1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:37:26 ID:5dXKvBlA

にこ「あんただけこれといった特徴がないのよね」

穂乃果「そ、そうですか……?」

にこ「そうよ!キャラ付けはアイドルにとって一番必要な要素なのよ!例えば!」

にこ「にっこにっこにー!今日も(以下略


にこ「……みたいなの!」

穂乃果「zzZ……」




ラブライブ!  矢澤にこ ピクニックガール 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
グッドスマイルカンパニー (2016-03-31)
売り上げランキング: 2,308
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:38:09 ID:5dXKvBlA

にこ「ってぇ、寝てんじゃないわよぉぉ!!」バンッ

穂乃果「ほわぁっ!?」

にこ「とにかく!あんたには一刻も早くキャラ付けしてもらわないと困るの!」

穂乃果「うぅ……わかりました……でも、なにをすれば……」

にこ「そうねぇ……キャラ付けといっても、他とかぶっちゃ意味ないから……」

穂乃果「はぁ……」

にこ「まずはμ'sメンバーそれぞれのキャラを調査よ!!」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:38:52 ID:5dXKvBlA

~~~~~

にこ「まずは……」

穂乃果「あ、海未ちゃーん!」

海未「穂乃果……と、にこ先輩」

にこ「ちょうどいいわ……まずはこいつを調査よ!」

穂乃果「はい!隊長!」

海未「また何か良からぬことを考えているのですね……」

にこ「これよぉぉぉ!!」

海未「っ!?」

穂乃果「へ?」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:39:39 ID:5dXKvBlA

にこ「わかった!?今のわかったぁ!?」

穂乃果「え、えーっと……何でしょー……?」

にこ「もーだめ!あんた全然だめ!そんなんじゃ万年最下位!
    端っこで機材に隠れて見切れてるのが関の山よ!このポンコツ空気主人公!」

穂乃果「ひ、ひどい……」

海未「穂乃果……にこ先輩といったい何をしているのですか?」

にこ「はい!またきた!今度こそわかったわよね?」

穂乃果「えぇー!?えーっと、あー……あ!いっつも私に厳しい!」

にこ「そうそう、でも二人きりのときは優しく……ってぇ!!ちっ、がーーーーう!!」ベシッ

穂乃果「あうっ!」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:40:15 ID:5dXKvBlA

にこ「いやまぁ当ってはいるけど……あんた視点ではね!?」

穂乃果「やったー!!」

海未「はぁ……私、先に部室に行ってますね……」

穂乃果「うん!わかったー!」

にこ「はぁー……!もういいわ。あのね、答えは敬語よ」

穂乃果「敬語……?」

にこ「そう!敬語!同い年でも関係なく!け・い・ご・キャ・ラ!」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:40:49 ID:5dXKvBlA


穂乃果「ほぉー」

にこ「あんたどうでもよさそうね……」

穂乃果「そ、そんなことないですよぉ!あはは……」

にこ「とにかく!敬語キャラは凛とした雰囲気作りはもちろんのこと、
    一見突き放して見えるその態度の中でふと見せる和らげな笑顔にギャップを感じられるのよ!!」

穂乃果「うーん、確かに海未ちゃんってそんな感じかも」

にこ「まぁ、あのそこそこ長い黒髪と合致した良いキャラ作りだとは思うわ!65点!」

穂乃果「海未ちゃんは昔から敬語だけど……」

にこ「んじゃあ次行くわよ!!」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:41:34 ID:5dXKvBlA

~~~~~

凛「穂乃果せんぱーい!」

花陽「あ、こんにちは……」

穂乃果「凛ちゃん、花陽ちゃん!」

にこ「次はこいつらか……」

凛「先輩も、今から部室ですかにゃー?」

にこ「はい、きたー!」

凛「あ、にこ先輩いたんですか?」

花陽「確かに……って凛ちゃん!失礼だよぉ……」

にこ「あんた達ねぇー……!」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:42:17 ID:5dXKvBlA

