1 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:08:48 ID:eZZE1oUM
幼「あんた、バレンタインにチョコ貰った事ある?」

弟「何言い出すんだ、バカか?」

幼「姉に向かってバカとは何か!」

弟「弟に向かって、バレンタインの話しとかしてんじゃねぇ!」 

 

2 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:10:36 ID:eZZE1oUM
幼「んー、じゃあ質問変えるわ」

弟「何だよ」

幼「全然好きでも何でもない女の子からさ」

弟「はぁ」

幼「急にチョコ貰っちゃったとしてさ」

弟「…」

幼「どんなチョコだったらその娘の事好きになる?」 


3 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:10:56 ID:eZZE1oUM
弟「も一回言うぞ?バカか?」

幼「バカとは何か!」

幼「良いから答えなさいよ!」

弟「何で俺がそんな事に答えなきゃなんねーんだよ!」

弟「大体、なんで俺に聞くんだよ!」

幼「思いついた時に、一番身近に居た異性がアンタだったから」

幼「お兄ちゃんまだ帰って来てないし」 

4 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:11:31 ID:eZZE1oUM
弟「バッカじゃねーの、マジで」

幼「…それ以上バカって言ったら」

幼「机の引き出しの奥にある本をお母さんに渡す」

弟「脅迫かよ!マジでバッ…」

幼「お母さーん、弟が部屋の模様替えしたいってー」

幼「って、大声で叫んでも良いの?」

弟「ぐっ…」 

5 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:12:03 ID:eZZE1oUM
幼「ウチのお母さんは模様替え大好きだからねー」

幼「この部屋なら、真っ先にベッドと机を動かすだろうねー」

幼「隠す暇なんて無いだろうねー?」

弟「…」

幼「さぁ、叫ばれたくなければ、答えなさい!」

幼「どんなチョコだとハートを掴まれちゃうの?」 

6 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:12:50 ID:eZZE1oUM
弟「…ぶっちゃけ、チョコはどうでも良くって」

弟「好きな人から貰えたら、チロル一個でも充分嬉しいよ」

弟「…まぁチロル一個じゃ、義理確定だから」

弟「その後、超落ち込むだろうけど」

幼「それじゃ駄目なんだよー」

弟「何でだよ、ちゃんと答えただろ?」

幼「もうちょっと考えてよー」 

7 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:13:11 ID:eZZE1oUM
弟「あー?知らねーよー」

弟「ちゃんと答えただろ?もう出てけよー」

幼「ね、やっぱり手作りが良い?」

幼「それとも手作りだと重いかな?」

弟「まぁ、好きでも無い人から手作りチョコ貰ったら」

弟「ちょっと重いかな」 

8 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:13:32 ID:eZZE1oUM
弟「んー、でもそれが切っ掛けで、好きになるかもしれねーな」

幼「やっぱ男子はそんな感じなの?」

弟「女子だってそうだろ?」

幼「え?」

弟「別に気にしてない人でも、告られたら意識はするだろ?」

幼「んー。私は別に…何とも思わないままだったなぁ」

弟「え?姉ちゃん告られた事あんの?」 

9 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:13:59 ID:eZZE1oUM
幼「え?あ、うん。高校入ってから三回くらい」

弟「マジかよ」

幼「む?どう言う意味よ」

弟「自分の胸に聞いてみろよ」

幼「なっ!アンタ、弟のくせに私の事、そんな目で!」

幼「だ、駄目からね!」
サッ 

10 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:14:19 ID:eZZE1oUM
弟「またまた言わせて頂きますけど」

弟「バッカじゃねえの?」

弟「胸を隠すな!実の姉だぞ!欲情なんか絶対しねーよ!」

弟「マジでバッカじゃねぇの?」

幼「バカバカうるさい!」 

11 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:14:39 ID:eZZE1oUM
弟「姉ちゃんがバカな事言うからだろ!」

弟「もう良いだろ、マジ出てけよ!」

幼「そう言う訳にはいかないんだよ」

弟「どう言う訳なんだよ」

幼「ほら、明後日バレンタインじゃんか」

弟「まぁ、そうだな」 

12 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:14:59 ID:eZZE1oUM
幼「年頃の乙女としては、気になる訳よ」

弟「去年まで別に何もしてなかったじゃん」

幼「去年まではね!」

幼「でも今年はちょっと違うの!」

幼「そんな訳で、身近な異性のアンタに聞いてるのよ」 

13 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:15:17 ID:eZZE1oUM
弟「あー…もう、男さんに聞けよ」

