1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:10:50.26 ID:BtajCFpe0
まどか「うああああーん!! マミさーん!!」

マミ「鹿目さん!? いったいどうしたの?」

まどか「ほむらちゃんが! ほむらちゃんが!」

マミ「なっ……、まさか暁美さんったら、とうとう鹿目さんに手を出したの!?」

まどか「そっ、そうじゃないんです」

まどか「むしろその逆というか……」

マミ「逆?」

まどか「ほむらちゃんの様子がおかしいんです……」

引用元: まどか「スカートぴろりーん!」 

 

魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-12-27)
売り上げランキング: 2,046
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:16:30.04 ID:BtajCFpe0
マミ「様子がおかしい?」

まどか「はい」

マミ「うーん、具体的にはどんな感じで―――」

ほむら「あら。まどかに巴マミ」

まどか「あっ、ちょうど本人がきた」ヒソヒソ

マミ「みたいね。でも特におかしなところは見当たらないけれど」ヒソヒソ

まどか「ううん、絶対おかしいんです」ヒソヒソ

ほむら「2人で何をこそこそ内緒話してるの?」

まどか「見ていてくださいマミさん」ヒソヒソ

まどか「ほむらちゃんがおかしいということを今証明します」ヒソヒソ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:22:26.84 ID:BtajCFpe0
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「何かしら」

まどか「スカートぴろりーん!」チラッ

マミ(あ。ピンク)

マミ(って、ちょっと鹿目さん!? 何故自分のスカートなんか捲り上げて!?)

ほむら「……」

まどか「ぴろぴろー」チラチラ

ほむら「……」

マミ「……」ドキドキ

まどか「ぺろーん」チラッ

ほむら「……まどか。そんなはしたないことはお止めなさい」

マミ「!!!!!!!!!!!!!!???」

まどか「ほら! ね!? おかしいでしょう!?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:31:22.18 ID:BtajCFpe0
マミ「おかしいなんてものではないわ」ヒソヒソ

マミ「だって以前の暁美さんなら……」ヒソヒソ

まどか「はい。わたしのスカートの中に顔を埋める程度で済めばいい方でしたもん……」ヒソヒソ

ほむら「ちょっ、ちょっと? 何かおかしなことをしてしまったかしら、私?」

マミ「暁美さん!」

ほむら「ええ」

マミ「失礼を承知でうかがうけれど、貴女って本当に暁美ほむらさん本人!?」

ほむら「どうしてそこから疑われなくてはならないのよ!」

マミ「だって……、ねえ?」

まどか「ねえー?」

ほむら「え? え? まどかまで……?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:39:24.56 ID:BtajCFpe0
まどか「だってほむらちゃんがあんな常識的な発言をするなんて……」

ほむら「……いいわよ、もう。まどかと巴マミなんて知らないわ」スタスタスタ

マミ「あ、いじけて行っちゃった」

まどか「ちょっと言い過ぎちゃったかなぁ……」

マミ「でも確かにあれはおかしいわね」

まどか「ですよね。なんだか落ち着かなくって」

マミ「何があったのかしら……」

まどか「まさか、落ちていたものを拾って食べちゃったとか!?」

マミ「その程度でああも人が変わるとは思えないわ!」

マミ「ひょっとして危ない薬に手を出してしまっているんじゃ!?」

まどか「そんな! ほむらちゃんに限って!」

マミ「分からないわよ」

マミ「あの子、あれで抜けてるところがあるから、悪い人に騙されて薬を飲まされている可能性も」

まどか「あわわわわわわ!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:46:58.10 ID:BtajCFpe0
マミ「なんていう冗談はさておき」

まどか「えっ!? 冗談!?」

マミ「それはそうよ。抜けているとはいえ、暁美さんはその程度の分別はつく子でしょう」

まどか「あっ、そ、そうですよね……」

マミ「で、話を戻すわよ」

マミ「今は慣れないからおかしく思えてしまうけれど……」

マミ「よくよく考えるとこれは良い傾向なのではないかしら」

まどか「良い……、蛍光……?」

マミ「そうそう、この蛍光ライトが今ならお安く398円……って、その蛍光じゃなくて!」

まどか「てへへ」

マミ「ほら。暁美さんにとっても、鹿目さんにとってもね」

マミ「暁美さんの変態暴走癖が無くなるのはいいことなのではないかしら」

まどか「……」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 16:53:30.25 ID:BtajCFpe0
マミ「暁美さんは、美人だし頭も良いし、基本的にはよくできる子でしょう?」

