1: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:46:58.63 ID:X6mOL/H9o
※ヱヴァQ+アイマス

  過激な暴力描写は含みません

  解説なしで進みます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373896018

引用元: 「劇場版アイドルマスター333:Q」 

 

THE IDOLM@STER: 5 (REXコミックス)
一迅社 (2015-12-26)
売り上げランキング: 110
2: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:49:01.72 ID:X6mOL/H9o

――成層圏オーディション会場


美希「あふぅ、ポイントが足りないの。おっ先~」

伊織「本ッ当に役に立たないわね!」

伊織「何とかしなさいよバカプロデューサー!!」

P?「…………」カッ

伊織「!?」

美希「こ、このアピールって……!」



小鳥「伊織ちゃん、首尾は?」

伊織「オーディション、合格……これより帰社するわ」

3: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:50:34.86 ID:X6mOL/H9o
――???通路


P?「あれ……ここ……」

???「対象、意識の回復を確認」

P?「そうだ、確か真美を助けて……」

???「記憶の継続性も認められます。コンタクトを試みます」

P?(誰だろう)

???「こんにちは」

P?「……こんにちは」

???「これは誰ですか?」

P「……俺ですけど」

P(Pヘッドだ)

4: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:52:29.67 ID:X6mOL/H9o

――???デスク

小鳥「拘束を解いて下さい。下がって構わないです」

P「音無……さん?」

小鳥「プロデューサーさん、で良いんですよね」

律子「えぇ、物理的情報ではプロデューサーと完全に一致してます」

律子「なお、深層バーストアピール値は計測中」

小鳥「頚部へのSSチョーカーは?」

律子「すでに装着してあります。音無社長」

P「音無……社長? やっぱり音無さんじゃないか」

律子「……作動正常。パスコードを社長に」

小鳥「了解」カチッ

5: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:54:27.34 ID:X6mOL/H9o
P(な、なんだ、ネクタイが急に)キュッ

P「なんなんですかこれ、外してくださいよもう……っ、ぐっ」

???「……絶対に外しませんよ、ソレ」

小鳥「面会終了。彼を隔離室へ」

P「えっ?」


Prrrrrrrrrrrr


「オーディション依頼複数件発生!!」

「巻頭、末、グラビアの依頼です!」

「テレビ局からの取材入ります! 繋げます!!」

小鳥「全社員、対メディア体制用意!」


6: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:56:41.41 ID:X6mOL/H9o

雪歩「仕事の時間です。全員配置について下さい」

雪歩「そこ、グズグズするなですぅ~!」

「無茶言わないで下さいよ課長」

「なんせファンも混じってる寄せ集め集団ですよ?」

雪歩「言い訳無用! 全員、さっさと手を動かしやがれです!」

雪歩「……ちっ、これだからキモオタ上がりは」

P(ゆ、雪歩!?)

7: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 22:58:35.90 ID:X6mOL/H9o

「ええっと、このテレビ局の取材の受け答えはこうで……」

「おい、担当部署の仕事は済んだのか?」

「え~? そこはウチの担当じゃないでしょう」

「前任はお前だ!!」

P(何なんだこの手際の悪い奴らは一体……)

???「移動は危険です。ここにいましょう」

???「でもまぁ、デスクでの仕事風景、緊張しますね」

小鳥「了解です、各対応の連動を維持しつつ……」

小鳥「ライブで歌うセットリストの構築を最優先してください!」

P「ライブ……?」

8: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:00:07.26 ID:X6mOL/H9o
「ライブリハ、行けます!」

「取材依頼増加! このままではレギュラー放送の日程と被ります!」

律子「まずいわね……このままではブッキングの飽和状態に陥るわ」

「なおも出演依頼増加! 予定の調整間に合いません!!」

律子「音無社長、アイドルの即時散開を提案します」

小鳥「…………」

律子「社員の定数および練度不足。おまけに、弊社は引越し途中の未完成」

律子「とどめに、コア層であるファンの需要も把握しきれていない」

律子「ここは個々の仕事量を減らし、リスクを分散するべきです」

10: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:04:18.93 ID:X6mOL/H9o

律子「現状を変えうる決定打がない今は、いつも通りDLCでお茶を濁し――」

小鳥「――だからこそ、ここで後顧の憂いを絶ちます」

小鳥「部長、着替えますよ」

律子「着替える? まさか、舞台に戻るつもりですか!?」

小鳥「全社! 出撃準備! 生放送に出演します!!」

「「「えぇーーーーっ!?!?」」」

律子「いきなり四十路での出演は危険すぎます!」

「同意です! リハもなしに無茶です」

「お化粧の合わせ、未経験です。自信ありません」

「‘取れない’出演は無しが良いな。私まだ(業界的に)死にたくないです」

「死ぬときゃ死ぬ。そんだけだ。若いもんが細かいこと言うな」

「えぇーー!? 年増なら慎重に行くもんでしょう!」

「くっ……」

11: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:07:04.25 ID:X6mOL/H9o

小鳥「無茶は承知! 私と部長を主軸に、仕事を引きずり出します」

小鳥「婚期逃しの力……見極めさせてもらいます」

律子「しかし、肝心の舞台衣装は未試着のままですよ」

律子「まさか、アイドルのお下がりを使う気ですか?」

小鳥「美希ちゃん!」

美希「美希の衣装、サイズ的に無理って思うな」

小鳥「伊織ちゃん!」

P「伊織……?!」

伊織「もうやってる。ようは竜宮小町の衣装を着られる様にすれば良いんでしょ」

12: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:09:47.62 ID:X6mOL/H9o

小鳥「頼むわね」

律子「しかし、ウエスト周辺は贅肉密度が高く、問題が」

律子「それに、ダイエット期間中でしょう!?」

伊織「ま、目的優先、現実軽視は社長のモットーだしね」

伊織「気にせず仕上げるわよ」

「裁縫機有線接続。電源起動」

「竜宮小町衣装、作業台へ移送」

伊織「まったく、せっかくの記念衣装だってのにもったいないわね」

P「やっぱりあの額、伊織!!」

P「良かった……無事だったんだ、伊織」

13: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:12:07.65 ID:X6mOL/H9o

P「音無さん、俺はッ」

小鳥「全社、第一種出演配置」

「全社、第一種出演配置、繰り返す、第一種出演配置」

律子「業務指揮系統を移行、主要員は会議室Aへ」

小鳥「使用中札をオープン」

「了解、各部未使用電源を遮断、会議室内の電源を確保」

「宣材構成を開始、電源を確保後、ノートPCに優先配置」

P「音無さん! 俺の机、ここにあるんでしょう?!」

P「俺もやります! 伊織を手伝います!!」

「ちっ……」

14: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:15:03.69 ID:X6mOL/H9o

P「俺は働かなくて良いんですか?!」

P「音無さん!!」

律子「そうです」

P「!?」

律子「あなたが仕事をする必要はありません」

「各員、移動開始」

「現在、業務箇所を会議室Aへ移行中」

P「必要ないって……それじゃあ、俺は何をすれば良いんですか?」

P「音無さん!」

15: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:18:28.55 ID:X6mOL/H9o
小鳥「プロデューサーさん」

