1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:23:24.64 ID:Rr+EkYxk0
未央「さあ! やってまいりました、『シンデレラプロダクション チーム対抗リアル野球盤対決!』」

未央「8人の選ばれし精鋭が2チームに分かれて真剣勝負! 互いの意地とプライドを賭けた王者決定戦!」

未央「実況はわたくし本田未央と」

凛「解説の渋谷凛でお送りいたします」

未央「さて、ついに今年もこの季節がやってきたわけですが」

凛「今年もって、第一回でしょ。これ」

未央「あ、そうでした。てへっ☆」

凛「もう……開始早々実況が目立ってどうするの」

未央「それもそうだね。というわけで、早速選手の紹介を――」

??「ちょっとちょっと! 誰かひとり、大事な人を忘れていませんか!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452047004

引用元: モバP「アイドル野球BAN」 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 131
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:27:59.46 ID:Rr+EkYxk0
凛「え?」

未央「その声は!」

??「実況本田未央、解説渋谷凛とくれば、次はもちろん――」




幸子「そう! カワイイボクです!」

幸子「グラウンドレベル輿水幸子が、選手のみなさんの雰囲気を直で感じてお届けしてあげますよ!」

未央「あー、そうだった。さっちーのこと忘れてた」

凛「ねえ、ところで卯月は?」

未央「しまむーなら、あっちでともちん達と一緒にチアリーディングだよ」



智香「フレー! フレー!」

卯月「ガンバレ♪ ガンバレ♪」

智絵里「が、がんばれーっ」


3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:34:50.17 ID:Rr+EkYxk0
未央「では放送席の紹介も終わったところで、いよいよ選手の登場です!」

未央「まず先攻チーム! そのクールな微笑で観客を虜に! 歌だけでなくスポーツもいけます!」

未央「チーム・Coolの皆さんです!」


泰葉「がんばりましょうっ」

のあ「……勝つわ」

真奈美「全力を尽くそう」

晴「たまには野球も悪くないよな」


未央「対するは! かわいさなら誰にも負けない! 野球でもばっちりアピールしちゃうぞ!」

未央「チーム・Cuteの入場だぁ!」



みく「ようやく出番だにゃ!」

まゆ「うふふ、勝ってPさんに褒めてもらいますよぉ」

菜々「ウサミンパワーで、勝利を呼びこんじゃいます!」

友紀「しまっていこー!」


4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:39:55.07 ID:Rr+EkYxk0
未央「では、ここからはグラウンドレベル幸子にインタビューしてもらいましょう」


幸子「ではでは、まずチームCuteから」

幸子「まず訂正として、一番カワイイのはボクなわけですが……」

みく「それはわかったからさっさとインタビュー進めるにゃ」

幸子「あ、ハイ」


幸子「えっとですね。まずメンバーを確認して、ひとつ疑問なんですけど」

幸子「あなたなんでいるんですか」

友紀「へ?」

幸子「チームCuteですよね? 友紀さんはPassionですよね?」

幸子「さもここにいるのが当然のようにマエケン体操始めてますけど、おかしいですからね」

友紀「あー、なんだそんなこと?」

友紀「野球企画とあっちゃ、このあたしが参加しないわけにはいかないでしょ!」

友紀「そもそもこの企画を提案したの、あたしだし。特権だよ、特権」

幸子「はあ、なるほど……よく通りましたね」

幸子「気を取り直して他のみなさんですが、やる気のほどはいかがでしょう」

まゆ「運動は得意なほうではありませんけど、一生懸命がんばります♪」

菜々「ナナはエンジン全開でいきますよーっ。まだまだ若いってことを証明してみせます!」

幸子「17歳ですからね」

菜々「そう! 17歳だからです!」


みく「えー、みくはいつもいつものあにゃんにいじられっぱなしなので、今回はそれに対するリベンジをするつもりでやってきたにゃ!」

みく「覚悟しとくにゃ!」

幸子「と言っていますが、どうでしょう、のあさん」

のあ「………」

幸子「ちょっと目つきが鋭くなりましたね」

みく「ふ、ふんっ。そんなことでビビったりしないにゃにゃ」

まゆ「語尾一個増えてますよ?」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:45:55.11 ID:Rr+EkYxk0
幸子「続いてチームCoolのみなさんです」

泰葉「スポーツ関連のお仕事はこれまでもやってきたので、今回も楽しめればな、と」

真奈美「真剣勝負となれば、精一杯の力で挑むのがマナーだな。100パーセントを出せるよう努力しよう」

のあ「……勝つわ」

晴「サッカーだけじゃないところ、見せてやるぜ!」

幸子「こちらも気合十分のようですね。特に真奈美さんは全打席ホームラン打ちそうな雰囲気です」

幸子「アメリカ仕込みのパワーとテクニックで、試合を盛り上げてくれること間違いなしですね!」

友紀「だけどこっちも負けてないよー? 勝利するために十分な戦力を集めたからね!」

みく「集めたって……友紀チャン、最後の最後に土下座してメンバーに入りたいって頼んできた側だにゃ」

まゆ「さすがに断れませんでしたねぇ。属性の違いとか無視せざるを得ませんでした」

友紀「わーっ! それは言わないでよっ!」


みく「バラエティ的には言った方が盛り上がるし」

友紀「バラエティじゃないよ! 真剣勝負!」

晴「なんかあっち、早速仲間割れ始めてるぞ」

のあ「団体競技はチームの結束が重要……まずは一歩リードね」

菜々「ほらほら、みなさん仲良くやりましょう。仲間なんですから」

友紀「む……そうだね! 力を合わせよう!」

みく「打倒のあチャン! アゲていくにゃー!」

まゆ「がんばりましょうねぇ」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:48:09.92 ID:Rr+EkYxk0
幸子「それではいったん放送席へお返しします」

幸子「あ、それとテレビの前のみなさん! カワイイボクをよろしくお」ブツッ


未央「はいはい、それでは間もなくプレーボールです」

凛「審判の合図で試合開始だね。どっちのチームも頑張ってほしいかな」



輝子「きゅ、球審の星輝子です……ぷ、ぷれいぼーる」

『よろしくお願いします!』

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:51:17.88 ID:Rr+EkYxk0
1回表 チームCoolの攻撃


未央「ではここでルールの確認です」

未央「使用バットは金属バット。使用ボールは軟球です」

未央「球場はネットや線によって細かくエリアがわけられており、打球が止まった位置によって『ヒット』『ツーベース』『スリーベース』『ホームラン』『アウト』『ダブルプレー』という結果が決まります」

未央「ピッチャーは池袋晶葉博士開発のピッチングマシン『な・げーる君3号』。アイドルが打てる程度の球速でボールを投げてくれます」

凛「球種は速めのストレートと遅めのストレート、それとカーブの3つだね」

未央「イニングは5回! 延長は(基本)なしの真剣勝負です!」

未央「なお、本来のフェンスのかなり手前側に仮設フェンスを設置しており、そこを越えればホームラン扱いとなります」

凛「選手は全員女子だからね」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:55:31.40 ID:Rr+EkYxk0
未央「まずは1番バッター、結城晴が右打席に向かいます」

未央「ボーイッシュな女の子ですが、一部ファンからは『すでに色気を感じる』『将来絶対美人になる』との声をいただいております」

凛「少年らしさと女らしさのハイブリッドアイドルだね」

凛「一番得意なのはサッカーだけど、野球もそこそこ自信あるみたいだよ」


輝子「ぷ、ぷれい……」

晴「……えっと、もうちょっとでかい声出せないか? なんか、気合いが入りづらい」

輝子「ご、ごめんなさい」

輝子「デカい声、デカい声……ひっひっふー、ひっひっふー……」


友紀「最初だし、まずはまっすぐで様子見だね」

ビュンッ!

