1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:00:06.17 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「あ…」

ほむら「あああの…っ…私…」

ほむら「暁美…ほむらです…」

ほむら「どうか…よ、よろしくお願い…します…」

まどか「!」

まどか(可愛い子だなぁ)

和子「暁美さんは心臓の病気でずっと入院していたの」

和子「みんな仲良くしてあげてね」

引用元: まどか「私と契約して、魔法少女になってよ!」 


 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:03:02.59 ID:PhM1Gxk7O
まどか「暁美ほむらちゃんかぁ…!」

さやか「ねね、まどか、あの子どう思う?」

まどか「可愛い子だね!」

さやか「うん、そうだね」

まどか「仲良くなりたいなぁ!」

さやか「私も!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:06:03.52 ID:PhM1Gxk7O
まどか「ねえ、休み時間暁美さんとお話しようよ!」

さやか「そうしよっか!」

さやか「もしかしたら仲間が増えるかも!」

まどか「うんっ!」

さやか「う、うん…」

和子「鹿目さん」

まどか「はい」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:09:03.54 ID:PhM1Gxk7O
和子「暁美さん、休み時間は保健室で薬を飲まないといけないの」

まどか「!」

和子「鹿目さんは保健係だから、暁美さんを案内してあげて?」

まどか「はい!任せてください!」

和子「ふふ、元気がいいわね」

さやか「まどかも変わりましたよね!」

和子「美樹さん達が変えたのよ!」

さやか「いやぁー!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:12:03.50 ID:PhM1Gxk7O
ほむら(お母さんにはああ言ったけど…)

ほむら(やっぱり緊張するよ…)

ほむら「うぅ…」

「ねぇねぇ暁美さん」

ほむら「あ…」

「前はどこの学校だったの?」

ほむら「えと…」

「部活とかやってた?」

ほむら「あぅ…」

まどか「暁美さん!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:15:03.67 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「え…?」

「鹿目さん、どうしたの?」

まどか「暁美さん、保健室に行かないといけないんでしょ?」

ほむら「は…はい…」

まどか「私、保健係だから案内するよ!」

ほむら「あ…」

まどか「みんな、ごめんね?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:18:08.27 ID:PhM1Gxk7O
「うん、いいよ」

「ごめんね?引き止めちゃって」

ほむら「い、いえ…」

まどか「暁美さん、行こうよ!」

ほむら「うん…」

仁美「まどかさん、張り切ってますわね」

さやか「もしかしたら新しい仲間になるかもしれないからねぇ!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:21:03.65 ID:PhM1Gxk7O
仁美「私も時間があればみんなと一緒に…」

さやか「まぁ、私も仁美がいてくれたら嬉しいけど」

さやか「無理して付き合う必要はないよ」

さやか「今も4人でなんとかやってるからさ!」

仁美「そうですね…」

さやか「その分、転校生には期待するけどね!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:24:07.08 ID:PhM1Gxk7O
ほむら(どうしよう…いきなり2人っきりになっちゃった…)

まどか「暁美さん!」

ほむら「あ…はい…」

まどか「前はどんな学校だったの?」

ほむら「えっと…その…」

ほむら(緊張するよ…)

ほむら「と、東京の…ミッション系の学校…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:27:10.99 ID:PhM1Gxk7O
まどか「そうなんだぁ!」

ほむら「う、うん…」

まどか「暁美さんって…あっ!」

ほむら「…?」

まどか「自己紹介、まだだったね!」

ほむら「あ…」

まどか「私、鹿目まどか!」

まどか「まどかって呼んで?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:29:05.16 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「えっと…」

ほむら(か、かなめまどか…?)

まどか「だからね?私は暁美さんのこと、ほむらちゃんって呼んでもいい?」

ほむら「えっ?」

ほむら(ほむらちゃん…?)

まどか「駄目かな?」

ほむら「だ、駄目じゃ…ないけど…」

ほむら(ほむらちゃんだなんて…)

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:33:04.63 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「私…その…あんまり名前で呼ばれたことなくって…」

ほむら「その…すごく、変な名前だし…」

ほむら(ほむら…私には似合わないよ…)

まどか「えー?そんなことないと思うよ!」

ほむら「え…」

まどか「カッコいい名前だと思うなぁ…!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:36:06.08 ID:PhM1Gxk7O
ほむら(えっ…?)

ほむら「カッコいい…?」

ほむら(私が…?)

まどか「うん!こう…燃え上がれーって感じで!」

ほむら「!」

ほむら「…でも」

まどか「?」

ほむら(そんなことないよ…)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:39:13.23 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「名前負け…してます…」

ほむら(そう…ほむらだなんて…)

まどか「名前負け…」

ほむら「私…何にもできなくて…人に迷惑ばかりかけて…」

ほむら「カッコわるいから…」

ほむら(私なんか…)

まどか「…だったらさ!」

ほむら「?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:42:04.34 ID:PhM1Gxk7O
まどか「カッコよくなっちゃえばいいんだよ!」

ほむら「えっ…」

ほむら「カッコよく…私が…?」

ほむら(何を言ってるの…?)

まどか「うんっ!」

ほむら「でも私…」

まどか「せっかく素敵な名前なんだし…もったいないよ!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:45:05.11 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「…自信ないよ」

ほむら(だって…私はいつも…)

まどか「なら…私が手伝う!」

ほむら「えっ」

まどか「私がほむらちゃんをカッコよくしてあげる!」

ほむら「そんな…」

ほむら(無理だよ…)

まどか「大丈夫だよっ!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:48:14.10 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「でも…迷惑かけたくないよ…」

まどか「全然迷惑じゃないよ?」

ほむら(なんで…?)

ほむら「その…か、かな…」

まどか「鹿目まどか!」

ほむら「…鹿目さんは、何で私なんかに…」

まどか「え?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:51:08.09 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「私なんかに…構ってくれるの?」

まどか「そんなの簡単だよ」

ほむら「…?」

まどか「だって私たち、もうお友だちでしょ!」

ほむら「えっ?」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…お友だち?」

ほむら(私が…?)

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:54:04.77 ID:PhM1Gxk7O
まどか「うんっ!」

ほむら「…!」

まどか「あ…もしかして私…まだお友だちじゃないのかな?」

ほむら「そ、それは…」

ほむら(だって…私にお友だちなんか…)

ほむら(できるはず…ないもん…)

まどか「…ほむらちゃん!」

ほむら「は、はい…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:57:14.07 ID:PhM1Gxk7O
まどか「今日からほむらちゃんのお友だちの鹿目まどかです!」

ほむら「!」

ほむら(鹿目まどか…)

まどか「よろしくお願いします!」

まどか「てぃひひ!」ニコッ

ほむら(もしかしたら…この子なら…)

ほむら「…くすっ」

ほむら「ふふっ…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:00:03.88 ID:PhM1Gxk7O
まどか「あ、あれ?」

まどか「おかしかったかな?」

ほむら「ごめんなさい…少しおかしくって…」

まどか「え?そ、そうなんだ…」

ほむら「でも…」

まどか「?」

ほむら(鹿目まどかさん…!)

ほむら「あ…ありがとう…」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:03:05.93 ID:PhM1Gxk7O
まどか「!」

まどか「うんっ!」

ほむら(でも…私は…)

ほむら「あの…鹿目さん」

まどか「ん?」

ほむら「本当に私なんかでいいの…?」

まどか「…」

ほむら「私…暗いし…その…」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:06:06.40 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「鹿目さんのお友だちになんて…」

まどか「ほむらちゃん!」

まどか「もう私たちはお友だちだよ?」

ほむら「…」

ほむら(鹿目さん…)

まどか「暗いだなんて関係ないよ!」

ほむら「えっ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:09:05.04 ID:PhM1Gxk7O
まどか「それに、ほむらちゃんが暗いんなら…」

まどか「私が明るくしてあげる!」

ほむら「!」

ほむら(明るく…!)

まどか「だから…ね?」スッ

ほむら「あっ…」

まどか「よろしくね!ほむらちゃん!」

ほむら(鹿目さん…っ!)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:12:01.83 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「…うん!」ギュッ

まどか「てぃひひ!」ニコッ

ほむら「…えへ」ニコッ

まどか「あっ!」

ほむら「?」

まどか「やっぱり笑うと可愛いね!」

ほむら「そ、そんな…」

まどか「ほんとだよ?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:15:08.95 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「…えへへ」

まどか「あっ…話が長くなっちゃった…早く保健室に行かなくちゃ!」

ほむら「そ、そうだね…!」

ほむら(鹿目さん…私のお友だち…!)

まどか「こっちだよっ!」

ほむら「うん…!」

ほむら(学校…楽しくなるかも…!)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:18:07.30 ID:PhM1Gxk7O
保健室

まどか「ここが保健室だよ」

ほむら「うん…」

まどか「お薬飲むんだよね?お水持ってくるね!」

ほむら「あ、ありがとう…!」

まどか「お礼なんていらないよ?」

ほむら「でも…」

まどか「はい!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:21:05.18 ID:PhM1Gxk7O
まどか「私、保健係だし」

まどか「ほむらちゃんはお友だちだもん!」

ほむら「鹿目さん…!」

まどか「ね?」

ほむら「…うん!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…えへ」

まどか「お薬はどこなの?」

ほむら「あっ…これだよ」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:24:08.99 ID:PhM1Gxk7O
まどか「…こんなにたくさん飲むんだ…」

ほむら「うん…ずっと入院してたし…」

まどか「もう大丈夫なの?」

ほむら「…お薬飲んで、無理をしなければ…」

ほむら「たぶん…大丈夫」

まどか「…そっか」

まどか「何かあったらすぐに私に言ってね?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:27:05.31 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「鹿目さん…」

まどか「私にできることなら何でもするから!」

ほむら「…ありがとう…!」

まどか「うんっ!」

ほむら「私はお薬飲むから…」

まどか「あ、ごめんね?」

ほむら「ううん…」

ほむら「んく…んく…」

ほむら(鹿目さん…優しい子だなぁ…)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:30:13.88 ID:PhM1Gxk7O
まどか「…ほむらちゃんって」

ほむら「?」

まどか「すっごく可愛いよね!」

ほむら「!?」

ほむら「けほっ!けほっ!」

まどか「あ…ご、ごめんなさい!」

ほむら「はぁ…はぁ…」

まどか「だ、大丈夫…?」

ほむら「う…うん…」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:33:05.85 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「で、でも…」

まどか「えっ?」

ほむら「可愛いだなんて…」

まどか「…」

ほむら「私…全然可愛くないよ…」

まどか「えー?私は可愛いと思うよ?」

ほむら「そんな…」

まどか「んー…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:36:07.44 ID:PhM1Gxk7O
まどか「ほむらちゃんはもっと自分に自信もっていいと思うなぁ」

ほむら「でも…」

まどか「…そうだ!」

ほむら「?」

まどか「ねえ、ほむらちゃん、放課後は時間ある?」

ほむら「え…?」

まどか「ほむらちゃんに見せたいものがあるんだ!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:39:05.39 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「私に…?」

まどか「うん!」

ほむら「…」

まどか「だからね?良かったらでいいんだけど」

まどか「放課後付き合ってくれたら嬉しいなって!」

ほむら「…うん、わかったよ」

まどか「いいの?」

ほむら「うん…!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:42:13.95 ID:PhM1Gxk7O
まどか「やったぁ!ありがと、ほむらちゃん!」

キーンコーンカーンコーン

まどか「あっ」

ほむら「あっ」

まどか「…授業、始まっちゃったね」

ほむら「う、うん…」

ほむら「あ…ごめんなさい…私のせいで…」

まどか「ううん!そんなことないから!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:45:06.74 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「でも」

まどか「私がお喋りしすぎちゃったからだよ…」

ほむら「鹿目さんは悪くないよっ…」

まどか「じゃあ2人とも悪くない、ってことで…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「鹿目さん…」クスッ

まどか「でも、戻らなきゃね」

まどか「行こうよ、ほむらちゃん」

ほむら「うん」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:48:04.15 ID:PhM1Gxk7O
ガラッ

まどか「すみません、遅くなりました…」

ほむら「す、すみません…」

和子「いいのよ、暁美さん、大丈夫?」

ほむら「は、はい…!」

和子「そう、なら2人は席について?」

まどか「はい」

ほむら「はい…」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:51:06.90 ID:PhM1Gxk7O
さやか「ね、まどか、転校生どうだった?」

まどか「うん、可愛くて良い子だと思うよ」

さやか「そっか、なら勧誘しなきゃね!」

まどか「うん!」

さやか「なら私が…」

まどか「もう私が誘ったよ、放課後大丈夫だって」

さやか「おっ、さすがまどか!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:54:04.52 ID:PhM1Gxk7O
まどか「てぃひひ!」

和子「こら!2人とも静かにしなさい!」

まどか「あっ」

さやか「あっ」

クスクス

さやか「もう…まどかのせいだからね…」

まどか「そんなぁ、酷いよさやかちゃん…」

仁美「ふふっ」

ほむら「…」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 22:57:18.93 ID:PhM1Gxk7O
ほむら(鹿目さん…お友だちなってくれたんだよね…?)

ほむら(でも…いつか嫌われたりしないかな…)

ほむら(私…何やっても駄目だから…)

ほむら(そんな私を嫌いになって…)

ほむら(虐められたりしたら…私は…)

ほむら(やっぱり私に…お友だちなんて…)

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:00:55.16 ID:PhM1Gxk7O
キーンコーンカーンコーン

「きりーつ、れい」

「ありがとーございましたー」

ほむら「…」

さやか「次は体育だね」

まどか「うん」

さやか「よーし、次は私のターンだ!」

まどか「?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:03:03.21 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「…」

ほむら(体育…大丈夫かな…?)

まどか『何かあったらすぐに私に言ってね?』

まどか『私にできることなら何でもするから!』

ほむら「…鹿目さん」

さやか「おーい!」

ほむら「?」

さやか「やあ!転校生さん!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:06:07.26 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「えっ?」

さやか「次は体育だよ!一緒に行こうよ!」

ほむら「あ、あの…」

さやか「あっ!まだ私が誰だかわかんないか!」

ほむら「…は、はい…」

さやか「じゃあここで問題です!」

ほむら「も、問題?」

さやか「私はだーれだっ?」

ほむら「…えっ?」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:09:09.33 ID:PhM1Gxk7O
さやか「一番!可愛いさやかちゃん!」

ほむら「へっ?」

さやか「二番!綺麗なさやかちゃん!」

ほむら「あ、あの…」

さやか「三番!プリティさやかちゃん!」

ほむら「えと…」

さやか「四番!ラブリーさやかちゃん!」

ほむら「…」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:12:08.61 ID:PhM1Gxk7O
さやか「さあどーれだー?」

ほむら「えぇ…」

さやか「あれ?わかんない?」

ほむら「いや…」

さやか「まあどれも正解と言えるからなぁ…」

ほむら「そ、そんなんじゃなくて…」

さやか「転校生には難しすぎたか…!」

まどか「結局全部さやかちゃんじゃん」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:15:08.49 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「鹿目さん…!」

さやか「もう!わかってないなぁ!」

さやか「どれを選ぶかによって私の」

まどか「ごめんね?ほむらちゃん」

ほむら「あ…いや…」

まどか「転校生って珍しいからさやかちゃん」

まどか「はしゃいじゃって!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:18:15.13 ID:PhM1Gxk7O
さやか「別にはしゃいでないぞー?」

まどか「てぃひひ」

ほむら「…ふふっ」

さやか「て、ことで!」

ほむら「?」

さやか「私は美樹さやか!よろしくね!暁美はむらさん!」

ほむら「みき…さやか…」

さやか「うんうん、好きなように呼んでくれたまえ?」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:21:16.22 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「じゃあ…美樹さん…」

さやか「なら私は…ほむらでいい?」

ほむら「…!」

まどか「大丈夫」

ほむら「鹿目さん…」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん!」

ほむら「…うん」

さやか「なに?なんの話?」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:24:08.80 ID:PhM1Gxk7O
まどか「ううん?なんでもないよ!」

ほむら「うん」

さやか「な、なんだぁ…もう2人はそんな仲なのか?」

さやか「恋か?それが恋なのかぁ?」

まどか「そ、そんなんじゃないよ!」

ほむら「ふふっ」

さやか「ま、いっか…」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:27:17.79 ID:PhM1Gxk7O
さやか「でさ、ほむらでいいよね?」

ほむら「…うん!」

さやか「よっし!じゃあ行くぞ!まどか、ほむら!」

まどか「うんっ!」

ほむら「は、はい!」


さやか「さて…着替えもすんだし、準備運動しなきゃね」

まどか「今日も長距離走なの?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:30:18.31 ID:PhM1Gxk7O
さやか「うん、面倒くさぁ」

ほむら「長距離走…」

まどか「ほむらちゃんは…大丈夫?」

ほむら「わかんない…」

ほむら(でも…頑張らなきゃ…)

ほむら(また…みんなに笑われて…私は…)

ほむら「…けど、がんばるよ」


93: >>90すまん、×暁美はむら○暁美ほむら 2011/11/13(日) 23:33:11.34 ID:PhM1Gxk7O
まどか「うん、私もついてるから!」

さやか「私も!」

ほむら「ありがとう…!」

まどか「じゃあ準備運動しようよ!」

さやか「そだね」

ほむら「う、うん…!」

ほむら(2人に駄目なところ見られたくない…!)

ほむら(私…こんどこそ…頑張らなきゃ!)