小鳥「あなたはもう――




――――なにもしないで」





スタスタスタ

ガチャン


P「……………………」

16: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:22:49.03 ID:X6mOL/H9o

――生放送終了後、隔離室

???「検体、いえ、プロデューサーさん、部長から説明があるそうです」

P「これが俺の仕事道具?」

律子「えぇ、プロデューサーの残したデータ等の資料は、」ペラッ

律子「現在弊社の基礎マニュアルと化しています」

律子「ゆえに作成者は不要です」

P「本当に要らないんだな」

律子「それと、あなたの深層バーストアピール値の解析がでました」

律子「アピール値は0.00%」

律子「仮にあなたがアイドルに指示を出しても影響しません」

17: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:25:52.96 ID:X6mOL/H9o

???「ふわぁ~、そっか。良かったですね、プロデューサーさん」

律子「とは言え、先に12秒間も突如、伊織がバースト状態に化した事実は看過できないので」

律子「あなたには、SS(紳士スタイル)チョーカーを着けさせてもらいました」

P「なんだ? SSチョーカーってのかコレ」

律子「私たちの保険。覚醒回避のための物理的安全装置」

律子「私たちの不信と、あなたへの罰の象徴」

P「どういうことだ」

律子「アイドルのアピール時、自己の感情を抑えきれずに覚醒を犯す」

律子「そのリスクに達した場合、あなたの一命をもってせき止めるというモノです」

18: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:28:19.58 ID:X6mOL/H9o

P「それって、死ぬって事か?」

律子「否定はしません」

P「そんな……音無さん、どういう事なんですか死ぬって!」


P「変ですよ音無さん! 急にこんな事になってて、訳分からないですよ!」

律子「混乱するのも無理ないです。主任」

???「あ、はいっ!」

律子「彼に本名を」

???「えと、今更ですが、プロデューサーさんの身の回りをお世話します」

かすみ「高槻かすみ主任です。よろしくです」


19: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:32:43.43 ID:X6mOL/H9o
P「あ、はい……、……! 高槻って、やよいの?」

かすみ「はい、お姉ちゃんがお世話になりました。妹のかすみです」

P「妹!? いや、お姉さんじゃなくて?」

かすみ「はい、妹です。えへへ」

P「妹……なんで……いや、でも確か……」


伊織「あれから14年経ってるって事よ。バカプロデューサー」

P「い、伊織っ!」

伊織「……」

P「良かった! やっぱり無事だったんだな! 伊織、あは、」ドンッ

P「っ?!」

20: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:36:08.54 ID:X6mOL/H9o

伊織「ダメね、抑えきれない。ずっと我慢してたし」

P「……なんなんだよ」

伊織「怒りと悲しみの累積」

P「何の事だ?」

P「あれ、伊織、左目……」

伊織「アンタには関係ない」

P「伊織……さっき14年って、でも眼帯以外変わってない」

伊織「そう。アイドルの呪縛」

P「呪縛??」

21: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:38:17.24 ID:X6mOL/H9o

伊織「……」スッ

P「ちょっと待ってくれ! 伊織なら知ってるんだろう?」

P「真美はどこにいるんだよ!?」

伊織「知らない」

P「知らないって……助けたんだあの時!!」

伊織「アイドル一人に大げさね」

伊織「もうそんな事に反応してる暇はないのよこの業界には」

伊織「そうでしょう? 音無社長」ガチャッ

P「伊織っ!」

22: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:43:10.93 ID:X6mOL/H9o

P「音無さん、真美はどこなんですか教えてください!」

小鳥「プロデューサーさん、双海真美はもうこの業界に存在しません」

P「いいえ、あの時確かに助け出したんです!」

P「よく探せば見つかるはずです!」

律子「当然、行動範囲は全て捜索済みです」

律子「結果、発見されたのはあなたと」ウィーン

律子「なぜか、これが復元されていました」ガシュン

P(……社長のお下がりのウォークマンじゃないか)

律子「検査結果に問題はないので返却します」

23: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:45:58.19 ID:X6mOL/H9o

P(あの時、真美が持っていた……やっぱり助けたんじゃないか!)


ゴウゥウン!

P「な、なんだ?!」

pirrrrrr

小鳥「私です」

「対象、側部通用口です。いきなり進入されました」

小鳥「……お出ましね」

律子「えぇ、想定よりも行動が早い」

24: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:48:40.96 ID:X6mOL/H9o

「検体の保護を最優先」

「優先度の低い業務は停止、余剰人員は隔離室に援護へ」

伊織「美希! いけるでしょ?!」

美希「モチのロ~ン! もう向かってるよでこちゃん」

伊織「だ~れがでこちゃんよっ!!」

美希「それより、ハニーどうだった? 相変わらずきまってた?」

伊織「何も変わらず、気味悪いバカな頭してた!」

美希「その頭、見にいったんじゃないの~?」

伊織「違う! 殴りに行っただけよ! これでスッキリしたわ」

25: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:50:41.21 ID:X6mOL/H9o

P「音無さん! 律子!」

P「一体何が? 961プロの嫌がらせか?!」


『兄ちゃん』


『どこ……?』


P(真美!?)

P「今の! 真美の声だろう!? 音無さん! 律子!!」

小鳥「……」

律子「……」

P「なんなんだよもう!!」ダンッ

26: ◆MdoxwWB71g 2013/07/15(月) 23:53:03.16 ID:X6mOL/H9o

かすみ「準備できました! プロデューサーさん、こっちへ!」


『兄ちゃん』

『どこ……?』

P(やっぱり真美だ……!)

