1: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 15:35:20.39 ID:wqObg+nG0


凛「ふーん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452321320

引用元: モバP「やっぱり巨乳が正義だよな」 渋谷凛「ふーん」 

 

4: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 15:47:40.29 ID:wqObg+nG0
P「………」

凛「………」

P「………」

P「あれ、なんかコメントとかないの?」

凛「え? 別にないけど」

凛「プロデューサーの胸の大きさの好みって、わりとどうでもいい話題だし」

P「どうでもいいって、ちょっとひどくない?」

凛「女の子にいきなり胸の話を振るのもひどくない?」

P「言われてみると確かに」

5: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 15:52:55.74 ID:wqObg+nG0
P「しかし俺と凛の仲じゃないか。付き合いも長いんだし固いこと言わないでくれよ」

凛「そういう押しつけは女の子に嫌われるよ」

P「マジか」

凛「マジだよ」

P「根拠は」

凛「プロデューサーに彼女がいないという事実」

P「そう言われると何も返せない」


7: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:00:23.12 ID:wqObg+nG0
P「それで、胸の話の続きだが」

凛「続けるんだ。この流れで」

P「もう少し語らせてほしい」

凛「しょうがないなぁ、プロデューサーは」

凛「胸の大きい子が好きなんだっけ?」

P「そうなんだよ」

凛「そっか。なら私のことも好きなんだ」

P「え?」

凛「え?」

9: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:06:48.47 ID:wqObg+nG0
凛「胸の大きい子が好きなんだよね?」

P「ああ」

凛「じゃあ私のことも好きってことに」

P「ならないだろ」

凛「えっ……そんな、嫌いだったの?」ガーン

P「いや好きだけど」

凛「ありがとう」

P「どういたしまして」

凛「じゃあ私の胸は大きいってことになるよね」

P「え?」

凛「え?」

11: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:13:33.46 ID:wqObg+nG0
凛「プロデューサーは胸の大きい子が好きなんだよね」

P「うん」

凛「プロデューサーは私のことが好きなんだよね」

P「はい」

凛「じゃあ私は胸が大きいよね」

P「そのりくつはおかしい」

凛「………」

P「………」

凛「……ハァ」

P「いやなにそのため息。俺が悪いみたいになってるんだが」

12: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:17:22.80 ID:wqObg+nG0
凛「正直Bカップ以上は全部巨乳ってくくりでいいと思う」

P「暴論すぎるだろ」

凛「バスト80も89も同じ80代だし、これもひとくくりでいいと思う」

凛「四捨五入したら全部100だし」

P「四捨五入する桁がおかしいと思う」

P「それだと72も74も全部100になるぞ」

凛「いいんじゃない? スリーサイズが100-100-100でも」

P「ドラえもんみたいな体型だな」

14: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:22:07.47 ID:wqObg+nG0
P「というか、なんでそんなに巨乳であることにこだわろうとするんだ」

凛「………」

P「凛?」

凛「……そ、それは。だって」

P「だって?」

凛「できれば、私だってプロデューサーの好みに合わせたいと思うし……」

P「り、凛………お前」


凛「と言ったら男の人は喜ぶって聞いたけど本当なの?」ケロリ

P「畜生め!」

凛「ふふっ。すぐ騙される……そんなんだから、川島さんとか早苗さんとかにいじられるんだよ」

P「しょうがないだろ。ピュアなんだよ、俺の心は」

凛「はいはい。プロデューサーのPはピュアのPだね」

P「バカにしてないか?」

凛「してないよ。たぶん」

P「お前なあ――」

15: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:26:46.42 ID:wqObg+nG0
P「あ、そうだ。冷蔵庫にコーヒー牛乳とコーラあるけど、どっち飲む?」

凛「ん……コーヒー牛乳かな」

P「わかった」

P「コーヒー牛乳か……」

凛「………」

凛「……違うからね?」

P「ん? 違うって、何が」キョトン

凛「だから……」

凛「……やっぱりもういい」プイ

P「え?」

16: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:31:55.42 ID:wqObg+nG0
凛「ところでプロデューサー」

P「なに?」

凛「チョコレートは、甘いのと苦いの、どっちが好き?」

P「俺はとことん甘めのほうが好きだなあ」

凛「そう。わかった」

P「ひょっとして……」

凛「うん、頑張るよ」

P「そうか、楽しみだなあ!」

凛「いつもお世話になってるから」


凛「頑張って、甘くておいしいチョコレート探し出すね」

P「待て待て」

凛「え?」

17: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:37:35.30 ID:wqObg+nG0
P「手作りじゃないの?」

凛「? お店で作ったやつのほうがおいしいでしょ?」

P「いやいや、そういう問題じゃなくてだな」

P「そもそも、手作りじゃないならあんまり頑張る要素なくないか」

凛「あるよ。いろんな店のチョコを食べ比べしなきゃいけないし」

凛「しかもたくさん摂取したカロリーぶん、運動しないと太るし」

P「確かにそれは頑張らないとダメかもしれないけど……それなら、その努力を自分で作る方向性に持って行ってもらえると」

凛「手作り、食べたいの?」

P「食べたい」

凛「でも、私の腕だと市販のほうがおいしいよ」

P「それでもいいんだよ。凛の手作り補正がかかるから」

凛「ふーん」

凛「まあ、考えておこうかな」

P「そうしてくれ」

20: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:42:15.30 ID:wqObg+nG0
ガチャリ


愛梨「凛ちゃん。そろそろいきましょうか」

凛「あ、うん。わかった」

P「ん? 二人で遊びにでも行くのか」

凛「ちょっと愛梨に教えてほしいことがあって」

愛梨「今日は私が先生です♪」

P「バストアップの方法を教わるのか?」

凛「はっ倒すよ」

P「冗談だからそんなに睨まないでくれ」

愛梨「えっと、バストについては特別なことはしてないんですけど~」

凛「愛梨もここで説明はじめなくていいから!」

23: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:48:09.55 ID:wqObg+nG0
P「ははっ。まあ何を教わるのかは知らないけど、頑張れよ」

愛梨「しっかり私の技を仕込んじゃいますからね♪」

凛「一応言っておくけど、変なことやるわけじゃないからね」

P「じゃあ何をするんだ?」

凛「スイーツの作り方教わるだけだから」

愛梨「おいしいチョコレートを作っちゃいます」

P「なるほど」

凛「じゃ、また明日」

愛梨「お疲れ様ですっ」


バタン

24: ◆C2VTzcV58A 2016/01/09(土) 16:50:39.43 ID:wqObg+nG0
P「そうか、スイーツか。確かにそれなら愛梨を先生にするのが適任だ」

P「………」


P「……あれ?」




凛「~~♪」

愛梨「(鼻歌が出てる……凛ちゃん、何かいいことあったのかな?)」


おしまい