1: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:19:29.66 ID:hHK52BtS0
今日は7月18日。

律子さんから特別にお許しをいただいて、プロデューサーさんと一日お出かけです。

ほんとは明日の誕生日の方がよかったけど……。

忙しい彼と私が揃ってお休みを取れるのは、今日だけ。


今日はデート……なのかな?

彼がどう思っているかはわかりません。

でも、私にとっては、とてもとても大切な日。


やっと見つけた、私の運命の人。

あなたも、私に気づいてくれるといいな……。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374157169

引用元: あずさ「私がセーラー服に着替えたら」 


 

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 05
ゲーム・ミュージック 菊地真(平田宏美) 三浦あずさ(たかはし智秋)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2009-07-01)
売り上げランキング: 43,444
2: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:21:22.21 ID:hHK52BtS0
それじゃ、そろそろ着替えて……。

あら、これ……高校の制服?

白と黒のオーソドックスなセーラー服……ふふ、懐かしいわね。


時間はまだ少しあるし……久しぶりに着てみようかしら。

体型はそれほど変わってないはず……よね?


うん、胸周りは少し苦しくなった気がするけど……。

お腹……お腹!?

気のせいよ! きっと気のせい!

ほら、入った!


お酒は少し控えよう……。


外出用のメガネをかけて……はい、できた。

ふふ……このまま待ち合わせに行ったら、彼どんな顔するかしら?

本物の女子高生みたいで、私だって気づかない?


ないわね、うん……。

3: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:22:43.37 ID:hHK52BtS0
あら、こんなことしてるあいだに、もう時間が……。

急いで着替えないと。


 ♪~~♪~~

携帯に……プロデューサーさん?

あらあら、早く出ないと。


あずさ「もしもし、お待たせしました。…………はい、おはようございますプロデューサーさん」

 ウロウロ…

あずさ「はい、今から出るところで…………ええ、そうです」

 ウロウロ…

あずさ「大丈夫ですよ、そこなら私一人でもいけます…………もう、どういう意味ですか?」

 ウロウロ…

あずさ「ふふ……はい、それじゃ10時に…………はい、失礼します」

 ピッ


もう、プロデューサーさんったら。私が迷子になるって決め付けて。

私のほうが先に行って、驚かせて……あら?


ここは……どこかしら?

4: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:24:25.21 ID:hHK52BtS0
あずさ「あの……ここはどこでしょうか?」

通行人「はい? ○○駅前ですよ?」

あずさ「あら、ほんと。あ……ありがとうございました」ペコッ

通行人「いえ?」


おかしいわね。お家にいて、プロデューサーさんと携帯で話してたはずなのに……。

ん~……?

まあ、まだ待ち合わせには時間あるし、大丈夫!


○○駅だから、地下鉄から……あら、JRだったかしら?

え~と…………乗れば思い出すわよね!

それじゃ切符を……大変。お財布を持ってこなかったみたい。


ど、どうしましょう?

そうね、とりあえずプロデューサーさんに連絡ね!

5: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:25:35.78 ID:hHK52BtS0
あずさ「あ、プロデューサーさんですか? あずさです……はい」

 ウロウロ…

あずさ「ま、迷子というか…………はい、ごめんなさい……」

 ウロウロ…

あずさ「今、○○駅…………だったはずなんですけど……どこかしら、ここ?」

 ウロウロ…

あずさ「あ、はい。なんだか見覚えのない場所に…………うぅ、ごめんなさい……」

 ウロウロ…

あずさ「目印ですね?…………はい。なにか見つけたら、また連絡します」

 ピッ


どこかの住宅街……かしら?

目印になりそうなもの……といってもお家ばっかり。

あら、人がいっぱい歩いてる?


