1 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:51:31.38 ID:SjDOBEeDO

望月聖「…」~♪ 

聖「♪」グッタリ 

P「…」 

P(聖がなにか口ずさんでいる…) 

P(な、なぜか気だるそうにだが) 

聖「……、♪」フーン 

P「……あの、聖さん」 

聖「?」ゴロ 

P「元気がないみたいだけど…どうかしたか?」 

聖「…」 

聖「…」ニヘラ 

P「」ビクッ 

聖「…すごい…プロデューサーさんに私の気持ち、伝わりましたね……」 

P「はい?」 

聖「プロデューサーさん」 

P「はい」 

聖「……」ニコ 

聖「暑くて死にそうです」パタリコ 

P「ファッ!?」 




アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 143
2 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:52:29.26 ID:Q0/Qedrmo

ヒヤッ 


P(…身体、冷たいなあ。雪像みたいだ…、って大げさか)ハハ 

P「大丈夫か?」グイ 

聖「…溶けそうです……」ハフ… 

P「お、おう。なにか冷たいものでも淹れて来るよ」 

聖「嬉しい…」ニコ 

P「うん。ちょっと待っててな」 

3 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:53:04.18 ID:SjDOBEeDO

P「?」 

聖「…」ボー… 

P(…、雪像って形容は、あながち間違ってなさそうだ…) 

聖「?」フイ 

P「お茶だけど」 

聖「あ……はい。ありがとうございます…」ニコ 

P「うん」 

P(雪像は笑わないけど) 
4 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:53:31.92 ID:Q0/Qedrmo

聖「…」ンクンク 

聖「…ぷは」ムフー 

P「おいしい?」 

聖「はい。…助かり、ました…」 

P「そっか」クス 
5 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:54:01.01 ID:SjDOBEeDO

P「…」 

P「ふと思ったんだけど」 

聖「? はい」 

P「最近、聖はよく笑うようになった…、と、思う」 

聖「…」 

聖「そう…ですか?」 

P「うん」 

聖「…そうですか…」 

P「うん」 

聖「……」エヘヘ… 

P「…」クス 
6 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:54:49.15 ID:Q0/Qedrmo

P「ただ…」 

聖「?」 

P「辛いときなんかは、けっこうため込んでる気がする。表情にも出さないし」 

聖「……」 

P「事務所にいるときくらい、べつに我慢することなんて、――…」 

聖「…」 

P「――…、…どうかしたか?」 

聖「え?」 

P「いや、」 

P「いま、笑ってたけど…」 

聖「あ…」 

聖「…ふふっ…」 

P「?」 
7 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:55:24.91 ID:SjDOBEeDO

聖「えっと、それは…――」 


ガチャ 


浜口あやめ「ただいま戻りました!」バンッ 

白菊ほたる「も、戻りました……お、遅くなって、すいません…」ペコ 


P「もう少し静かに入って来いよ」 

ほたる「ひぅ…、す、すいません、ごめんなさい……」 

P「あ、ちが」 

あやめ「プロデューサー殿、あやめは幻滅致しました!」 

P「おいこら元凶」 

あやめ「げ、元凶? 凄まじく失敬な形容ですね…」グヌヌ 

ほたる「…あ、わたし幼いころにそんな風に呼ばれたことが――」エヘヘ… 

P、あやめ「「ごめんなさい」」 
8 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:56:09.42 ID:Q0/Qedrmo

聖「…」 

聖「…」クス 

P「…あ、ごめん。話が切れちゃったな」 

聖「…いえ」フルフル 

あやめ「? どんなお話ですか?」 

P「…えっと」 

聖「…プロデューサーさんが、私に、もっと苦しい顔をしてみせろって…」 

あやめ「!?」 

P「ちょっ」 

あやめ「やー、それにはあやめもマジ幻滅」デスワー 

P「口調がおかしいぞ!」 

あやめ「アイドルにご自身の特殊な性的嗜好を押しつけるのはちょっと…」 

P「恣意的な解釈だ」 

あやめ「…、せ、性的ですと……?//」アワワワワ… 

P(自爆しとる…) 

ほたる「く、苦しい? ま、また私のせいでなにか……」アワワワワ… 

P(連鎖した)アカン 

9 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:56:40.02 ID:SjDOBEeDO

あやめ「」アワワワ… 

ほたる「」ワワワ… 

聖「…えへ……じ、冗談…です」 

P「…うん。もうけっこう手遅れだけどね…」ゲッソリ 

聖「でも…嘘はついていません…」 

P「……。ソッスネー」 

聖「はい」クスクス 

P「…」ハハ… 

P(まあ…、なんか知らんが楽しそうだし、いいけどさ…) 
10 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:57:03.28 ID:Q0/Qedrmo