P「真美だよ! んんっ!」


ズズ゙ンッ

かすみ「プロデューサーさん! 急いで!!」

P「……もう良いよ」


P「真美! ここだ!!」

27: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:01:49.31 ID:tO3U2j7Ho

ズゥウゥゥンッ

かすみ「きゃあっ!」


「隔離室隔壁に損傷」

「想定外の衝撃を確認」

「予備隔壁を緊急閉鎖!」


P「真美! ……ビビットビキニ?」

『……暑いからね。兄ちゃん、こっち』

小鳥「駄目ですよ! プロデューサーさん!」

小鳥「こっちへ。ここにいて下さい」

28: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:04:37.91 ID:tO3U2j7Ho

P「何ですか音無さん……さっきまで要らないって言ってたじゃないか!」

小鳥「しかし、所属は私達で保障します」

P「そんなの勝手すぎですよ!!」


ビシュッ、パタタタッ

P「やめて下さい! 相手は真美ですよ!?」

小鳥「だからこそです!」

P「!?」

小鳥「765のアイドルは殲滅します」

P「765の……?! ここも765じゃないですか!」

小鳥「私達は876。765壊滅を掲げる新興勢力です!」


29: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:06:03.21 ID:tO3U2j7Ho

P「そんな……! でもここにいるのは真美なんですよ!?」

小鳥「違うわ! 真美ちゃんはもういないんです! プロデューサーさん!!」

P「嘘だ!! だってそこにいるでしょう!?」

P「音無さんの分からずや! 年増! 生き遅れ!! もう良いです!!」

小鳥「……!!」

かすみ「プロデューサーさん!!」

かすみ「帰っても良いですけど……」

かすみ「アイドルプロデュースだけはしないで下さいよ!!」

かすみ「本当、やめて欲しいかなーって!」

P「……」ギリッ

30: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:09:53.43 ID:tO3U2j7Ho

P「真美……」ギュッ

『兄ちゃん』


伊織「逃がすなっ!! 昼行灯!!」

美希「合点承知なの!」

美希「的を~狙えば外さないの~♪」

美希「へい、かまーん!」

ドシュンッ

『…………!』ピチャッ

ビシュッ、ビシュッ

『…………』

美希「や、やっぱし、あれは何とかの器なの!」

伊織「…………」

31: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:12:28.74 ID:tO3U2j7Ho

美希「むぅ~! アイドルなら挨拶くらいして行けなの~!」

P「行こう、真美」

『……』タタタッ


小鳥「っ!」プルプル

律子「資料より何より彼を優先して奪取という事は」

律子「トリガーとしての可能性を無視できないという事!」

律子「小鳥さん! SSチョーカーをっ!!」

小鳥「……」プルプル


ピーーー

[信号、途絶]



32: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 00:15:22.65 ID:tO3U2j7Ho

小鳥「…………」

律子「……部長より通達、追撃は不要」

律子「各自被害状況の確認、業務再開に努めよ」

「了解、各自持ち場の確認に当たれ」


伊織「ふん……あれじゃあバカじゃなく……」

伊織「変態ね……!」


アイドルマスター新劇場版:Q


34: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 18:57:33.31 ID:tO3U2j7Ho

――???部屋


P「はっ……んっ……」

「……」

P(真美……生きてる……良かった)

P「やっぱり助けてたじゃないか」

P「音無さんの二枚舌」

「……こっちへ」

35: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 18:59:28.28 ID:tO3U2j7Ho
――エレベーター

P「な、なぁ」

「……」

P「……」

P「……!」

P「屋内なのに、外が見えてる……ボロボロじゃないか」

P「ここが、765プロなのか?」

P「何があったんだ……」

36: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:01:24.68 ID:tO3U2j7Ho

――765デスク

P「本当に14年も経ってるのか」

~♪

P(ゲーム機?)

???「……」チラッ

P「……んっ」

P(誰だ……見た事のない男だ)

37: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:03:17.19 ID:tO3U2j7Ho

――社長室

「ここ」

P「ん、なんだ? パソコン……?」

社長「そうだよ君ぃ」

P「社長……!」

社長「業務用パソコン第13号機。君とそこの彼のパソコンだ」

???「……」

P「さっきの?」

???「……」

38: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:06:19.59 ID:tO3U2j7Ho
社長「時が来たらそこの彼と企画を練りたまえ。話は終わりだよ」クルッ

P「ちょ、ちょっと待ってください社長!」

P「まだ話したい事や、聞きたい事が沢山あるんです!」

P「社長! 社長ーー!!」


――765社員寮

P「……支給の携帯もないし、車のキーもないのか」

P「はぁ……」

P「……」

P「やっぱり、礼の一つでも言っておくか」

39: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:09:19.53 ID:tO3U2j7Ho

――765女子寮

P「真美ー! どこだよ、真美ー!」ガチャッ

P「真美ー! ……なんだろうここ、真美? やっとみつけた……」

P「真美、ずいぶん探したぞ」

「……」

P「おっ、あっ!?」

「……」プルンッ

P「ちょ、ちょっと、何か服着ろって!」

「命令? ならそうするよ」

40: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:10:04.54 ID:tO3U2j7Ho

P「……入るぞ」

P「あ、そうだこれ、真美ありがとう。ずっと礼を言いたかったんだ」

「……」

P「……んっ」

P「髪型新しくなったんだな。似合うけど、左結びだとちょっと」

「……」

P「……なんだか、ずいぶん変わっちゃったんだな765プロ」

「……」

41: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:12:59.22 ID:tO3U2j7Ho

P「なんで音無さんは961じゃなくて765と競ってるんだ」

P「社長はこの状況で何をする気なんだ」

P「うちのアイドルたちはどうしちゃったんだろうな」

P「なぁ、真美は何か知らないか?」

「ちらない」

P「そうか、うん……そうかもな」

「……」

P「じゃあ、真美はどうアイマス2の後を過ごしていたんだ?」

「……」

P「……はぁ」

42: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:15:40.60 ID:tO3U2j7Ho

P「ここ、足の踏み場もないじゃないか」

P「真美らしいと言えばそうなのかもしれないけど」

P「学校とかなさそうだし、いつもどうしてるんだ?」

「命令を待ってるっぽいよ」

P「ここ、ゲームもないんだな。最近してないのか?」

「ゲーム? 双海真美なら、ゲームをするの?」

P「あぁ、よくしてたじゃないか? 持ち運んでたし」

「そうなんだ」

P「あぁ、そうだ! ゲーム、街のショップで探して持ってくるよ」

P「対戦ゲームがいいかな。いつも好きでやってたし」

43: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:17:13.00 ID:tO3U2j7Ho

「……好き?」

P「あぁ。……だと思うけど」

「好きって、なに?」


――???