幼「おお、男は関係ないでしょ!」

幼「な、ななんでそこで、男の名前が出て来るのよ!」

弟(バレバレだっつーの)

弟「あー、はいはい」

弟「でもまぁ、手作りで良いんじゃねーの?」 

14 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:15:41 ID:eZZE1oUM
幼「で、どこまでが手作りだと思う?」

弟「は?」

幼「カカオ豆からカカオマスを精製する所からが100だとして」

幼「どの辺りまでが手作りチョコだと思う?」

弟「それマジで言ってるの?」

幼「え?何で?」

弟「普通、手作りチョコってさぁ」

弟「市販のチョコを溶かして、型に流して固めるもんじゃね?」 

15 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:16:04 ID:eZZE1oUM
幼「それのどこが手作りなの?」

弟「いや、だから…板チョコをハートの型とかに…」

幼「それ、元はただの板チョコでしょ?」

弟「それはそうだけど…それが普通で…」

幼「溶かして固めるだけって、全然手作りじゃないじゃん?」

弟「あぁもう!じゃあ、やってみろよ!」

弟「カカオ豆からチョコレート作ってみろよ!」 

16 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:16:26 ID:eZZE1oUM
幼「いやいや、もっと突き詰めて行けば…」

幼「カカオを栽培する所からが、手作りチョコかな?」

弟「…あの、ちょっともうマジ出て行ってくれ」
グイッグイッ

幼「なんでよ!ちょっと!」

弟「俺の手には負えん!他あたれ!」
バタン

幼「…」 

17 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:16:53 ID:eZZE1oUM
幼「そんな訳でね」

幼の兄「そんな訳って言われてもね」

幼「弟ったら酷いでしょ?」

幼「乙女の真剣な悩みをさぁ」

兄「…まぁ、確かに弟の手には負えない話しだね」

幼「お兄ちゃんはさぁ」 

18 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:17:11 ID:eZZE1oUM
兄「ん?」

幼「最近はチョコ貰ったりしてる?」

幼「昔はほら、沢山持って帰って来てたじゃん」

幼「何年前からか、全然持って帰って来なくなったじゃん?」

幼「年取って、モテなくなった?」

兄「いやぁ…ははは」

兄「まぁ昔程じゃ無いけど、毎年貰ってるよ」 

19 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:17:31 ID:eZZE1oUM
幼「え?そうなの?」

兄「ちょっとね、ある人に怒られちゃって」

幼「なんで?」

兄「たとえ義理チョコ一個でも」

兄「渡す人の想いがこもってるんだから」

兄「他の人にわけたりするなー!ってね」

兄「だから、学校で貰ったチョコ、全部学校で食べてるんだ」

幼「そうだったんだ…」 

20 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:17:58 ID:eZZE1oUM
幼「て言うか、誰に言われたの?」

兄「ま、それは内緒って事で」

幼「お兄ちゃんの好きな人?」

兄「内緒!」

兄「今は俺の話しじゃないだろ?」

兄「幼がおとk…誰かにあげるチョコの話しだろ?」

幼「あ、うん」 

21 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:18:18 ID:eZZE1oUM
兄「さっき言ってたココア豆から手作りってのはなぁ」

兄「ちょっと無理だろう」

幼「でも、溶かしたチョコを固めるだけなんて!」

兄「ならいっそ、店で売ってる既製品はどう?」

幼「でも…それじゃ気持ちが…」

兄「んー、それじゃ手紙を添えるとか?」

幼「手紙…ラブレター?」 

22 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:18:46 ID:eZZE1oUM
兄「まぁ、そんなに堅い物じゃなくても良いんじゃないかな」

兄「メッセージカードに一言書いて、渡すとか」

幼「気持ち、伝わるかなぁ…」

幼「あ、既製品なら予算は2万円くらい?」

兄「!?」

幼「貯めてあった小遣い、今こそ使う時!」

兄「ちょ、ちょっと待った!」 

23 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:19:04 ID:eZZE1oUM
幼「え?何?」

兄「チョコに何万円もかけるよりはさ」

兄「千円くらいのチョコとプレゼントを渡せば?」

幼「プレゼント…」

兄「やっぱりこう言うのは気持ちだからさ」

兄「金額が高ければ良いって物でも無いと思うよ」

幼「そうかなー」 

24 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:19:41 ID:eZZE1oUM
兄「絶対にそうだよ」

