前回 いろは「買い物に付き合ってください!」 八幡「はぁ?」

2: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:16:13.06 ID:aUANB6Og0
いろは「……」ハァ

八幡「なんだよ?」

いろは「……先輩に気付けってほうが無理でしょうし、別に気にしてませんよ」

八幡「……そういうことか」

いろは「なんです? 期待はしてませんけど、一応聞いてあげますよ」

八幡「手袋忘れたのか。それでさっきからあざとく手を擦ってたわけか」

いろは「せ、先輩……」ドキドキ

八幡「カイロ代わりに温かい飲み物奢ってほしいんだろ?」

いろは「……」

八幡「まぁ、たまには奢ってやっても……」

いろは「この唐変木!」ベシッ

八幡「な、なにすんだよ!」

引用元: いろは「今日は寒いですね……」 八幡「そうだなー」 

 

3: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:26:53.71 ID:aUANB6Og0
八幡「ほれ」ポイッ

いろは「ありがとうございますー」

八幡「ったく、俺の推察は合ってたんじゃねえか。なんで、叩かれなきゃいけなかったわけ?」

いろは「いえ、見当違いもいいとこでしたよ。少女漫画でも読んで女心を勉強してください」

八幡「……なら、なんで奢らせたの?」

いろは「もらえるものはもらっておこうと思って」

八幡「お前って本当にいい根性してるよな」

4: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:29:26.08 ID:aUANB6Og0
八幡「それで、今日はなに買うの?」

いろは「部活で着るジャージを買おうかなって」
八幡「そうか……」

いろは「なんで、ちょっと安堵してるんですか?」

八幡「今回はまともな買い物なんだなって思ってよ。この間はとんでもないとこ連れて行かれたからな」

いろは「この間だって普通のお店でしたけど?」

八幡「……男からすれば、まともじゃないんだよ」

いろは「えー? なんでですかー?」

八幡「女物の下着屋だからだよ」

5: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:32:01.17 ID:aUANB6Og0
いろは「別に男の人は入店禁止されてるわけじゃありませんけど」

八幡「それでも、男が入る店ではねえだろ」

いろは「まぁ、男性だけで来てる人は見たことないですけど、カップルで来てる人達ならよく見かけますよ 。仲睦まじく選んだりしてるのを見ると、殺意がわ、羨ましいなって思いますけど」

八幡「おい、本音が隠しきれてねえぞ」

6: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:34:46.99 ID:aUANB6Og0
八幡「なんでリア充ってのは人前でイチャつこうとすんのかね。どんだけ自己顕示欲が強いんだよ」

いろは「……先輩は人前で手繋いだり、腕組んだりするのは嫌ですか?」

八幡「当たり前だろ。なんなら、どんな状況下でも他人と接触するのが苦痛まである」

いろは「……そうですよね」

八幡「どうした?」

いろは「いえ、朴念仁で唐変木な先輩ですもん。そう考えてなきゃおかしいっていうか、そうじゃなきゃ気持ち悪いし。むしろ、普通にしてても目が気持ち悪いし……」

八幡「なぁ、なんで貶されてんの、俺?」

7: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:36:59.00 ID:aUANB6Og0
千葉 パルコ
いろは「これ可愛くないですかー!」

八幡「……おい」

いろは「あれもいいなー! 先輩はどっちがいいと思いますかー?」

八幡「なんでもいいよ……」

いろは「その適当な答えはなんですか! もっと真剣に考えて下さいよ!」

八幡「そうだな。ここが女物のアパレルショップじゃなくて、スポーツ用品店なら真剣に吟味してやるんだがな」

8: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:39:18.43 ID:aUANB6Og0
いろは「寄り道は買い物の醍醐味じゃないですか」

八幡「そうか? いかに用件を早く済ませるか計算するのも楽しいけどな」

いろは「先輩はいつも一人で買い物してるから、そう思うんですよ」

八幡「いや、複数で買い物してるときもそうだぞ。早く帰りたいし」

いろは「だから、先輩は友達が少ないんですよ」

八幡「俺には、妹さえいればいいんだよ」

9: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:41:38.95 ID:aUANB6Og0
いろは「その目でシスコンとか犯罪の匂いが……」

