1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:39:58.28 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「ほむぅ……」ガチャガチャ

ほむら「それにしても重いわ」ガチャガチャ

ほむら「変な形だし……」ブゥン

ほむら「刃物?」ズバァァ

ほむら「よく切れるわ」


引用元: ほむら「こんな武器持ってたかしら?」 

 

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:42:08.75 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「あ、QB」

ほむら「ふんっ!」ブォン

QB「ぎゃびぃ!!」グチョ

QB2「助けて!!」

ほむら「まずい!」

QB2「助けて!!」

まどか「!?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:43:31.27 ID:xQ2PAFoW0
まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「そいつから離れなさい!」ジャキ

まどか「い、嫌!」

さやか「くらえ!」プシュー

ほむら「!?」

さやか「逃げるよ!!まどか!!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:46:03.24 ID:xQ2PAFoW0
使い魔「ウニョリーン」

ほむら「こんな時に!!」ジャキン

ほむら「な、なに?急に光出した!?」ピカァアアアア

ゴォウ

使い魔「」グチャア

ほむら「使い魔が一瞬で!?」

ほむら「それより追わなくちゃ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:49:26.00 ID:xQ2PAFoW0
一方

マミ「危ないところだったわね!」

まどか「あ、ありがとうございます!」

さやか「助かった……」

QB2「助かったよ、まどか、さやか」

さやか「何で名前知ってるの!?」

QB2「それはね......」

ほむら(遅かった……はぁ……)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:53:51.75 ID:xQ2PAFoW0
学校

ほむら「貴女たち、ちょっといいかしら?」

まどか「ほむらちゃん……!」

ほむら「淫獣の甘い言葉に耳を貸して後悔することのないようにね」

ほむら「私の忠告が無駄にならないことを祈ってるわ」

まどか「ま、まって!!ほむらちゃんはどんな願いで魔法少女になったの?」

ほむら「………っ」ダッシュ

さやか「なんだ?あいつ…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:55:19.38 ID:xQ2PAFoW0
廃ビル

ほむら「いつものパターンだとここで魔法少女体験コース(笑)ね」

ほむら「危険がないように先に狩っておきましょう」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:00:04.47 ID:xQ2PAFoW0
ゲルトルート「うちょうちょぬばー」

ほむら「グロテスクね」ジャキィン

ほむら「この武器を試させて貰うわ!」ズバンッ

ゲルトルート「!?うにょ!」ジタバタ

ほむら「この前はこうやって……武器を掲げたら……」ピカァ

ゴォウ

ゲルトルート「!!!」グシャッ

ほむら「凄い……でもまだね……もう一回!」

ほむら「あれ……」ガチャガチャ

ゲルトルート「ぬぶぅ」ビクン

ほむら「しょうがないわ!直接切りつけましょう」ズバッ

ゲルトルート「」バタン

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:03:06.64 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「ふぅ……」

ほむら「グリーフシード回収完了……!?」

ほむら「グリーフシードが濁ってく!?」

ほむら「これじゃあ使えない」ポイッ

マミ「この辺に魔女の気配がしたはずね……あら?」

まどか「ほむらちゃん!」

さやか「げっ!転校生!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:09:43.35 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「貴女たちなぜここにいるの?」

まどか「マミさんに魔法少女に成るってことを教えて貰ってたんだけど…」

さやか「転校生が先に倒しちゃってたの!?」

マミ「暁美ほむらさんね?まずは魔女を狩ってくれた事を感謝するわ」

ほむら「巴マミ。なんで一般人を魔女の結界に連れてきているのかしら?」

マミ「彼女たちはQBに選ばれた魔法少女候補なの、だからね…」

ほむら「もし、守れなかったらどうするつもりだったのかしら?貴女は責任を負うことができるの?」

マミ「それは……」

ほむら「それこそ魔女の格好の餌になるわ。ねえ?」

まどか「ほむらちゃん!ごめんなさい、私たちがついて行きたいって言ったの」

マミ「いいえ、私が連れてきたのよ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:15:42.67 ID:xQ2PAFoW0
マミ「確かに貴女の言うとおりね。魔女に襲われたらどうしようもないわ、だけど貴女だって魔法少女になる事がどういうことか知っているでしょう?どれだけの使命を担うことになるか知って置いたほうがいいわよね?」

ほむら(長い……!!)

