1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:40:23.17 ID:Vzif3CoH0
―教室―


唯「縁、いきなり何だよ。それ」

縁「んー、ひょっこり出てきた感じ?」

ゆずこ「物陰からひょっこり出てきてゾンビ狙ってる感じ?」

唯「武器は?」

ゆずこ「十字架とニンニク」

唯「それ吸血鬼だろ。ゾンビ倒せないって」

ゆずこ「じゃ戦車で」

唯「でかい!物陰に隠れられない!」

ゆずこ「大丈夫、模型だから。手のひらサイズね」

唯「やっぱりゾンビ倒せんわ!」

縁「あはははははっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451792422

引用元: 縁「ゾンビハンター唯ちゃん」唯「はい?」 

 

ゆゆ式 Blu-ray BOX
ゆゆ式 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 16.01.04
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-26)
売り上げランキング: 1,529
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:40:48.77 ID:Vzif3CoH0
唯「で、何で唐突にゾンビなんだよ」

縁「んー、何でだろ?」

ゆずこ「縁ちゃん、昨日のロードショー観たんじゃない?」

縁「あ、それだぁ。ゾンビ映画やってて、それで何となくー」

唯「そういうことか」

縁「こうね、ぱんぱかぱーんって感じで、ゾンビ殺してた」

唯「それはおめでたい殺し方だな……」

3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:41:14.89 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「唯ちゃんはもしかして観てない?」

唯「あー、昨日はずっと文庫本読んでたから、観てないな」

縁「そっかあ」

ゆずこ「そっかあ」

唯(あ、流れ切っちゃったか)

縁「ゾンビって、何で人間噛むんだろー?」

ゆずこ「何でだろうね」

唯(お、敢えて映画の中身に触れない)

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:41:42.39 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「やっぱアレ?噛み付きフェチ?」

縁「ドS?」

唯「噛まれたら痛そうだな」

ゆずこ「大丈夫、甘噛みだから」

縁「わぁー、ソフトなほうだね」

唯「歯型残んないな」

ゆずこ「でも感染する」

唯「感染源どこ?」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:42:09.31 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「唯ちゃんはどっち派?甘噛み派?本格派?」

唯「いやそもそも噛まれたくないし」

縁「じゃ、やっぱり唯ちゃんハンター役だね」

唯「あー、うん、まあ」

ゆずこ「じゃ、私ゾンビ役ね。クワッ……!」

唯「こら!噛もうとするな」

ゆずこ「えー、唯ちゃんドMなんだからほんとは噛まれたいんでしょ?」

唯「なっ……違う!」

縁「じゃあ、私甘噛み役ね。あ~~~ん」

唯「ゾンビなのか?人間なのか?撃っていいのか?撃つぞ?」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:42:41.47 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「でも何で噛んだら感染するんだろうね」

唯「歯から何か出てるんじゃないか?」

縁「ゾンビウイルス?」

ゆずこ「虫歯持ちのゾンビに噛まれたら虫歯菌も移っちゃうね」

縁「えーそれやだなあ……歯が痛くなるよ」

唯「その前に歯で噛まれて痛いけどな」

ゆずこ「……」

縁「……」

唯「ん?」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:43:07.50 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「唯ちゃん、今上手いこと言ったって思ったでしょ」

唯「別に思ってないって」

ゆずこ「じゃ、おいしいとこ持っていったぜって感じ?」

唯「別に感じてないって」

縁「でも歯が痛いとおいしく感じないよね」

唯「そうだな」

ゆずこ「そうだね」

縁「……」

唯「……」

ゆずこ「……」

縁「あれー、何の話だっけ?」

ゆずこ「歯は大切にしましょうって話」

唯「健康講座かっ」


きーんこーんかーんこーん

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:43:36.66 ID:Vzif3CoH0
―情報処理部・部室―