スパーン!

晴「うおっ。けっこー速いな……」

9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 11:58:13.68 ID:Rr+EkYxk0
輝子「………」

晴「……審判? コールを」


輝子「ヒャッハアアアア!!」

晴「うわっ!?」

輝子「アアアアァァアァイ!!」←ストライク


友紀「次もまっすぐで」

ビュン!

スパーン!

輝子「アアアアァァアァイ!!」←ストライク

晴「うるさい! もっと声小さくていいって!」

輝子「あ、すみません……」ショボーン

友紀「ほらほらー、ツーストライクだよ?」

晴「わかってるよ。次こそは」

ふわっ

晴「って、おそっ!」ブンッ

輝子「す、スイングアウト」


未央「まずは先頭バッター、三振に切って取りました」

凛「速い球を続けてからの遅い球。小学生相手にも容赦ないね」

10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:00:35.54 ID:Rr+EkYxk0
未央「続いて2番バッターは岡崎泰葉選手です。左バッターボックスに入ります」

未央「かなり前から子役として芸能界に在籍しており、その芸歴はかなりのもの。
ついたあだ名は『岡崎先輩』」

凛「この世界は芸歴命だからね」

未央「『最近は、笑って仕事に取り組める機会が本当に増えたと思います』と、岡崎泰葉はそう言います。今回もその笑顔をファンの皆さんに届けることはできるのでしょうか」



菜々「どうします?」

友紀「ここもとりあえずまっすぐから入ってみよう」

ビュンッ!

泰葉「っ!」

キィンッ!!

未央「鋭い打球が三塁線!」

未央「しかしこれは惜しくもアウトのゾーンに入りました!」


泰葉「あー、残念……」

真奈美「ナイススイング! タイミングの取り方も悪くなかった」

晴「次は打てるぜ」

泰葉「あはは……ありがとうございます」


11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:04:37.35 ID:Rr+EkYxk0
真奈美「……さて。では行ってくるか」


未央「ツーアウトランナーなしで、最も怖いバッターにまわってきました」

未央「木場真奈美選手、右打席に入ります」

未央「趣味は筋トレと語るだけあって、その肉体美は素晴らしいもの。私も一緒にお風呂に入ったことがありますが、3分見惚れ続けました」

凛「バッティングには技術も必要だけど、どうなんだろう」


友紀「どうする? フォームからしてめちゃめちゃ打ちそうだよ」

みく「ここは慎重にいったほうがいいと思うにゃ」

まゆ「怖いですからね」

菜々「落合さんの現役時代をほうふつとさせますね」


幸子「ちなみに落合博満選手の最後の出場は1998年10月。今から17年以上前ですね」

幸子「カワイイボクは情報収集も早いですね!」フフーン

12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:07:13.52 ID:Rr+EkYxk0
友紀「ここはカーブで」

びゅんっ

真奈美「……ふんっ!」

カキーーン!!

友紀「なっ!」

みく「んにゃっ!?」


未央「おっと初球からカーブを捉えた! 打球はぐんぐん伸びていくー!」

ドンッ

未央「フェンス直撃の3ベースヒット! 一気にチャンス拡大です!」

凛「初球、しかも変化球をいきなりあそこまで飛ばすなんて……」


晴「すげーぜ!」

泰葉「さすがですね」

真奈美「芯で捉えていれば柵越えだったんだがな……まあいい、あとは任せた」

のあ「……ええ」


未央「さあ、チャンスで迎えるバッターは、4番高峯のあ!」

未央「プロダクションきってのミステリアスレディですが、野球の実力はいかほどのものか!」

未央「今、そのベールがほどかれます!」

凛「ここで打てば先制点ゲット。大事な場面だよ」

13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:10:06.78 ID:Rr+EkYxk0
のあ「………」ブンッブンッ


みく「友紀チャン。ここはみくに配球を任せてほしいにゃ」

友紀「え?」

みく「今日のみくはリベンジに燃える復讐の猫だよ」メラメラ

友紀「な、なんか気迫を感じるね……じゃあ、のあさんの相手は任せるよ」

みく「ありがとうにゃ。まず初球は――」

びゅんっ

のあ「!」ブンッ

未央「初球はカーブ。高峯選手、手を出しましたが空振りです」

凛「ちょっとタイミング合ってないね」

びゅんっ

のあ「っ!」

キンッ

未央「2球目もカーブ。今度は当てましたがファールです」

凛「なんとか当てたって感じだね。あれだと前に飛んでもいい打球にはならなさそう」

未央「さて次で決まるのか……おや? なぜか前川選手がピッチングマシンの後ろから出てきました」


みく「へいへいへーい! のあチャンひょっとしてカーブ打てないのかにゃ~?」

友紀「へいへーい! ビビってるビビってるー!」


未央「あーっと! 煽っている! 対戦相手を煽っています!」

凛「猫なで声で挑発……これはイラッとくるだろうね」

幸子「カワイイグラウンドレベルのボクがお伝えします! のあさんの眉間にかすかにしわが現れました!」


14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:12:08.53 ID:Rr+EkYxk0
みく「カーブも打てないようじゃぁみく達に勝つのは10年早いよ!」

のあ「……早く次の球を投げなさい」

みく「は~い」ニャフーン

未央「さて、煽るだけ煽って引っこんだ前川選手ですが――」

ビュンッ!

のあ「!?」

スパーン!

輝子「す、ストライクアウト」

未央「あーっと! なんとあれだけカーブ打てないことを煽っておいて最後は速いストレート! スリーアウトチェンジです」

凛「のあさんは裏をかかれたかな」


みく「いえーい! いえーい!」ピョンピョン

のあ「………」

泰葉「眉間のしわが増えてる……」

真奈美「落ち着くんだ。まだ初回、切り替えていこう」

のあ「……ええ」

晴「みくにゃん、あとでどうなっても知らねーぞ……」

15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 12:14:12.79 ID:Rr+EkYxk0
未央「えー、ここから1回裏に入りますが、ひとつお知らせです」

未央「球審の星さんがコールに自信が持てないとのことで、急遽代役を呼んできました」


時子「えー、球審の財前です(半ギレ)」


凛「なんか怒ってない?」

未央「いきなり暑苦しいマスクをつける羽目になって若干おかんむりとのことです」

未央「選手のみなさん。判定に関する抗議は自由ですが、よく考えてからにしてください」

25: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:02:19.34 ID:Rr+EkYxk0
未央「はい、では改めてCuteチームの攻撃」

未央「1番は前川みく選手。説明不要の猫キャラアイドルです」

凛「前回の総選挙では大躍進で2位を獲得したんだよね」

未央「まさに飛躍のシーズンとなった今期ですが……おや?」

26: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:06:36.37 ID:Rr+EkYxk0


みく「高峯のあーっ!!」


泰葉「呼んでますよ?」

のあ「………なに」


みく「いつもいつもみくをおもちゃにして!」

みく「今日はみくがのあチャンをおもちゃにしてやるにゃ!」

みく「宣・戦・布・告!!」ビシィッ!


