1: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:42:15.30 ID:RdRIawij0
 
ノξ^ヮ゜ノ「本気出せば焼ける」
 
  
 
デコプレート売れば売れると思ったんだ
 
 
 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374496935

引用元: 伊織のデコで肉を焼きたい 

 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 05水瀬伊織
水瀬伊織(CV:釘宮理恵)
日本コロムビア (2015-06-03)
売り上げランキング: 17,940
2: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:44:04.25 ID:RdRIawij0
  
  
パンパカパーン!
 
 
おじさん「大当たりぃー!!」

春香「えぇ!?大当たりって、もしかして」

おじさん「そのもしかして!目玉商品の『松坂牛』持ってけドロボーッ!」

春香「わぁぁ!こんなに沢山!」

おじさん「今回は商店街の皆が奮発したんだぜ?家族でたんまり食べてくれ!」

春香「プロデューサーさんとお肉パーティだー!」

おじさん「焼くもよし、しゃぶしゃぶもよし、何にしたって美味いときたもんだ!」

春香「『僕は春香もしゃぶしゃぶしたいよ…』なーんて…」

おじさん「あとコレ!おまけのタレな!」

春香「ああっ、プロデューサーさん、そんなにかけないでくださいよぅ」

おじさん「おーい、大丈夫か?春香ちゃーん?」
 
 
 

3: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:45:57.60 ID:RdRIawij0
 
 
 
翌日
 
 
 
春香「おはよーございまーす!」

P「おはよう!」

春香「プロデューサーさん!松坂ですよ!松坂!」

P「松坂?野球か?えーっと、この収録が」

春香「野球じゃないですよ!お肉お肉!」

P「すまない春香、今ちょっと」

春香「ちょっとじゃないですよ!松坂ですよっ!」

P「あぁ、もしもし?先ほどお電話した件ですが」

春香「高級肉ー!」

P「えぇ、代わりに双海亜美を行かせようと思うのですが」

春香「焼肉パーティー!」

P「本当ですかっ?ありがとうございます!」

春香「しゃぶしゃぶイェー」

P「はい、本人には連絡済です!今すぐ向かわせます!」

春香「すき焼き好きやしぃー」

P「ごめん春香、ちょっと静かにしてて」
 
 
 
春香「」

P「はい、ではそれで!お手数おかけします!」ガチャ

春香「」

P「えーっと、次は雑誌の編集者に…」

春香「」
 
 
 
 

4: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:47:37.27 ID:RdRIawij0
 
 
 
P「亜美かっ?今から迎えに行くから準備しとけよ!」

春香「松坂」

P「おやつ?わかったわかった、買っとくから」

春香「松坂牛」

P「よしっ。車の鍵持ったし、書類もオッケー!」

春香「焼肉」

P「小鳥さん!何かあったらお願いしますねー!」

春香「しゃぶ」

P「じゃあ社長行ってきまーす!」

春香「肉」
 
 
 
バタンッ
 
 
 
春香「タレ付」

小鳥「春香ちゃん?」

春香「焼肉」

小鳥「残念だったわねー、プロデューサーさん今いそがしいのよ」

春香「らぶらぶタイム」

小鳥「あははっ、プロデューサーさんに構ってほしかったのね」

春香「アダルトわっほい」

小鳥「アダルトわっほーいっ」
 
 
 
 

5: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:49:08.01 ID:RdRIawij0
 
 
 
