1 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:13:08 ID:ptea7whE

美希「あふぅ……」

千早「おはよう、美希」

美希「あっ、千早さん……おはよー」ノビー

千早「ぐっすり寝ていたわね」

美希「うん……やっぱり寝るのって気持ちいいの」

千早「……私も寝てみようかしら」

美希「千早さんが?」

千早「ええ。最近、寝不足だと思うから」

美希「いいって思うな。そこの間仕切りが良い感じに壁になるし」

千早「それじゃあ……」ゴロン 


 

2 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:14:25 ID:ptea7whE

美希「ちっ、千早さん?」

千早「うん?」

美希「ひ、ひざまくら……その……」

千早「あっ……ごめんなさい、無意識に美希の膝を使っちゃったわね」

美希「いや、えーと……千早さんなら、いいよ?」

千早「え?」

美希「ひざまくら」

千早「……そう?」

美希「うん」 


3 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:15:04 ID:ptea7whE

千早「……すぅ…………」

美希「……♪」ナデナデ

千早「…………」

美希「……あふぅ…………」

千早「…………」

美希「…………」

千早「……くー…………」

美希「…………すー…………」 

4 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:16:59 ID:ptea7whE

真美「たっだいま→!」

小鳥「しーっ」

真美「ん?」

小鳥「ふふっ」

真美「…………?」チラッ

小鳥「ふたりとも、ぐっすりよ」

真美「ホントだ……」

美希「……むにゃ」

千早「…………くー……」

真美「……」トテトテ 

5 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:21:50 ID:ptea7whE

真美「……」トスッ

美希「……?」

真美「あっ、ごめん。起こしちゃった?」

美希「…………」ギュッ

真美「わっ、わわっ」

美希「……ぐー…………」

真美「…………み、ミキミキ……」 

7 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:25:16 ID:ptea7whE

真美「…………あふぅ」

千早「……くー……」

真美「…………んー……」

美希「…………」

小鳥「……?」チラッ

真美「…………んー…………」

小鳥「ふふっ」 

10 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:27:13 ID:ptea7whE

やよい「ただいまですー!」

伊織「ただいまっ」

小鳥「おかえりなさい」

伊織「あれ、アンタだけ?」

小鳥「いいえ、そこに」

やよい「……? あっ」

伊織「寝てるの?」 

11 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:29:57 ID:ptea7whE

やよい「……」スタスタ ポフッ

伊織「やよい?」

やよい「えへへ、なんだかみんなあったかそうだなって」

伊織「そうねぇ」

やよい「えへへ…………いおりちゃんも……すわりなよ…………」

伊織「やよい、眠いの?」トテトテ

やよい「ちょっとだけ…………」

伊織「……」ナデナデ 

12 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:33:20 ID:ptea7whE

やよい「すぅ…………」

伊織「……さすがに、このソファにはもう無理よね」ポフッ

美希「…………ぐぅ」

伊織「なんだか、どっと疲れが…………わね……」

真美「…………」

伊織「………………」

小鳥「…………あれ?」チラッ

やよい「……えへ…………」

小鳥(み、みんな寝てる……) 

13 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:36:34 ID:ptea7whE

響「はいさーい!」

亜美「双海亜美、帰還! ……って、真美たちは?」

小鳥「そこで寝てるのよ」

響「ほんとだ……」

小鳥「みんな寝ちゃうのよね、話し相手が居なくて寂しいわ」

亜美「ピヨちゃん、亜美は味方だからねぇ!」ナデナデ

小鳥「え、ええ……ありがとう、亜美ちゃん」

響「伊織、寒そうだな」

亜美「え?」

伊織「…………」 


14 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:38:59 ID:ptea7whE

亜美「ていっ」ポフッ

響「んしょ」ポフッ

伊織「……? あみ、ひびき……」

亜美「ただいま、いおりん」

伊織「おかえり……」

響「伊織、どうして伊織だけ向かいのソファで寝てるの?」

伊織「向こうはいっぱいじゃない……」

響「あー、確かにもう座れないなぁ」

亜美「よーし、だったら亜美がいおりんの横でねーるっ」

小鳥(味方じゃないの!?) 

