2: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:39:30.94 ID:65eGf6POO

-某日346プロCPルーム-

凛「……」ペラッ

凛「……『ゆるゆり』、奈緒にすすめられて読んでみたけどなかなか面白いね」ペラッ

凛「キャラがみんなかわいくていい……」ペラッ

凛「……あかねさんは全然ゆるくない気がするけど」ペラッ

凛「……」パタン

凛「……妹、かぁ」

凛「妹ってどんな感じなのかなぁ……いいなぁ妹……」

凛「もし妹がいたら、いっぱいかわいがってあげるのにな……」ポワポワポワ…


『お姉ちゃん、いっしょにお風呂はいろ?』

『お姉ちゃん絵本よんでー!』

『凛お姉ちゃんだーいすき!』


凛「……」

凛「あああああ妹ほしいよおおおお!!!!」ゴロゴロゴロゴロ

引用元: ひとりっこしぶりん 姉体験編 

 

3: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:40:45.71 ID:65eGf6POO

凛「というわけで付き合ってほしいんだけど……」

莉嘉「へー、凛ちゃんお姉ちゃんになってみたいの?」

凛「うん。私はひとりっこだけど、誰かに妹役やってもらえば、気分だけでもお姉ちゃんになれるかな、と思って」

莉嘉「そこで346プロが誇る妹アイドルであるアタシの出番ってことだね☆でもアタシこれからお仕事あるから……」

凛「お仕事まで!お仕事始まるまででいいから!」

莉嘉「んー……」

凛「ダメ、かな……?」

莉嘉「いいよいいよ!じゃあちょっとの間だけど、アタシが妹になってあげるね!」

凛「ほんとに!?やったぁ!ありがとう莉嘉!」ギューッ

莉嘉「ちょ、りっ、凛ちゃん、いきなり激し……」

凛「あ、ごめんごめん。あんまりうれしかったから……」パッ

莉嘉「もおー、しっかりしてよねお姉ちゃん☆」

凛「ベネッ」ガッツポーズ

莉嘉「え?今なんて……」

凛「ご、ごめん。あまりの喜びに……」

4: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:41:32.64 ID:65eGf6POO

莉嘉「そんなにうれしかったんだぁ。ひとりっこって大変だねー」

凛「……そ、それよりさ、さっきのもう一回」

莉嘉「へ?さっきのって?」

凛「だ、だから……その……お、お姉ちゃんってもう一回呼んでみて」

莉嘉「?お姉ちゃん?」

凛「もっと親しみをこめて!」

莉嘉「凛お姉ちゃん☆」

凛「もっとラブラブな感じで!!抱きついてきて!!」

莉嘉「……凛お姉ちゃーん☆」ギューッ!!

凛「YES!!YES!!」ギューッ!!

6: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:42:42.52 ID:65eGf6POO

莉嘉「えへへ、もっとぎゅーってしてあげるね☆」

凛「ばっちこい!妹の圧迫最高!」

莉嘉「え?」

凛「あ、いや、スキンシップ!うん!スキンシップ最高だね!ほらハリーハリー!!」

莉嘉「う、うん」ダキッ

凛「グレートォ!!」ギュゥーッ!!

莉嘉「楽しそうだね……」

凛「うん!すっごい楽しいよ!ああ~莉嘉の身体やわこくてちっちゃくてかわいい///」ギューッ

莉嘉「やわこいって何弁……?」

7: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:43:36.32 ID:65eGf6POO

莉嘉(……さっき思ったんだけど……)

凛「ちょうど胸のところに莉嘉の顔がきていい具合だね」ナデリナデリ

莉嘉「そ、そうだね」

莉嘉(もしかして、凛ちゃんってちょっとヘンタイさん……?)

凛「密着すると莉嘉のおっぱいが私のお腹で感じとれていいね///」スリスリ

莉嘉「ちょっ!?やめてよお姉ちゃん!///」

莉嘉(こ、これはもしかすると……)

凛「72かわいいよ72」スリスリスリスリ

莉嘉「イヤあぁぁぁあ!!??」

莉嘉(大変なことを引き受けてしまったんじゃ……)

8: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:44:24.07 ID:65eGf6POO

凛「はぁぁ///妹かわいい……」ナデナデ

莉嘉「そ、そう……よかったね……」ゼェゼェ…

莉嘉(やっと解放された……)

凛「ねぇ、次はなにしよっか?宿題は?宿題はある?お姉ちゃんが教えてあげよっか?」

莉嘉「い、いや今日はこれからお仕事だから持ってきてないよ……」

凛「じゃあお散歩しよ!アイスクリーム買ってあげるから!」

莉嘉「これからお仕事だから!時間ないから!」

凛「じゃあ!絵本!絵本読んで上げるね!お膝に座って!」ヒザポンポン

莉嘉「え、絵本って……そんな年じゃ……」

凛「ほら!早く!」ポンポンポンポンポンポン!!

