1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 14:41:59.07 ID:KKJc++fS0
八幡「俺はモテてはいなかった」


上の作品の続きで別バージョンのお話



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452318118

引用元: 八幡「川崎といい感じになってる」 

 

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 14:48:51.81 ID:KKJc++fS0
八幡「受験生でバイトとか…すげぇ無駄なことしてるような…」

八幡「寒い…もう11月だしな」

八幡(バイト始めてどれくらい経ったっけ?3か月くらいか?案外続いてるな)


八幡(けっこう学生も通るコンビニだし、あーしさんとか戸部とかが来てたな)

八幡(それと一色に戸塚…戸塚が来てくれるだけで嬉しいぞ、うん。がんばれるな)


八幡(あとは…川崎)

八幡(なんか、携帯替えたとかで番号交換もしちゃいましたよ…あーしさんともしたし)

八幡(なにこれ?モテ気か?)

八幡「でも、あいつらは結局一度も来てくれなかったな…知らないことはないと思うけど」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 14:57:17.01 ID:KKJc++fS0
八幡「由比ヶ浜、雪ノ下…あいつらが楽しいんならそれでいいんだが…」

八幡「なんだろうな…この焦燥感は」


八幡(俺は前に進めてるか?絶対進んでないだろ?なんか斜め下に行ってるような)

八幡「…帰るか」





八幡「ただいま」

小町「お兄ちゃん、おかえり」

八幡「おう」

小町「なんだか疲れたって顔してるよ、大丈夫?」

八幡「そりゃバイト帰りだからな」


6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:03:09.21 ID:KKJc++fS0
小町「受験生がバイトとか大丈夫なの?」

八幡「それ言うなら、3か月前に言うべきだったな」

小町「まだ余裕ありそうだね」


八幡「ないない」

小町「あんまり気を落としたりしちゃ駄目だよ?ニュートラルだよっニュートラルっ」

八幡「へいへい、で?なんか用か?」

小町「えっと、用事は二つあって」

八幡「はあ」

小町「まず、結衣さんから伝言があって」

八幡「由比ヶ浜から?なんて?」

小町「なんだか、近々ハロウィンパーティっていうのをやるみたいなんだけど」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:06:31.05 ID:KKJc++fS0
八幡「ハロウィン?もう、そんな季節か」

小町「その衣装選び一緒に行かないかってさ」

八幡「なんで俺なんだよ…彼氏と行けよそういうのは」


小町「そうなんだけど、今回は奉仕部で行きたいみたいだよ」

八幡「ということは雪ノ下も来るわけか」

小町「そうだと思うよ」

八幡「あとで連絡とってみる」

小町「お願いね、でもう一つが…」


八幡「…ん?」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:09:09.56 ID:KKJc++fS0
次の休み

ショッピングモール


小町「さすがシスコンお兄ちゃんだね」スタスタ


八幡「うるさい」

小町「まさか、大志くんと出かけるのについてくるなんて」

八幡「うるさい」


小町「別に付き合ってるとかそんなんじゃないのに」


八幡「うるさい」


小町「うるさいしか言ってないし…」

9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:13:05.45 ID:KKJc++fS0
小町「大志くんは沙希さんの衣装選びに付き添うだけだよ」

八幡「そこで小町が行く理由がわからん、あいつは下心があるな…」

小町「たぶんないだろうけど…かわいいの選んでほしいんじゃないかな」


八幡「はあ?」

小町「沙希さんって、ハロウィンの衣装適当に選びそうって言ってたし」

八幡「そんな気合い入れるもんなのか?」

小町「どうなんだろ?女子は全員衣装着用らしいよ、けっこう人数来るとか」


八幡「例のバーか」


10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:17:10.20 ID:KKJc++fS0
八幡「由比ヶ浜も言ってたが…女子は衣装着用義務って段階でエロい」