善澤「ユーザーはまだ沈黙を守ったままか」

社長「なぁに、例の計画は規程通りに進行するさ」

社長「最早私達が騒いでも始まらない」

善澤「……今度はソーシャルに進出するつもりか?」

社長「……」

善澤「構わんがね。私は取材を続けるだけさ……彼女のためにもね」

44: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:19:20.64 ID:tO3U2j7Ho


――765社員寮

P「ダメか、動かない」カチッ、カチッ

P「……ふぅ」


小鳥『あなたはもうなにもしないで』

伊織『アンタには関係ない』

かすみ『アイドルプロデュースだけはしないで下さいよ!!』

社長『企画を練りたまえ』

『ちらない』


P「……………………くっ!」

45: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:23:27.14 ID:tO3U2j7Ho

――765女子寮

P(携帯ゲーム機に、対戦格闘ゲーム2本、アクションゲーム2本)

P(こんなもんか……真美、喜ぶかな)


――765デスク

P「……はぁ」

~♪

???「こっちへ来たらどうです? プロデューサーさん、話しましょうよ」


P「……あ、あの、話をするんじゃ?」

???「パソコンのプログラミングもC言語の会話ですよ。やってみては?」

P「ん……んん……」

46: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:25:00.65 ID:tO3U2j7Ho

P「良いですよ。俺にはやっぱり無理ですよ」

???「生きていくためには新しい事を始める変化も大切ですよ」スッ

P(ち、近っ!)

???「簡単ですよ。あなたはこっちで、クリックするだけで良い」カタカタカタ

P「んっ……」カチッ

『はじめまして、プロデューサーさん! 島村卯月、17歳です』

P「!?」

47: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:27:51.81 ID:tO3U2j7Ho

???「ここをこうして」カタカタカタ

P「……」カチッ

『ふーん、アンタが私のプロデューサー? ……まあ、悪くないかな…』

P「これをあなたが……?!」

???「さ、もっといきましょう」

P「あ……はい」

『本田未央15歳。高校一年生ですっ!』

『はじめまして★ 城ヶ崎美嘉だよー』

『い、いやだっ! 私は働かないぞっ!』

???「いいですね、いい。あなたのチョイス、すごくいい」


48: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 19:29:36.37 ID:tO3U2j7Ho


『ねぇ、君。私、この年でもまだまだアイドルとしてイケると思ってるんだけど…』

『やっほー! かおるだよーっ!! ねぇねぇねぇ!! アイドルってほんとになれる?』

『プロデューサーさん、はじめまして、三村かな子です』

???「仕事が楽しい。二人ってすごいですね」カタカタ

P「……」コクッ


P「ありがとうございます。なんだか久しぶりに楽しかった」

???「僕もです。また一緒に仕事しましょうプロデューサーさん」

P「はい。あの、あなたは……」

モバP「僕はモバP、モバPです」

モバP「あなたと同じ、職業を仕組まれた男です」

49: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 20:46:16.05 ID:tO3U2j7Ho

――765女子寮

P「真美、またいない……ゲームもそのままか」

P「仕方ない、帰って寝よう」


――765デスク

モバP「おはようございます。プロデューサーさん」

モバP「今日は早いですね」

P「他にする事がないもので……」

~オーネガイー♪

モバP「……いっそアイドルを100人以上出しちゃうんですよ」カタカタ

P「なるほど、広く需要をカバーすれば、誰かは好きになってもらえると」

モバP「えぇ、人気キャラには優先的に声と専用楽曲を実装します」

P「ならユーザー同士の競争心を煽るためにレアリティの概念を導入しましょう」

モバP「良いですね!」タタンッ

50: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 20:50:55.09 ID:tO3U2j7Ho

P「どうしたらもっと稼げますかね?」

モバP「稼ごうとする必要はないですよ」

モバP「ただ、貢ぎたいと思える偶像を創れば良い」

P「じゃあ、もっと貢ぎたいと思えるアイドルを創るにはどうしたら?」

モバP「市場調査ですよ。ユーザーの傾向を何度でも探る」

モバP「自分が良いなと思えるまで何度でも。それしかないでしょう」


――765社員寮

P(……疲れたな。でも、嫌な疲労感じゃない)

P(ウォークマン、聞きたいな……)

P(……頼んでみるか)


51: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 20:53:17.55 ID:tO3U2j7Ho

――765デスク

モバP「良いですよ。動くようにすれば良いんですね?」

P「はい、ありがとうございます。何だか悪いですねこんな事まで頼んで」

モバP「気にする事はないですよ。同僚ですからね」

P「……はい」

モバP「暗くなってきましたね。今日は帰りましょう」

P「あの、もう少しここにいませんか? 一緒にテレビを見ましょう」

モバP「テレビ?」

52: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 20:56:43.51 ID:tO3U2j7Ho

モー、モーモー、メッ!メッ!


モバP「……テレビが好きなんですね」

P「えぇ。この業界の大きさを感じていると」

P「昔から何だかすごく安らぐというか」

P「14年くらいじゃ変わらないものがある事が、安心というか」

P「自分の事なんてどうだっていい気がして、落ち着くっていうか」

P「……はは、うまく言えません」

モバP「あなたの気持ちは伝わりますよ」

P「えっ?」

53: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:03:36.87 ID:tO3U2j7Ho

モバP「急激な変化を求めず、根拠に基づく利を好む」

モバP「あなたらしいですよ」

モバP「いいですね。二人でテレビを見るって」

モバP「こんなに心地良いとは知りませんでした」

モバP「ありがとうございます。誘ってくれて」

P「い、いや、俺はそんな……」

P「モバPさんとテレビを見たら楽しいかなって思っただけで、」

モバP「楽しいですよ」


モバP「僕はあなたと会うために入社したんですね」

54: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:05:32.90 ID:tO3U2j7Ho

――765社員寮

P「少しは片付いてきたな」

P「ん、このディスクは……」カチッ


『うっうー! スマイル体操、始めますよ~!!』


P「……!!」

55: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:07:46.54 ID:tO3U2j7Ho

――765デスク

モバP「はい、これで動くようになりましたよ」

P「ありがとうございます」

P「すごいですよモバPさん。何でもできるんですね」

モバP「こんなのは知識にすぎないですよ」

モバP「あなたより少し長く、この業界に携わっているに過ぎない」

P「でも、すごいですよ」

モバP「元気ないですね? どうかしましたか」

P「……心配になったんです、アイドルが」

モバP「アイドル?」

56: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:09:54.59 ID:tO3U2j7Ho

P「前は事務所に皆が居て、音無さんや律子、伊織に美希……」

P「俺は14年間も眠っていて……その間にいろんな事が変わってしまって」

モバP「その変化に耐え切れず、辛いんですね?」

P「なんだか怖いんです。街が、皆がどうなっちゃってんのか分からなくて」

P「怖いんです」

P「そう、怖いんだ!!」

モバP「…………知りたいですか」

P「……」コクッ

57: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:12:37.36 ID:tO3U2j7Ho

――765プロ地下階層

モバP「……」カチカチ

P(たるき亭の地下にこんな場所が……モバPさんは何を調べているんだ?)

