1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:28:25.36 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「そういうことよ。さぁまどかの欲しい物を教えなさい」

さやか「はーい。なんで私なんですかぁー」

ほむら「黙れ、美樹プルーンさやか。貴方は色々と面倒なのよ。まどかと仲がいいのも気に食わないわ」

さやか「イラっときちゃいましたよ」

ほむら「ほら、上条恭介の尿瓶あげるわ」

さやか「っっっ!!!!!!!!」

引用元: ほむら「可愛い可愛いまどかにプレゼントをしましょう」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:28:44.62 ID:5lJ+1fOd0
さやか「教える!!私教える!!」

ほむら「うっわぁ……」

さやか「恭介ぇ!大好き!」

ほむら「…早く教えなさい」

さやか「まどかが好きな物は……」

ほむら「ゴクリ……」

さやか「このさやかちゃんなのだっ!」

ほむら「」イラッ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:29:42.17 ID:5lJ+1fOd0
さやか「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

ほむら「次言ったら貴方の尻にぶち込むわよ」

さやか「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

ほむら「さぁ、ちゃんと言いなさい」

さやか「……です」

ほむら「え?聞こえないわ」

さやか「QBの縫いぐるみです」

ほむら「えっ。えっ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:30:30.10 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「え?」

さやか「この前パジャマパーティーやった時に欲しいなぁって言ってたのよ」

ほむら「ちょっと待って!パジャマパーティー!?」

さやか「そうだよ、その時に……」

ほむら「なんで私を呼ばないの!?」

さやか「まどかは呼ぼうって言ってたけど、転校生すぐ帰るからいなかったじゃん」

ほむら「ぉぅっまいっが!!!!」

ほむら「シット!シット!シット!!」

ほむら「サノバビッッッィィィィチッ!!!」

さやか「なにこれ怖い」

ほむら「はぁはぁ……私の馬鹿!!ぁあああ!!」

14: >>8寝てしまってすいませんでした 2011/11/13(日) 23:31:52.84 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「取り乱してしまったわ、続けて」

さやか「それで、まどかがQBって可愛いよね!って言いまして」

ほむら「あの、糞淫獣が」

さやか「QBの縫いぐるみ欲しいなぁって」

ほむら「分かったわ」

さやか「それでウェヘヘとか、ウィヒッとか」

ほむら「笑い声の真似が上手いのね」

さやか「そう?今度まどかに聞かせてあげよっかな~」

ほむら「勝手にして頂戴。さて、私は」

さやか「また、QBをいじめにいくの?」

ほむら「害獣駆除と言って。今回は縫いぐるみを作る為に捕まえるのよ」

さやか「はいはい、いってらっしゃい」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:33:42.52 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「何処にいるのかしら」

ほむら「見当もつかないわ、あっ」

ほむら「あぁっー!!こんな処に素質のある少女がいるわー!!」

QB「呼んだかい!」

ほむら「ふんっ!」パァン

ほむら「あっ、癖で殺してしまった」

ほむら「あぁっー!!こんな処にスペアの死骸がー!!」

QB「全く、困るじゃないか」ムッシャムッシャ

ほむら「それ食べたらついて来てくれるかしら?」

QB「拒否はしないさ」モッキュモッキュ

ほむら「さっさと食べて」

QB「きゅっぷい」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:35:14.27 ID:5lJ+1fOd0
QB「で、何の用だい?」

ほむら「貴方に縫いぐるみになって欲しいのだけど」

QB「無理さ、僕は生物だから綿の塊にはなれないよ」

ほむら「じゃあ、じっとしててくれるかしら」

QB「僕はこれからまどかの処に行こうと思っててね」

ほむら「なら写真だけ撮らさせて貰うわ」

QB「構わないさ」

ほむら「死ね、淫獣」パシャ

QB「ハイチーズじゃないのかい?」

ほむら「うるさいわ」パシャ

QB「じゃあ、僕はまどかの」

ほむら「喰らいなさい」パァン

QB「こんなのってないよ!!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:36:30.86 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「よし、縫いましょう」

