1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:35:15.28 ID:TqX4E4/70

――事務所

コンコン

P「おはようございます」

まゆ「おはようございます……あらぁ?迷子ですかぁ?それとも新しいアイドルの子?」

P「俺ですよ。プロデューサーです」

まゆ「プロデューサーさんったらまた小さい子に変な芸を仕込んで……」

P「そうじゃなくて!朝!起きたら!体が幼女になってたんだ!」

まゆ「そんなことあるわけないじゃないですかぁ……」

まゆ「それだったら……プロデューサーさんのお気に入りの靴がしまってあるのは靴箱のどこですかぁ?」

P「あぁ……えーっと、いつもは上から3段目の真ん中右寄りくらいに置いてたはず」

まゆ「正解ですねぇ……どうやらほんとうにプロデューサーさんみたいです」

P「信じてくれたみたいで嬉しいよ……というかなんでそんなことまで知ってるんだ」

まゆ「うふふ、それは乙女のヒミツですよぉ……でもどうしましょうかねぇ」

ありす「おはようございます」

ありす「……その子は新しいアイドルの子ですか?見たところ同じくらいの年齢みたいですけど」

まゆ「それがぁ……プロデューサーさんらしいいんですよぉ……」

ありす「…………はい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451943315

引用元: P「起きたら幼女になってた」 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 116
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:37:06.53 ID:TqX4E4/70
莉嘉「Pくんが女の子になったってホント?」

ありす「どうやら本当みたいです」

杏「まぁまゆが言うなら間違いなくプロデューサーだよねー」

莉嘉「まゆちゃんはプロデューサーのことなんでも知ってるもんねー!」

杏「それでどうするのー?いくらなんでもこのままってわけにはいかないでしょ」

P「そうだな……元に戻る方法はともかく服が元々のワイシャツだからブカブカだし着替えたいよな」

ありす「身長がおんなじくらいですし衣装室に行けば何かしらあると思いますよ」

まゆ「せっかく可愛くなったんだから、プロデューサーさんをもぉっと可愛くしてあげますよぉ……うふふ……」

莉嘉「Pくんでファッションショーだ!なに着せようかなー♪」

P「いや俺は別に可愛い服が着たいんじゃなくてサイズさえ合ってればなんでもいいんだが……」

杏「諦めたほうが懸命じゃない?」

P「そうだよな……はぁ……」

3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:40:16.94 ID:TqX4E4/70
――衣装室

P「はー、思ったより色んな衣装があるんだなぁ」

ありす「撮影で使ったもの以外にも着てみてから別のに変えたりもしましたから……」

杏「プロデューサーが見るのはカメラさんからOK出た写真ばっかりだからねー。いつも現場にいるわけじゃないし」

ありす「それに私物もいくつかあるそうですよ。確かあのあたりはちひろさんの服だったはずです」

P「ちひろさんあんな服着るんだ……」

まゆ「――プロデューサーさん。似合いそうな服……持ってきましたよぉ」

P「お、俺、こんなヒラヒラでフリフリの可愛い服なんて着るのか……!?」

まゆ「今のプロデューサーさんの見た目なら絶対似合いますからぁ……それはまゆが保証します♪」

まゆ「さぁ、更衣室はあっちですよぉ」

P「流石に着替えているところを見るのは勘弁してくれ……」

ゴソゴソゴソ

P「男として、こう、大事な尊厳とか何かを無くしたような気がする」

杏「そもそも女の子になった時点でもう無くしてない?」

P「心は男のままなんだよ……」

まゆ「とってもよく似合ってますよぉ……」

ありす「……可愛いです」

杏「とりあえず写真撮っておくねー。はい、チーズ」カシャ

P「やめろ!写真に撮るな!」

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:42:53.45 ID:TqX4E4/70
莉嘉「あっPくんチョー可愛い!でもねでもね、こういうのも似合うと思うんだー」

P「これは……」

ありす「すごく……」

杏「セクシーな衣装だね……」

P「というか小学生サイズのセクシー衣装なんてなんであるんだ」

莉嘉「よく分かんないけどあるからいいじゃん?ほら着てみてよ、早くはやくー!」

P「うう……着たくない……」

ゴソゴソゴソ

P「凄くスースーするし恥ずかしい……」

まゆ「こっちも凄く似合ってていいですねぇ」

莉嘉「だよねだよねー!やっぱ小さくてもセクシーに決めなきゃ☆」

杏「はい、チーズ」パシャ

P「だから撮るなって」

ありす「そのままで外に出るわけにも行きませんし、無難そうな服も選んでおいたので良かったら来てください」

P「おお、これは……ワンピースか」

P「まぁこの衣装の中だとだいぶ普段着っぽいな。よしこれにしよう」

ゴソゴソゴソ

杏「それで、これからどうするの?」

まゆ「今のままのプロデューサーさんも可愛くていいんですけどぉ……やっぱり元のプロデューサーに戻って欲しいですし」

ありす「こういうことに詳しそうな人だと……一ノ瀬さんとか?」

莉嘉「確かに色々と知ってそうだもんね!」

P「今日は確か仕事が無くて昨日が遅かったから……仮眠室で寝てるんじゃないか?」

莉嘉「それじゃ、レッツゴー☆」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:43:23.52 ID:TqX4E4/70
――仮眠室

