1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:00:37.25 ID:QZ9libGo0
京子「おっはよー!結衣!」

結衣「……」

京子「あれ、返事がないよ、結衣」

結衣「……」

京子「……何か機嫌悪い?」

結衣「……」

京子「おーい、結衣?」

結衣「……」

京子「ちぇっ、何だよ…」

引用元: 結衣「あの二人を無視したらどうなるか」 


 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第1巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 252
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:01:10.92 ID:QZ9libGo0
京子「あ、あかりだ、おっはよー!」

結衣「おはよう、あかり」

あかり「結衣ちゃん、おはよぉ!」

京子「……!」

京子「……あかり、おはよー!」

あかり「……」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:01:56.80 ID:QZ9libGo0
京子「……」

京子「え、何?何かのゲーム?」

京子「もう、止めてよ!京子ちゃんのガラスのハートが砕けちゃうじゃない!」

結衣「あかりさ、昨日のアレ、見た?」

あかり「うん、見た見たぁ、可愛かったよねぇ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:02:43.68 ID:QZ9libGo0
京子「……ちょっと、二人とも?」

京子「あの、私、何か、怒らせたかな?」

京子「もしそうなら、ごめん、謝るからさ…」

京子「お、怒ってもいいから、無視するのは、止めてほしいな…」

結衣「あ、ちなつちゃんだ、おはよ」

ちなつ「結衣先輩、あかりちゃん、おはよう!」

あかり「おはよう、ちなつちゃん!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:03:07.40 ID:QZ9libGo0
京子「ちなつちゃん、おはよう…」

ちなつ「……」

京子「……」

京子「…もう、みんな、知らない!」タッタッタッ

結衣「……」

あかり「……」

ちなつ「……」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:04:29.20 ID:QZ9libGo0
~放課後~

京子「ふう…娯楽部、行きたくないな…」

京子「みんな、どうしちゃったんだろ…」

京子「悪戯とかじゃなさそうだけど…そんなに、私嫌われちゃったのかな…」

京子「ふぅ……」

京子「…そうだ、今日は生徒会室に行こうっと」

京子「娯楽部の皆が私を無視するなら、綾乃達と一緒に遊ぶもん」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:05:30.25 ID:QZ9libGo0
~生徒会室~

京子「よし、着いたぞ」

京子(ん、何か、中が騒がしいな…)


バーン


京子「うわっ、だ、誰か飛び出てきた!?」

櫻子「みんなのバーカ!もう知らないんだから!」

京子「櫻子ちゃん?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:06:35.94 ID:QZ9libGo0
櫻子「あ、と、歳納先輩…」ウルッ

京子「え、櫻子ちゃん、泣いてるの?どうしたの?」

櫻子「え……」

櫻子「と、歳納先輩、わ、私を、無視しないんですか…?」ゴシゴシ

京子「しないよ、する理由、ないし」

櫻子「と、歳納、先輩…としのうせんぱぁぁぁぁぁい!」ダキッ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:07:42.25 ID:QZ9libGo0
京子「え、ど、どうしたの?櫻子ちゃん?」ナデナデ

櫻子「みんな、酷いんです!皆、私を無視するんです!」ウルッ

櫻子「ちなつちゃんやあかりちゃんも、生徒会の皆も、ひ、ひまわりまで…」グスン

京子「え、向日葵ちゃんも?」

京子「ちょ、ちょっと待ってて、櫻子ちゃん」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:09:04.45 ID:QZ9libGo0
京子「あ、綾乃?居る?」

綾乃「……」

京子「あ、みんないるんだ、あの、今、櫻子ちゃんから話聞いたんだけど」

京子「生徒会の皆から無視されてるって…本当?」

綾乃「古谷さん、こないだ任せた書類、出来たかしら?」

向日葵「はい、出来てますよ、杉浦先輩」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:10:13.09 ID:QZ9libGo0
京子「綾乃…?」

千歳「ほな、一息いれる?うち、お茶入れるね」

京子「千歳?」

綾乃「ふー、ふりがとうね、千歳」

京子「ひまっちゃん?」

向日葵「ありがとうございますわ、池田先輩」

京子「りせちゃん?」

りせ「……」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:11:09.38 ID:QZ9libGo0
京子「まともなのはりせちゃんだけか…」