小町「確かにちょっとエロいかも…でも、あの人たちがそんなことするかな?」

小町「学校の成績もすごくいいんでしょ?」

八幡「…Sの奴はどうも信用できない」

小町「そうなんだ」


大志「あ、比企谷さんこっちこっちっ」

小町「あ、大志君っ!」


八幡(大志…小町に指一本でも触れたらその時は…)

11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:20:35.49 ID:KKJc++fS0
川崎「…おはよ」

八幡「川崎か…よう」

川崎「今日は休みなんだ?バイト」

八幡「まあな」

川崎「そっか、今日はいつもの表情だね安心した」

八幡「どういうことだ?」

川崎「あんた、疲れた表情多いって思ってたから」

八幡「そうか?そんなに疲れてたか?」


川崎「あたしに聞かれても困るけど…」

12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:25:40.39 ID:KKJc++fS0
大志「今日は姉ちゃんのハロウィン衣装選びに付き合ってもらってすみませんっ」

八幡「本当にそれだけだろうな?」

小町「お兄ちゃん!…今日は結衣さんたちの衣装選び断って来たんでしょ」

川崎「えっ?そうなの?」

八幡「ま、まあな…」

小町「つまり、沙希さんの衣装が楽しみなんだよねっ?」

八幡「はあ?おい、小町お前…」


川崎「えっ…そ、そうなの…比企谷…?」

八幡「え…いや、待て」

川崎「…」

八幡(なにこの雰囲気…?)

13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:30:49.72 ID:KKJc++fS0
小町「楽しみだよね?」

八幡「そりゃ…楽しみと言えばそうだが…いやまて、前提がおかしい」

川崎「た、楽しみとか…そ、そっか…ふ、ふ~ん…」


大志「あれ?姉ちゃん…?」

八幡(お、おかしいぞ…川崎の態度もだけれど…なんか雰囲気が…)

川崎「…」

八幡(よく見ると、ハロウィン衣装ってエロいの多いな…)

八幡(なんか、俺が川崎を物色してるみたいじゃねぇか…え?通報もの?)

小町「とにかく選んじゃいましょうか?」

川崎「あ、うん、わかった」

15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:36:31.49 ID:KKJc++fS0
大志「そういえば、比企谷さんも出るのそのパーティだっけ?」

小町「小町は呼ばれてはないんだけど、出れなくはないのかな?」

八幡「いいんじゃねぇの、出ても別に」

小町「そっか~、じゃあ小町も選ぼうかな」

大志「え…?じゃあ、これとかさ…」


川崎「今日はなんか悪いね」

八幡「ん?」

川崎「あんたがここに来たのは、妹が心配だったからでしょ?」

八幡「なんだよ、わかってたのかよ」

川崎「わかるよ、あんたがあたしの衣装選びとかに付き合うわけないしさ」

川崎「由比ヶ浜たちの約束蹴ってまで」

八幡「…」

16: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:43:47.58 ID:KKJc++fS0
川崎「でも、今の状態だとそうでもなかったりする?」

八幡「…かもな」

川崎「なんか、今日のあんたってイキイキしてる感じがするし」

八幡「普段死んでてごめんね」

川崎「そうじゃなくて、大志に文句言ってるあんたの方がさ…自然っていうか」

八幡「…この4人でいるときはいつも通りかもな」

川崎「今って、少し前までとかなり変わってるしね」

八幡「そうだな」


川崎「由比ヶ浜と雪ノ下に彼氏ができたのが一番変わったこと?」

八幡「そうだな…それが一番だな」

17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:54:25.86 ID:KKJc++fS0
川崎「…一応、由比ヶ浜とSは近くで見ることもあるけどさ、まああれはなんて言うのかな」