 
小鳥「そっかぁ、ホントは今日プロデューサーさんはオフだったもんね」

春香「ヴぁい」

小鳥「でも今朝、伊織ちゃんから電話があってね」

春香「伊織?」

小鳥「ええ、何でも39度の高熱が出ちゃったんですって」

春香「高熱…」

小鳥「そのせいで予定してたお仕事が出れなくなっちゃったから、プロデューサーさんが仕事先に埋め合わせの電話をしてたのよ」

春香「……」

小鳥「タイミング悪かったわねー。松坂牛ならプロデューサーさん喜ぶでしょうに」

春香「熱なら、仕方ないですね」

小鳥「伊織のこと?まぁ昨日あんなことしてればねー」

春香「あんなこと?」

小鳥「『寒いからアンタの上着を貸しなさい!』とか言ってね。わざと寒い格好してたのよ」

春香「」

小鳥「『プロデューサーをお見舞いに来させなくっていいんだからねっ』ってどう考えたってツンデレよねー」

春香「」

小鳥「じゃあ春香ちゃん、悪いけど今日は」

春香「…焼きたい」

小鳥「え?」
 
 
春香「伊織のデコで、肉を焼きたい」
 
 
 
 
 

6: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:53:08.75 ID:RdRIawij0
 
 
 
 
千早「あら?春香、何その野菜」

小鳥「あっ、千早ちゃん!春香ちゃんを止めて!」

千早「止める?」

春香「千早も一緒に伊織焼く?」

千早「…伊織を焼く?」

春香「あーごめん。お肉ねお肉」

千早「はぁ、伊織の家で焼肉をするってこと?」

小鳥「違うわ!この子、伊織ちゃんのオデコで焼肉する気なのよ!」

千早「あの、言ってる意味が」

春香「報いだよ」

千早「は?」

春香「アインシュタインって偉い人が言ったんだ。資本主義経済における無秩序こそが諸悪の根源であると」

千早「…何か変なものでも食べた?」

春香「すべては報い…報いなんだよ」
 
 
 
 
千早「えっと、事務所に小鳥さんは二人もいらないです」

小鳥「私普段はこんな事言わないよ!?」
 
 
 
 

7: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:54:37.50 ID:RdRIawij0
 
 
 
 
小鳥「とか何とかやってるうちに春香ちゃんがタクシー呼んじゃったじゃない。千早ちゃん、春香ちゃんを止めて!」

千早「止めてって言ったって…春香は生○の時はあんな感じですし。まぁいつもより変ですけど」

小鳥「そうなのよ!いつもに増してヘ――ゲハ!?」

春香「口は災いの元ですよ」

千早「ちょ、ちょっと何するの春香!」

春香「千早もいこ。松坂だよ」

千早「冗談にも程があるわ!それにあなた仕事もあるでしょう?社長に言いつけるからね」

春香「そっかぁ残念。じゃあ行って来るねー!」

千早「そうはいかないわ。社長!…は部屋の中ね」
 
 
 
ガチャ
 
 
 
高木「」←『有給休暇届』を口に詰め込まれている
 
千早「」
 
 
 
バタンッ
 
 
 
千早「何とかせねば」

小鳥「何とかしましょう」
 
 
 
 

8: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:55:58.89 ID:RdRIawij0
 
 
 
春香「追い詰めて~逃げぬよう~にして、ガッ!と~キメる~私マーメイ♪」

千早「肉食系ね」

春香「そうだよ!だってこれから焼肉だもん!」

運ちゃん「お客さん焼肉たぁ豪勢ですねェ。炭火ですかい?」

春香「ううん、デコ火ですよ!」

運ちゃん「え?」

千早「彼女の故郷の方言なんです。炭火焼ですよ」

春香「千早何言ってんの?頭打ったんじゃないの?」

千早「あなたの頭ん中がツルツルなんじゃないの」

春香「ミキはねー千早の胸がツルツルだと思うのーナノー」

千早「巨乳声で言うんじゃねぇ」




9: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:58:00.66 ID:RdRIawij0



春香「いや無いわー。運ちゃんが住所暗記してないなんて無いわー」

千早「料金全部100円玉で出すのも無いわー」

運ちゃん「」←100円玉を口に詰め込まれている






ピンポンピンポーン♪
 
 
 