ほむら「そうね、ならここで魔法少女になるって事を見せてあげるわ」ジャキ

マミ「くっ……」

まどか「ほむらちゃんやめて!!」

ほむら「鹿目まどか。貴女に見せておくわ、これが魔法少女同士のテリトリー争いよ」

ほむら(軽く脅しておけば魔法少女になんてならないでしょうね)

マミ「くらいなさい!!」パァン


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:19:32.76 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「停止!」

マミ「」

ほむら「腕辺りを浅く切っておきましょう」スゥ

マミ「」

ほむら「解除」

マミ「!?きゃあ!」

さやか「マミさん!!この!!」ダダッ

ほむら「バットを持ってきたところで無駄よ、ふん!」サヤパン

さやか「ゲファ!!………」バタン

マミ「今なら!」シュルル

ほむら「しまった!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:24:29.73 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「くぅ」ギリギリ

マミ「ふふ、縛っておけばなにもできないのね」

ほむら(抜け出す手段は?………あれ武器が手の中に?……なんで?)

マミ「降参するなら解いてあげるわ。そしてこの街をでていきなさい」

ほむら(巴マミは気付いていない。これで武器をかざせば当たるかしら?でもさっき撃てなかった……)

マミ「どうなの?暁美ほむらさん」

ほむら「一か八かね!!」ピカァ

ゴォウ

マミ「!?」ブシャアアアアア

まどか「ひぃっ!!血が!!」

ほむら「あ、やばい」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:29:17.58 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「解けたけど大変だわ」

マミ「」ビクッ

ほむら「巴マミが死にそう」

まどか「マミさん!!マミさん!!」

ほむら「救急車を呼ぼうかしら?」

マミ「いや………死にたくない………」

ほむら「予備のグリーフシードよ」パァァ

マミ「あ、あ、」

まどか「起きてください!!」

マミ「うぅぅ……はぁはぁ……く」

ほむら「もう大丈夫ね」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:34:56.83 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「巴マミが不登校になってまどかと美樹さやかが魔法少女アレルギーにかかったところでこの武器がなにか考察しましょう」

ほむら「まずは形が変」

ほむら「持ち手の部分から綺麗な曲線を描いていて、切っ先に返しがついてるわ。刃渡りは大体60~75cmくらいね」

ほむら「あとは刃の部分以外は黒くてゴツゴツしてるわ」

ほむら「次に良く切れる事ね」

ほむら「やたら良く切れるわ。あとは対象に掲げるとズバッと割断するようね」

ほむら「だけど、回数制限があるみたい」

ほむら「本当に何よ?これ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:37:46.93 ID:xQ2PAFoW0
学校

さやか「まどか?大丈夫?」

まどか「………うん」

さやか「マミさん無事だったんでしょ?」

まどか「………うん」

さやか「はぁ……」

ほむら(相当ショッキングだったのね。まぁ、人の胴体が真ん中で裂けたら怖いもの)

ほむら「次はお菓子の魔女ね」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:42:48.18 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「巴マミはなんとか大丈夫よ。私が定期的にグリーフシードを窓から投げ入れてるから魔女にはならないはず」

シャルロッテ「ふよーん」

ほむら「口から本体が出てくる侮れない魔女ね」

ほむら「そうだわ!この前トリガーみたいな物を持ち手の部分に見つけたのよ!」

ほむら「使って見ましょう」

ほむら「ふんっ!!」ガチャ

ゴォォオオオオオオオ

ズガガガガガガガガガガガ

ズドォオオオオオオオオオン

ほむら「えっ」

ほむら「えっ」

ほむら「結界ごと吹っ飛んだ」

ほむら「え?」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:46:18.22 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「なんなのよ!!この武器!!」