未央「あーっと! 前川選手、自らの打席で派手な宣戦布告だー!」


のあ「………」

のあ「……ごちゃごちゃうるさい」ボソッ


みく「」

みく「よ、よっしゃぁー、やってやるにゃぁ」


友紀「声震えてない?」

まゆ「震えてますねぇ」


30: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:13:59.56 ID:Rr+EkYxk0
未央「前川選手、右バッターボックスに入って第一球」

ふわっ

みく「もらったにゃ!」

カキン!

未央「初球の遅いまっすぐを引っ張った! 打球は綺麗に三遊間を破りヒットゾーンへ!」

凛「いきなりの遅い球にもしっかり対応したね。先頭が出たのは大きいよ」

未央「さて、続くバッターは佐久間まゆ選手! 想いはとことん一途がモットーの清純派アイドル! 右打席に入ります」

凛「清純派……?」


みく「まゆチャンファイトー!」

友紀「チャンス広げていこー!」

まゆ「はいっ♪」グッ

32: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:21:27.69 ID:Rr+EkYxk0
真奈美「さてどうするか」

晴「とりあえず速い球でいいんじゃないか?」

泰葉「さっきのみくちゃんみたいに、遅い球のほうがタイミング合いやすいのかもしれませんし」

真奈美「わかった。では速いストレートだ」

ビュンッ!


カキーン!

未央「これもいい当たり! 教科書通りのセンター返しでノーアウト一塁二塁!」

凛「チームCuteは初球からどんどん振ってきてる。これは」

幸子「これはかなり練習してきてますね! グラウンドレベルのボクが言うから間違いありません!」

凛「セリフとられた……」


友紀「ふっふっふ、早速特訓の成果が出てるね!」

菜々「みんなで毎日バッティングセンターに通ってましたもんね」

友紀「野球とあらばあたしのチームが負けるわけにはいかない! さあ菜々ちゃん、やっちゃって!」

菜々「いってきます!」


未央「さあ、チャンスで迎えるのは永遠の17歳アイドル、安部菜々!」

凛「今日のために身体を徹底的に絞ってきたとのことです」

未央「そのバットでチームに先制点をもたらすことができるのでしょうか」

33: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:26:26.37 ID:Rr+EkYxk0
晴「いきなりやばいぞ」

真奈美「一巡目だからといって、少し大胆にいきすぎてしまっていたようだ」

のあ「……ここはカーブね」

泰葉「菜々ちゃんも打つ気満々みたいですし、まずは変化球で前のめりにできればいいんですけど……」

びゅんっ!

菜々「ウサミーン……パワーっ!!」

キィーーン!!

晴「うわ、やばっ!」


未央「これは大きな当たりだー!」

未央「左中間に落ちたボールが転々とフェンスまで向かっていく! さあ、果たしてフェンスのどのゾーンに……!」


友紀「ツーベース、ツーベースのところにいって!」

コロコロコロ……コツン

未央「あーっと、これはファインプレイのゾーンにぶつかってしまった! アウトです!」

凛「惜しかったね。軟球をあそこまで飛ばしただけでもすごいけど」

未央「そうだよね……あれ? なにやらグラウンドの雰囲気がおかしいですね」

34: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:30:10.55 ID:Rr+EkYxk0
晴「た、助かったぜ」


友紀「いいよいいよ、狙いは悪くなかった! あとはあたしが打つから……」

菜々「………」

友紀「……菜々ちゃん?」

みく「打席で固まったまま動かないにゃ」

まゆ「あの、どうかしましたか……?」トテトテ

菜々「………」


菜々「こ、腰が……腰が、動かない」

まゆ「え」

菜々「いた、いたたたた!! 腰が、腰が痛いです!!」

友紀「ど、ドクター! ドクター清良!」

清良「ナースです」


未央「あーっと! どうやら安部選手、先ほどのスイングで腰を痛めたようです!」

凛「フルスイングだったから、かなり負担がかかったんだろうね……初球から無茶やるから」

36: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:40:11.42 ID:Rr+EkYxk0
未央「とりあえずウサミンは一度ベンチに下がります。状態が心配ですが、右バッターボックスには4番の姫川友紀選手が向かいます」

凛「次の打席までに腰が直っていればいいけど……」

未央「姫川選手はキャッツの大ファンであり、以前にはドームで試合観戦をしながらインタビューの仕事をこなすという荒業も行っています」※ユッキのドラマCD参照

未央「しかし、当然自分でプレーするぶんにも問題なしと、そう熱く語っておりました」


友紀「まずは先制点奪取!」

友紀「花は桜木、女は姫川! 目指すは看板直撃だぁ!」


未央「姫川友紀は言います」

未央「野球アイドルとして、この勝負を落とすわけにはいかない。そのために仲間とともに、血のにじむような特訓を繰り返してきたんです」

未央「だからこの試合、自分はアイドル人生を賭けて挑むつもりなのだと」

未央「この場面、4番の仕事を果たすことができるのか!」


37: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:44:57.42 ID:Rr+EkYxk0
のあ「……まずはカーブで様子見」

泰葉「友紀さんの性格上、ここはまっすぐ狙いのはずです」

びゅんっ!

友紀「ふんぬっ」ブンッ

時子「ストライク」

友紀「しんぱーん、もうちょっと気持ちこめられない?」

時子「アァン?」ギロ

友紀「そうそう、そのくらい感情こめた感じで!」

時子「チッ……ストライーク!」

幸子「グラウンドレベルのカワイイボクがお伝えします! 時子さんは、なんだかんだで仕事はちゃんとやる人です!」


真奈美「次、遅いまっすぐでいってみるか」

泰葉「さっきのカーブに近い速度で、今度は曲がらない球ですね」

ふわっ

友紀「今度こそ!」ブンッ

時子「ストライクツー!」

友紀「ちぇー、今度はストレートだったかあ」

まゆ「友紀さん、がんばってください」

みく「ナナチャンの遺志を継ぐにゃ!」


菜々「か、勝手に殺さないでイタタタ」

清良「動かない動かない」

38: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:49:41.11 ID:Rr+EkYxk0
未央「さあ追い込まれました。姫川選手どうする!」


晴「よし、とどめは速いストレートだ!」

ビュンッ!

友紀「……っ!」

キィン!

