で誰にも気付かれずやってきて、サイレントπタッチを行ったとすれば……辻褄は合う……」

未来「…………も、もしかして……」

P「……」

未来「…………」

P「……ははっ、なわけないか。俺まで変になったみたいだな」

未来「私、みんなから見えてないの……? 本当に…………?」

P「未来ー。もしそこにいるんなら、俺にもしてくれよ、πタッチ」

未来「へっ?」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:20:14.11 ID:s52xRhW1o
未来「ぱ、π? プロデューサーさんの? 雄っπ?」

P「……なんてな。さぁ、静香を宥めに行かないと」

未来「で、でも、ここで触ったら、プロデューサーさんに気付いてもらえるかも……?」

P「しっかし、何を言ったらいいんだ……訴訟の対応から始まるコミュなんてあったかなぁ……」

未来「……」ゴクッ

P「とりあえず謝って……いや、そうすると犯行を認めることに……」

未来「……」

未来「…………」

未来「……………………」


未来「し、しっ失礼しまーーーすっ!!」キュッ


P「おふっ!?」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:21:11.26 ID:s52xRhW1o
未来「ぷ、プロデューサーさん……プロデューサーさんの雄っぱい……」

P「い、今のは……!?」

未来「触っちゃった……どっちかっていうと乳首だったけど……へ、えへへっ」

P「この、正確に両の乳首を狙い打たれる感覚……間違いない」


P「未来だ…………!! いるんだな、そこに!?」


未来「プロデューサーさん……! 気付いてくれたんですね!!」

P「いるなら返事を……そうだ! 俺の右乳首を触ってくれ!」

未来「えぇ!?」

P「……」

未来「……」


未来「え、えーいっ!」キュッ

P「おふっ」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:22:09.71 ID:s52xRhW1o
P「なるほど、確かに未来だ……姿は見えないが、確かに存在を感じるよ。乳首に」

未来「ほ、本当に見えてないんですね……」

P「でも、この状態だと会話もままならないな……」

未来「あっ、声も聞こえてないのかな?」

P「未来。イエスなら右、ノーなら左の乳首で答えてくれ」

未来「なんですかそのシステム!?」

P「どうして透明人間状態になったのか、心当たりはあるか?」

未来「え? うーん……ノー! あ、ノーって左でしたっけ?」キュッキュッ

P「おふっ。そうか……微妙に左右を間違えるところが未来らしいな、かわいいぞ」

未来「か、かわいいだなんてそんな……!」キュッ

P「おふっ」


ガチャッ

静香「……あの、プロデューサー」

9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:23:12.87 ID:s52xRhW1o
P「静香」

静香「その、さっきのことなんですけど……」

P「ああ、それなら問題ない。犯人は見つかったからな」

静香「えっ?」

P「そうだろ、未来?」

未来「はい!」キュッ

P「おふっ」

静香「みら……えっ? あの、どういうことですか?」

P「あぁ、それもそうか。右がイエスで左がノーなんだ」

静香「はぁ?」

10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:24:19.17 ID:s52xRhW1o
静香「――なるほど。それで見えなくなった未来が、その、触ってきたと」

P「分かってくれたか」

静香「理解はできませんけど……」

静香「未来? そこにいるなら……私の手、触ってみて」

未来「手? こう? あ、なんかお手みたいな感じだね」ポン

静香「……確かに、未来の手、のような……」

未来「えへへ、静香ちゃんの手だー。ちょっと冷たい? ダメだよー温かくしてないと!」ブンブン

静香「ちょ、振り回さないで…………振り回す?」

P「ん?」

静香「今の未来、姿は見えないんですよね。声も聞こえない」

P「ああ、そうだな」

静香「でも、こうして物理的に触れて、動かすこともできるなら……」


静香「……筆談とか、できるんじゃないですか……?」


P「…………!!」カンコーン

11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:25:11.08 ID:s52xRhW1o
未来『ありがとーしず香ちゃん!!!!』

静香「ふふっ、どういたしまして。静ぐらい漢字で書きましょうね」

P「筆談か……思い付かなかったよ、静香は発想が柔軟だな」

静香「これで、コミュニケーションはとれるようになりましたけど……」

未来『おなかすいた』

静香「我慢しなさい。紙を無駄遣いしないで」

P「……結局、どうしてこうなったのかは謎のままだな」

静香「ですね……」

P「……」


P「……そういえば、今の未来って服は着てるのか?」

静香「え!?」

12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:26:18.89 ID:s52xRhW1o
静香「な、何言ってるんですか? 突然」

P「いや……未来は見えないけど、浮いてるペンは見えるだろ?」

静香「……確かに」

未来『いえーい てれるー(*´∀`)』

静香「無駄遣いしないで」

P「透明人間の仕組みは分からんが、未来が触れてるものが透明にならないなら……」

静香「……未来は今、何にも触れていない……?」

P「……」ゴクッ

静香「……」ゴクッ

P「未来。お前、もしかして全rいててててててて!!!! 待っ、ちぎれる! 片乳首になっちゃうから!!」

静香「……左ですか?」

P「ちょっとタブーだったみたいだな……」

13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:27:17.74 ID:s52xRhW1o
未来『フ゜ロデユーサ さんでも きいていいこと わるいこと あります』

P「ファミコンかお前は」

静香「でも、このままでも手詰まりですし……無理にでも聞き出すべきでは?」

P「それはあれか? 俺の乳首が無理するのか?」

静香「筆談あるんですから廃止しませんか、そのシステム」

P「それもそうだな。未来、これからはそっちで返事してくれるか?」

未来『→』

静香「→? ……ああ、イエスね。普通に書きなさいよ……」

14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:28:12.39 ID:s52xRhW1o
P「……それで、結局今の未来は……? 履いてるのか? 安心していいのか?」