高校生ぐらいの子たち? ああ、あそこに見えるのが学校なのね。

ちょうど登校時間だったみたい。

7: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:29:33.47 ID:hHK52BtS0
女生徒「春香、おっはよ~!」

春香「あ、おはよ~」

女生徒「ごめん、急いでるから先行くね」

春香「うん、気をつけてね」

女生徒「春香も転んじゃダメだよ~」

春香「そんな、いつもいつも転ばないよ~」

あずさ「あら? 春香ちゃん、おはよう」

春香「え?」

春香「あずささん? あ、おはようございます!」

あずさ「こんなところで会うなんて奇遇ね~」

春香「そうですね、びっくりしました」

あずさ「春香ちゃんは今から学校? いいわね、楽しそうで」

春香「あははっ、2年生になると楽しいことばっかりでもないですよ」

あずさ「そうねぇ、そろそろ受験とか考えなきゃいけないし」

春香「ほんとに……。そういえば、あずささんも今から学校ですか?」

あずさ「学校?」

春香「だって、制服で……って、ええぇ!?」

あずさ「え?」

春香「な、なんでセーラー服なんですか!?」

あずさ「あ、あらあら……すっかり忘れてたわ」

8: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:31:35.00 ID:hHK52BtS0
あずさ「ん~……似合わないかしら?」

春香「そ、そそ、そんなことないでしゅですよ!」

あずさ「でしゅ?」

春香「ふ、普通に女子高生みたいだなぁって!」

あずさ「うふふ/// それは言いすぎよ、春香ちゃん」ニコニコ

春香「あはは……」

春香「って、今日は撮影かなにかですか?」

あずさ「ううん、今日はオフよ」

春香「ですよね。たしかプロデューサーさんと……」

春香「……」

あずさ「?」

春香「まさか……プロデューサーさんの趣味!?」

あずさ「趣味?」

春香「だ、だからって、なにもあずささんに……」

春香「現役女子校生には見向きもしてくれないくせに……」ボソッ

あずさ「現役?」

春香「い、いえいえ! 今日はプロデューサーさんとお出かけですよね?」

あずさ「そうなんだけど……」

春香「もしかして、気がついたらここに?」

あずさ「ええ。ここってどこなのかしら?」

春香「あ~……今、プロデューサーさんに連絡します」

あずさ「あら、それなら自分で……」

春香「いえ、お構いなく!」

あずさ「?」

9: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:34:01.66 ID:hHK52BtS0
春香「おはようございます、春香です…………いえ、いま通学……」

春香「今日はまだ転んでませんよ、もう!」

春香「そうじゃなくて…………はい、あずささんが…………今、一緒にいます」

あずさ「うふふ、ここにいますよ~」

春香「ええ、いつもの…………いえ、ただの偶然です……」

あずさ「あら? あそこ……」

 フラ~…

春香「はい! あずささん、動かない!」

 ガシッ

あずさ「あ、あら。そんなつもりじゃ……」

春香「私も授業があるので…………はい、正門前にですね?」

春香「言ってはおきますけど…………はあ、わかりました……」

春香「はい、それじゃ……」

 ピッ

春香「あずささん?」

 キョロキョロ

春香「……」

春香「やっぱりね! もういないよね!」

春香「ふぅ……」

春香「うん! 学校行こっと」

10: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:35:32.42 ID:hHK52BtS0
高校かぁ……懐かしいわね~。

あら? そういえば、春香ちゃんはどこいっちゃったのかしら?

どこかで迷ったりしてなければいいけど……。

心配だわ……。


あ! あのお店! 

よく学校の帰りに寄ったわね。

ふふ、あの頃を思い出すわ。


うん、このへんはよく覚えてる。

登校中に迷っても、不思議と遅刻はしなかったのよね。……友達が見つけてくれて。

今は、律子さんとプロデューサーさんに頼ってばっかり……。

大人なんだから、もっとしっかりしないと……。


母校か……何年ぶりかしら?

そんなに昔じゃないわよね、うん!


