1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:03:49 ID:/pRZLvc2
女「ここに接着剤があるじゃろ?」

( ^ω^)
⊃接着剤

男「うん」

女「これをこうして…」

( ^ω^)(・ω・`)
  ≡⊃⊂≡

( ^ω^)(・ω・`)
   ⊃⊂

(´・ω・)(・ω・`)
   ⊃⊂

(;・ω・)(・ω・`)
   ⊃⊂

男「…で?」

女「?」 



2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:09:03 ID:/pRZLvc2
男「いや、『?』じゃなくて…これ、どうやってのけるの?」

女「さぁ?」

男「えっ」

女「えっ」

男「…女?」

女「なんだい男よ(`・ω・´)」

男「何で偉そうなんだよ…じゃなくて、どうやってのけるの?」

女「別にこのままでもよくない?」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:14:01 ID:/pRZLvc2
男「えっ」

女「えっ」

男「女…さっきから大丈夫?まぁいつもからちょっとおかしいけど」

女「おかしいとは失礼な!」

男「ていうか…何でいきなりこんなことを…はぁ…」

女「ため息すると幸せが逃げるんだよ!」

男「えぇ…これ君のせいなんだけど…」

女「何でこんなことしたかって?」

男「無視かよこんちくしょう」

女「聞きたい?」

男「別にどっちでもいいけど…」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:20:51 ID:/pRZLvc2
女「聞きたい?」

男「だからどっちでもいいっt「聞きたい?」わーとっても聞きたいです」

女「しょうがないなぁ、男は」

女「それじゃあ特別に教えてあげよう!」

女「そう…これはとおいとおい昔の物がt「はいストップ」なんだよ男」

男「なにその壮大な前フリ」

女「なんかかっこよくね?」

男「つっこまねえぞ…俺はつっこまねえぞ…」

女「ちぇ…つまんない」

男「いいから続きは?」

女「で、男の家に来る途中だったんだけど…」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:33:43 ID:/pRZLvc2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女『僕の名前はヤン坊~♪僕の名前はマー坊~♪二人合わせてヤンマーだ~♪』

?『そこのお嬢ちゃん、ちょっといいかい?へへっ』

女『わたし?』

?『あぁ、君さ!へへっ』

?『お嬢ちゃん、可愛いね』

?『よかったら、これ…もらってくれるかい?へへへっ』

女『これは…?』

?『接着剤だ…ただし、普通の接着剤とは訳が違う』

?『詳しくは使用法を見てくれればいい』

?『じゃあな、お嬢ちゃん』

女『おっちゃんはやっ!』

女『ま、いっか!とりあえず男ん家いくまでに使い方見てみよっと』 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:43:39 ID:/pRZLvc2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男「うん…いろんな突っ込みどころあるけど、まずその接着剤はどこにある?」

女「これだ!」

男「ちょっとかしてくれ」

女「ほい」

男「なになに?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:49:11 ID:/pRZLvc2
瞬間接着剤ハガサナイ

使用方法
1,接着する人の体に本製品をつけます
2,接着したい人に本製品をつけた状態の人を接着します
3,完成です
※本製品を使用した場合、特定の条件を満たすまで決して剥がれません

男「…」

女「…」

男「なあ、女…」

女「?」

男「特定の条件ってなんだ?」

女「さあ?」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 02:55:11 ID:/pRZLvc2
男「えっ」

女「?」

男「このままだと剥がせないよ?」

女「ちっちゃいこと気にしてたら女の子にもてないよ?」

男「全然ちっちゃくないわ!え、飯はまだいいとしてだよ!?風呂とかトイレどうすんの!?」

女「しまった…」

男「まさかの考えなし!ありえねぇ…ありえねぇよ女さん」

女「ほめんなほめんな///」

男「ほめてないよちくしょう」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 03:06:43 ID:/pRZLvc2
男「パソコンパソコンっと…」

女「目の前にこんなに可愛い女ちゃんがいるのにパソコンなんてするのねっ…!」

男「接着剤のはがしかた検索してるだけだよ…」

男「あ、でてきた…なになに…?ぬるま湯にしばらくつける、軽石で擦る…軽石で擦るのは無理だな…ってことはぬるま湯か…」

男「女、浴場にいくぞ」

女「やだ…///男のえっち…///」

男「はいはい…」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 03:29:50 ID:/pRZLvc2
~浴場~
男「準備できた」

女「優しくしてね…///」

男「はいはい…」

~30分後~
男「手が痺れてきた…」

女「ねぇ…男…これいつまでやるの?」

男「…やめよう」

女「あっ、男!急に立ったらーーーーー」

男「うおっ」フラッ

女「きゃっ!」

男(やばい…女押し倒したような体制になってる…)