15 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:40:52 ID:ptea7whE

伊織「…………」

響「んにゃ…………」

亜美「……んー…………」

美希「…………」

千早「……すー…………」

真美「…………んー…………」

やよい「ぐぅ…………」

小鳥(わ、私も寝ちゃおうかなぁ……) 

16 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:44:21 ID:ptea7whE

雪歩「ただいまですっ」

春香「ただいまー」

シーン

雪歩「あれ?」

春香「誰も居ないのかな?」スタスタ

雪歩「音無さんもいないね」スタスタ

春香「あっ」

雪歩「……寝てる?」

春香「あはは、なんだかみんな笑ってる」

雪歩「みてみて、千早ちゃん、美希ちゃんに膝枕されているよ」

春香「かわいいねぇ」 

17 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:46:55 ID:ptea7whE

小鳥(……やっぱり、眠い時は下の自販機の缶コーヒーに限るわよねぇ)

真「あれっ? 小鳥さん!」

小鳥「真ちゃん!」

真「どうしたんですか?」

小鳥「うん、眠くなっちゃったから、眠気覚ましのコーヒーを買いに」

真「なるほど。今、事務所で美希が寝てるとかですか?」

小鳥「美希ちゃんだけだったら、まだいいんだけどね」

真「……?」

小鳥「とりあえず、ビルに入りましょうか」

真「あっ、そうですね!」 

18 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:49:17 ID:ptea7whE

春香「ぐー……」

亜美「…………んー」

千早「…………すぅ…………」

響「…………」

美希「…………」

雪歩「…………」

真美「んー…………」

やよい「……ぐぅ…………」

伊織「…………」

小鳥(ふ、増えてるっ)

真「あー……本当だ。みんな寝てますね」 

19 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:55:00 ID:ptea7whE

真「春香の横ゲット!」ポフッ

小鳥「ふふっ、おやすみ」

真「はい、おやすみなさい……」

響「…………」

真「…………」

春香「ぐー…………ぐー……」

真「んん…………」 

20 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 00:58:01 ID:ptea7whE

P「ただいまでーす」

貴音「戻りました」

小鳥「むー…………」

P「……小鳥さん?」

小鳥「はっ」

P「……あの、眠いんでしたら仮眠をとったほうが」

貴音「わたくしもそう思います。眠い中の作業は非効率ですよ」

小鳥「い、いえ……実はもう寝る場所がなくて」

P「え?」

貴音「……」チラッ 

21 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 01:00:53 ID:ptea7whE

真美「ふにゅう…………」

千早「……すー……」

美希「…………」

響「ぐぅ…………」

真「……へへっ…………」

やよい「……ぐぅ……」

雪歩「すぅ…………」

春香「んにゃ…………」

伊織「すう…………すう…………」

亜美「んー……」

P「うお、みんな寝てる」

貴音「とても、幸せそうな顔をしていますね」 

22 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 01:03:08 ID:ptea7whE

P「そうだな。オールスターライブが終わった直後のみんなが、こんな感じだったよ」

貴音「ふふっ」

小鳥「…………ね、ねむい」

P「小鳥さん、俺がやっておきますよ。仮眠した方がいいです」

小鳥「そ、そんな……悪いですから……」

貴音「小鳥嬢、受け答えがしどろもどろになっていますよ」

小鳥「……ん……」

P「貴音、小鳥さんをみんなのソファのところまで連れて行ってくれるか?」

貴音「分かりました。丁度良く場所が開いておりますので、そちらに」 

23 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 01:05:25 ID:ptea7whE

ガチャ

律子「ただいまー」

あずさ「ただいまですー」

P「おかえりなさい」

律子「あれ、プロデューサーだけですか?」

P「いや? そこにいっぱいいるよ」

あずさ「……そこ、ですか?」スタスタ チラッ

律子「みんな寝てますね……」

あずさ「あら~」 


24 : ◆K8xLCj98/Y:2013/05/15(水) 01:08:58 ID:ptea7whE

律子「……頑張ってる分、みんな笑顔ですね」

あずさ「ふふっ、なんだか私も、少し眠くなって来ました」

律子「そうですね。私もです」

P「あはは、さすがに勘弁してな。貴音が寝ちゃって、俺の心がちょっと折れかけてたんだよ」

律子「分かってますよ。仕事、手伝います」

あずさ「うふふ、それじゃあ私は、おふたりが寝ちゃわないようにお話相手になりますね」


美希「…………ぐー……」

千早「……すー…………」

 おわり