1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:01:28.45 ID:nyoMxhu70
柚「おっはよーございまーっす!」

モバP「おう、おはよう、柚」

忍「あ、柚ちゃん、おはよう」

柚「Pサンに忍チャン、おっはよー」

柚「……二人だけ?」

忍「うん」

忍「ちょっと、Pさんに相談にのってもらってたんだ」

柚「そうなんだー」

柚「……アレ、もしかしてアタシお邪魔虫?」

忍「いや……そんなことは――」

柚「キャー! 大変大変! お口ふさがなきゃ!」

柚「忍チャン、柚はあっちの隅っこで大人しくしてるから気にしないでねっ!」

柚「あっ、口ふさがなきゃ! むぐっ!」

柚「むぐむぐ!」グッ

忍「……いっちゃった」

モバP「ははは、でもまだこっち見てるぞ?」

忍「本当だ……あ、気にしないでってジェスチャー」

モバP「よくわかるな」

忍「まあ、結構一緒にいるから……」

忍「……こほん、じゃ柚ちゃんの好意に甘えて」

忍「さっきの続きなんだけど――」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453467686

引用元: 喜多見柚「恋というキモチ」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:02:05.92 ID:nyoMxhu70
忍「――」

モバP「――――」

忍「――――」

モバP「――」

柚(うーん……)

柚(Pサン、ちょっと困った顔してる)

柚(忍チャンも、楽しくなさそう……)

柚(……)

柚(よーっし)

忍「――」

柚(そろーり)

モバP「――」

柚(そろーり)

忍「だから――」

柚「しーのーぶチャンっ!」

忍「えっ、柚ちゃ――」

柚「えーいっ!」ムニー

忍「ひゃっ!?」

柚「だめだよー、もっと笑顔にならなきゃ!」

忍「ひょ、ひょっほ!」

柚「むにむにー、いぇーいっ!」

忍「ひゃ、ひゃなひへ!」

柚「あははっ、忍チャンほっぺぷにぷにー!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:02:33.47 ID:nyoMxhu70
忍「……満足した?」

柚「満足した!」

忍「そう……」

忍「いきなりほっぺ引っ張られてびっくりしたよ」

柚「ごめん、ごめーん!」

柚「忍ちゃんちょっと難しい顔してたからさ!」

忍「……!」

柚「リラックスリラックス!」

柚「笑顔がいちばんっ!」

忍「……そんなに難しい顔してた?」

柚「うん」

柚「いーっ! って顔してた!」

忍「そっか……」

モバP「……まあ、そんな感じだ」

モバP「あまり焦りすぎるな」

モバP「柚のいうとおりリラックスして、ゆっくりと上達していけばいいさ」

忍「……」

モバP「忍はちゃんと上達してる、プロデューサーの俺が言うんだ、信じろ」

忍「そっか……うん、ありがと」

モバP「どういたしまして」

モバP「また何かあったら相談してくれよ」

忍「うん……また、すぐ来るかも」

柚「……」

柚「ね、Pサン!」

モバP「ん?」

柚「柚の相談にものってくれる?」

モバP「もちろん」

柚「そっか!」

モバP「何かあるのか?」

柚「……」

柚「……ううん、なんにも!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:03:34.72 ID:nyoMxhu70
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


穂乃香「……」

柚「あっ、穂乃香チャン!」

穂乃香「あ、こんにちは、柚ちゃん」

柚「こんにちは!」

柚「お買い物?」

穂乃香「そうですね……ほら」

柚「あっ、ブサイクなやつ!」

穂乃香「ブサイクじゃありません、ぴにゃこら太です!」

穂乃香「まったく……」

穂乃香「……刺しませんよね?」

柚「柚だっていつも刺してるわけじゃないよー!」

柚「あの時は穂乃香チャンの集中力を確かめるため……あずきちゃん風にいうなら集中力確かめ大作戦ってやつだよ」

穂乃香「それでもアレは本当にびっくりしたんですから……」

穂乃香「もうしないでくださいね?」

柚「はーいっ!」

柚「それで、穂乃香チャンはそれを買いに来たの?」

穂乃香「買いに来たというよりは、取りに来た、ですかね」

柚「取りに?」

穂乃香「はい、クレーンゲームの景品だったんです」

柚「ああ、なるほど!」

穂乃香「忍ちゃんと一緒にいってからすごくハマってしまいまして」

穂乃香「今の私ならどんな景品でも取れる気がします」

柚「おおっ、すごい!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:04:21.62 ID:nyoMxhu70
穂乃香「柚ちゃんは何しに?」