まどか「それは……、はい」

マミ「鹿目さんだって、暁美さんに変なことされるって、よく私や美樹さんに泣きついていたじゃない」

まどか「相談……、確かにしました、けど……」

マミ「だからこれは誰にとっても悪いことではない」

マミ「私はそう感じるのだけれど、どうかしら」

まどか「……」

マミ「きっと暁美さんも成長しつつあるのよ」

マミ「だから私達はそれを温かく見守っ―――」

まどか「飽きられちゃったのかな」

マミ「へっ?」

まどか「わたし、ほむらちゃんに飽きられちゃったのかな……?」

マミ「ちょっ、ちょっと、鹿目さん?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:00:34.62 ID:BtajCFpe0
まどか「だってだって!」

まどか「あの変態で! パンツの匂いから生理周期を把握できて!
      わたしのパンツと自分のパンツをすり替えておくのは日常茶飯事で!
      隙あらば間接キスを狙ってきて!
      お泊まりでもしようものなら、夜中こっそりパジャマ服を脱がせようとしてきて!
      (中略)
      媚薬スペシャリストとして一部界隈では有名で!
      既製品では満足しきれず自作の監視カメラを作ってしまって!
      そんなほむらちゃんが、いきなり普通の人になれるとは思えません!」

マミ「えっ、ちょっと、えっ? 暁美さんってそんなことまでしていたの!?」

まどか「まだまだありますよ!」

マミ「いえ……、これで十分よ、十分……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:07:49.62 ID:BtajCFpe0
マミ「でも……、だったらなおのこと、暁美さんが普通の子になるのは喜ばしいことなんじゃ?」

まどか「物足り……、ないんです……」

マミ「はい?」

まどか「なくなって初めて、寂しいなって感じたんです……」

まどか「ほむらちゃんの変態行為……」

マミ「……」

まどか「マミさん! どうしたらもう一度ほむらちゃんを振り向かせられるんでしょうか!?」

マミ「ええっ!? いっ、いえ、そういうことは私ちょっと苦手で……」

まどか「振り向かせ方、分からないんですか……?」

マミ「……」

まどか「……」

マミ「いいえ! もちろん分かるわ! だって私、先輩だもの!」

まどか「わあっ! さっすがマミさん!」

マミ(しまった、つい勢いで……!)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:17:39.51 ID:BtajCFpe0
まどか「わくわく」

マミ(とはいえこの期待の目に応えないというわけにもいかないわよね……)

マミ「えーっと、暁美さんを振り向かせるためには……」

まどか「振り向かせるためには!?」

マミ(うーん、うーん……)

マミ(自分がしてもらえて嬉しいことを言えばいいかしら……)

マミ「そうね、ボディータッチがいいと思うわ!」

まどか「ボディータッチ!?」

まどか「それってあの、あそこを揉んだり、アソコをくにくにしたり、それから……」モジモジ

マミ「そっ、そんなにディープなものじゃなくって!」

マミ「ほら、頭を撫でたり、ぎゅっと抱きついたり……」

マミ「私だったらそういうことしてもらえたら、嬉しい気持ちになるけどなー、なんて……」

まどか「なるほど! 頭を撫でて抱きつけばいいんですね!」

マミ「見かけによらず随分アバウトな解釈をするのね、鹿目さんって……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:24:57.15 ID:BtajCFpe0
まどか「まどかダーッシュ!」ダダダダダッ

マミ「はあっ、はあ、はあ……、待って鹿目さん、走るのが早いわ……」フヨンフヨン

まどか(あ、ほむらちゃん発見!)



さやか「で、どうだった?」

ほむら「おかしいって、言われたわ……」

さやか「ああ……。実はあたしの方も……」

ほむら「何がいけないのかしら」

さやか「何がいけないんだろうね」

2人「はあっ……」



まどか(!? なんでさやかちゃんと一緒にいるの!?)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:32:58.69 ID:BtajCFpe0
まどか(まさかまさか!?)

まどか(わたしからさやかちゃんに乗り換え!?)

まどか(そっ、そりゃあ、さやかちゃんはいい子だし……)

まどか(スタイルもわたしみたいなちんちくりんじゃないし……)

まどか(わたしよりほむらちゃんとお似合いかもだけど……)

まどか(うーっ! でもやっぱりそんなのやだ!)

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか!? いつの間に? もしかして今の話を聞いていたんじゃ……」

まどか「どうせわたしはさやかちゃんよりちっちゃいから視界に入らないよーだ!」

さやか「どうしたのまどか? なんか怒ってる?」

まどか「怒ってないもん!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:40:01.20 ID:BtajCFpe0
まどか(そんなことより、さっさとほむらちゃんにボディータッチしないと!)