兄「弟が言った通り、好きな人から貰った物なら」

兄「チロルチョコ一個でも嬉しい物だよ」

幼「でもさすがにそれはね?」

兄「うん。だから千円くらいのチョコで良いと思うよ」

兄「そのチョコに、気持ちのこもったプレゼントを添えて渡せば…」

幼「…」

兄「納得してない顔だね」 

25 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:20:15 ID:eZZE1oUM
幼「うーん…何かちょっと、しっくり来ないって言うか…」

兄「それなら、母さんに聞いてみれば?」

幼「え?」

兄「昔聞いたんだけど」

兄「母さんは、バレンタインデーに告白して」

兄「父さんと付き合い始めたらしいよ?」

幼「え!?そうなんだ?知らなかった!」 

26 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:20:38 ID:eZZE1oUM
兄「母さんがその時、どんなチョコをあげたのか聞いてみれば?」

幼「うん、そうする!ありがと、お兄ちゃん!」
バタバタバタ

兄「どういたしまして」



兄「…まぁ、お隣さんの彼にあげるんなら」

兄「それこそ、何でも良いと思うんだけどね」 

27 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:21:02 ID:eZZE1oUM
幼の母「で、どうすれば良いのかを聞きに来た…と」

幼「お母さん、お父さんに何をあげたの?只のチョコ?」

母「うーん…恥ずかしいからあまり言いたくないんだけど」

幼「お願い、お母さんっ!」

幼「私の人生が賭かってるの!」

母「人生ねぇ…」

幼「駄目?」 

28 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:21:32 ID:eZZE1oUM
母「まぁ、良いでしょう」

母「でも、絶対誰にも言わないでね?」

幼「約束する!」

母「私とお父さんはね、幼馴染だったの」

幼「へ、へぇー。そうなんだ?」

幼「あれ?でも、お父さんの実家とお母さんの実家って…」

母「そうね。東京と名古屋だから、結構離れてるわよね」 

29 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:22:11 ID:eZZE1oUM
母「でも、小さい頃はお父さんの実家も東京にあってね」

母「家が隣りで、すっごく仲が良かったのよ」

幼「…」

母「中学2年の時、お父さん達一家が引っ越す事になってね」

母「お母さん、頑張ったのよ」

幼「それがバレンタインデー?」

母「そう」 

30 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:22:36 ID:eZZE1oUM
母「お母さん、願いをこめて、ある贈り物を贈ったの」

母「お父さんは慌てふためいていたけども」

母「おかげで、ちゃんとお付き合いする事になったのよ」

母「お父さんは高校まで名古屋で」

母「大学はこっちの大学に来てくれたの」

幼「へぇー。じゃ、遠距離恋愛だったんだ?」

母「そうよー。毎日電話かけまくって」

母「親に怒られ続けたのも、今では良い思い出よ」 

31 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:23:02 ID:eZZE1oUM
幼「で、お母さん!お父さんに何をあげたの?」

母「絶対誰にも言わないでね?」

幼「絶対言わない!約束する!」

母「お父さんって鈍感でしょ?」

幼「それは…多分」

母「それまでにも色々頑張ったんだけど」

母「中々気持ちが伝わらなくてね」 

32 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:23:38 ID:eZZE1oUM
幼「うんうん」

母「お父さん達は3月一杯で引っ越すって聞かされて焦っちゃったのね」

母「お母さん、バレンタインデーの夜中にね」

母「自分の身体にリボンを巻いて、お父さんのベッドに忍び込んだの」

幼「!?」

母「我ながらとんでもない事しちゃったわよ」

幼「お、お母さん、それで…どうなったの?」 

33 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:23:59 ID:eZZE1oUM
母「…本当に、聞きたい?」ニヤリ

幼「あ、あぁ…言わなくて良い。大体解ったから」

母「あらそう?一晩中だって語れるけど?」

幼「い、良いから」

母「それはそれとして、幼ちゃん」

幼「何?」

母「誰かにチョコあげるのよね?」 

34 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:24:36 ID:eZZE1oUM
幼「ま、まぁ、あげてみようかなーと思ったり思わなかったりー」

