1: ◆p5ehD0VSYq8T 2016/01/22(金) 04:51:05.48 ID:NYgd6XtCO
?某日CPルーム?

未央「やあやあ皆の衆、おっはよー」ガチャ

凛「何その挨拶……おはよ」

美波「おはよう、未央ちゃん」

未央「ん?2人だけ?」

武内P「おはようございます、本田さん」

未央「あっ、プロデューサーもいたんだ!ちょうどよかった!」

武内P「……?」

未央「ねぇプロデューサー、力こぶつくれる?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453405865

引用元: 武内P「筋肉モリモリマッチョマン」 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 113
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 04:58:00.40 ID:NYgd6XtCO
武内P「力こぶ……ですか?」

凛「なんなのいきなり……」

未央「いやあのね?今日クラスの男子がさー、なんか腕相撲大会やってたの」

美波「ああ……男子ってそういうの好きよね」

未央「それでさ!男子の1人が『なんか暑くなってきた』とかいっていきなり脱ぎだすの!」

凛「それは……」

未央「まあ脱ぐって言ってもカッター脱いだだけなんだけどさ、下に着てたのがタンクトップだったから、もう腕とか腋とか丸見えだったの」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 05:07:25.02 ID:NYgd6XtCO
凛「……で?それがプロデューサーになんか関係あるの?」

未央「チッチッチッ、ニブいね~しぶりん!」

凛「うざっ」

未央「クラスの女子がね、その時は『男子やめなよー』とか言ってたんだけど、あとの休憩時間に」

『さっきの○○くんの筋肉ヤバかったよね!』

『ねー!思ったより逞しくてドキッとしちゃった!』

未央「……てな感じで大盛り上がり!!」

美波「ああー……」

未央「その時かわいい未央ちゃんは気づいた!女子の筋肉は着替えのときとかに見慣れてるけど、男の人の筋肉ってほとんど見たことないじゃん!ってね」

凛「え、着替えのとき見てるの?」

未央「モチのロン!しぶりんもみなみんもいい腹筋してるよ!!」

美波「未央ちゃん、それ1歩間違ったらセクハラよ……」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 05:18:16.80 ID:NYgd6XtCO
未央「それでね、前から思ってたんだけどさ、プロデューサーってめっちゃガタイいいじゃん?」

凛「まあ、ね」

未央「あのスーツの下に詰め込まれた筋肉……見てみたくない?」

美波「そ、それは……」ゴクッ

未央「あっ!今みなみん生唾飲んだ!みなみんも見てみたいんでしょ!」

美波「そそそそんなことないよ!///」

未央「……てなわけで!プロデューサー!上着脱いでみて!!」

凛「はぁ……あいつがそんなことしてくれ

武内P「いいですよ」

凛「……は?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 05:28:40.33 ID:NYgd6XtCO
未央「マジで!?やったぁ!!」

美波「シャアッ!」ガッツポーズ

凛「何言ってんの?あんた」

武内P「いいですよ、と言いました」

凛「いやそうじゃなくて、何言ってるのかわかってんの?」

武内P「もちろんです。というより、むしろ待っていました」

凛「……なんのこと?」

武内P「皆さんに自慢の筋肉を披露する機会をです!!」バリバリイッ!!

未央「じょ、上半身の服が弾けとんだ!?」

美波「なんてパワーなの!?この筋肉、想像以上!!」

凛「えっ、なにこれ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 05:43:25.78 ID:NYgd6XtCO
武内P「ミュージックスタート!!」

杏「ポチッとな」カチッ

凛「杏いたんだ」

デデデンデデデンデデデン

武内P「筋トレマニアというものはッ!!!」ガシイッ!!

未央「フロントダブルバイセップスだーっ!!」

美波「これ見よがしの逆三角形!!大きさこそが力だ!!力こそが強さだ!!シンプル!!だからこそベストッ!!!」

武内P「他人に見せて賛辞の言葉を聞きたいと思うものッ!!!」ビシイッ!!

未央「そこからフロントラットスプレッドへ!!」

美波「流れるようなやさしい動き!!しかし隠しきれない力強さッ!雄のエネルギー!!濡れるッ!!!」ビクンッ!!

凛「なに言ってんの美波?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 05:55:54.16 ID:NYgd6XtCO
デデデンデデデン!!デデーン!!

