1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:11:32.07 ID:K4qhbS0D0
由比ヶ浜「ちょっとヒッキー!」

由比ヶ浜「一緒に部室まで行くって約束したじゃん!」

八幡「そんな約束した覚えはないぞ?」

由比ヶ浜「昼休みにしたし!」

由比ヶ浜「勝手に1人で行こうとしないでよ!」

八幡「そうだったか? 悪いな」

八幡「俺は先に飲み物を買ってから行く」

由比ヶ浜「・・・早く来てね?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452507091

引用元: 八幡「ふと気がつくと、一色が後ろに立っている」 

 

2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:15:30.43 ID:K4qhbS0D0





自動販売機『』ガコン





八幡「(由比ヶ浜め・・・何故毎日俺を誘うんだ?)」スッ

八幡「(本当にやめろよ勘違いしちゃうだろ)」










いろは「先輩」










八幡「?」クル


3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:21:58.74 ID:K4qhbS0D0
八幡「一色・・・」

いろは「先輩も飲み物買いに来たんですか?」

八幡「あぁ」

いろは「相変わらずそれ好きですよねぇ~」

八幡「まぁな、この甘さが良い」

いろは「いやいや、甘過ぎですよそれ」

いろは「・・・そういえば」

いろは「今日は結衣先輩は」

いろは「一緒じゃないんですか?」


4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:26:45.84 ID:K4qhbS0D0
八幡「あぁ、今日は俺が先にここに寄ってから行くからな」

いろは「へぇ」

いろは「そうなんですか」

いろは「最近、先輩って結衣先輩に誘われていますよね?」

八幡「(卑猥に聞こえるな・・・)」

八幡「・・・そうか?」

いろは「はい、絶対にそうです」

いろは「見ればわかりますから」ニコ

八幡「お前スゲェな」


6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:33:51.93 ID:K4qhbS0D0
いろは「結衣先輩は可愛いですから」

いろは「勘違いした先輩が、間違いを犯さないか心配です」

八幡「お前は俺のことをどう思っているんだよ・・・」

いろは「うわっ! なんですかそれ!?」

いろは「私の思いを確かめようとしているんですか!?」

いろは「ゴメンなさい本当に気持ち悪いですお断りします!」ペコ

八幡「まだ何も言ってねぇだろ・・・」

いろは「・・・・・・」

いろは「・・・それじゃあ先輩」

いろは「私は生徒会の仕事があるので」

八幡「あぁ」

いろは「部活、頑張って下さいね?」スタスタ

八幡「おぅ」





いろは「・・・・・・」





9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:42:17.80 ID:K4qhbS0D0
八幡「うっす」ガラ

雪ノ下「比企谷君、こんにちは」

八幡「おぅ」

由比ヶ浜「あーっ! ヒッキー!」

由比ヶ浜「ちょっと遅くない!?」

八幡「少し一色と話をしていたんだよ」

由比ヶ浜「え? いろはちゃんと?」

雪ノ下「珍しいのね」

雪ノ下「選択的緘黙の比企谷君が一色さんと会話できるなんて」

八幡「おい」


10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:48:01.76 ID:K4qhbS0D0
雪ノ下「まさか人気のない場所に連れ込んで退廃的な淫k」

八幡「しねぇよ」

由比ヶ浜「ヒッキーいやらしい! キモい!」

八幡「だから何もしてねぇよ」

由比ヶ浜「じゃあ何を話していたし!」

八幡「いや・・・別に何も」

八幡「というか何でそんなに聞いてくる」

由比ヶ浜「だってヒッキーキモいし」ジト

八幡「(由比ヶ浜酷い)」

雪ノ下「その通りよ由比ヶ浜さん」ジト

八幡「(雪ノ下酷い)」


11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:54:20.66 ID:K4qhbS0D0
雪ノ下「」ペラ

由比ヶ浜「んー・・・これにしようかなぁ・・・」ジー

八幡「」ペラ

八幡「(今日も変わりなく1日が過ぎる)」

八幡「(最近は気不味くなるような問題もない)」

八幡「(何故か由比ヶ浜が俺と一緒に部室に来たがるが)」

八幡「(この空間は実に心地が良い)」

八幡「(・・・奉仕部の意義がないが)」


12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:59:13.87 ID:K4qhbS0D0
雪ノ下「それでは比企谷君、由比ヶ浜さん」

雪ノ下「さようなら」スッ

八幡「おぅ」スッ

由比ヶ浜「バイバイ、ゆきのん」フリフリ

雪ノ下「えぇ、さようなら」スッ

八幡「・・・・・・」

八幡「・・・じゃ、俺も」スッ

由比ヶ浜「・・・あっ、あの、ヒッキー!」

八幡「あ?」

由比ヶ浜「え、えっと・・・途中まで一緒に帰らない?」

八幡「!?」


13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:03:09.26 ID:K4qhbS0D0
八幡「・・・み、道こっちだったか?」