春香「こんにちわっほい!」

執事「これは天海様に如月様。お嬢様は今ご体調が優れなー」

春香「お邪魔しヴぁす!」

如月「すみません。すぐ帰りますので」

春香「何このウサギのスリッパだっさwww」

如月「すぐ黙らせますから」

春香「豪邸の床はツルツル滑るね!千早の胸みたい。全米がま泣イタ!」

如月「ていうか一緒にシメませんか今すぐに」
 
 
 
 

10: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 21:59:12.19 ID:RdRIawij0
 
 
 
春香「伊織ワッホーい!」

伊織「うーん…」

千早「寝てるみたいね」

千早(まだ熱があるみたいだわ。さすがにこんな姿を見れば春香もわかるはず)

春香「じゃあ油ひこっか!」

千早「まてやコラ」

千早「伊織は病人なのよ?春香、あなたこんなことして恥ずかしくないの?」

春香「だからこれは報いだって」

千早「あーわかったわ。論点を変えるけど、普通に考えて人のオデコでお肉を焼けるわけないでしょう?」

春香「何で?」

千早「人間の体温なんて高くて40℃くらいでしょう?焼けるわけないじゃない」

春香「え、伊織ってソロ○ン焼けるんじゃないの!?」

千早「あのピヨ野郎あとでシメとくか」
 
 
 
 

11: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 22:00:43.39 ID:RdRIawij0
 
 
 
伊織「うーん…」

春香「油いっきまーす」

千早「だから待ちなさい」

春香「何よ、千早だってやりたいからきたんでしょ」

千早「あなたを止めに来たの!もう馬鹿なことはやめて普通にお見舞したって事でいいじゃない」

春香「制裁」

千早「何が制裁よ、ただの嫉妬じゃない」

春香「Oh,shit!」

千早「寒いから」

千早「ホラ、伊織喋れそうにないんだから出直しましょ。後でプリンでも買って」
 
 
モゾモゾ
 
 
伊織「うーん…アタシのおでこがツルツルぅ…?もぉ、千早じゃないんだから…」

春香「」

千早「」
 
 
 
春香「焼こうか」

千早「焼きましょう」
 
 
 
 

12: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 22:02:00.82 ID:RdRIawij0
 
 
 
春香「油ひくよー」

千早「あ、口に入らないようにね」

春香「こんな感じかな?」

千早「いつも以上にテカテカしてるわね」

春香「まずは豚カルビいってみようか!」

千早「いってみましょう」
 
 
春香「よーし、オデコに向かって…せーの!」


 
べちょ
 
 
 
春夏「…」

千早「…」

春香「焼けないね」

千早「まぁ当然よね」

千早「大体春香、何でデコで焼くなんて思いついたの?」

春香「え、だってヘソで茶を沸かす、って言うじゃん」

千早「言うわね」

春香「ならデコで肉焼けるんじゃ」

千早「焼けねぇよ」
 
 
 
 

13: デコで肉を焼く 2013/07/22(月) 22:03:56.12 ID:RdRIawij0
 
 
 
千早「そもそもヘソで茶を沸かすっていうのは、沸かすくらい怒る、って意味なのよ」

春香「それだよ!」

千早「なんだよ」

春香「焼けるくらい真っ赤に怒らせればいいんだよ!」

千早「はぁ…あなたそこまで頭悪かったかしら」

春香「ツーンーデコ!」

千早「ちょっと」

春香「ツーンーデコ!」

千早「春香ってば」

春香「ツーンーデコ!」

千早「ツ、ツーンーデコ」

伊織「う、うーん」

…パチッ

千早「え」
 
 
…パチッ…ジュー!
 
 
春香「あ、火入った入った」

千早「そんな馬鹿な」
 
 
 
 
 
 
 
後半に続く

18: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 21:34:26.40 ID:yfh9vmle0
 
 
 
ジュー!
 