八幡「なんかあんまり聞きたくないが」

川崎「Sの方は恋愛慣れしてる感じだけど、由比ヶ浜は初めてで浮かれてるって感じかな」


八幡「まあ、そうだろうな…」

川崎「でも、この前教室では熱心に勉強してるみたいだったよ二人で」

八幡「成績上がってるしな…」

八幡「でも、奉仕部にはあんまり来なくなったな」

川崎「そうなんだ…じゃあ、あんたはなんで行ってんの?」

八幡「お前、知ってるのか?俺がまだ奉仕部行ってること」


川崎「えっ…あ…ま、まあ…たまたま見てさ…たまたま」

18: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 15:58:24.69 ID:KKJc++fS0
八幡「俺が行ってる理由か…なんだろうな」

川崎「自分でもわかってないんじゃん」

八幡「掃除かね、あと湯呑みの手入れとか」


川崎「はあ…そうなんだ」

八幡「あと、たまに一色が来てくれたりとかな」

川崎「なんで肝心の奉仕部の面子が来ないかな…」

八幡「忙しいんだろ」


川崎「教室で勉強したり、デートしたりする時間はあるのに?」

八幡「やっぱ、そういう時間はあるのな」

19: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 16:06:56.35 ID:KKJc++fS0
川崎「あるらしいよ、この前も葉山と雪ノ下と由比ヶ浜とSの4人でダブルデートしたとか」

八幡「案外詳しいな、川崎って」

八幡(そういえば、カーストグループに一応片足突っ込んでたっけ?親睦会にもいたし)


川崎「今度のハロウィンパーティだってさ…」


結衣「あれ…?ヒッキー?」

雪乃「あら…比企谷くん?」


川崎「……」

八幡「…お、おう…」

結衣「どうしたの?こんなところで?」

雪乃「衣装選びに来たのかしら?」


八幡「お、おう…まあそんなところだ」

結衣「え、でも…今日は用事があるって」

雪乃「川崎さんと一緒にという意味ではないかしら?」

結衣「あ…そ、そうなんだ…」

八幡「ま、小町と大志のお守りみたいなもんだ」



41: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 16:30:44.56 ID:19dIn1Vg0
結衣「なんだそっか、小町ちゃん達も一緒なんだねっ!驚いたよ~」