母「おとk…その誰かにあげる物はチョコ?」

母「それとも何か…プレゼント?」

幼「それを考えているんだけど…」

幼「さすがにお母さんの真似はちょっとアレかなー」

幼「でも手作りチョコって言っても」

幼「普通は溶かして固めるだけなのは嫌だし」

幼「プレゼントは…何が欲しいのか解らないし…」 

35 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:25:06 ID:eZZE1oUM
母「そうねぇ…」

母「それなら、手作りのチョコケーキはどう?」

幼「ケーキ?」

母「それなら、溶かして固めるだけのチョコとは違うでしょ?」

母「しっかり想いをこめたお菓子。どう?」

幼「ケーキ、良いかも!うん!」

母「作り方教えて上げるから」

幼「ありがとうお母さん!」 

36 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:25:36 ID:eZZE1oUM
男(何だろう…俺のベッドが異様に膨らんでる)

男(具体的には人一人分くらい)

男(誰だか見当は付いてるんだけど…)

男(これは…どう接するのが正解なんだ?) 

37 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:25:56 ID:eZZE1oUM
10分経過
男(中の人が出てくる気配は無い…)

男(俺が部屋に入った事には気付いてるはずだから…)

男(やっぱ、俺のリアクション待ちって事か…)

男(布団めくってみるか)

男(中で寝てる可能性もあるもんな)
スタスタ 

38 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:26:24 ID:eZZE1oUM
バサッ
男「これは…俺の服?」

バタンッ!
幼「引っかかったわね!私はここよ!」

男「俺の部屋で何を…っておい!お前その格好…」

幼「男、ハッピーバレンタイン!」
バッ

男「ま、待て!一歩もそこを動くな!」 

39 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:26:45 ID:eZZE1oUM
幼「へ?なんで?」

男「その…身体をグルグル巻きにしているリボンが…」

男「都合よく大事な所をちゃんと隠してると思うなよ?」

幼「へっ?」

男「い、色々見えちゃってるぞっ!」

幼「えっ!?あっ!やっ!」

男「いいから早く服を着ろ!」 

40 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:27:15 ID:eZZE1oUM
幼「すみませんでした…」

男「いや、俺は良いんだけど…その…」

幼「まさかあんなに見えちゃうとは思わなかったよ…」

男「…」

幼「お粗末な物をお見せしてしまって…スミマセン」

男「いやぁ…粗末じゃなかったけど」 

41 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:27:42 ID:eZZE1oUM
幼「そ、それでね。今日はちょっと用事があって…」

男「あぁ、バレンタインって言ってたもんな」

幼「そう。バレンタインだから贈り物を持って来たんだよ」

男「それで自分にリボン巻いて、私がプレゼントーって」

男「押入れの中に隠れてたの?」

幼「…そうです」

男「あぁ、あの…気持ちはすげー嬉しいよ」

幼「…」 

42 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:28:16 ID:eZZE1oUM
男「でもまぁ、こう言うのはもう無しな?」

幼「嫌だった?」

男「嫌じゃあ…無かったけど…その…な?」

幼「な?って言われても、何?」

男「あー…ちょっと質問なんだけどさ」

幼「ん、何?」

男「あのまま俺に飛びついてたら、その後どうなったか…」

男「解ってるか?」 

43 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:28:37 ID:eZZE1oUM
幼「そりゃあ、解ってるよ。子供じゃないんだから」

男「そう、もう子供じゃないんだぜ?」

幼「…」

男「だからちゃんと確認しておきたいんだけど」

幼「な、何をかな?」

男「俺、幼の事が好きな訳なんだけど」

幼「!?」 

44 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:29:13 ID:eZZE1oUM
男「幼もそう思ってくれてるって事で…良いのか?」

幼「う、うん…て言うか今日はそれを伝えに来たんだよ!」

幼「私、男の事が大好きだから!」

男「お、おう、ありがとう。俺も幼の事大好きだ」

幼「嬉しいよ、男」
ギュッ
ドサッ
男「お、おい…」 

45 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:29:43 ID:eZZE1oUM
幼「重い?」

男「重くはないけど…」

幼「子供じゃないから、もちろん覚悟して来たよ?」

男「…」

幼「キス、して?」

男「…」


ちゅっ 


46 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:30:11 ID:eZZE1oUM
男「あのさ」

