1: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:14:45.05 ID:gTb2ZK2r0
智絵里「………」

智絵里「ぷいっ」

P「頼むよ。謝るから」

智絵里「知りません」

P「智絵里~」



卯月「……何があったんですか?」

美穂「えっと、それが――」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452442484

引用元: モバP「智絵里、機嫌直してくれよ」 緒方智絵里「つーん」 

 

2: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:18:40.38 ID:gTb2ZK2r0
今朝


P「今日は智絵里と美穂、それから千佳とこずえで撮影だな」

千佳「がんばろう!」

こずえ「おー……」

美穂「わたしが一番お姉ちゃんか……しっかりしないと」グッ

智絵里「………」ソワソワ

P「智絵里、どうかしたのか?」

智絵里「え、あ、その……ちょ、ちょっと、こっちに来てもらえますか」

P「?」

3: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:20:26.19 ID:gTb2ZK2r0
智絵里「あの……」

智絵里「撮影が終わったら……撫でてほしいんです」ヒソヒソ

P「撫でるって、なにを」ヒソヒソ

智絵里「あ、頭を……いつも、千佳ちゃん達にしているみたいに……」ゴニョゴニョ

P「智絵里の頭を?」

智絵里「………」コクコク

P「いいぞ。そのくらい朝飯前だ」

智絵里「ほ、ほんとですかっ」

P「もちろん」

智絵里「ありがとうございますっ。わたし、頑張ります!」

千佳「なにをがんばるのー?」ヒョコッ

智絵里「わひゃぁっ!?」

P「ははは。途中からひそひそ話じゃなくなってたからなあ」

4: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:22:26.56 ID:gTb2ZK2r0
撮影後


P「4人とも、おつかれさま。よくがんばったな」

千佳「かわいく決めちゃったね!」

こずえ「ちゃったー」

智絵里「………」ソワソワ

美穂「(智絵里ちゃん、撮影終わってからずっとそわそわしてる……)」


P「よし、それじゃあ」

智絵里「!」


P「なでなでー」

千佳「きゃはっ、Pくんくすぐったーい!」

こずえ「ふわぁ……なでなでー」


智絵里「………」

智絵里「ま、まあ、小さい子からだよね。うん」

美穂「?」

5: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:24:08.92 ID:gTb2ZK2r0
P「よーし。いっぱいなでてやったぞ」

P「さて、それじゃ次は」

智絵里「!」ワクワク

P「美穂の頭を撫でるとしよう」

美穂「ふぇっ? わ、わたしですかぁ!?」

P「前々からこのアホ毛に触りたいと思っていたんだ」ナデナデ

美穂「く、くすぐったいですよー……ふふっ」


智絵里「」

智絵里「………」

智絵里「ま、まあ、残り物には福があるって言うし……」

6: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:26:11.75 ID:gTb2ZK2r0
P「よし、存分にアホ毛を堪能したぞ」

美穂「次は先に言ってから撫でてくださいね」

P「気をつける」

P「よし! じゃあ」

智絵里「!」キラキラ

P「みんなでご飯食べに行こうか」

智絵里「」

千佳「やった! 千佳、ハンバーグがいい!」

こずえ「さばみそー……」

P「こずえはチョイスが渋いな……よし、では出発だ」

千佳「おーっ」



智絵里「」

7: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:28:53.70 ID:gTb2ZK2r0
美穂「……? 智絵里ちゃん?」

智絵里「………」

智絵里「………ふ」

智絵里「ふふふっ………」ゴゴゴゴ

美穂「(な、なんだかよくわからないけど怖い……!)」ビクビク




美穂「という感じで今にいたるの」

卯月「なるほど」

美穂「プロデューサー、完全に約束忘れてたみたいで。思い出したの、ついさっきだって」

卯月「その時のプロデューサーさんの顔は?」

美穂「ヒョウくんがグリモワールに落書きした時の蘭子ちゃんみたいな顔してた」

卯月「世界の終わりって感じだね」

9: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:31:00.98 ID:gTb2ZK2r0
P「智絵里。ごめん、悪かった」

智絵里「………」ツーン

美穂「プロデューサーのほう、見ようともしませんね」

卯月「完全に怒っちゃってます」

P「な、なあ。今から約束通り撫でるから。なっ」

智絵里「ぷい」ススッ

美穂「距離をとられましたよ」

卯月「拒否ですよ、拒否」

P「ぐぬ……」

10: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:35:04.63 ID:gTb2ZK2r0
智絵里「Pさんはアホ毛が好きなんですね……」