武内P「数年前!私はプロデューサー業に行き詰まっていたッ!」ギュウッ!!

未央「お次はサイドチェストだぁっ!!」

美波「なんてド迫力の胸筋!!気高く!そしてパワフルに!!俺こそが筋肉の王様だと言わんばかりの自己主張ッ!!ニクい奴!!」

凛「駄洒落じゃん」

テレーン!!デデデンデデデン

武内P「私はある人物と運命的な出逢いを果たしたッ!!!」グイイイッ!!

未央「背面フェチの皆さま!!お待たせしましたバックダブルバイセップスぅっ!!」

美波「前面のやつらばかりにッ!いい顔はさせないぜ!とダイナミックエントリー!!その筋肉密度は前面すら凌ぐッ!!!」

凛「ていうか詳しいね二人とも」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 06:12:38.37 ID:NYgd6XtCO
デン!デン!デデデン!!

武内P「公園のベンチに座っていた私の目の前でッ!!その男は急に上着を脱ぎ始めッ!!」ググッ!!

未央「遅れてきた裏の逆三角形!!バックラットスプレッドのお通りだぁっー!!」

美波「荒々しい……荒々しいはずなのに同時に押し寄せてくるこの安らぎはいったいッ!?……そう、そうなのね……これが、親父の背中……息子よ!父を越えてゆけ!という無口な親父のやさしいメッセージ……なのね……」

凛「美波は娘でしょ?ちがったの?男の娘だったの?」

デン!ドン!デン!ドン!

武内P「現れたその筋肉でッ!!見事なサイドトライセップスを披露したのだッ!!!」グルンッビシイッ!!

未央「そう!これこそがボディビル!!サイドトライセップスここにあり!!」

美波「力の結晶!!筋肉の宝石!!その大きく盛り上がった上腕三頭筋に敵はないッ!!美しい筋肉が強いのではない!!強い筋肉が美しいのだ!!筋肉がそう言っている!!伝わってくる!!」

凛「それ多分幻聴だよ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 06:36:43.85 ID:NYgd6XtCO
デン!デンデンデーン!!

武内P「その男は言った!!足りないからだ!筋肉が足りないから!だからうまくいかないのだ!!そう言ったのだ!!」ビッシィィイイ!!

未央「ヒーローは遅れてやってくるッ!やはりシメはコイツだ!!アブドミナルアンドサイ参上!!」

美波「はじけろ!筋肉!飛び散れ!汗!雄とは!!野生とは!!現代人たちが忘れかけていた感覚を甦らせてくれるッ!!その力強い脚で大地を踏みしめろッ!!」

デーン!!デーン!!


凛「あ、音楽が……。やっと終わったの?」

武内P「……私は感動した。その男は私に、本当に大切なことを教えてくれた……」スゥゥゥ……

美波「筋肉が……まだ眠っていない……!?」

未央「まっ、まさかッ!!まだ続きがあるというのかッ!?」

武内P「プロデュースとは頭でするのではない!!」バッ!

未央「まさか!これはッ!まさかッ!!」

武内P「身体で!!そして心でするものなのだ!!」ガシイッッッ!!

未央「出血大サービスッ!!第8の演目!!夢はまだ終わらない!!モストマスキュラーお前を待っていたッ!!」

美波「なんて雄弁な筋肉なのッ!!プロデューサーが筋肉にかけてきた時間が!!想いが!!そして愛が伝わってくる!!筋肉は口ほどにものを言うとはまさにこのことね!!」

凛「新たな諺が産まれちゃったね」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 06:47:34.93 ID:NYgd6XtCO




凛「……落ち着いた?未央」

未央「いやぁー、ごめんねしぶりん?ついテンション上がっちゃってさ」

凛「なに?未央ってボディビル好きだったの?男の筋肉見たことないとか言ってたのに?」

未央「あれは『生では』見たことないってことね。いつもビデオでボディビルめっちゃ見てるから」

凛「ふーん……そう言えばプロデューサーと美波は?」

未央「プロデューサーは新しい上着とりに行ったよ、さっき破いちゃったから。みなみんはびちょ濡れの下着を替えにお手洗い行ってる」

凛「そう……」

凛「私も替えてきていい?もう大洪水だからさ」

おしまむら