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「えっ、ええ……」

まどか「よしよーし」ナデナデ

ほむら「へっ?」

まどか「よしよし」ナデナデ

ほむら「……」

ほむら(よく分からないけれど、悪い気持ちはしないわね)

まどか「そこですかさずギューッ!」ギュッ

ほむら「ちょっと!?」

まどか「ギューッ!」ギュウッ

ほむら「ま、ままま、まどか!?」

さやか「おおぅ……」

マミ(鹿目さんって地味に実行力は物凄いのよね……)

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:48:01.04 ID:BtajCFpe0
まどか(えへへ……)ギュッ

まどか(これでほむらちゃんの変態心にも火がついてくれるはず!)ギュッ

まどか(そうすれば、そうすれば……!)ギュッ

ほむら「あの、まどか……」

まどか(きた!!?)ギュッ

ほむら「こんな……、往来で、恥ずかしいわ」

まどか「!!!!!!!???」

まどか(ばっ、馬鹿な……!)

ほむら「だからもう離してもらえるかしら。……いい子だから、ねっ?」ナデナデ

まどか(そんな! こんなの絶対おかしいよ!)

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 17:52:58.93 ID:BtajCFpe0
まどか「……」スッ

ほむら「分かってくれたかしら?」

まどか「ぐすっ、ひっく、うぇぇ……」

ほむら「まっ、まどか……?」

まどか「ほむらちゃんの馬鹿ぁー!!」ダダダダダダダッ

ほむら「あっ……」

さやか「なーかせた、なーかせた!」

ほむら「だ、だって……、私……」

マミ「ねえ、暁美さん。貴女いったいどうしたの?」

ほむら「え……?」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:01:40.53 ID:BtajCFpe0
マミ「美樹さんが常識人に見えるほどの変態だった貴女が、一体どうしてそんな……」

さやか「そうそう。……って、マミさん!? そりゃないですよ!」

マミ「あはは、ごめんなさい」

ほむら「や、やっぱり……、私、変態だと思われていたのね……、美樹さやか以上の」

さやか「いやだから、さやかちゃんは超がつくほどノーマルな筈じゃ!?」

さやか「そこで引き合いに出されるのは不本意なんですけど!」

マミ「言いにくいけれど、以前の暁美さんは明らかな変態だったわ」

さやか「無視ー!?」

ほむら「……」

さやか「あー、えーと。あのねマミさん」

マミ「ええ」

さやか「実は以前のほむらは、あれが変態的行為だってことが理解できてなかったみたいなんです」

マミ「はいぃ!?」

さやか「パンツの匂いを嗅ぐのとか、まあ色々、普通の行為だと思っていたようで」

ほむら「ほむぅ……」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:10:22.33 ID:BtajCFpe0
さやか「あれは遡ること1週間前」


――――


ほむら「美樹さやか……、私はもう、駄目かもしれない……」

さやか「転校生!? いったいどうしたの!?」

ほむら「とうとうまどかにドン引かれてしまったの……」

さやか「ああ、そりゃあんなに変態的なことばっかしてればね……」

ほむら「変態的なこと? えっ?」


―――


さやか「病院暮らしが長くて人付き合いが苦手だったほむらは、どこか常識がずれてたみたいなんです」

さやか「あの変態行為の数々も、少しでもまどかと仲良くなりたくて張り切っていたからだとか」

マミ「はあ」

ほむら「思い出すだけで恥ずかしいわ……」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:16:33.41 ID:BtajCFpe0
さやか「それでその日からあたしが、ほむらに常識を教え込み始めたんです」


――――


さやか「問399! ニット帽、麦わら帽子、ハチマキ、まどパン!」

さやか「この中で使い道が仲間はずれなのは!?」

ほむら「えーっと……、は、ハチマキかしら?」

ほむら「1つだけかぶるものではなく巻くものだし……」

さやか「ちっがーう!! 答えはまどパン!」

ほむら「そんなっ!? どうして!?」


――――


さやか「本当に、本当にひどかった……」

マミ「……」

ほむら「お願い、もう言わないで……」カアアアアッ

ほむら「本当に分からなかったの……」モジモジ

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:25:50.32 ID:BtajCFpe0
ほむら「で、でもっ! 私だって教えられるばかりじゃなかったのよ!」