智絵里「だったらずーっと、美穂ちゃんのアホ毛が抜けるまでなでなでしてればいいと思います……」

P「抜けるまで撫でたら、その後は智絵里の頭を撫でていいんだな?」

P「よしわかった」

美穂「待ってください。わかったってなんですか。わたし、髪の毛抜けるのいやですよ?」

卯月「美穂ちゃんのアホ毛がなくなったら……」

P「あってもかわいいがなくてもかわいい。心配するな」

美穂「いーやーでーすーよー! プロデューサー、焦りすぎて考え方おかしくなってますよ!」

卯月「チャームポイントだもんね」

P「大丈夫大丈夫。というわけで」ナデナデ

美穂「だ、だから撫でる時は前もって言ってくだ………はっ!」



智絵里「………」ジーーーーーー


美穂「(め、めちゃくちゃ羨ましそうに見てる!)」

美穂「ぷ、プロデューサー! ダメ、ダメですっ」

卯月「まだダメっ♪」

美穂「歌を歌ってるわけじゃないってば!」

11: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:37:30.74 ID:gTb2ZK2r0
智絵里「PさんのPはぽんこつのP……ぱっぱらぱーのP……」ブツブツ

美穂「ほ、ほらっ! とりあえずあれです! 多少強引にでも理由つけてなでなでしちゃいましょう!」

P「理由?」

美穂「わたしの頭はアホ毛がどうのこうので撫でたじゃないですか。それと同じ感じで」

P「なるほど、わかった」


P「智絵里」

智絵里「………」

P「前々から、そのツインテールをなでなでしたいと思っていた」

智絵里「………」ヒョコ

美穂「あ、ツインテールだけ反応した」

卯月「なんだか生きてるみたいですね♪」

P「あの日。オーディションを受けずに帰ろうとしていた智絵里を見つけたあの時から、そのツインテールは至高だと思っていた」

智絵里「………」ヒョコヒョコ

12: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:40:02.66 ID:gTb2ZK2r0
P「変態だと思われるかもしれないが、一度触りたいと思っていたんだ。だが智絵里は恥ずかしがり屋だから嫌がるだろうと考え、なかなか言い出せなかった……」

P「だが、今言わせてくれ! そのツインテールを……智絵里の頭を撫でさせてくれ!」

智絵里「………」ヒョコヒョコ

智絵里「………」ヒョコヒョコヒョコガシッ

卯月「!?」

美穂「反応していたツインテールを抑えつけた!?」

智絵里「………」シュルシュル

美穂「ツインテールほどいちゃった」

卯月「ノー、のサインかな……」

P「ち、智絵里……」

智絵里「……ぷいっ」ツーン

P「」ガーン

美穂「かなり怒ってるね」

卯月「うーん……いつもの智絵里ちゃんと、なんだか様子が違うね」

P「待てよ。よく考えると髪をおろした智絵里も相当かわいいじゃないか――」

美穂「プロデューサー! 今はそういうことを考えている場合じゃないですっ」


智絵里「………」ピク

13: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:43:22.79 ID:gTb2ZK2r0
P「どうすりゃいいんだ……」

卯月「智絵里ちゃんの好きな物……四つ葉のクローバーとか、あげればいいんじゃないでしょうか」

P「四つ葉のクローバー……」

美穂「でも、見つからない時は本当に見つからないし。今から探すのは」

卯月「やっぱり時間がかかっちゃうよね」

卯月「プロデューサーさん、他のものを……あれ?」

美穂「いない……もしかして、ほんとに探しに行っちゃった?」



智絵里「………」ハッ

智絵里「………」スクッ


美穂「智絵里ちゃん? どこいくの――」


14: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:45:15.67 ID:gTb2ZK2r0
プロダクション 中庭


智絵里「………」ジーー



P「………はあ、ないなあ」



智絵里「………」

芳乃「なにをしているのでしてー?」

智絵里「あ、芳乃ちゃん……」

智絵里「……あの、ちょっとお願いがあるの」

芳乃「お願い?」

智絵里「Pさん、四つ葉のクローバーを探しているんだけど……芳乃ちゃん、見つけるの得意だったよね」

芳乃「探し物なら任せてくださればー、必ずや良い結果をもたらしましょうー」

智絵里「お願い……できるかな。あとでお礼はするから」

芳乃「お礼は必要ないのでしてー」

芳乃「さっそく、あの方のもとへ参りましょうー」

智絵里「……ありがとう」

17: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:47:35.45 ID:gTb2ZK2r0
5分後


