1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 19:30:23 ID:FHR3j5Lg
幸子「カワイイボクの為に、仕事ひとつ取って来られないんですか?」

P「すいません、輿水さん。今回の営業先の態度が気に入らなくてつい…」

幸子「ついつい熱くなるのは君の悪い癖ですねぇ。まあ、それが君の良いところでもあるのですが」

P「こ、輿水さぁーん……」 





4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 19:58:29 ID:FHR3j5Lg
ちひろ「よっ、暇か?」

P「千川さん、あんた事務員なんでしょ、仕事してくださいよ」

ちひろ「冷たいですねぇ、せっかく仕事の話を持ってきたのに」

幸子「はいぃ?」

ちひろ「ほら、今夏のドラマのオーディション。ヒロインではないみたいだが…結構良い役だと思いますよ?」

P「お、言わば恋敵役か。確かに悪くない」

幸子「――プロデューサー、これはカワイイボクが活躍するチャンスですよ? 行きましょう、今すぐ!!」

P「待ってくださいよ輿水さん! オーディションはまだ先の日で――」 


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 20:19:45 ID:mYIrb.HM
トレーナー「おや、輿水さん。その様子は……オーディションですか?」

幸子「ええ――それも、とびきり上等の。早速ですが、稽古をつけて頂きたいと思いまして。

――本来なら、元から既にカワイイボクにトレーニングなど必要ないと思うのですが……
プロデューサーが、鍛えたほうが、もっとカワイくなれると何回も言うものですから」

トレ「相変わらず急ですなぁ」

P「ホント、すいません。今の輿水さん、動きは堅実なんですけど……こう、攻めに欠けると言いますか。
今回はもっとグイグイ魅せるタイプで行ってみたいんスよ」

トレ「いえいえ、Pさんの頼みでしたら何でも……」

P「では、頑張りましょうか輿水さん!」

幸子「ええ、プロデューサー! カワイイボクならカンタンですよ。

――おっと、カワイイのは当たり前なのに、何度も何度も自分の事をカワイイと表現してしまう。
すみませんねぇ、これもボクのカワイイ所です」

P「もー、輿水さんってばー」ハハハ…

トレ「――放置プレイですなぁ」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 20:53:14 ID:T5WIhcNM
安部菜々「窓際プロダクションの輿水ゥ~と、そのプロデューサーっ」

幸子「おや」

P「ゲェ~ッ、あべななさんじゅうななさい!! お前もトレーニングに来ていたのか」

奈々「くっ、その呼び方は止めてください! どうやら、今度のドラマのオーディションに参加されるようですが……
おススメできませんねぇ。ナナに負けて惨めな姿を晒すだけですよぉー」

幸子「……」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 21:06:16 ID:T5WIhcNM
菜々「そもそもPさん、知っていますか? 輿水さんを担当していたプロデューサーは今まで
5,6人ほどいたようですが、いずれも辞めていった事実を……

あなたもプロデューサーとしての可能性をこの子に潰されないうちに、早く担当アイドルを変えてもらったほうが良いのでは?」

P「なっ、何だとォ?! 言わせておけば……この女ッ」

奈々「ひっ?!」

幸子「ダメですよプロデューサー!!あなたが手を出しては、オーディションに出場自体出来なくなるではありませんか」

P「うっ、すみません輿水さん――だけど俺、悔しいっスよ。
輿水さんは悔しくないんですか? あんな風に良いように言われて?!」

幸子「カワイイボクは寛大ですからねぇ。ですが一つだけ。
――売られた喧嘩は買いますよ? そして、必ず勝つ……」

菜々「うっ?! まあ、良いです。せいぜい無駄な努力を続けるんですねっ」

トレ「あらら……準備運動もせずに行ってしまわれるとは」

P「輿水さん、たまーに怖いところありますからねぇ」

幸子「はいぃ? 相変わらず君は物覚えが悪いようですね。
良いですか……ボクはコワイのでなく、カワイイのですからね?」

P「はいはい分かりましたよ、それじゃあ、稽古と行きますか!」 



11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 00:10:21 ID:8z9vPkiA
オーディション当日