P「モバPさん? モバPさん!!」

モバP「さぁ、もう少しですよ」

モバP「もうすぐ過去ログが見つかります」

モバP「あなたの知りたい真実が見えますよ」


P「……っ、……なんだこれ……」

58: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:15:21.68 ID:tO3U2j7Ho


どんな判断だ、金をドブに捨てる気か


可能性を生み出しただけでアウトなんだよ


誰得


アイマスはオワコンになった


新しいアイドルは見つけれん!!


こんなにユーザーと作り手で意識の差があるとは思わなかった・・・!


この筋書き書いた無能をクビにしろ

59: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:18:46.66 ID:tO3U2j7Ho

モバP「あなたがアイマス2を発表した後に起きた9・18事件の反響ですよ」

P「これじゃあ、ファンの皆は……」

モバP「この業界での大炎上は珍しい事じゃない」

モバP「むしろ進歩を促す面もあります」

モバP「ファンとは本来、アイドルに合わせて自らを変えていく存在ですからね」

モバP「しかし……ガチオタは自らではなくアイドルの方を変えていこうとする」

モバP「だから、765プロはガチオタを無理やり進歩させるための儀式を起こした」

モバP「古参のファンを贄とし、新たな派閥を与えて新規ファン層を作り出すためのね」

モバP「全てが昔から仕組まれていた企業戦略ですよ」

モバP「765プロでは……アイドルマスタープロジェクトの一環と言っていましたね」

60: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:21:04.69 ID:tO3U2j7Ho

P「765プロがこの惨状を……?」

P「社長は何をやってるんですか」

モバP「プロデューサーさん、一度覚醒し……」

モバP「ガフの扉を開いたアイマス2は9・18事件のトリガーとなってしまいました」

モバP「ファンの言うアイマスショック、全てのきっかけはあなたなんですよ」

P「……!!」

P「違う、俺はただ、真美をアピールしたかっただけだ」

モバP「そうですね……しかしそれが原因で」

P「そんな……俺は知らない!!」

P「そんな事急に言われたって! どうしようもない!!」

モバP「そう、どうしようもないあなたの経歴、あなたの知りたかった真実です」

61: ◆MdoxwWB71g 2013/07/16(火) 21:26:50.82 ID:tO3U2j7Ho

モバP「結果として、ファンはあなたに罪の代償を与えた」

モバP「それが、その首のモノじゃないんですか?」

P「ぐっ……罪だなんて」

P「何もしてないですよ! 俺は関係ない!!」

モバP「あなたになくても、他人からはあるんですよ」

モバP「ただ、挽回できない事はない」

P「……」ポロポロ

モバP「希望は残っていますよ……どんな時にも」


THE IDOLM@STER MASTER
:3.33

You can (not) pro Ami

62: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:28:16.03 ID:nVsAYXIto

――社長室

善澤「CGプロのプロデューサーが彼に接触。外界の様を見せたようだ」

善澤「果たしてどう受け止めるのか」

善澤「良いのかい? 順二朗」

社長「CGの目論見を我々で書き換えるさ」

社長「あらゆる存在はそのための道具に過ぎないよ」

善澤「自分の生き様を見せても、彼のためにはならないとするか」

善澤「私はそうは思わんがね」

社長「……」

63: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:30:14.82 ID:nVsAYXIto

――765社員寮

rise your hands~♪

P「何でだよ……こんな事になってるなんて……」

take it on~♪

P「そうだ……真美を売り込んだんだ」

P「それで良いじゃないか……」


64: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:32:04.99 ID:nVsAYXIto

――765女子寮

P「…………またいない」

P「まだ遊んでない」


――765デスク

P(何だよ、真美もどうしたって言うんだもう!)


善澤「……」

P「……」チラッ

善澤「……」ジーッ

P「……」ペコリ

善澤「765のプロデューサー、将棋は打てるかい」

P「えぇ、ルールくらいは」

善澤「結構だ、付き合いたまえ。飛車角金銀桂馬香は落としてあげよう」

65: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:34:39.26 ID:nVsAYXIto

――765応接間

P「……」パチ

善澤「心を静かに落ち着かせる。アイドルプロデュースには必要な事さ」パチッ

善澤「72手先で君の詰みだね」

P「くっ……」

善澤「……将棋崩し。これなら楽しめるかい?」

善澤「老人の趣味に付き合ってくれて礼を言うよ」

P「……」

善澤「私も臆病でね。口実でもなければ、こうして君に取材する機会を持てなかった」

66: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:36:07.96 ID:nVsAYXIto

善澤「君は……双海君の母親を覚えているかい」

P「いえ、薄っすらとしか……それに、アイドルの関係資料は社長が全部処分したので」

善澤「……」スッ

P「ん、あっ!?」

P「この人は……真美の?」

善澤「双海君の母親だ。……病院では世話になってね」

善澤「今はアイマス2に失望して、こことは疎遠になっている」

P「……なぜ今これを?」

善澤「彼女が抱いている子供たちを見て欲しい」

P「こ、こんな、いや、バカな」

67: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:37:33.04 ID:nVsAYXIto

善澤「双海君の母親はアイマスショック後、自ら真美君を引き取りに来た」

善澤「君も見ていたよ。記憶は失っているようだがね」

――ニィチャン

  ゴメンネ

  カエリマショウ

P「…………」

善澤「結果、真美君は契約解消となり……」

善澤「彼女のノウハウだけが双海‘亜美’に引き継がれる形となった」

善澤「その娘も双海真美同様、母親の胎内から生れ落ちた存在だ」

善澤「全ては‘順一朗の計画’だよ」

P「そんな…………」

68: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:39:01.69 ID:nVsAYXIto

善澤「アイドルのイメージ像を崩すのは容易い」

善澤「だが、作り直すとなると、そうもいかない」

善澤「時と同じく、偶像に可逆性はないからね。ファンの心も……」

善澤「だから今、順二朗は自分たちの願いを叶える為にあらゆる犠牲を払っている」

善澤「自分の魂すら」

P「……」

善澤「君には少し、真実を伝えておきたかった。社長の事」

P「…・・・」ペコリ

スタスタスタ

69: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:40:06.51 ID:nVsAYXIto


善澤「まったく嫌な役回りだよ」

善澤「双海くん、これで良いんだね」


――社長室

社長「最後の契約の時が来る」

社長「もうすぐ会えるよぉ、一郎ちゃん」


70: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:41:47.98 ID:nVsAYXIto

――765女子寮

「……」

P「なんでゲーム、しないんだよ」

「命令にないからっぽいよ」

P「命令か……じゃあもういい!」グシャァッ

「……」

P「なぁ……真美だよな!?」

亜美「ちがうよ。双海、亜美」

P「アイマス2の発表で盛り上がったろう!?」

亜美「ちらない」

P「くっ! ……ん゛んっ!!」

亜美「……兄ちゃん?」

71: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:43:12.43 ID:nVsAYXIto

P「受け入れられなかったのか……アイマス2」


ナニモシナイデ、キカクヲネレ


P「売れたわけじゃなかったのか……真美……」


アンタニハカンケイナイ、アイドルプロデュースダケハシナイデホシイカナーッテ


P「社長……真美……」


キカクヲネレ、ナニモシナイデ、カンケイナイ、チラナイ


P「音無さん……」


72: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:46:19.11 ID:nVsAYXIto

――765社員寮

P「何してたんだ俺は……」カチッ

turn it up~♪

P「あ゛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!」ブンッ


ドガッ


P「…………」


73: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:47:57.21 ID:nVsAYXIto

――???