P「おーい、志希~。起きてるか~?」コンコン

志希「にゅふ~……zzz……」

P「まだ寝てるみたいだな……鍵はかかってないみたいだし起こしに行くか」

ありす「勝手に入って大丈夫なんですか」

P「大丈夫だって。今までだって何回か起こしに来てるし」

P「お~い。志希~。起きろ~」

志希「ん~?……にゃふ……クンクン……この匂いは……キミかな?」

P「お、おい!近い!近いって!」

まゆ「……」

杏「ちょっと落ち着きなよ」

志希「にゃはー?匂いはプロデューサーなのに……プロデューサーじゃない?ドユコトー?」

莉嘉「志希ちゃんすごーい!匂いで分かるんだ!」

志希「ふっふ~!伊達に匂いフェチじゃないからねー!」

まゆ「プロデューサーさんが朝起きたらこの姿になってたみたいなんです」

杏「だから志希さんならなんとか出来るんじゃないかと思って探してたんだよ」

志希「ナニソレー!?ふっふ~!凄くキョーミ深いじゃん!?早速実験だー♪」

ありす「じ、実験ですか。あんまりプロデューサーさんに変なことしないでくださいね」

志希「オッケー♪さあキミももたもたしてないで行くよー!」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:45:51.84 ID:TqX4E4/70
――志希のヒミツの実験室

P「お前……いつの間にビルの中にこんな場所を」

志希「それはー、キギョーヒミツ、ってことでー!」

杏「いや、企業秘密で済まされるレベルを軽く越えてるよこれ……」

まゆ「ともかく、ここでなんとかすればプロデューサーさんも元に戻るんですよねぇ?」

志希「まーそれはやってみないと分かんないけどー?志希ちゃんブレインにおまかせあれー!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

莉嘉「なんかよく分かんないけど凄いね!」

ありす「物凄い速さで色んな薬品を混ぜて……みるみる色が変わってく……」

志希「かんせーい!志希ちゃん特製元に戻るジュースだよ!」

杏「……この世の終わりみたいな色してるんだけど」

まゆ「これは……本当に大丈夫なんでしょうか」

P「これを……これを飲むのか……世紀末な色をしてるのに匂いだけはやたら爽やかなこの液体を……」

志希「ひょっとして疑ってる?大丈夫!最悪でも体に害はないはずだからー」

ありす「それを聞いて大丈夫だとは思えないんですが……」

P「ええい、ままよ!」ゴクゴク

莉嘉「おお!Pくん一気にいった!」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:46:25.72 ID:TqX4E4/70
シュウシュウシュウシュウ

P「うおお……!?体が……体が熱い……!」

まゆ「プロデューサーの全身から蛍光色の煙が出てきてます……」

ありす「やっぱり大丈夫じゃなかったんじゃ……」

志希「うんにゃ。大丈夫なはずだよー。まあ見ててー♪」

P「おお……うおおおおおおお!!!!」バリバリバリバリ

杏「あっ」

まゆ「あら」

ありす「……!?」

莉嘉「キャー☆」

志希「にゃははー!」

P「お前ら一体どうし……ん?やたらと全身がスースーするな……」

P「まさか……」

杏「プロデューサーが……北○の拳みたいに……服を破りながら……元に戻った……!ダメだお腹痛い……!」

莉嘉「Pくん凄い変態さんだー!キャー!」

ありす「……!!??」

まゆ「あらあら~ありすちゃんは完全に固まっちゃってますね」

志希「にゃーっはっはっは!やっぱり~!」

P「そうか……幼女のサイズから一気に元のサイズに戻ったせいで服がちぎれて全裸になってしまったのか!」

まゆ「うふふ……裸のプロデューサーさんももちろんいいんですけどぉ」

まゆ「……流石にありすちゃんたちが可哀想なのでいつもの服、持ってきましたよぉ」

P「ああ、ありがとうまゆ。……ところでなんで俺の普段着をまゆが持ってるんだ?」

杏「あっはっはっは!ひー……でも元に戻れて良かったじゃんプロデューサー」

P「今現在はあんまよろしくない事態を引き起こした気がするんだが……まあ何事も終わり良ければ全て良しということで」

志希「でも~、ちっちゃいプロデューサーちゃんも可愛かったから、またちっちゃくなれるような薬でも作ろうかな~」

P「それは勘弁してくれ!」

ありす「…………」

莉嘉「あっありすちゃんがついに倒れた」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 06:47:03.51 ID:TqX4E4/70
P「こうして無事に元の体に戻れた俺だったがその心には大きな傷跡が残った」

P「ちなみに奇跡的に破れたワンピースの一部が股間にかかっていたので最悪の事態は免れたが」

P「その後しばらくは全裸の変態としてプロダクションのアイドルたちに呼ばれることになったのだった……」

おわり