雪乃「それでも、一見するとデートに見えなくもないわね」

川崎「なっ…違っ」

八幡「どう見たら、デートに見えるんだよ違うに決まってるだろ」

川崎「……そ、それは、違うけどさ…」

八幡「どした?」

川崎「そんなはっきり言わなくてもさ…」

八幡「あ、わ、悪い…」


結衣「あれ?これって…」

雪乃「春が来たのかしら?比企谷くんにも」

42: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 16:38:30.37 ID:19dIn1Vg0
~~~~~~~~~~

結衣「ねえ、ゆきのんはどういうの選ぶの?」

雪乃「私は…そうね…あまり露出度の高くないものを」

結衣「そっか、あたしはどうしよっかな…」

雪乃「彼からなにか言われてるの?」

結衣「うう~、露出の高いのがいいって言われてるけど…」

雪乃「彼って…特殊性癖でもあるのかしら?」


結衣「そうかも…今度のハロウィンパーティでもさ…」

雪乃「帰れないのね」

結衣「うん…多分…」

雪乃「全く…なぜか女子は全員コスチューム着用になっているし…」

結衣「あれって、絶対エッチな目的だよね…」

43: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 16:43:25.45 ID:19dIn1Vg0

川崎「比企谷ってどういう衣装にするの?」

八幡「わかんねぇけど…誰も俺のなんて楽しみにしてないしな」

川崎「…」


八幡「これとか適当に」

川崎「なにこれ?」

八幡「スクレームっていう映画のマスクだな、ムンクの叫びみたいだろ?」

川崎「見たことある気がするけど…有名?」

八幡「10年以上前だけどな」

川崎「それ被って、フードつけて行くわけ?」

八幡「俺の顔見えなくていいだろ?影のように過ごせる」

川崎「逆に目立ちそうだけど…」

44: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 16:52:29.78 ID:19dIn1Vg0
八幡「…」チラ

川崎「……」

八幡(いかん…さっきの微妙な雰囲気が尾を引いてるのか…)

八幡(川崎がどんなの着るのか気になってしまう…いや、まてまて)

八幡(よく見たら、スタイルいいな…いや、よく見なくてもスタイルいいな…まてまて)

川崎「なに?さっきから?」

八幡「いや……川崎はどれ着るんだ?」

川崎「…興味あんの?」

八幡「そりゃ…まあ」

川崎「ふ~ん」

45: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 17:06:10.27 ID:19dIn1Vg0
川崎「こ、これか…それ…」

八幡「…」

八幡(片方は…占い師か?黒色のロングスカートのフード付き…もうひとつが)

八幡(オレンジ色のウェイトレスの格好か…しかも超ミニ…エロゲで見たことある気がする)

八幡(え?なにこの差…いいとか悪いとかじゃなくて、選んだら目的バレるだろ一発で…)

八幡(少なくとも、どこ見て言ったのかわかる…)


川崎「…比企谷はさ、その…どっちがいいと思う…?」

八幡「ど、どっちでもいいんじゃねぇの?」

川崎「そういうこと聞いてるんじゃなくてさ…」

八幡(正直どっちも川崎には似合うと思うが…)

八幡(黒の衣装の方は…勿体ないな…色々と、うむ)

46: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 17:22:58.59 ID:19dIn1Vg0
川崎「…選びにくい…?」

八幡「あのな…差があり過ぎるだろ…スカートの丈が」

川崎「ま、そうなんだけどさ」


八幡「そっちの長い方にしとけば?」

川崎「やっぱりそっちかな」

八幡「短いほうは…目引くと思うぞ」

川崎「…」

八幡「お前って、俺と一緒であんまり目立つの苦手だろ」

川崎「…」

八幡「なんだよ?」

川崎「気遣ってくれた?」

八幡「そんなつもりねぇけど…」

47: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 17:28:10.76 ID:19dIn1Vg0
川崎「ま、いいや。こっちにするよ」

八幡「え…?おまえ…そっちは…」

川崎「まあ、せっかくパーティだしさ…偶にはね」


八幡(ウェイトレスの方選んだし…いやいや、見たいとか思ってませんよ?思ってないよね?)

八幡「ま、勉強ばっかしてても効率悪いしな」

川崎「そういうこと。あ、でもあんたさ、来るよね?」

八幡「え、パーティにか?行くと思うけどな」

川崎「あんた来ないと、こんなの着て行かないし…」ボソ

八幡「えっ?なんて?」

川崎「なんでもないって」