未央「若干振り遅れたがこれは面白いところにライナーが飛んでいるー!」

未央「フェアかファールか!?」

ポトッ、コロコロ……

未央「これは……フェアです! ツーベースのゾーンにボールが飛びこんだ!」

未央「チームCute、1点先制! なおもワンナウト二三塁!」

凛「必死にボールに食らいついた結果だね」


晴「マジか……さすが野球ファン」

真奈美「あちらのほうが『一球の重み』をより深く理解していた。そういうことだな」

泰葉「でもまだ一点です。ここで止めることが大事ですよ」


友紀「やったーー!!」

みく「ナイバッチにゃ!」

まゆ「まだまだ追加点のチャンスですよぉ」

39: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:53:10.24 ID:Rr+EkYxk0
未央「しかしその後、続く前川選手がダブルプレーに倒れ、スリーアウトチェンジ」

凛「1回が終わって0対1。チームCuteがリードです」



幸子「それで、菜々さんの具合は」

清良「ちょっとプレー続行は難しいですね……」

菜々「ず、ずびばぜん……」シクシク

友紀「菜々さん……あたし達と一緒に戦えないことをそこまで悲しんでくれるなんて」

清良「いえ、これは単純に腰が痛いから泣いてるだけですよ」

40: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 18:58:22.19 ID:Rr+EkYxk0
みく「どうするにゃ? ナナチャンが出られないなら、誰かひとり助っ人を呼ばないと」

まゆ「うーん……」

友紀「………」


智香「ガンバレガンバレナーナ!」

卯月「フレー、フレー、ウサミン!」

智絵里「だい、大丈夫でしょうか……」



友紀「………」

友紀「よし!」

41: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/06(水) 19:01:29.13 ID:Rr+EkYxk0
友紀「智絵里ちゃん、君に決めた!」

智絵里「えっ?」

幸子「なんと友紀さん、応援席でボンボンを振っていた智絵里さんを指名しました!」

智絵里「な、なんでわたし……? 智香ちゃんとか卯月ちゃんの方が」

友紀「あたしの野球人として勘が告げているのさっ」

友紀「だって緒方だし!」ドヤ

智絵里「えぇ……」


未央「チームCute、選手の交代をお知らせします。3番バッター、安部に代わりまして、緒方。3番、緒方智絵里です」

凛「大丈夫かな……」

51: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:10:41.57 ID:6w2xmYw40
未央「試合再開で2回の表。Coolチームの攻撃は……再び1番、結城選手からです」


友紀「まずは速い球でカウントとるよ」

ビュンッ!

晴「……フッ!」

カキーン!

智絵里「きゃっ」

未央「二塁ベースの右をボールが勢いよく抜けていきます! 反撃のチームCool、まずは先頭バッターが塁に出ました!」


晴「こっちだって初球攻撃だぜ!」

のあ「……ナイスバッチ」

友紀「小さい体なのにいいスイングだぁ……野球に鞍替えしてくれないかな」

みく「無理だと思うにゃ」


52: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:14:35.76 ID:6w2xmYw40
未央「その後続く岡崎選手が内野ゴロに倒れ、ワンナウト一塁で迎えるのは3番の木場選手」


木場「よし!」


未央「おっと、木場選手バットを天高く掲げ――」


木場「必殺! 鬼に金棒打法!」ドドン!


未央「なんと予告ホームランだ!」

凛「いつぞやのドリームフェスで着た鬼の衣装は衝撃的だったね」


みく「あれネタでやってるのかにゃ?」

まゆ「多分本気だと思いますよ。木場さんはそういう人ですし」

智絵里「なんにでも全力、だよね」

友紀「くっそー、こうなったら力でねじ伏せちゃうよ! 全力ストレートだ!」

みく「え、いくらなんでもいきなりまっすぐはあぶな」

ビュンッ!

木場「ふんっ!!」

ガキーーーン!!


未央「がつーーーん!!」

未央「いったあああ! これは文句なし! 左中間のフェンスを越えていきました!」

未央「木場真奈美、予告通りの逆転ツーランホームラン! 2VS1!」


泰葉「いえーい♪」

晴「いえーい!」

のあ「いえーい」

真奈美「今度こそ捉えられたよ」ハイタッチ

53: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:19:20.29 ID:6w2xmYw40
友紀「あんぐり」

智絵里「す、すごい音したね。今……」

まゆ「もうちょっとで本物のフェンスに届くところでした」

みく「ありゃダメだにゃ。調子いい時のバレチャン(バレンティン)並みに手が付けられないにゃ」

幸子「みくさんはバレンティン選手の友達かなにかですか?」


未央「この後高峯選手と結城選手が倒れ、スリーアウトチェンジ」

未央「しかしチームCool、すぐさま逆転に成功しました!」

凛「やっぱり木場さんの前にランナーを置いちゃだめってことだよ」


55: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:24:00.52 ID:6w2xmYw40
幸子「未央さん未央さん! Coolベンチを見てください!」

未央「はい? ……ああ、なんとなんと! 高峯選手、優雅に紅茶を飲んでいます! どこからティーカップを持ち出したのか!」



みく「自分は打ってないくせになに余裕ぶってるの!?」

のあ「野球はチーム戦。個人の成績は関係ないわ」ファサッ←2打数無安打

泰葉「そうですね。あ、この紅茶おいしい」←2打数無安打


未央「無安打コンビ、優雅にティータイムです!」

凛「のあさんはともかく、泰葉も結構肝据わってるよね」

未央「芸歴長いから、多少はね?」


幸子「ちなみに紅茶は櫻井家からの差し入れだそうです」

まゆ「なんでCuteじゃなくてCool側に行ってるんですかねぇ?」

56: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:30:25.10 ID:6w2xmYw40
未央「2回の裏。チームCuteは先頭の佐久間選手が内野フライに倒れ、続くバッターは」


智絵里「よ、よろしくお願いしますっ」ペコリ


未央「ウサミンの代役で急遽3番に抜擢された緒方智絵里選手。ファンの皆様からは『天使』『大天使』『クローバー天使』『太鼓の達人天使』などという声をいただいております」

凛「とりあえず天使なんだ」

未央「ここ最近はバラエティでの露出も増えている彼女ですが、この場面でおいしいところを持って行くことはできるのでしょうか」


智香「おがたー!」

卯月「おがたー!」

智香「おがたー!」

卯月「おがたー!」


未央「応援席ではスクワットが始まっています」

凛「緒方だからね」

57: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:35:45.90 ID:6w2xmYw40
晴「あんまり打ちそうに見えないけど」

泰葉「でも智絵里ちゃん、バンジーとかいろいろ経験してガッツに磨きをかけてきてるから」

真奈美「油断は禁物。変化球から入ろう」

幸子「チームCool、初回の失点を反省してここは慎重です」

びゅんっ!

智絵里「わわっ」

スパーン!

時子「ストライーク!」


未央「初球カーブを見逃してワンストライク」

凛「腰が引けちゃってる。あれだと強い当たりを打つのは難しいと思う」

未央「まあ、全然練習とかしてないでしょうしねえ」


智絵里「うう、やっぱり無理だよぅ……」アワアワ

智絵里「野球なんてまともにやったことないのに……」


友紀「智絵里ちゃーん!」

智絵里「?」

58: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:41:04.50 ID:6w2xmYw40
未央「おっと、姫川選手。なにやら緒方選手にジェスチャーを送っているようです」

未央「なにかのサインでしょうか? しきりに右手を縦に振っていますが……」

凛「あれは……チョップ?」


智絵里「………はっ」

智絵里「そういうことだったんだ……友紀さんはチョップの要領で打てって言ってるんだ」

智絵里「チョップにおける縦の動きを横に変換して、それを片手から両手に拡大――」

ビュンッ!

智絵里「標的を捉え、インパクトの瞬間にそれを爆発させるっ!」

カキィン!!