ほむら「私だって美樹さやかに、その……」

さやか「ちょっと!?」

ほむら「もっと女の子らしくしないと上条恭介と付き合えないって、お返しのアドバイスとか」

さやか「わああああっ!! 恭介の名前を出すなぁー!!」

マミ「ふふっ。なんだかんだで仲が良いのね」

ほむら「全然これっぽっちも仲よくなんてないわよ」

さやか「そうそう!」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:34:31.57 ID:BtajCFpe0
ほむら「でも……、何がいけなかったのかしら」

ほむら「私、少しでもまどかに相応しい人になりたくて」

ほむら「自分なりに色々、頑張ったつもりだったのに……」

マミ「ねえ暁美さん」

ほむら「……」

マミ「思うに鹿目さんは今、寂しいんじゃないかしら」

ほむら「寂しい……?」

マミ「そう。だって彼女視点では、急に暁美さんからのアプローチが無くなったわけでしょう?」

マミ「暁美さんが、自分のことなんかどうでもよくなっちゃったんじゃないか、って」

マミ「不安でたまらないんじゃないかな?」

ほむら「……」

さやか「なんだかんだでほむらはパンツ嗅いでるのが一番ってことなのかな」

ほむら「そっ、そんな! 今更そんなこと……、恥ずかしくてできない……」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:43:45.25 ID:BtajCFpe0
マミ「頑張りましょう、暁美さん!」

ほむら「ええっ!?」

マミ「勇気を出して鹿目さんのパンツを嗅ぎましょうよ! それが鹿目さんのためでもあるわ!」

ほむら「だ、だって、そんな変態的なこと……」

さやか「そうそう! まどかのためにも、今からまどかを探してパンツを嗅いでやりなよ、ほむら!」

ほむら「嫌よぉ……、私、もう変態にはなりたくない……」

マミ「じゃあ、靴下を舐めるぐらいでも良いと思うわ」

ほむら「それも変態じゃない……」

さやか「お風呂場への侵入は!?」

ほむら「できないったらぁ……」

マミ(ねえ……、これ本当に暁美さん?)

さやか(我ながらとんでもない魔改造を施してしまった……)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 18:51:54.49 ID:BtajCFpe0
さやか「ほむら! あたしの知ってるあんたはそんな奴じゃなかった!」

ほむら「えっ……?」

さやか「今のアンタは勉強ができて、色白で、髪が綺麗で、そこはかとない百合オーラが出てて―――」

さやか「そんでもって貞操観念がしっかりしてて、足が綺麗なだけの、ただの美少女だ!!」

ほむら「……それ、無理して元に戻す必要、あるの?」

さやか「……」

マミ「……」

さやか「あれ? やっぱ今のほむらの方がいいんじゃない?」

マミ「確かに、三食パンツの化け物よりも圧倒的に今の暁美さんよね」

ほむら「やっぱりもう変態なことは嫌よー!!」

さやか「しまった! 説得に失敗した!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 19:02:38.12 ID:BtajCFpe0
ほむら「どうにか変なことをせずに、まどかと仲良くなることはできないかしら……」

さやか「うーん」

マミ「そうねえ」

ほむら「い、いっそ、好きって言ってしまう、とか……」

さやか「へ?」

マミ「はい?」

ほむら「なっ、なーんて、冗談よ冗談!」

ほむら「2人の反応を見るに、これも変態的な行為なのね……」

さやか「いや、全然」

マミ「それは健全な行為の範疇よね」

ほむら「えっ? それならどうしてそんな呆気にとられたような顔を?」

さやか「いや……、まさかそんな基本的段階をすっ飛ばしているとは思わなくって」

マミ「ええ……。あの行為の数々を見て、てっきりもうそれぐらいしているものだとばかり」

ほむら「ほむぅ……」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 19:09:57.52 ID:BtajCFpe0
――――

まどホーム


まどか(ふーんだ、もうほむらちゃんのことなんて知らないもん)ゴロゴロ

まどか(向こうから謝ってくるまで無視しちゃうんだから)ゴロゴロ

まどか(ふーんだ)

知久「まどか、お客さんだよ」

まどか「えっ?」

知久「暁美ほむらさんっていう子」

まどか「ほむらちゃんが!? わーい!」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:00:20.89 ID:BtajCFpe0
ほむら「おじゃまします」

まどか「いらっしゃい、ほむらちゃん!」

ほむら「あのね、まどか……。貴女に言いたいことがあるの……」

まどか「えへへ、パンツなら用意しておいたよ!」

ほむら「そう、パンツ……、えっ?」

まどか「ほら!」ピラピラ

ほむら「そっ、そんなものは衣装ダンスにしまって! 恥ずかしいわ……」

まどか(ガーン!!)