324: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 17:55:05.96 ID:9VtvaL920
結衣「ヒッキーも衣装選び終わったんだ?」


八幡「おう、まあな」

川崎「そっちも?」

雪乃「ええ、完了したわ、由比ヶ浜さんの衣装が少し大胆だけれど」

八幡「……」

結衣「や、やだ…ゆきのん…!」

雪乃「ふふ、彼氏とうまくいってるみたいね」

結衣「…し、しらない…もうっ!」

325: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 17:59:40.66 ID:9VtvaL920
八幡(こういう会話を聞いてると…)

川崎「比企谷…」


結衣「あのさ、よかったら…このあとご飯でも食べない?」

雪乃「私はもちろん構わないけれど…」チラ


八幡「…ん?」

川崎「…」


小町「あ…結衣さん、雪乃さん…」

雪乃「あら?ごきげんよう」

結衣「小町ちゃん、やっはろー!」

326: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:03:27.48 ID:9VtvaL920
結衣「小町ちゃん達もどうかな…?ご飯にさ」

小町「え…?今からですか?」

結衣「うんっ」

小町「…」

大志「あれ?比企谷さん…?」


結衣「あれ…えっと…あれ?」

八幡「お前って、空気読めなくなってないか?」

結衣「え?…そ、そんなことは…ないと思うんだけど…あれ?」


川崎「いや、絶対あるでしょ」

327: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:08:13.96 ID:9VtvaL920
小町「小町は…遠慮しておきます」

結衣「あ…そ、そうなんだ…残念だけど仕方ないよね」

小町「…」


八幡(なんか、小町から敵意が感じられるな)

八幡(空気が悪くなるのもあれだし、俺は行くか)


八幡「由比ヶ浜、どこで食べるんだ?」

結衣「えっ?えっと…あっちのレストランとか」

雪乃「前のところね」

八幡「じゃあ、俺は行くわ」

小町「お兄ちゃん…」

329: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:11:44.44 ID:9VtvaL920
結衣「え?ヒッキーは大丈夫なの?」

八幡「ま、そりゃあ…大志」

大志「は、はいっ」

八幡「小町に触れるなよっ」

大志「ら、らじゃー…です」


川崎「…なら、あたしも行くよ。いいでしょ?」

結衣「沙希も?もちろんいいよ」

雪乃「それじゃあ行きましょうか」


小町「…」

八幡(小町が心配だが…まあ大志のアホもいるしな)

八幡(あれ?それが心配でついてきたんだろ?お兄ちゃんは許しませんからねっ)

330: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:17:27.44 ID:9VtvaL920
近くのレストラン


雪乃「こうやって、奉仕部で集まるのも久しぶりね」

結衣「うん、だよね」

八幡「ま、お前ら彼氏できたしな、集まりにくくはなるだろ」


結衣「うん、そうかもしれないけどさ」


川崎「あんまり浮かれすぎない方がいいと思うけど」

結衣「えっ?」

川崎「あたし達、受験生なんだしさ」

結衣「う、うんそうだよね」

331: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:26:16.89 ID:9VtvaL920
雪乃「必要なことは私も由比ヶ浜さんもしてるつもりよ、特に問題はないでしょう」

川崎「必要なこと…ね」

八幡「…」


川崎「Sのことだけど…どういうところが気に云ったの?」

結衣「え?S君…?それは…」

八幡「おい、川崎…」

八幡(こういうのはあんまり聞きたくねぇ…)

結衣「優しいところかな?お洒落で気も合うし…一緒に居て楽しいっていうか…」

雪乃「デートも慣れている印象だったものね」

結衣「うん、欠点ていうか…あんまりなところもあるけどさ…」

333: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:34:21.16 ID:9VtvaL920
雪乃「この前も、ホテルに連れていかれてたわね」

結衣「ゆ、ゆきのんっ!」

八幡「…おいおい、こんなところで言うことかよ」

川崎「この前って、ダブルデートの時?」


雪乃「そうね」

川崎「なるほどね」


八幡「つ、つまり…彼氏は強引ってことか…?」

結衣「え?えっと…まあそういうことかな…?」

結衣「場所とかあんまり考えずにしたりとか…格好とかも…て、何言ってんのあたしっ!?」