静香「……」

P「…………」


未来『ー』


P「『ー』……?」

静香「……未回答、でしょうか」

P「やっぱりタブーか……まぁ、透明人間って突き詰めて考えない方がいいやつだからなぁ」

静香「私、段々頭が麻痺してきました……」

P「この手のだと、仕組みは二の次でどう使うかっていうのが多い印象だな…………」



P「……それだ!!」

静香「!?」ビクッ

15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:29:18.78 ID:s52xRhW1o
静香「もう、何ですかまた急に……」

P「どう使うか、だ! 使っていくべきだったんだ!」

静香「……話が見えないんですけど」

P「未来は今の問いに答えなかったんじゃない。透明人間として、答えることが『できなかった』んだ」

P「それはなぜか? タブーだったからだ」

静香「それはまぁ、透明人間モノとしては……」

P「違う、アイドルとしてだ! アイドルの未来にとって、全裸はタブーだったんだ!」

静香「……でも、さっきは否定してましたよね? その、ち、乳首で」

P「そう! つまり、俺の考えはこうだ」



P「この透明人間の『システム』は、未来のアイドルらしからぬ言動を『拒否』する。強制的に行わせない」

P「だけどその強制は緩い。俺の乳首を触ることだってできる……だからそこを突く!」

未来『乳首をですか!?』

静香「急に入ってこないで、未来」

16: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:30:14.64 ID:s52xRhW1o
P「『システム』ができるのは、未来の行動を制限すること。でも、それができなかったら?」

P「未来の行動が、アイドルとしてのタブーを冒してしまったら?」

静香「もう既に冒してるような……」

P「まだ許容範囲ってことだろう。それを超えたとき……透明人間の『システム』は矛盾をきたし、崩壊する」

P「そのとき、いつものかわいい未来が帰ってくるんだ…………!!」

未来『フ゜ロデユサさん!!』

静香「……えっと、つまり、具体的には何を?」

P「静香。未来におっぱいを揉まれてくれるか」

静香「なるほど、おっ…………はぁ!?」

17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:31:13.41 ID:s52xRhW1o
P「今の話を聞いてなかったのか? この『システム』の許容値を超える必要があるんだ」

P「俺の乳首はどうでもいいが、静香のおっぱいはどうだ? アイドルとして、透明人間に揉まれるのは『タブー』なんじゃないのか?」

P「その辺ミリマスは結構緩いが、それすらも超えるほど激しければ……早坂さん!」パチン

そら「撮影ですかー?」ニュッ

静香「!? い、いたんですか!?」

P「いや、呼んだら来る」

静香「そんな筋斗雲みたいな」

P「早坂さんには、静香を撮影してもらう。そして、未来は静香を揉む」

P「『タブー』を踏み壊すほどに、だ。そうすればきっと、未来は元に戻る……!」

静香「は、はあ……」

18: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:32:12.77 ID:s52xRhW1o
P「未来。準備はいいか? 静香じゃ力不足かもしれないが」

未来『いいいんでむか!?』

P「ああ、いいぞ。今だけは存分にやってくれ」

静香「……後で、本格的に訴えますからね」

P「好きにしてくれ。無事に終わったら……な」


そら「じゃあ、撮影始めていいですか?」

P「始めて下さい! 事務所の風景って感じで!」

静香「……」


静香「…………その、プロデューサー」

P「ん?」

静香「少し、目を閉じていてくれますか」

P「……ああ。分かったよ」

19: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:33:21.25 ID:s52xRhW1o
未来「静香ちゃんのおっぱい……静香ちゃんの、イノセントなおっぱい……」


P「…………」

静香「…………」

そら「あっ、その表情いいですねー!」パシャ


未来「プロデューサーさんの話は、よく分かんなかったけど……存分にやってくれ、って」

未来「存分……? まぁいっか」

未来「とにかく私は、私が一番やりたいことをやろう! 今、一番やりたいことを!」


そら「いいですよいいですよー! どうしてその表情なのか分からないけど!」パシャパシャ

静香「っ…………」

未来「春日未来! 14歳、アイドル!」


未来「静香ちゃんのおっぱい、揉ませていただきまーーーっす!!!」ブチブチィ!!

P「がはぁ!?」

「「!!?」」

20: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:34:25.33 ID:s52xRhW1o
P「ッッ…………なるほど、な」ドサッ

静香「プロデューサー!? 一体どうし……って、目が……!」

P「俺は、間違っていたみたいだ……『システム』が管理していたのは、未来だけじゃ……なかったんだ」

P「『タブー』を見たために改変されるのは……消されるのは……俺だったんだ……」

静香「プロデューサー!!」

P「早坂さん……静香のいい表情、撮れましたか……?」

そら「…………ええ、とってもいいものを」

P「静香……ごめんな、被疑者死亡ってやつだ……でもな、俺は今……何も見なかった……見えなかったよ……」

静香「やめてください、そんなこと……!」

未来『←←←←←←←←←←←←←←←』ギュウウウウ

P「やめろ未来……俺の乳首を……進化キャンセルみたいに使うんじゃあない……」

21: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 23:35:19.73 ID:s52xRhW1o
未来「プロデューサーさん……! いやですよ、私、そんな……!!」

P「未来……いるんだろう……?」

未来「います! いますよ! ずっとここに! プロデューサーさんの隣に……!」キューーーッ

P「おふっ…………そうか…………それなら、最後に…………言わせてくれ…………」




P「乳首は…………もっと、優しく…………な……………………」




未来「プロデューサーさぁあああああん!!!!」











――――――――

――――

――


静香「――で、それが初夢?」

未来「……」キュッ

静香「その返事やめて」