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:36:03.14 ID:PhM1Gxk7O
さやか「さーて、準備運動しゅうりょー!」

まどか「うん!」

ほむら「はぁ…はぁ…」

ほむら(な…なんで…準備運動しただけなのに…)

まどか「あれ?ほむらちゃん?」

さやか「息上がってるよ?大丈夫」

ほむら「はぁ…はぁ…」

ほむら「う…うん…大丈夫…」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:39:14.30 ID:PhM1Gxk7O
まどか「でも…」

さやか「無理してない?」

ほむら「だ、大丈夫…!」

さやか「ふむ…」

まどか「ほむらちゃん、本当に苦しくなったらすぐに言ってね?」

ほむら「うん…」

さやか「よっし!先生に説明して私たちは、ほむらに合わせて走ろっか」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:42:05.64 ID:PhM1Gxk7O
まどか「うん!」

ほむら「そんな…悪いよ…」

さやか「いいっていいって!」

さやか「んじゃ私は話してくるわー」

まどか「うん!」

ほむら「…」

ほむら「ごめんなさい…」

まどか「えっ?」

102: >>101ほむら「ほむらんファンタジー」のみ未完、他16本は完結 2011/11/13(日) 23:45:24.85 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「私のせいで…」

まどか「…気にしないで?」

ほむら「だって…」

まどか「これは私とさやかちゃんが好きでやってるんだし」

まどか「お友だちなんだから!」

ほむら「鹿目さん…」

さやか「オッケーだってさ!」

まどか「じゃあ行こっか、ほむらちゃん!」

ほむら「…」

まどか「ね?」

ほむら「…うん!」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:48:03.67 ID:PhM1Gxk7O
ほむら「はぁ…はぁ…」

まどか「大丈夫?」

ほむら「うん…」

さやか「無理しないでよね?」

ほむら「だ、大丈夫…まだ走れるから…」

ほむら(これ以上迷惑かけたくないよ…)

ほむら(このペースなら…私にだって…)

ほむら「はぁ…はぁ…」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:51:05.47 ID:PhM1Gxk7O
まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「はぁ…はぁ…」

さやか「やっぱり…」

ほむら「はぁっ…はぁっ…」

ほむら「うっ…」

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「けほっ!けほっ!」

さやか「ちょっと!大丈夫?」

ほむら「はぁ…はぁ…けほっ!」

さやか「まどか!」

まどか「うん!」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:55:24.25 ID:PhM1Gxk7O
まどか「保健室に行こうよ!」

ほむら「か…鹿目さん…」

さやか「ほむらの事情は先生も知ってるし、大丈夫だよ!」

ほむら「でも…迷惑じゃ…」

まどか「そんなことないよ!」

ほむら「…」

まどか「むしろ…ほむらちゃんの役に立てて嬉しいから!」

ほむら「えっ…?」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 23:58:14.83 ID:PhM1Gxk7O
まどか「だから、行こう?」

ほむら「…うん」

まどか「さやかちゃん、先生に伝えておいてくれないかな?」

さやか「任せて!」

ほむら「…美樹さん、ありがとう」

さやか「なんのなんの!いいってこれくらい!」

さやか「ほむらは安静にしてなよ?」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:01:45.41 ID:GBBe7bIuO
ほむら「うん…」

さやか「んじゃ行ってくる!まどか、ほむらは任せたよ!」

まどか「うん!」

さやか「ほむらー気にしないでいいからねー!」

ほむら「美樹さん…」

まどか「ほむらちゃん、行こっか」

ほむら「…うん」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:05:13.48 ID:GBBe7bIuO
保健室

まどか「えっと…ベッドに横になってればいいのかな?」

ほむら「うん…」

まどか「今日は保健室の先生いないから、勝手に使ってもいいよね?」

まどか「ほむらちゃん、ここで横になってて?」

ほむら「鹿目さん、ありがとう」

まどか「うん…えっとお水飲む?」

ほむら「うん…」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:06:52.60 ID:GBBe7bIuO
まどか「はい」

ほむら「ありがとう…」

まどか「うん!」

ほむら「あの…鹿目さんは戻ってていいから…」

まどか「んー…」

ほむら「鹿目さん?」

まどか「…いや!」

ほむら「えっ?」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:09:03.82 ID:GBBe7bIuO
まどか「てぃひひ!」

ほむら「えっ…?」

まどか「ほんとはね?私は戻らないといけないけど…!」

ほむら「うん…」

まどか「ほむらちゃんとここでお話してたいな!」

ほむら「えっ?」

ほむら「でもそれって…」

まどか「クラスのみんなには内緒だよ?」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:12:06.22 ID:GBBe7bIuO
ほむら「鹿目さん…」

まどか「いいでしょ?」

ほむら「…うん」

まどか「てぃひひ、ありがと!」

ほむら「…」

まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「?」

まどか「…ほむらちゃんはさ、自分に自信がないんだよね…?」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:15:08.49 ID:GBBe7bIuO
ほむら「それは…」

まどか「…私もね、そうだったんだ」

ほむら「えっ?」

まどか「私ね?頭も良くないし…運動も苦手でね?」

ほむら「…」

まどか「私ってなんの取り柄もない人間なんだなって…」

まどか「そう…思ってたんだ…」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:18:02.65 ID:GBBe7bIuO
ほむら「鹿目さんが…?」

まどか「うん」

ほむら(おんなじだ…私と…)

まどか「昔はね、虐められたりもしたんだ」

ほむら「!」

まどか「教科書隠されたり…悪口言われたり…」

まどか「でも…怖くて…何もできないで…」

まどか「1人で泣いてたんだ…」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:21:03.69 ID:GBBe7bIuO
ほむら「鹿目さん…」

ほむら(私も…そうだよ…)

ほむら(怖くて…何もできないもん…)

ほむら(ただ…泣くだけで…)

まどか「そんな私をね、助けてくれた人がいるんだ」

ほむら「!」

まどか「美樹さやか」

まどか「…さやかちゃんが私を助けてくれて…」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:24:04.67 ID:GBBe7bIuO
まどか「友達になってくれたんだ…!」

ほむら「…」

まどか「それからも…私は虐められたけど…」

まどか「いっつも…さやかちゃんが守ってくれて…!」

まどか「虐められることもなくなったんだ」

ほむら「そう…なんだ…」

まどか「うん…さやかちゃんには今でも感謝してるよ」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:27:10.87 ID:GBBe7bIuO
まどか「さやかちゃんのおかげで、自信も持てるようになったんだよ」

ほむら「自信…」

まどか「だから私もね、そんな人間になりたいって思ってるんだ」

まどか「だから…ほむらちゃん!」

ほむら「…」

まどか「今度は私が…ほむらちゃんを明るくしてあげたい」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:30:03.76 ID:GBBe7bIuO
ほむら「!」

まどか「ほむらちゃんに自信を持ってもらいたいの!」

ほむら「鹿目…さん…」

まどか「お節介かもしれないけど…」

まどか「私なんかで良かったら、いくらでも頼ってもらいたいんだ」

ほむら「…」

まどか「だから…いいかな?」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:33:09.31 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…いっぱい迷惑かけるかもしれない」

まどか「…」

ほむら「すぐに泣いちゃうかもしれないし…」

ほむら「足手まといにしかならないかもしれない…」

ほむら「そんな私でも…いいの?」

まどか「…もちろんだよ!」

まどか「ほむらちゃんの全てを受け止めてあげる!」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:36:10.36 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…ほんとに?」

まどか「ほんとに!」

ほむら「…鹿目さん…!」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「あ…ありがとう…」グスッ

ほむら「あれ…何で私…泣いてるの?」

ほむら「嬉しいのに…涙が…」

まどか「てぃひひ!」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:39:30.65 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「鹿目…さんっ!」

まどか「改めてよろしくね!」

ほむら「うんっ…!」


さやか「ほむら、大丈夫かな?」

仁美「大丈夫だと思いますわ」

さやか「仁美…」

仁美「まどかさんが、ついてるんですもん」

さやか「うん…そうだね!」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:42:03.27 ID:GBBe7bIuO
昼休み

さやか「ほむら、一緒に食べようよ!」

まどか「もう私が誘ったけどね!」

ほむら「うん…!」

さやか「なにぃ?抜け駆けはよくありませんな!」

まどか「てぃひひ!ごめんね?」

ほむら「ふふっ」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:45:04.21 ID:GBBe7bIuO
仁美「お二人、仲が良いでしょう?」

ほむら「あっ…」

仁美「初めまして、私は志筑仁美」

ほむら「志筑…仁美…」

仁美「私も暁美さんとお友だちになりたいんですの」

ほむら「お友だち…!」

仁美「お友だち、なってくれます?」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:48:07.10 ID:GBBe7bIuO
ほむら(もう…迷うなんてしないよ…!)

ほむら「は、はい!よろしくお願いします!」

仁美「ありがとうございます!」

仁美「こちらこそ、よろしくお願いしますわ」

さやか「おっ、これで仁美もほむらの友達か!」

まどか「てぃひひ!良かったね、ほむらちゃん!」

ほむら「えへへ…」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:51:32.55 ID:GBBe7bIuO
さやか「よっし!今日からは4人でランチタイムなのら!」

まどか「そうだね!」

仁美「騒がしくなりますね」

ほむら「うん…!」

ほむら(もう…1人で食べなくてもいいんだ…!)

ほむら(やった…!)

さやか「ほむら、今日の放課後は大丈夫なんだよね?」

ほむら「あっ…うん」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:54:03.48 ID:GBBe7bIuO
さやか「まどか、あれ見せてやろうよ!」

まどか「うん!」

さやか「2人にも説明しとかなきゃね!」

まどか「そうだね、さやかちゃんにお願いしてもいい?」

さやか「もっちろん!」

ほむら「なにを…するの?」

さやか「ふふふ、それは」

ほむら「それは?」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 00:57:06.71 ID:GBBe7bIuO
さやか「なーいしょ!」

ほむら「えっ…?」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「鹿目さん…!」

まどか「ほむらちゃんには内緒だよ?」

ほむら「そんな…」

仁美「見てからのお楽しみに…ですよね?」

さやか「うん!」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:00:06.96 ID:GBBe7bIuO
仁美「私も時間さえあれば…」

さやか「今日も習い事?」

仁美「ええ…嫌になるわ…」

まどか「がんばって」

仁美「ふふ、ありがとう、まどかさん」

さやか「まあ…ほむらは放課後まで待っててよ」

まどか「ごめんね?」

ほむら「…ううん」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:03:03.25 ID:GBBe7bIuO
ほむら「待ってる…」

さやか「そうそう!それでいいんだよ!」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん!」

仁美「はぁ…やっぱり私も…」

さやか「仁美…」

仁美「みなさん…羨ましいですわ」

まどか「私も、仁美ちゃんと一緒にやりたいなぁ」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:06:09.89 ID:GBBe7bIuO
仁美「お父様に頼んでみようかしら…」

さやか「大丈夫なの?」

仁美「それは…わかりませんけど」

まどか「仁美ちゃん…」

仁美「でも、頼めるだけ頼んでみますわ!」

さやか「…わかった、その時は頼むよ!」

仁美「ええ!」

ほむら「…」

ほむら(…何なんだろう?)

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:09:07.81 ID:GBBe7bIuO
放課後

「きりーつ、れい」

「さようならー」

和子「気を付けて帰るように!」

ほむら「やっと放課後だ…」

ほむら(良かった…虐められなかったし…)

ほむら(お友だちもできた…!)

ほむら(鹿目さん、美樹さん、志筑さん)

ほむら(今日は…楽しかったな)

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:12:08.52 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「鹿目さん…!」

さやか「やっと放課後だね!」

仁美「私はお先に帰りますわ」

さやか「うん、またね!」

まどか「ばいばい、仁美ちゃん!」

仁美「さようなら」

ほむら「さ、さようなら…!」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:15:07.99 ID:GBBe7bIuO
さやか「私たちも行くとしますか!」

まどか「うん!」

ほむら「あの…どこに…?」

さやか「ついてきて!」

まどか「今から案内するね?」

ほむら「う、うん…」



さやか「ここで待ってて?」

まどか「私たちはちょっと準備しなきゃいけないから」

ほむら「うん…」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:18:06.48 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…」

ほむら(なんだろう…教室みたいだけど…)

ほむら(ここで何をするのかな…?)

ほむら(覗いちゃ…駄目かな…?)

ほむら「…」

杏子「あんたが例の転校生ってやつか」

ほむら「えっ?」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:21:05.94 ID:GBBe7bIuO
杏子「へぇ…」ジロジロ

ほむら「あ、あの…」

杏子「ふぅん…さやかとまどかは認めたみたいだけど…」

ほむら(な、なに…?この子制服着てないし…)

ほむら(手、手に持ってるのって…)

杏子「私は認めねぇ!」ブンッ

ほむら「きゃっ?」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:24:04.61 ID:GBBe7bIuO
杏子「…外したか」

ほむら「あ…あぁ…」ガクガク

杏子「だが次は…」

ほむら(なんなの…?この子…や、槍で…)

ほむら(私を…?)

杏子「外さねぇ!」

ほむら「ひいっ!」

マミ「そこまでよ!」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:27:29.93 ID:GBBe7bIuO
ほむら「!?」

杏子「ちっ…巴マミか…!」

マミ「佐倉さん、抜け駆けは良くないわ」

ほむら(なに…この人も…?)

マミ「この子は私がいただくの」

杏子「なんだと?」

マミ「それが神の答えよ」

杏子「また訳のわからねぇことを言いやがって…!」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:30:39.29 ID:GBBe7bIuO
杏子「いいぜ、先にマミ、お前を倒してやるよ」

マミ「やれるものならやってみなさい?」

杏子「ふん…何時までその口がきけるかな!」

マミ「甘く見ないでちょうだい!」

ほむら「…」

ほむら(な、なに…わけがわからないよ…)

ほむら(この人たちは…?)

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:33:36.47 ID:GBBe7bIuO
さやか「まてーい!」

ほむら「!」

マミ「あなたは…」

杏子「さやか…!」

ほむら「み、美樹さん…?」

まどか「ほむらちゃん、大丈夫だよ」

ほむら「鹿目さん…?」

杏子「まどか、お前もか」

マミ「…あなた達も邪魔をするってわけ?」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:36:10.35 ID:GBBe7bIuO
ほむら「か、鹿目さん…その格好は…?」

まどか「…」

ほむら「鹿目さん…?」

杏子「こっちにこい!」グイッ

ほむら「きゃぁっ!」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「あの子は私の獲物よ!」

さやか「そうはさせない!」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:39:04.80 ID:GBBe7bIuO
ガチャッ

杏子「これで逃げられないな」

ほむら「な、なにを…!」

まどか「杏子ちゃん!ほむらちゃんを離して!」

杏子「やだね」

さやか「杏子!」

ほむら(な…なに…?)

ほむら(もしかして…虐め…?)

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:42:20.26 ID:GBBe7bIuO
ほむら「いゃっ…!」

マミ「佐倉さん、どうしても離さないと言うのなら…」

杏子「なんだよ?」

マミ「その子ごと、あなたを射つわ」

杏子「なに…?」

さやか「あっ…マミさんやめて、あ、あなたはそんなことする人じゃなかった」

まどか「マミさんっ!」

ほむら「あ…いやっ…」

マミ「…」

パァン

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:45:08.68 ID:GBBe7bIuO
ほむら「きゃぁっ!」

ほむら「…!」

ほむら「え…?」

ほむら(クラッカー…?)

マミ「ごめんね?驚いた?」

ほむら「あ、あの…」

杏子「怪我してないよな?」

ほむら「えっ…?」

杏子「ごめん、ちょっと乱暴だったかもな」

ほむら「?」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:48:05.34 ID:GBBe7bIuO
さやか「どう?感想は?」

ほむら「か、感想…?」

杏子「ったく…つまんねぇこと考えやがって」

さやか「ごめんごめん」

マミ「私は正義の味方がよかったわ」

さやか「あはは…」

ほむら「あの…これは…」

まどか「ほむらちゃん」

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:51:05.70 ID:GBBe7bIuO
ほむら「鹿目さん…」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん…やっぱり驚いたよね?」

ほむら「なんなの…?」

ほむら「その格好は…?」

まどか「これ?これはね…」

ほむら「うん…」

まどか「魔法少女だよ!」

ほむら「ま…魔法少女…?」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:54:06.23 ID:GBBe7bIuO
まどか「実はね、ほむらちゃんにお願いがあるの」

ほむら「お願い…?」

まどか「ほむらちゃんも、私たちの仲間になってほしいんだ!」

ほむら「仲間…?」

まどか「うん」

ほむら「その…ま、魔法少女に…?」

まどか「そうだよ」

まどか「私と契約して、魔法少女になってよ!」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 01:57:15.16 ID:GBBe7bIuO
ほむら「え?え?」

マミ「鹿目さん、それじゃ暁美さんが困っちゃうわよ?」

さやか「ほら、わけわかんないって顔してるし」

杏子「やっぱちゃんと説明しなきゃな」

まどか「そ…そうだね」

ほむら「あの…?」

まどか「ごめんね?」

ほむら「いや…」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:00:04.41 ID:GBBe7bIuO
まどか「実はね?さっきのは演技なんだ」

ほむら「演技…?」

さやか「そうそう、ほむらをちょっと脅かそうかなって」

マミ「もっとカッコいい台詞言いたかったな」

杏子「さやかなんて、すげぇ棒読みだったもんな」

さやか「えっ?うそ?」

ほむら「…?」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:03:05.47 ID:GBBe7bIuO
まどか「これはね、私たちの部活なんだ」

ほむら「えっ?」

マミ「演劇部」

ほむら「え、演劇部…?」

杏子「まあ、殆ど練習してないけどな、特にさやかが」

さやか「いやぁ…」

まどか「この衣装はね、マミさんが作ったんだよ」

ほむら「…」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:06:32.30 ID:GBBe7bIuO
マミ「ここは演劇部なのよ、部員は私たち4人だけだけどね」

ほむら「は、はい…」

マミ「部長は私、巴マミ」

マミ「私が三年生唯一の部員よ」

マミ「そして、私が魔法少女の演劇をやろうと考えたの!」

ほむら「魔法少女…」

マミ「でも、部員が足りなくて…」

さやか「んで、私がまどかと杏子を引き入れたってわけ」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:09:10.38 ID:GBBe7bIuO
杏子「ま、私は演劇なんて興味はないけどさ」

さやか「お菓子に釣られたんだよね!」

杏子「うっさい!」

さやか「まどかなんて自分の衣装のデザインなんてしちゃってさ!」

まどか「てぃひひ!」

さやか「まあこうして4人で適当に遊んでるわけよ!」

マミ「私は真剣にやりたいのに…」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:12:04.16 ID:GBBe7bIuO
杏子「でも一番喜んでケーキ食べてんのマミだろ?」

マミ「ち、違うもん!」

マミ「だって食べなきゃ勿体ないじゃない!」

杏子「てか持ってきてるのマミだろ?」

マミ「だ、だって…みんな美味しそうに食べてくれるから…」

杏子「まあ私はありがたく貰ってるけどな」

ほむら「…」ポカーン

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:15:05.13 ID:GBBe7bIuO
杏子「それにさやかも遊んでるだけだしな」

さやか「あはは…」

杏子「まどかはまぁ…特に言うことはないな」

まどか「えっ?」

杏子「とにかく、私らは演劇部じゃなくてケーキ部、お菓子部とか言われてんのさ」

マミ「むっ」

杏子「この格好だって着たの久々だからな」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:18:04.58 ID:GBBe7bIuO
マミ「だって…」

杏子「それにマミが抜けたら部員が足りなくなって廃部だ」

ほむら「!」

さやか「だから、ほむらを勧誘したいのさ!」

さやか「一緒に喋って、ケーキ食べるだけだけどね」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:21:06.48 ID:GBBe7bIuO
ほむら「鹿目さん…」

まどか「良かったら…入らない?」

さやか「まだ部活決めてないでしょ?」

ほむら「う、うん…」

杏子「私もお菓子が食えなくなるのは嫌だ」

マミ「暁美さん…魔法少女になりましょう!」

ほむら「えと…」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:24:40.86 ID:GBBe7bIuO
ほむら(ま、魔法少女は…ちょっと…恥ずかしい…かな…)

ほむら(でも…みんな楽しそう…!)