【今日の部活 テーマ・ゾンビ】


唯「なになに、ゾンビとは、何らかの力で死体のまま蘇った人間のことである」

ゆずこ「何らかの力って何だろうね」

縁「こう、操作する系?」

ゆずこ「ああ、ありそう。電気的なやつ。ウィーン、ガシャ!ウィーン、ガシャ!」

唯「それゾンビというよりロボットだろ」

ゆずこ「ゾンビって死んでるし関節曲がらないんじゃない?動こうとしたら普通にカクカクになりそうだけど」

唯「んー、まあ確かに」

9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:44:09.03 ID:Vzif3CoH0
縁「転んじゃったら起き上がれないね……」

唯「起き上がれないな」

ゆずこ「でも大丈夫、足の裏から何か噴射して空飛べるし」

縁「おおー、ゾンビさん空飛べるんだ」

ゆずこ「ロケットパンチも撃てるよ。関節外れて発射するよ」

縁「曲がらなくても安心だね」

唯「もはやゾンビの原型留めてないんですが」

10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:44:42.67 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「映画史における最初のゾンビの登場は1932年の『恐怖城』だって」

唯「結構古いんだな」

ゆずこ「最初の頃は脇役ポジだったけど、時代とともにゾンビが主役の映画が増えていったみたい」

唯「へえ」

縁「ねえねえ、ゾンビってどんどん増えるでしょ」

唯「ああ、うん」

ゆずこ「人類は減るけどね」

縁「地球が全部ゾンビだらけになっちゃったら、どうなるんだろ?」

11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:45:19.27 ID:Vzif3CoH0
唯「そりゃ、人がいなくなるんだからもう襲わなくなるだろうな」

ゆずこ「仕方ないから仲間を噛むのかな」

縁「ふぇぇ、共食い?」

ゆずこ「でもみんな死んでるから永久に噛み続ける」

唯「うわ、救いようないな」

ゆずこ「でも甘噛みだよ。微笑ましいよ」

縁「ううー、でも何か」

唯「絵面が怖いわっ」

12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:45:50.79 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「あのさ」

ゆずこ「例えば世界がゾンビに侵略されて、私達3人が最後の生き残りになったとするじゃん?」

唯「そりゃまた極端な状況だな」

縁「うえーん、皆ゾンビになっちゃったのー」

ゆずこ「そうだよー、……おかーさんもゾンビになっちゃったよ」

縁「おかーさーん……」

唯(ゾンビになった先生……いまいち想像できない)


がらっ


頼子「みんな、元気ー?」

13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:46:23.97 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「おかーさん……」

縁「おかーさん先生……」

唯「……」

縁「おかーさん。お願い、生き返って」

頼子「え?」

ゆずこ「私、おかーさんになら……噛まれてもいいよ」

頼子「はいー?」

唯「おーい、調子乗るな」

・・・・・・

14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:46:50.42 ID:Vzif3CoH0
頼子「ふーん、ゾンビの話をしてたの」

ゆずこ「おかーさんはゾンビから逃げきれそう?」

唯「……」

頼子「んー、そうねえ。先生、怖いのはちょっと。逃げ遅れちゃうかも」

縁「噛まれちゃったんだね」

ゆずこ「どこ噛まれたのかな」

縁「どこだろう」

じー

頼子「えっと、二人ともどこ見てるの?」

ゆずこ「おかーさん、甘噛みだから大丈夫だよ。痛くないよ」

縁「噛んだらちょっとこりこりしてそう」

頼子「ええー……」

唯「ゆずこ、縁。そのへんにしとけって」

15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:47:17.14 ID:Vzif3CoH0
頼子「それじゃ先生、職員室に戻るから。あんまり帰り遅くならないようにね」

唯「はい、分かりました」

ゆずこ縁「「はーい」」

ばたんっ


カタカタカタカタ……

ゆずこ「ゾンビが発生する原因っていろいろあるみたいだね」

唯「ウイルスとか呪いとか魔法の力とか幽霊の憑依とか……いろいろ出てくるな」

縁「ねえ、唯ちゃん」

唯「何だ、縁」

16: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:47:52.61 ID:Vzif3CoH0
縁「もし私がゾンビになったら、唯ちゃん私のこと助けてくれる?」