9: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:45:17.55 ID:65eGf6POO

凛「『うんとこしょ、どっこいしょ。それでもかぶはぬけません』」ハァハァ

莉嘉(けっきょく押しきられちゃった……)

凛「『うんとこしょ、どっこいしょ。まだまだかぶはぬけません』」スースー

莉嘉(しかもこれ、凛ちゃんめっちゃ匂い嗅いでるよ……)

凛「『うんとこしょ、どっこいしょ、うんとこしょ、どっこいしょ』」クンカクンカ

莉嘉(髪とかうなじとかにすっごい鼻息がかかってるんだけど……)

凛「……どうしたの莉嘉?あんまりたのしそうじゃないけど」ハスハス

莉嘉「絵本で喜ぶ年じゃないよ……」

凛「そっか……そうだね。ごめんね?お姉ちゃんばっかり楽しんじゃって」スウーッ

莉嘉「うん、すごい楽しそうだったね」

凛「莉嘉のお尻、プリプリしてて気持ちよかったよ」ハァハァ

莉嘉「そっちか!そっちが目当てか!」

10: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:46:12.39 ID:65eGf6POO

凛「そろそろ3時だね。チョコレートあるけど、食べる?」

莉嘉「……変なもの入ってない?」

凛「愛情ならいっぱいつまってるよ///」テレテレ

莉嘉「ご遠慮します」

凛「あっ、ご、ごめん!気持ち悪かったかな!?」

莉嘉「さっきからずっと気持ちわるいよ……」

凛「じゃあさ、食べさせて!お姉ちゃんに『あーん』って食べさせて!」

莉嘉「はいはい……」カサカサ

凛「あー」アーン

莉嘉「はいあーん」スッ

凛「あむっ!」バクッ!

莉嘉「ひょわああああっ!!」ビックゥッ!!

凛「じゅるっ、れろぉっ、ちゅるるる」

莉嘉「や、やめ……ちょっ、お姉ちゃん!指!指舐めないで!やめて!怒るよ!」ベシベシ!!

凛「ちゅぱちゅぱ、じゅるっ」

莉嘉「このっ!えいっ!お姉ちゃん!やぁっ!」ポカポカ

凛「ぷはっ!」

莉嘉「や、やっと離れた……」ハァ…ハァ…

11: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:47:43.96 ID:65eGf6POO

凛「ふふっ、いつも食べてるチョコなのに、莉嘉に食べさせてもらうといつもより美味しいね///」

莉嘉「味わってたのはチョコじゃなくてアタシの指でしょ!!」

凛「そうとも言うね」

莉嘉「もう!これからお仕事なのにネイルとれちゃったじゃん!!」プンプン!!

凛「ご、ごめんね莉嘉?あっ、もうお仕事の時間だね。準備手伝ってあげるね?」

莉嘉「いらない!胸やお尻触りたいだけでしょ!!」

凛「ぎくっ」

莉嘉「口で言うな!!アタシもう行くからね!!」

凛「ま、待って!最後に1つだけお願い聞いて!!」

莉嘉「……どうせろくなことじゃないんでしょ」

凛「いってきますのチューして!!」

莉嘉「もう知らない!!!お姉ちゃんのバカッ!!」ドアバターン!!

12: ♯恋人は畑ランコ 2016/01/19(火) 00:49:13.35 ID:65eGf6POO




-帰宅中-

凛「ふふっ、今日は楽しかったな……」

凛「あぁ……莉嘉やわらかかったなぁ……」

凛「髪とかすごいいいにおいだったし……」

凛「妹、妹最高」

凛「ただいまー」

凛母「おかえりなさい。ねぇ、今日お夕飯なにがいいかしら?」

凛「……今日ってお父さんも食べるよね?」

凛母「?当たり前でしょ。なに言ってるの」

凛「じゃあ、牡蠣と、レバーと、ニンニクと、スッポンがいいな」


おしまむら