穂乃果「あ、あはは!まぁまぁにこ先輩!えっと、なんでしたっけー?」

にこ「そうよ!ちょっと、あんた!」

凛「?なんですかにゃー?」

にこ「はい、これ!さすがのあんたでもわかるでしょ?」

穂乃果「あー、えーっと……後輩!」

にこ「そうそう、いつも私を慕ってくれる妹のような……ってぇ!!ちっ、がーーーーう!!」ベシッ

穂乃果「ぐえっ!」

凛「あはは!穂乃果先輩、にこ先輩!漫才の練習ですかぁー?」

花陽「あの、すっごく面白かったです!」

にこ「違うし……」


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:43:08 ID:5dXKvBlA

穂乃果「おぉー!私のキャラ付け、漫才キャラですか!?」

にこ「なんでやねん……もうええわ……」

穂乃果「ありがとうございましたー!」

凛「あははは!」

花陽「今のは副会長の真似ですよね!?」

にこ「ううぅぅぅ……っだー!!あんたたちさっさとどっか行きなさいよ!!しっ!しっ!」

凛「はーい。じゃあ凛たちは先に部室にいってますねー?」

花陽「あの、漫才の練習がんばってください!」

穂乃果「うん、また後でねー!」

凛「いこ、かよちん!」

花陽「うん」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:43:51 ID:5dXKvBlA


にこ「……疲れた」

穂乃果「そっかー、漫才キャラかー……頑張りましょう!にこ先輩!」

にこ「私はやらないわよ!ってか趣旨がずれてるし!」

穂乃果「えーっと、なんでしたっけ?」

にこ「あんたね……まぁいいわ、あのにゃー!にゃー!言う女のキャラ付け、わかったわ・よ・ね!?」

穂乃果「あぁーこうは……」

にこ「なんでやねん!答え言ってるでしょ!?」

穂乃果「えー……あ、あー!語尾、ですかにゃー……?」

にこ「そうよ!!それ!!」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:44:38 ID:5dXKvBlA

穂乃果「にゃー……」

にこ「まぁーこれはベタね!猫の鳴き声!似合ってないと致命的だけど、
    あいつの細身な体とショートカットは猫っぽいし良いんじゃないかしら!80点!」

穂乃果「おぉー!海未ちゃんより高い!」

にこ「じゃあ次!わかる!?」

穂乃果「えーっと、花陽ちゃんですか?」

にこ「そう!はい!」

穂乃果「んー……花陽ちゃんは……あ!アイドル好き!」

にこ「いや、まぁ……ていうかあんたのキャラ付けへの考え方、間違ってない……?」

穂乃果「当たりですね!」

にこ「違うわよ!!」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:45:46 ID:5dXKvBlA