綾乃「……」ピク

京子「……私、みんなを、見損なった」

京子「私だけならともかく、櫻子ちゃんまで無視するなんて」

京子「……もう遊んであげない!ベーだ!」タッ


バーン


綾乃「……」

千歳「……」

向日葵「……」

りせ「……」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:12:49.15 ID:QZ9libGo0
櫻子「あ、歳納先輩…」

京子「櫻子ちゃん、ごめんね」

京子「私も、無視されてるみたいで…櫻子ちゃんを、助ける事、できないみたい…」

京子「ごめん…」

櫻子「え、そんな、歳納先輩まで…」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:13:49.10 ID:QZ9libGo0
京子「みんな、どうしちゃったんだろうね…」

櫻子「心当たり…無いんだけどなあ…」

京子「うーん…ひょっとして、あれじゃないかな…」

櫻子「え?」

京子「ほら、こないだやった、あれ…」

櫻子「ああ、蟻さん事件ですか?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:14:52.94 ID:QZ9libGo0
~数週間前~

あかり「蟻さん蟻さん、今日もご飯の時間だよぉ♪」パカッ

あかり「あ、あれ…?あり、さん…?」

大蟻「ウイーン、ウイーン」

あかり「あ、あかりの蟻さんが大きくなってる!?」

大蟻「ウイーン、ウイーン、ピョンッ」

あかり「ひ、ひい、飛びかかってきたよぉ!」ササッ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:15:45.03 ID:QZ9libGo0
京子「あかり!危ない!」サッ

あかり「京子ちゃん!?」

大蟻「ウイーン、ウイーン、ピョンッ」

京子「うっ、や、やられた…!」ドクドク

あかり「え、きょ、京子ちゃん、血が、不自然なほど凄い血が…」

京子「あかり、逃げるんだ…早く、みんなに、この危機を…!」

あかり「京子ちゃん…!そ、そんな、私、京子ちゃんを見捨ててなんて…」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:16:38.79 ID:QZ9libGo0
京子「馬鹿!お馬鹿あかり!」

あかり「……!」ビクッ

京子「ここで、みんなに知らせないと、私以外の皆も死ぬんだぞ…!」

京子「それでいいのか!あかり!」

あかり「うう、け、けど…」

大蟻「ウイーン、ウイーン」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:17:23.96 ID:QZ9libGo0
京子「あかり、早く、逃げろ、早く、皆に…」ガクッ

あかり「京子ちゃん…!」ウルッ

大蟻「ウイーン、ウイーン」

あかり「わ、判ったよ…あかり、京子ちゃんの死を、無駄にしない!」グスン

あかり「みんなに、みんなに知らせてくるよ!」タッタッタッ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:18:36.49 ID:QZ9libGo0
~数分後~

結衣「きょ、京子が血を流して倒れたって!?」タッタッタッ

あかり「う、うん、ネズミさんくらいの大きさの蟻さんに襲われて…!」タッタッタッ

ちなつ「う、嘘ですよね、そんな、京子先輩が…!」タッタッタッ

あかり「ゆ、結衣ちゃん、気をつけて!その教室の中に…!」

結衣「わ、判った…」ソーッ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:19:27.91 ID:QZ9libGo0
結衣「ん、何もないけど…」

あかり「え、に、逃げちゃったのかな、大蟻さん…」

ちなつ「京子先輩も、居ないし、血の跡も…」

あかり「え、そ、そんな…じゃあ、あれは、いったい…」

ロッカー「……」ガタガタ

一同「……!」ビクッ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:20:14.69 ID:QZ9libGo0
櫻子「大成功ですね、歳納先輩…!流石の演技力です…!」ボソボソ

京子「櫻子ちゃんこそ、良くロッカーの中からラジコン蟻を操作できるね、流石!」ボソボソ

櫻子「えへへ、褒めらた///」ボソボソ

京子「そ、それにしても狭いね、ここ」ボソボソ

櫻子「あ、歳納先輩、動かないで///スカートの中に足入ってますって///」ボソボソ

京子「ごめん、ちょっと足がしびれてて…」ボソボソ



ロッカー「ボソボソ…ボソボソ…」ガタガタ

一同「……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:21:35.48 ID:QZ9libGo0
~現在~

京子「あの時は怒られたねぇ」

櫻子「ですねえ、ちょっとやり過ぎでした」

京子「あれが原因なのかな…けど、あかりの蟻さんとかもちゃんと保護してたんだし」

京子「最終的には許してくれたから、アレが原因じゃない気も…」

櫻子「じゃあ、あれですかね、例の屋上の…」

京子「ああ、ひまっちゃん絶叫計画?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:23:06.26 ID:QZ9libGo0
~数日前~