QB「スペア少ないからやめてくれないかな」

ほむら「あれ、うまく縫えない……」

QB「死体を回収出来ないようにしまうのもやめてくれないかな」

ほむら「んんん?あれ?」

QB「まどか、待っててくれ。必ずこれを回収して行くから」

ほむら「うるさいわね!」パァン

QB「」

ほむら「全く……くっ……痛っ……」

ほむら「まどか、私頑張るわ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:40:02.23 ID:5lJ+1fOd0
-次の日-

まどか「それでねー、さやかちゃんがー」

仁美「あら、そんなことがありましたの」

さやか「まどかー!それ言うなって!」

まどか「ウェヒヒごめんね!」

仁美「ふふふ」

ほむら(楽しそうね、縫いぐるみを渡したあんな風に笑ってくれるかしら)

さやか「まどかだってさー!」

まどか「さやかちゃん!やめてよぉ」

仁美「本当にお二人は仲がよろしいのですね!」

さやか「もう、仁美ったらー!」

まどか「ウェヒヒ!」

ほむら(まどかが、ありがとう!ほむらちゃん!って)

ほむら「ふふっ」ニヤニヤ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:41:54.56 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「裁縫の本を買って来たわ!」

QB「くっ!それ!」

ほむら「淫獣は元気ね」

QB「君がこれを開けてくれれば普通に死体を回収して普通に戻れるんだけど」

ほむら「開けないわよ、さて読みながら縫うわ」

QB「腐る前に回収しないと」

ほむら「こうすると縫い目が見えにくくなるのね」

ほむら「こうかしら……ちがうわね……」

ほむら「奥が深いわ……痛っ……」

QB「こんな仕掛け、インキュベーターの僕なら簡単に……あれ?……」

ほむら「今日はここまでね」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:43:15.78 ID:5lJ+1fOd0
-次の日-

まどか「ほむらちゃん!一緒にお弁当食べない?」

ほむら「私と?」

まどか「うん!」

ほむら(好感度upのチャンスかしら!?)

ほむら「ええ、構わないわ」

まどか「ありがとう!さやかちゃんも一緒に食べよ!」

さやか「いいよー!」

ほむら(なんでプルーンも一緒なのよっ!!おかしいじゃない!!)

ほむら「ちっ!!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:44:33.28 ID:5lJ+1fOd0
まどか「ほむらちゃんは自分でお弁当作ってるの?」

ほむら「ええ」

まどか「すごいね!」

さやか「私じゃそんなこと出来ないなぁー」

ほむら「ふふっ」

さやか「あっ!笑ったな!」

まどか「ウェヒヒ!さやかちゃんらしいね!」

さやか「まどかまで!?酷いよぉー!」

ほむら(まどか、天使!まど天!!)

さやか「そういえば、転校生縫いぐr」

ほむら「いわないで!」

さやか「ごめんごめん!」

まどか「?」

ほむら「なんでもないわ!」

31: >>29そうです。すみませんでした 2011/11/13(日) 23:47:06.17 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「今日もまどかが可愛かったです、まる、と」

QB「ここをこうして……」ガチャ

ほむら「さて、続きよ」

QB「やっと回収できるよ」モグモグ

ほむら「詰める綿も買ってきたわ」

QB「ふぅ」キュップイ

ほむら「ここを縫い合わせると……」

ほむら「体は完成ね!!後は忌まわしい顔を……」

QB「あれ?出れなくなってる」

ほむら「目はどうしましょう、ビーズ?」

QB「あれ?あれ?」

ほむら「後で考えましょう……」

QB「まどか!助けて!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:48:16.72 ID:5lJ+1fOd0
-次の日-

さやか「で、どうなの?」

ほむら「後少しだわ、でも渡すタイミングがないのよ」

さやか「そうだねー……」

ほむら「何かないかしら?」

さやか「放課後とか。普通に渡せば?」

ほむら「そうね、無理よ」

さやか「えぇ!?」

ほむら「恥ずかしいじゃない」

さやか「はぁ!?」

ほむら「恥ずかしいのよ!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:50:46.65 ID:5lJ+1fOd0
さやか「今更なに言ってんのよ」

