1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:19:13 ID:H7MrhJY6
男「おっ、これが噂のカエンタケってキノコか!」

男「どれどれ……」パクリッ

男「――うまい!」

男「弾力のある歯ごたえ、まろやかな舌触り、濃厚な味、どれをとっても素晴らしい!」

女「キノコ一つでそこまで舞い上がれるなんて、安い男ね」フゥ…

友人「そのキノコ……食べたらまずいんじゃ……」

引用元: 男「毒のグルメ」 

 

孤独のグルメ 【新装版】
久住 昌之
扶桑社
売り上げランキング: 742
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:23:07 ID:H7MrhJY6
男「続いて、ヤドクガエルか」

男「いただきます」モグッ

男「う~ん、デリシャス!」モニュッモニュッ

男「噛みごたえがあるな、このカエル! 砂肝みたいでクセになりそうだ!」グニュグニュ

女「両生類を生で食うとかありえないわ。気持ち悪い」

友人「あの……そのカエルもたしか猛毒……」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:27:14 ID:H7MrhJY6
男「じゃ、ヒ素いってみるかな」パクッ

男「……」ゴクンッ

男「くぅ~! うまい! さわやかな喉ごし! 五臓六腑に染み渡る!」

男「思わずヒソヒソ話をしたくなるね……」ヒソヒソ…

女「うわっ、さむっ。氷河期がきたわ。ユーモアセンスの欠片もないわね」

友人「いや、寒いとかじゃなくて、命が……」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:29:49 ID:H7MrhJY6
男「テトロドトキシンか。一気にいただこう」バクンッ

男「おお……いい味だ! 海を泳ぐフグの姿が見えるようだ……」

男「フグはよく食うけど、やっぱりフグ毒の味は格別だな!」

女「フグをよく食べる? しょうもない見栄はっちゃって、バッカじゃないの」

友人「フグはちゃんと……免許を持った人に……」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:32:13 ID:H7MrhJY6
男「お次はダイオキシンか」

男「よっと」ムシャムシャ…

男「うーん、いい味だ。コクがあって、それでいて後味はスッキリ……品がいい」

男「一言でいえば、超うまい、ってことだ!」

女「最初から一言でいいなさいよ。無駄にかっこつけちゃって。くっだらない」

友人「もうやめた方が……」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:36:27 ID:H7MrhJY6
男「水銀いくか!」ゴキュゴキュ

男「ほぉ~、なかなか刺激的な味だ!」

男「いいねえ、銀の味がギンギンくる! オリンピックで準優勝できそうだ!」

女「準優勝とか……しょぼっ。優勝以外はゴミよ。あんたは優勝してもゴミだけど」

友人「準優勝でも……十分すごいと思う……けど……」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:39:25 ID:H7MrhJY6
男「じゃあ、毎度おなじみ青酸カリいってみるか!」

男「いつもはペロッて舐めてるけど、今日は豪快にベロベロいっちゃいます!」ベロベロ

男「うんめぇぇぇぇぇ!」

男「胃の中でじんわり溶けて、俺の体を癒してくれるよ……」

女「あんたの舌の使い方って、ホントド下手クソよね。やんなっちゃう」

友人「青酸カリが……胃酸と反応したらまずいよ……」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:45:14 ID:H7MrhJY6
男「ボツリヌスって、初めて食うけど……どんな味なんだろ」パクッ

男「……」モグモグ…

男「おお、イケるじゃん! 口の中で溶けてくこの感じがグッド!」

男「これをつまみに、酒飲んだらすっごく合いそう!」

女「発想が完全におっさんね。そろそろ加齢臭も漂ってくるんじゃない?」

友人「どこから仕入れたの……ボツリヌス菌……」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:48:51 ID:H7MrhJY6
男「っつうわけで、メタノール飲もうっと!」グビグビ…

男「っぷはぁっ!」ゲフッ

男「たまんねえな! やっぱ酒はメチルアルコールに限るってね!」

女「大して酒に詳しくないくせによくいうわ。知ったかぶりもいいとこね」

友人「失明しちゃうよ……飲まない方が……」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:51:36 ID:H7MrhJY6
男「だけどさ、どんな毒よりも俺の鼓動をドクドクいわせてくれるのは……」

男「お前の毒舌なんだよなァ」

女「なんなのいきなり? そんなんで私が喜ぶと思ってんの? バカじゃないの?」

男「ああ……たまらん」ドクン…

女「キモッ」

友人「気持ち悪がるより……体の心配した方が……」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 18:59:23 ID:H7MrhJY6
男「もっと俺をドクドクさせてくれ」スッ…

女「中途半端に胸をさわらないでよ、いくじなしが」

女「どうせなら、ちゃんとさわれっての」

男「こうでいいか?」モミッ

女「ちっ、相変わらず人の胸を揉むのが下手なんだから。もっと優しくやれっての」

友人「あの……ここにもう一人いるから……あまりいちゃつかないで……」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 19:02:33 ID:H7MrhJY6
男「まずいな、ますます興奮してきた」

女「まだ私の上着も脱がせてないのに、興奮してどうすんのよ。気が早すぎんのよ」

男「俺の中の猛毒をお前に注入したくなってきた」

女「注入? 言葉のチョイスがマジでキモイわ」

女「いつもやってることなんだから、とっととやんなさいよ。ったくとろいんだから」

男「ああ、そうさせてもらう」ガバッ

友人「二人とも……あの……ちょっと……」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/10(日) 19:06:08 ID:H7MrhJY6
友人「……」

友人(言いたいことも言えないこんな世の中じゃ……POISON)









                                     おわり