ほむら「グリーフシード諸共砕いてったわ!!」

ほむら「どうなってんのよ!!」

ほむら「トリガーを引いたら、大きくて黒い光が出てきた」

ほむら「その光は対象の存在する範囲を掻き毟って行ったわ」

ほむら「意味わからない」

ほむら「本当になんなの?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:49:16.19 ID:xQ2PAFoW0
学校

さやか「私、恭介のお見舞い行って来るね」

まどか「いってらっしゃい……」

ほむら(まどかの元気がない)

ほむら(何かしてあげられる事はないかしら)

>>41

41: 忍法帖【Lv=33,xxxPT】 2011/12/11(日) 13:50:52.07 ID:RPOkK57d0
カンチョー

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:53:25.95 ID:xQ2PAFoW0
ほむら(よし…)

まどか「……うぅ」

ほむら「そぉれ!」

まどか「!?」

まどか「暁美さん?こ、こないで!!」

ほむら「え?ちょっと」

まどか「嫌!!」

ほむら「行ってしまったわ」

ほむら「…………佐倉杏子に会いに行きましょう」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:58:39.60 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「いたわ」

杏子「なんだ?お前?」

ほむら「協力してほしい事があるのだけど」

杏子「はぁ?まさか同業者か?」

ほむら「そうよ」

杏子「やだね、大体ここは私のテリトリーだ。来ないでくれよ」

ほむら「1週間後にワルプルギスの夜という強力な魔女が来る。貴女のテリトリーだってなくなってしまうわ」

杏子「なんでそんなこと知ってるんだよ?」

ほむら「それだけは言えないわ」

杏子「それなら、他の街に行くまでさ」

ほむら「お願い、佐倉杏子。強力な魔女に協力してほしいのよ」

ほむら(強力な魔女に協力。ふふっ、決まったわ)

杏子「えー?なんで私なのさ」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:02:53.45 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「貴女にしか頼れる人はいないのよ」

杏子「でもなぁ」

ほむら「衣食住は保証するわ」

杏子「!!」

ほむら「あったかいお風呂にだって居れてあげる」

杏子「!!!」

ほむら「なんだったらお小遣いだってあげてもいいわ」

杏子「乗った!!」

ほむら「じゃあ、ついて来なさい」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:09:17.97 ID:xQ2PAFoW0
暁美家

ほむら「ところで、これ知ってるかしら?」

杏子「え?どれ?」

ほむら「この武器よ」

杏子「あっ!こいつは」

ほむら「知ってるの!?」

杏子「昔、ま…じゃなくて、居候してた奴の家で見たことあるぞ。アニメなんだけど、なんていったかな?水平線がなんたらだっけ?」

ほむら「アニメの武器なの?これ。それでどんな性能が?」

杏子「凄かったぞ、そこの刃に写したものを割断できたり、黒い光線撃ったり。まぁ、あり得ないよな」

ほむら「やっぱり……」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:13:22.25 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「たまに撃てなくなるんだけど」

杏子「あー、なんだっけ?エネルギーが必要なんだよ。それが切れると使えなくなるんだって」

ほむら(グリーフシードから直接魔力を吸っていたの?そんな)

杏子「それでそれがどうしたんだ?」

ほむら「これ使えるのよ」

杏子「は?」

ほむら「嘘って目しないで。使えるのよ。魔女はこれでたおしていたの」

杏子「そんな事が」

ほむら「なんなら貸すわ」

杏子「うーん」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:22:18.58 ID:xQ2PAFoW0
杏子「おい、本当にいいのか?」

ほむら「ええ、それに貴女の方が使い方がわかってそうだし」

エリー「?」

杏子「いくぞ……っ」ヒュン

エリー「!?」

杏子「おらぁ!!」ピカァ

使い魔「っっ」ビチャ

エリー「!!」

ほむら「魔女が逃げるわ!!」

杏子「こういう時はこうだよな!」ピカ

エリー「!??!?」

杏子「逃げ道の方角を割断したんだよ!お終いだよ!!」シュン

エリー「!っ!っ!」

ほむら「凄い…」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:27:39.19 ID:xQ2PAFoW0
杏子「はぁ…はぁ…」