幼「何?」

男「その…自分をプレゼントするって、幼のアイディア?」

幼「なんで?」

男「何か、幼らしくないなーと思って」

幼「えへへー。バレたかー」 

47 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:30:44 ID:eZZE1oUM
幼「ここだけの話しなんだけど、私のお母さんがね」

男「おばさんが?」

幼「中2の時、お父さんにそうしたんだって」

男「へぇ?おばさん、勇気あるなー」

幼「だよねー」

幼「それで上手く行ったって言ってたから…」

男「まぁでも、幼らしくないと思うよ」 

48 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:31:32 ID:eZZE1oUM
幼「じゃあどんなのが私らしい?」

男「うーん…カカオ豆からチョコ作る!って言いそう」

幼「またまたバレちゃった」

幼「溶かして固めただけのチョコなんてさぁ」

幼「手作りチョコって言わないよね?」

男「まぁ、世間では手作りって言うんだよ」 

49 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:31:55 ID:eZZE1oUM
男「そんなに凝らなくてもさ」

男「相手を想って、ひと手間かけるって言う事が大切なんじゃね?」

幼「そっか…あ!忘れてた!」

男「ん?」

幼「チョコケーキを作ったんだったよ」

幼「ひと手間、男の事を想って作ったんだよ」

男「お、おぉ、デカいな」

幼「開けてみて!自信作だから!」 

50 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:32:30 ID:eZZE1oUM
パカッ
男「…」

幼「順番逆になっちゃったけど」

幼「これが私の気持ち」

幼「ちゃんと伝わったかな?」

男「まぁケーキの上に思いっきり『本命』って書いてあるし」

幼「直球勝負!」

男「色々順番が逆だけど…まぁいいや」

男「ありがとう、幼」 

51 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:33:00 ID:eZZE1oUM
幼「嬉しいね!なんか…何て言うか、嬉しいよっ!」

男「ちょっと、幼」

幼「何?」

男「あー、外国のバレンタインはなー」

男「男女関係なく、大切な人にプレゼントをあげるんだってよ」

幼「うん。うん?だからこのチョコケーキと…」

男「だからさ」 

52 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:33:42 ID:eZZE1oUM
男「これ」
サッ

幼「ん?何?」

男「幼に、俺からのプレゼント」

幼「え?」

男「ホワイトデーのお返しとは別にさ」

男「大切な人に、プレゼントって事で」 

53 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:34:04 ID:eZZE1oUM
幼「開けても良い?」

男「お、おう」

ガサガサ
パカッ

幼「これ…これって?」

男「どう思う?」

幼「どうって…指輪とネックレスに見えるんだけど」 

54 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:34:36 ID:eZZE1oUM
男「今日、これを幼に渡して、告白するつもりだったんだ」

幼「そ、そうなの?」

男「そうなの」

幼「指輪もネックレスも凄く綺麗だね」

幼「男、ネックレスつけてくれる?」

男「おう」 

55 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:35:05 ID:eZZE1oUM
幼「どう?似合ってる?」

男「選んだ俺が言うのもアレだけどさ、超似合ってるぜ」

幼「指輪は…ここかな?」

幼「…左手薬指であってる?」

男「…俺の希望としては」

幼「えへへ。私の希望もそうだよ!」

男「これからも末永く、宜しくな」

幼「こちらこそ!」 

56 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:35:26 ID:eZZE1oUM
一ヶ月後

幼「ちょっと聞きたい」

弟「何?」

幼「あんた、ホワイトデーに何あげるの?」

弟「は?」

幼「チョコ貰ってたでしょ?」

弟「貰ったけど…」

幼「ホワイトデーのお返しって普通三倍返しなんでしょ?」

幼「どんな物あげるの?」 

57 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:35:59 ID:eZZE1oUM
弟「うっさいなぁ、俺じゃなくて男さんに直接聞けよ!」

幼「男が私の為に何を用意してるかなんて、聞ける訳ないじゃん」

幼「バカ?」

弟「バカはどっちだ!」

弟「あー!もう!バカップルマジ爆発しろよ!」

幼「あんたには言われたくないけどね!」



おわりだけど番外編ちょっとあり 

58 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:37:07 ID:eZZE1oUM
幼の両親編

男「…」スースー

カラカラカラ
スタッ
幼「お邪魔しまーす」

男「…」スースー

幼「寝てますね」 

59 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:37:36 ID:eZZE1oUM
幼「この部屋に来られるのも、あと何回かな…」