P「ついにこの日が来ましたね、輿水さんっ! 練習の成果を見せてやりましょうよ」

幸子「君、はしゃぎすぎですよ? カワイイボクが勝つのは当たり前なのですから」

菜々「おっとそれはどうかなぁ?」

幸子「おやおや安部さん」

P「菜々さん」

菜々「輿水さんはともかく、Pさんまで『さん』付けは止めてくださいっ!」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 00:46:37 ID:7g3UpTbo
菜々「同じ可愛い系アイドルとして、今日こそケリをつけましょうか」

幸子「ええ、望むところです。カワイイのはボクの方という事実を、今日こそあなたには認めて頂きます」

P「へへっ、いい感じに燃えてるっスね~輿水さん。

――いよいよこれから審査開始かぁ。役者としての一通りの演技は訓練させたけど、
この本番……一体どんな演技が求められるのか?
おっ、審査員が入ってきたか……」

幸子「おや? あの審査委員長は」

審査委員長「よく集まってくれたね」

P「――輿水さん、知り合いっスか?」

幸子「ええ、それも古くからの。
しかし、彼が審査委員長とは……このオーディション、案外かなりの難所となりそうですねぇ」

審査委員長「今回君たちに演じてもらうシーンはズバリ、修羅場。
具体的に説明すると、『一人の男を巡ってヒロインとライバル役が精神的なぶつかり合いを見せる』
そんな場面を演じてもらうことで、君たちを評価するよ」

P「審査のポイントは対象がドラマっスからね……当然、演技力。

女性としての魅力はもちろん、ヒロインにぶつけるライバル役としての手強さ、気迫があると良いな。
これをこなせば、女優としての方向性にも期待ができると思うっスよ、輿水さん」

幸子「ええ、何はともあれ、今は他の方の演技……お手並み拝見と行きましょうか」 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 01:02:52 ID:LT5uYAdI
審査委員長「じゃあ、そこの君――君が男役ね」

P「うぇっ?! 俺ェ?」
幸子「!」
菜々「!」

審査委員長「何そんな素っ頓狂な声をあげているのさ。仕方ないでしょ? 
頼んでいた人がさっき事故で来られなくなっちゃったんだから。

見たところ君も、歳は少し行っているけれども、なかなかの顔だ。
まぁ、そういう嗜好のトレンディドラマがあっても良いんじゃないかなって、ね。」

P「……こ、輿水さぁん」

幸子「プロデューサー、お願いできます? ボクとしてはむしろ……いえ、なんでもありません」

P「? まぁ、わかりましたけど」

菜々「Pさんが相手役……ッ!」

審査委員長「……」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 01:17:12 ID:LT5uYAdI
幸子「……」

菜々「」

P「(こうして審査の男役となったのは、まあ別に良いんだけど)」

留美「Pさん、貴方とは婚約まで誓った仲だと思っていたのに……!!」

審査委員長「アナタ、アタシとは遊びだったのッ?! どーいうことよ、ねェッ!?」

P「(どうして男の審査委員長がヒロイン役なんだよ?!)」

審査委員長「(あっちはあっちで審査中でね……それに、かかるお金は少ないほうが良いでしょ?)」

審査委員長「はい、エントリーナンバー091番……君もう帰っていいからね?」

留美「」 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 09:03:24 ID:37jQjlgM
菜々「さて、輿水さんの前に、ナナの番ですねっ。
言っておくけど、あんな気持ち悪い奴にPさんを取らせなんてしませんからね~?」

P「おいおい、飽くまでもライバル役だぞ。本当に略奪しちゃったらドラマの主旨変わってくるんじゃないのか?」

菜々「ふふっ、それはそれで……」

審査委員長「うーむ、ここまで、手応えというものをまるで感じないねぇ。
どれ、一つカンフル剤でも投入してみようか?」

P「え?」

審査委員長「修羅場を一層際立たせるべく、君、彼にキスをしたまえ」

菜々「んなッ?!」
P「」

幸子「はいぃ?」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 09:12:00 ID:37jQjlgM
P「あんた、何考えているんだよ、オーディションで彼女にそんなことさせるなんて!!」