未央「一二塁間破った! 緒方選手、華麗な流し打ちで出塁です!」

未央「まるで人が変わったかのようなバッティングでした」

凛「初めての太鼓の達人で、チョップの要領だけで鬼をフルコンする子だからね」


友紀「さっすが智絵里ちゃん! あたしの目に狂いはなかった!」

幸子「KBYDとキャンディアイランドは何度も激闘を繰り広げてきましたからね。カワイイボク達のライバルなんだから当然です」フンス


真奈美「シングルヒットなら問題ない。後続を抑えるんだ」

晴「しっかし、チョップとバッティングって似てるか?」

のあ「人間の行える動作は、元をたどれば根本は同じよ」

晴「いや、そういうややこしい話をしたいわけじゃなくて」

泰葉「着実に新路線を開拓しつつありますね、智絵里ちゃん……」

59: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:44:28.69 ID:6w2xmYw40
未央「ワンナウトからランナーを出したチームCuteですが、姫川選手がいい当たりの外野フライ。前川選手が三振に倒れて得点ならず」

凛「2回終わって、チームCoolの1点リードです」

66: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:05:12.61 ID:6w2xmYw40
未央「そして迎えた3回の表」


キンッ!


泰葉「ほっ……やっと打てた」


未央「先頭の岡崎選手がヒットで出塁すると」


ぐわらきぃいぃん!!!


真奈美「今のはさっきよりも感触がよかったな。はっは!」

友紀「どうやって抑えるのこの化け物……」


未央「木場選手の2打席連続のツーランで4VS1。リードを広げます」

未央「なお次の高峯選手は速球に詰まりボテボテの内野ゴロ」


みく「あっれー? おかしいにゃー? ひとりだけ一本もヒット打ってない人がいるような気がするようなぁ……?」

のあ「………」イライラ


未央「結局追加点は2点どまりで攻撃を終えます」

凛「えらくスピーディーな実況だね」

未央「全部は番組内に収まらないしね」

67: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:09:15.53 ID:6w2xmYw40
未央「3回裏。ここでも試合が動きます」

未央「ツーアウトから姫川、前川のリバーコンビが単打でつなぎ、チャンスで迎えるは2番佐久間まゆ」


まゆ「毎日が夢のよう……しかしもしかすればそれはすべて白昼夢かも……」

まゆ「エヴリデイドリーム打法!」

カキーン!


未央「三塁線を破るツーベースで、チームCuteが1点を返します」

凛「技名の意図は解説不能です」

未央「なおもチャンスが続きましたが、ネクストバッターの緒方選手はサードライナーに倒れてチェンジ」

未央「3回を終えて、チームCoolが2点のリードです」


みく「うぅ……」

のあ「最初の威勢はどうしたの……?」フッ

みく「の、ノーヒットの選手に言われたくないにゃ!」

のあ「そう……」フッ

みく「鼻で笑うのやめるにゃ! ふしゃー!!」


まゆ「今日のみくちゃんはやたらと噛みつきますねぇ」

晴「この前、また弁当の中のハンバーグ食べられたらしいぜ」

泰葉「それで怒り爆発ということですか……」

友紀「ま、二人とも本気の本気で喧嘩してるわけじゃないし。あたし達は楽しんでやろう!」

真奈美「楽しみながら、かつ真剣に。ステージの上にいる時と同じだな」

智絵里「言われてみれば、そうですね。ふふっ」

68: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:12:46.05 ID:6w2xmYw40
未央「しばらくブレイクタイムを挟んで迎えた4回表には、こんなプレーが飛び出しました」


みく「ワンナウト二三塁で泰葉チャンかぁ」

友紀「よし!」

幸子「? 友紀さん、突然立ち上がって両手を大きく広げ始めました」


友紀「内野5人シフトにしてくださーい!」

まゆ「これ野球盤ですよ?」

幸子「ゾーンの移動は手間がかかるのでダメだそうです。ちひろさんが言ってました」

友紀「えーっ!?」


未央「などというやり取りがあり、このあと抗議に走った姫川選手が遅延行為で退場になりかけるも」

未央「結局は事なきをえて、岡崎選手をダブルプレーに仕留めました」

凛「ここ、木場さんにまわしてたらどうなってたのかな」

69: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:16:08.87 ID:6w2xmYw40
未央「続く4回裏。なんとか反撃の糸口をつかみたいチームCuteは、ワンナウトから前川選手ライトへのツーベース」

未央「佐久間選手にチャンスがめぐってきます」

凛「ここは勝負どころだね」


まゆ「………」

智絵里「まゆちゃん?」

まゆ「まゆはこの打席に賭けます」

まゆ「見ていてくださいねぇ。まゆはやる時はやる女です」

まゆ「決めるべきところで決めて、ゆくゆくはあの人を……」

ビシッ!(バットを天に向ける音)

まゆ「秘技! 絶対特権主張します打法!」バーン


未央「おおっと! ここで佐久間選手のパフォーマンスが炸裂!」

未央「絶対特権とは果たして誰に対してのものなのかー(すっとぼけ)」

凛「誰なんだろうね(すっとぼけ)」


70: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:19:58.94 ID:6w2xmYw40
晴「やる気満々だな」

真奈美「ここは向こうの心意気にこたえ、こちらも真っ向勝負のストレートで」

泰葉「カーブで」

晴「え?」

泰葉「3球全部カーブで。まゆちゃんはここまでカーブにかすりすらしていません」

真奈美「しかしそれでは男気というものが」

泰葉「そんなもの必要ないです」ハイライトオフ

泰葉「絶対特権……潰します」

真奈美「わ、わかった」

晴「こええ……」


ぶんっ
ぶんっ
ぶんっ

輝子「ハチが飛ぶ……フヒ」

時子「スイングアウト」


未央「三球三振! 佐久間選手、絶対特権主張ならず!」


まゆ「全部曲がる球だなんてひどいですよぉ」シクシク

智絵里「よしよし」ナデナデ


泰葉「ここで打たせてもらえるほど芸能界は甘くないですよ」ハッ

晴「すげえ、鼻で笑ってる……」

のあ「女の闘いね」

真奈美「絶対特権をめぐる争いか」

71: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:23:42.30 ID:6w2xmYw40
未央「続く緒方選手も惜しい当たりの内野ゴロに倒れ、結局この回無得点」

未央「チームCoolの2点リードのまま、最終回の5回に突入します」

未央「先頭の木場選手をツーベースに抑えると、後続を出塁させながらも断ち切りなんとか無失点に切り抜けたチームCute。逆転サヨナラへ望みをつなげました」

凛「ツーベースに抑えるって表現おかしいよね」

未央「でもこの場合は間違ってないでしょ?」

凛「確かに」


幸子「チームCute、裏の攻撃の前に円陣を組んでいます」


友紀「みんな聞いて! 泣いても笑ってもこれが最後の攻撃だよっ」

友紀「悔いのないように、思いっきりバットを振っていこう! そして勝とう!」

一同「おーーっ!!」


未央「いいですねー。まさしく団体戦の醍醐味です」

未央「いかがですか、スペシャルコメンテーターの高垣さん」

楓「円陣を組んでエンジン全開ですね」

未央「そうですねえ」

楓「では私は別の番組の収録があるので」

未央「ありがとうございました!」

凛「え、なに。今の一瞬のためだけに来たの、あの人」

73: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:49:48.13 ID:6w2xmYw40
未央「さあ! まず先頭バッターの出塁が重要です」

凛「この回は4番の友紀から。経験者の意地を見せてほしい、かな」



友紀「よーし、なんでもこい!」

みく「友紀チャン頼むにゃ!」

友紀「必殺の! 背番号24打法!」


真奈美「カーブでいこう」

びゅんっ!