柚「ちょっとした買い物かなー」

穂乃香「何を買いに来たんですか?」

柚「決めてない!」

穂乃香「……?」

穂乃香「あっ、ウインドウショッピングみたいな感じですか?」

柚「そうそう!」

柚「いいのがあったら買おうと思って!」

穂乃香「なるほど……」

穂乃香「よかったら、一緒に行ってもいいですか?」

柚「もちろん!」

穂乃香「ふふっ、ありがとうございます」

柚「それじゃあ、穂乃香チャンも一緒に考えて!」

穂乃香「考える……?」

柚「Pさんへのプレゼント!」

穂乃香「……プロデューサーさんの誕生日はまだじゃありませんでした?」

柚「誕生日プレゼントじゃないよー」

柚「いつものお礼したいと思って!」

穂乃香「お礼……」

柚「うんっ!」

穂乃香「考えるっていうのは……プレゼントに何を送るか、ですよね?」

柚「何が喜んでもらえるかなーって考えてるんだけど、ぜんぜん思い浮かばなくて……」

柚「穂乃香チャン、何か案はないー?」

穂乃香「そうですね……」

穂乃香「……きっと」

穂乃香「きっとプロデューサーさんなら、柚ちゃんがくれるものは何だって喜ぶと思いますよ?」

柚「うあー、それじゃあ解決しないよー!」

柚「うーん……なんにしようかなぁ……」

穂乃香「……ふふっ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:04:56.66 ID:nyoMxhu70
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あずき「スイーツ大作戦!」

柚「inカフェ!」

あずき「ね、ね、プロデューサーさん、ここのパフェすっごくおいしいんだって!」

柚「ちょっと食べてこうよー!」

モバP「……ま、時間もあるし」

モバP「それじゃ、ちょっとよってこうか」

あずき「やったーっ!」

柚「Pサン大好きっ!」

モバP「だけど、2時間も3時間もいれるわけじゃないからな」

柚「わかってるよー」

あずき「パフェ食べるだけだし、そんなに掛からないよねー?」

モバP「二人とも夢中になると、いつまででも話していられるからな」

あずき「そうかな?」

柚「そうなのかな?」

あずき「そうなのかも!」

柚「そうだったのか!」

モバP「……そんな感じにな」

モバP「ま、時間になったら俺が教えるから大丈夫か」

あずき「それじゃ、スイーツ大作戦!」

柚「レッツゴー!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:05:29.46 ID:nyoMxhu70
あずき「わぁ……すっごくおいしそう……!」

モバP「ああ、すごいな……ボリュームとか」

柚「Pサン、食べる前にそんなこと言わないでよー!」

あずき「このくらいなら、レッスンすれば、なんとか……」

あずき「レッスンすれば……」

あずき「……」

あずき「……一緒にレッスンしよ?」

モバP「なんでだよ」

あずき「いいじゃん、プロデューサーさんはあずきたちのプロデューサーなんだから!」

モバP「プロデューサーはレッスンをしません」

柚「えー?」

柚「一緒にがんばろうよー!」

柚「柚たちと一緒に食べた分のカロリー消費するためにがんばろうよー!」

モバP「そもそも俺はそれを食べないしな」

あずき「……じゃあ、食べたらやってくれるの?」

モバP「いや――」

あずき「プロデューサーさんにパフェを食べさせて一緒にレッスン大作戦!」

あずき「あーんっ!」

モバP「いや、だからな――」

あずき「あーーんっ!」

モバP「……」

あずき「あーーーんっ!」

モバP「……あむ」

モバP「ん……おいしいな、これ」

あずき「やった、食べたっ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:06:08.84 ID:nyoMxhu70
柚「これでPサンも一緒にレッスンできるねっ!」

モバP「いや、だからしないって」

あずき「えーっ!」

モバP「……そもそも」

モバP「俺は一口、二人はそれ一個ずつ……どう考えても量が違うだろ?」

モバP「俺はちょっと歩くくらいで全部消費できるよ」

モバP「……というか、そこまで気にしてないし」

あずき「むむむ……こうなったら物量大作戦しかないかな……」

モバP「俺の話を聞いてほしい」

あずき「聞いてるよっ!」

あずき「つまり、3人が同じ量を食べれば、一緒にレッスンできるってことだよね!」

モバP「や、だから――」

あずき「じゃあ、次は柚ちゃんの番っ!」

柚「うぇっ!?」

柚「あ、アタシもやるの……?」

あずき「もっちろん! さっきはあずきのからモバPさんにあげたんだから、次は柚ちゃんの番だよ!」

柚「え、えぇ……?」

柚「あー、うー……えーっと」

柚「……あ」

柚「あーん……」

モバP「……」

柚「あーん……っ!」

モバP「……あむ」

モバP「ん、おいしい」

柚「そう……よかった、へへ」

柚「自分で作ったわけじゃないケド、ちょっとうれしい……えへへ」

あずき「……」

あずき「……物量大作戦じゃなくて、ラブラブ大作戦になっちゃった?」

柚「そっ、そんなんじゃないしっ!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:06:49.46 ID:nyoMxhu70
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