聖「…」エヘヘ 

聖「あの、プロデューサーさんが言うのなら…努力は…してみようと思います…」 

聖「…けど…」 

P「けど?」 

聖「……べつにいいかな…」 

P「え?」 
11 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:57:37.19 ID:SjDOBEeDO

あやめ「話は聞かせて頂きました!」シュタッ 

P「いや聞いてないだろう」 

あやめ「忍法・察しの術です♪」 

P「ずいぶん現代的な忍法だな」 

あやめ「ふふ。わたくしも同感です。聖殿が意識的に自分を変えて行く必要はないかと」 

P「え?」 

あやめ「だって……ね」ニコ 

聖「ね…」 

P「??」 
12 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:58:03.49 ID:Q0/Qedrmo

あやめ「ふふっ。プロデューサー殿は鈍感ですねー」ペチペチ 

聖「…」コクコク 

P「頭を叩くな」コラ 

P「ぐ…、というか聖はともかく、あやめにバカにされるのは釈然としないなあ…」 

あやめ「いや、一応わたくしの方がお姉さんなのですが」 

ほたる「」アワワワワ… 

P「ほたるもそろそろ戻って来ーい」 

あやめ「無視ですかそうですか」 

聖「…」クスクス 
13 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:58:44.90 ID:SjDOBEeDO

ユサユサ… 


ほたる「」ハッ 

ほたる「……あ、あれ、…ここは…」 

P「目が覚めたか?」 

ほたる「…あっ……、よ、よかったぁ。…ぷ、プロデューサーさんが、私の不幸のせいで、終身刑だなんて、そんなこと、ありえませんよね…」ホッ… 

P「俺なにしたの?」 

あやめ「下衆ですね」 

P「い、言っとくけど、ほたるの夢の中の俺だからな」 

あやめ「正直に吐いた方が楽になることもありますよ」 

P「吐くものなんてないです」 

ほたる「…」ヨカッタ…ハフ… 

聖「…」ナデナデ… 

ほたる「あっ…、あ、ありがとう…」エヘヘ 

聖「ううん…」ニコ… 
14 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:59:08.08 ID:Q0/Qedrmo

ギュ 


P「ん」 

ほたる「…えへへ、…私、プロデューサーさんのこと、信じています…から。プロデューサーさんなら、きっと、どんな不幸でも……、大丈夫…ですよね」 

P「うん。もちろん」 

ほたる「…!」 

ほたる「は、はい。…え、えへへ…」// 

あやめ「男前ですね」 

P「突然普通に褒めないでくれ…」 
15 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 11:59:36.44 ID:SjDOBEeDO

あやめ「しかしほたる殿の言う通りです」ネー? 

聖「ね…」コクコク 

P「え? なにが?」 

あやめ「…」クス 

あやめ「だからプロデューサー殿は鈍感だというのです♪ えいえいっ」ガシガシ 

P「ちょ、正宗はけっこう痛いからやめて…」 

聖「…」クスクス 

ほたる「…」アハハ… 
16 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 12:00:12.19 ID:Q0/Qedrmo

あやめ「ま、そういうことです」 

P「どういうこと?」 


クイ 


聖「…」 

聖「…プロデューサーさん」 

P「はい」 

聖「……、…伝えたい気持ちが、ちゃんと、したら、また…言葉にします」 

P「うん」 

聖「…でも、こんな私も私なので、……。これからも、よろしくお願いします…」 

P「…、こちらこそ」 

あやめ「ふふっ。お二人はお堅いですねー」 

P「お前には言われたくない」 

聖「…」ニコ 

聖「えへへ」 

聖(…大丈夫。だって伝えることが難しくても、……あなたから私を知ろうとしてくれるから…) 

17 : ◆RyNaQJC0NA[saga]:2013/07/21(日) 12:00:42.26 ID:SjDOBEeDO

聖「プロデューサーさん」 

P「うん」 

聖「…私も、プロデューサーさんのこと……信じてます…」ニコ 

P「…」 

P「うん。分かった」 

聖「はい」 

あやめ「わたくしも! プロデューサー殿を信じて精一杯仕えますので!」 

P「はいはい」 

あやめ「あれ? なんだかわたくしにはぞんざいです?」 

P「はいはい」 

あやめ「ち、ちょっとー」ユサユサ 



聖「…」ギュ 

聖「…頑張ろう…ね」 

ほたる「はい」ニコ… 



・・・・おしまい