由比ヶ浜「う、うん・・・」

由比ヶ浜「で、でも途中までだし!///」

由比ヶ浜「きょ、今日は気分的にヒッキーと帰りたいだけだし!///」

由比ヶ浜「ヒッキー超キモい!///」

八幡「何故そうなる」

八幡「(ドキドキするだろいい加減にしろよ)」


14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:08:56.60 ID:K4qhbS0D0
八幡「」スタスタ

由比ヶ浜「・・・///」スタスタ

八幡「(それにしても由比ヶ浜はどうしたんだ?)」

八幡「(何か画策しているのか・・・)」

由比ヶ浜「・・・え、えっと」

由比ヶ浜「ヒ、ヒッキー・・・?」

八幡「?」

由比ヶ浜「あ、あのさ・・・///」モジモジ

由比ヶ浜「今度の日曜b」





ガンッ!!!!





由比ヶ浜「きゃっ!?」ビク

八幡「!?」ビク


15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:14:32.04 ID:K4qhbS0D0





石『』ゴロ





由比ヶ浜「え・・・? 石・・・?」

由比ヶ浜「なんでこんなところに・・・」

八幡「(石・・・? ここ信号機の前だぞ?)」

八幡「(こんなものが落ちてくるはずがない)」

八幡「(誰かが投げてきた?)」キョロキョロ

八幡「(・・・誰もいねぇな)」

八幡「(いたずらか? 酷ぇことしやがる)」

八幡「由比ヶ浜、大丈夫か?」

由比ヶ浜「う、うん」

由比ヶ浜「丁度ボタン押すところに当たったみたいだし・・・」

八幡「そうか・・・」


17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:22:02.74 ID:K4qhbS0D0
由比ヶ浜「あ、あはは・・・何だったんだろうね?」

由比ヶ浜「いたずらかなぁ・・・?」アセ

八幡「お前に怪我がなければ良い」

由比ヶ浜「あ、ありがとう・・・///」

八幡「・・・・・・」

由比ヶ浜「・・・・・・」

八幡「・・・由比ヶ浜、さっき言いかけていたのは」

八幡「何だったんだ?」

由比ヶ浜「え!? あ、あぁ、えっと・・・」アセ

由比ヶ浜「な、何でもないよ! うん! 気にしないで!」

由比ヶ浜「あ、あとあたしこっちだから!」

由比ヶ浜「バイバイ、ヒッキー!」スタスタ

八幡「お、おぅ」





由比ヶ浜「(ヒッキー誘い損なっちゃった・・・)」シュン















「・・・・・・」





18: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:28:13.06 ID:K4qhbS0D0
八幡「」スタスタ

八幡「(何だったんだあれは)」

八幡「(妙なこともあるもんだ)」










カシャ










八幡「?」クル

八幡「・・・?」キョロキョロ

八幡「(・・・気の所為か)」スタスタ


19: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:34:32.59 ID:K4qhbS0D0

― 比企谷家 玄関前 ―


八幡「」ゴソゴソ

八幡「(ん? 鍵はどこに・・・)」ゴソゴソ

八幡「(・・・あった)」

八幡「」カチャカチャ










いろは「先輩」










八幡「!?」


21: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:39:11.71 ID:K4qhbS0D0
八幡「一色・・・? ここで何をしているんだよ?」

いろは「えへへ! 先輩の帰る姿を見たので」

いろは「ついて来ちゃいました!」

八幡「は? なんで?」

いろは「なんで?」

いろは「特に理由はありませんよ?」

いろは「私の前に先輩が歩いていたから」

いろは「ただそれだけです」ニコ

八幡「いやいや、おかしいだろ」


22: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:43:48.50 ID:K4qhbS0D0
八幡「お前、それストーカー紛いの発想だぞ?」

いろは「・・・酷いですねぇ~」

いろは「人をストーカー扱いするだなんて」

八幡「いや、していただろ」

いろは「・・・・・・」

いろは「・・・あっははははは!!」

いろは「もう、先輩冗談ですって!」

いろは「本当はちょっと好奇心でついて来ちゃっただけですって!」

八幡「は?」


24: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:48:12.26 ID:K4qhbS0D0
いろは「いやぁ~、先輩ってどんな家に住んでいるのかとかぁ~」

八幡「卑しいなお前」

いろは「本当に大した理由じゃないんです」

八幡「(複雑な気分だ)」

いろは「誰も好き好んで先輩に付き纏わないですよぉ~」

いろは「ね?」

八幡「(こいつ・・・)」


25: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 20:56:29.48 ID:K4qhbS0D0
いろは「でもびっくりさせてしまってゴメンなさい!」