ほむら(なれるのかな…私も)

ほむら(あんな風に…!)

まどか「ほむらちゃんが入ってくれたらとっても嬉しいな!」

さやか「賑やかな方が楽しいし!」

杏子「まあ…私も…多い方が良いと思う」

マミ「暁美さん!こんな私たちだけど…!」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:27:10.60 ID:GBBe7bIuO
ほむら(…前の学校は何もしなかったから…)

ほむら(あんまり良い思いではないよ…)

ほむら(でも…これなら…頭が良くなくても、運動ができなくても…)

ほむら(私でもできるよね…?)

ほむら(それに…鹿目さん!)

ほむら「…うん」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:30:08.24 ID:GBBe7bIuO
ほむら「わ、私なんかで良かったら…」

マミ「入部してくれるの?」

ほむら「は、はい…!」

さやか「やったー!」

杏子「よし!やった!」

さやか「ん?」

まどか「やったぁ!ありがとう!ほむらちゃん!」

ほむら「…えへへ」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:41:03.19 ID:GBBe7bIuO
マミ「今日はパーティーよ!」

マミ「たまたまホールで買ったの!これを食べましょう!」

杏子「本当にたまたまか?」

マミ「たまたまよ!」

さやか「とか言って杏子も喜んでるんでしょ?」

杏子「えっ?」

さやか「さっきも喜んでたし」

杏子「あれは違うぞ!」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:43:16.47 ID:GBBe7bIuO
さやか「えっ?だって…」

杏子「あれは転校生が!」

さやか「?」

ほむら「?」

杏子「て、転校生が…!」

さやか「なに?」

杏子「な、何でもねぇよ!」

さやか「えっ?」

ほむら「?」

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:49:58.69 ID:GBBe7bIuO
マミ「そうだ…ちゃんと自己紹介しないとね」

ほむら「あっ…」

マミ「私は巴マミ、さっきも言ったけど私はあなた達の1つ先輩なの」

マミ「でも歳上だからって気を使わないで?」

ほむら「!」

マミ「普通のお友だちとして接してくれたら嬉しいわ」

ほむら「お友だち…」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:53:28.49 ID:GBBe7bIuO
マミ「よろしくね!暁美さん!」

ほむら「は、はい!」

ほむら「わ…私は暁美ほむら、です…!」

ほむら「…よろしく…お願いします…!」

マミ「ええ、よろしくね!」

ほむら「あの…巴さん…で良いですか?」

マミ「うん、好きに呼んでくれていいわよ」

ほむら「はい…!」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 02:55:52.23 ID:GBBe7bIuO
さやか「もしかして杏子、照れてんの?」

杏子「な、何に!」

さやか「ほむらに」

杏子「違う!私はただ…!」

さやか「はいはい」

さやか「…ほら、杏子も自己紹介しなよ」

ほむら「…」

杏子「あ…!」

229: 寝てた…これだけでも、ごめんなさい 2011/11/14(月) 05:22:48.11 ID:GBBe7bIuO
杏子「わ、私は佐倉杏子だ!」

杏子「えと…よ、よろしく!」

ほむら「う、うん!」

ほむら「私は暁美ほむらです…よろしくお願いします…!」

杏子「あ、ああ!よろしくな!」

ほむら「うん…!」

さやか「なんかぎこちないね」

まどか「てぃひひ!」

239: 保守ありがとう 2011/11/14(月) 08:12:50.05 ID:GBBe7bIuO
マミ「ケーキの準備ができたわよ」

杏子「おっ!」

さやか「どれどれ…?」

ほむら「わぁ…!」

まどか「今日のも美味しそう!」

マミ「ふふっ、待ってね、今紅茶を入れるから」

ほむら「は、はい」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:16:21.92 ID:GBBe7bIuO
まどか「マミさんが入れてくれる紅茶もすっごく美味しいんだよ!」

ほむら「へぇ…!」

さやか「私が入れても美味しくできないのになぁ…」

杏子「そりゃ、さやかは適当だからな」

さやか「なにをー!」

マミ「はい、できたわ」

マミ「それじゃあ、いただきましょうか」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:19:22.84 ID:GBBe7bIuO
「いただきます!」

杏子「はむはむ…」

杏子「やっぱうめぇな!」

まどか「うん、美味しい!」

さやか「さっすがマミさん行き付けのお店だね!」

マミ「ふふっ」

マミ「暁美さん、どう?美味しい?」

ほむら「ほむほむ…」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:22:55.10 ID:GBBe7bIuO
ほむら「!」

ほむら「す、すごく美味しいです…!」

マミ「そう、よかった!」

ほむら「と、巴さんは毎日買ってこられるんですか?」

マミ「…そうね、そうなるわ」

ほむら「お金は…大丈夫なんですか?」

マミ「そのことなら大丈夫、気にしなくていいのよ?」

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:30:30.36 ID:GBBe7bIuO
杏子「マミは毎日毎日持ってくるからな」

杏子「最初は不思議だったけど、今は気にしてないね」

マミ「私はみんなが喜んでくれるが嬉しいから…!」

まどか「いつもありがとうございます!」

さやか「さすがマミさん!」

マミ「ありがとう」

ほむら「ほむほむ…」

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:34:41.06 ID:GBBe7bIuO
ほむら(本当に美味しい…)

ほむら(…お見舞いで貰った時なんかよりもずっと…)

ほむら(何でかな…みんながいるから…?)

ほむら(お弁当も美味しかったし…!)

ほむら(私はもう…1人じゃないんだ…!)

まどか「ねえ、ほむらちゃん!」

ほむら「?」

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:37:40.53 ID:GBBe7bIuO
まどか「後でほむらちゃんの衣装、一緒に考えようよ!」

ほむら「衣装…?」

さやか「魔法少女のね!」

ほむら「あっ…!」

ほむら(そ、そっか…私もあんな風に…)

ほむら(でも私に…似合うかな…?)

杏子「恥ずかしがらなくても大丈夫だ」

ほむら「えっ?」

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:42:20.00 ID:GBBe7bIuO
杏子「私も最初は恥ずかしかったけどさ」

杏子「ま、ようは慣れってやつさ」

ほむら「慣れ…」

杏子「それに滅多に着る機会なんてないしさ」

さやか「あはは!そうだね!」

マミ「もう!あなた達が練習しないからでしょ!」

まどか「てぃひひ!」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:46:11.37 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん、良いよね?」

まどか「一緒に考えようよ!」

ほむら(滅多に着ないなら…大丈夫かな…)

ほむら(それに…)

ほむら「うん、わかったよ」

まどか「てぃひひ!ありがとう!」

ほむら(ちょっと楽しみかも…!)

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:50:15.17 ID:GBBe7bIuO
マミ「みんな、もう食べ終わったわね?」

まどか「はい!」

ほむら「はい…!」

さやか「美味しかったー」

杏子「おかわり!」

マミ「ふふっ、また明日ね?」

杏子「ちぇっ」

さやか「また言ってる」

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:55:29.25 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃんは何色が好き?」

ほむら「えっ?」

まどか「先ずは色を決めたいから」

ほむら「あっ…」

ほむら(色…なんだろう…)

ほむら(鹿目さんはピンク…美樹さんは青)

ほむら(佐倉さんは赤で…巴さんが黄色)

ほむら(なら…私は…黒?)

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:05:39.53 ID:GBBe7bIuO
ほむら「黒…かな?」

まどか「黒だね!なら…」

まどか「んー…後は紫かな?」

ほむら「紫?」

まどか「うん、きっと似合うと思うよ!」

まどか「あとは…白も加えてっと…」

まどか「うん!カラーリングはこれでどうかな?」

ほむら「あっ…!」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:35:36.75 ID:GBBe7bIuO
まどか「ね?どうかな?」

ほむら「うん…いいかも」

まどか「そう?よかった!」

さやか「さっそくデザインするわけ?」

まどか「うん!」

杏子「懐かしいな」

さやか「そうだね」

マミ「作るのは任せて!」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:52:33.38 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん、こっちに来て?」

ほむら「うん」

まどか「どうしよっか?私が勝手に書いてもいい?」

ほむら「いいよ」

まどか「ありがとう!がんばるね!」

さやか「私たちも見物しますか!」

杏子「ああ」

マミ「どうなるのかしらね?」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:33:39.94 ID:GBBe7bIuO
まどか「いろいろ書いてもいいかな?」

ほむら「う、うん、好きなように書いて?」

まどか「うん、わかったよ!」

さやか「まどかの腕の見せどころだね!」

杏子「どうせなら可愛くしてやれよ?」

まどか「うん…!」カキカキ

ほむら「…」ジィー

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:53:31.55 ID:GBBe7bIuO
まどか「んー…ほむらちゃんはあまり派手すぎるのは嫌かな?」

ほむら「う、うん…」

さやか「そういえば、ほむらってコンタクトにはしないの?」

ほむら「えっ?」

さやか「眼鏡も似合ってるけどさ」

ほむら「?」

さやか「外したらどうなんのかなって」

ほむら「…眼鏡を?」

さやか「うん」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 11:08:07.03 ID:GBBe7bIuO
まどか「そうだね、私も見てみたいなぁ!」

ほむら「…」

杏子「なあ、ほむら外してみなよ」

マミ「うん、私も気になるわ」

ほむら「私…」

さやか「ん?どうしたの?」

ほむら「…」

ほむら「私の顔…変だから…」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 11:18:35.00 ID:GBBe7bIuO
まどか「えっ?」

ほむら「…」

さやか「変な顔?なんで?」

ほむら「だって…」

マミ「暁美さん…」

杏子「あのさぁ、ほむら」

ほむら「…」

杏子「そんなこと言ってると変な奴らに絡まれるぞ?」

ほむら「えっ…?」

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 11:36:03.16 ID:GBBe7bIuO
杏子「自信もちなって」

ほむら「…!」

杏子「あんたさ、そんな顔してんのに変とか言ってると妬まれるぞ」

ほむら「えっ…」

さやか「そうだよ!全然変じゃないよ」

マミ「そうね、私もそう思うわ」

ほむら「…」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 12:12:18.44 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん、初めは嫌かもしれないけど…」

まどか「大丈夫だよ!」

ほむら「鹿目さん…」

まどか「約束したでしょ?」

ほむら「…!」

まどか「私がほむらちゃんをカッコよくしてあげるって!」

ほむら「そ、そうだけど…」

まどか「私に任せてよ!」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 12:22:14.10 ID:GBBe7bIuO
さやか「そうだ!」

杏子「…また変なこと思いついたんじゃないのか?」

さやか「違うってば!」

マミ「美樹さん、どうしたの?」

さやか「せっかくさ!ほむらが入部してくれたんだからさ!」

ほむら「…」

さやか「暁美ほむら改造計画!」

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 12:26:03.48 ID:GBBe7bIuO
ほむら「えっ?」

さやか「私たちでほむらをカッコよくするんだよ!」

まどか「うん…そうだね!」

ほむら「え…」

杏子「なるほどな!」

マミ「そうね…私も協力するわ!」

ほむら「あ、あの…!」

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 12:48:19.54 ID:GBBe7bIuO
ほむら「迷惑…かけたくないから…」

ほむら「いいよ…」

さやか「そうゆうとこだよ」

ほむら「えっ?」

杏子「人の好意はありがたくいただくもんだぜ?」

マミ「うん、私も先輩として暁美さんを導いてあげる!」

まどか「ほむらちゃん、私たちを信じてよ!」

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 13:04:09.11 ID:GBBe7bIuO
ほむら「信じる…」

まどか「うん!」

さやか「さやかちゃんがいるからには大丈夫!」

さやか「大船に乗ったつもりでいてよ!」

杏子「さやかだけじゃ泥船だけどな」

さやか「むむっ」

マミ「でも私たち4人なら大丈夫!」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 13:29:37.52 ID:GBBe7bIuO
さやか「でもって…マミさんまで!」

マミ「なあに?」

さやか「ぐぬぬ…」

ほむら「…」

杏子「とにかくさ、私らに任せときなって!」

ほむら「佐倉さん…」

まどか「ほむらちゃんをカッコいい女の子にしてあげるよ!」

まどか「ほむら、ちゃん!」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 14:00:09.19 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ほむら…」

まどか『カッコいい名前だと思うなぁ…!』

まどか『うん!こう…燃え上がれーって感じで!』

まどか『カッコよくなっちゃえばいいんだよ!』

ほむら「なれるかな…?」

さやか「ん?」

ほむら「私が…カッコよく…」

まどか「うん!」

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 14:02:34.77 ID:GBBe7bIuO
まどか「なれるよ!絶対に!」

さやか「チームさやかちゃんズに任せなさい!」

杏子「大丈夫だって言ってるだろ?」

マミ「何でも言ってね?」

ほむら「みんな…!」

まどか「がんばろうね!」

ほむら「…うんっ!」

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 14:09:18.52 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん!」

さやか「よーし!ならさっそく…!」

キーンコーンカーンコーン

さやか「あっ」

杏子「なんだ?もう終わりか?」

マミ「楽しいことがあると時間が経つの早いわね」

さやか「仕方ない、明日からだね」

まどか「うん」

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 15:10:01.63 ID:GBBe7bIuO
マミ「今日はもう帰らないとね」

さやか「ここから良いとこだったのにねぇ」

杏子「うっし、寄り道すっか!」

まどか「私はいいけと゛…」

まどか「ほむらちゃんは大丈夫?」

ほむら「私は…」

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 15:22:09.30 ID:GBBe7bIuO
杏子「寄り道と言ってもたいした所には行かないぞ?」

さやか「またゲーセン?」

杏子「ああ、やっぱアレやんないとな」

ほむら「げ、ゲーセン…」

杏子「まあ無理にとは言わないけどさ」

マミ「どうする?暁美さん」

ほむら「…」

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 15:54:23.15 ID:GBBe7bIuO
ほむら(どうしよう…)

ほむら(もうこんな時間だし…お母さんにも何の連絡もしてないよ…)

ほむら(でも…私も遊んでみたいな…)

ほむら(断っても悪いし…)

まどか「…」

まどか「…今日は初めてだったし、ほむらちゃん疲れちゃったよね?」

ほむら「えっ?」

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 15:58:54.13 ID:GBBe7bIuO
まどか「みんな、今日はここまでにして帰ろうよ」

まどか「ほむらちゃん、今日はゆっくり休んで、また明日遊ぼうね!」

ほむら「あ…う、うん」

さやか「そうだね、そうしよっか」

杏子「ならゲーセンはパスだな」

マミ「今からみんなで暁美さんの家まで送らない?」

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:02:28.10 ID:GBBe7bIuO
杏子「いいな、それ」

さやか「さんせー!」

ほむら「み、みんな…」

まどか「もちろん私も!」

マミ「暁美さん、迷惑じゃなかったら家まで一緒に帰ってもいい?」

ほむら「…はい!」

まどか「てぃひひ!やったぁ!」

ほむら「…えへ」

ほむら(みんな…ありがとう)

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:10:28.56 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃんの家はどっちなの?」

ほむら「私の家はこっちだよ…!」

まどか「そっか、みんな!行こうよ!」

さやか「私達の家と同じ方向だね」

まどか「もしかしたらご近所さんかも!」

杏子「私らとは反対みたいだな」

マミ「そうね、少し残念」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:15:18.98 ID:GBBe7bIuO
ほむら「あ、あの!」

杏子「ん?」

マミ「どうしたの?」

ほむら「反対なのに…ついてきてもらって…」

杏子「あー…いいよ、私らが好きでやってんだから」

マミ「そうそう、気にしすぎはよくないわよ?」

ほむら「…はい」

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:20:15.10 ID:GBBe7bIuO
さやか「もしかしたら毎朝一緒に登校できるかもね!」

まどか「そうなったら嬉しいなぁ…!」

さやか「仁美も喜ぶよ!」

まどか「そうだね!」

杏子「ん?」

杏子「なあ、ほむら」

ほむら「?」

杏子「たい焼き、食うかい?」

322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:25:07.12 ID:GBBe7bIuO
ほむら「たい焼き?」

杏子「ああ、ほら」

さやか「おっ、たい焼き屋さん!」

まどか「あそこの美味しいんだよね!」

ほむら「たい焼きは好き…だけど…」

ほむら「その…もうケーキ食べたから…」

杏子「好きなんだな?わかった!」

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:30:06.38 ID:GBBe7bIuO
杏子「ちょっと待ってろ!」

ほむら「あっ…!」

さやか「私の分もねー!」

杏子「さやかは自分で買えー!」

さやか「えーっ?けちっ!」

マミ「私も食べようかな?」

まどか「なら私も」

ほむら「ふ、太らないかな…?」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:35:09.27 ID:GBBe7bIuO
マミ「大丈夫よ、少しくらいならね」

まどか「うん、私も最初は体重計に乗るのが怖かったけど…」

まどか「増えてなかったし!」

ほむら「…」

ほむら(たしかにみんな…太ってなんかない…)

ほむら(大丈夫なのかな…?)