女「男…?///」

男(やばい…顔真っ赤な女可愛いすぎんだろ…)

女「男さーん?そろそろ離して欲しいんですが…///」

男「あ…すまん、女///」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 03:44:11 ID:/pRZLvc2
女「とりあえず部屋戻ろっか!」

男「あっ、ああ!そうだな!」

~男の部屋~
男(帰ってきたのは)

女(いいんだけど…)

男・女((気まずい…))

男(なにか…話題をふらないと…)

男「そういやさ、女」

女「なっ…なにかな!」

男「もう夕方なんだけど…どうする…?」

女「あ、今日は家に帰ってもパパとママいないから!」

男「じゃあ大丈夫か…ってだいじょばないよ!」

女「男の親御さんも今日は帰ってこないんでしょ?」

男「そういう問題じゃ…」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 03:51:32 ID:/pRZLvc2
女「それともなに?わたしに欲情しちゃう?」ニヤニヤ

男「ばっ…んなわけねえだろ!///」

女「じゃあ大丈夫だね!」

男「ったく…」

女「じゃあ暇だしオセロでもしようか!」

男「俺に勝てるかな…?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女「もうやめよーよ…」

男「あと一回!あともう一回だけ!」

女「それ何回目だよ…いい加減お腹すいたよ…」

男「もうこんな時間か…しょうがない、ここは俺の敗けでいいよ」

女「男はほんとオセロ弱いよね…」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 03:58:23 ID:/pRZLvc2
~リビング~
男「確か母さんが作り置きしてたから、女はそれ食べてくれ」

女「男はどうすんの?」

男「適当にカップラーメンでも作る」

女「そんなの悪いよ…」

男「気にすんなって!そんなの接着剤つけられたのに比べたら全然だから」

女「そっちは全然気にしてないから大丈夫」

男「むしろそっちの方を気にして欲しいなぁ!」

女「せめてはんぶんこにしよ!」

男「女の耳には都合のいい言葉しか聞こえないのか…」 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 04:26:51 ID:/pRZLvc2
女「男…大変なことに気がついたよ…」

男「なんだ?地球は回ってるってことか?」

女「果てしなくどうでもいいねそれ…」

女「じゃなくて!今、手繋いでるじゃん?」

男「うん」

女「わたしは右利きな訳ですよ」

男「俺もだ」

女「ご飯が食べれないじゃん!」

女「だからさ、男…食べさせて…?///」

男「別にいいよ」

女「いや、やっぱなんでもない!///…ってえっ?いいの?」

男(女がかわいすぎていきるのが辛い)

男「じゃあほら、あーん」

女「あ、あーん///」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 04:40:23 ID:/pRZLvc2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女「ごちそうさまでした…///」

男「ふぅ…意外と量あったな…」

女「そ、そだね…///」

男「テレビでもつけるか…」ポチッ

『駄目よ、真司さん…夫が帰ってきちゃう』

『いいじゃないか…麗子さん…凄く…綺麗だよ』

男「…」ポチッ

女「…」

男「そういや風呂どうする?」

女「入りたいけど…ねぇ…」

男「着替えとか持ってきてる?」

女「持ってきてないけど…ってえぇっ!入るの!?」

男「俺の服でよければ貸すよ」

女「えっ、入るの?ねぇ」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 06:19:03 ID:/pRZLvc2
~欲情~
男「女っ!」ガバア

女「ちょっ、男…だめだよ…」

男「そんなの知るか!」

女「男…」

女「優しく…してね…」


男「という夢を見たのさ☆」

女「死ね、氏ねじゃなくて死ね」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 06:30:05 ID:ikYsbsuU
いい天気だ 

20 :>>18はネタです、本編に関係無いです:2013/04/05(金) 06:32:10 ID:/pRZLvc2
~浴場~
男「今、わたしは目隠しを条件に女さんと風呂に入っています、服はどうしたかって?こまけぇこたぁいいんだよ!」

女「誰に説明してんの?」

男「そういやさっき変な夢を見た気がするんだけど話、聞いてくれないか?」

女「いや」

男「女…俺はお前をそんな風に育てた記憶はないぞ…」

女「男に育てられた記憶はないかな!」

男「そんな風に駄弁ってるうちに体全部洗い終わったんだけど…」

女「それがどうした?」

男「髪…洗って?///的なイベントはなかったんや…」

女「あっそ…じゃあ風呂入ろうよ」

男「そうだね…じゃあ俺が先入るからその上にのって」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 06:41:29 ID:/pRZLvc2
女「これでいいかな…?」