幼「…」

幼「男…好きだよ」

幼「それじゃ、ちょっとお邪魔します」
ゴソゴソ

男「…ん?何だ?」 

60 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:37:57 ID:eZZE1oUM
幼「や!」

男「な、何してんだ、幼?」

幼「大声出さないで!おばさん達に気付かれちゃうでしょ!」

男「こんな夜中に、人のベッドに潜りこん、で…」

幼「何?」

男「そそそそ」

幼「そ?」 

61 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:38:31 ID:eZZE1oUM
男「その格好はなんだ!?」

幼「あ、そうだった」

幼「ハッピーバレンタイーン!」

男「ババババレンタインだからって」

男「なんで裸で俺の布団に入って来てるんだよ!」

幼「裸じゃないよ!ちゃんと身体にリボンを…」

男「そのリボンが服として機能してねー事に気付け!」

男「丸出しだろ!」 

62 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:38:52 ID:eZZE1oUM
幼「このリボンはね、私自身がプレゼントだよーって意味で…」

男「バレンタインのプレゼントって事か?」

幼「そう!」

男「お前…意味解ってやってんのか?」

幼「解ってるよ」

幼「私、自分の気持ちをちゃんと男に伝えてない!」

幼「だから、行動で示そうと思って、勇気出してみたんだよ!」

男「幼…」 

63 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:39:18 ID:eZZE1oUM
幼「もうじき男は名古屋に行っちゃう!」

幼「会えなくなっちゃうし、男は私の事を忘れちゃうかもしれない」

幼「だから、大切な物を男にプレゼントしようと思ったの」

幼「私の事、忘れないように!」

男「幼…」

幼「受け取って、くれるよね?」

男「…幼、お願いがある」 

64 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:39:43 ID:eZZE1oUM
幼「え?何?」

男「そのプレゼント受け取るの、4年後まで待ってくれないか?」

幼「4年?」

男「俺、名古屋で高校卒業したら、必ずここに戻ってくるから」

男「それまで待ってて欲しい」

幼「え?それって…」

男「俺も幼の事、好きだから…」 

65 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:40:09 ID:eZZE1oUM
男「大学はこっちの大学にして、一人暮らしする」

男「そしたら…その…改めて、プレゼントを受け取りたい」

幼「嬉しいよ、男っ」
ぎゅっ

男「だ、抱きつくなよ!」

幼「今だけ、ちょっとだけ…ね?」

男「…」
ぎゅうっ 

66 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:40:35 ID:eZZE1oUM
幼「毎日電話するからね?」

男「おう」

幼「一人暮らしは二人暮らしになるかもよ?」

男「望む所だ」

幼「名古屋で浮気なんかしないでよ?」

男「それは絶対に無いから安心しろ」 

67 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:41:00 ID:eZZE1oUM
幼「キスはしても良い?」

男「…あぁ」

ちゅっ

幼「大好きだよ、男」

男「俺もだよ、幼」



幼の両親編おわり 

68 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:41:26 ID:eZZE1oUM
幼の兄編

男「チョコ、またこんなにもらっちゃったなぁ」

友「自分のモテ度を誇示してる訳か?爆発しろよ」

男「そんな事無いよ」

友「まぁ、お前好きな人とかいなさそうだもんな」

友「ひょっとして、俺の事が好きとか?」

男「そんな趣味は無いよ」 

69 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:41:48 ID:eZZE1oUM
友「それにしても…そんなに沢山、食べきれるのか?」

男「うーん…甘いもの好きなんだけど…さすがに多いかなぁ」

友「俺が食ってやろうか?」

男「それは…」

友「いいだろ?家族からしかチョコ貰えない俺に」

友「少しでも幸せを分けてくれよ!」 

70 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:42:09 ID:eZZE1oUM
男「うーん、じゃあ何個か貰ってくれる?」

友「イェイ!じゃあ半分位くれっ!」

友「俺は三度の飯よりチョコが好きなんだ!」

幼「ちょっと待ちなさいよっ!」

男「え?な、何?幼さん」

幼「あんた今、友君にチョコわけようとしたでしょ!」

男「あぁ、うん。さすがにこんなに沢山は食べられないし…」 

71 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:42:41 ID:eZZE1oUM
幼「バレンタインのチョコなんだよ?」