マミ「鹿目さん、私たちも買う?」

まどか「はい」

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:40:04.87 ID:GBBe7bIuO
杏子「ほい、お待たせ!」

ほむら「あっ」

杏子「私の奢りだ、美味しく食べろよ?」

ほむら「あ…すみま…」

杏子「…」

ほむら「ううん…」

ほむら「ありがとう!」

杏子「ああ!わかってきたじゃん!」

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:45:02.71 ID:GBBe7bIuO
さやか「ほむらだけずるいー!不公平だぁー!」

杏子「うっさいなー」

さやか「でも、杏子が奢るなんてね、明日は雨でも降るんじゃないの?」

杏子「どういう意味だおい!」

さやか「台風が来たりして…」

杏子「さーやーかー!」

さやか「きゃーっ!」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:50:06.30 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…ふふっ」

マミ「もう、2人ったら相変わらずね」

まどか「てぃひひ!」

マミ「さてと、あの2人は置いといて、私たちは食べちゃおうか」

まどか「そうですね!」

まどか「ほむらちゃん、あそこに座ろうよ!」

ほむら「…うん!」

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:55:04.14 ID:GBBe7bIuO
杏子「おい!置いてくなよ!」

さやか「まてーい!」

まどか「ごめんね?」

マミ「ほら、早く食べないと冷めちゃうわよ?」

杏子「わかってるって!」

さやか「うん、いただきまーす!」

まどか「いただきます!」

ほむら「いただきます…!」

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:00:10.34 ID:GBBe7bIuO
マミ「いただきます」

杏子「いっただっきまーす!」

ほむら「ほむほむ…」

まどか「んー、美味しいー」

ほむら「うん…!」

さやか「杏子のは何味?」

杏子「あんこだけど」

さやか「そっか、一口もーらいっ!」カプッ

杏子「あっ!」

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:05:16.61 ID:GBBe7bIuO
さやか「やっぱ、あんこは美味しいね!」

杏子「おい!何で私の食うんだよ!」

さやか「美味しそうだったから」

杏子「さやかぁ…!」

さやか「ほら、私のも食べていいから!」

さやか「私のクリームも美味しいよ?」

杏子「やだ!たい焼きはあんこ以外認めねえ!」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:10:04.18 ID:GBBe7bIuO
ギャーギャー

ほむら「…」ポカーン

マミ「ほんと、仲が良いわよね、美樹さんと佐倉さん」

まどか「けんかじゃなくて、じゃれあってるだけだもん」

ほむら「…」

まどか「…ほむらちゃん、私のも食べてみる?」

ほむら「えっ?」

まどか「ほら」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:15:17.93 ID:GBBe7bIuO
ほむら「いいの?」

まどか「うん!」

ほむら「あ、ありがとう…!」

まどか「いいよっ!」

ほむら「…ほむっ」パクッ

ほむら「ほむほむ…」

まどか「美味しい?」

ほむら「うんっ!」

まどか「てぃひひ!よかった」

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:20:12.18 ID:GBBe7bIuO
ほむら「あっ…私のも…」

まどか「ありがとう、一口貰うね?」

ほむら「うん…!」

マミ「2人も仲好しね!」

ほむら「…えへ」

まどか「はいっ!」

マミ「なら私も負けてられないわ!」

マミ「暁美さん?私のも食べて!」

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:25:21.89 ID:GBBe7bIuO
ほむら「えっ?」

マミ「…私のは嫌?」

ほむら「そ、そんなことないです…!」

マミ「そう、なら…はい」

ほむら「ありがとう…ございます…!」

ほむら「ほむっ…」

まどか「ほむらちゃん、食べる時に『ほむっ』って言ってるように聞こえるね」

ほむら「え…」

343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:30:10.22 ID:GBBe7bIuO
マミ「たしかに…そう聞こえるわね」

ほむら「そ、そうなの…?」

まどか「うん」

ほむら「…やっぱり私…変なんだ…」

まどか「あっ…そんなつもりで言ったんじゃないよ!」

マミ「そ、そうよ!」

ほむら「でも…」

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:35:19.30 ID:GBBe7bIuO
まどか「可愛い食べ方だと思うなぁ」

マミ「そうね、とても可愛らしいわ」

ほむら「…」

まどか「だから変じゃないよ?」

マミ「ええ!」

ほむら「うん…」

杏子「おい、そろそろ食い終わっただろ?」

さやか「帰らないとね」

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:40:06.45 ID:GBBe7bIuO
まどか「そうだね」

マミ「行きましょうか、暁美さん」

ほむら「はい」



ほむら「ここが私のお家だよ」

まどか「!」

さやか「まどか…ここって…」

まどか「うん…!」

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:45:11.72 ID:GBBe7bIuO
杏子「あれ?たしかここは」

マミ「鹿目さんの家のすぐ近くよね…?」

ほむら「えっ?」

まどか「はいっ!」

さやか「やったじゃん!これなら登下校ずっとほむらと一緒にいれるよ!」

まどか「うん!」

ほむら「…ご近所さん…?」

349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:50:16.98 ID:GBBe7bIuO
まどか「うん!そうだよ!」

まどか「ここから5分もかからないんじゃないかな?」

ほむら「…!」

さやか「私と仁美も結構近いよ?」

マミ「羨ましいわね」クスッ

杏子「そうだな」

まどか「ほむらちゃん、これから毎日一緒に行こうよ!」

ほむら「うん…!」

350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:55:07.60 ID:GBBe7bIuO
さやか「私もね!」

ほむら「うん」

杏子「ほむらの家もわかったことだし、私らは帰るとするか」

マミ「そうね、暁美さん、また明日ね!」

ほむら「はい…!」

杏子「じゃあな!」

さやか「またね!」

まどか「ばいばい!」

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:00:06.37 ID:GBBe7bIuO
ほむら「さ、さようなら…!」

「お友だち?」

ほむら「あっ…お母さん!」

「もう…帰ってくるのが遅かったから心配してたのよ?」

ほむら「ご、ごめんなさい…」

「でも、よかったわね!お友だちができたんでしょ?」

ほむら「うん!」

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:05:24.12 ID:GBBe7bIuO
「お母さんの言った通りでしょ?」

「ほむらちゃんに絶対お友だちができるって!」

ほむら「…うん!」

「ふふ、これから毎日学校を楽しみなさいよ?」

ほむら「わかってるよ」

「そう、わかってるならいいわ」

「どうする?もうご飯食べる?」

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:10:12.45 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ううん、お腹いっぱいだから」

「ならお風呂に入ってきなさい?」

ほむら「うん」タタッ

「…あの子の笑顔…久しぶりに見たわ…」

ほむら「えへへ」

ほむら「嘘じゃないんだ…!」

ほむら「お友だちができた…!」

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:15:19.29 ID:GBBe7bIuO
ほむら「やったぁ…!」

ほむら「嬉しいな…!」

ほむら「ふふっ」

ほむら「あっ…お風呂に入らなきゃ」

チャポン

ほむら「ふぅ…」

ほむら「今日は楽しかったな…」

ほむら「みんな…」

358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:20:06.12 ID:GBBe7bIuO
ほむら「志筑仁美さん」

ほむら「まだあんまりお話ししてないけど、優しそうな人だったな」

ほむら「巴マミさん」

ほむら「年上だけど、優しくて…しっかりしてそうで、頼れるお姉さん…なのかな」

ほむら「佐倉杏子さん」

ほむら「最初は怖い人だって思ったけど…本当は優しくて…良い子だったな」

359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:25:20.49 ID:GBBe7bIuO
ほむら「美樹さやかさん」

ほむら「明るくて元気で…ちょっと可笑しなこと言ってたけど、やっぱり優しくて…」

ほむら「鹿目さんも言ってたように…!」

ほむら「そして…」

ほむら「鹿目まどかさん…!」


ピンポーン

「はーい」

ガチャッ

「あら?あなたは…」

360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:30:10.95 ID:GBBe7bIuO
ガラッ

ほむら「髪乾かさなきゃ」

ゴー

ほむら「ふぅ」フキフキ

ほむら「明日も楽しみだな」

ほむら「朝は…鹿目さんが来てくれるのかな?」

ほむら「一緒に登校…」

ほむら「えへへ…」

361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:35:08.20 ID:GBBe7bIuO
ガラッ

ほむら「お母さん、お風呂空いたよ?」

「うん、後で入るから、部屋に戻ってて?」

ほむら「え?…うん」

ほむら「宿題はなかったよね…?」

ガチャッ

ほむら「!?」

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:40:10.70 ID:GBBe7bIuO
まどか「こ、こんばんは!」

ほむら「こんばんは…」

ほむら「って…あ、あれ?」

ほむら「あなたは…鹿目さん…?」

まどか「うん!」

ほむら「ご、ごめんなさい…眼鏡かけてなくて…その…」

まどか「あっ、いいよ!」

まどか「それに謝るのは私の方だよ、勝手にお邪魔しちゃって」

365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:45:08.30 ID:GBBe7bIuO
ほむら「い、いいよ…!」

まどか「家も近いし…良かったらまだ遊べないかなって」

まどか「私だけ来ちゃった!」

まどか「みんなには内緒だよ?」

ほむら「鹿目さん…」

まどか「ごめんね?迷惑だったら帰るから…」

ほむら「ううん!迷惑じゃないよ!」

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:50:03.72 ID:GBBe7bIuO
まどか「そう?ありがとう!」

ほむら「うん…!」

まどか「ほむらちゃん、お風呂に入ってたんだね?」

ほむら「そうだよ」

まどか「三つ編みも似合ってるけど、下ろしても可愛いね!」

ほむら「えへへ…」

まどか「それに…やっぱり、眼鏡外しても可愛いよ!」

ほむら「そうかな…?」

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:55:07.87 ID:GBBe7bIuO
まどか「うん!」

ほむら「えへっ」

ほむら「…あれ?」

まどか「ん?」

ほむら「よく見たら…鹿目さんも髪下ろしたの?」

まどか「あ!気づいてくれたんだ!」

ほむら「うん」

まどか「着替えた時に外したままここに来ちゃったんだ」

369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 19:00:13.65 ID:GBBe7bIuO
ほむら「そうなんだ…」

まどか「だから今はお揃いだね!」

ほむら「うん…!」

まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「?」

まどか「ごめんね?今日はいろいろ付き合わせちゃって」

ほむら「そ、そんなこと…」

まどか「ちょっと強引だったかも…」

370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 19:05:10.00 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ううん、楽しかったよ?」

まどか「…そう言ってくれると嬉しいな…!」

ほむら「うん!」

まどか「私ね、勝手に昔の私とほむらちゃんを重ねちゃって…」

まどか「だから」

ほむら「私は鹿目さんがお友だちになってくれて本当に嬉しかったんだ」

まどか「…ほむらちゃん」

390: ありがとう 2011/11/14(月) 20:40:33.71 ID:GBBe7bIuO
ほむら「私ね、前の学校じゃ…保健室登校で…その…」

ほむら「一年生の途中から…ひとりぼっちだったんだ」

まどか「…」

ほむら「最初はすごく寂しかったけど、いつの間にかそれにも慣れちゃって…」

ほむら「入院もしたから、ひとりぼっちが当たり前になってたんだ」

ほむら「だから…転校することになって…また、ひとりぼっちになるんだなって…」

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:45:05.25 ID:GBBe7bIuO
まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「そう思ってたけど…違ったんだ…」

ほむら「鹿目さんや美樹さんがいてくれたから…私…」

ほむら「ひとりぼっちにならなかった…!」

まどか「…!」

ほむら「私ね、話しかけられても緊張して…ちゃんと返事ができなかったんだ」

ほむら「だけど、鹿目さんが私を変えてくれるって…」

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:50:09.46 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ほむらに…私の名前に、名前負けしない私にしてくれるって」

まどか「…」

ほむら「そう言ってくれて、嬉しかったんだ…」

ほむら「本当は…この名前…好きだから…!」

まどか「!」

ほむら「私の名前だから!」

ほむら「…ありがとう、鹿目さん!」

397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:55:06.67 ID:GBBe7bIuO
まどか「ううん、私はたいしたことしてないよ」

ほむら「えっ?」

まどか「ほむらちゃんが勇気をだして私と話してくれたから」

ほむら「!」

まどか「私の我が儘に付き合ってくれたから」

まどか「だから私たちはお友だちになれたんだ」

まどか「それは、さやかちゃん達も同じだよ?」

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:00:16.52 ID:GBBe7bIuO
ほむら「そんな…だって私は…」

まどか「でも、やっぱりそう言ってくれると嬉しいな!」

ほむら「えっ…?」

まどか「こんな私でも、ほむらちゃんの役に立てて嬉しいの」

まどか「だからね、ほむらちゃん」

ほむら「うん…」

まどか「私でよかったら、これからもずっと仲良くしてほしいな!」

ほむら「…もちろんだよ!」

400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:05:03.93 ID:GBBe7bIuO
まどか「…ありがとっ!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「鹿目さん…」

ほむら「えへへ」

コンコン

まどか「?」

ほむら「お母さんだ…何?」

ガチャッ

「ごめんね?」

ほむら「ううん」

401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:10:04.52 ID:GBBe7bIuO
「まどかちゃん…だったわよね?」

まどか「はい!お邪魔してます!」

「ふふ、娘とお友だちになってくれてありがとう」

ほむら「お母さん…!」

まどか「いえ!私もほむらちゃんのお友だちになれて凄く嬉しいんです」

「よかったわね、ほむらちゃん、こんな素敵なお友だちができて」

ほむら「うんっ!」

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:15:30.15 ID:GBBe7bIuO
「まどかちゃん、お夕飯はもう食べた?」

まどか「いえ、まだです」

「なら…もし良かったら家で食べていかない?」

まどか「いいんですか?」

「ええ、まどかちゃんが良かったらだけどね」

まどか「はい…ご馳走になります!」

「そう、よかった…待ってて?準備してくるから」

404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:20:05.03 ID:GBBe7bIuO
まどか「ありがとうございます!」

「また後でね」

ガチャッ

まどか「てぃひひ、ごめんね?」

ほむら「ううん、私も嬉しいよ!」

まどか「そっか、ありがとう!」

ほむら「その…今日はお父さんの帰りも遅いし、よかったら…」

まどか「…うん、ならお言葉に甘えて…!」

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:25:08.42 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ねえ、鹿目さん」

まどか「ん?」

ほむら「鹿目さんは…その…」

ほむら「変われて良かったって…そう思ってるんだよね?」

まどか「私が?」

ほむら「うん」

まどか「…うん、そうだね…!」

まどか「私は泣き虫で…何もできなかったし」

408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:30:06.90 ID:GBBe7bIuO
まどか「あの時、さやかちゃんが助けてくれなかったら…」

まどか「今もどこかで泣いてるかも…」

まどか「それに、ほむらちゃんともお友だちになれなかったと思うんだ」

ほむら「!」

まどか「だから、変われて良かったって…心からそう思ってるよ」

まどか「実は…今でも泣いちゃうこともあるけどね…」

まどか「てぃひひ!」

411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:35:04.48 ID:GBBe7bIuO
まどか「たぶん…今の私を昔の私が見たら驚くと思うなぁ…!」

ほむら「!」

ほむら「鹿目さん…私もなるよ…!」

ほむら「今の私が驚くような私に…!」

ほむら「ほむらに名前負けしない私になる!」

まどか「…うん、なれるよ」

まどか「絶対に!」

414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:40:10.03 ID:GBBe7bIuO
ほむら「うん…!」

「準備できたわよー!」

まどか「!」

ほむら「…行こっか」

まどか「うん!」


まどか「わぁ…美味しそう!」

「どうぞ、召し上がれ」

まどか「いただきます!」

ほむら「いただきます!」

417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:45:03.99 ID:GBBe7bIuO
まどか「うん!美味しいー!」

「ありがとう、作った甲斐があったわ」

ほむら「お母さんは食べないの?」

「お父さんと一緒に食べるから、2人で食べてて?」

ほむら「うん」

「じゃあお風呂に入ってくるから…」

「まどかちゃん、ゆっくりしていってね?」

まどか「はい、ありがとうございます!」

418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:50:07.29 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ほむっ…」

ほむら「ほむほむ…」

まどか「…!」

ほむら「?」

まどか「ま、まどっ…」

ほむら「え?」

まどか「まどまど…」

ほむら「窓?あっ…もしかして寒かった?」

ほむら「閉めてくるね?」

423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:55:06.65 ID:GBBe7bIuO
まどか「あっ…」

まどか(や、やっぱり…変だったよね…)

まどか(ほむほむかぁ…可愛いなぁ)

ほむら「まだ寒かったら言ってね?」

まどか「う、うん!ありがと…」

ほむら「鹿目さん」

まどか「はいっ!」

425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:00:07.69 ID:GBBe7bIuO
ほむら「えっ?」

まどか「あ…ううん、なんでも!」

ほむら「?」

まどか「そ、その…なに?」

ほむら「…鹿目さんのお家って近いんだよね?」

まどか「うん!走ったらすぐについたよ!」

ほむら「なら…」

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:05:08.97 ID:GBBe7bIuO
ほむら「その…今度は…私が…えと…」

まどか「!」

ほむら「お、お邪魔しても…いいかな…?」

まどか「うん、喜んで!」

ほむら「あっ…!」

ほむら「えへへ、ありがとう…!」

まどか「いつでも遊びに来てね?」

429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:10:06.73 ID:GBBe7bIuO
ほむら「うん!」

まどか「さやかちゃんと仁美ちゃんの家も、そう遠くないし」

まどか「明日からは一緒に行けるんだよね?」

ほむら「うん」

まどか「なら…私が迎えに行くよ!」

まどか「だから、ほむらちゃんはここで待っててね?」

ほむら「ありがとう」

431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:15:05.03 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ごちそうさまでした」

まどか「ごちそうさまでした」

まどか「すっごく美味しかったって伝えておいてくれないかな?」

ほむら「うん」

まどか「…ほんとはもっとお話ししたかったけど、そろそろ帰らなきゃ」

ほむら「そうだね…もう9時だし」

まどか「うん…ごめんね?お邪魔しちゃって」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:20:08.91 ID:GBBe7bIuO
ほむら「そんなことないよ、いつでも来てね?」

まどか「…なら毎日来ちゃおうかな」

ほむら「!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「鹿目さん…」

まどか「毎日は…無理かもしれないけど」

まどか「いっぱいほむらちゃんと遊びたいのは本当だから!」

ほむら「うん…!」

437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:25:19.30 ID:GBBe7bIuO
まどか「じゃあ…私は帰るね?」

ほむら「あ…送っていこうかな…」

まどか「ううん、いいよ、すぐ近くだし!」

まどか「何かあるといけないから!」

ほむら「?」

まどか「ほら…事故とか」

ほむら「大丈夫だよ?」

439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:30:03.80 ID:GBBe7bIuO
まどか「まあ…そうだとは思うけど」

まどか「いいよ、気を使わなくて」

ほむら「鹿目さん…」

まどか「今日はありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「ううん、私こそ…!」

まどか「また明日ね!お邪魔しました!」

まどか「ばいばい!」

ほむら「ばいばい…!」

441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:35:05.26 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…」

ほむら「鹿目さん…本当にお友だちになれて良かった…!」

ほむら「でも…私…」

まどか『私、鹿目まどか!』

まどか『まどかって呼んで?』

ほむら「…」

ほむら「まどか…」

ほむら「ううん、まどかちゃん…?」

ほむら「…まだ、恥ずかしいかな」

442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:40:48.29 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ちょっと早いけど…今日はもう寝ようかな」

ほむら「明日はもっと良い日になるよね…!」

ほむら「明日は…鹿目さんと、美樹さんと志筑さんと学校に行って」

ほむら「お弁当食べて…!」

ほむら「放課後は…5人でまた…!」

ほむら「えへへ」

ほむら「楽しみだな…!」

ほむら「おやすみなさい…!」

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:45:10.27 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…あれ?」

ほむら「もう朝に…」

ピーポーピーポー

ほむら「?」

ほむら「救急車だ…どうしたんだろう?」

ピーポーピ

ほむら「あ…近くで止まった…」

ほむら「この近くで何かあったのかな?」

447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:50:14.89 ID:GBBe7bIuO
「つまり…轢き逃げされたらしいぞ」