友紀「とりゃっ!」

カキーン!

未央「これは綺麗な流し打ち! 姫川選手、シュアなバッティングでまずはノーアウト一塁!」

凛「逃げていく球は逆らわず右へ。バッティングの基本だね」


未央「続くバッター前川みくもセンター前ヒットでつなぎ、同点のランナーが塁に出ます」

未央「ノーアウト一塁二塁で迎えるのは、先ほどカーブで三球三振を喫した佐久間まゆ」

未央「リベンジなるか?」

凛「……左だね」

未央「え……おおっと! 佐久間選手、なんと今までとは異なり左バッターボックスに入りました!」

凛「まゆは両利き。シンデレラプロダクション豆知識のひとつだよ」


74: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 14:58:14.89 ID:6w2xmYw40
泰葉「打席を変えようが同じです。さっきと同じくカーブできりきり舞いに」

びゅんっ!

キィン!

泰葉「なっ!?」


未央「捉えたー! インコースのカーブを引っ張り一二塁間! これで満塁だー!」


まゆ「うふふ……やられっ放しは趣味じゃないんです」ドヤァ


晴「なんで急にカーブが打てるように……」

真奈美「視点の問題だ」

真奈美「ピッチングマシンは右投手の設定だから、カーブは右バッターにとって逃げていくような変化になる」

真奈美「一方左バッターにとっては、自分に向かってくるように見える」

真奈美「まゆにとって、その違いはかなり大きかったんだろう」

のあ「最初から左に立たなかったところを見るに……右のほうが得意ではあるようね」

泰葉「こっちがカーブを投げてくることを想定した切り札、ということですか……やりますね」

75: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:05:39.95 ID:6w2xmYw40
未央「さあさあノーアウト満塁の大チャンス! ツーベースで同点、スリーベースが出れば逆転サヨナラ!」

未央「迎えるは、チョップ打法の使い手、緒方智絵里!」


智絵里「い、いってきます」ガチガチ

友紀「固い固い! 智絵里ちゃん緊張しすぎっ」

智絵里「そ、そんなこと言われても……チャンスだし……」

みく「そういう時は、自分の雰囲気に持っていくにゃ」

智絵里「雰囲気?」

まゆ「たとえば、パフォーマンスで空気を変えるとかですね」

智絵里「ぱ、パフォーマンス……」


未央「なにやら相談をしていた緒方選手、ようやくバッターボックスに向かいます」


智絵里「……こほん」

智絵里「さ、さむーい冬の空に、暖かな一陣の風を……」

智絵里「春風メロディ打法……いえいっ♪」

智絵里「………」


智絵里「や、やっぱり恥ずかしいよぉ」カアァ


チームCute「かわいい」

チームCool「かわいい」

幸子「カワイイ……今のはボクと肩を並べられるほどでしたよ」


未央「相変わらずちえりんはかわいいですなあ」

凛「球ひろいしてるボールボーイの人も、心なしか照れてるように見えるよ」


76: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:09:52.61 ID:6w2xmYw40
智絵里「ふんにゅっ」

カコンッ

未央「しかし肝心のバッティングは内野への小フライ。ワンナウト満塁に切り替わります」


智絵里「よ、余計に緊張しちゃいましたぁ」

みく「どんまいにゃ!」


友紀「よっしゃー! 次あたし、サヨナラグランドスラム狙うよ!」


晴「どうする? 友紀さんは普通にカーブも当ててくるけど」

のあ「……打ち損じを狙うなら、速いストレート」


未央「キャプテン姫川、後続につなぐことはできるのか!」


カキーン!

未央「これはフラフラと面白いところに上がっている!」


友紀「いけ! いけ!」

晴「アウト! アウト!」


凛「……ヒットゾーンに落ちるっ!」


ポトリ


友紀「いよっし!」グッ


未央「姫川友紀、タイムリーヒット! 1点返して4VS3、なおも満塁のチャンスが続きます!」

未央「ダブルプレーなら試合終了、ツーベース以上で逆転サヨナラ。この局面で迎えるバッターは――」

77: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:15:11.52 ID:6w2xmYw40
みく「ふー……」

みく「……っしゃあ!」


未央「1番バッター、前川みくだ!」


智絵里「がんばれーっ」

まゆ「菜々さんのぶんまで、思い切り打っちゃってくださーい」

みく「決めたるで!!」

友紀「みくにゃん、訛ってる訛ってる」

幸子「有名な豆知識ですが、みくさんは大阪出身です」


真奈美「もうヒット一本も許されない状況だな……」

晴「打ってるんだよなあ、みくにゃん」

のあ「……まっすぐで勢い勝負しかないわ」

泰葉「遅い球はうまく拾われそうですし、力で押して打ち損じを狙う……確かにそれしかなさそうです」

78: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:22:46.53 ID:6w2xmYw40
未央「打席に立つ前川選手の肩には、当然相当のプレッシャーがのしかかっていることでしょう」

未央「しかしこの一年、彼女は常にプレッシャーと戦い続けてきました」

未央「総選挙2位という肩書きの重み、Cute属性最高順位という肩書きの重み」

未央「前川みくは言います」

未央「総選挙の結果は想像をはるかに超えて良いものでした。もちろんうれしいけど、同時に悔しさも感じますと」

未央「もう少し自分が頑張っていれば、Cuteアイドルがシンデレラガールになれていたのではないか?」

未央「第3回総選挙2位の安部菜々と、何度も同じ会話を交わしました。そしてそのたびに、互いに悔しさを再確認しました」

未央「その悔しさを、今ここで力に変えることができるのか!」


みく「秘技! シンデレラガール奪取打法!」


晴「まあ」

のあ「こちらに」

真奈美「シンデレラガールは」

泰葉「いませんけどね」


未央「どう思われますか、解説の渋谷さん」

凛「初球が勝負だろうね」←3代目シンデレラガール

未央「なるほど」

79: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:25:59.25 ID:6w2xmYw40
未央「さあ、その注目の初球」


ビュンッ!

みく「………っ!!」


キイィィン!!