 
春香「カルビ焼けたよ!」

千早「やだ、結構美味しいじゃない」

千早「美味しいけど、さすがにお肉ばかりじゃね。お野菜もいれましょう」

春香「あーっ!!野菜タクシーの中に忘れた!」
 
 
ガチャ
 
 
執事「天海様?いかがなされましたか」

千早「あ」

執事「こ、これは一体…?」

春香「デコ火焼き肉ですよ。新堂さんでしたっけ?一緒に食べましょう!」

執事「如月様…」

千早「えーと、何ていうか、ノリというか…」

執事「何にせよ、病人にこのようなことをなさるとは感心しませんぞ」

千早「…ごめんなさい」

執事「よろしい。さあ天海様、お嬢様についた油を拭きましょう」

伊織「う、うーん…」
  
  
伊織「新堂ぉ…?アンタ最近クサいわよぉ…加齢臭してんじゃないのぉ」
 
  
  
  
執事「」
  
千早「」 
 
春香「」
  
  
  
  
  
  
 
 
執事「…ささ、お野菜の準備が整いましたぞ」
 
千早(ついに誰も味方がいなくなった!)
  
  
  
  

19: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 21:46:38.44 ID:yfh9vmle0
  
  
  
執事「お肉を食べたらお野菜を一つ、これで健康かつ美味しくいただけます」

春香「わぁー、執事さんって何でも知ってるんですね!」

執事「ハッハッハ…お嬢様も焼肉はお好きでございましたからな。健康管理は私の役目ですので」

千早「へぇ、伊織も好きだったなんてちょっと意外」

執事「でしょうな。お嬢様の様な方なら高級感あふれるモノをお好きと思われるでしょう」

春香「フランス料理おーほほほムシュー?とか言いそうだもんね!」

執事「高級料理がお好きなのは間違いないのですが、ある時庶民的な私の好みにご興味をもたれましてな」
 
 
 
執事『お嬢様お待ちを!こちらは庶民が食べるモノでして、お嬢様のお口には合わないかと』

伊織『アンタが作ったんでしょ?なら食べられないわけないじゃない』

執事『あくまで私の好みでございます。お嬢様に食べさせるなど、旦那様に何と言われるか』

伊織『アンタがつくったモノなら食べられるって言ってるの!』パクッ
 
 
伊織『…にぎゃい』
 
 
執事『ですからお口に合わないと!さぁ、お口直しを』

伊織『いーわよ、これはこれで悪くないわ。これでアンタは下品じゃない』

執事『下品ではない?』

伊織『…使用人がアンタは皆の食事の後、一人で下品なモノを食べてるっていうから調査にきたの』

執事『…それは決して間違いではございません。水瀬グループの執事ともあろうモノが』

伊織『黙りなさい!』
 
 
伊織『アタシはアンタの好きなモノを食べたわ。そして味は悪くなかった』

執事『…』

伊織『それを食べた私は下品だとでも言うの?』
 
 
執事『…いえ、決して下品ではありません』

伊織『ならアンタも下品なんかじゃないわね。あーバカバカしい噂!』

執事『お嬢様…』
  
  
  
  

21: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 21:51:43.46 ID:yfh9vmle0
 
 
 