八幡「目は関係ねえだろうが。それに俺は悪くない。小町が美少女なのが悪い」

いろは「……そんなに可愛いんですか?」

八幡「そうだなー。血の繋がりがなければ告白してるレベル」

いろは「それでフラれるわけですね?」

八幡「なに決めつけてんだよ。まぁ、否定はしないが」

いろは「そこは否定しましょうよ……」

10: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:44:51.61 ID:aUANB6Og0
スポーツ用品店
八幡「ジャージっていい値段するんだな」

いろは「そうですか? ここに置いてあるのは比較的安いほうですよ。まぁ、先輩はスポーツから遠く離れた存在ですから、ジャージの相場なんてわからないでしょうけど」

八幡「そんなスポーツとは縁のなさそうな男をなぜ呼んだ。それこそ、葉山と来れば良かったじゃねえか」

いろは「葉山先輩はいつも忙しそうなんですもん」

八幡「なら同じ部活の奴と行けばいいだろ。戸部なんて毎日暇そうだぞ」

いろは「酷いこと言いますね。戸部先輩だって受験の準備やら大変なんじゃないんですかね? 興味ないんでよくわかりませんけど」

八幡「お前も大概だけどな」


12: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:48:05.89 ID:aUANB6Og0
いろは「先輩、これとかどうですかねー?」

八幡「まぁ、いいんじゃねえの」

いろは「……似合ってますかね?」

八幡「その上目遣いやめろ。あざといぞ」

いろは「……だったんですけどね」

八幡「え?」

いろは「なんでもないですよ」

13: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:49:55.68 ID:aUANB6Og0
いろは「このジャージにしようかな」

八幡「おい、こっちに色違いのやつがあるぞ」

いろは「先輩ってピンクが好きなんですか? 前もピンクを勧めてきましたよね?」

八幡「そういうわけじゃないが、あざといお前にはピッタリかなって」

いろは「似合ってるってことですか?」

八幡「……性格がな」

いろは「なんですかそれ……。全然参考にならないんですけど……」

14: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:51:56.06 ID:aUANB6Og0
いろは「それじゃ、会計行ってきまーす」

八幡「結局、ピンクにするのかよ。一回着てみたほうがいいんじゃないか?」

いろは「いいですよ。時間掛かっちゃいますし」

八幡「もう少しだけなら付き合ってやるぞ?」

いろは「先輩はほんとに鈍感だなぁ……」

八幡「は?」

いろは「じゃあ、行ってきますね。そこら辺で待ってて下さい」

16: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:54:06.76 ID:aUANB6Og0
いろは「先輩、どこ行ってたんですか?」

八幡「悪い、少し買い物してた。これ、お前にやるよ」

いろは「へ?」

八幡「この間、万年筆もらったお礼だよ」

いろは「別にそんな……」

八幡「いいから、受け取ってくれ」

いろは「……ありがとうございます」

17: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:59:24.81 ID:aUANB6Og0
いろは「空けてみてもいいですか……?」

八幡「おう」

いろは「……これは」

八幡「悪いな。金がなくて、そんな物しか買えなかった」

いろは「嬉しいです!」

八幡「え?」

いろは「……どうですかね? 似合いますか?」

八幡「……お前、いいのか?」

いろは「なにがです?」

八幡「そんな、どこにでもある手袋もらっても……」

いろは「先輩はわたしをなんだと思ってるんですかね……。嬉しいに決まってるじゃないですか」

八幡「で、でも……」

いろは「大丈夫です。先輩の気持ちは伝わってますよ」

八幡「……なんの話だ」プイッ

いろは「さあ、なんでしょうね」クスッ

18: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 18:03:50.85 ID:aUANB6Og0
帰り道
八幡「外に出ると寒いな」

いろは「ですねー」ギュ

八幡「……」

いろは「先輩?」

八幡「……なんで手繋いでんの?」

いろは「だって寒いんですよね?」

八幡「それと、なにが関係あるんだよ」

いろは「先輩、手袋着けてないから温めてあげようと思って」

八幡「……あざといぞ」

いろは「失礼ですね。わたしが誰とでも手を繋ぐって思いますか?」

いろは「こんなことするのは……」

いろは「先輩にだけですよ」ニコッ




end