教室は……そうそう、廊下の一番奥で……。

窓際の後ろから二番目が私の席。

11: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:38:05.38 ID:hHK52BtS0
 ザワ…ザワ…

「だ、誰あれ?」

「あんな娘、このクラスにいたっけ?」

「でも、うちの制服だよね?」

「転校生?」


あずさ「?」


「ねえ……竜宮小町の三浦あずさじゃない?」

「マジ!?」

「そういえば、ここの卒業生のはずだけど……」


あずさ「あら?」


「なんで教室にいるの? テレビのロケかなにか?」

「知らないよ……」


あずさ「あらあら?」

教師「え~と……三浦さん?」

あずさ「はい! お久しぶりです、先生」

教師「え、ええ……お久しぶりね」

教師「あの……」

あずさ「はい?」

教師「……」

生徒一同「……」

教師「授業を始めます……」

13: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:40:21.47 ID:hHK52BtS0
教師「では、この場合の活用として正しいのは……」

あずさ「はい、先生!」

教師「ええと……ど、どうぞ三浦さん」

あずさ「私……なんで教室にいるんでしょうか?」

教師「こっちが聞きたいよ!」

 ザワ…ザワ…

あずさ「?」

教師「あ、いや……ほら、みんな静かに!」

 ♪~~♪~~

あずさ「あら? プロデューサーさんから……」

教師「三浦さん、授業中に携帯は……」

あずさ「はい、あずさです」

 ザワ…ザワ…

教師「もう、どうしろってのよ……」

あずさ「春香ちゃんですか? …………いえ、いま母校で授業を……」

あずさ「それが、私もどうしてなのか…………不思議ですねぇ」

教師「……」

あずさ「はい? 先生にですか? …………わかりました、代わりますね」

教師「私?」

あずさ「事務所のプロデューサーさんなんですけど……先生に代わってくださいって」

教師「はあ……? ええと、電話に出ればいいのね?」

あずさ「はい、お願いします」

14: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:43:23.50 ID:hHK52BtS0
教師「お電話代わりました…………はい、765プロの……」

教師「お世話になってます、というか…………いえ、こちらもなにがなんだか……」

あずさ「うふふ、私もなにがなんだか」

教師「……」

教師「あ、なんでも…………まあ、昔からこんな子なので……」

あずさ「?」

教師「はい? 当校で保護ですか? …………お迎えにいらっしゃるまで」

教師「卒業生ですから、それは構いませんが…………いえいえ、お気遣い無く!」

教師「はい……はい…………では、三浦さんに代わります」

あずさ「代わりました…………はい……わかりました、ここで待ってれば……」

あずさ「むぅ、そんな何度も同じことはしませんよ~…………ええ、大丈夫です!」

教師「……」

あずさ「はい……ふふ、待ってますね」

 ピッ

あずさ「先生、ありがとうございました」ペコッ

教師「い、いえ……それじゃ」

あずさ「外で待ってますね。また今度、プロデューサーさんと一緒にご挨拶に来ます」

教師「いや、ここで……!」

あずさ「それでは、失礼します」

 ガラ……ピシャ

教師「……」

 ザワ…ザワ…

教師「授業を再開します……」

16: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:45:26.45 ID:hHK52BtS0
うふふ、授業なんて受けちゃって、ちょっとだけ高校時代に戻った気分。

あの頃は、アイドルになるなんて考えもしなかったなぁ……。


運命なんてわからないものだけど……アイドルになって、あの人と出会ったのはきっと運命よね。

うん! 頑張ろう!


あ、そうだわ。

せっかくだから、ほかの先生方にも挨拶していきましょう。


職員室はたしかこっちよね?

ここを曲がって……あら? おかしいわね、こっちじゃなかった?

じゃあ、こっちに行って……外? 職員室に行くのに、外なんて通ったかしら?

で、でも方角的にはこっちのはずよね。


……。

あそこの信号を右ね! きっとそう!

ほら、見覚えのある場所に……。


第2スタジオ?

17: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:47:50.18 ID:hHK52BtS0
カメラマン「伊織ちゃんはそのまま」