芳乃「戻りましたー」

智絵里「見つかったの?」

芳乃「………」フルフル

智絵里「えっ?」

芳乃「自分の力で見つけなければ意味がないと、断られてしまったのでしてー」

智絵里「あ………」

芳乃「そなたは理由を知っているでしてー?」

智絵里「……その。わたしのせいというか、なんというか」

智絵里「もう、止めてきたほうがいいよね。わたし、行って――」

芳乃「ほーほー」

芳乃「そういうことならー、ここで待っているのが吉でしてー」

智絵里「……待っている?」

芳乃「あの方は期待に応えるゆえー、ここで待つのがそなたの仕事でしてー」

智絵里「で、でも。見つかるかどうかわからないし」

芳乃「見つかるかとー」

芳乃「あの方はプロデューサーですゆえー」ニコ

芳乃「では、わたくしはこれで失礼するのでしてー」

智絵里「あ、芳乃ちゃん……いっちゃった」

智絵里「………」



P「………」フー


智絵里「………」

18: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:50:57.20 ID:gTb2ZK2r0
30分後


P「あった!」

智絵里「!」

P「よし、あとはこれを智絵里に……って」

P「智絵里……もしかして、ずっといたのか?」

智絵里「あ、その……えっと」

P「まあいいか。ほらこれ、俺からのお詫びのプレゼント」

智絵里「これ………」

P「四つ葉のクローバーと、こっちはなんと七つ葉だ! すごいだろ」

P「智絵里の持ってなさそうなものをプレゼントしようと思って」

智絵里「七つ葉……無限の幸福……」

智絵里「ありがとうございます……」

智絵里「それと、ごめんなさいっ」ペコリ

P「え?」

19: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:54:21.47 ID:gTb2ZK2r0
智絵里「些細なことですねちゃって、迷惑でしたよね」

P「なに言ってるんだ。些細なことじゃないだろ。約束を忘れた俺が悪いんだから、智絵里が怒るのは当然だ」

智絵里「違うんです……本当は、もうとっくに怒ってなんていなくて」

智絵里「もちろん、最初はムカッとしちゃいましたけど……Pさんだって、物事を忘れるくらいはありますから。だから、謝ってもらったら、もうムカッとした気分も引きました」

P「そうだったのか……じゃあ、ずっと俺と目を合わせようとしなかったのは」

智絵里「………」

智絵里「……わがまま、言いたかったんです」

智絵里「Pさんに、わがまま言って……かまってほしくて」

智絵里「それだけなんです。まともな理由なんてなくて……ごめんなさい!」

20: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:56:43.32 ID:gTb2ZK2r0
P「……智絵里」

智絵里「美穂ちゃんや卯月ちゃんにも、謝らないと――」


なでなで


智絵里「あっ……」

P「少しくらい、わがまま言ったっていいんだ。智絵里は普段、いい子すぎるくらいだからな」

P「うん、むしろ安心した。そういうやんちゃな、子供らしい気持ちがあるって知れたから」

P「今日はごめん。遅くなったけど、約束守らせてくれ」

智絵里「Pさん………」

智絵里「……ありがとう、ございます。えへへ」

P「智絵里には笑顔が一番だ」

P「むすっとしてる顔も、それはそれでかわいいけどな」

智絵里「そ、そうですか……なんだか、照れちゃいます」

智絵里「あの……これからも、たまにわがまま言ってもいいですか?」

P「ああ、もちろん」

21: ◆C2VTzcV58A 2016/01/11(月) 01:58:20.86 ID:gTb2ZK2r0
美穂「………」

美穂「ふう」

卯月「一件落着ですね♪」

美穂「ほんとによかった……ずっと様子をうかがってた甲斐があったなぁ」

卯月「私も、プロデューサーさんにわがまま言ってもいいのかな?」

美穂「わたしも、今は結構わがまま言いたい気分だったり」

卯月「なら、一緒にわがまましちゃう?」

美穂「んー……それもいいかも!」

卯月「ふふっ」



おしまい