ほむら「すごかったわ!」

杏子「やべぇ…」

ほむら「ソウルジェムが真っ黒!?」

杏子「どうやら、ソウルジェムから直接力を吸ってるみたいだな」

ほむら「まって、グリーフシードよ。受け取って」

杏子「すまない。これでそのワルプルギスと戦ってもいいけど持たないかもしれないな」

ほむら「ど、どうして?今みたいにやれば……」

杏子「対象がデカすぎるとその分エネルギーを吸うんだ。あんたがいうワルプルギスの大きさならなおさら」

ほむら「……ほむぅ」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:38:56.51 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「考え物だわ」

ほむら「恐らく、杏子の言うとおり超過駆動すれば一瞬でカタがつくはず」

ほむら「だけど、ソウルジェムが持たない可能性だってある」

ほむら「グリーフシードはマミに配った分でほとんど残りがない」

ほむら「一体どうすれば」

杏子「おーい!ほむら!」

ほむら「どうしたの?」

杏子「グリーフシード沢山持ってきたぞ!!」

ほむら「どうやって!?」

杏子「マミに協力してくれって頼んだらくれたんだ!」

ほむら「巴マミが?」

杏子「おう!凄い量だぜ?」ジャラジャラ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:10:44.73 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「私に何か言ってなかったかしら?」

杏子「暁美って言った途端にこの量のグリーフシードくれたんだよ!」

ほむら(相当トラウマ背負わしちゃったみたいね)

ほむら「わかったわ、ありがとう」

杏子「ついでに、この武器が出てくるライトノベルチョバってきたから読んどけ」

ほむら「なに?境界線上のホライゾン?」

杏子「私には難しくって読めなかったよ」

ほむら「本当ね、全然ライトじゃないわ」ズッシリ

杏子「ちょっとはこの武器の使い方がわかるかもな」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:16:10.98 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「ほむほむ…」ペラ

ほむら「ほむ……」ペラ

ほむら「向井鈴?可愛いわね」

ほむら「全然進まないじゃない!!」ペラペラ

ほむら「あ!この武器は」ペラ

ほむら「悲嘆の怠惰って言うのね!!」

ほむら「何々?ろいずもいおぷろ?」ペラ

ほむら「大罪武装なの……」ペラ

ほむら「それにしても妬ましい乳が多いわ」ペラ


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:19:48.89 ID:xQ2PAFoW0
次の日

さやか「なぁ、まどか。マミさんの所いってみない?」

まどか「私はいいよ、さやかちゃん行ってきて」

さやか「頼む!今日だけ!!」

まどか「……わかった」

さやか(私の考えはこうだ)

さやか(マミさんとあってちゃんと話し合うことで仲直り)

さやか(というより、まどかがいつもの様に戻ってほしい。マミさんも学校来てないみたいだし)

さやか(うまく行くかなぁ)

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:32:09.66 ID:xQ2PAFoW0
さやか「マミさーん」ピンポーン

マミ「あ、美樹さん。それに鹿目さんも」

まどか「お邪魔します」

さやか「マミさんち来るの久しぶりだなー!」

マミ「ふふ、紅茶入れる?」

さやか「いただきます!」

まどか「ありがとうございます」

まどか(マミさんは平気なのかな?)

まどか(平気な訳ないよね。あんな風になったら誰だって…)

まどか「うぅっ……」

さやか「!まどか!」

まどか「ごめんね、ちょっとトイレ行って来るね」

マミ「………」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:41:52.42 ID:xQ2PAFoW0
マミ「紅茶入ったわよ」

さやか「おぉ!いただきます!」

マミ「ねぇ、美樹さん。鹿目さんの様子はどう?」

さやか「まどかはあの事件からずっと落ち込んでます」ズズー

マミ「やっぱり…あんな姿見せちゃったものね」

さやか「でも!最近は一緒にCDショップ行ったりしてくれてるんですよ!」

マミ「そう…」

さやか「まどかはマミさんの事がすごく大切で、マミさんが元気になってくれないとまどかは…」

マミ「ごめんなさいね」

さやか「!あ、そんなんじゃくて…」

マミ「頼れる先輩になろうと思ってたのに」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:53:00.70 ID:xQ2PAFoW0
マミ「私は美樹さんや鹿目さんに、カッコいい所見せたかったの」