~屋上~

向日葵「さ、櫻子!いますの!?」バーン

櫻子「あ、向日葵…来てくれたんだ…」

向日葵「櫻子、そ、そんな端に居ては、危ないですのよ!」

櫻子「大丈夫、危なくないよ…」

向日葵「……この遺書は、どういうつもりですの?」

櫻子「描いてある通り…私、もう、疲れちゃったんだ…」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:24:15.11 ID:QZ9libGo0
櫻子「私、結局、向日葵には勝てないし…だったら、もう、生きてる意味ないかなって…」

向日葵「な、何を言ってますの!櫻子らしくもない…!」

櫻子「私らしくない…か…あのさ、向日葵…」

櫻子「向日葵は、私の何を知ってるの…?」

向日葵「そ、それは…」

櫻子「馬鹿で脳天気で子供っぽくて、向日葵の引き立て役…それが私でしょ」

向日葵「な、ち、違いますわ!そんな事、想ってませんわ!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:25:13.24 ID:QZ9libGo0
櫻子「もういいよ、私、もう、楽になるから…」

櫻子「向日葵、今まで、ありがとうね…」フワッ

向日葵「櫻子!だめ!さくらこ!!」タッ


ヒュー


ドスン

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:26:08.93 ID:QZ9libGo0
向日葵「さ、櫻子…」

向日葵「う、うそですわよ、ね…」

向日葵「そ、そうですわ、運動神経に優れた櫻子だもの、ちゃんと、地面に着地して…」チラッ

向日葵「……あ、さ、櫻子が、地面で、手足があんな方向に向いて…」

向日葵「そ、そんな…そんな…いやあああああああああああ!!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:27:08.26 ID:QZ9libGo0
~下の教室~

櫻子「いたた、歳納先輩、何とか成功したみたいですね」

京子「いやあ、櫻子ちゃん、命綱があったとはいえ良くあんな足場に着地出来たね、凄い凄い!」

櫻子「歳納先輩こそ!ダミー人形を放るタイミングとかバッチリだったじゃないですか!」

櫻子「それに、歳納先輩が作ってくれたあのシナリオ…」

櫻子「私には何のことやらさっぱりでしたが、上手く向日葵の絶叫を誘発できたみたいですよ!」

京子「えへへ、褒められちゃった///」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:28:26.33 ID:QZ9libGo0
~現在~

櫻子「いやあ、あのあと、向日葵にボコボコにされましたからね」

京子「ひまっちゃん、こええ…」

櫻子「けど、最終的には、これも泣いて許してくれましたし…」

京子「うーん、じゃあ違うかなあ…」

櫻子「あとは、杉浦先輩殺人犯事件とか、ちなつちゃん一人ぼっちの廃旅館事件とかありましたけど」

京子「うん、全部、終わってる事件だからね…」

京子「原因がまったく判らないや」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:31:05.88 ID:QZ9libGo0
京子「ま、いいか、何時もみたいに、二人で遊ぼうか?」

櫻子「ですね、何処行きます?ゲーセン?」

京子「うん!今日は負けないよ!櫻子ちゃん!」

櫻子「ふっふっふー、残念ながら今日も勝たせてもらいますよ!歳納先輩!」

京子「なにい、小生意気なあ!」ツン

櫻子「みゃ><」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:32:13.85 ID:QZ9libGo0
京子「第1回、二人っきりのエアホッケー大会ー!」

櫻子「いえーーーーーーーーーーい!」

京子「喝采御苦労!櫻子隊員!」

櫻子「どーいたしまして!歳納隊長!」

京子「あ、櫻子ちゃん?あの、そろそろ苗字じゃなくて名前で呼んでほしいなって///」

京子「も、もう他人じゃないんだし///」

櫻子「あ、は、はい///すみません///」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:33:04.45 ID:QZ9libGo0
京子「第2回、二人っきりのエアホッケー大会ー!」

櫻子「いえーーーーーーーーーーい!」パチパチパチ

京子「拍手御苦労!櫻子隊員!」

櫻子「どーいたしまして!京子隊長!」

京子「いえい!」パンッ

櫻子「いえい!」パンッ

京子(やっぱり、櫻子ちゃんノリ良いなあ…)