伊織「はいはい」

カメラマン「亜美ちゃんは、もうちょっと伊織ちゃんに寄って」

亜美「は~い。こう?」

カメラマン「うん、そこで! じゃ、1枚いくよ」

 パシャッ

伊織「セーラー服ねぇ……私が着るにはちょっと地味ね」

亜美「そっかな。似合ってて可愛いよ?」

伊織「ま……まあね! この伊織ちゃんが着こなして可愛くないわけないでしょ!」

あずさ「ほんとねぇ……さすが伊織ちゃんだわ」

伊織「な、なによあずさまで」

あずさ「亜美ちゃんも、とっても似合ってて可愛いわ」

亜美「ほんと? ありがと、あずさお姉ちゃん!」

伊織「まあ、亜美も悪くないんじゃない?」

亜美「んっふっふ~、いおりんもありがと♪」

伊織「ふ、ふんっ!」

律子「こらっ! 撮影中におしゃべりしない!」

亜美「うへっ」

あずさ「うふふ、ごめんなさい」

カメラマン「じゃあ伊織ちゃんを中心に……亜美ちゃんはそこで」

カメラマン「あずささんは……え?」

伊織「え?」

亜美「え?」

律子「え?」

あずさ「はい?」

19: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:49:53.45 ID:hHK52BtS0
亜美「うあうあ!? あずさお姉ちゃん!?」

伊織「な、なに自然に混ざってるのよ!?」

律子「あずささん、オフなのになにやってるんですか!?」

律子「ていうか、衣装まで揃えて……」

あずさ「衣装?」

亜美「うおっ!? 亜美たちとお揃いのセーラー服だと!?」

伊織「なによこれ? サプライズ?」

律子「私もこんなの聞いてないんだけど……」

亜美「今日は、あずさお姉ちゃんは兄ちゃんとお出かけだったよね?」

あずさ「ええ、そうよ」

律子「……」

律子「ってことは、これはプロデューサー殿の差金ですか!?」

あずさ「ち、違います。待ち合わせで、その……」

律子「待ち合わせ?」

あずさ「はい。プロデューサーさんとなかなか合流できなくて……」

律子「気がついたら、ここに迷い込んでたと?」

あずさ「はい……」

律子「……」

伊織「なんだ、いつものあずさじゃないの」

亜美「あはは……さすがあずさお姉ちゃん」

あずさ「うぅ……」

20: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:52:34.82 ID:hHK52BtS0
伊織「で、そのセーラー服はなに?」

あずさ「え?」

伊織「あいつの趣味?」

あずさ「趣味?」

亜美「兄ちゃん、あんたって人は……」

律子「あずささん……そういうのはちゃんと断ってくださいよ」

あずさ「え? え?」

律子「と、とにかく、プロデューサー殿を呼び出さないと」

あずさ「あの……」

律子「私が連絡するから、伊織と亜美はあずささんがどこか行かないように……」

伊織「はいはい」

亜美「ラジャ!」

あずさ「そうじゃなくて……ちょっとした手違いで着てきちゃっただけで」

いおあみ「ん?」

あずさ「嫌々着てるみたいに見えるって……」

いおあみ「……」

あずさ「そんなに無理があるほど……似合ってない?」グスッ

亜美「うぇっ!?」

伊織「……」

亜美「そ、そんなことないっしょ!」

あずさ「ううん、いいのよ……」

亜美「いやいや! あずさお姉ちゃんは美人さんだから、なに着ても似合うし」

亜美「……ね、いおりん?」

21: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:55:04.47 ID:hHK52BtS0
伊織「まあ、さすがに無理があるわね」

亜美「ちょっ、いおりん……」

あずさ「うぅ……」

伊織「だからなによ? だったら、あずさに合わせた衣装が私や亜美に似合う?」

亜美「そ、そうだよね! 亜美たちじゃ、あずさお姉ちゃんみたくせくちーにならないし!」

伊織「同じことでしょ?」

あずさ「え? う、うん?」

伊織「あんたねぇ……」

亜美「あ、あずさお姉ちゃんのほうがセーラー服似合ってたら、亜美たちの立場がないし!」

亜美「……ってことだよね?」

伊織「そういうことよ」

あずさ「うん……それはわかるけど」

あずさ「プロデューサーさんに……変だと思われないかな?」

亜美「それは……どうだろ?」

あずさ「き、嫌われたりしないかな?」

伊織「あいつの趣味なんか知らないわよ」

あずさ「やっぱり、こんな……」

伊織「ああ、もう!」

伊織「別に……似合ってないとも、可愛くないとも言ってないでしょ」

あずさ「え? あ、あら……」

伊織「ま、私ほどじゃないけど」

亜美「そうだよ! でも、イチバン可愛いのは亜美だけどね!」

あずさ「ふふっ、そうね。ありがとう伊織ちゃん、亜美ちゃん」

伊織「どういたしまして」

亜美「へへっ」

22: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/18(木) 23:57:36.72 ID:hHK52BtS0
亜美「そうだ! この際だからさ」