伊織『賑やかねぇ。いつものレストランと全然違うわ』

執事『焼肉屋でございます』

伊織『焼き肉?ステーキとか?』

執事『いえ、切り身の生肉を自分で焼くのです』

伊織『自分で焼くぅ?』

執事『はい。お嬢様のお心遣いのお礼に、この新堂、最高の庶民の味をお教えいたしますぞ』

伊織『このアミアミしたやつ、熱いわよ』

執事『左様。この温風、この肌触りこそ庶民の戦場というものです』

伊織『きゃ!ち、ちょっと新堂、凄い音鳴ってるわよ!』

執事『ご安心を。慣れればこの音は最高の調味料となります』

伊織『熱いケド、、、いい匂いがするわねぇ…』

執事『でしょう。さて、両面に赤みが無くなったら食べられますぞ』

伊織『い、いいのね?これなんか、食べちゃってもいいのね!?』

執事『ヒョイっと。ふむ、中々』

伊織『ちょっと!それ今アタシが食べようと思ってたのに!』

執事『ハッハッハ。ご自分の取り皿に入れるまではお嬢様のお肉ではございませんぞ?』

伊織『ムキー!新堂のクセに生意気よ!えいっ』

執事『お嬢様、タレを付けるのをお忘れなく』

伊織『これね!はむっ』
 
 
伊織『お、美味しい。ちょっと!美味しいわよ新堂!』

執事『ハッハッハ。これぞ庶民の最高の贅沢、焼肉にございます』

伊織『これも、これも私のよ!ちょっとそこの店員!言わなくてもご飯くらい持ってきて頂戴!』

執事『お気に召されて何よりです』

伊織『アンタとっても美味しいモノ知ってるのね!ありがとう!』

執事『え…?は、お礼等と、そんな』

伊織『チンタラしてていいのかしら?アンタが食べるお肉無くなっちゃうわよ!』

執事『これはこれは…久しぶりに腕が鳴りますな』
 
 
 
 

22: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 21:58:17.61 ID:yfh9vmle0
 
 
 
千早「伊織も可愛いこと言うんですね」

執事「ハハハ…しかしあの出来事のおかげで胸を張ってお屋敷に居れたのです」

千早「普段は毒ばっか吐いてるけど、人一倍優しくて、人一倍おせっかいなんですよね」

執事「全くもって…。年を取った心が洗われるようですな」

春香(ロリコンになった話かと思った)

千早「かと思えば、かまって欲しいから上着を着ないなんてね」

執事「それで風邪を召されたと…?ハッハッハ、それはそれは」

千早「そんな可愛いトコロがあるから、皆放っておかないんでしょうね」

執事「ですな。さて、私も取り乱してしまいましたが…」

伊織「う、うーん」
 
 
 
伊織「ちょっとぉ…このお肉加齢臭するわよぉ…?名付けて新堂カルビねー…」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
執事「昔は可愛かったんです。昔は」ジュー

千早(加齢臭発言の威力パネェ)
  
  
  
  

23: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 22:17:08.03 ID:yfh9vmle0
  
  
  
春香「豚カルビ豚カルビ、豚カルビ…」

千早「どうしたの?」

春香「牛が人気で豚しかないんだ、もう」

執事「ふむ、少し味気に欠けますな。私が購入してきましょう」

春香「いや、それよりいい案がありますよ!私に任せてください」

千早「どうするの?」

春香「その名も『牛肉が来い!』携帯からピッポッパ♪」

春香「あーモシモシ!ちょっと伊織ん家きてくれますかー?」
  
  
千早「誰に電話したの?」

春香「いーからいーから」
  
  
ピンポーン♪
  
  
執事「お客様のようで、いってまいります」
  
  
ガチャ
  
  
  
あずさ「あら~?いい匂い、焼肉ですか~?」
  
  
  
春香「はい牛」

千早「確かに牛の乳してるけどさぁ!私と違って!」
  
  
  
   

24: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 22:25:21.54 ID:yfh9vmle0
 
 
 
千早「そろそろ落ち着きましょう。落ち着くべきよ」

春香「え、まだ牛が」

千早「私のキャラ貞操の為に落ち着いて!もうツッコミは疲れたわ」

あずさ「ジュ~」

やよい「じゅー!」

執事「じゅー」

千早「あずささんまで!っていうかどこから湧いたの高槻さん!」

春香「肉が肉を焼いている」

千早「おい黙れ」

千早「じゃなくてもう焼肉も復讐も制裁も終わり!帰りましょう!」

あずさ「え~と、タレのフタは~」
 
 
 
ポロッ(←胸ではない)
 
  
  
あずさ「あら~?」
 
  
  
コロコロ…
 
  
  
あずさ「あらあら~?」
 
  
  
ポトッ
伊織「ゴクン」
  
  
  
千早「」

執事「」

あずさ「あ、あら~」
  
  
  
  
  
 
 