善澤「最後のシンデレラが遂に完成したか」

社長「そうだねぇ、これで道具は全て揃った」


モバP「時が満ちました」カタカタ

モバP「いよいよですねプロデューサーさん」タタンッ

74: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:49:54.52 ID:nVsAYXIto

――765社員寮

P「嫌だ! 仕事なんかもうしたくない!!」

P「真美は売り込めてなかったんだ」

P「アイドルをプロデュースしたって良い事なんか何もない!」

P「もう何もしたくない!!」

モバP「そうして、辛い感情の記憶ばかりをリフレインさせても……」

モバP「良い企画は何も生まれないですよ」

P「良い企画なんか無いですよ!!」

P「モバPさんが見せたんでしょう!」

P「あの日から、どうしようもない765プロの評価!」

75: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:52:25.55 ID:nVsAYXIto

モバP「アイマスで犯してしまった事は」

モバP「アイマスで再び変えてしまえば良いじゃないですか」

P「そんなこと言ったって、アイドルも社長も音無さんも」

P「何もかも信じられないですよ!!」

モバP「でも、僕は信じて欲しい」

P「できないですよ……!」ポロポロ

P「音無さんたちが俺にこれを付けたんです」

P「もうアイドルをプロデュースするなって」

P「アピールしたら死ぬって脅されて」

P「もう……アイドルなんかどうでも良いんです……」

モバP「……」ツカツカ

76: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:53:51.73 ID:nVsAYXIto

P「……ハッ?!」ピィーブッ

モバP「分かってます……」スッ

モバP「ファンの呪いとバーストアピールの覚醒リスクは僕が引き受けますよ」

P「っ、モバP、さん……」

モバP「気にしなくて良いですよ」カチリッ

モバP「元々は僕を恐れたファンたちが作った物ですからね」

モバP「いずれはこうするつもりだったんです」

77: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:57:16.15 ID:nVsAYXIto

モバP「プロデューサーさん、あなたの希望はソーシャルの市場に残る新たな需要」

モバP「それがアイドルマスターネクストステージ発動のキーとなってます」

モバP「僕らでその需要を手に入れれば良いんです」

モバP「そうすれば、家庭用支持層の取り込みも見込めますし」

モバP「第13号機と外注業者をセットで使えば、企画の早期実現も可能です」


P「そうですね……うん、あなたならできますよ」

モバP「あなたとなら、ですよ」

モバP「第13号機で企画中のゲームはダブルプランナーシステムなんです」

モバP「二人でファンの希望となりましょう!」

モバP「今のあなたに必要な事は何よりも希望。そして、贖罪と心の余裕ですからね」

78: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 19:59:26.86 ID:nVsAYXIto