334: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:38:43.13 ID:9VtvaL920
八幡「そんなことまでカミングアウトすんな…」

結衣「うう~、誘導尋問だよ…」

八幡「難しい言葉しってるな」

結衣「バカにすんなしっ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結衣「お腹いっぱいだよ~~っ」

雪乃「ええ、おいしかったわね」


八幡「お前ら、このあとどうすんの?」

結衣「あ、あたしは用事…あははは」

八幡(メール来てたみたいだし、彼氏のところかね)

雪乃「私も一旦、家に戻るわ」

八幡「んじゃ、俺も帰るか」

雪乃「それではここで解散しましょうか」

結衣「うん、ハロウィンは盛り上がろうねっ!」

335: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:43:04.54 ID:9VtvaL920
川崎「それじゃ」

スタスタスタ

川崎「ハロウィンは盛り上がる…か」

八幡「なんだよ?」

川崎「彼氏彼女で盛り上がるだけでしょ」

川崎「恋人いない奴が行って、どうなるか全然考えてないじゃん、あれ」

八幡「…」

川崎「しかもさ、浮かれすぎてて周り見えてないし」

八幡「まあ、俺はぼっちだからいいんだけどな」

川崎「それいうならさ…」

八幡「ん?」

川崎「あ、あたしもぼっちなんだけど……」

336: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:48:23.52 ID:9VtvaL920
八幡「お、おう…俺とはタイプ違うけどな…」

川崎「あんたがよかったら…その、当日さ…あの」


八幡「な、なんだよ…急に…」

八幡(え?なにこのラブコメみたいな波動?いやだから違うからね?)

川崎「当日一緒に行動とかさ…どうかなって」

八幡「惨めな思いを軽減するってことか?」

川崎「そ、そこまでは言わないけどさ…」

八幡(な、なんだ…?川崎が…可愛く見える…いや、美人だけどね?)

338: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:53:13.52 ID:9VtvaL920
八幡(引かれるかもしれんが…反応を見たくなるな、つい)

八幡「よし、なら当日は恋人同士ということで…よろしくな」

川崎「なっ!…こ、恋人同士とか…ば、バカじゃん…!」

川崎「で、でも……あんたがそうしたいんなら…」


八幡「…あれ?」

八幡(なんか思ってた反応と違う気もするが…あれ?ま、いいか)

川崎「あんたっていつも急だよね…以前もいきなり告白とかさ」

八幡「んん?」

川崎「それはもういいや」

339: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 18:57:30.72 ID:9VtvaL920
川崎「この後どうする?大志たちとは離れたままだし」

八幡「適当に合流するか?どっかその辺にいるかもしれんだろ」

川崎「そうしよっか」


八幡「…なんか」

川崎「…え?」

八幡「いや、なんでも」

川崎「なにさ、気になるじゃん」

八幡(なんか自然だ…自然すぎる…家族ぐるみの付き合い…)

八幡(うーむ、俺は変だな…今日は…)


八幡(雪ノ下たちと会っても、妙な寂しさは覚えなかったし…)

340: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:01:28.26 ID:9VtvaL920
八幡(これは…どういうことだろうな)

八幡(川崎とのこういう付き合いが、軽減してくれてんのか?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ハロウィン当日


カラン

八幡「うわ…仮装大会じゃねーか…仮装なんだけど」

いろは「トリックオアトリート、お菓子くれなきゃイタズラしちゃいますよ、先輩」

八幡「一色かよ…ほい」ポン

いろは「う…そんな自然に渡されても…もっとキョドってくださいよ~」

八幡「なにそれ、意味わからん」

341: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:04:59.26 ID:9VtvaL920
いろは「先輩、なにかいい事ありました?」

八幡「はあ?どういうことだ?」

いろは「顔に余裕が感じられます」

八幡「いいことね…別に」

いろは「バイト先で彼女できたとか?」

八幡「ぶっ!」

いろは「えっ?図星なんですか?」

八幡「………」

いろは「だ、誰なんですかっ?」

八幡「いや…バイト関係ねぇし、バイトはもう辞めたし」