唯「ん。そりゃ、助けたいけど。ウイルスの特効薬とかあったら助ける」

ゆずこ「じゃあさ、私と縁ちゃんが同時にゾンビ化したとして」

ゆずこ「特効薬が一人分しかなかったとしたら……どっち助ける?」

唯「えっ」

唯「……そんな、どっちって。選べるわけないだろ」

17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:48:19.02 ID:Vzif3CoH0
縁「え、じゃあ……唯ちゃん二人とも見捨てちゃうの?」

ゆずこ「唯ちゃん……ひどいっ」

唯「見捨てないって!絶対助けるよ」

ゆずこ「でも二人のうち一人しか助けられないよ?」

縁「どっち助けるの?」

唯「うう……それは……、決められない」

ゆずこ「いつ決めるの。今でしょ!」

唯「ネタが古い!」

18: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:48:52.68 ID:Vzif3CoH0
縁「先送りしちゃうのー?」

ゆずこ「それじゃいつまでたっても法案成立しないよ!」

唯「決められない政治家か!」

ゆずこ「ねぇー、どっち助けるの~唯ちゃん」

縁「答えてー、唯ちゃん」

ゆずこ「助けて唯ちゃーん」

縁「唯ちゃん助けてー」

唯「う、……あたしは」

19: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:49:21.03 ID:Vzif3CoH0



―――を助けると思う。



きーんこーんかーんこーん

20: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:49:57.78 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「お」

縁「おー」

唯「……もう日も陰ってきたな」

ゆずこ「……そうだね、じゃ、今日はこのへんで切り上げますか」

縁「……さんせー」

唯「ゆずこさん、まとめお願いします」

ゆずこ「よしきた!」

21: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:50:30.67 ID:Vzif3CoH0
〈ゾンビまとめ〉

あまがみ
痛いけど痛くない


唯「今日は甘噛みのごり押しだったな」

縁「ゆずちゃん、痛いけど痛くないってどういう意味?」

ゆずこ「甘噛みだから噛まれても痛くはないけど、感染して致命的だから社会的に痛いってこと」

縁「おお、なるほどー。ゆずちゃん、上手いね~」

ゆずこ「いやー、それほどでも~」

唯(社会的?)

22: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:51:08.29 ID:Vzif3CoH0
―――――― 
―――― 


佳「お、情報処理部。今帰り?」

唯「うん、そっちも?」

千穂「うん。今日は委員会早めに終わったから」

ゆずこ「そうなんだ」

縁「ふみちゃんも部活終わったの?」

ふみ「佳が一人で教室に残ってさみしそうに校庭眺めてたから、早めに切り上げたんだ」

佳「なっ!なわけあるか。こっちはこっちで用事あったんだよ」

23: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:51:55.13 ID:Vzif3CoH0
ふみ「えっ。帰宅部に放課後の用事なんてあるの」

佳「おう、やるか?」

千穂「岡ちー、まあまあ」

縁「まあ、まあ、まあー」

ゆずこ「今日は夕焼け綺麗だね」

千穂「そうだね。明日も天気良さそう」

24: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:52:21.87 ID:Vzif3CoH0
佳「どっか寄ってく?放課後、買い食いとかしたりする?」

縁「私?するよー、唯ちゃんとゆずちゃんと一緒に」

ふみ「私ら今から屋台のクレープ買いに行くんだ。一緒に行く?」

縁「おお、クレープいいねー。行く行く」

ゆずこ「クレープ屋って商店街の手前の?」

佳「そ」

唯(平和だな)

25: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:53:01.17 ID:Vzif3CoH0
千穂「櫟井さん?どうしたの」

唯「相川さん?」

千穂「あ、ううん。その、何か考え事でもしてるように見えたから……」

唯「考え事……。まあ、考えるほどのことでもないけどさ」

唯「究極の選択なんて、生涯することないだろうし」

千穂「究極の選択?」

26: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:53:28.46 ID:Vzif3CoH0
ゆずこ「おーい、唯ちゃん、あいちゃーん」

佳「こっちこっち」


唯「あ、うん。今行く――さ、行こっか。相川さん」

千穂「あ、うんっ」

27: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 12:53:55.86 ID:Vzif3CoH0



大切な友達と一緒に送る

こんなありふれた毎日が

これからもずっと続きますように



                                   (おしまい)