審査委員長「君だって何そんなに焦っているのさ? 恋愛系ドラマなら、肌を重ねる要素の一つや二つ、当たり前じゃないか。
まさか君、アイドルだからってキレイなままでいられるとか思っているんじゃないだろうね?」

菜々「……っ、でも相手がPさんなら私……」ガシッ

P「うおおおい?! 何菜々さんまでそんな無茶してくてもいいんスよ?! ちょ、タンマ……ストッ」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 09:27:45 ID:h4eq4Pbs
菜々「な!?」

幸子「ボクとしたことが迂闊でした。いけませんねぇ……そういうことをしては」ググッ

P「こ、輿水さん?!」

幸子「これもあなたの趣味ですか、審査委員長?」

審査委員長「やだねぇ、あんまり君たちの関係が煮え切らないものだから、僕が焚き付けてやっただけじゃないか」

P「…それは、どういうことで?!」

幸子「言っておきますけど、ボク達アイドルとプロデューサーとは、それ以下の関係でもなければ、
それ以上の関係でもないこと、審査委員長はお忘れではないでしょうか?」

審査委員長「そうやって恋愛禁止令を守りたがる……絶対的なプロデュースがこの世にあるとでも思ってるの?
現にそこの娘は彼との接吻にはまんざらでもない様子だが……君だって同じ、紙一重でしょう」

菜々「うっ」

幸子「確かに彼女と私は紙一重かも知れません……だけど!

――その紙一枚を越えるか越えないかでは!! まったく違うんですよ!!!」プルプル

P「輿水さん…?」

審査委員長「何だい、しらけちゃったなあ。いいよ、もういいよね? 今日のオーディションは中止。
また後日ということにして――」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 09:36:14 ID:h4eq4Pbs
???「アナタですかぁ? オーディションだからとPさんにヒドイことをさせるのはぁ……」

審査委員長「? 君は確か――」

P「お前は……」

佐久間まゆ「うふふ」ジリジリ

P「ま、まゆじゃないか?! どうしてここに、いやそんなことより、まゆが手に持っているアレはッ――!」

まゆ「Pさんの仇……!!」ドスッ

審査委員長「ウグッ」

P「!!!」

菜々「きゃああああ!!?」

幸子「!! 審査委員長!!!」ダッ 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 09:45:39 ID:h4eq4Pbs
警備員「君、離れたまえ!!」

菜々「ど、どうしてこんな……」

P「まゆは……俺の最初に担当したアイドルだったんだが……
あまりにもベタベタしすぎたもんだから、社長の意向で担当を変えてもらったんだ」

菜々「そ、それで輿水さんの担当プロデューサーにアナタが」

幸子「審査委員長しっかりしてください、審査委員長、審査委員長!!」

審査委員長「…だなぁ」

幸子「審査委員長?!」

審査委員長「残念だなぁ……殺されるなら、幸子。殺されるならお前にと思っていたんだが……」ガクッ

幸子「審査委員長、審査委員長……?」

審査委員長「」

幸子「……」

幸子「――審査委員長ォ―――――ッ!!!!!!」

P「こ、輿水さん……」

幸子「官房長ォオオオオオ!!!!!!」 


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 10:15:17 ID:TAzoe5dQ
【半月後】

ちひろ「おっ、暇?」

P「お金ばっかり数えてないで、仕事してくださいよ千川さん」

ちひろ「失敬失敬。
結局あのオーディションは再開後で落ちてしまいましたからね。
――ああ、窓際プロダクションの折角のチャンスが……」

P「うぐっ……俺が不甲斐ないばっかりに輿水さんの仕事の機会がまた……」

幸子「おやおや君、勘違いしていませんか? そもそもボクの本業はアイドル。
何も女優を目指す必要なんて、最初からありはしなかったんですよ?」

P「……!」

幸子「そういうことですから、これからもカワイイボクのプロデュースを任せましたよ、P君?」

P「輿水さぁん……いや、幸子さんっ!! 俺、どこまでも着いていくっス!!」

ちひろ「何だかそれ、立場が逆じゃありません?」


<終劇>