櫻子(やっぱ、京子先輩とだと全力でいけるなあ)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:33:56.60 ID:QZ9libGo0
京子「ルールは簡単!マレット2刀流でパックも2個使用!」

櫻子「つまり、やりたい放題って事ですね!」

京子「その通り!」

櫻子「それじゃあそろそろ始めま…と言いながら、とう!」カンッ

京子「甘いっ!」カンッ


キャーキャーキャー

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:34:57.43 ID:QZ9libGo0
京子「はぁ…はぁ…流石に、疲れた…」グッタリ

櫻子「で、ですね、京子先輩、だいぶん、タフになってきてますし」ハァハァ

京子「もう、それは櫻子ちゃんが原因なんだよ、何時も、私を乱暴に扱って///」

櫻子「え、そ、そんなつもりはないんですけど、その///」

京子(櫻子ちゃん、私の冗談真に受けて…純粋で可愛いなあ)

櫻子(京子先輩、時々、ドキッとする事、言って来るから困るよ///)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:36:04.94 ID:QZ9libGo0
京子「あ、そういえば明日から試験だった」

櫻子「うわ、思い出させないでくださいよ…」ガク

京子「私なんて完全に忘れてたからなあ…けど、どうしよう」

京子「何時もは結衣の家でやってたけど、流石に今回は無理だろうし…」

京子「ひとりでやるのもなあ」

櫻子「私も、何時もは向日葵と一緒にやってたんですけどねえ…」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:37:01.69 ID:QZ9libGo0
京子「よし、櫻子ちゃん」

櫻子「ですね、京子先輩」

京子「どっちの家でする~?」

櫻子「うちは花子とかが煩いですし、京子先輩の家の方がいいかもです」

京子「お、噂の妹ちゃんだね、会ってみたい気もする~」

櫻子「えー、煩いだけですよ、あれ」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:38:13.58 ID:QZ9libGo0
京子「じゃ、取りあえず今日は私の家でやろっか?」

櫻子「はーい、じゃあ、勉強道具とか持って行きますね」

京子「ゲームとか漫画も忘れずにね!」

櫻子「勿論!」

京子「じゃ、一旦ばいばい~♪」

櫻子「京子先輩またあとで!」シュタッ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:39:09.71 ID:QZ9libGo0
京子「~♪」

京子「あ、結衣だ…」

結衣「……」

京子(うーん、まだ無視されてるのかなあ…)

京子(……ちょっと挨拶してみよっかな?)

京子「結衣さん、こんばんわ」

結衣「……!」ビクッ

結衣「……」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:40:01.94 ID:QZ9libGo0
京子(はぁ…まだ駄目なのかなあ…)

京子(けど、まあ、一応…)

京子「結衣、私、櫻子ちゃんと勉強するから」

京子「だから今日は結衣の家に試験勉強に行かないけど…いいよね?」

結衣「……」

京子「……じゃ、ばいばい」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:45:04.50 ID:QZ9libGo0
~京子宅~

櫻子「うおお、全然判らん…」

京子「え、何処何処~?」

櫻子「ココと、ココと、ココ…」

京子「全部じゃないですか、櫻子さん」

櫻子「そうなんざますよ、京子さん」

京子「えーと、ここは…こうして…こうすれば、ほい、と」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:45:32.91 ID:QZ9libGo0
櫻子「うわ、判りやすい…流石、京子先輩!」

京子「うん、私、馬鹿だから、馬鹿に教える方法を熟知してるんだよ」

櫻子「そですか、ありがとうございます!」

櫻子「て、誰が馬鹿ですか!?」

京子「私がだ!」

櫻子「あ、そ、そうでしたか…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:46:03.95 ID:QZ9libGo0
櫻子「あー、京子先輩、そろそろ0時ですよ、もういいんじゃないですか?」

京子「そだね、もう時間も無いし…そろそろ行こっか」

京子「櫻子ちゃん、ライター持った~?」

櫻子「オッケーでーす」

京子「私も、ポリタンク持ったし…さ、行こ?」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:49:42.39 ID:QZ9libGo0
~学校~

京子「はぁ、はぁ、ちょ、このポリタンク、流石に重いよ…」

櫻子「良く考えたら、私が持てば良かったですね」

京子「あ、そ、それ、先に言って…」

櫻子「よし、校門に到着、と」

櫻子「じゃ、ちょっと柵乗り越えて中から開けてきますね」

京子「その間、私は休憩してる~…」グッタリ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:50:22.40 ID:QZ9libGo0
櫻子「かいほー!」バーン