「り、理由はともあれ…無事なのか」

ほむら「轢き逃げ…?」

「うーん…わからん…」

「そうか…ん?あそこだ!」

ほむら「…!」

ほむら「えっ…うそ…?」

ほむら「鹿目…さん…?」

449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:55:09.72 ID:GBBe7bIuO
まどか「…」

ほむら「鹿目さん!鹿目さんっ!」

まどか「ぅ…」

「君、この子の友達?」

ほむら「は、はい…!」

「ついてきてくれないか?」

「名前を呼び続けてほしいんだ」

ほむら「わ、わかりました!」

455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:00:05.78 ID:GBBe7bIuO
まどか「…」

ほむら「鹿目さんっ!鹿目さんっ!」

まどか「…」

ほむら「お願い…!目を開けて!」

まどか「…」

ほむら「鹿目さん…!毎日遊ぶって…!」

ほむら「私をカッコよくしてくれるって約束したよね?」

まどか「…」

458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:05:11.75 ID:GBBe7bIuO
ほむら「私…まだカッコよくなってないよ!」

ほむら「まだいっぱいお話ししたいよ!」

ほむら「遊びたいよ!」

まどか「…」

ほむら「私の魔法少女の衣装もできてないよ!」

まどか「…」

ほむら「だから…だから…!」

461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:10:08.82 ID:GBBe7bIuO
ほむら「お願いだから…目を開けてよ…!」

まどか「…」

ほむら「鹿目さん…っ!」

まどか「…」

まどか『まどかって呼んで?』

ほむら「…!」

ほむら「まどか…ちゃん…!」

ほむら「まどかちゃん!」

464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:15:08.88 ID:GBBe7bIuO
まどか「…」

ほむら「まどかちゃん!目を覚ましてよ!」

ほむら「まどかちゃん…お願い…お願いだから…!」

まどか「…」

ほむら「まどか…」

まどか「ぅ…」

ほむら「まどか?」

まどか「ほ…ほむら…ちゃ…」

466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:20:19.08 ID:GBBe7bIuO
ほむら「まどか!」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどかぁ…!」

まどか「やっと…名前で…呼んでくれたね…」

ほむら「…!」

まどか「うれしい…な」

ほむら「まどか…!」

まどか「」

ほむら「まどか!まどか!」

まどか「」

ほむら「まどかぁ…」

469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:25:06.76 ID:GBBe7bIuO
ほむら「ま…か…」

ほむら「まど…かぁ…」

ほむら「まどかぁ…」

まどか「…」

まどか「えっと…」

ほむら「まどか…まどか…」

まどか「ほ、ほむらちゃん…?」

まどか「何で…私の名前を…?」

471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:30:08.89 ID:GBBe7bIuO
まどか「お、起こしてもいいんだよね?」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃん…朝だよ?」

まどか「起きて?遅刻しちゃうよ?」ユサユサ

ほむら「まどかぁ…」

まどか「うーん…こうなったら…」

まどか「おーきろー!」バッ

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:35:09.84 ID:GBBe7bIuO
ほむら「きゃっ?」

まどか「ほむらちゃん、目、覚めた?」

ほむら「まどか…?」

まどか「えっ?」

ほむら「まどか!」ダキッ

まどか「わわっ?」

ほむら「良かった…生きてた…!」

まどか「ほ、ほむらちゃん…?」

479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:40:06.18 ID:GBBe7bIuO
ほむら「まどか…!」

まどか「えっと…ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「…!」

まどか「やっと名前で呼んでくれたのは嬉しいんだけど…」

まどか「その…こうゆうのは…ちょっと早いかなって…」

ほむら「…」

まどか「う、嬉しいんだけどね?」


481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:45:08.58 ID:GBBe7bIuO
ほむら「…夢?」

まどか「たぶん…」

ほむら「…」ツマミ

ほむら「…いたっ!」

ほむら「夢…だったんだ…」

まどか「う、うん…」

ほむら「鹿目さん…」

ほむら「あっ!ご、ごめんなさい!」

ほむら「だ、抱きついちゃって!」バッ

483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:50:05.83 ID:GBBe7bIuO
まどか「う、ううん!だ、大丈夫だから!」

ほむら「ほ、ほんとにごめんなさい…!」

まどか「いいって…!」

ほむら「あの…なんで鹿目さんがここに?」

まどか「あ…」

ほむら「えっ?」

まどか「んと…また鹿目さんって…」

485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:55:09.06 ID:GBBe7bIuO
ほむら「えっ?」

まどか「さ、さっきは…まどかって…呼んでくれたから…!」

ほむら「あっ…!」

まどか「嬉しかったんだけだな…」

ほむら「鹿目さ…ううん」

ほむら「…まどか」

まどか「!」

ほむら「ちゃん…!」

486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 23:56:11.34 ID:GBBe7bIuO
なんか訛った

×まどか「嬉しかったんだけだな…」

○まどか「嬉しかったんだけどな…」

487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:00:13.24 ID:/vcck091O
ほむら「ま、まどかちゃんで…いい…かな…?」

まどか「ほむらちゃん…!」

まどか「うん!ありがとう!」

まどか「うれしいな!」

ほむら「えへへ…!」

ほむら「まどかちゃん!」

まどか「私のこと、まどかちゃんって呼んでくれるのは、ほむらちゃんだけだよ!」

488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:05:08.35 ID:/vcck091O
ほむら「そうなんだ…!」

まどか「うん!」

ほむら「あ…それで、その…」

ほむら「か…まどかちゃんが何で私の部屋に…?」

まどか「てぃひひ…今日が楽しみだったから昨日はあの後すぐに寝ちゃって…」

まどか「今日は何時もより早く起きちゃって」

まどか「だから早く来ちゃったんだ」

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:10:05.53 ID:/vcck091O
まどか「でも…早すぎると迷惑かも知れないから…前で待ってたら」

まどか「ほむらちゃんのママが出てきて…それで…」

まどか「ほむらちゃんを起こしてきてって言われたの」

まどか「だからここにいるんだよ!」

ほむら「そっか…ごめんなさい」

ほむら「私…朝に弱くて…」

492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:15:05.69 ID:/vcck091O
まどか「ううん、早く来た私が悪いから…」

ほむら「でも…」

まどか「それよりも…どんな夢を見ていたの?」

ほむら「えっ?」

まどか「…すごく魘されてたし…」

まどか「その…まどかって…ずっと言ってたから…」

ほむら「それは…」

493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:20:10.32 ID:/vcck091O
ほむら「まどかちゃんが…」

まどか「うん」

ほむら「し、死んじゃう夢で…」

まどか「えっ?」

まどか「私が死ぬ夢…?」

ほむら「う、うん…」

まどか「そっか…だから…」

ほむら「すごく…嫌だった…」

まどか「ほむらちゃん…」

495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:25:21.89 ID:/vcck091O
ほむら「夢で…本当によかった…!」

まどか「…私が死んだら、そんなに悲しんでくれるんだね」

ほむら「えっ?」

ほむら「と、当然だよ!」

まどか「嬉しい…かな?」

ほむら「何で?死んだら嫌だよ!」

まどか「そうじゃないよ、私には、死んだら悲しんでくれる友達がいるんだなって」

497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:30:05.07 ID:/vcck091O
ほむら「えっ?」

まどか「昔は…私が死んでも悲しんでくれるのは…」

まどか「パパとママと…タツヤだけじゃないのかなって…思ってたから…」

ほむら「!」

まどか「でも、今は違うんだよね…!」

ほむら「うん、私だけじゃない…みんなが悲しむよ!」

ほむら「誰もまどかちゃんとお別れなんてしたくないって絶対思ってるよ!」

498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:35:11.73 ID:/vcck091O
まどか「うん…ありがとう!」

まどか「だから絶対私はみんなとお別れなんてしないよ!」

ほむら「まどかちゃん…!」

まどか「てぃひひ…ごめんね?変なこと言っちゃって」

ほむら「ううん…!」

まどか「あっ…ほむらちゃん、そろそろ準備しなきゃ…」

ほむら「えっ?」

ほむら「あっ!もうこんな時間だ…!」

499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:40:02.63 ID:/vcck091O
ほむら「い、急いで準備するね!」

まどか「うん、結局私が邪魔しちゃったね」

ほむら「いいよ…!」

ほむら「えっと…教科書の準備は大丈夫…!」

ほむら「制服に着替えて…あっ、まどかちゃんは待っててね!」

まどか「うん」

ほむら「朝ごはんは時間ないかな…」

501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:45:04.35 ID:/vcck091O
ドタバタ

まどか「てぃひひ…」

「ごめんね?こんな娘で…」

まどか「いえ、そんな!」

「でも、まどかちゃんのおかげで、あの子の笑顔を久々に見られたわ」

まどか「…」

「ありがとう、まどかちゃん、そしてこれからも仲良くしてあげてね?」

まどか「はいっ!」

503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:50:16.02 ID:/vcck091O
ほむら「髪は…時間がないよ…」

ほむら「もうこのままでいいや…!」

ほむら「カチューシャだけつけて…よし」

ほむら「まどかちゃん、お待たせ!」

まどか「うん」

ほむら「いってきます!」

まどか「おじゃましました!」

「気を付けてね!」

「…まどかちゃん、本当にありがとう」

504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 00:55:13.19 ID:/vcck091O
さやか「まどかとほむら…遅いね」

仁美「そうですわね…」

さやか「うーん…私たちもほむらの家に行こっか」

仁美「ええ、それがいいかも…」

仁美「あら?」

まどか「さやかちゃーん!仁美ちゃーん!」

仁美「来たみたいですわ」

さやか「ほんとだ」

506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:00:12.86 ID:/vcck091O
ほむら「ごめんなさい…遅れちゃって…」

まどか「私のせいなの!」

さやか「いいっていいって、これくらいならまだ余裕だし」

仁美「おはようございます、まどかさん、ほむらさん」

まどか「おはよう!」

ほむら「お、おはようございます…!」

さやか「ん、おはよ」

509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:05:13.07 ID:/vcck091O
仁美「ほむらさん、今日は髪を下ろしたんですのね」

ほむら「あ…時間がなくて…」

仁美「ふふ、それを似合ってますわよ」

ほむら「そうかな…?」

さやか「うん、三つ編みもいいけどね」

ほむら「えへへ…」

さやか「そうだ!今日はほむらの髪型研究と行こうか!」

ほむら「えっ?」

510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:10:09.53 ID:/vcck091O
さやか「うん、今日の部活はこれで決定だね!」

ほむら「あ、あの…」

さやか「これを暁美ほむら改造計画の一部なのだよほむら君!」

ほむら「えぇ…」

仁美「私も参加したいわ…」

仁美「昨夜はお父様とお話しする機会がなかったけれど…今夜は…!」

まどか「仁美ちゃん、がんばって!」

511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:15:02.88 ID:/vcck091O
仁美「ええ…!」

さやか「あ、そうだ…どうせならみんなの髪型で遊ぼっかな?」

まどか「今遊ぶって言ったよ?」

さやか「わ、わかってないな!遊びながらも研究するのがさやか流なのだよ!」

まどか「ふぅーん…」

さやか「まどか、その目は何よ?」

まどか「ううん、なんでもないよ!」

516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:20:10.30 ID:/vcck091O
さやか「さては私を馬鹿にしたなぁ?」

まどか「違うってば!」

さやか「ええい!そんなまどかには…こうだぁー!」

まどか「きゃっ?やめてよぉ!」

さやか「ほれほれー」

ほむら「ふふっ」

仁美「ほむらさん、私たちは先に行ってましょうか?」

518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:25:05.37 ID:/vcck091O
ほむら「うん」

仁美「ほむらさん、部活はどうでした?」

ほむら「楽しかったよ…!」

仁美「そう…私も本当は入りたいのに…」

仁美「今日もお稽古で…」

仁美「はぁ…」

ほむら「志筑さん…」

仁美「こんなこと言うのはおかしいかもしれませんけど…」

仁美「私の分も楽しんでくださいね?」

519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:30:04.75 ID:/vcck091O
ほむら「うん…!」

仁美「ふふ、ありがとうございます」

まどか「まってよぉー!」

さやか「逃がすかー!」

まどか「きゃあ!」

さやか「ぐへへ…」

まどか「…さやかちゃん、変態さんみたいだよ?」

さやか「ふむ…やりすぎたか」

522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:42:06.07 ID:/vcck091O
仁美「さやかさん、もうそろそろ時間が…」

さやか「げっ!ほんとだ…」

ほむら「あ…」

まどか「まだ走らなくても大丈夫だよ?ほむらちゃん」

ほむら「うん…」

さやか「遅刻したくないし、このくらいにしとくかな」

まどか「このままのペースで大丈夫だね、行こっか」

533: 最近寝落ちが多くて困る 2011/11/15(火) 03:02:29.76 ID:/vcck091O
仁美「間に合いましたね」

まどか「うん」

ほむら「あっ」

さやか「あそこにいるのは…!」ダッ

杏子「ん?」

マミ「あら?」

さやか「杏子ー!」バッ

杏子「よっと」スッ

536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:08:06.06 ID:/vcck091O
さやか「避けた?」

杏子「見えてるっつーの」

マミ「美樹さん、おはよう」

さやか「おはようございます!」

さやか「今日も2人で?」

マミ「うん」

杏子「まあ、結構家近いからな」

マミ「わざわざ迎えに来てくれるのよ?」

537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:11:46.32 ID:/vcck091O
杏子「それは…まあ一応同じ部活だから…!」

マミ「毎日ありがとう」クスッ

杏子「れ、礼とかいらねーし!」

さやか「杏子はほんと素直じゃないね」

杏子「うっさい!」

まどか「おはよう、杏子ちゃん、マミさん」

仁美「おはようございます」

ほむら「おはようございます…!」

538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:14:50.68 ID:/vcck091O
マミ「おはよう、みんな」

杏子「おはよ!」

マミ「志筑さん、うちの部員は迷惑かけてない?」

仁美「いいえ、そのようなことはございませんわ」

杏子「うそだー、うるさいのがいるだろ?」

杏子「さやかとか、さやかとか、さやかとか」

さやか「どういう意味よ?」


539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:17:03.95 ID:/vcck091O
杏子「さあ?仁美に聞きなよ」

仁美「ふふっ」

さやか「ちょっと仁美、言ってやってよ!そんなことないって!」

仁美「んー…どうしようかしら?」

さやか「なっ…!ひ、仁美まで?」

さやか「そんなに私って…うるさいのかな…」

さやか「…ぐすっ」

540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:20:00.64 ID:/vcck091O
ほむら「?」

杏子「あっ…ご、ごめん!」

さやか「…」

杏子「冗談のつもりで言ったんだよ…」

杏子「だから泣くなよ、な?」

さやか「…」

杏子「さやか…」

さやか「…つーかまーえた!」

541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:22:28.94 ID:/vcck091O
杏子「うわ!」

さやか「ふふん、やっぱり杏子は単純だね」

まどか「やっぱり嘘泣きだったんだ」

仁美「ええ」

マミ「美樹さんも佐倉さんも相変わらずね」

ほむら「ふふっ」

マミ「暁美さん、これからはこれが日常茶飯事になるわよ?」

ほむら「はい…!」

543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:25:35.07 ID:/vcck091O
マミ「今日も部活にこれる?」

ほむら「大丈夫です、行けますよ」

マミ「そっか、楽しみに待ってるわね?」

ほむら「はい…!」

マミ「じゃあ私はそろそろ行かなくちゃ、またね?」

まどか「また部活で!」

マミ「ええ、部活でね!あと暁美さん、その髪型も似合ってるわよ?」

ほむら「えっ?」

544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:29:09.04 ID:/vcck091O
ほむら「あっ…巴さん…!」

ほむら「…えへ」

仁美「そろそろ私たちも教室に行かなければなりませんわね」

まどか「うん、さやかちゃん、杏子ちゃん、もう時間がないよ?」

さやか「わかった!」

杏子「なら早く離せよ!」

さやか「はいはい」

杏子「ったく…んじゃ私はこっちだから、じゃあな!」

564: 保守ありがとう 2011/11/15(火) 08:09:45.31 ID:/vcck091O
さやか「またねー!」

仁美「私たちも教室に」

まどか「そうだね」

ほむら「うん」


さやか「セーフ!」

まどか「けっこうギリギリだったね」

ほむら「うん…」

仁美「でも、間に合ってよかったですわ」

565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:13:55.25 ID:/vcck091O
和子「はい、それではホームルームを始めます」

「きりーつ、れい」

「おはようございます」

ほむら「…」

ほむら(今日はどんな1日になるのかな…?)

ほむら(昨日より楽しいといいな…!)

ほむら「ふふっ」

567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:17:51.41 ID:/vcck091O
ほむら「…」カキカキ

ほむら「…」カキカ

ほむら「うぅ…」

ほむら(どうしよう…授業についていけないよ)

ほむら(入院してる時も勉強はしてたのに…)

ほむら「…」

「じゃあ…暁美さん、ここ解いてみてください」

ほむら「!」

568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:20:31.05 ID:/vcck091O
ほむら「は、はい…」

ほむら「…えっと…」

ほむら「…」

ほむら(わからないよ…)

まどか「!」

まどか(ほむらちゃん…大丈夫かな…?)