忍「柚ちゃんってさ」

柚「うん」

忍「Pサンのこと好きだよね」

柚「うん、好きだよー」

忍「likeじゃなくて、loveの方で」

柚「うぇっ!?」

柚「そ、そんなことないよー!」

忍「嘘だよね」

穂乃香「嘘ですね」

あずき「嘘だね」

柚「なんでさー!」

柚「別にそんなんじゃないのにー」

忍「だって、柚ちゃんってPサンのことじっと視線で追ってるよ?」

柚「えー、そんなことないよー」

忍「傍から見たらバレバレだよ?」

柚「本当にそんなことないのにー!」

忍「……それはそれで、柚ちゃん本当に恋してるんだなぁって」

柚「えーっ!」

穂乃香「この前買い物に行ったときもとても楽しそうでしたね」

あずき「えっ、柚ちゃんと穂乃香ちゃんプロデューサーさんと買い物に行ったの!?」

穂乃香「いえ、私と二人でですが……」

穂乃香「……でも、プロデューサーさんへのプレゼントを買いにいったんですよね?」

柚「そうだけどさー」

柚「でもでも、それって柚がPサンに恋してる、とかそんなのと関係なくない?」

忍「なんのプレゼント買いに行ったの?」

穂乃香「日ごろのお礼のプレゼントだそうですよ?」

あずき「ほうほう……」

柚「そんなに怪しまなくても、ほんとにただのお礼なのーっ!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:07:50.23 ID:nyoMxhu70
あずき「そういえば、この前スイーツ大作戦したとき!」

あずき「柚ちゃん、プロデューサーさんにあーんってするだけで顔真っ赤だったね!」

柚「そっ、それは……しょうがないジャン!」

柚「柚だって、そーいうのは恥ずかしいし!」

あずき「でも『大好き』とかは面と向かって言えるんだよねー?」

柚「だってPサンのこと大好きだもん!」

忍「love的に?」

柚「ライクだよっ!」

柚「もーっ、今日は何なのさ、みんな!」

あずき「柚ちゃんのラブラブ応援大作戦だよっ!」

柚「だーかーらーっ!」

穂乃香「……」

穂乃香「あの……」

穂乃香「……」

穂乃香「……ごめんなさい、柚ちゃん」

柚「えっ?」

穂乃香「私たち、3人で……柚ちゃんってもしかして恋してるんじゃないかなって話になりまして」

穂乃香「それぞれの目で見た柚ちゃんを話してみて、やっぱり恋してるんじゃないかなって思いまして」

忍「……それなら、応援してあげたいなって」

忍「3人で決めたんだ」

あずき「だから、今から柚ちゃんラブラブ応援大作戦しよ!……って話になって」

あずき「余計なお世話だった……のかな?」

柚「……」

忍「……えっと、ごめんなさい」

あずき「あずきもっ、ごめんなさい!」

柚「……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:09:02.35 ID:nyoMxhu70
柚「……あのね」