ほむら「話す機会さえごく稀にしかないわ」

さやか「昨日すんなり喋ってたじゃん!」

ほむら「自然には喋れるわよ、自分からとなると駄目ね」

さやか「私がセッティングしようか?」

ほむら「貴方にそんな事される覚えはないわ」

ほむら「それにプルーン如きそんな」

さやか「別に機会作れば良いだけでしょ?ならパジャマパーティーでもしない?」

ほむら「えっ?」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:52:40.59 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「面白い事いうのね、見直したわ」

さやか「ちょっと待て!私は本気なんですけど!」

ほむら「私がまどかのパジャマ見たらどうなってしまうか知っているのかしら?」

さやか「はぁ?」

ほむら「わからないのね、まどかの可愛さが」

さやか「はい?」

ほむら「ただでさえ可愛いのよ?わかる?」

さやか「落ち着けって」

ほむら「それがパジャマなんて、風呂上りの火照ってるまどかにパジャマなんて」

さやか「おい!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:54:03.05 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「そんな可愛いまどかを見たら私は死ぬしかないじゃない!!」

さやか「んじゃあ、今度日程教えるわ」

ほむら「あー!待って!無理よ!そんなの!」

さやか「もう焦れったいなー」

ほむら「いやよ!やめて!」

さやか「じゃあね!頑張ってそれまでに縫いぐるみ作ってきてね!」

ほむら(どうしましょう)

ほむら「すごいわ、なんか凄い事に」

ほむら「うん、夢ね。そうね」

ほむら「///」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:56:55.89 ID:5lJ+1fOd0
ほむら「今夜!これを仕上げる!!わ!」

QB「暁美ほむら!ここから出して!」

ほむら「耳はこんな感じかしら……耳毛も作らないと……」

QB「ほむら!そろそろ頼むよ!」

ほむら「耳毛に綿はいらないわね……」

ほむら「……右がちょっと短い?」

ほむら「これは……そうね、愛嬌よ」

ほむら「愛嬌があって忌まわしくて憎々しい顔、もとい、可愛い顔になった……はず……」

QB「ほむら!耳毛ならあげるから出してくれ!ノルマが!」

ほむら「!もうこんな時間!寝ないと!」

ほむら「おやすみ、まどか」

ほむら「zzz」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:58:41.57 ID:5lJ+1fOd0
-次の日-

まどか「おはよー!」

さやか「おっす!まどか!」

仁美「お早う御座います」

ほむら「美樹さやか、本当に今日するの?」

さやか「いいじゃない!せっかくの休みなんだから!」

まどか「ほむらちゃんとお泊りなんて楽しみ!」

仁美「私も偶然何もない日なので参加させて貰いますの」

ほむら「どうすればいいの……」

さやか「取り敢えずあそぼうよ!」

まどか「ウェヒヒ!賛成!」

仁美「遊びましょう!」

ほむら「……ぉー」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:00:25.35 ID:6LwEGdiL0
まどか「ほむらちゃん!これ一緒にやろうよ!」

ほむら「えぇ、いいわ」

まどか「意外と難しいんだよね」

ほむら「そうなの?」

まどか「ほら、隣に立って!」

ほむら「う、うん」

ほむら「私に出来るかしら」

まどか「大丈夫だよ!この、下にあるパネルを曲に合わせて踏むだけだから!」

ほむら「頑張るわ」

まどか「頑張って!ほむらちゃん!」

ほむら「///」

54: ID変わりました 2011/11/14(月) 00:02:13.75 ID:6LwEGdiL0
まどか「よっ、とっ、あれっ!」エエエーエーエー

ほむら(まどか可愛いなぁ)イーツーカキミガー

まどか「ふっ、それ!あっー……」ネーガイー

ほむら(落ち込んでるのも可愛いわ!)

まどか「ほむらちゃん!!」

ほむら「ふぇっ!?」

まどか「凄いんだね!トップスコア取ってるよ!」

ほむら「そ、そうね!偶然よ!」

まどか「ほむらちゃんかっこいいなー、私なんてこんな点数なのに」

ほむら(時を止めて踏んでったなんて言えないわ、ごめんねまどか……)

まどか「あ、さやかちゃーん!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:05:12.53 ID:6LwEGdiL0
さやか「プリクラ撮ろうよ!」