ほむら「うぅ…」

さやか「うーん…わからん」

569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:24:32.69 ID:/vcck091O
「わかりませんか?」

ほむら「す、すみません…」

「暁美さんは休学していたから仕方がないですね」

「ノーとを借りて復習しておいてください」

ほむら「はい…」

「なら…志筑さん」

仁美「はい」

さやか「当てられなくてよかった」

570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:27:49.43 ID:/vcck091O
キーンコーンカーンコーン

「ありがとうございました」

ほむら「はぁ…」

ほむら(やっぱり私って駄目だな…)

仁美「気にすることはないと思いますわ」

ほむら「志筑さん…」

さやか「そうそう、私もわかんなかったし」

まどか「さやかちゃんはちょっと違うと思うけど…」

571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:31:18.37 ID:/vcck091O
ほむら「まどかちゃん、美樹さん…」

まどか「ほむらちゃん、今度みんなと一緒に勉強しない?」

ほむら「!」

まどか「部活の時なんてどうかな、マミさんもいるし」

ほむら「いいのかな…?」

さやか「いいんだよ、そういう部活だから」

まどか「一応、演劇部だけどね」

573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 08:51:29.72 ID:/vcck091O
仁美「時間があれば私も教えて差し上げますのに…」

さやか「まあ、ほむらの勉強はマミさんあたりに任せれば大丈夫だよ」

まどか「さやかちゃんもね」

さやか「それってどういう意味?」

まどか「さやかちゃんも勉強したほうがいいよ?」

さやか「私は大丈夫だよ」

574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 09:00:48.76 ID:/vcck091O
まどか「そうかな?」

さやか「なに?私はやる時はやる子なの!」

まどか「でも最近私より点数低いよ?」

さやか「あれはたまたま調子が悪くて…」

まどか「…」

さやか「な、なによその目は!」

さやか「なら次のテストで勝負よ!」

575: 投下間隔落ちます 2011/11/15(火) 09:03:21.03 ID:/vcck091O
まどか「勝負?」

さやか「私とまどか、点数が悪かった方が何か奢る」

さやか「これでどう?」

まどか「…うん、いいよ」

さやか「まどかには負けないからね!」

まどか「私も負けるつもりはないよ?」

ほむら「えっと…」

仁美「ふふ」

578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 09:44:31.32 ID:/vcck091O
昼休み

まどか「みんな、お弁当たべようよ」

ほむら「うん」

さやか「今日のおかずは何かな?」

仁美「また交換します?」

さやか「うん!仁美のは美味しいからね!」

まどか「ほむらちゃん、おかずの交換しようよ」

ほむら「うん、いいよ」

583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:37:16.85 ID:/vcck091O
まどか「私のお弁当はパパが作ってくれるんだよ」

ほむら「そうなんだ…!」

まどか「ほむらちゃんはママでしょ?」

ほむら「うん」

まどか「昨日のも美味しかったもんね!」

ほむら「まどかちゃん…!」

さやか「ん?」

584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:40:49.60 ID:/vcck091O
さやか「ね、そういえばいつの間に…」

まどか「?」

さやか「鹿目さんから、まどかちゃんになったの?」

仁美「そういえば…そうですわね」

まどか「てぃひひ!」

さやか「まどか、もしかしてあの後…!」

まどか「うん、ほむらちゃんの家でお喋りしてたの」

587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:35:49.78 ID:/vcck091O
まどか「ね?ほむらちゃん!」

ほむら「うん!」

さやか「なにぃ?抜け駆けはよくありませんな!」

仁美「ふふ」

さやか「今度は私も遊びに行っていい?」

ほむら「うん…いいよ」

さやか「よし!なら仁美も行こうよ!」

仁美「ええ、必ず時間を作るわ」

588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:42:42.43 ID:/vcck091O
まどか「ほむらちゃん、ほむらちゃん」コソッ

ほむら「?」

まどか「ほむらちゃん、今日は私の家にこない?」

ほむら「あっ…いいよ」

さやか「何こそこそ話してんの?」

まどか「なんでもないよ?」

まどか「ね、ほむらちゃん」

ほむら「うん!」

さやか「あやしい…」

589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:49:10.12 ID:/vcck091O
さやか「まどか、ほむらを独り占めしようとか考えてないでしょうね?」

まどか「えっ?」

さやか「ほむらは、まどかだけのものじゃないんだからね!」

さやか「まどかだけに良い思いはさせないから!」

まどか「…」

さやか「わかった?」

まどか「ちぇっ…」

590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:55:58.42 ID:/vcck091O
さやか「…まどか、変わったね」

まどか「そうかな?」

さやか「うん、昔のまどかはもっと可愛かったのになぁ…」

まどか「えっ?」

さやか「最近は生意気になっちゃって…」

まどか「そ、そんなことないよ!」

さやか「いーや、変わったね!」

592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:16:14.77 ID:/vcck091O
まどか「ひ、仁美ちゃん…」

仁美「うーん、変わりはしたけれど…」

仁美「私は今のまどかさんも素敵だと思いますよ」

まどか「…ありがとう!」

仁美「ええ」

さやか「昔のまどかはすぐ泣いてそのたび私がカッコよくうんぬんかんぬん」

ほむら「そ、そうなんだ」

594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:26:51.18 ID:/vcck091O
さやか「でも…」

まどか「?」

さやか「やっぱり今のまどかの方がいいかな?」

まどか「さやかちゃん…!」

さやか「泣き虫まどかも良かったけど、今の明るいまどかも良いよ」

さやか「うんうん!」

ほむら「…!」

598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:46:13.04 ID:/vcck091O
さやか「だから…」

まどか「だから?」

さやか「まどかは私の嫁になるのだぁー!」

まどか「きゃっ!」

仁美「またですわ」

ほむら「ふふっ」

まどか「もう、やめてよぉ!」

さやか「やだねー!」

599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:49:51.24 ID:/vcck091O
仁美「杏子さんの前でそれをしたら怒られますよ?」

さやか「むぅ…さやかちゃんはモテモテだからなぁ」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「佐倉大戦になる前にやめとくか」

まどか「わけわかんないよ?」

さやか「いーの!」

仁美「ふふ」

600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:55:59.29 ID:/vcck091O
杏子「へくちっ!」

「杏子、風邪?」

杏子「ん…」

杏子「ああ…風邪か?」

「最近はやってるからね」

杏子「気を付けるよ」

「うん」

「私たちも気を付けなきゃね」

杏子「ああ」

607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:08:47.52 ID:/vcck091O
キーンコーンカーンコーン

「さようならー」

ほむら「ふぅ…」

ほむら(今日も楽しかったな)

ほむら(今から部活だ…!)

まどか「ほむらちゃん、部室に行こうよ!」

ほむら「うん!」

さやか「部室まで競争だね!」

ほむら「えっ?」

さやか「よーい、ドン」タタッ

639: いや、便乗しただけ 2011/11/15(火) 14:28:19.35 ID:/vcck091O
まどか「…」

ほむら「…」

まどか「私たちはゆっくり行こっか」

ほむら「うん」

まどか「さやかちゃんの事は気にしなくて良いよ?」

まどか「何時ものことだから、スルーしちゃっても」

ほむら「ふふっ」

640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:29:39.32 ID:/vcck091O
さやか「到着!」

さやか「私の勝ちだね」クルッ

さやか「あれ…?」

マミ「美樹さん、どうしたの?」

さやか「マミさん、まどかとほむら見ませんでした?」

マミ「ううん、見てないわ」

さやか「ちぇっ…乗り悪いなぁ」

641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:30:47.15 ID:/vcck091O
マミ「えっ?私が?」

さやか「あっ、いや!こっちの話です!」

マミ「そう?」

さやか「はい」

マミ「…美樹さん、今日は何をする?」

さやか「暁美ほむら改造計画っすよ!」

マミ「やっぱりするのね」

645: >>642大丈夫>>643いつかスレ立てるかも 2011/11/15(火) 14:39:39.82 ID:/vcck091O
さやか「もちろん!」

マミ「でも、なにをするの?」

さやか「今日は髪型研究でもしようかなって」

マミ「髪型研究?」

さやか「はい、ほむらと杏子、マミさんは弄りがいがありすよ!」

マミ「えっ?私も?」

さやか「はい」

646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:43:41.07 ID:/vcck091O
マミ「だ、駄目よ!私癖っ毛だから!」

さやか「えー?マミさんもいろんな髪型似合いそうなのに」

マミ「駄目ったら駄目!」

さやか「そこをなんとか!」

杏子「なにやってんの?」

さやか「杏子!」

マミ「佐倉さん」

杏子「よっ!」

648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:55:42.17 ID:/vcck091O
マミ「佐倉さん、美樹さんったら私たちの髪で遊ぶつもりなのよ?」

杏子「はぁ?」

さやか「遊びじゃないって、研究なの!研究!」

杏子「また変なこと考えてんだろ?」

さやか「違うってば!」

杏子「なら自分でやれはいいじゃんか」

さやか「私は短いからね」

654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:41:37.55 ID:/vcck091O
さやか「だから私はパスで!」

杏子「さやか!ずるいぞ!」

さやか「なら杏子も切ればいいのに」

杏子「それとこれとは話が別だ!」

杏子「なあ?マミ!」

マミ「私は癖っ毛じゃなかったら…」

マミ「それに、私は今の髪型じゃないと変になるもん…」

655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:45:19.60 ID:/vcck091O
さやか「そんなことないですって!」

さやか「杏子、リボン借りるね?」シュルッ

杏子「あっ!お、おい!」

さやか「これでマミさんの…!」

マミ「み、美樹さん!」

杏子「さやか!返せよ!」

さやか「いいじゃん、別に!」

さやか「…ってあれ?あの2人なにしてんだろ」

657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:48:51.35 ID:/vcck091O
まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「私のリボン使ってみない?」

ほむら「まどかちゃんの?」

まどか「うん!」

まどか「まってね?」シュルッ

ほむら「あっ…」

まどか「ほら!」

658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:53:13.97 ID:/vcck091O
ほむら「でも…」

まどか「あっ…嫌、だったかな?」

ほむら「ううん、嫌じゃないけど…」

ほむら「私、リボンなんてあんまりしたことないから…」

まどか「似合うと思うよ?」

ほむら「そうかな?」

まどか「なら…そうだ!」

ほむら「?」

659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:00:12.98 ID:/vcck091O
杏子「ほら、返しなって!」

さやか「いーや!」

杏子「さやかー!」

さやか「あはは!逃げろー!」

杏子「逃がすかー!」

マミ「もう…美樹さんったら…」

マミ「それにしても、鹿目さんと暁美さん遅いわね…」

マミ「何をしているのかしら?」

662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:05:08.63 ID:/vcck091O
杏子「捕まえた!」

さやか「きゃっ!」

杏子「もう逃がさねぇぞ!」

さやか「ちぇー」

杏子「ほら、返せってば」

さやか「…!」

杏子「さやか!」

さやか「うん、返すから離して?」

杏子「返してくれたら離す」

664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:10:09.39 ID:/vcck091O
さやか「離してくれたら返す」

杏子「返してくれたら離すってば!」

さやか「離してくれたら返すってば!」

杏子「あぁ!ちょーうぜぇ!」

さやか「あぁ!ちょーうぜぇ!」

杏子「…」

さやか「…」


666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:15:07.15 ID:/vcck091O
マミ「ふふっ、2人とも仲がよくて羨ましいわ」

杏子「マミ!そんなこと言ってないで私のリボン取ってくれよ!」

マミ「はいはい」

さやか「マミさん、取ったらマミさんの髪型弄りますよ?」

マミ「えっ?」

さやか「取らなかったら何もしませんけど」

マミ「…」

杏子「マミ、気にすんな!」

667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:20:07.21 ID:/vcck091O
さやか「マミさん!」

杏子「マミ!」

マミ「…と、年上をからかっては駄目よ?美樹さん!」

さやか「えっ?」

杏子「よし、今だ!」

マミ「ほら、リボンを」

さやか「うー…」

杏子「返せって」

668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:25:05.57 ID:/vcck091O
さやか「仕方ないなぁ」

マミ「はい、佐倉さん」

杏子「サンキュー!」

杏子「ったく…早く返せばいいのにさ」

さやか「杏子ちゃんが抱きついてくるから、さやかちゃん照れちゃった!」

杏子「だ、抱きついたわけじゃたいぞ!」

マミ「ふふっ」

669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:30:04.42 ID:/vcck091O
杏子「だいたいなぁ…!」

さやか「ところで、あの2人流石に遅すぎない?」

杏子「ん?」

マミ「そうねぇ、もう結構時間が経ったわよ?」

杏子「2人で何かしてるんじゃないか?」

さやか「まさか…まどかまた独り占めするつもりじゃ!」

さやか「私、探して来る!」

ガラッ

671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:35:06.55 ID:/vcck091O
さやか「あっ!」

まどか「うぅ…」

杏子「ん?まどかか」

マミ「あら?それって…」

まどか「あ、あの…っ」

さやか「ほむらのカチューシャと眼鏡じゃん、なんでまどかが?」

まどか「あ、あけ…」

杏子「あけ?」

まどか「暁美さんが…」

673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:40:09.86 ID:/vcck091O
マミ「暁美さんが?」

まどか「は、はい…」

さやか「って…あんた、まどか…だよね?」

まどか「う、うん…」

杏子「なんか何時もとキャラが違うぞ?」

まどか「そ、それは…」

マミ「どうしたの?何かあったの?」

まどか「うぅっ…」

674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:45:24.77 ID:/vcck091O
まどか「美樹さん…」

さやか「えっ?」

杏子「み、美樹さんだって?」

マミ「鹿目さん…?」

まどか「こ、怖いよ…」

さやか「ちょ、ちょっとまどか?どうしたの?」

さやか「大丈夫?何かされたの?」

ガラッ

ほむら「…」

676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:50:03.73 ID:/vcck091O
マミ「あっ、暁美さん!」

さやか「まどかが変なの!何があったか知らない?」

ほむら「…」

杏子「ん?そのリボンはまどかのか?」

まどか「暁美さん…!」

ほむら「…!」

ほむら「…鹿目まどか、貴女はどこまで愚かなの?」

さやか「えっ?」

677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:55:08.66 ID:/vcck091O
まどか「うぅっ…」

さやか「えっと…ほむら?」

ほむら「…」

杏子「な…どうしたんだよ?なんか変だぞ?」

ほむら「…美樹さやか、そこを退きなさい」

さやか「えっ?」

杏子「おい!ほむら!」

ほむら「佐倉杏子は黙ってて」

マミ「…?」

678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:00:03.83 ID:/vcck091O
杏子「ほ、ほむら?」

ほむら「鹿目まどか…逃げないでこっちに来なさい」

まどか「うぅっ…」

さやか「ちょっとほむら!まどかが嫌がってるでしょ!」

さやか「何があったか知らないけど、やめなよ!」

ほむら「貴女も黙ってて」

さやか「ほむら!」

マミ「…」

マミ「!」

679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:05:12.69 ID:/vcck091O
マミ「なるほどね…」

杏子「マミ!」

さやか「マミさん、何かわかったの?」

さやか「この2人が変な理由…!」

マミ「ええ、わかったわ!」

まどか「!」

ほむら「!」

杏子「なんなんだ?」

681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:10:05.65 ID:/vcck091O
マミ「簡単よ」

さやか「何が?」

まどか「…」

ほむら「…」

マミ「答えは暁美さんの眼鏡だわ!」

杏子「眼鏡?」

マミ「ええ!」

さやか「どういうことですか?」

682: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:15:09.59 ID:/vcck091O
マミ「暁美さんの眼鏡をかけた鹿目さんはどうなってる?」

まどか「…」

さやか「どうって…」

杏子「弱々しくなって…るよな?」

マミ「そう、そして眼鏡を外した暁美さんは?」

ほむら「…」

杏子「気が強くなった?」

さやか「あっ!」

マミ「わかった?」

685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:20:10.82 ID:/vcck091O
さやか「眼鏡をかけたら性格が変わる?」

まどか「…」

ほむら「…」

杏子「んな馬鹿な」

マミ「そう!正解よ!」

まどか「えっ」

ほむら「えっ」

杏子「はぁ?」

687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:30:14.96 ID:/vcck091O
さやか「じゃあほむらの眼鏡は…」

マミ「そう、特殊な力が備わっているのだわ…!」

マミ「さしずめオッキアーリ・スペチャーレと言ったところかしら…」

さやか「マミさんカッコいい!」

マミ「ふふっ」

杏子「な、なに言ってるんだ?」

688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:35:09.14 ID:/vcck091O
マミ「でも…まさかこんな身近にそんなアイテムがあったなんて…」

マミ「暁美さんは選ばれし者だとでも言うの…?」

ほむら「…っ」プルプル

さやか「まどか、眼鏡借りるね?」ヒョイ

まどか「あっ」

さやか「気が弱くなる眼鏡ねぇ…杏子!」

杏子「ん?」

690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:40:12.51 ID:/vcck091O
さやか「そいっ!」

杏子「あっ!」

さやか「これで気の弱くなった杏子が見れる!」

杏子「…」

さやか「早く早く!」

マミ「なら暁美さん本来の性格は…」

杏子「…なに言ってんだよ、マジで」

さやか「あれ?」

691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:45:16.37 ID:/vcck091O
マミ「!?」

杏子「眼鏡かけて性格変わるって…漫画じゃないんだからさ」

さやか「えっ…なら…」

マミ「どういうこと?」

マミ「その眼鏡は…選ばれし…」

ほむら「っ…ふふっ」

マミ「!」

ほむら「あははっ」

693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:50:10.43 ID:/vcck091O
さやか「ほむら?」

まどか「てぃひひ!」

マミ「鹿目さん…?」

ほむら「ご、ごめんなさい…おかしくって…」

ほむら「我慢できないよ…!」

まどか「うん、私も…!」

マミ「えっ?えっ?」

杏子「ほら、眼鏡」

696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 17:55:05.27 ID:/vcck091O
ほむら「ありがとう」

さやか「あれ…普通だ…」

マミ「どういうことなの…?」

まどか「ほむらちゃん、成功だね!」

ほむら「うん!」

マミ「えっ…?」

杏子「まさかまだ眼鏡がどうこう思ってんの?」

マミ「だって…」

700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:00:22.70 ID:/vcck091O
杏子「普通に演技だろ?今の」

まどか「うん、そうだよ」

マミ「…え?」

杏子「私も最初は驚いたけどさ」

さやか「う、うん…!」

杏子「途中からほむらが笑い堪えるのに必死そうにしてるの見て気づいたよ」

杏子「私らを騙すための演技だってさ」

ほむら「やっぱり顔にでてたんだ…」

703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:05:05.00 ID:/vcck091O
さやか「なんだ演技かぁ…」

まどか「でも凄いよ!初めてなのに!」

ほむら「そ、そうかな…?」

杏子「ああ、少なくとも、さやかなんかより全然上手かったぜ」

ほむら「えへへ…」

さやか「むっ!」

マミ「…」

マミ「え、演技…」

706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:10:16.82 ID:/vcck091O
マミ「…!」

杏子「さやかとマミは最後まで騙せてたみたいだし、凄いぞ?ほむら!」

ほむら「ありがとう…!」

マミ「…ええ、凄かったわ、でもね?」

ほむら「巴さん…?」

マミ「…わ、私も騙されたフリの演技をしていたのよ」

まどか「えっ?」

さやか「そ、そうだったの?」

708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:15:15.36 ID:/vcck091O
マミ「ええ、そうよ!だって私は部長だもの!」

マミ「すぐに見抜いたわ!」

杏子「ふーん…」

マミ「佐倉さん、何か?」

杏子「さしずめオッキアーリ・スペチャーレと言ったところかしら…」

マミ「!」

杏子「暁美さんは選ばれし者だとでも言うの…?」

マミ「さ、佐倉さん!」


712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:20:08.06 ID:/vcck091O
杏子「でも…まさかこんな身近にそんなアイテムがあったなんて…」

杏子「暁美さんは選ばれし者だとでも言うの…?」

マミ「…っ!」

杏子「こんな台詞が言えるのも演技だったからなのか!」

マミ「そ、そうよ!」

杏子「ふーん…さっすがマミだな!」

マミ「なによ…!」

715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:25:04.79 ID:/vcck091O
杏子「ん?別に?」