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:11:25.73 ID:BtajCFpe0
ほむら「言いたいことというのはね」

まどか(パンツ……、厳選したのに……)

ほむら「私……、貴女のことが、す、すす、好きなの!」

まどか「えっ……?」

ほむら「だから、これからまどかともっともっと仲良くなっていけたらなって、そう思ってるわ」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「駄目……、かしら? 私なんかじゃ、やっぱりまどかにふさわしくは……」

まどか「ううん! 駄目なんかじゃないよ!」

ほむら「本当に……?」

まどか「うん! わたしね、ほむらちゃんが変わってからようやく気付いたんだ」

まどか「あんなことされてもそれほど嫌じゃなかったのは―――」

まどか「相手がほむらちゃんだったからなんだって」

ほむら「まどか……」

まどか「だから……、これからもよろしくねって気持ちをこめて」スクッ

ほむら「……? ど、どうしたのまどか……?」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:16:49.04 ID:BtajCFpe0
まどか「ほむらちゃん流のやり方で!」ピラッ!

ほむら「きゃっ!?」

まどか「わたしもほむらちゃんに接するね!」クンカクンカ!

ほむら「ままっま、まど、まどか!?」カアアアアッ

まどか「ほむらちゃんのパンツ……、くんかくんか……」

ほむら「い、いやっ! 駄目よまどか! そんな!」ブンブン

まどか「いい匂い……」スンスンスン

ほむら「まどか! 普通に! 普通に仲良くしましょう!?」

まどか「……」

ほむら「まど、か……?」

まどか「普通って何?」

ほむら「なっ!?」

ほむら(地味に哲学的な問いかけをされてしまったわ!)

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:25:06.20 ID:BtajCFpe0
ほむら「普通に仲良くっていうのは、その……」

まどか「さっきも言った通り、わたしはほむらちゃんに色々されたの嫌じゃなかったよ」

まどか「それだけわたしに一生懸命になってくれてるんだなって、分かったもん」

ほむら「一生懸命だったのは、確かだけど……」カアアアッ

ほむら(あれはそれが普通だと勘違いしていたからできたことで……)

まどか「だから今度はわたしがほむらちゃんに一生懸命になるね!」

ほむら「わ、私に一生懸命に!?」ドキッ

まどか「ね! 駄目かな!?」

ほむら「あ、は、はいっ……」ドキドキドキ

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:31:34.26 ID:BtajCFpe0
――――


まどか「見て見てマミさん! ほむらちゃんの凄いシーンを盗撮しちゃいました!」

ほむら「だっ、駄目よまどか! そんなデータすぐに消去して……!」

まどか「じゃあほむパン2枚で手を打つよ」

ほむら「そんなぁ……」

まどか「かわりにまどパン2枚あげるから。ねっ?」

ほむら「そういう問題じゃないわよ……」





杏子「なあ、あいつらいつの間に立場が逆転したんだ?」

さやか「いつの間にやら」

マミ「でもなんだかんだで仲よさそうよね」

さやか「ですなー」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:40:34.13 ID:BtajCFpe0
マミ「昔っから雨降って地固まるっていうものね」

さやか「きっとあたしの天才的アドバイスが功を奏したに違いない!」

杏子「事情は知らないけど、それはない気がする」

さやか「なんでだよ!!」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:41:32.83 ID:BtajCFpe0
まどか「ほむらちゃんのパンツゲット!」

ほむら「だっ、駄目! 返してまどか!」ヨタヨタ

まどか「わたしに追いつけたら返してあげるね」

ほむら「そんな……、だって、まどかに脱がされちゃったから、このまま走ったら……」

まどか「スカートぴろりーん!」ペラッ

ほむら「いやああああああっ!?」





杏子「なんだかんだで楽しそうだな、ほむらの奴」

さやか「Mなんじゃないの?」

マミ「ああ……」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 20:44:53.60 ID:BtajCFpe0
ほむら(昔の私を消し去りたい……)

まどか「ここまでおいでー、ほむらちゃん!」ヒラヒラ

ほむら(ああもうっ! 私は普通に仲良くしたいだけなのにー!)

まどか「ほむらちゃん大好きー!」ギュッ

ほむら「ううっ……、私も大好きよ、まどか……!」

ほむら「でもやっぱり普通にしましょうよー!」

まどか「ええーっ!?」




おわり