穂乃果「えぇー!?自信あったのにー……」

にこ「あんたの幼なじみの二人はすごいわ……
    あのね、答えはずばり人見知り、内気なキャラよ!」

穂乃果「人見知り……海未ちゃんもだよねー」

にこ「人格的なことじゃなくてキャラよキャラ!見てすぐわかるかどうか!」

穂乃果「ほぉーほぉー」

にこ「あのおどおどした態度、守ってあげたくなる雰囲気……
    ずばり男からの人気は一番得やすいとも言えるわ!75点!」

穂乃果「二位かー」

にこ「相変わらずどうでもよさそうね……」

穂乃果「そんなことないっす!勉強になるっす!」

にこ「何よその相撲取りみたいなキャラ。それは駄目よ」

穂乃果「あ、はい」

にこ「じゃあ次よ!!」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:46:42 ID:5dXKvBlA

~~~~~

真姫「ふぅ……」

穂乃果「わぁー!」パチパチパチ

真姫「っ!?う……」

ガラッ
穂乃果「真姫ちゃん!やっぱり歌、上手だねー!」

真姫「べ、別に。たいしたことないわよ」

穂乃果「そんなことないよぉー!私、真姫ちゃんの歌声、大好きだもん!!」

真姫「あ、あっそ……」プイッ

にこ「き、キターーーー!!」

真姫「きゃっ!?」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:47:36 ID:5dXKvBlA

にこ「あーこれはベタね!すっごくベタね!」

真姫「げ、にこ……先輩」

にこ「ちょっとあんた!!げ、って!!ていうか呼び捨てにしようとしたでしょ!!」

真姫「し、してないわよ!」

にこ「ったく、これだから最近の……ところであんた!
    いま穂乃果に褒められて、めちゃくちゃ嬉しそうだったじゃないー?」

真姫「はぁっ!?誰がよ!!全然嬉しくなんてないっ!!」

にこ「ひひひひ……ちょっと穂乃果、ゴニョゴニョ……」

穂乃果「えぇ?あー、はい……わかりました」

真姫「な、なによ……!」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:48:11 ID:5dXKvBlA

穂乃果「……う、うぅ……ぐすっ」

真姫「え……」

穂乃果「ま、真姫ちゃん……私のこと嫌いだから……嬉しくないんだよね……?」

真姫「は、はぁっ!?そんなこと誰も……」

穂乃果「ごめんね……私は真姫ちゃんのこと大好きだけど……真姫ちゃんは……」

真姫「……べ、別に嫌いじゃない……し」

穂乃果「へ……?」

真姫「だ、だからぁ!別に……嫌いじゃないっ!」

穂乃果「ホント……?」

真姫「ホントよ……わ、悪いっ!?」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:48:52 ID:5dXKvBlA

穂乃果「ううん、嬉し……」

にこ「ちょっと、穂乃果……ゴニョゴニョ……」

穂乃果「えぇ?まだですかぁ……?」

にこ「早く!」

穂乃果「はぁ……」

真姫「もういいっ?私、先に部室に……」

穂乃果「待って、真姫ちゃん!嫌いじゃないって……じゃあ、好きってこと?」

真姫「はぁっ!?何言ってるのよ!」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:51:00 ID:5dXKvBlA

穂乃果「やっぱり嫌いなんだ……」

真姫「だから嫌いじゃないって……!」

穂乃果「じゃあ、好き?」

真姫「はぁっ……!?」

穂乃果「好き?」

真姫「う……」

穂乃果「……」ウルウル

真姫「……き、よ……」

穂乃果「へ……?」

真姫「す……好き、よ……」

穂乃果「おぉー」

真姫「あ、あくまでそこそこよ!そこそこ好きなだけ!勘違いしないでっ!」プイッ


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:51:33 ID:5dXKvBlA

にこ「き、キターーーー!!はい!!そこまで!!」

穂乃果「はい!」

真姫「……?何……?」

にこ「今のはさすがのあんたでもわかったでしょ!?」

穂乃果「はい!!もちろんです!!」

にこ「では、どうぞ!!!」

穂乃果「恥ずかしがり屋さん!!!!」

にこ「大当たりーーーー!!!!って、ちゃうわーーーー!!!!」ベシッ

穂乃果「うあぅ!!」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:52:26 ID:5dXKvBlA

真姫「何なのよ……」

にこ「いや、ちょっとまって、当たりかも」

穂乃果「ホントですか!?」

にこ「え?あ、ちょっと違うけど……と、とにかく!今のはいわゆるツンデレね!」

穂乃果「それテレビで聞いたことあります!」

にこ「もう王道中の王道ね!普段はつんけんとして攻撃的な態度なのに、
    素直に攻められたりすると弱い……決め台詞は『勘違いしないでよねっ!』」

穂乃果「それ真姫ちゃんの真似ですか?ふふっ、似てませんね」

にこ「真似違うわーーーー!!例えよ!た・と・え!!」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:52:59 ID:5dXKvBlA

真姫「ちょっと!あんたたち!無視しないでよ!」

穂乃果「あ、ごめんね。真姫ちゃん」

真姫「ったく……何なのよ、今日のあんた。いつにも増して変!」

穂乃果「いっやー、それほどでもー」

にこ「褒められてないわよ……」

真姫「私、先に部室行くからっ!」

穂乃果「りょうかーい!またあとでねー」

真姫「ふんっ」
ガラピシャ


21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:53:36 ID:5dXKvBlA

にこ「真姫のキャラはツンデレ!ま、あのつり目はいかにもって感じだしキャラ付けとしてはベストね。
    ただアイドルでツンデレはデレを表現しにくいからあんまりおすすめできないわ。60点!」

穂乃果「なるへそー」

にこ「あーもう疲れたわ……じゃあ今までのをふまえて、次は実践よ!!」

穂乃果「はい!……って、実践ですか?」

にこ「残りのメンバーはことりでしょ」

穂乃果「はい、そうですけど……ことりちゃんのキャラは……」

にこ「あいつは普通に天然よ!以上!なので実践はあいつで行うわよ!」

穂乃果「了解でありますです!教官どの!」

にこ「何よその軍人みたいなキャラ。それは駄目」

穂乃果「あ、はい」

にこ(どうせろくでもないキャラになるだろうし、
    一番怒らなさそうなやつで実践しなきゃね……ひひ)


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:54:41 ID:5dXKvBlA

~~~~~

ことり「あ~、穂乃果ちゃ~ん」

穂乃果「にこ先輩!きました!」

にこ「さぁ、勉強の成果を披露するのよ!」

穂乃果「えーっと、何を……」

にこ「自分で考えんかーい!」ドンッ

穂乃果「うわわぁっ」ドテッ

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「くぅ~」

ことり「大丈夫~?」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:55:32 ID:5dXKvBlA