未央「打ったああ! これは大きい!」


泰葉「うそっ!?」


友紀「いけっ! 入っちゃえ!」


未央「大きな当たりが左中間に伸びていく! 伸びていく!」

未央「全員がその行方を見つめる中――」

80: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:29:46.58 ID:6w2xmYw40

ドンッ


未央「ツーベースのゾーンに激突しました!!」

未央「チームCute、逆転サヨナラーーー! 4VS5!!」


みく「やったああああ!!」ピョンピョン

智絵里「す、すごいっ」

まゆ「やる時はやる女ですねぇ」

友紀「みくにゃん! 次のシンデレラガールは君だ!」


凛「プレッシャーに負けず、迷いなくフルスイングした結果だね。この場面であれだけの振りができるのはすごいよ」

未央「本当に素晴らしいバッティングでした!」

81: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:32:58.01 ID:6w2xmYw40
友紀「さて! それじゃあご飯食べに行こうか!」

みく「今日はみくがおごるにゃ」

まゆ「気前がいいですね♪」

智絵里「えへへ、ゴチになります」

ワイワイ


泰葉「……あの」

友紀「ん?」

泰葉「その……もう1イニングだけ、やらせてもらえないでしょうか」

みく「にゃ?」

晴「ほら、まだどうしても物足りないっていう人がこっちにいて……」


のあ「………」←無言の素振り中


幸子「ちなみにのあさん、いまだに唯一ノーヒットです」

幸子「いい当たりもあったんですが、ことごとくアウトのゾーンに飛んでいきました」

83: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 15:36:29.76 ID:6w2xmYw40
みく「うーん、別にやってあげなくもないんだけど~」

みく「人にものを頼む時は、それにふさわしい態度ってものが」

友紀「いいよ、やろうやろう!」

みく「そう、やろうやろう……って友紀チャン!? なにあっさりOKしちゃってるの!」

友紀「へ? だってもう1イニングできるんでしょ? そっちのほうが楽しいじゃん」ニコニコ

みく「それはそうかもしれないけど、せっかくこっちが優位に立ってるんだから……まあいいにゃ」

まゆ「友紀さんは本当に野球が好きなんですね」

智絵里「みくちゃん、毒気を抜かれちゃった感じ……かな」

みく「トクベツに、もう1イニングだけやってあげるにゃ!」


未央「というわけで泣きの1回! 延長戦突入です!」

凛(知ってた)

86: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:02:41.42 ID:6w2xmYw40
未央「さあ、気を取り直して6回の表。チームCoolの攻撃です」

未央「バッターボックスに向かうのは、1番の結城晴」


真奈美「晴も何かパフォーマンスをやってみたらどうかな」

晴「パフォーマンスねえ……」


晴「目指すはエースストライカー打法!」


ガコンッ

未央「結城選手、力のない内野フライに倒れました」


晴「おっかしいなあ」

友紀「野球の試合でエースストライカー打法ってどういうこと?」


87: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:04:23.63 ID:6w2xmYw40
未央「先頭バッターが倒れ、迎えるは2番の岡崎選手」

凛「なんとか木場さんの前にランナーを置きたい。ここ、重要だよ」


智香「フレー、フレー、や・す・は!」

卯月「岡崎最高~~!!」


未央「子役時代、岡崎泰葉は周囲を競争の相手としか認識していなかったそうです」

未央「周りの他の子役たちは敵であると、そう考え自分を追いこんでしまった……」

未央「ですがアイドルに転向してから、彼女は知りました」

未央「周りにいる子達は、決して敵ではない。ともに高みを目指す仲間なのだと」


泰葉「………ふう」


未央「しかし、仲間とはいっても馴れ合いだけの関係ではもちろんありません」

未央「決して敵対する存在ではありませんが、ライバルであることもまた確かなのです」

未央「だから時には、そのライバルを打倒しなくてはならない! 岡崎泰葉の心の内には、隠された闘志が燃えたぎっています!」


泰葉「……秘技」

泰葉「ウォーズマン打法!」


凛「闘志がある割には打法名がふざけてない?」

88: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:07:44.71 ID:6w2xmYw40

カキーン!


未央「出ました出ました! フェンスに到達するツーベース!」

凛「打つんだ……」

未央「さあ面白くなってまいりました! 同点のランナーを得点圏において、迎えるはここまで長打しか打っていない木場真奈美!」


真奈美「さて……ん?」


友紀「真奈美さーん! 敬遠でお願いします!」


未央「チームCuteは勝負を避けることを選択」

凛「サヨナラのランナーを出してまで敬遠……これは後ろのバッターとしては屈辱だよ」


のあ「………」ゴゴゴゴ

真奈美「任せた」

のあ「ええ……」ゴゴゴゴ

幸子「す、すごい迫力です。カワイイボクも思わずのけぞってしまいます」


未央「ワンナウト一塁二塁で、4番の高峯のあが右打席に立ちます」


友紀「みくにゃん、煽りにいかないの?」

みく「さすがにここは自重しとくにゃ」

みく「ここで上手い具合に煽れるだけの技術はみくにはないから」

まゆ「あったらそれはもう芸人さん級ですよねぇ」

89: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:12:01.71 ID:6w2xmYw40
未央「ミステリアスな鉄仮面も、今日は何かと狂いがちでした」

未央「いつもいじる対象だった前川選手から、逆にいじられたから、というのもあるでしょう」

未央「ですがそれ以上に、チームに貢献できていない悔しさがくすぶっているはずです」

凛「名誉挽回、ラストチャンス……私達の知っているのあさんなら、ここは」

未央「期待に応えられるか、高峯のあ!」


びゅんっ!

のあ「ふっ!」


カキーーン!!


未央「カーブを捉えたーー!!」


みく「んにゃっ!?」

友紀「まずいまずいまずい!」


未央「右中間方向、ボールが転々としているー! どこで止まるのかー!」

90: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:15:08.75 ID:6w2xmYw40
コロコロコロ……


のあ「………」


のあ「………ふっ」ガッツポーズ


未央「出ました逆転タイムリースリーベース! 6VS5!」

凛「ついに目覚めたね」


晴「やったぜ!」

泰葉「さすがのあさん、決めてくれました!」

真奈美「ふっ……やると思っていたよ」


智絵里「逆転されちゃった……」

みく「やっべーにゃあ」

友紀「やばいねー」

まゆ「とりあえず、これ以上点はあげられません」


未央「なおもワンナウト三塁のチャンスでしたが、ここで追加点はならず。チームCute、なんとか踏ん張りました」

未央「しかし点差は逆転! チームCool、1点リードで6回裏を迎えます」

91: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:18:39.49 ID:6w2xmYw40
智香「ガッツだガッツだキュート!」

卯月「燃えろ、燃えろ、キュート!」


みく「延長認めておいて負けるのはカッコ悪いにゃ!」

友紀「もう一度逆転してやろう!」

智絵里「おーっ!」

まゆ「まずはまゆからですね……いってきます」


未央「先頭の佐久間選手、左バッターボックスに入ります」

凛「左に入らないとカーブが打てない。ただそれだと」


ガキッ!


凛「こういう風に真っ直ぐに詰まっちゃうんだよね」

未央「右打ちのほうがスイングスピードが出るようです。佐久間まゆ、ボテボテのサードゴロでワンナウト」


まゆ「すみません……」

友紀「いいよいいよ、切り替えていこっ」


カキーン!

友紀「ほら、智絵里ちゃん塁に出たよ! よーし、こっから逆転逆転!」

まゆ「……そうですね。次は、打ちます」フフ

みく「友紀チャンのモチベーターっぷりはさすがだにゃ」

93: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:22:41.98 ID:6w2xmYw40
未央「緒方選手、2球目の緩いストレートを叩いてライトへのヒット」


友紀「さーて、ここはサヨナラホームランを……と言いたいところだけど」

キィンッ!