さやか「マミさん、マミさん!」

マミ「な、なに?」

さやか「オッキアーリ・スペチャーレってなんなの?」

マミ「えっ…」

まどか「そう言えば…ほむらちゃんはわかる?」

ほむら「ううん」

杏子「私もわかんないな、マミ教えてくれよ」

718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:30:05.78 ID:/vcck091O
杏子「あと選ばれし者についてもさ!」

マミ「それは…」

さやか「マミさん、教えてくださいよ」

マミ「そ、その…」

杏子「オッキアーリ・スペチャーレ!」

さやか「オッキアーリ・スペチャーレ!」

マミ「あ…あぅ…」

720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:35:05.79 ID:/vcck091O
さやか「あっ!わかった!」

マミ「えっ?」

さやか「ティロ・フィナーレの仲間だよ!」

マミ「!?」

ほむら「ちろふぃなーれ?」

まどか「演劇の時のマミさんの必殺技だよ」

ほむら「そうなんだ…」

マミ「えと…」

722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:40:07.26 ID:/vcck091O
さやか「他にもほら!」

さやか「パッソとか」

さやか「ダンサデルマジックブレッドとか」

さやか「レガーレ・ヴァスタリアとか!」

さやか「これの仲間なんですよね?」

マミ「うぅ…」

杏子「ああ、かっこいー名前だもんな」

726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:45:03.93 ID:/vcck091O
マミ「が、がんばって考えたんだから!」

マミ「ば…ばかにしないでよっ!」

杏子「馬鹿になんかしてないって、なあ?」

さやか「うん、私たちじゃ思い付かないネーミングだしね!」

マミ「うぅっ…」

さやか「選ばれし者はよくわかんないけどね」

杏子「ああ、さっぱりだ」

マミ「うぅ…も、もういいもん!」

727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:50:12.88 ID:/vcck091O
マミ「私帰るっ!」タタッ

ほむら「あっ!」

まどか「マミさん!」

杏子「…言い過ぎたか」

さやか「みたいだね」

杏子「さやか、途中からわざと言ってただろ?」

さやか「さあね?」

さやか「それに杏子は最初からでしょ?」

杏子「へへっ」

729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:55:57.83 ID:/vcck091O
ほむら「巴さん…」

ほむら「ちょっと悪いことしちゃったかな…?」

杏子「大丈夫だろ?すぐ戻ってくるって」

さやか「いつものことだしね」

さやか「それに、マミさんって弄ると可愛いよね」

まどか「でも程ほどにしなきゃ、一応先輩なんだし」

732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:00:07.96 ID:/vcck091O
マミ「一応…?」ヒョコッ

まどか「あっ、それはその…!」

ほむら「巴さん?」

杏子「ほら、帰ってきた」

ほむら「う、うん…」

さやか「まどか、どんまい」

マミ「一応ってなによ!私は歴とした先輩よ!」

まどか「あわわ…」

733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:05:05.15 ID:/vcck091O
さやか「貧乏くじだね」

杏子「言葉には気を付けなきゃな」

ほむら「まどかちゃん…」

まどか「えぇっ?そんなっ」

マミ「鹿目さーん!」

まどか「ごめんなさいっ…!」

マミ「いい?私は先輩なんだからね?」

まどか「は、はい…わかってます…」

マミ「なら一応ってなんなのよ?」

736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:10:47.40 ID:/vcck091O
まどか「その…マミさんが先輩らしくないから」

マミ「えっ!?」

まどか「と、とかじゃなくて…!」

まどか「マミさんは学年関係なく接してくれるから…その…」

まどか「たまに年上だって忘れちゃうこともあって…」

まどか「だから…えと…一応って…」

マミ「…まあ、仕方ないわ」

738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:15:16.90 ID:/vcck091O
マミ「次からは気を付けてね?」

まどか「はい…」

マミ「ふぅ…」

さやか「このやり取りも結構あるよね」

杏子「かもな」

ほむら「…」

ほむら(巴さん…最初のイメージとちょっと違うな…)

ほむら(でも、それがいいのかも…!)

739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:20:14.20 ID:/vcck091O
ほむら(みんな気兼ねなく話せる…)

ほむら(そんな部活なんだよ…!)

マミ「美樹さん、佐倉さん、次はあなた達よ!」

さやか「あっ」

杏子「やっぱ来たか」

マミ「まずは美樹さん!」

さやか「はい」

741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:25:04.78 ID:/vcck091O
マミ「私の必殺技を…!」

マミ「今日のケーキは…」

さやか「か、カッコいいのはほんとですよ!」

マミ「えっ?」

さやか「私、ネーミングセンスないから…」

杏子「さやかアタックとかさやかソードとかな」

さやか「だから、マミさんのネーミングセンスに嫉妬しちゃって!」

マミ「そ、そう…そうだったのね!」

745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:30:14.60 ID:/vcck091O
さやか「はい!マミさんはカッコいいですよ!」

マミ「カッコいい…!」

さやか「うん!」

マミ「てへへ…ならしょうがないわね」

マミ「いいわ、許してあげる!」

さやか「ありがとうございます!」

さやか「…」グッ

757: ありがとう 2011/11/15(火) 20:10:23.11 ID:/vcck091O
マミ「次は佐倉さん!」

杏子「…」

マミ「佐倉さん!」

杏子「ごめん…」

マミ「謝ると言うことは自分が悪いことをした自覚があるのよね?」

杏子「ああ…」

マミ「なんであんなことをしたの?」

杏子「…」

759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:15:13.69 ID:/vcck091O
マミ「私…は、恥ずかしかったんだから…」

杏子「…」

マミ「佐倉さん!」

杏子「…構って…ほしかったんだ…」

マミ「えっ?」

杏子「…」

マミ「構ってほしかった?」

杏子「ああ…」

761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:20:11.05 ID:/vcck091O
マミ「なんで…?」

杏子「マミが…ほむらの事ばっかり話すから…」

ほむら「えっ?」

マミ「…」

杏子「帰るときも…学校に行くときも…ほむらの話ばっかりしてさ…」

杏子「なんか…寂しかったんだよ…」

マミ「佐倉さん…」

762: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:25:06.38 ID:/vcck091O
杏子「だからさ…私は…」

杏子「マミに…構ってほしかったんだ…!」

マミ「もう…そうならそう言えばよかったのに」

杏子「えっ?」

マミ「大丈夫、私は佐倉さんのことを放って置いたりなんてしないわ!」

マミ「私は4人の!佐倉さんの先輩なんだから!」

杏子「マミ…!」

765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:30:08.67 ID:/vcck091O
杏子「なら…許してくれるのか…?」

マミ「もちろんや!」

杏子「マミ…ありがとう…!」

マミ「ふふっ、何だかんだで甘えん坊さんね」

杏子「へへっ…」

マミ「でも、あんまり私をからかわないでね?」

杏子「わかったよ…!」

769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:35:07.20 ID:/vcck091O
さやか「杏子、ほんと芝居上手いね」

杏子「まあ…半分はマジだからな」

さやか「えっ?」

杏子「気にすんな、独り言だよ」

さやか「杏子…?」

杏子「よっし、ならそろそろ部活始めるぞ!」

マミ「ええ!」

772: >>770先読みされただと…? 2011/11/15(火) 20:40:05.97 ID:/vcck091O
ほむら「…」

ほむら(もちろんや…?)

ほむら(なんで関西弁なんだろう…)

ほむら(誰も指摘しないし…巴さん、関西出身なのかな…?)

まどか「ほむらちゃん、どうかしたの?」

ほむら「えっ?あ、あの…」

ほむら「巴さんが…」

マミ「私がどうかしたの?」

ほむら「そ、その…」

774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:45:07.90 ID:/vcck091O
ほむら「な、なんで関西弁なのかなって…」

マミ「えっ?関西弁?」

ほむら「は、はい…」

マミ「私は関西弁なんか喋ってないわよ…?」

ほむら「でも…もちろんや!って…」

された「あ…そう言えば言ってたかも!」

マミ「うそっ?」

775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:50:04.41 ID:/vcck091O
杏子「噛んだだけだろ?気にすんなって」

マミ「…」

まどか「マミさん?」

マミ「ち、違うんや!」

ほむら「えっ?」

マミ「えと…じ、実はな!今度の設定は関西にしようと思うてんがな!」

まどか「ま、マミさん…」

779: ×された「」○さやか「」 2011/11/15(火) 20:55:10.31 ID:/vcck091O
マミ「んと…せ、せやから私は…ウチはあえてそう…」

マミ「そう言ったんやで!」

マミ「せやから…!」

マミ「せやから…予測変換ミスとかや…ないんやで…!」

マミ「うぅ…」

ほむら「巴さん…」

ほむら(黙ってればよかった…)

まどか「わ、私も良いと思うなぁ、関西弁!」

さやか「あ…私も!」

781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:00:06.94 ID:/vcck091O
マミ「ううん…流石に今のは無理みたいね…」

杏子「マミ…」

マミ「ごめんなさい…よくわからないけど、噛んじゃったみたいで…」

マミ「私…駄目な子だ…」

ほむら「そ、そないことオマヘンよ!」

まどか「ほむらちゃん…?」

782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:05:04.59 ID:/vcck091O
ほむら「えっと…ま、マミさんは駄目な子なんかじゃないや!」

マミ「暁美さん…!」

ほむら「せ…せやから!そないこと…」

ほむら「い、言わんでおくんなはれよ!」

マミ「…」

ほむら(駄目だ…関西弁なんてわかんないよ…)

ほむら(でも…私のせいだから…)

785: 誤字が多すぎる… 2011/11/15(火) 21:10:05.36 ID:/vcck091O
マミ「暁美さん、ありがとう」

ほむら「巴さん…」

マミ「でも、無理して私に付き合わなくてもいいのよ?」

ほむら「…」

マミ「気持ちだけ受け取っておくわ」

ほむら「はい…」

マミ「それから…マミさんって言ってくれたね?」

ほむら「えっ?」

787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:15:30.74 ID:/vcck091O
さやか「!」

さやか「今度こそ…」ボソッ

さやか「あ…そう言えば言ってたかも!」

ほむら「…それは…言葉を考えるのに必死だったから…」

マミ「なら…もうマミさんって言ってくれないの?」

ほむら「えっ?」

マミ「やっぱり…巴さんよりもマミさんって言ってくれた方が嬉しいかな」

789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:21:04.16 ID:/vcck091O
ほむら「…!」

マミ「暁美さんが良かったらでいいんだけどね?」

マミ「マミさんって読んでほしいな」

ほむら「…」

ほむら「はい…マミ、さん…!」

マミ「暁美さん…!」

マミ「ありがとう!」

790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:25:22.25 ID:/vcck091O
ほむら「えへへ…」

さやか「これでまどかに続いてマミさんも名前呼びかぁ」

杏子「次は私とさやかのどっちだろうな?」

さやか「そんなの私に決まってるよ!」

杏子「いーや、私だね!」

さやか「なら勝負する?」

杏子「ああ、望むところだ!」

792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:30:12.87 ID:/vcck091O
マミ「それにしても…暁美さんはなかなか演技が上手いのね」

ほむら「そうですか?」

まどか「うん!クールだったよ!」

ほむら「でも…やっぱり、私には似合わないよね…」

ほむら「あんな話し方…」

マミ「そうかもしれないけど、わからないわよ?」

マミ「意外と似合ってたりすることもあるんだから」

794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:35:12.41 ID:/vcck091O
ほむら「そうなのかな…」

マミ「演じ続けてみたらどうかしら?」

ほむら「えっ?」

マミ「さっきの演技を続けて、それを普通の状態にするの」

マミ「そうすれば…」

さやか「暁美ほむら改造計画だね!」

杏子「ちょっと興味あるな」

796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:40:12.68 ID:/vcck091O
ほむら「…」

ほむら(たしかに…変われるのなら…)

ほむら(でも…)

まどか「クールなほむらちゃんはカッコいいかもしれないけど」

まどか「私は今の可愛いほむらちゃんの方がいいかな…」ボソッ

ほむら「えっ?」

まどか「…ごめんね?私がほむらちゃんをカッコよくするって言ったのに…」

797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:45:08.60 ID:/vcck091O
まどか「やっぱり今のほむらちゃんも良くて…」

まどか「でも、ほむらちゃんをカッコよくしたいのも本当だし…」

まどか「てぃひひ…困ったな…」

ほむら「まどかちゃん…」

ほむら(私は…どうしたいんだろう…)

ほむら(わかんないよ…)

799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:50:06.41 ID:/vcck091O
キーンコーンカーンコーン

さやか「あれ?」

杏子「もうこんな時間か」

マミ「ケーキは明日にお預けね」

ほむら「もう終わりなんだ…」

ほむら(時間過ぎるの早く感じるよ…)

まどか「ほむらちゃん、帰ろっか?」

ほむら「うん…!」

800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:55:09.83 ID:/vcck091O
マミ「今日もみんな一緒に帰る?」

ほむら「でも…正反対だから…」

杏子「そうだけどさ、私らは別に大丈夫だぞ?」

マミ「私もよ!」

さやか「みんなで帰ろうか!」

まどか「私も賛成!」

マミ「ね?いいでしょ?」

ほむら「…はい!」

801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:00:09.31 ID:/vcck091O
さやか「杏子の髪型弄りそびれた」

杏子「時間があってもさせないぞ?」

さやか「いいじゃん!減るもんじゃないし」

杏子「時間が減る」

さやか「えぇー?」

マミ「ふふっ」

まどか「ね、ほむらちゃん」コソッ


803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:05:12.10 ID:/vcck091O
ほむら「?」

まどか「今日は私の家で…!」

ほむら「うん…!」

まどか「てぃひひ!」

さやか「明日こそマミさんの髪も!」

マミ「駄目よ!」

杏子「やっぱり…私も気になるよな、マミのそれ以外の髪型」

マミ「佐倉さんまで…!」

805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:10:03.70 ID:/vcck091O
マミ「もう…駄目なものは駄目よ!」

さやか「ちぇー」

杏子「なら私も駄目だ」

さやか「いいじゃん!」

ほむら「あ…」

まどか「ついたね」

ほむら「うん」

杏子「っと…なら私らは引き返すか」

マミ「そうね」

807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:15:04.75 ID:/vcck091O
さやか「私はこっちだから」

マミ「じゃあこれでお別れね」

まどか「うん」

マミ「みんな、さようなら!」

杏子「じゃーなー!」

さやか「また明日!」

まどか「ばいばい!」

ほむら「ばいばい…!」

ほむら「まどかちゃん、お母さんに話してくるから、ちょっと待ってて?」

まどか「うん」

809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:20:07.20 ID:/vcck091O
ほむら「おまたせ…!」

まどか「今から案内するね?」

ほむら「うん!」

まどか「案内と言っても、すぐ近くだけどね」

ほむら「そんなに近いの?」

まどか「うん!こっちだよ」

まどか「ここを真っ直ぐ進んで、右に曲がるだけだからね」

ほむら「そうなんだ…!」

812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:25:03.74 ID:/vcck091O
まどか「ここだよ!」

ほむら「ほんとに近かった…!」

まどか「入って?」

ほむら「うん…お邪魔します!」

知久「おかえり、まどか!」

まどか「たたいま、パパ!」

知久「ほむらちゃん、だよね?いらっしゃい!」

ほむら「は、はい!お邪魔します!」

813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:30:07.25 ID:/vcck091O
まどか「パパ、私たちは私の部屋で遊んでるね?」

知久「わかった、ほむらちゃん、自分の家だと思って寛いでいってよ」

ほむら「あ、ありがとうございます…!」

まどか「ほむらちゃん、こっちだよ」

ほむら「うん…!」

知久「後でココアでも持っていくよ」

まどか「ありがとう!」

814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:35:10.71 ID:/vcck091O
まどか「ここが私の部屋だよ」

ほむら「わぁ…ぬいぐるみがたくさんあるね!」

まどか「うん!好きなんだ!」

ほむら「私の部屋にはあんまり物置いてないから…」

まどか「ならあげよっか?」

ほむら「えっ?」

まどか「好きなもの持って帰ってもいいよ?」

ほむら「いいの?」

まどか「うん!」

815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:40:10.04 ID:/vcck091O
ほむら「なら…えっと…!」

ほむら「この子貰ってもいいかな?」

まどか「うん!いいよ!」

ほむら「ありがとう!」

ほむら「えへへ…!」

まどか「大切にしてね?」

ほむら「うんっ!」

まどか「てぃひひ!」

817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:45:13.05 ID:/vcck091O
ほむら「…まどかちゃん」

まどか「ん?」

ほむら「私ね、あれから考えたんだけど…」

まどか「…」

ほむら「やっぱり、私を変えたいって思うの…!」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「どんな私でも…私は私だから…」

ほむら「それに、この名前に相応しい私になりたいから…!」

818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:50:24.77 ID:/vcck091O
ほむら「だから…私は暁美ほむらに…!」

ほむら「名前負けしない私になりたい!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「まどかちゃん…今の私が驚くような私になってみせるよ!」

ほむら「だから応援…してほしいの!」

まどか「うん…わかった…」

まどか「任せてよ!」

ほむら「…ありがとう!」

819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:55:06.94 ID:/vcck091O
ほむら「最初は…まどかちゃんの前だけでいいかな?」

まどか「えっ?」

ほむら「みんなを驚かせたいの…今日みたいに…!」

まどか「うん…わかった!」

まどか「なら部活が終わったら私たちの部屋で特訓だね!」

ほむら「そうだね!」

まどか「がんばろうね!ほむらちゃん!」

ほむら「うん!」

821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:00:04.34 ID:/vcck091O
チュンチュン

さやか「まどかとほむら、まだかな?」

仁美「このままだと遅刻してしまいますわよ…?」

さやか「ほむらが転校してきて結構経つけど、あの2人毎日何かしてるみたいなんだよね」

仁美「な…お二人ははそのような間柄でしたの?」

さやか「えっ?」

仁美「いけませんわ!女性同士でそれは…」

822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:05:13.68 ID:/vcck091O
仁美「禁断の愛ですのよ!」

さやか「いやいや…」

まどか「おはよー!」タタッ

さやか「あっ、まどか!おはよ!」

仁美「まどかさん…おはようございます」

仁美「それで…ほむらさんはまだですの?」

まどか「てぃひひ…ほむらちゃん、出てきて!」

824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:10:07.57 ID:/vcck091O
ほむら「…」

さやか「おはようって…あれ?」

さやか「三つ編みと眼鏡やめたの?」

仁美「雰囲気も…少し変わったような…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…」ファサッ

ほむら「おはよう、さやか、仁美」

827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:15:04.80 ID:/vcck091O
仁美「お、おはようございます…」

さやか「おはよう…」

さやか「ん?今さやかって言った?」

ほむら「ええ」

さやか「あ、あれ?いつもはさやかちゃんなのに…?」

さやか「もしかして…怒ってるの?」

さやか「と、とりあえず謝っとくわ…」

828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:20:09.84 ID:/vcck091O
ほむら「その必要はないわ」