亜美「……」ヒソヒソ

伊織「ふ~ん……」ヒソヒソ

あずさ「あら、いいわね……」ヒソヒソ

律子「なにしてるの?」

亜美「ん~?」

伊織「なんでもないわ」

あずさ「ええ、なんでも」

律子「なんなのよ……。あずささん、プロデューサー殿、すぐに迎えに来るそうですよ」

あずさ「はい、ありがとうございます。うふふ……」ニコニコ

亜美「んっふっふ~……」ニタァ

律子「な、なに?」

亜美「まあまあ、いいからいいから」ガシッ

あずさ「律子さんも一緒に……ね?」ガシッ

律子「ま、まさか……」

伊織「そのまさかよ」

律子「伊織、あんたまで」

伊織「多数決よ。諦めなさい」

律子「む、無理よ! 私にそんな……」

あずさ「私が着てるんだから、律子さんなら大丈夫ですよ~」

律子「そういう問題じゃ……!」

23: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:00:08.70 ID:kX0HcZx20
亜美「おーじょーぎわが悪いよ、りっちゃん」

あずさ「恥ずかしいのは最初だけですから。うふふ」

律子「やっぱり恥ずかしいんじゃないですか!」

伊織「恥をかいたぐらいで死にはしないわよ」

律子「プロデューサー来るんだから! ほんと無理!」

亜美「おやおや~? 兄ちゃんのこと意識してるっぽい?」

あずさ「……」

律子「違うから! あずささんも間に受けないで……」

カメラマン「休憩しますかー?」

亜美「ごめんなさーい! 10分で戻りまーす!」

カメラマン「はーい。あずささんと律子さんの撮影分も追加しますねー」

律子「ええぇ!? そ、それだけは……!」

あずさ「ダメです。逃しませんよ?」グイッ

亜美「スタッフさんを待たせちゃダメっしょ?」グイッ

伊織「ちゃんと可愛くしてあげるわよ。にひひ♪」

 ズルズル…

律子「いやあぁぁぁぁ……!!」

24: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:01:48.76 ID:kX0HcZx20
───

──




P「あずささん、今度こそいてくれよ」

律子「……」

P「お、律子。手間かけさせてすまな……いぃ!?」

律子「お構いなく……」

P「い、いや……なんでセーラーふ」

律子「見なかったことに! してください……」

P「あ、ああ……」

P「ところで、あずささんは?」

律子「撮影に参加してます……」

P「は? 撮影?」

律子「見ればわかります……」

P「お、おう? じゃあ、ちょっとお邪魔させてもらうぞ」

律子「どうぞ……」

P「あ、律子」

律子「はい?」

P「セーラー服、似合ってるよ」

律子「は……はあ!?」

P「おさげにしてると、ほんとに高校生アイドルって感じだな」

律子「そ……///」

P「ん?」

律子「そういうことは、あずささんに言ってあげてください!」

P「あずささんに?」

律子「私のことはいいですから、ほら」

P「お、おう」

律子「もう……バカ///」

25: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:03:40.06 ID:kX0HcZx20
あずさ「あ、プロデューサーさ~ん」

 タッタッタ…

P「あずささ……ん?」

P「あ~……母校で授業を受けてたって、そういうことか」

あずさ「うふふ、やっと待ち合わせできましたね」

P「うふふ、じゃないですよ。だから朝迎えに行くって言ったのに」

あずさ「ごめんなさい……」

P「これから待ち合わせをするときは、俺が迎えに行きますからね?」

あずさ「はい、お願いします……あら?」

P「ん?」

あずさ「これからって……また一緒にお出かけしたりとか?」

P「ええ、あずささんさえ良かったら」

あずさ「も、もちろんです! あの……よろしくお願いします」

P「毎回、律子にお伺いを立てるのが大変そうですけどね」

あずさ「ふふっ、そうですね」

26: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:05:15.30 ID:kX0HcZx20
P「ところで……律子もあずささんも、なんでセーラー服を?」