P「……すごいですね。何でも分かってしまうのは」

モバP「いつもあなたの事しか考えていないからですよ」

P「ありがとう……モバPさん」

モバP「モバP、でいいですよ」

P「あの、俺もPで良いです」

モバP「仕事と同じです。二人一緒なら、良い事がありますよPくん」

P「うん、やろう。モバPくん」


79: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:01:48.60 ID:nVsAYXIto

――プレスリリース会場

P「……」チラッ

モバP「……」コクッ


「「アイドルマスターシンデレラガールズ、始動!」」

オーネガイー♪

「情報来ました。新たなアイマスの発表を確認」

小鳥「……」


P「俺たちだけじゃないんだね」チラッ

モバP「双海亜美の事ですか? 援護のためですよ」

モバP「876の動きを警戒しているんでしょう」

P「そんなの、俺たちだけで十分でしょう。真美じゃないのに……」

亜美「真美じゃ、ない……」ズキッ

80: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:03:43.40 ID:nVsAYXIto

「「「「ウォォオオオオフザケンナァァァァ」」」」

P「すごい、一部ファンが……」

モバP「ファンのなり損ないって口でしょう。あなたは気にしなくて良い」

モバP「もうすぐプレテストが開始します。この14年間、誰も触れ得なかった新たなアイマス」

P「まるで期待されてないみたいなんだけど」

モバP「大丈夫ですよ。そこをクリアするための企画でしょう」

モバP「二人なら出来ますよ」

P「そうだね」

モバP「呼吸を合わせましょう。仕事の風景を思い出して」

P「うん」

モバP「行きましょう、Pくん」

81: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:09:05.96 ID:nVsAYXIto

P「アイドルマスターシンデレラガールズは

――基本無料、アイドル育成、ガチャ、レッスン

トレード、報酬、レア度、交流

アルバム、新密度、ランキング、アイテム――

と様々な要素からなっており……」

モバP「大きな強みとしては100名を越すアイドルをプロデュースできる事が挙げられます」


「765コミナノカ!」

「マジカヨ……」

「スゴイ」

「ナルホド……」


82: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:13:38.45 ID:nVsAYXIto


P「……いけそうだね」

モバP「あとは結果を待ちましょう」


――CG稼動数分後

「リンッテコガイイワナー」

「イクラミツガセルキナンダヨクソッ」

「ア^-、イジメタイワコノコ」

「マダダ、マダロシュツガタランヨッ」


P「これがアイマスファン?」

モバP「……だったものでしょう。その成れの果てですよ」

P「音無さんは、こんな奴らを抱え込もうって言うのか」

83: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:15:26.28 ID:nVsAYXIto

P「んっ、あっちで発表してるアレは?」

モバP「アイドルマスターSF(シャイニーフェスタ)」

モバP「876がアイマス2のモデルを転用し」

モバP「家庭用から携帯機向けに作り直した音ゲーですよ」

モバP「僕らはあそこからもファンを獲得しなければならない」

P「あそこにいるの、音無さんたちか? ……あそこにも獲得目標が……」

モバP「そう。コンシューマとソーシャル、両方の需要を持ち帰るには二つの視点が必要なんです」

モバP「その為のダブルプランナーシステムなんですからね」

84: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:17:17.67 ID:nVsAYXIto

P「それだけなら、別にそこのアイドルにプランニングさせても良かったんじゃ?」チラッ

亜美「……?」

モバP「いいや、経験の無い姉の模造品では無理です」

モバP「魂の場所が違いますからね」

P「…………」

モバP「さぁ、始めますよ」


「ウォォ」

「カワイィゾーコレェー」


モバP「ちょ、ちょっと待ってください、何か変だ」

P「どうしたの? モバPくん」

85: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:21:21.86 ID:nVsAYXIto

モバP「おかしい……アイドル数、容量とも少なく、3本に分断されているのに」

モバP「一定の評価を得ている」

P「早くファンを取っちゃおう」

P「そのためにPR用の携帯も数台用意してきたんだから」スッ

ドガッ

P「痛って、うぁ、何だよこれっ!?」ツツー

「オイミロ、ラントウカ!?」

「イヤ、チョットマテアレハ……」

P「あ痛っ!! シャルル!? 伊織!!」

P「何すんだよ伊織っ!」

伊織「バカプロデューサー! アンタまさか新しい企画を立てたの!?」

86: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:24:46.86 ID:nVsAYXIto

P「……そうだ。シンデレラガールズで、アイマスの評価を変えるんだ!」

伊織「変態が……だったら働くなぁーっ!!」ドカッ


「オイマタダレカクワワッタゾ」

「ア、アレハフタミ……」

亜美「……っ!」ビシッ

伊織「援護射撃! いっつもおそーーいっ!」

美希「めんごめんごなのー」

美希「なんとかの器さん~せめて足止めはさせてもらう、のっ!」

ドドッ、ドンッ

亜美「……!」ビシッ、バスッ

87: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:27:15.17 ID:nVsAYXIto

伊織「でやぁーーーっ!!」

ガスッ、バキッ


「イオリンノボウリョクマジガリュウハムケイ!」

「ナグラレテルノダレヨww」

P「何で邪魔するんだ伊織!?」

P「ここに居るファンたちは俺たちの希望の糧なんだぞ!?」

伊織「アンタこそ! 余計な事! するんじゃないわよ!!」

伊織「変態プロデューサー! また9・18事件を起こすつもりっ?!」

P「ちがっ……! シンデレラガールズなら、全部やりなおせる!!」

P「アイマスが救えるんだ……!!」

88: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:28:23.06 ID:nVsAYXIto

伊織「本当に変態ね……」

P「……いおりんの馬耳東風マジ分からず屋ぁっ!!」ブンッ

伊織「きゃっ!」

P「はぁ、はぁ、モバPくんも手伝ってよ」

モバP「コンシューマとソーシャル……対の需要が必要なんだ」

モバP「なのにここには‘同じ需要’があるだけ」

P「モバPくん!」

モバP「そうか! そういう事か……! アイマスファン!!」

89: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:30:35.26 ID:nVsAYXIto

美希「真美の暫定後釜ちゃん、聞こえてるでしょ」

美希「なんとかの器になる前に、その企画から手を引いた方が良いって思うな」

亜美「……ダメっぽいよ。それは命令じゃないもん」

美希「かったぶつなんだねぇ、あなたのオリジナルにはもっと愛想があったよ♪」

亜美「オリジナル? 真美のこと……」


伊織「どうりゃぁーっ!!」ブンッ

P「うわぁあっ」

伊織「でぇぁ゛ーーーっ!!」

ドガガッ

P「ぐぅっ……! モバPくん! どうしたって言うんだよ」

モバP「……」

伊織「うぉぉおおおおおお!!」

P「うぇあ゛っ!!」ガシッ

90: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:32:43.34 ID:nVsAYXIto

P「いお、りぃっ……! お願いだから、邪魔しないでくれぇ!」

伊織「大人しくやられなさいっ! 変態プロデューサーッ!!」スッ

ボロッ

「イオリンノウゴキガトマッタ!?」

「イヤ、マダウゴキソウダ」

伊織「こんな時に!? 昼行灯! スペアッ!!」

伊織「きゃあっ!!」

P「はぁ、っ、はぁ……今の内に、プレゼンをっ!」

伊織「……アイドルに手を上げるなんて、さいってぇー……」

美希「スペア、いっくよーん」ポイ

91: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:35:00.31 ID:nVsAYXIto

P「このアイドルはもっと可愛くなりますよ♪」

「……ヘェ、デモオタカインデショウ?」

P「スタミナが無くなったらドリンクを飲めば良いんです!」

「オイクラスルンデスカソレハ……」

モバP「やめよう、Pくん。嫌な予感がする」

P「ダメだよ! モバPくん! なんのためにここまで来たんだよ」

モバP「もう良いんだ。彼らは僕らのファンじゃない」

P「俺たちのファンじゃない……? ファンが必要だって言ったじゃないか」

P「だから俺は……企画に携わったんだ!! んんっ!」ポチッ

モバP「ユーザーロック……操作系から僕を!?」

92: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:38:08.36 ID:nVsAYXIto

P「モバPくんのために……アイマスファンの皆の為に需要を手に入れる」

P「そうすればアイマスは戻る!」

P「そうすれば音無さんだって!!」カッ

伊織「やばい! 昼行灯!! 障害は片付いてる! 運営方針批判の許可!」

美希「待ってました♪ 虎の子なの☆」カチッ


名前:以下、名無しにかわりましてアイドルがお送りします
「鬼! 悪魔! ちひろ!!」

名前:千川事務員
「…………で?」


P「…………」

美希「罪悪感が無い?! まさか、このソシャゲー……」

93: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:39:58.40 ID:nVsAYXIto

P「んんっ!!」ポチ

[モバコイン増量キャンペーン♪]


モバP「ダメだPくん!」

伊織「やめなさい! 変態大人っ!」

P「ふっ!」カチッ

[ガチャイベント限定♪レアアイドルGETのチャンス!]