いろは「それじゃあ、私はもう帰りますので」

いろは「また明日学校で」ニコ

八幡「お、おい・・・」

八幡「(いや、待てよ)」

八幡「(常識的に考えて、ここで一色を帰らせるのも無礼なような気がする)」

八幡「(しかし、ここで俺が少しあがっていくか? と言った場合の反応が怖い)」





いろは『うわっ! なんですかそれ!?』

いろは『誘っているんですかマジでキモいです無理ですゴメンなさい!』ペコ





八幡「(こうなることは間違いないな)」

八幡「(些かスッキリとしないが、ここは一色を見送ろう)」

八幡「・・・おぅ」スッ















いろは「・・・・・・」





27: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:28:39.46 ID:K4qhbS0D0

― 翌日 ―


八幡「・・・・・・」

八幡「(由比ヶ浜は葉山達と一緒に過ごすようだ)」

八幡「(さすがに昼までは俺を誘うわけがないか)」

八幡「(・・・自意識過剰だな)」

八幡「(最近気持ちが悪いぞ、俺)」

八幡「」スッ

由比ヶ浜「あ・・・」

由比ヶ浜「(すっかりタイミング見失っちゃった・・・)」





八幡「」スタスタ










いろは「先輩」





28: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:30:28.33 ID:K4qhbS0D0
八幡「またお前か」

いろは「奇遇ですね」

いろは「最近、私達結構会いますよね?」

八幡「あ、あぁ」

いろは「テンション下がるんですけど」

八幡「うるせぇよ」

いろは「・・・・・・」


29: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:34:34.93 ID:K4qhbS0D0
いろは「先輩、お昼なのにどこに行くんですか?」

八幡「昼を食いに行くんだよ」

いろは「どこにですか?」

八幡「・・・屋上」

いろは「どうして教室で食べないんですかぁ~?」

いろは「先輩って友達もいなければ」

いろは「居場所もなかったんですかぁ~?」

いろは「可哀相な先輩ですねぇ~」ニヤニヤ

八幡「(雪ノ下さん、後輩に虐めを受けている件で依頼があるんですが)」


30: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:39:49.39 ID:K4qhbS0D0
八幡「そういうお前は何をしているんだよ?」

いろは「私ですか? 私は丁度先輩を捜していたんですよ」

いろは「哀れな先輩を」クスクス

八幡「(泣きたい)」

いろは「実はこれを作ってきたんです」スッ

八幡「弁当か?」

いろは「はい! 私も少しは女子力磨きたくて」

いろは「作ってはみたものの、男子の意見が聞きたくて・・・」


31: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:51:06.64 ID:K4qhbS0D0
八幡「何故俺に頼む」

いろは「だって葉山先輩に頼んだら断られるじゃないですか」

いろは「先輩は断りませんよね?」

いろは「絶対に」

八幡「・・・まぁ、良いが」

いろは「」ニコ

いろは「じゃあ先輩」

いろは「折角なので、生徒会室に行きましょうか」

いろは「外は寒いですしね」

八幡「お、おぅ」


32: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:56:40.51 ID:K4qhbS0D0

― 生徒会室 ―


いろは「さ、可愛い後輩の手作り弁当ですよ!」

いろは「不味いって言ったら許しませんからね!」

八幡「どうだか・・・」パカ

八幡「(・・・奇跡だ)」

八幡「(俺の好物しか入ってねぇ)」パク

八幡「」モグモグ

いろは「どうですか?」

八幡「・・・これ、滅茶苦茶上手いな」

八幡「毎日食べたいぐらいだ」モグモグ

いろは「!」


33: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:00:49.76 ID:K4qhbS0D0
いろは「ほ、本当ですか?」

八幡「おぅ」

八幡「ま、小町の料理には負けるけどな」

いろは「ちょっと何ですかそれ!」

いろは「どこまでシスコンなんですか先輩は!」

八幡「千葉にシスコンじゃない兄なんていねぇよ」

いろは「本当に気持ち悪いです近寄らないで下さいゴメンなさい」ペコ

いろは「・・・・・・」





いろは「えへへ・・・」


34: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:06:01.23 ID:K4qhbS0D0
いろは「ねぇ、先輩」