あずさ「私のほうは、なりゆきというか……」

P「なりゆきで高校の制服着て、授業まで受けるってのは……」

あずさ「そ、それは私も不思議かなぁって」

あずさ「あの……私がセーラー服なんて着てたら変ですか?」

P「そんなことは言ってませんよ」

P「いつもの大人っぽいあずささんとは違う、可愛らしさがあっていいと思います」

あずさ「そ、そうですか……ふふ、照れちゃいます///」

P「それに……」

あずさ「?」

P「俺の知らない、高校の頃のあずささんに会えたみたいで……」

P「なんていうか……嬉しいですよ」

あずさ「あ、あら……/// うふふ///」

27: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:07:29.47 ID:kX0HcZx20
亜美「……」

伊織「……」

P「んん!? 二人ともいたのか?」

伊織「ええ。お邪魔だったみたいだけど」

亜美「亜美たちはお仕事だかんね~」

P「そうだったな。こっちのほうが邪魔してるな」

あずさ「迷惑かけちゃってごめんね? 伊織ちゃん、亜美ちゃん」

伊織「別に。イチャイチャするなら、よそでやってほしいけどね」

P「イチャイチャって……」

あずさ「そんなつもりじゃ……」

亜美「今日はデートっしょ? イチャイチャしないでどうすんのさ」

あずさ「デート……で、いいんですか?」

P「ええ。俺はそのつもりですよ」

あずさ「は、はい……!」

律子「おおっぴらにデートとか言ってもらっちゃ困るんですけど」

亜美「あ、りっちゃん……」

亜美「ぷぷっ……そのかっこだと委員長って感じだね」

律子「大きなお世話よ」

律子「言わなくてもわかってるとは思いますけど、二人ともくれぐれも……」

P「ああ、わかってるよ委員長」

あずさ「ええ、気をつけます、委い……あ、あら」

律子「……」

伊織「にひひ♪ なにか言うことは、委員長?」

律子「もう……デートでもなんでも、さっさと行け!」

P「あはは、それじゃ」

あずさ「いってきまーす」

28: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:09:47.42 ID:kX0HcZx20
待ち合わせから何時間も過ぎちゃったけど……。

今日はちょっとだけ高校時代に戻って……プロデューサーさんとデート♪

私だけじゃなくて、プロデューサーさんも制服だったらよかったのに。


P「勘弁してください。ただの不審者にしか見えませんよ」

あずさ「だったら私だって」

P「あずささんは、ちょっと大人っぽい子ってことで、充分高校生でも通せますよ」

あずさ「ふふ、お世辞でも嬉しいです」

P「お世辞じゃないんですけどね」

あずさ「え?」

P「可愛い人に可愛いと言ったって、お世辞にはならないでしょ?」

あずさ「え~と……?」

P「あずささんは可愛いってことですよ」

あずさ「な、なにかバカにしてませんか?」

P「してませんって」

あずさ「むぅ……」

P「うん、むくれても可愛い」

あずさ「もう……!」

P「ははっ」

あずさ「///」


いつもは、こんなこと言う人じゃないのに……。

今日はデートだからですか?

……本気にしちゃいますよ?

29: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:13:01.25 ID:kX0HcZx20
P「ところで、あずささんはお昼は?」

あずさ「え? いえ、まだです」

P「俺もまだなんで、腹減ってるんですよ」

あずさ「私もです。ふふっ」

P「ちょっと行ったところに商店街がありますから、そこで食べ歩きでもしましょう」

あずさ「食べ歩きですか?」

P「高校生の頃は、よく帰りに買い食いしてたんですよ」

あずさ「ふ~ん……女の子と一緒に?」

P「俺の高校時代に、あずささんはいなかったはずですよ?」

あずさ「あら、ずるい言い回しですね」

P「そういうあずささんこそ、男子と?」

あずさ「私の高校時代にも、プロデューサーさんはいませんでした」

P「もしいたら、こうしてデートしてくれました?」

あずさ「今、デートしてるじゃないですか」

P「そうですね……それじゃ、はい」

あずさ「え? あ……」


プロデューサーさんの……右手。

私は左手を差し出せば……いいのよね?