京子「御苦労さま、櫻子ちゃん」

櫻子「あ、京子先輩、今度はポリタンク私が持ちますよ」

京子「うう、何時も済まないねえ…」

櫻子「いいんだよ、おっかあ…」

京子「b 」

櫻子「 d」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:55:11.09 ID:QZ9libGo0
京子「さて、職員室の窓の外あたりでいいよね」

櫻子「はい、出来れば目立つ所が理想です」

京子「ふふふ、みんな、明日、来た時に驚くぞお…」

櫻子「もう試験どころじゃないでしょうね」クスクス

京子「櫻子ちゃん、今まで本当にありがとうね…」

櫻子「いえいえ、京子先輩の方こそ、よくぞ私の無茶に付き合ってくれました」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:55:36.84 ID:QZ9libGo0
京子「じゃあ、そろそろ…ね?」バシャバシャ

櫻子「うー、やっぱり嫌だなあ、早く、終わらせましょ」バシャバシャ

京子「あ、これ、言い忘れてたよ、櫻子ちゃん」

櫻子「な、なんです?流石に寒いんですけど…」ガタガタ

京子「櫻子ちゃんの事、好きだったよ、私」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 03:56:27.80 ID:QZ9libGo0
京子「初めて共謀して悪戯した時から、ずっと、好きだった」

櫻子「え、あ、あの、こんな時に///」

櫻子「何もこんな時に言わなくてもいいじゃないですか///」

京子「こんな時、だからこそ、だよ、もう、最後だし」スッ

櫻子(あ、京子先輩…顔が…)


チュ



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:00:40.20 ID:QZ9libGo0
京子「じゃ、櫻子ちゃん、そろそろいい?」

櫻子「は、はい、いいです…もう、潮時でしょうし///」

京子「だね、そろそろはじめよっか」

京子「私達の最後の悪戯」


カチッ



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:02:13.21 ID:QZ9libGo0
結衣「て、おいおいおいおい待てって!」ズサー

あかり「ご、ごめん!京子ちゃん!ちょっと最近悪戯が過ぎるから懲らしめようって話が出ただけなの!」ズサ

綾乃「と、歳納京子、待って!落ち着いて!」ズサー

向日葵「櫻子!ご、ごめんなさい、謝るから、無視した事謝るから!」ズサー


京子「はい、釣れた―」

櫻子「四人って少なくないです?ちなつちゃんは?」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:07:34.85 ID:QZ9libGo0
結衣「…え、京子、あの、灯油かぶって自殺しようとしてたんじゃ…」

京子「いや、これ、水、寒い」

櫻子「はい、真剣に寒いです」

綾乃「え、ええええ……」

京子「だって、あんな所に結衣がいるのおかしいでしょ?」

京子「だから、私の家を監視してるんじゃないかなーって」

京子「その辺から、まあ、無視してた理由もだいたい予想ついたんだよね」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:08:13.63 ID:QZ9libGo0
櫻子「ただ、まあ、私達も今後そんな反撃されると嫌だし」

櫻子「今回の悪戯を最後に、もう皆に迷惑かけるの止めようかなーって」

京子「で、ちなつちゃんどこー?」



ピピピピピピ


京子「あ、ちなつちゃんからメールだ」

京子「えーと、『冗談もほどほどに』って、見破られてたか…」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:15:31.00 ID:QZ9libGo0
結衣「試験の前日なのに、こんな事に時間とられるなんて…」ガク

綾乃「もう、早く帰って寝ましょう…というか、歳納京子を無視してると胃が…」

向日葵「あれ、櫻子達は…?」

あかり「あ、何か忘れ物があるとか言って校舎の中に入って行ったよ?」

千歳「綾乃ちゃん~、歳納さん、どうやった~?」

綾乃「千歳、たいして焦ってないみたいだけど、気付いてたの?」

千歳「慌ててる綾乃ちゃん、可愛かったし、ついつい言いそびれてもうたん」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:35:59.76 ID:QZ9libGo0
櫻子「あの、京子先輩、さっきの事なんですけど…」ガサガサ

京子「ん?なに?」ガサガサ

櫻子「あ、あの、さっきの、キスって、あれも演技のうち、なんですか」ガサガサ

櫻子「打ち合わせに、無かったですけど…」

京子「え、そんなの、当たり前じゃん」

櫻子「そ、そうですよね、演技ですよね…」ガク

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:36:25.49 ID:QZ9libGo0
京子「いや、櫻子ちゃんの事を好きなのが、当たり前なの」