マミ「きっと、一緒に戦ってくれる仲間ができるって思って頑張ってたわ」

マミ「だけど、負けてしまった」

マミ「その瞬間怖くなって、どうしたらわからなくて学校に行けなくなった」

さやか「……マミさんらしくないですよ!!」

さやか「マミさんはもっと毅然としてて、やさしくて!そんな弱気じゃないはずです!!」

マミ「でもね……」

さやか「まどかだって、マミさんが落ち込んでる姿見たくないですよ!」

マミ「……」

さや「だから!お願いします!まどかを励ましてあげて下さい!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:02:05.99 ID:xQ2PAFoW0
まどか「さやかちゃん…」

さやか「まどか…まさか」

まどか「ごめんね、聞いちゃった」

さやか「///」

マミ「か、鹿目さん」

まどか「ありがとうね、さやかちゃん。私、もう大丈夫だよ?」

マミ「鹿目さん!私もう負けないわ!いつも通り見滝原の平和を守るわ!」

まどか「マミさん?」

マミ「だから安心して!もう鹿目さんが落ち込む事なんてないわ!」

まどか「マミさん///私もう大丈夫ですって」

マミ「美樹さん、ありがとう。私ちょっと暁美さんのところ行って来るわ」

さやか「え?はい」

マミ「お留守番よろしく!」

まどか「マミさん!あ、行っちゃった」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:10:43.01 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「いよいよね」

杏子「あぁ、一瞬で決めるさ」

ほむら「グリーフシードは1人4つ。予備の分は私が持っておくわ」

杏子「任せろ。超過駆動で一撃だ」

ほむら(本当に勝てるかしら?読んだところ強かったのは最初の頃だけだったじゃない)

マミ「暁美さん!!」ダダダ

杏子「な!?マミ!!どうして?」

ほむら「復讐しにきたのかしら?」

マミ「そんな事しないわ!それよりごめんなさい!」

杏子「?」

マミ「私、貴女の事誤解してて!それで鹿目さんを傷つけてしまった。本当にごめんなさい」

ほむら「……構わないわ」

杏子「?なんだ?」

ほむら「いえ、もういいのよ」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:14:33.00 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「巴マミ、私からも謝るわ」

ほむら「だけど、こいつを倒してからにしましょう」

マミ「なに……これ?」

杏子「ワルプルギスの夜さ、そろそろ本体のお出ましだ」

5…4…3…2…1

ほむら「杏子!!出来るだけ距離を詰めて!!」

ワルプルギス「アハハハハハハハハ」

マミ「な、なんて大きさなの」

杏子「マミ!!援護頼む!」

マミ「えぇ!!」カチャ

ほむら「来るわよ!」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:18:09.99 ID:xQ2PAFoW0
ゴッ!!!!

ほむら「杏子、つかまりなさい!」ガシッ

杏子「いくぞ!!マミ!バネを!!」

マミ「こうかしら!」シュルル

杏子「くぅ!!」

ほむら「今よ!」

杏子「穿ち掻き毟れ!!」

ズドォオオオオオオ

ワルプルギス「アハハハハハハハ…………アハハ……ハハハ」

ほむら「やった!?」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:24:36.97 ID:xQ2PAFoW0
使い魔「…………」ギギギ

ほむら「!?」

杏子「ちっ、使い魔が軌道そらしやがった!!」

ワルプルギス「アハハハハハハハハハハハ」

ヒュゥウン

マミ「ビルが!?」

ズドォン

杏子「がはっ!……ぐぁ……ほむら……任せた……」

ほむら「くっ!!」ジャキイ

ほむら「まだ私が残ってるのよ!!」

ズドォオオオオオオオオ

ワルプルギス「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

ほむら「!?届かなかった!!」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:33:52.70 ID:xQ2PAFoW0
マミ「暁美さん!!私が使い魔を引きつけながら貴女をワルプルギスの間近まで運ぶわ!!」