342: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:08:29.74 ID:9VtvaL920
いろは「そうなんですか、でも彼女は?」

八幡「それも違う…彼女とかじゃないっての」

いろは「そうなんですか…はあ」


八幡「なんだよ?」

いろは「先輩に彼女ができたら、色々面白いなって思っただけで」

八幡「ん~?」


戸塚「トリックオアトリートだよ八幡っ」

八幡「おっす、俺はお前にイタズラしたい」

戸塚「うう…なにそれ…」

八幡「というか、お前らが付き合ってるのが未だに信じられん…」

いろは「あはは~色々あったんですよ、先輩」

戸塚「まあ、そうだね」

343: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:13:49.26 ID:9VtvaL920
いろは「惜しかったですね、先輩。もう少し早ければ、可愛い後輩ゲットできたかもしれないのに」

八幡「おい…」

戸塚「一色さん…八幡とホント仲良いんだから…」

いろは「もちろん冗談ですけどね」

戸塚「そういえば、三浦さんと川崎さんが探してたよ」

八幡「えっ…?三浦もか…」

---------------------------------------

川崎「トリックオアトリート」

八幡「お菓子、ほい」

川崎「ありがと…ていうか、いたずら」

八幡「え?していいのか?」

川崎「ば、バカ…なんであんたがすんのさっ!」

八幡(ウェイトレスの衣装の破壊力が想像以上にヤバい…すごい胸もお持ちでミニだし…)

八幡(一色もミニの魔女だったけど…こいつも見えそうだな…)

344: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:17:34.40 ID:9VtvaL920
川崎「ここに来てからさ、何人にも見られてるんだけど」

八幡「まあ、そんな脚出してたらな」

川崎「なんとかしてよ」

八幡「おいおい、俺に求めんのか?」

川崎「今日はあんたが彼氏でしょ?」

八幡「そういう約束だっけか」

川崎「そう、だから「人の彼女をなに見てんの?」とかさ」

八幡「おネエ言葉なんですが…」


川崎「ていうか、恥ずかしいこれ…比企谷」

八幡「いやいや、自分で選んだんだろ…」

川崎「あんたのそのムンクのマスク貸して」

345: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:20:52.30 ID:9VtvaL920
八幡「スクレームの殺人鬼な」

川崎「なんでもいいから」

八幡「ほい」

川崎「ありがと、顔だけでも隠しとく」サッ

八幡「もったいない」

川崎「なんか言った?」

八幡「いや…小町達は来なかったなそういえば」

川崎「大志もね、来にくいかも、この雰囲気は」

八幡「カップルもそうだけど…コンパ目的の男もいるしね」

川崎「そういうこと」

八幡「由比ヶ浜、S、葉山、雪ノ下の4人も向こうのカウンターにいるな」

川崎「あとで挨拶くらいしとけば?」

八幡「ああ」

346: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:25:27.41 ID:9VtvaL920
ザワザワ

八幡「…」

川崎「…」

八幡「なあ」

川崎「なに?」

八幡「なんか変だよな…殺人鬼の衣装の男と、ウェイトレスの衣装の女って」

川崎「ミスマッチ凄いよね…襲われてるみたい」

八幡「おい…俺は理性的だ」

川崎「まあ、知ってるけど」


川崎「あたし達も、普通に話すようになったよね」

八幡「そうだな…去年なんてほとんど話してないし」

川崎「あんた、あたしの名前忘れてたし」

八幡「お互いさまだろ」

川崎「かもね」

八幡「はは」

川崎「ふふ」

348: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:30:37.02 ID:9VtvaL920
八幡(なんだよ…この雰囲気…前のときもそうだったが…)

八幡(これじゃまるで…)


川崎「そういえば知ってる?」

八幡「なにが?」

川崎「今日ってコンパの役目もこなしてるらしいよ、Sのアホが言ってた」

八幡「コンパ?」

川崎「なんていうか、お持ち帰りするカップルもいるとか」

八幡「はあ…前の親睦会思い出すな…」

川崎「普段と違う衣装でする奴がいるとかさ」

八幡「そういうことかよ…コスプレですんのか…」

349: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:36:51.10 ID:9VtvaL920
川崎「この雰囲気だしね…まあ、そうなんじゃない?」