友紀「よしっ!」

未央「低い弾道で鋭い打球が飛んでいく! 一二塁間を破るヒット!」

凛「強振せずにつなぐ意識が出たバッティングだったかな」

未央「これでワンナウト一二塁、再び逆転サヨナラのチャンスが到来です!」

未央「そしてまたもや迎えるバッターは、前川みく!」


みく「決めたるで!」

友紀「だから大阪弁出てるって!」

94: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:26:30.93 ID:6w2xmYw40
のあ「……ダブルプレーにしてあげる」

みく「なにおう! 笑ってられるのも今のうちにゃ!」

のあ「いえ……あなたで終わりよ、みく」

みく「やってやるにゃあ!!」

95: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:27:18.46 ID:6w2xmYw40

no title

96: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:31:48.74 ID:6w2xmYw40
友紀「ほらみくにゃん、立って立って」

みく「もうダメにゃ……シンデレラガールが遠のいていく……」

友紀「試合が終わるまではちゃーんと応援すること! キャプテンの命令!」

みく「わかったにゃ……」


未央「なんとか立ち上がり、仲間の応援に切り替えます」

凛「試合はまだ終わってないからね」


キィンッ!


まゆ「うふふ、終わらせませんよぉ……こう見えてもまゆは執念深いんです」


凛「見たまんま執念深いと思うけど」

未央「つないだ! つないだ! チームCuteの試合は、まだ終わらなーい!!」


97: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:35:42.07 ID:6w2xmYw40
晴「満塁か……」

のあ「ここまで来れば、もはや意地と矜持の勝負……」

真奈美「同感だ。できればマシンではなく、私自身がボールを投げたいところだが」

晴「そっちのほうが抑えられそうだけど、さすがにダメだろ」

真奈美「冗談だよ。ははっ」

泰葉「……なんだかんだで、試合を通して打ち解けられましたね。私達」

真奈美「そうだな」


未央「さあ、打席に向かうのは緒方智絵里……ん?」



みく「智絵里チャン、頼んだにゃ!」

友紀「バッティングの基本を思い出してね!」

智絵里「は、はいっ」

智絵里「バッティングの基本、バッティングの基本……」

智絵里「チョップ……バッティングの基本……」

智絵里「………あれ?」

98: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:39:16.95 ID:6w2xmYw40
まゆ「どうかしましたか」

智絵里「あの」


智絵里「今気づいたんですけど……チョップとバッティングって、似てなくないですか?」

みく「……え、いまさら?」

智絵里「ど、どどどどうしよう。意識したら一気に不安になってきちゃった……打てる気しません」ガタガタ

みく「いやいやいや! さっきまで普通に打ってたでしょ!?」

智絵里「あれは、チョップと同じだと思ってたから……でもよく考えたら全然違うよぅ」

友紀「うーむ……どうやらここまで、智絵里ちゃんは一種の自己暗示をかけてたみたいだね」

まゆ「それが解けてしまった、ということですかぁ。でも、ここで智絵里ちゃんが打てないと……」



??「打ちます」

まゆ「え?」

友紀「そ、その声は!」


未央「おーっと! ベンチから現れたあの人影は!」



菜々「ナナが智絵里ちゃんの代わりに打ちます!」

99: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:44:50.82 ID:6w2xmYw40
みく「な、ナナちゃん!? 腰の具合は大丈夫なの?」

菜々「芳乃ちゃんの針治療で治してもらいました」

友紀「そんなにすぐ治るものなの?」

菜々「ナナもぶっちゃけ信じられませんが、治ったものはしょうがないです」

まゆ「東洋の神秘ですねぇ」

幸子「神秘って便利な言葉ですよね」

友紀「でも野球のルール上、一度交代した選手を同じ試合でもう一回出すのは……」


泰葉「かまいませんよ」

みく「泰葉チャン。それに他のみんなも」

晴「こっちだって、ルール破って泣きの1回やってもらってるんだし」

真奈美「そのほうが後腐れなく終われるだろう」

のあ「………」コクリ


智絵里「菜々さん……お願いします」

菜々「……ありがとうございます! ナナ、いきますっ!」


智香「フレー! フレー! ウ・サ・ミン!」

卯月「ミミミン、ミミミン、ウーサミン!」

100: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:47:28.96 ID:6w2xmYw40
未央「安部菜々は言います」

未央「アイドルとは、みんなに夢を見せることが仕事だと」

未央「こんな自分でも輝けるから、あなたもきっと輝ける。そう信じてもらえるくらいの魅力を持ちたいと」


菜々「ウサミンパワー注入! メルヘンチェーンジ!」


未央「つまりこのバットには、アイドルウサミンを信じるみんなの想いがこもっているということです!」


みく「ミミミン! ミミミン!」

友紀「ウーサミン!」

まゆ「ミミミン! ミミミン!」

智絵里「ウーサミンっ!」

101: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:50:47.04 ID:6w2xmYw40
のあ「……受けて立つわ」

晴「頼むぜ、な・げーる君3号」

泰葉「いきましょう」

真奈美「真っ向勝負だ!」

ビュンッ!!

未央「勝負の一球が投げ込まれる!」


菜々「………!!」


カキーンッ!

未央「打ったああぁ!!」

凛「ちょっと詰まったけど、振りぬいた!」

未央「打球の行方は、そして勝敗の行方は――!」

103: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:55:39.26 ID:6w2xmYw40



友紀「今日はみんな、お疲れ様でしたー!」

一同「お疲れ様でしたー!」

ぱちぱちぱちぱち……


みく「いやあ、ほんと疲れたにゃあ」

のあ「みく……オレンジジュース」

みく「……変な物入ってないよね?」

のあ「時と場合は弁えている……そのつもり」

みく「……わかったにゃ。ありがとう、のあチャン♪」

のあ「………」

のあ「今日は……ハンバーグをおごるわ……」


晴「こーいうの、なんかいいよな。試合が終わったらみんな仲間って感じで」

まゆ「ふふ、そうですね」

智絵里「打ち上げって、楽しいよね」


真奈美「腰は大丈夫なのか?」

菜々「ええ、おかげさまで……ただ、やっぱり身体は大事にしないとですねえ」

真奈美「普段から身体を動かしておくことは大切だ。よかったら、私の毎朝のロードワークに付き合うか」

菜々「ろ、ロードワーク……ひ、控えめでいいなら」

真奈美「わかった、控えめだな!」ニカッ

菜々「控えめですよ! ほんとに控えめですよ! フリじゃないですからね!」



未央「しまむーとともちんも、応援お疲れ様!」

卯月「がんばりました。ぶいっ」

智香「みんなが汗を流している姿、やっぱりいいですよね!」

凛「にしても、未央は実況が板についてたよね」

未央「そう? いやー、それほどでも!」

幸子「ボクもグラウンドレベルとしての仕事を完璧にこなせましたね!」

輝子「……暇だった……」

時子「チッ……せめて今度はもっと目立つ仕事をよこしなさい。豚」

104: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 16:59:50.98 ID:6w2xmYw40
友紀「次の試合は、あたしもPassion軍を引き連れて参加するからね!」

友紀「プロデューサー、そういう方向でお願い!」

友紀「ね、いいでしょ? ねーねー」


友紀「野球はいいもんだぞー! 野球は楽しいぞー!」

105: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 17:01:52.93 ID:6w2xmYw40
瑞樹「はい。というわけで、以上が野球コーナーでした」

早苗「波乱続きだったけど、いい試合だったわね」

瑞樹「そうね」

瑞樹「では続きまして、世界のヘレンとこずえが巡るゴルフコースのコーナーに――」


おわり

110: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 17:41:32.66 ID:6w2xmYw40
あ、言い忘れてましたが勝敗は皆さんのご想像にお任せします