暁美「そんなことできるわけ…」

マミ「私に任せなさい!!」シュル

マミ「このリボンを踏み台に乗って!」

ほむら「わかったわ!無理はしないでちょうだい!」

マミ「大丈夫よ!絶対にあそこまで届けるわ!」タタタタ

使い魔「っ」ズバァ

マミ「そんな斬撃っ!」パァン

使い魔「っ!っ」ヒュン

マミ「くっ!!」

ほむら「身を低くして一気に詰めなさい!埒が明かないわ!」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:41:39.75 ID:xQ2PAFoW0
マミ「そんなこと言っても!」ダダ

ほむら「次は、橋の欄干にのって跳躍して!」

マミ「ふっ」タァン

ほむら「私を放擲して!」

マミ「いくわよ!!それ」ブゥン

ほむら「届かない!?」

マミ「無理矢理飛ばすわよ!」

マミ「ティロ・フィナーレ!!」

ほむら「かっは……」

ほむら「うぅ…」

ほむら(まだ、落下してない…視界が霞む……まともに姿勢を保てない……巴マミ……なぜ、右足を撃ったのよ…)

ほむら「ふ…」

ほむら(息が抜けていく…駄目ね……)

ほむら「は……はは…」

ほむら(痛すぎて笑っちゃうわ……)

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:47:39.70 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「ははは……!!ふふっ!」

ほむら(いいわ…笑えば痛みが逃げる……意識だってわかる……)

ほむら「ふふっ!!」

ほむら(冷たい空気がさらに感覚を研ぎ澄ますわね!!)

ほむら「撃て……る……」

ほむら「嘆きなさい!!」

ほむら「悲嘆の怠惰!!!」

ズドォオオオオオオオオオオオ

ワルプルギス「!!??」

ワルプルギス「!!アハ」ギチギチ

ワルプルギス「ァ………」バキィ

ほむら(あぁ、落ちる…巴マミが助けてくれないと死ぬわよ?)

ほむら「え?ちょっと!!巴マミ!!」ヒュウウウ

マミ「安心して!」シュル

ほむら「ふぅ…ふぅ…助かったわ…」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:51:56.62 ID:xQ2PAFoW0
杏子「やったな……」

マミ「勝ったのね!!」

ほむら「私は右足をなくしたけど」ケンケン

マミ「い、今治すわ!」

杏子「まぁ、流石大罪武装ってところだな」

ほむら「いつつ……結局なんで私の盾の中にあったのよ?」

マミ「たぶん、次元があったから?じゃないかしら?」

ほむら「は?」

マミ「大罪武装は空間にしまえるのよ。それが暁美さんの盾の中に繋がったとかね」

杏子「何言ってんだ?」

ほむら「はぁ、知らないわよ」

マミ「えっ!ひどい!」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:56:56.96 ID:xQ2PAFoW0
ほむら「盾の中入れとけば戻るって事でいいの?」

マミ「えぇ、もしかしたらね」

杏子「なんだよ、最初っからそういえばいいじゃないか」

ほむら「そこに突っ込んじゃ駄目よ、杏子」

マミ「でも、本当にどうしてかしらね、まだ王賜剣ならわからないこともないけどなぜ悲嘆の怠惰が……」ブツブツ

ほむら「戻しておきましょう」

杏子「そうだな、また強ぇ魔女がきたら使えばいいさ」

ほむら(やっと、ループから抜け出せたわ。ありがとう)

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 17:02:22.08 ID:xQ2PAFoW0
---武蔵

ホライゾン「あ?これはこれは」

トーリ「どーしたぁ!?まさか、俺のR元服物のエロゲでも見つけちゃったか!?きゃー!」

ホライゾン「うるさいですね、死んで下さい」

トーリ「ひ、酷い!今ので本当に死んじゃうところだったぜ!!」

ホライゾン(悲嘆の怠惰が戻ってきました。使えないからあっても意味ないですけど)

アリガトウ

ホライゾン(なんでしょうか?やはり怪奇の仕業ですか?)

ホライゾン(でも、ちょっと違う感じがしましたね。ぐっどな感じだったので浅間様には秘密にしておきましょう)


END