P「うあぁぁぁあっ!」ポチポチッ

[スタドリ増量キャンペーン実施中☆]


「ウワァァァアァ!」

「オニサントアクマサンニアヤマレ!!」

「ケッキョクカキンゲージャネェカ!」


94: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 20:54:39.58 ID:nVsAYXIto

社長「始めよう善澤くん……」

善澤「……」


「ウォォ! バカニスルナアァ!」ダダッ

P「典型的なオタク服? パターン黄色のサイリウムって、どういう事だよ!」

「ブッタギッテヤル!」

伊織「まずい! アイマス2のアンチ民が会場に来ている!」

伊織「昼行灯! 3番シャルル!」

美希「あいよーん」

伊織「9・18事件の続きが始まる前にこいつらを片付ける!」

95: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:00:21.35 ID:nVsAYXIto

ザシュッ

「ブヒィィィ!?」

亜美「……これが命令っぽいよ」

「ウォォォオオオオン……」ドドド

「アイマスヲカエセェェェ」ドドド

P「狂信者!? まだいるのか!」

伊織「でやぁぁぁっ!!」ブンブンッ

美希「でこちゃん、もうやめよ。無駄っぽいの。アレ全部ガチだから」

美希「美希たちじゃ手の打ち様が無いって思うな」

美希「それに‘最後のファン’を倒したところで、鬼がでるか蛇がでるか気になるの」

96: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:04:17.61 ID:nVsAYXIto

「オォォオオオオ! ホンモノダァァ」

「オロロローンマミチャーン! キミノダキマクラダヨォ」

亜美「これが、これは、亜美?」

亜美「亜美は、真美??」

P「ぐっ、収拾が付かない……どうなってるんだ! モバPくん!?」

P「モバPくん!」

モバP「まさか……ロケテ組の僕が無印入りの狂信者に落とされるとはね」

P「何言ってるんだ?! モバPくん!!」

モバP「始まりと終わりは同じと言うわけか」

モバP「さすがファンの王。Pくんの上長だ」ミシミシ


美希「SSチョーカーに殺傷性の加圧信号?」

美希「ないはずの13段階設定……社長さんの狙いはこれなの」

97: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:06:22.84 ID:nVsAYXIto

ザワ

「コンプガチャトカ……コレガアイマスナノカ」

「ナンデヤ! カワイイダロ……」

ザワ

「デモタダノエナンダゼ? エニスウマンハラッテマデサ……」

「サッソクテレビデイホウッテイワレテタゾw」


P「なんだこれ……」

P「なんなんだよこれ……」

P「俺のせいなのか? 俺が企画を立てたから……これって」

モバP「サードアイマスショック。その始まりの儀式です」

P「モバPくん!? ね、ネクタイが!」

モバP「…………」ミシッ

98: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:08:29.27 ID:nVsAYXIto

P「あ痛っ?!」ガンッ

小鳥「このままCGサービスの停止を!」

小鳥「ミリオンライブの情報を発射! 765アイドルへの風評被害を食い止めて!」

P「音無さん……! 無理ですよもう!」

律子「ダメね、システムに組み込まれている」

律子「765オリジナルアイドルだけを切り離す事は出来ない」

亜美「こんな時、どうしたら良いの?」

伊織「アンタはどうしたいの!」

亜美「亜美は……亜美はもう、ついていけないっぽいよ」

P「亜美……お前まで俺を……」

亜美「……」


99: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:11:37.43 ID:nVsAYXIto

――数分後、シンデレラガールズブース


シーン


P「俺のせいなのか……俺が……俺が……!」ポロポロ

モバP「あなたのせいじゃない。僕が最後のファンになってしまったから」

モバP「僕がトリガーですよ」

P「どうしよう、ねぇ、どうしよう……」

P「モバPくん、俺は、どうしたら……」

モバP「サービスが潰えても、願いと呪いはこの世界に残る」

モバP「意志は情報として世界を伝い、変えていく」

モバP「いつか自分自身の事も書き換えていくんですよ」

P「うっ……く……っ!」ボロボロ

モバP「……すいません。これはあなたの望むアイマスの形ではなかった」

モバP「ガフの扉は僕が閉じます。Pくんが心配する事は無い」

モバP「批判は全て、僕が引き受けます」

100: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:13:22.36 ID:nVsAYXIto

P「モバPくん……? モバPくんが何を言っているのか分からないよ」

[システムエラー、サーバーヲ更新シテ下サイ]

P「ぐあっ!!」

モバP「Pくんは安らぎと自分の場所を見つければ良い」

[緊急メンテナンス-復旧時刻ハ未定デス]

P「ぐがっ!!」プルプル

モバP「縁があなたを導きますよ。そんな顔をしないで」

モバP「また会えますよ。Pくん」

P「モバPくーーーん!!」


[SSチョーカー、シグナル13]


モバP「」

ドサッ

101: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:16:59.85 ID:nVsAYXIto

美希「ガフの扉がまだ閉じない!? ハニーがCGプロの保険なの!」

美希「責任問題なら片は付いたの! しっかりしてよハニー!」バシッ

P「うぅ、うっ……」

美希「ぐずってる場合じゃねぇの! せめてでこちゃんを助けるの!」

美希「プロデューサーでしょっ!!」

P「……」

美希「ちぃっ! 文字通りそこの人はクビでしょっ!!」ブンッ

モバP「」ピューン


102: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:19:39.32 ID:nVsAYXIto

善澤「ひどい有様だな。ほとんどがCGプロの目論見通りだ」

社長「だが、CGプロのプロデューサーを排除し」

社長「真っ当なソーシャルゲームへの需要開拓は果たした訳だしねぇ」

社長「音無くんの動きも読めないし、今はこれで良いんだよ」


「ファンの混乱、収束に向かいます」

「アイマス2以降のアンチ民反応0」

「3種SF、想定以上の評価です」

律子「誰のおかげか分からないけど、アイマスショックはひとまず避けられましたね」

律子「音無さん……今はそれで良しとしましょう」

小鳥「……」ギリッ


103: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:21:01.28 ID:nVsAYXIto

――後日、876プロ隔離室

P「……」

伊織「変態プロデューサー、助けてくれないのね? あたしを」

P「……」

伊織「また自分の事ばっかり。黙ってれば済むと思ってるのね」

P「……」

伊織「ふんっ」

P「……」

伊織「はぁ……」

104: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:21:52.09 ID:nVsAYXIto

伊織「んっ!」ゲシッ

P「……」

伊織「まだ甘えてる。いつまで経っても手間のかかる変態ね!」

P「……」

伊織「あぁ! もう! 立ってるくらいできるでしょう!」

ガチャッ

亜美「……」

伊織「アンタのとこのアイドルね。……真美の妹か」

P「……」

伊織「ここじゃ何も無さ過ぎて仕事にならないわ。仕事の出来るデスクまで移動するわよ」

105: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:23:24.92 ID:nVsAYXIto

伊織「ほらっ!」グイッ

P「……」


トスッ


亜美「……」チラッ

亜美(ウォークマン……)

亜美「……」スッ



106: ◆MdoxwWB71g 2013/07/18(木) 21:26:49.31 ID:nVsAYXIto

『予告』

生きる気力を失ったまま放蕩を続けるプロデューサー

たどり着いた企画が彼に希望を教える

遂に発動するアイドルマスターサードステージ

コンテンツ存続のため最後の決戦を挑む876

輝きの向こう側へ辿り着く劇場版

ソーシャルの市場を駆ける765+ミリオンスターズ

次回

シン・アイドルマスター劇場版:ⅰⅠ


さぁ~て! 次回もサービスサービス♪