1: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:15:02.42 ID:jLT8yjtEO
カラ松「ふっ……六つ子の中でどうして俺だけがやってなかったか分かるか?」

十四松「なんでーーーー?」

カラ松「それは俺が……トリに相応しい男だからさ……」キラーン

一松「……」シュッシュッ

チョロ松「ちょっと一松、そんなにサンドバッグ壊さないでよ」

カラ松「……という冗談だ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453119302

引用元: おそ松「そういえばカラ松だけデリバリーコントやってなくね?」 

 

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-01-29)
売り上げランキング: 41
2: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:15:39.67 ID:jLT8yjtEO
カラ松「そういえばみんなは誰とやったんだ?」

十四松「僕はチョロ松兄さんとーーー!!」

カラ松「ああ……そういえばそうだったな」

おそ松「俺は一松と」

トド松「僕はダヨーンとやったよ」

チョロ松「えっ!? ダヨーンとやったの!?」

おそ松「あーそういえば俺しか見てないんだっけ」

一松「なんで兄弟の誰かじゃなかったの」

トド松「それは兄さん達に復讐するためにやったからに決まってるじゃないか」

チョロ松「復讐?」

トド松「パチンコ警察だよパチンコ警察」

おそ松「なんだよー……お前あの時まだ根に持ってたのかよー」

カラ松「……」

カラ松(なるほど……俺だけを避けてたわけじゃなかったんだな……安心した)

3: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:16:05.34 ID:jLT8yjtEO
おそ松「じゃあデリバリーコントやるにしてもカラ松相方いなくね? みんなやったし」

チョロ松「トッティがダヨーンとやったみたいに俺達の中からじゃなくてもいいんじゃない?」

カラ松「相方か……実はもう決めてる」

十四松「誰!? ねぇねぇ誰誰!?」

カラ松「俺と対等に渡り合える……そう、華のある男には華のある女が相応しい……」

カラ松「ズバリ……俺の相方はトト子ちゃん!!!」

一松「デカパンでよくね?」

おそ松「おーー! いいねデカパン!!」

チョロ松「トッティ電話!!」

トド松「任せて!!」

カラ松「ま、待ってくれ!!」

4: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:16:34.79 ID:jLT8yjtEO
カラ松「そ、そもそも……みんなは何をきっかけにデリバリーコントをしたんだ?」

一松「きっかけ?」

十四松「僕はね!! チョロ松兄さんに誘われたの!!」

トド松「チョロ松兄さんが!? なんで!?」

チョロ松「いやさ……お前とカラ松が就職しないで呑気に釣りなんかしてたじゃん?」

チョロ松「だから怖いコントでもやれば『釣りなんてやってる場合じゃねぇ!』ってなってすぐにハローワークに行くんじゃないかなって思ったんだよ」

チョロ松「そんで十四松も一緒にやったら恐怖度が増すかなって思って十四松を誘ったんだ」

トド松「じゃああのコントの脚本はチョロ松兄さんか……道理で怖くないわけだね!!」

チョロ松「おい!!」

カラ松「釣りをやめさせるのが目的と言ったが……俺達はそのまま釣りを続けたしな」

チョロ松「追い打ちをかけるようなこと言うんじゃねえよ!!」

5: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:17:04.23 ID:jLT8yjtEO
おそ松「トッティは……ああそうか、復讐だったっけ」

トド松「うん、あのコントで銭湯に入らせないって作戦」

チョロ松「復讐の割に大したことなくね!?」

カラ松「なんで兄貴だけにしか見せなかったんだ?」

一松「確かに……復讐が目的だったら俺達にもやるはずじゃん」

十四松「なんでーーーー!?」

トド松「勿論みんなにもやろうとしたよ……けどさ」

一松「けど?」

トド松「……なんでみんなこねぇんだよ!!! 来るの遅えんだよ!! のぼせちゃったから諦めたよ!!」

チョロ松「待ってトッティ、それいつ?」

トド松「えっと……○月×日」

チョロ松「あ、その日ライブ行ってた」

一松「俺はもう寝てたかも」

十四松「僕はね!! 珍しい蝶がいたからずっと追いかけてた!!」

カラ松「俺は屋根で流れ星と語っていたぜ……」

トド松「チッ!!」

おそ松「おー怖い怖い」

6: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:17:32.29 ID:jLT8yjtEO
トド松「……そういうおそ松兄さんは? なんで一松兄さんと?」