仁美「プリクラ?」

まどか「みんなで写真撮る事だよ!」

ほむら「わ、私も?」

さやか「あったりまえじゃん!」

ほむら「じ、じゃあ私は………」

まどか「じゃあ、私ほむらちゃんの隣!」

さやか「おぉ!仲いい!」

仁美「私は美樹さんの隣でよろしいですの?」

さやか「いいよー!」

ほむら(なにこれまど天なの?そうなのね)

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:05:52.19 ID:6LwEGdiL0
さやか「よーし、フレームはこんなので」

さやか「撮るよー!」

まどか「ほむらちゃん、笑って!」

ほむら「え、えぇ……」パシャ

仁美「暁美さん、顔が引きつってますわ」

さやか「くすぐっちゃおっかな~」

ほむら「や、やめなさ、だめっ、ひゃ」

まどか「ほむらちゃん脇弱いんだー」

仁美「ふふふ」

ほむら「だめっ、ちょ、ふへっ、」パシャ

まどか「ウェヒヒ!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:09:35.50 ID:6LwEGdiL0
さやか「ごめんってばー」

ほむら「貴方って人は!」

まどか「ほむらちゃんの笑顔可愛かったよ!」

仁美「本当ですわ」

ほむら「まどかまで!」

さやか「仁美も言ってるんだし許してよー」

ほむら「凄く変な顔じゃない!!」

まどか「そんなことないよー」

さやか「ねー」

ほむら「むぅ………」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:12:02.03 ID:6LwEGdiL0
まどか「ようこそ!私の家に!」

ほむら「お邪魔します」

仁美「お邪魔しますわ」

旬子「お、いらっしゃい!」

さやか「お久しぶりです!」

旬子「うん、ご飯にするか!」

まどか「うん!」

ほむら(まどかの家!まどかの匂いがするわ!)

ほむら「スーハースーハー」

さやか「おーい、どうしたー?」

ほむら「邪魔しないでほしいのだけれど?」

さやか「え?何?」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:13:35.43 ID:6LwEGdiL0
ほむら「ご馳走様でした」

知久「さて、ご飯も終わったし僕はトイレに篭ってくるよ」

さやか「やっぱり、まどかのお父さんのご飯はおいしいなぁ」

まどか「ティヒヒ!それ程でもないよ!」

仁美「いえいえ、美味しかったですわ!」

ほむら「お腹いっぱい……」

まどか「じゃあ、部屋に案内するね!」

ほむら(!!!)

仁美「まどかさんのお部屋たのしみですわ!」

さやか「また、縫いぐるみ増えてたりして?」

まどか「ティヒ!」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:18:13.56 ID:6LwEGdiL0
さやか「なんだー増えてないのかー」

まどか「残念でした!」

仁美「可愛らしいお部屋ですわ!」

ほむら「まどかの………部屋………」

まどか「ウィヒヒ!照れちゃうよ!」

ほむら(あー、これ凄い、ソウルジェムが爆発しそうになってるわ)

ほむら「いい部屋ね」

まどか「ティヒヒ!!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:18:50.31 ID:6LwEGdiL0
まどか「」

76: 誤爆しました。 2011/11/14(月) 00:22:53.42 ID:6LwEGdiL0
まどか「さやかちゃんはー?」

さやか「私は卵焼きかなー」

仁美「スタンダードですわ!」

さやか「仁美はなんなんだよー?」

仁美「私は栗きんとんですわ!」

さやか「正月のメニューじゃん!」

まどか「ウェヒー!ほむらちゃんは?」

ほむら(あー、ふふふ、まどか可愛いわ、幸せね)

さやか「ほむらー?おーい」

仁美「暁美さん?」

ほむら「はっ!?あ、お惣菜なら金平牛蒡がいいかしらね!!」

まどか「違うよー、好きな食べ物だよ!」

さやか「ははは」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:25:56.92 ID:6LwEGdiL0
まどか「じゃあ、お風呂入ってきていいよ」

さやか「ありがとねー、お先に~」

仁美「いってらっしゃい」

まどか「この間にお布団ひいちゃうね」

ほむら「て、手伝うわ!」

仁美「私も何かできませんの?」

まどか「ありがとね!そっちのタンスから敷布団お願い!」

ほむら「ほむっ!」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:30:47.03 ID:6LwEGdiL0
まどか「お風呂入ってくるね!」

さやか「いってらー」

ほむら(覗きたい!覗きたいわ!!)

