2: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:34:07.51 ID:p+Ekpa3q0
――――事務所――――


モバP「どうした光? いきなり大声出して」

南条光「ないんだよ! あたしのアイスが!」

P「事務所の冷蔵庫だからなぁ、誰かが間違って食べたのかもな」

光「ぐぬぬ……楽しみにしてたのに……」

引用元: 南条光「アタシのアイスがない!」 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 147
3: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:38:29.26 ID:p+Ekpa3q0
――――二日後――――


光「お、おはよう……」アツイ...

P「おう光、おはよう」

荒木比奈「光ちゃん、おはよッス」

小関麗奈「あら光、いつもみたいに喧しく入ってこないのね」

光「ああ、麗奈か……」

麗奈「なによ、アンタも暑さにやられたっての? アイスでも食べればいいじゃない。冷蔵庫に入ってるわよ」

光「うん、そうするよ」トテトテトテ、ガチャ

4: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:46:25.04 ID:p+Ekpa3q0
光「うわぁっ!?」

ドカァーン!!!パリーン!

麗奈「アーッハッハッ……ゲホゲホッ! 引っかかったわね光!」

P「冷蔵庫がから爆発が!?」

比奈「た、大変っス!爆風で光ちゃんが窓の外に!」

P「なっ!? おい麗奈! イタズラにしては度が過ぎるぞ!」

麗奈「え、そんな、えっ、アタシ……」オロオロ

???「ラァイヴスウィッチオンンッ!」

\テレレレテレレレテレレレテレレレレー♪/
http://www.youtube.com/watch?v=H2RXAOmiMfs



麗奈「な、なに!? 何なの!?」アタフタ

5: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:51:55.16 ID:p+Ekpa3q0
バタンッ!

比奈「仮眠室から変なのが!?」

P「赤い全身スーツに白いスカーフ、細部が違うがまさかあれは……」

???「暑さに弱った少女の心を弄び、あまつさえ爆殺しようとした小関麗奈、許さんッ!」

麗奈「爆殺なんてそんな……あ、アンタ誰よ!?」アタフタ

???「ピカッと参上! ピカッと快傑! 人呼んでさすらいのアイドル!」

ピカット「快傑ピカァット!」ズバァーン

比奈「快傑、ピカット……?」

P「懐かしいなぁ」

6: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:56:04.58 ID:p+Ekpa3q0
ピカット「さて」スタスタ

麗奈「ひぃっ!? ち、ちょっと、こっち来ないでよ!」アセアセ

ピカット「二日前の二時、アタ……南条光のアイスを食べたのはお前だな!?」スタスタ

P(やっぱり気にしてたのか)

麗奈「な、なによ! 知らないわよそんなの! アタシはその頃Pにイタズラしてたもの!」ガタガタ

ピカット「お・ま・え・だ・なぁ~!?」ギロッ

麗奈「ち、違……ひぅ」ガクッ

P「あ、気絶した」

比奈「そりゃあの剣幕で迫られたら仕方ないっスよ」

7: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 00:59:12.48 ID:p+Ekpa3q0
ピカット「こいつでもなかったか……」ピッ

比奈「何か投げたっスよ」

『この者 極悪悪戯犯人』

P「おお、しっかりカードまで作ったのか」

ピカット「光、お前のアイスを食べた犯人はアタシが見つけてやるからな……!」スタスタ、ガチャ

P「快傑ピカット……一体何条光なんだ……?」

比奈「誰なんスかねー(棒読み)」

P「……やれやれ、麗奈を仮眠室に運んでおかないとな」

麗奈「う、うぅ……ピカット……」

比奈「めっちゃうなされてまスよ」

P「たまにはこういうのもいい薬になるだろう」

比奈「ふふ、そうっスね」

23: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 11:59:53.32 ID:p+Ekpa3q0
――――数分後――――


ヘレン「今日も完璧なレッスンだったわ」ガチャ

P「お疲れ様です。ハードなレッスンの後だというのに余裕の表情ですね」

ヘレン「フッ、当然よ。私はスタミナにおいても……」スゥー

ヘレン「世界レベルだもの!」バァーン

比奈(世界レベルって何なんスかねぇ?)