春香「…太○胃散流し込みゃ溶けんじゃね?」

千早「いや無理だろ」
  
  
  
   

25: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 22:36:51.86 ID:yfh9vmle0
 
 
 
やよい「うっうー!せっかくだから大きいステーキ食べたいですー!」

あずさ「あらあら~それはいいですね~」

執事「それならお屋敷のキッチンに上物がありますぞ」

春香「わっほーい!サーロインサーロイン!」

千早「私は一般人私は一般人一般人イッパンジン…」
 
 
 
デデーン
 
 
 
あずさ「大きいですね~」

やよい「うっうー!これなら長介達にも持って帰れますー!」

千早「いや、でもこれ焼けるんですか?カルビでも時間かかったのに」

春香「乗せてみましょう!」
 
 
 
ズシッ
 
伊織「う、うう~ん」
 
 
 
 
春香「プレートの調子悪そうだね」

千早「いや重いからだろ」
 
 
あずさ「もっと火力が必要ですね~」

やよい「ツンツンパワーじゃ限界ってことなんですかー?」

執事「んじゃデレさせますか」

千早「もうやだ帰りたい」
 
 
 
 

26: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 23:03:54.99 ID:yfh9vmle0
 
 
 
執事「もしもし、プロディーサー様ですか」

千早「いやちょっと待ってください!プロデューサーを呼ばれたら」

執事「おや、もうそこまで来てるようです」

やよい「入口に見えますよ!おーい!」

千早「オワタ」
  
 
ガチャ
 
 
P「失礼します。伊織、大丈夫か?」
 
伊織「う、うう~ん」

P「皆きてたのか、って肉!?」

伊織「ハッ、ぷ、プロデューサー!?////」ジュー!

P「な、なんだよこれ。油まみれじゃないか!」

千早「えーっと…」

P「どういうことなんだ!病人にこんなことして!」

伊織「そ、そーよ!おかげで全然寝れなかったじゃない!皆さっさと帰りなさいよ!」

P「全く、もうこんな事しちゃダメだぞ?」
 
 
春香以外「ごめんなさい…」
 
 
P「春香」

春香「…ヴぁい」

P「春香」

春香「…ゴメンナサイ」

P「ん、よし!偉いぞ」
 
伊織「偉くないわよ!ほらプロデューサー!さっさとアタシに奉仕しなさい」

P「わかったわかった、じゃあ皆、ちゃんと帰るんだぞ」
 
  
 
バタン
  
  
 
 
千早「…一応、ステーキ焼けたけど」

春香「…。ムシャムシャ」
  
  
  
   

27: デコで肉を焼く 2013/07/24(水) 23:06:32.73 ID:yfh9vmle0
  
  
  
千早(はぁ、私ったら情けない。何であんなことしちゃったのかしら)

千早(自分のスタイルなんてイチイチ気にすることないんだわ)

千早(プロデューサーの信頼を取り戻すためにも、明日から頑張らなきゃ)
  
  
 
P「千早」
 
千早「きゃあ!」
  
  
 
千早「プロデューサー…伊織のところに居たんじゃ」

P「ああ、すぐ戻るけど執事さんに事情を聞いたんでね」

千早「すみません…」

P「ははは、誰だっておかしな時はあるさ。それに千早は最初止めようとしてたんだし」

千早「でも」

P「うん。病人にあんなコトしちゃダメ。千早はわかるよな」

千早「…はい」

P「よし、じゃあ忘れて明日からまた頑張ろう。いい歌聴かせてくれよな」

千早「…はい!頑張ります、プロデューサー!」
 
P「あ、そんなに焼肉食べたいなら今度二人で行かないか?」

千早「え、ええっ//プロデューサーと二人でですか!?な、何で」

P「んー、止めようとしてくれたご褒美?違うか」

千早「ま、まあ、理由は何でもいいですけれど//」 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春香「千早のまな板で、野菜を切りたい」
 
 
 
 
 
 
 
 
終  ワ  リ