八幡「あ?」

いろは「実は放課後ちょっと仕事手伝ってほしくて・・・」

八幡「・・・まさかこれはそのための」

いろは「い、良いじゃないですかぁ~!」

いろは「こんな報酬を貰えたら、ちょっとくらい手伝ってくださいよぉ~!」

八幡「計算高い後輩だな・・・」

八幡「わかった、由比ヶ浜達には話しておく」

いろは「ありがとうございます!」

いろは「じゃあ」

いろは「放課後」

いろは「待っていますから」


35: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:10:27.11 ID:K4qhbS0D0

― 放課後 生徒会室 ―


八幡「うっす」ガラ

いろは「あ、来ましたね」

八幡「今日はお前1人なのか?」

いろは「はい」

いろは「そうです」

八幡「・・・で、何を手伝ってほしいんだ?」

いろは「えっとこれとこれを――――――」


37: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:15:53.72 ID:K4qhbS0D0
八幡「・・・・・・」

いろは「疲れたぁー・・・」グテ

八幡「怠けるなよ」

いろは「少しリフレッシュが必要ですね」スッ

いろは「あ、先輩はそれ整理しておいて下さい」

八幡「(帰りたい)」

いろは「ふぅー・・・」

八幡「」ペラ

八幡「」チラ

八幡「(ん? こいつの使っているイヤホン)」

八幡「(俺のと全く同じ奴だ)」

八幡「(すごい偶然だな)」


38: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:22:14.96 ID:K4qhbS0D0
八幡「一色、お前SENNHEISER使っているのか」

いろは「え? そうですけど」

いろは「このメーカー、結構音が良いんですよぉ~!」

いろは「先輩もよく知っていますね」

八幡「まぁな、俺もそれと同じ物を使っているしな」

いろは「うぇっ!? そうなんですか!?」

いろは「それすっごい嫌なんですけど!」

八幡「うるせぇよ」





いろは「先輩が持っているのは」

いろは「色、黒でしょう?」





八幡「?」


41: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:27:12.13 ID:K4qhbS0D0
八幡「そうだが」

いろは「シルバーと黒があった」

いろは「でも、シルバーは人気で在庫切れ」

いろは「それで黒を選んだ」

いろは「違いますか?」

八幡「よくわかったな、その通りだ」

いろは「えへへ・・・」

いろは「私も同じ理由で」

いろは「黒を選びましたから」

いろは「でも良いんじゃないですか?」

いろは「その色、先輩にとっても」





いろは「似合っていますから」ニコ





45: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:38:20.74 ID:K4qhbS0D0





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





八幡「(由比ヶ浜と一緒にいたときの、あの石ころのことがあってから)」

八幡「(妙な出来事が起きてばかりだ)」

八幡「(ふと気がつくと、一色と一緒にいることが多くなったような気がする)」

八幡「(ぼっちとしては、この上なく居心地が悪い)」

八幡「(・・・少しは嬉しい)」

八幡「(明日は由比ヶ浜から誘いがあって)」

八幡「(ららぽーとに行く用事ができてしまった)」

八幡「(休日は引き籠って過ごすのが当たり前なのだが)」


46: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:44:02.08 ID:K4qhbS0D0
八幡「(これはデートなのか? 期待しても良いのか?)」

八幡「(また由比ヶ浜にキモいと罵詈雑言を喚き散らされるのだろうか)」

八幡「(そんなことはどうでも良い、何と言っても明日は由比ヶ浜と2人で歩く)」

八幡「(何かを買うのだが、俺の意見がほしい・・・か)」

八幡「(雪ノ下と行けば良かったんじゃないか? 由比ヶ浜)」

八幡「(今日は早めに寝ておくか・・・)」










ブー   ブー










八幡「?」


47: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:51:30.56 ID:K4qhbS0D0
八幡「」スッ





『やっはろーヒッキー! こんな時間にゴメンね! (ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू) 』

『なんかいろはちゃんがスマホ失くしちゃったんだって!』

『ヒッキー知らない?』





八幡「」ポチポチ





『俺が知るわけないだろ』

『お前、一色の電話番号は知っているのか?』


48: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:53:57.26 ID:K4qhbS0D0
『え? うん、知っているよ」





八幡「」ポチポチ





『じゃあ試しに電話してみろ』

『家のどこかにあるかもしれないだろ?』


49: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:57:13.11 ID:K4qhbS0D0
『あーそっか! じゃあ試しにかけてみるね!』

『ヒッキーまた明日! おやすみ! ٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪ 』





八幡「(顔文字ぇ・・・)」










ピリリリリリリリリリリリッ!!










八幡「!!!?」ビク


50: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 23:04:54.06 ID:K4qhbS0D0
八幡「は・・・?」





ピリリリリリリリリリリリッ!!





八幡「(俺のはマナーモードにしているぞ・・・)」

八幡「(机の下から音が・・・?)」スッ





スマホ『』ピリリリリリリリリリリリッ!!





八幡「(なんだよこれ・・・小町のじゃねぇ・・・)」

八幡「(ん? この色どこかで・・・)」スッ















いろは「なーんだ」

いろは「そんなところにあったんだ」















『 終わり  ― 俺は後ろを振り向くことができなかった ― 』