???「そのレベル、この世界じゃあ二番目だな!」

ヘレン「!? 誰!」

???「ピカッと参上! ピカッと快傑! 人呼んでさすらいのアイドル!」

ピカット「快傑ピカァット!」ズバァーン

\テレレレテレレレテレレレテレレレレー♪/

25: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 12:02:16.43 ID:p+Ekpa3q0
ヘレン「快傑ピカット……? まあいいわ。私が世界レベルの二番目だとしたら、誰が一番なの?」

ピカット「ヒューゥ」チッチッチッ

ピカット「はっはっは」クイッ

ヘレン「フッ、面白い事を言うじゃない。なら……」

ヘレン「世界レベルの座をかけて勝負よ!」

ピカット「……」ジリ...

ヘレン「……」ジリ...

比奈「何なんスかこの絵面」

P「まあ、麦茶でも飲んでゆっくり観戦しよう。ほら、比奈も飲むか?」

比奈「いただきまス」ゴクゴク

26: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 12:05:14.50 ID:p+Ekpa3q0
ピカット「……今だッ!」バッ

ヘレン「あ、しまっ!?」ステーン

比奈「思いっ切りすっ転んだっスよ……」

P「が、しっかり受け身を取っている辺りさすが世界レベルだ」

ピカット「ピカット! アッタァーック!」ダキッ

比奈「あ、抱き着いた」

P「蹴ったり首を脚で絞めたりするのはマズイと思ったんだろうな」

ピカット「二日前の二時、南条光のアイスを食べたのはアンタだな!?」ギュッ

ヘレン「へ?」

27: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 12:09:25.33 ID:p+Ekpa3q0
ピカット「ア・ン・タ・だ・なぁ~!?」ギュゥゥゥ

ヘレン「わ、私じゃないわ。私はその頃寮でイメージトレーニングをしていたもの」ニヘラッ

比奈「ヘレンさん、ピカットに抱き締められて凄くいい笑顔してまスよ……」

P「いつぞやの杏みたいな顔だな……まったく羨ましい」

比奈「何か言ったっスか?」ギロ

P「いや、なんにも」

ピカット「嘘を吐くなァ!」ギュゥゥゥゥゥ

ヘレン「ち、違……」ガクッ

P「あ、堕ちた」

比奈「キュン死ってやつでスね」

29: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 12:12:23.27 ID:p+Ekpa3q0
ピカット「やはり違ったか……」ピッ、スタスタ

比奈「またカードっスよ」

『この者 ダンサブル』

P「なんだそれ……」

比奈「ノリノリっスね、快傑ピカット」

ヘレン「……一体何だったの?」スクッ

P「あれ、気絶してたんじゃ?」

ヘレン「演技に決まってるじゃない」

比奈「それにしては倒れ方がリアルだったというか……」

ヘレン「愚問ね、比奈。私は演技力においても……」スゥー

ヘレン「世界レベルだから!」バァーン

P&比奈(めんどくせぇ……)

30: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 12:20:44.21 ID:p+Ekpa3q0
P「実はウサウサミンミンで……」

ヘレン「へぇ、あの子が快傑ピカット……可愛らしいわね」

比奈「もしかしてヘレンさん、気付いてなかったんスか?」ヒソヒソ

P「これでも結構抜けてる所があるから……」ヒソヒソ

ヘレン「何か言ったかしら?」

P&比奈「いや、なんにも(っス)」

ヘレン「そう。じゃあ私はレッスンに行ってくるわ」

P「ヘレンさん、さっきレッスンを終えたばっかりじゃ?」

ヘレン「私に休息は必要ないわ。小さなヒーローに癒されたことだし、それに演技と言えど負けたままのうのうと休んでられるほど私は甘くないの」ガチャ

比奈「私、ヘレンさんが分からないっス……」

P「まあ、そう言ってやるな」

42: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:36:24.89 ID:p+Ekpa3q0
――――数分後――――


藤本里奈「ちょりーっす☆」ガチャ

比奈「ちょりっスー」

P「おはよう、里奈。遅刻だぞ」

里奈「いやー、メンゴメンゴ! これ探すのに時間かかっちゃってさー☆」

P「コンビニの袋、か?」

里奈「そうそうこの袋が……ってそっちがメインじゃねーし!」

\テレレレテレレレテレレレテレレレレー♪/

バタンッ

P&比奈「き、来たっ!」

43: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:37:24.19 ID:p+Ekpa3q0
里奈「二人ともどしたー? お、ひかるっちじゃん!」