幼「たとえ義理チョコでも!」

幼「その一つ一つに、女の子の気持ちがこめられてるんだよ?」

幼「それをアンタは他人に譲るって言うの?」

男「ご、ごめんなさい」

友「あの…幼さん、俺がくれって言ったからで…」

友「こいつは悪くないんだ」 

72 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:43:01 ID:eZZE1oUM
男「ごめんなさい、幼さん」

男「俺、このチョコくれた人の気持ち考えて無かったよ」

男「教えてくれて、どうもありがとう」

幼「…別に、解れば良いのよ、解れば」

男「このチョコ全部、食べてから帰るよ」

幼「なんで?」

男「家に持って帰ったら、妹や弟が欲しがると思うから」 

73 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:43:33 ID:eZZE1oUM
友「大変だなぁ…」

男「ウチの家族、皆甘いもの好きだからね」

友「んじゃ、俺、お茶でも買って来るぜ」

男「ありがとう、友」

友「ダッシュで行ってくるぜ!」
タタタッ

男「…それじゃ、一個目」
ガサガサ

男「手作りだ…」
パキッモグモグ 

74 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:43:56 ID:eZZE1oUM
幼「ちゃんと全員にお返ししなさいよ?」

男「う、うん…」
モグモグ

幼「そ、それだけあると、食べるの大変そうね」

男「まぁ、でも俺チョコ好きだし」
モグモグ 

75 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:44:15 ID:eZZE1oUM
幼「そうだよね、昔から…」

男「ん?何?」
モグモグ

幼「それじゃ、一個くらい増えても問題無いよね?」

男「え?」

幼「ほらっ」
ポイッ

男「おっと」
パシッ 

76 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:44:37 ID:eZZE1oUM
男「チロルチョコ?」

幼「バレンタインだから、私からもね」

男「あ、ありがとう」

幼「義理ですけどね」

男「あ…そういえばさ」

幼「何?」

男「小4の頃、こんな事あったよね」 

77 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:45:05 ID:eZZE1oUM
幼「お、覚えてるの?」

男「今、思い出した」

男「俺だけ誰からもチョコ貰えないーって言ったら」

男「幼さんがチロルチョコを三個くれたんだよね」

幼「…あの頃からは想像も出来ないわよね」

幼「アンタは今や校内一のモテ男だもんね」

男・幼「…」 

78 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:45:35 ID:eZZE1oUM
ガラッ
友「ふぃーお待たせー」

友「温かいお茶と冷たいココア、どっちがいい?」

男「それ、選ばせる気無いよね?」

幼「ふふっ」

男「…幼さん、ありがとうね」

幼「…別に。それじゃ、私帰るね」

男「うん、それじゃあ、また明日ね」 

79 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:45:57 ID:eZZE1oUM
友「…ん?何をニヤニヤしてるんだ?」

男「別に。お茶ありがとう」

友「ん?チロルチョコじゃん。これは俺が食っても良いんじゃね?」

男「駄目です。むしろ一番食べられたくないチョコです」

友「へぇ?これ、誰に貰ったんだよ」

男「内緒だー」

男(これは家に持って帰って、一番最後に食べよう…)




幼の兄編おわり 

80 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:46:30 ID:eZZE1oUM
幼の弟編

幼「お、男君、これ…」

男「え?あ、うん?これ、チョコ…だよね?」

幼「う、うん。い、一応手作りなんだよ!」

男「あの、それはとっても嬉しいんだけど…」

男「バレンタインデーは明日だよ?」

幼「えっ!はわわっ!?」 

81 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:47:03 ID:eZZE1oUM
男「あ、慌てないで幼ちゃん」

幼「でも私…日付を間違えるなんて…恥ずかしい…」

男「大丈夫だから!ね?」

幼「ごめんね、男君…私こんなんばっかりで…」

男「俺は気にしないから!」

男「幼ちゃんからチョコ貰えた事がすっごく嬉しいから!」

幼「男君…」 

82 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:47:34 ID:eZZE1oUM
男「今年もここで食べるね」

幼「う、うん」

男「家に持って帰ったら、兄ちゃんと姉ちゃんにいじられちゃうから」

幼「た、大変そうだね」

男「ウチ家族全員甘いもの好きなんだ」

男「それじゃ、頂きます」

幼「ど、どうぞ」 

83 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:47:55 ID:eZZE1oUM
パカッ
男「大きいハート型だね」