櫻子「え///」

京子「あの告白に嘘はないし」

京子「こうやって、本当の意味で私と想いを分け合ってくれるの、櫻子ちゃんだけだしね」

櫻子「きょ、京子先輩…そ、それもまた、悪戯なんですよね?騙されないんですから…」

京子「本気だよ、櫻子ちゃん」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:37:25.76 ID:QZ9libGo0
京子「私は、櫻子ちゃんの事が好き」

京子「悪戯も無茶も過ちも苦労も喜びも報酬も、全て、櫻子ちゃんと分かち合いたいと思ってるから」

櫻子「京子先輩…」

京子「だからね、はいこれ」

櫻子「あ、見つかったんですか…一年のテスト用紙…」

京子「もう少し時間があったら、私が最後まで教えてあげるんだけど」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 04:39:30.84 ID:QZ9libGo0
櫻子「けど、これ、いいんですかね…今までの悪戯を超えてるような…」

京子「良くはないよ、櫻子ちゃん、これを使えば、向日葵ちゃんと正々堂々と競う事は出来なくなる」

京子「例え隠し通しても、素直な櫻子ちゃんは向日葵ちゃんと普通に向き合えなくなる」

京子「ただ一つ得られるとしたら、「私」という共犯者だけ」

京子「勿論、櫻子ちゃんには、今まで通り正々堂々向日葵ちゃんと競う選択肢もあるから…」

京子「だから、選んで?」

京子「向日葵ちゃんを取るか、私を取るか」

櫻子「わ、私は…私は……」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:43:17.95 ID:QZ9libGo0
櫻子「私は、それを使いません」

京子「そう、じゃあ向日葵ちゃんの事を選ぶ…」

櫻子「私は、京子先輩が好きです」

京子「そ、そう、じゃあ、答案用紙使って」

櫻子「いえ、それは使いません」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:43:38.33 ID:QZ9libGo0
京子「…」ブチッ

京子「いや、だからどっちか選んでくれないと困るよ!」

櫻子「だから選んでますって!」

京子「私を選んだなら共犯者になってって!」

櫻子「いや、そこが判らないんですよ!なんでですか!」

京子「な、なんでって、それは…その、共犯者になれば、櫻子ちゃん、私から、離れていかないでしょ」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:44:35.68 ID:QZ9libGo0
京子「今回、みんなに、無視されて、気付いたもん」

京子「櫻子ちゃんの大切さに…」

京子「もし櫻子ちゃんまで、私を無視してたら、多分、私…」

京子「私、本当に…」グスン

櫻子「私は、京子先輩から、離れたりしませんよ」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:45:15.86 ID:QZ9libGo0
京子「うそ…みんな、嘘つくもん…」グス

京子「私も、櫻子ちゃんも、結衣も、あかりも、綾乃も…」

京子「みんな嘘つくから、私、信じられる何かが欲しいって…」ヒック

櫻子「あーもー、どうしてそこで不安になるのかな…」

櫻子「京子先輩って、色々考え過ぎなんですよ」

櫻子「ちょっとこっち、向いてください」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:46:51.00 ID:QZ9libGo0
京子「うう、なに…」ヒック

櫻子「……」チュッ

京子「///」

櫻子「これで、ちょっとは信じてくれた?」

京子「う、うう…」

櫻子「京子先輩、ごめん、不安にさせて…」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 05:48:03.69 ID:QZ9libGo0
櫻子「私、京子先輩から離れないから」

櫻子「向日葵に負けても」

櫻子「悪戯をしなくなっても」

櫻子「共犯者じゃなくても」

櫻子「私が京子先輩を守り続けてあげるから…」

京子「櫻子ちゃん…」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 06:12:15.73 ID:QZ9libGo0
~翌日~

京子「で、なんで試験をエスケープして遊園地に…」

櫻子「試験より向日葵より京子先輩を大切にしてるって証拠ですよ」

京子「えー、ほんと?単に試験さぼって遊びたかったからじゃ…」

櫻子「京子先輩も一緒に来てるんですから、それこそ共犯ですって」クスッ

京子「……それもそうだね」クスッ

櫻子「まあ、怒られる時も、私は隣に居ますから」

櫻子「寂しくはないですよね?京子先輩?」

京子「……うん!」