おそ松「お前と似た感じの理由だよ。 お返しみたいな」

チョロ松「誰にさ?」

おそ松「ハタ坊」

カラ松「ハタ坊だと?」

おそ松「いやさ、尻に旗さされたじゃん? あれから尻が痛くて痛くて」

おそ松「だからちょっとびっくりさせてやろうみたいな」

チョロ松「なんで一松選んだの?」

おそ松「こいつずっと家の中いるからさ、たまには外に行かせようと思って」

おそ松「……けど雪だるまの中にずっといるのは寒かったよな〜……なぁ一松?」

一松「俺カイロいっぱい持ってたから平気だったけど」

おそ松「ええっ!? なんでそんな準備いいの!? お兄ちゃんにもカイロ分けてくれればよかったのに!!」

一松「……どうせそういうの考えないクズだし、俺って」

7: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:18:00.54 ID:jLT8yjtEO
カラ松「なるほど……お前達がコントをした動機はよく分かった」

カラ松「俺は……お前達とは違うコントをやる」

一松「何言ってんの」

カラ松「お前達の動機は復讐……脅迫……だが俺は違う」

カラ松「俺がデリバリーコントをする目的は……幸せを運ぶためさ」

トド松「じゃあ幸せを運ぶんだったらその痛いのやめてよ、そうすれば幸せになれるから」

カラ松「」

おそ松「そもそも誰にコントを見せるか決まってんの?」

カラ松「勿論だ……」

十四松「誰!?」

カラ松「いいか……男ってのはな……女に尽くす生き物なんだ」

一松「は?」

8: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:18:26.98 ID:jLT8yjtEO
次の日

トト子「あーーーん!! 男の子にチヤホヤされたいのにーーーー!!」

トト子「なんで私はチヤホヤされないのーーーーー!!」

配達員「トト子さーん、荷物でーす」

トト子「わ、私に!?」

配達員「どーぞ」

トト子「!!!」

トト子「な、何この大きい箱!?」

トト子「……っは!! 手紙がついてる……」

『いつまでもそんな悲しい顔をしないで。 これを見て元気になってくれ、笑ってくれ』

トト子「私のために……こんな大きなプレゼントを……」

トト子「誰だか知らないけど……ありがとう!! 早速開けてみようっと!!」

パカッ

カラ松「……」

デカパン「……」

トト子「!!!!?」

9: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:18:58.12 ID:jLT8yjtEO
カラ松「……カラ松と!!」

デカパン「デカパンの!!」

カラ松・デカパン「デリバリーコント!!」

カラ松「……本当はきたない桃太郎」











デカパン「鬼を退治しに行くダス!!」

カラ松「ワン!! ワンワン!!」

デカパン「!!」

カラ松「桃太郎さん! きびだんご一つくださいワン!! くれたらお供しますワン!!」

デカパン「分かったダス……じゃあ早速あげるダスよー」

デカパン「……フンッ!!!」

ブリブリブリブリ!!!

デカパン「さぁ、どうぞダス」

『終わり』

カラ松(……このコントを見てトト子ちゃんもきっと笑ってくれるはず……さぁ、俺に笑顔を見せてくれ!!)

トト子「ふんっ!!」ドゴオ!!

カラ松「はうっ!!?」

10: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:19:31.39 ID:jLT8yjtEO
ガラガラ

カラ松「た、ただいま……」

おそ松「あれ、その怪我どうしたの」

カラ松「……トト子ちゃんを……少々怒らせてしまってな……殴られた」

一松「しゃああああああ!!」

おそ松「やったあああああ!!!」

カラ松「!!?」

トド松「なんで不快にさせちゃうかなーカラ松兄さん」

チョロ松「またライブ行く用のお金が減るよ……」

カラ松「ど、どういうことだ?」

トド松「賭けしてたの、カラ松兄さんが殴られて帰ってくるか」

おそ松「俺と一松は殴られるに賭けてチョロ松とトド松は殴られないに賭けてたんだ」

一松「あざーーす!! カラ松先輩あざーーす!!」

カラ松「……」

11: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/18(月) 21:20:09.79 ID:jLT8yjtEO
カラ松「……ふっ、己が傷つくことで誰かが喜ぶのなら……俺は喜んで傷つくさ」

十四松「ふんっ!!」ブン!!

カラ松「ぐおっ!!」ガン!!

十四松「あっ! ごめん!! バット当たった!!」

カラ松「……」ピクピク

一松「本音は?」ニヤニヤ

カラ松「俺で……」

カラ松「俺で賭けしないでえええええええええ!!!」

〜終わり〜