 ギュッ

P「……」

あずさ「……///」

P「デートですからね」

あずさ「はい……///」

30: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:18:32.86 ID:kX0HcZx20
食べ歩きなんて今までしたことなかったけど……。

プロデューサーさんと同じ高校の先輩と後輩だったら、こんなふうに放課後に二人で……なんて。

そんなことを考えてるだけでもすごく楽しくて……。


時間はあっという間に過ぎて、もうすっかり夜。

都会じゃ満天の星空とはいかないけど、あれが織姫様かしら?

七夕の一日だけ運命の人と……そんなの私にはたぶん耐えられない。


ずっとそばにいて、こうして手をつないでいてくれるのが、私の運命の人。

そうですよね……?


P「ここからだとちょっと遠いけど……ほら!」

 ヒュゥゥゥゥゥ……パアァン

あずさ「花火……」

P「隅田川とかと比べると、小さい花火大会ですけどね」

あずさ「いえ……大きい花火って、テレビぐらいでしか見たことがなかったので……」

あずさ「ちょっと感動です……」

P「それは大げさですよ」

あずさ「そんなことないですよ! 感動ぐらいさせてください」

P「はは、ごめんなさい」

31: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:19:54.30 ID:kX0HcZx20
P「ここはちょっと遠い分、人が少なくて花火がよく見える穴場なんですよ」

あずさ「ここもプロデューサーさんの……」

P「ええ、思い出の場所です」

P「なんだか、俺の思い出巡りみたいになってますね」

あずさ「私の知らないプロデューサーさん……」

P「え?」

あずさ「い、いえ! なんでも……」

P「……」

あずさ「……」

P「今度は、あずささんの思い出の場所に行きたいですね」

あずさ「私の、ですか?」

P「ええ」

あずさ「男の人が楽しめるような場所は……」

P「あずささんと一緒なら、きっと楽しいですよ」

あずさ「え……」

P「次に、一緒に休みが取れたときにでも」

あずさ「はい……///」


次は、いつになるのかな?

二人だけの、今日みたいな特別な日。

たぶんずっと先になるけど、約束だから忘れちゃダメですよ。

32: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:21:18.35 ID:kX0HcZx20
あずさ「花火……終わっちゃいましたね」

P「そうですね……」

あずさ「いつ終わったのか、全然気がつかなかったです……」

P「俺もですよ」

あずさ「考え事ですか?」

P「ええ。あずささんのことを考えてました」

あずさ「奇遇ですね。私もプロデューサーさんのことを考えてました」

P「はは、光栄です」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「考えただけ……ですか?」

P「ええ……」

あずさ「こういうときは、いつものプロデューサーさんに戻っちゃうんですね」

P「いつもの意気地なしですか?」

あずさ「そういうの、ズルイです」

P「本当のことですよ」

あずさ「それは、私だって……」


担当は違っても、あなたはプロデューサー。私はアイドル。

これ以上を望んだら、あなたは私の望まない答えを返さなきゃいけない。

今は、まだ……。

33: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:22:39.99 ID:kX0HcZx20
P「もうこんな時間か……。送りますよ」

あずさ「はい……あの」

P「ん?」

あずさ「もう、デートは終わりですか?」

P「いや、家に帰るまでがデートです」

あずさ「ふふっ……遠足ですか?」

P「そういうわけですから、またお手を」

あずさ「はい、よろしくお願いします」

 ギュッ

P「ゆっくり行きますか?」

あずさ「お任せします♪」


言葉にできなくても、想いはきっと伝わりますよね。

あなたの想いは、ちゃんと私に届いています。

私の想いは、あなたに届いていますか?