ピカット「ピカッと参上、ピカッと快傑!人呼んでさすらいのアイドル! 快傑ピカ……へ?」

比奈「いきなりバレた!」

P「さすがにこれは予想外だな……」

ピカット「えっと、アタシは光じゃ……」

里奈「何言ってんのさひかるっち! とりま一緒にこれ食べよ☆ そのイケイケなメットも取ってさ!」スポッ

光「あっ、これは……」

比奈「アイスっスね」

P「もしかして……」

44: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:38:57.96 ID:p+Ekpa3q0
里奈「いやー、名前書いてんの気付かずに食べちゃってさー?」

里奈「来る前に同じの買ってきたから、ねっ☆」

光「う、うん! ありがとう里奈さん!」

里奈「もー☆ 里奈でいいってば!」

比奈「これにて一件落着、っスかね」

P「ああ、そうだな」

45: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:42:23.45 ID:p+Ekpa3q0
――――数日後――――


麗奈「アーッハッハッ……ゲホゲホッ!引っかかったわねP!」

比奈「麗奈ちゃん、イタズラも度が過ぎるとまたピカットが来るっスよ?」

麗奈「じ、上等よ! 今度来たらこのスペシャルバズーカで……」ブルブル

P「……」ラジカセスイッチオン

\テレレレテレレレテレレレテレレレレー/

麗奈「ひぃっ!? ごっ、ごめんなさい!?」タタタッ

比奈「麗奈ちゃん、完全にトラウマになってまスね。……そういえば光ちゃん、あのスーツは何だったんスか?」

光「ああ、ピカットスーツは晶葉に作ってもらったんだ」

P「あのスーツ、元ネタと同じく顔は出せるようになってるんだよな?」

光「そこは抜かりなしだ!」

P「それじゃあ今度のライブで……」

光「ちゃんと五分経つと爆発するようにもなってるんだ!」

比奈「えらく物騒っスねぇ」

P「その機能は外してもらおう、な?」

ヘレン「勝負よ快傑ピカット!」ガチャ

光「へ、ヘレンさん!?」

46: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:48:41.87 ID:p+Ekpa3q0
ヘレン「ピカットになり……いや、呼んできなさい、光。ピカットアタックなんて打ち破ってやるわ!」

光「お、おう! ちょっと待っててくれ!」タタタッ

比奈「ヘレンさん、ピカットアタックが癖になっちゃったみたいっスね」ヒソヒソ

P「そうだな。案外可愛いところも……」ヒソヒソ

ヘレン「そこの二人、何か言ったかしら?」

P&比奈「いや、何でもない(っス)」

里奈「おつかれーっす☆」ガチャ

P「おう里奈、お疲れ様」

比奈「お疲れっス。……あれ、麗奈ちゃん?」

里奈「ちょうど廊下でバッタリあってさー、連れてきちゃった☆」

麗奈「……」ムスッ

47: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:53:23.22 ID:p+Ekpa3q0
P「まあまあ、アイスでも食べて機嫌治せよ」

麗奈「……フンッ、仕方ないわね! Pがそこまで言うなら食べてあげるわ!」

里奈「れいなっちおこぷんー?」

比奈「またそんな事言って……」

???「ラァイヴスウィッチオンンッ!」

麗奈「」ビクゥッ

P「あっ」

\テレレレテレレレテレレレテレレレレー♪/

比奈「あちゃー……」

バタンッ

ピカット「ピカッと参上、ピカッと快傑! 人呼んでさすらいのアイドル! 快傑ピカァット!」ズバァーン

麗奈「」

比奈「麗奈ちゃん白目むいてまスよ」

P「アイドルにあるまじき顔だぞそれ……」

48: ◆ZLevcdIusY 2013/07/21(日) 22:56:02.72 ID:p+Ekpa3q0
ヘレン「来たわね快傑ピカット! 今日こそ私が世界レベルだということを証明してみせるわ!」ワクワク

ピカット「臨むところだ!」

里奈「ひかるっちもヘレンっちもガンバー☆」

麗奈「……光?」ピクッ

P「いや、白目系アイドルも行けるか……?」ブツブツ

比奈「何言ってんスか。ほら、麗奈ちゃん復活しましたよ」

麗奈「フ、フフフ…… そう、ピカットは光だったのね……!」

麗奈「アーッハッハッハ! 快傑ピカット、今こそリベンジしてやるわ!」

ピカット「な、何っ!?」

ヘレン「三つ巴ね、受けて立つわ!」

里奈「キャハハ☆ マジウケルー!」

比奈「あー、何と言うか……」

P「何と言うか?」

比奈「平和っスねぇ」

P「平和だなぁ」


おわり