仁美「ゆっくりどうぞ~」

さやか「で、ほむらはいつ渡すの?」

ほむら「今日の寝る前にでもと考えてるわ」

さやか「ちょっと見せてくれない?」

ほむら「だ、駄目よ!とても見せられるものじゃないのよ!」

仁美「私も見てみたいですわ」

ほむら「じゃあ、ちょっとだけ……」

さやか「!!」

仁美「!!」

境界線上のホライゾンみてきます。

94: 再開します 2011/11/14(月) 01:00:01.88 ID:6LwEGdiL0
さやか「これは………」

仁美「可愛いですわ!」

ほむら「えっ?」

さやか「うまいじゃん!」

ほむら「あ、ありがとう」

さやか「早く渡しちゃえばいいのにー」

ほむら「いいのよ!タイミングってものがあって!」

まどか「お待たせ~」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:03:12.25 ID:6LwEGdiL0
ほむら「まどか……」

まどか「どうしたの?ほむらちゃん」

ほむら「可愛いパジャマね」

まどか「ティヒヒ!ありがとうね!」

ほむら(はい、死んだーほむら死亡のお知らせです。)

ほむら「」バタン

さやか「!?ほむら!」

仁美「暁美さん!?」

まどか「ほむらちゃん!!大丈夫?」

ほむら「きゅぅ………」

さやか「あちゃー、これ駄目だわ」

まどか「えー!?」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:07:49.86 ID:6LwEGdiL0
ほむら「………ん」

ほむら「……眩しいわ」

ほむら「朝!?」

まどか「おはよう……ふわぁ…」

ほむら「あ、えぇ、まどかおはよう」

さやか「zzzきょぅすけぇ…」

仁美「おはよう御座います、暁美さん」

まどか「ほむらちゃん先寝ちゃうんだもん」

ほむら「一昨日夜更かししたせいかもしれないわ」

まどか「もうちょっとお話したかったのに……」

ほむら「ごめんなさい」

ほむら(あぁ、まどか本当にごめんなさい)

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:10:35.94 ID:6LwEGdiL0
ほむら「まどか、これで許してもらえるかわからないのだけれど……」

まどか「なに?」

ほむら「QBの縫いぐるみよ、欲しいって聞いたから作ってみたの」

まどか「!!ほむらちゃん」

ほむら「みてくれが悪いのは申し訳ないわ」

まどか「ほむらちゃん!!」ギュッ

ほむら「ほむっ!?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:15:41.92 ID:6LwEGdiL0
まどか「ありがとう!嬉しいよ!!」ギュー

ほむら「ほむっ!ほむっ」

まどか「ウェヒヒ!」ギュッ

ほむら(あ、幸せね!幸せよ!!でも)

ほむら「まどかっ!きついわ!」

まどか「!!ごめんね!でも嬉しくって!」

ほむら「喜んでくれて私も嬉しいわ」

まどか「ウェヒヒ!本当にありがとうね!!」

ほむら「まどか、可愛いわ」

まどか「えっ!?」

ほむら「\\\」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:18:56.90 ID:6LwEGdiL0
知久「朝まで篭っちまった」

旬子「帰るのか?」

さやか「お邪魔しました!」

仁美「お邪魔しましたわ」

ほむら「お邪魔しました」

まどか「また明日会おうね!」

ほむら「ええ!」

まどか「縫いぐるみ大切にするね!」

ほむら「まどか、ありがとう!」

さやか「あれ?何時の間に?」

ほむら「貴方には教えないわ」

さやか「このー!」

仁美「ふふふ!」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:19:59.98 ID:6LwEGdiL0
訂正
ほむら「\\\」

ほむら「///」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:23:00.10 ID:6LwEGdiL0
ほむら「こうして、可愛い可愛いまどかにプレゼントをしたわ」

QB「僕もやっと出れたよ」

ほむら「もうひとつ位つくって部屋に置こうかしら」

QB「僕はまどかの家に行くよ」

ほむら「私のはお前に直接綿つめて作りましょう」

QB「え?」

ほむら「ふんっ!」パァン

QB「こんなのってないよ!!」


エンド