いつか、言葉に出来るまで……。

34: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:24:06.17 ID:kX0HcZx20
??「ちょっと、そこの君たち!」

P「え?」

あずさ「あら?」

警官「そちらの女性は高校生?」

あずさ「い、いえ!」

警官「制服着てたらねぇ」

あずさ「これは……」

警官「君のほうは……高校生じゃないね?」

P「違いますが……彼女も未成年では」

警官「ほんとに? 年齢を証明できるもの持ってる?」

P「な、なにか持ってないですか?」

あずさ「い、いえ……なにも」

警官「あ~……時間が時間だし、念のため交番まで来てもらえるかな?」

P「はい……」

あずさ「わかりました……」

35: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:26:41.66 ID:kX0HcZx20
結局、律子さんに連絡して、身元確認が取れたので帰らせてもらいました。

事情を察した律子さんが、撮影の帰りということで話を合わせてくれたけど……。

私もプロデューサーさんも、明日はお説教から逃げられそうにありません……。


P「まあ、律子の説教ぐらいで済むと思えば……ふぅ……」

あずさ「私もご一緒しますから……」

P「あずささんがいれば、律子も少しは手加減してくれるかな?」

あずさ「そんなことないですよ~」

あずさ「も~……これ以上律子さんを怒らせちゃダメですよ?」

P「気をつけます……」

あずさ「ふふっ、よろしい」

P「あはは」


もう、私のマンションは目の前。

誕生日前日の素敵な一日は、ここでもうおしまい。

手を離したら、また昨日までのアイドルとプロデューサー……。


うん……わかってる。

わかってるけど……。

36: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:28:24.59 ID:kX0HcZx20
P「それじゃ、ここで……」

あずさ「はい……」

P「あ、ちょうど日付が変わったところですね」

あずさ「え? もうそんな時間……」

P「誕生日、おめでとうございます」

あずさ「あ……ありがとうございます」


いろいろあったせいで、自分の誕生日だってこと忘れてました……。

もう昨日だけど、21歳最後の日は忘れられない日です。


P「これを受け取ってもらえますか?」

あずさ「え……?」


彼が懐の小箱から取り出したのは、親指の先ほどのペンダント。

とても可愛らしいデザインで、紅い……たぶんルビーと、見慣れないオリーブ色の宝石が飾られている。

ルビーは7月の誕生石。

もうひとつはなんだろ? 不思議な宝石……。

37: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:31:23.31 ID:kX0HcZx20
あずさ「これは……?」

P「ルビーと、ペリドットです」

あずさ「ペリドット?」

P「花言葉と同じように、宝石言葉っていうのがあって」

P「『運命の絆』……だそうです」

あずさ「運命の……」

P「俺のほうも、お揃いでこれを……」

あずさ「タイピン……ですか?」

P「小さいけど、ここにルビーとペリドットを埋め込んであるんです」

あずさ「ほんとだ……」

あずさ「私とプロデューサーさんで、お揃い……」

P「運命の絆なんて、大げさですけどね」

P「あずささんがどこにいても……きっと、すぐに見つけることができますよ」

あずさ「あ……」

あずさ「はい……/// すごく、嬉しいです」

P「はは……喜んでもらえてよかった」

あずさ「大切に……いつも身につけておきます」

P「ええ。俺のほうも」

あずさ「だから……私がどこにいても、きっとすぐに見つけてくださいね?」

P「必ず。俺の運命の人ですから」

あずさ「はい……!」


まだ始まったばかりだけど、22歳最初の日は、生まれてから一番幸せな日です。

あなたとともに迎えられて、心から……。

ありがとう。

38: ◆PQxO3wwU7c 2013/07/19(金) 00:33:27.33 ID:kX0HcZx20
───

──




P「だーかーらー! 迷子になるぐらいなら、俺が迎えに行くと」

あずさ「うぅ……ごめんなさい」

あずさ「で、でも……ちゃんとすぐに見つけてくれましたよね?」

P「ええ。どこにいたって、絶対に見つけますよ」

あずさ「で、ですよね!」

P「迷子にならないのがなによりなんですが」

あずさ「あ、はい……」

あずさ「だったら……手を」

P「ええ、もちろん」

あずさ「ふふっ」

 ギュッ

P「このまま、少し歩きますか」

あずさ「はい♪」


私が道に迷わないように、その手を離さないでください。

私がついていけるように、あまり急がずに歩いてください。


ゆっくり、たまには寄り道しながら。

二人で、寄り添って。


一緒に歩いていきましょうね。




おわり