男「やばい…とにかく色々やばい…特に俺の息子がやばい」

女「冗談めかしてるけど、男心臓バックバクだね」

男「ばっ、んなわけあるか!」

女「じゃあこの音はなにかな?」

男「魂が叫んでるだけさ」

女「男が厨二病こじらせた…」

男「でもさ、よく考えてよ」

男「なんの因果か、こんな可愛い女の子と風呂に入るって言う男のロマンを今果たしてるんだよ?」

女「しかも抱き締めちゃってますしね」

男「接着剤の位置的にそれはしょうがない」

女「まあ?わたし可愛いし?そうなるのも当然だよね」

男「ああ、女は可愛いよ」ボソッ

女「ふにゃあっ!///耳元でささやくな!///」

男「定番の耳が弱いって言うアレですな」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 06:55:04 ID:/pRZLvc2
女「次やったら、へし折るからね!」

男「冗談に聞こえなくて怖いですやめてください」

女「ていうかいい加減でようよ」

男「そうだね」

女「わたしが先に出て引っ張ればいい?」

男「いっつも使ってるし感覚でわかるよ」

女「わかった」

男「よいしょっと…あっ」プニッ

男「ん?なんだろこれ…?」プニプニッ

女「…」

男「まさか…胸…」

女「ねえ…男…」

男「アッーーー」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 10:13:34 ID:/pRZLvc2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~男の部屋~

男「はっ!記憶がない!いつのまにか部屋に!」

女「やだなー男ったら…お風呂入って゛何事もなく゛部屋に戻ったら急に男が休むって言い出したんじゃん」

男「覚えてるのは断崖絶壁だけだ…」

女「男…?」

男「やばい…なにか得体の知れないなにかが…」

男「てか、それよりさ」

女「なんだい?男」

男「何で二人でベッドにいるの?」

女「なりゆき?」

男「しかも俺!はだか!」

女「…///」

男「えっ、何があった」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 10:56:31 ID:/pRZLvc2
女「男…ちょっと聞いてくれない?」

男「いきなりだな、まあいいけど…」

女「えっとさ、今日接着剤つけたじゃん?」

男「それが今日の始まりだったな」

女「実ははがしかた、知ってるんだけどね」

男「まじか!」

女「でもはがすためには男に聞きたいことがあるんだ」

男「…」

女「そもそも接着剤使ったのは、わたしが言う勇気でないへたれだからきっかけ作るためだったの」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 13:10:51 ID:/pRZLvc2
女「冗談や茶化しじゃなくてほんとに聞いて欲しい」

女「男が好きです」

女「これがわたしの嘘偽りない正直な気持ち」

女「男はわたしのことどう思ってる?」

男「……」

女「やっぱだめかーそうだよね!男もて「好きだ」るもんね…って、えっ?」

男「だから女が好きだって…だいたい好きでもないやつをいつも家に呼んだり風呂に入ったりしないだろ…」

男「あと俺はもててねぇよ…てか女のほうがもててんだろ…」

女「えっ、ほんとにわたしでいいの?わたしがさつだし、可愛いげないし…」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 13:19:50 ID:/pRZLvc2
男「おまえでもいいんじゃなくて、お前じゃないとだめなんだって…」

女「ほんとのほんとにわたしでいいの?」

男「あぁ…もうっ!じれったい」

男「これでいいだろ!///」チュ

女「えっ…いま…男がわたしに…///」

男「あれ…接着剤がはがれた…」

女「特定に条件はキスすることだったからね!」

男「えっ…もし俺がお前の告白断ったらどうしたんだ…?」

女「そりゃあわたしが唇奪ってましたよ」

男「うわあ…女って怖い」

女「まあ結果オーライだからいいじゃん!」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 13:25:21 ID:/pRZLvc2
男「まあそりゃそうだけど…」

女「わたし執念深いからね?もう絶対男の事離さないから」

男「さすがに学校とかではやめてくれよ?」

女「んーどうしよっかなー…じゃあ…もう一回してよ…///」

男「え?何をだ?よくわかんないから教えてくれないか?」ニヤニヤ

女「だから…その…キス…んっ」

男「これでいいか?」

男「女が可愛すぎて生きるのが辛い…」

女「ばかっ…///」 


28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 13:27:39 ID:/pRZLvc2
てなわけで終わりです
べったべたなエロなしのいちゃいちゃもたまにはいいよね!
他にかいてないやつあるのに新しく書いちまったorz