穂乃果「う、うん。ありがと……じゃなかった……か、勘違いしないでよね!!」

ことり「え?」

穂乃果「別に転んだわけじゃないんですから!にゃっ!」

ことり「穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「あ、あんまり見ないでくださいにゃー……」

ことり「……」

穂乃果「にゃー……あっ、にっこにっこ……」

ことり「……あ!!もしかして、転んだとき頭打っちゃった!?」

穂乃果「に、えっ?」

ことり「大変……!!保健室行こっ!!」

穂乃果「いや、だいじょ……」

ことり「駄目だよ!!ちゃんと先生にみてもらわなきゃ!!」

穂乃果「違うの、ことりちゃん!これはにこ先輩が……
     にこ先輩!?にこせんぱーーーーーーい!!!!」ズルズル


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:56:26 ID:5dXKvBlA


にこ「ぷ……ぷぷぷ……なんか思ってたのと違う展開だけど……あははははは!!」

希「そんなおもろいん?」

にこ「そ、そりゃあ!キャラもただ混ぜただけだし……ぶふふっ……」

希「ふーん。じゃあウチも混ぜてもらおうかな」

にこ「はぁ?もう終わ……り……よ」

希「うふふ、そないなこと言わんと。ええやん?」

にこ「の、の、の……ののの、のぞみ……!」

希「そんなに怯えて……
   どうやら、にこっちにもキャラ付けが必要みたいやねぇ……!」


にこ「い、い、い、いやぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:57:23 ID:5dXKvBlA

~~~~~

ことり「よかった、大した怪我じゃなくって」

穂乃果「う、うん……」

ことり「だって穂乃果ちゃんったら、
     急に、にこ先輩みたいになっちゃったんだもん!びっくりしちゃった!」

穂乃果「あは、あはは……」

ガラッ
ことり「みんな、お待たせー」

海未「ことり、遅いですよ」

ことり「ごめーん。穂乃果ちゃんの付き添いで……ね?」

穂乃果「え?う、うん」

海未「穂乃果の?どうしたんですか?」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:58:02 ID:5dXKvBlA

ことり「うん、穂乃果ちゃんが……」

穂乃果「あーーーー!!!!もういいじゃない!?ね!?」

ことり「?うん」

真姫「……今日はもう解散でいいんじゃない。こんな時間だしっ」

凛「んー?まだ結構、時間あると思うけどにゃー?」

花陽「真姫ちゃん、用事?」

真姫「別にそういうわけじゃないけど……」チラッ

穂乃果「ん?」

真姫「ふ、ふんっ」プイッ

海未「それじゃあ今日は軽めの練習にしましょうか」

ことり「そうだね。穂乃果ちゃんもあたま……」

穂乃果「よ、よーーーーし!!張り切っていこーー!!」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:59:21 ID:5dXKvBlA

~~~~~

絵里「……希」

希「ん?なに?」

絵里「生徒会の仕事……手伝いを呼んでくれるのはありがたいのだけど……」

にこ「にっ……っ……にー」ブツブツ

絵里(なんだか不気味……)

希「ふふ、にこっちはクールなキャラやなぁ」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 19:59:53 ID:5dXKvBlA

~~~~~

穂乃果「それじゃあまた明日ー!」

海未「えぇ」

ことり「ばいばーい」


穂乃果「ふぅー、にこ先輩のせいでひどい目にあったよー」

穂乃果(……少しお参りしていこうかな)


29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 20:00:36 ID:5dXKvBlA

~~~~~

真姫「……」

希「また覗き見?」

真姫「きゃっ……!あ、あんた」

希「穂乃果ちんのこと、そないに気になる?」

真姫「はぁっ!?べ、別に……」

希「素直になったらええやん。さっき、みたいに」

真姫「あんたっ、み、見て……!何なのよ!いっつも……」

希「あーあー、そんな大きい声出したら……」

穂乃果「……あれ?真姫ちゃん?」

真姫「っ!?あ、あ……」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 20:01:25 ID:5dXKvBlA

穂乃果「真姫ちゃん!どうしたのこんなところで!」

真姫「べ、別に……散歩よ散歩!」

穂乃果「同じ時間に学校出たのに……」

真姫「あっ……か、帰る前にしてるのっ!」

穂乃果「ほー、そうなんだー。あ、そうだ!
     私の家ここから結構近いんだけどよかったら来ない?」

真姫「え……?」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/23(土) 20:02:29 ID:5dXKvBlA

穂乃果「うち、和菓子屋なんだよー?へへー。お団子食べ放題!どう?」

真姫「う……」

穂乃果「おはぎもつけちゃうっ!」

真姫「そ、そこまで言うなら……行ってもいいけどっ?」

穂乃果「やったぁ!真姫ちゃんがどうやって歌の練習してるのか聞きたかったんだ!」

真姫「……何それ。ふふ」

穂乃果「それじゃあレッツゴー!」


希「たまには、にこっちもええことするやん。なぁ?」


にこ「おわりにこ」