柚「実は、柚もちょっとだけわかんないんだ」

柚「柚って、恋したことないから、これが恋なのかわかんないんだケド」

柚「Pサンといると、すーっごく楽しいし」

柚「なんだか、ほわんほわん、ってあったかい気持ちになるの」

柚「これって恋なのカナ?」

穂乃香「……」

あずき「……」

忍「……」

柚「……みんな?」

忍「……柚ちゃんは、Pサンのこと好きなんだよね?」

柚「大好きっ!」

柚「ライクの方……だと思うケド、どうなんだろ?」

忍「……」

あずき「うーん……あずきは、あずきから見たら恋してるんじゃないかなーって思うけど……どうなんだろ?」

あずき「恋したことないからわかんない……忍ちゃんはわかる?」

忍「えっ……あ、あたしもしたことないし……穂乃香ちゃんは?」

穂乃香「私もありません……」

忍「あれ、じゃあ誰もわかんないのかな?」

柚「えーっ!」

柚「みんなこんなにはやし立ててたのにー!」

あずき「あはは……あずきは漫画でしかそういうの見たことないし……」

忍「私も……友達からそういう話は聞くけど……」

穂乃香「私もそんな感じですね」

柚「えーっ、ひどいー! ひーどーいーっ!」

忍「あはは、ごめんごめん」

あずき「でもでもっ、みんな柚ちゃんを応援したかったんだよ!」

柚「それでもだよーっ!」

柚「柚をこんなに恥ずかしくしておいてーっ!」

あずき「でもでもっ、あずきたちからは柚ちゃんがそういう風に見えたんだもん、ねっ、穂乃香ちゃん!」

穂乃香「そうですね……ふふっ」

穂乃香「やっぱりあの時の柚ちゃんはとってもかわいかったですよ」

穂乃香「今の柚ちゃんと同じくらい」

柚「うぇっ!?」

忍「確かに……あわてる柚ちゃんはかわいかったね」

柚「あぅ……うぅ……」

柚「……あっ、わかった! また柚のこといじろうとしてるでしょっ!」

忍「あっ、ばれた?」

柚「もーっ!」

穂乃香「ふふっ」

あずき「あははっ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:09:31.12 ID:nyoMxhu70
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


柚「ね、Pサン、この前相談してもいいっていったよね?」

モバP「ああ、何か相談か?」

柚「うん……あのね」

柚「柚……恋しちゃってるカモ……Pサンに」

モバP「」

柚「あっ、あのあの、まだ恋かどうかはわかんないんだよ!」

柚「でもでも、なんだか、Pサンといると楽しくて……すーっごく楽しくて!」

柚「ほわんほわんって、幸せな気持ちになるの!」

柚「みんなはこれが恋なのかもっていうケド……恋だって断言はしないし……」

柚「……ねぇ、これって恋なのカナ?」

モバP「」

柚「……Pサン?」

モバP「……はっ!」

モバP「ああ、すまんすまん」

モバP「今、すごい衝撃的な告白を聞いたからちょっと……」

柚「柚まだ告白してないよー?」

柚「そもそもこれが恋かどうかもわかんないし……」

モバP「ああ、そうだったな……」

モバP「そうだな、うん……なあ、柚」

柚「うん」

モバP「その答えは俺にはわからない」

柚「えぇー、Pサンもわかんないのー?」

モバP「……というか、たぶん柚を除いてわかる人はいない」

柚「アタシを?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:10:03.96 ID:nyoMxhu70
モバP「ああ、柚にしかわからないことだ」

柚「柚にしか……」

モバP「誰かの手助けは借りてもいいけど、誰かに流されちゃいけない」

モバP「それは、柚自身がじっくり考えて、考えて、考え抜いて決めることだ」

柚「……」

モバP「……そして、その答えが出たとき」

モバP「俺に伝えに来てくれ」

モバP「そしたら俺も答えるから」

柚「そっか……ん、答える?」

柚「ってことは、Pサン柚と付き合ってくれるの?」

モバP「答えるって別に肯定だけじゃないからな」

柚「あ、そか……」

モバP「柚が真剣にそういう気持ちで俺に告白してくれるんだったら」

モバP「俺は、真剣に柚の気持ちに答えるよ」

モバP「それが、どっちに転ぶかはわかんないけどな」

柚「……」

モバP「柚のその気持ちが恋かどうかはわからないが、今俺が言えるのはこれくらいだ」

モバP「……これでいいか?」

柚「うん……ちょっと考えてみる」

モバP「そっか」

柚「……」

柚「……」

柚「……あっ、Pサン!」

モバP「ん?」

柚「アタシ、恋かどうかはわかんないけど、Pサンのことは大好きだよっ!」

モバP「……ありがとう」

モバP「俺も、柚のことは好きだ」

柚「ホント!?」

柚「えへへっ、うれしーっ!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:10:44.75 ID:nyoMxhu70
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


柚「あのねあのね、Pサンっ!」

モバP「ん、どした?」

柚「昨日、ずーっと、考えてみたんだけどね、答えはわかんなかった」

柚「色んな人に、恋ってなにカナって聞いてみたし、アタシも色々調べてみたけど、わかんなかった」

モバP「うん」

柚「だからね、もっと、しばらく考えてみるね」

柚「考えて、考えて、答えが出たらちゃーんとPサンに伝えるから」

柚「だから、待っててね!」

モバP「……ん、わかった」

モバP「柚の気持ちが固まるまで待ってるよ」

柚「うんっ!」

モバP「……」

柚「えへへっ!」

モバP「……他に何か用か?」

柚「ううん、なんにもないよー?」

モバP「じゃあ、なんでまだここに?」

柚「あのね、昨日調べた中には、好きな人の傍にいると心が暖まるって書いてあったの」

柚「……だから、それを確かめようと思ってるんだケド」

柚「いっつもほわんほわんしてたからわかんないーっ」

モバP「そっか」

柚「柚、邪魔だったカナ?」

モバP「いや、邪魔じゃないけど」

柚「……けど?」

モバP「……レッスン時間とかは忘れないようにな」

柚「はーいっ!」

柚「……」

柚「……」

柚「……えへへっ!」




おしまい