幼「心をこめて作ったよ!」

男「それじゃ…」
パキッモグモグ

幼「ど、どう?」

男「う、うん!カカオの味が効いてて凄いね!」

幼「うん!カカオ99%のチョコを使ったから!」

男「だ、だろうね」 

84 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:48:23 ID:eZZE1oUM
男「ん?それ、もう一個は誰にあげるの?」

幼「あ、これ?これは自分の分なんだー」

幼「ちょっと分量間違えて、作りすぎちゃったんで…」

幼「だから男君と一緒に食べようと思って」

男「そっか…」

男「ちょっと聞くけど、幼ちゃん、味見はした?」

幼「ううん。味見はしてないんだー」 

85 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:48:55 ID:eZZE1oUM
幼「まぁ市販のチョコを溶かして、固めて」

幼「上にホワイトチョコで文字書いただけだから」

幼「万が一にも失敗は無いよ!」

男「そ、そうだね」

男「ねぇ、それも俺が貰っても良い?」

幼「え?」

男「すっごく美味しいから、もう一個食べたいなーって」 

86 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:49:27 ID:eZZE1oUM
幼「う、うん…良いけど」

男「ありがとう!すっごく嬉しいよ!」
パカッ
パキッモグモグ

男「うん、美味しい」

幼「渡す日は間違っちゃったけど、喜んでくれて嬉しいよ!」

男「ホワイトデーのお返しは期待しててよ」 

87 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:49:59 ID:eZZE1oUM
その日の夜
幼「あ、そう言えば、カカオ99%の板チョコ…」

幼「一枚余ってたんだった」

幼「食べちゃおう」
ガサガサ
パキッモグモグ

幼「苦っ!何これ!?」

幼「男君、これをあんなにパクパク食べて…」 

88 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:50:27 ID:eZZE1oUM
バレンタインデー当日

ピンポーン

男「はーい」
ガチャッ
幼「お、男君、あの…」

男「あれ?幼ちゃん、どうしたの?」

幼「こ、これ…」
スッ

男「え?これ、チョコ?」

幼「うん…」

男「昨日、2個も貰ったのに…」 

89 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:51:00 ID:eZZE1oUM
幼「…男君、優しいよね」

男「え?何が?」

幼「とにかく、これは大丈夫だから!」

幼「コンビニで買った安物だけど…」

幼「受け取って?ね?」

男「あ、ありがとう、幼ちゃん」

幼「ちゃんとミルクチョコレートだから、ね?」

男「うん」 

90 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:51:32 ID:eZZE1oUM
男「あれ?これってメッセージカード?」

幼「読んで見て欲しい」

ペラッ
男「『優しい男君、ずっとずっと好きです』」

男「『これからも、仲良くしてくれたら嬉しいです』」

幼「私の正直な気持ち…だよ」 

91 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:51:52 ID:eZZE1oUM
男「俺も…幼ちゃんの事、好きだよ」

男「ホワイトデーに言うつもりだったけど」

幼「ほ、ほんと?」

男「小学生の時、同じクラスになった時からずっと…」

幼「わ、私もだよ!」

男・幼「…」

男「そ、それじゃあ、これからも宜しくね」

幼「こ、こちらこそ…」 

92 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:52:21 ID:eZZE1oUM
幼「それから、昨日はごめんね」

男「あぁ、俺チョコ好きだからさ」

男「カカオ99%も普通に好きなんだ」

幼「あんなに苦いのに?」

男「本当だよ」

幼「なら良かった…」 

93 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:52:44 ID:eZZE1oUM
男「それを気にして、このチョコ買って来てくれたんだね」

幼「昨日の夜、余ったチョコ食べてみたらすっごく苦かったから…」

幼「またやっちゃったーと思って、ね」

男「幼ちゃんはちょっとドジだもんね」

幼「うぅ…気にしてはいるんだけど…」

男「そこも幼ちゃんの魅力の一つだと思うよ」

幼「そうかなぁ…」 


94 : ◆L0dG93FE2w:2013/02/14(木) 00:53:08 ID:eZZE1oUM
男「少なくとも俺はそんな幼ちゃんの事が好きなんだ」

幼「ありがとう、男君。私も男君の事が大好きだよ!」

男・幼「…」


兄「ヒューヒュー」

姉「玄関先で、何キュンキュンしてんのよ」

母「もうチューしちゃいなよ!」


男「さ、三人ともうっさい!こっち見んな!あっち行け!」

幼「あぅ…」


幼の弟編おわり