さやか「えっ?」

ほむら「別に私は怒ってなどいないから」

さやか「そ、そうなの…?」

仁美「ほむらさん…どうしたんですの…?」

ほむら「気にしないで?」

仁美「は、はい…」

さやか「ちょっとまどか!ほむら一体どうしちゃったの?」

830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:25:07.29 ID:/vcck091O
まどか「なにが?」

さやか「なにが?って…明らかに何時ものほむらじゃないじゃん!」

まどか「そうかな?」

さやか「えっ?まどか…?」

ほむら「それよりも急ぐわよ、このままだと遅刻だわ」

仁美「ほむらさん…走っても大丈夫ですの?」

ほむら「ええ、大丈夫よ」

832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:30:11.64 ID:/vcck091O
ほむら「まどか、行くわよ?」

まどか「うん!」

さやか「えっ?ちょっと…?」

仁美「本当にほむらさん?」

さやか「だと…思うけど…」

仁美「違います…よね?」

さやか「うん…」

ほむら「置いていくわよ?」

さやか「あっ!待ってよ!」

836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:35:20.25 ID:/vcck091O
キーンコーンカーンコーン

「さようならー」

さやか「うん、絶対変!絶対変だって!」

さやか「今日のほむらは何時ものほむらじゃなかった!」

さやか「こりゃ大ニュースだ…!」

さやか「早くマミさんと杏子に知らせなきゃ!」タタッ

ほむら「ふぅ…」

838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:40:04.67 ID:/vcck091O
まどか「ほむらちゃん、お疲れ様!」

ほむら「まどか…!」

まどか「がんばったね!」

ほむら「そうかしら?」

まどか「うん!これなら大丈夫だよ!」

ほむら「そう…!」

まどか「あっ…次はこれで…ね?」

ほむら「ええ!」


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:45:08.35 ID:/vcck091O
さやか「マミさん!杏子!」

杏子「ん?」

マミ「どうしたの美樹さん?」

杏子「そんなに慌ててさ!」

さやか「ほむら!」

マミ「え?」

さやか「ほむらが変なの!」

杏子「ほむらが変?」

さやか「うん!」

842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:50:13.23 ID:/vcck091O
マミ「なに?」

杏子「どういうことだおい?」

さやか「とにかく!ほむらが変なんだって!」

マミ「どんな風に?」

さやか「何時もと違ってクールと言うかなんと言うか…」

さやか「とにかく変なのよ!」

杏子「はぁ?」

マミ「…見てみればわかるのかしら?」

さやか「はい!」

843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:55:06.99 ID:/vcck091O
ガチャッ

マミ「あっ」

杏子「来たか…!」

さやか「ほら!見てなって!」

まどか「こんちには!マミさん、杏子ちゃん!」

マミ「こんちには」

杏子「よう」

さやか「あれ?ほむらは?」

845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:00:05.90 ID:SbyU5rpYO
ほむら「こんちには!マミさん、杏子ちゃん!」

マミ「こんちには」

杏子「ん?」

さやか「あれっ?」

杏子「おい、何が変なんだ?」

マミ「髪型くらい…よね?」

ほむら「どうしたんですか?」

さやか「えっと…」

杏子「さやかがさ、ほむらが変だってうるさいんだよ」

847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:05:07.34 ID:SbyU5rpYO
ほむら「私が変…?」

マミ「うん、そう言ってたわ」

ほむら「さやかちゃん、私何かしたかな…?」

さやか「えっ?さ、さやかちゃん…?」

ほむら「うん」

さやか「だ、だってさっきまで…さやかって…」

杏子「…さやか、大丈夫か?」

マミ「疲れてるんじゃないの?」

849: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:10:07.94 ID:SbyU5rpYO
さやか「え?あれ…?」

さやか「そう…なのかな…?」

まどか「さやかちゃん、大丈夫?」

さやか「まどか…!」

さやか「まどかは知ってるでしょ?ほむらが変だってこと!」

杏子「まだ言ってる…」

マミ「美樹さん…」

さやか「ちょっと…そんな目でみないでよ…!」

850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:15:08.53 ID:SbyU5rpYO
ほむら「さやかちゃん…どうしたの?」

さやか「いやいや!どうしたのは、ほむらの方でしょ!」

ほむら「えっ?」

まどか「さやかちゃん…」

杏子「さやか、その言い方はどうかと思うぞ?」

マミ「暁美さんに失礼よ?」

さやか「そ、そんな…!」

853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:20:06.21 ID:SbyU5rpYO
さやか「そ、そうだ!眼鏡!」

ほむら「えっ?」

さやか「眼鏡だよ!眼鏡!」

マミ「眼鏡がどうしたの?」

さやか「ほむらが眼鏡かけてる!」

杏子「何時ものことだろ」

さやか「いや!そうじゃなくて!」

杏子「はぁ…まどか、さやかを保健室なり病院なりに連れてってくれよ」

854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:25:19.49 ID:SbyU5rpYO
まどか「さやかちゃん、どうする?」

さやか「ほら!あれだよ!なんとかスペシャル!マミさんの言ってた!」

マミ「えっ?」

さやか「眼鏡で性格が変わるあれ!」

マミ「あぁ…お、オッキアーリ・スペチャーレね」

さやか「そう!それ!」

杏子「それの意味結局なんなんだ?」

856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:30:10.57 ID:SbyU5rpYO
マミ「イタリア語で特別な眼鏡、よ」

杏子「なるほどねぇ…でもそんなもんほんとは無いけどな!」

マミ「あ、あれは…だって…」

マミ「うぅ…」

杏子「で、さやかはそれ信じてんの?」

さやか「うん!ほら!」バッ

ほむら「あっ!」

857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:35:08.05 ID:SbyU5rpYO
ほむら「…」

さやか「こうやって眼鏡を外せば…」

杏子「…そんなの信じるのは馬鹿だけだぞ?」

マミ「馬鹿じゃないもん!」

杏子「いや、マミのことじゃないって」

杏子「なあ?ほむら」

ほむら「…」

杏子「ほむら?」

861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:40:07.41 ID:SbyU5rpYO
ほむら「…」ファサッ

ほむら「…美樹さやか、あなたはどこまで愚かなの?」

さやか「ほ、ほら!」

マミ「えっ?」

ほむら「人の眼鏡を勝手に取るなんて…危ないじゃない」

杏子「ほむら…?」

ほむら「なに?杏子」

杏子「え?き、杏子?」

863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:45:10.29 ID:SbyU5rpYO
ほむら「あなたは杏子でしょ?違うのかしら」

杏子「あ、嫌…そうだけど…」

まどか「ほむらちゃん、大丈夫?」

ほむら「ええ、大丈夫よ」

マミ「あ、暁美さん!」

ほむら「マミ、なにかしら?」

マミ「あなた…やっぱり選ばれし者だったの…?」

まどか「ま、マミさん…また…?」

864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:50:05.75 ID:SbyU5rpYO
マミ「その雰囲気…間違いないわ!」

マミ「その眼鏡は千年眼鏡、ミレニアム・グラスだったのね!」

ほむら「何を言っているのかしら?」

マミ「すごい…これが暁美さんの闇の人格なんだわ…!」

ほむら「闇の人格ではないわ」

マミ「二重人格…初めて見た…!」

ほむら「聞いてるの?」

867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:55:12.57 ID:SbyU5rpYO
杏子「マミ…この前私の部屋で見せた漫画に影響されてんのか…?」

杏子「でも…あれは演技なのか…?」

杏子「前よりも断然…!」

さやか「ほら!私の言った通りでしょ?」

さやか「やっぱりおかしいって!」

杏子「でも…」

869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:00:20.89 ID:SbyU5rpYO
ほむら「…マミ」

マミ「あなたは古代の王女様なの?」

ほむら「だから…」

マミ「闇のゲームはできるの?」

ほむら「や、闇のゲーム…?」

マミ「ええ!闇の番人にのみ許された戦い、デュエルよ!」

ほむら「えぇ…」

マミ「あっ!私は巴マミです!よろしくお願いします!」

873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:05:06.54 ID:SbyU5rpYO
まどか「マミさん…てぃひひ…!」

ほむら「ま、まどかぁ…」

マミ「カッコいい…!」

ほむら「さすがに無理だよ…」

まどか「うん…マミさんには叶わないや」

ほむら「うん…」

さやか「あれ?」

杏子「ほむら?」

874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:10:18.69 ID:SbyU5rpYO
マミ「///」

さやか「なら、今日のはずっと演技だったの?」

ほむら「うん…」

杏子「だろうとは思ったけど…すごいな」

杏子「に、二重人格って言われたら信じるかもしれねぇ…」

まどか「眼鏡を外したらずっとあの性格でいられるように練習したんだよね?」

ほむら「うん!」

876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:15:05.68 ID:SbyU5rpYO
さやか「そっか…だから毎日2人で」

まどか「うん、そうなんだ」

杏子「がんばったんだな、ほむら…ビビったぜ!」

ほむら「えへへ」

杏子「マミなんて完全に誤解してたもんな」

マミ「///」

ほむら「闇の人格って言われちゃったよ」

マミ「うぅ…」

877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:20:16.34 ID:SbyU5rpYO
ほむら「ごめんね?みんな…特にさやかちゃん」

さやか「ほんと!みんな私を変な目で見てさ!」

まどか「てぃひひ…」

杏子「でもそれくらい凄い演技だったんだよな!」

ほむら「演技と言うか…癖になっちゃったんだ」

杏子「えっ?」

ほむら「どっちの性格でも生活できる自信があるよ!」

杏子「そんなにかよ…!」

879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:25:24.25 ID:SbyU5rpYO
さやか「罰として!ほむらにはこうだぁー!」ガバッ

ほむら「きゃっ?」

さやか「離さないぞー!」

ほむら「さ、さやかちゃん…!」

さやか「ほれほれ」コチョコチョ

ほむら「きゃっ…あははっ…くすぐったいよぉ!」

まどか「さやかちゃん、まただよ」

杏子「あいつあれしかすること無いのか?」

881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:30:04.07 ID:SbyU5rpYO
ほむら「きゃはは!」ポロッ

さやか「あっ」

ほむら「…さやか、いい加減離しなさい」

さやか「あ…はい…」

ほむら「さやか、あなたは毎回毎回そうやって…」

さやか「すみません…」

杏子「スイッチの切り替えすごいな…」

まどか「でしょ?」

883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:35:08.52 ID:SbyU5rpYO
杏子「まどか…どんな練習したんだ?」

まどか「てぃひひ!」

まどか「それはね?」

杏子「それは?」

マミ「闇のゲーム…したかったのに…」

ほむら「そもそもあなたは…」

さやか「はい…」

まどか「みんなには内緒だよ!」

885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:40:04.56 ID:SbyU5rpYO
杏子「えぇ?なんだよ、けちだな!」

まどか「私とほむらちゃんだけの秘密だもん!」

まどか「ねっ、ほむらちゃん!」

ほむら「ええ…私とまどかの2人だけのね!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ふふっ!」

マミ「もし私が千年アイテムもってたらどうなるのかな…?」

887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:45:24.83 ID:SbyU5rpYO
マミ「闇マミ?ヤミ?黄昏のヤミ…」

マミ「…これだわ!」

杏子「マミ、そろそろ現実見ようぜ?」

マミ「えっ?」

ほむら「マミ…まだそんなことを言っていたの?」

さやか「あはは…」

まどか「ほむらちゃん、あんまりキツく言っちゃ駄目だよ?」

まどか「一応先輩だから!てぃひひ!」

889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:50:13.60 ID:SbyU5rpYO
マミ「か、鹿目さんっ!」

まどか「ごめんなさい!」

マミ「もう!」

ほむら「そう言われたくないのならもっと先輩らしくすることね」

マミ「えっ?」

ほむら「そうでしょう?黄昏のヤミさん?」

マミ「えっ?あっ…」

マミ「うぅ…」

892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:55:07.19 ID:SbyU5rpYO
マミ「そ、そうだわ!」

さやか「ん?」

マミ「今日はサプライズがあったんだから!」

杏子「サプライズ?」

ほむら「なによ?」

マミ「えっと…まってて」

まどか「もしかして…!」

マミ「これよ!」

ほむら「あっ…!」

894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:00:06.53 ID:SbyU5rpYO
さやか「それって…」

杏子「ほむらの…!」

マミ「がんばって作ったんだから!」

まどか「ほむらちゃん、はい、眼鏡」

ほむら「ありがとう、まどか…ちゃんと見えなくて…」

ほむら「!!」

ほむら「私の…魔法少女…!」

895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:05:05.79 ID:SbyU5rpYO
マミ「今度学園祭があるでしょ?」

マミ「それに間に合うようにいっしょうけんめい作ったのよ!」

マミ「私は先輩だもん!」

ほむら「マミさん…!」

マミ「どう?暁美さん、少しは見習った?」

ほむら「はい…さっきはその…調子に乗っちゃって…」

ほむら「ご、ごめんなさい…」

900: うん、見直しただ、普通に間違えた 2011/11/16(水) 02:10:09.76 ID:SbyU5rpYO
マミ「いいわ、特別に許してあげる!」

ほむら「マミさん…!」

マミ「その代わり…着てみてくれない?」

ほむら「はい…!」

まどか「せっかくだし、私たちも着替えようよ!」

さやか「そうだね!」

杏子「いいぜ!」

マミ「私も!」

904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:16:10.17 ID:SbyU5rpYO
ほむら「ど、どうかな…?」

まどか「うん!似合ってるよ!」

さやか「うんうん!」

杏子「ああ、私も良いと思う!」

マミ「がんばって作った甲斐があったわ!」

まどか「可愛いよ!ほむらちゃん!」

ほむら「えへへ…!」

905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:20:04.15 ID:SbyU5rpYO
さやか「でも一番は違うかなぁ」

ほむら「?」

杏子「あー…またか」

さやか「一番可愛いと思った?残念!一番可愛いのはさやかちゃんでした!」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「いつものことだから」クスッ

ほむら「ふふっ」

907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:25:07.86 ID:SbyU5rpYO
さやか「あはは!」

杏子「でも、調子に乗りすぎても駄目だからな」

杏子「ほむら、言ってやれ」スッ

ほむら「!」

ほむら「…」ファサッ

さやか「あ…!」

ほむら「美樹さやか…あなたは一番ではないわ」

さやか「ごめんごめん、わかってるって!」

909: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:30:07.34 ID:SbyU5rpYO
さやか「ほむらが一番だから!」

杏子「ったく…」

ほむら「私は一番じゃないわ!」

杏子「えっ?」

さやか「あれ?違うの?」

まどか「?」

マミ「!」

ほむら「一番可愛いのは…!」

910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:35:04.19 ID:SbyU5rpYO
マミ「暁美さん…!」

マミ「感謝してくれるのは嬉しいけど、可愛いだなんて…!」

マミ「でも、気持ちは受け取っておくわ」

ほむら「まどかよ!」

マミ「てへへ」

マミ「…え?」

まどか「わ、私?」

ほむら「ええ!」

911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:37:48.35 ID:SbyU5rpYO
さやか「おっと?これはまさか…」

杏子「いやさすがに違うだろ?」

ほむら「一番可愛いのは間違いなくまどかよ!」

まどか「えっ?えぇっと…」

まどか「それってもしかして…!」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほむらちゃん…!」

仁美「いけませんわ!」

912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:40:13.11 ID:SbyU5rpYO
ほむら「えっ?」

まどか「仁美ちゃん?」

仁美「それは禁断の恋ですのよ!」

さやか「仁美…どうしてここに?」

仁美「そんなことは今は関係ないですわ!」

さやか「う、うん…」

仁美「まどかさん!ほむらさん!」


913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:42:18.74 ID:SbyU5rpYO
まどか「ひ、仁美…ちゃん…?」

ほむら「な、なによ…」

仁美「お二人は何時からそのような関係でいらしたの!?」

まどか「えっと…」

ほむら「ま、まだ…」

仁美「まだ!?」

ほむら「ええ…」

仁美「ならこれからそのような関係に…!」

ほむら「あっ…いや…」

915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:44:15.97 ID:SbyU5rpYO
まどか「ほむらちゃん…」

仁美「いけませんわ!」

仁美「でも…禁断だからこそ…」

仁美「ああ!私はどうしたら…!」

ほむら「…」

まどか「…」

杏子「はいはい落ち着きなって」

さやか「そ、そうだよ!」

916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:46:47.48 ID:SbyU5rpYO
杏子「落ち着いたか?」

仁美「はい…」

さやか「いきなり出てくるなりあれだもん…」

まどか「びっくりしちゃったよ」

仁美「すみません…勘違いしてしまって…」

ほむら「仁美ちゃん…」

マミ「それで…志筑さんはどうしてここに?」

917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:49:17.34 ID:SbyU5rpYO
仁美「…実は、みなさんにお願いがありますの」

マミ「お願い?」

仁美「はい!」

さやか「どうしたの?」

仁美「…入部の申し込みに来ましたの!」

ほむら「!」

さやか「ってことは…!」

仁美「はい!お父様にやっと許可をいただいて!」

918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:52:17.62 ID:SbyU5rpYO
まどか「やった!なら…」

仁美「ええ、これからは私もご一緒に!」

杏子「これで6人か!賑やかになるな!」

仁美「ですので、巴さん、よろしければ私をここに…!」

マミ「ええ!喜んで!」

仁美「…ありがとうございます!」

ほむら「仁美ちゃん!よかったね!」

仁美「うん!」

919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:54:58.73 ID:SbyU5rpYO
マミ「なら…学園祭に向けて6人で練習よ!」

杏子「流石に練習しないといけないな!」

杏子「さやか、サボるなよ?」

さやか「わかってるって!」

仁美「楽しみですわ!」

ほむら「そうだね!」

まどか「よーし!みんな!がんばろうね!」

「おーっ!」

920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:58:41.84 ID:SbyU5rpYO
「次は演劇部による」

「劇、魔法少女みんな☆マギカです」

マミ「今日は私たち演劇を見に来てくれてありがとうございます!」

さやか「この日の為にいっしょうけんめい練習しましたっ!」

杏子「いっしょうけんめい遊んだ、だろ?」

さやか「ばかっ!これでいいの!」

921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:03:02.65 ID:SbyU5rpYO
仁美「…私たち6人の演劇を最後までご覧になってください!」

ほむら「が、がんばりますっ!」

ほむら「…そして、私たちの演劇を楽しんで貰えたら、みなさんにお願いがあります」

ほむら「私たち演劇部はとても楽しい所です」

ほむら「ですので、よかったら…まどか」

まどか「うん!」

まどか「私たちと契約して、魔法少女になってよ!」

おわり