八幡(どうでもいいが、さっきから俺のマスク被ってる川崎が面白い…)

八幡(ウェイトレスの格好で顔はマスクで話すから…ギャグに見える)


八幡「大胆な衣装の奴が多いのはそういうこともあんの?」

川崎「ここの建物今日は貸切みたいだし、ホテル代わりに使うんじゃない?」

川崎「な、なんかさ……ま、いいんだけど…うん」

八幡(あ、ちょっと照れ出したな)

八幡「……由比ヶ浜もすんのかね」


川崎「さあ?なんで?」

八幡「ミニスカポリスだしな、逮捕されたい奴続出だろ」

川崎「あんたも?」

八幡「いや俺は…もうな…今、Sの奴とキスしてるぞ」

川崎「ホントだ」

川崎「由比ヶ浜に未練とかさ…残ってる?」

八幡「別に…あんま残ってない」


350: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:42:48.00 ID:9VtvaL920
八幡(残ってると思ってたけどな…なんか最近はそういうのがささいなことに思えてきた…)

八幡(原因はなんとなくわかってるけどな…)

八幡(しかし、それを認めるのは…すげぇ恥ずかしい…悶えるの確定だし)


三浦「ヒキオ…?」

八幡「あれ…三浦か?」

三浦「まあ、来るとは聞いてたけど…本当に来るとか…バカじゃん」

川崎「…」

八幡「おう…ま、奉仕部としての体裁とか色々な」

三浦「あの二人、奉仕部あんま来てないんでしょ?意味ないし」

八幡「一色とか戸塚とかも掃除してくれてるしな、意味あるっての」

三浦「そっか、まあいいんだけど」

川崎「…」

351: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:46:15.94 ID:9VtvaL920
八幡(三浦は赤い服装…結構ミニのフワフワスカート…なんだこれ赤ずきんか?)

三浦「あんたその格好なんなん?」

八幡「スクレーム」


三浦「昔の映画じゃん、それ…で、そのマスクが…こっちは誰?妹とか?」

八幡「いや、こっちは…」

川崎「あたしで悪かったね」

三浦「!あんた…!」

川崎「…」

八幡(なんだろ…一触即発な予感が…ひいっ)

352: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/12(火) 19:50:07.67 ID:9VtvaL920
三浦「あ、あんたらって仲良かったっけ…?」

八幡「え、ええと…ま、一応な…」

川崎「ちょっと、一応ってなに?」


八幡「あ、いや…」

三浦「ヒキオが一応って言ってんだからその程度ってことでしょ」

川崎「…!」

八幡「お、おい…こんなところで喧嘩体制に入るなよ…ほら行くぞ、川崎」

ギュ

川崎「あ……!う、うん…」

八幡「それじゃあな、三浦。ちょっと向こう行ってくる」


三浦「え…、まあいいけど…」


スタスタ

三浦「なにあれ…付き合ってんの…?」

642: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 10:44:51.32 ID:JTJXqGBE0
スタスタスタ


川崎「あ、あのさ…その…比企谷…」

八幡「なんだ?」


川崎「何処向かってんの?」

八幡「とりあえず、雪ノ下達のところだけど」

川崎「挨拶…?」

八幡「まあな」

川崎「そっか…あ、あのさ…」

八幡「どうした?」

川崎「その…あの…さっきから手つないでるんだけど…」

八幡「あ…っ、悪い…」パッ

川崎「いや…別にいいんだけどさ…」

643: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 10:52:45.15 ID:JTJXqGBE0
八幡「…」

川崎「あっ…」

八幡(うわ…気まずい…どうすんのこれ?)


川崎「あんたってさ…三浦と仲いいの?」

八幡「あーしさんか?仲良いっていうかだな、最近は電話とかもしてるか…」

川崎「電話って…そんなことしてんだ。そういえば、この前電話交換してたしね…」

八幡「か、勘違いすんなよ?ただ、近しいなんかがあるからな…シンパシーというか」

川崎「あんたとあいつが?どういうこと?」

八幡「ほら、三浦は葉山とな…」

川崎「あ…そっか…」

八幡「で、俺は奉仕部のあいつらと離れたわけだしな…そういう意味では近い環境だっただけで」

644: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 10:55:24.58 ID:JTJXqGBE0
川崎「なんか立ち入ったこと聞いちゃったね、ごめん」

八幡「いやいいっての…気にすんなよ」

川崎「わかった…じゃ、じゃあさ…あ、あたしもさ…」

八幡「なんだ?」

川崎「今度あんたに電話するから…いいでしょ?」

八幡「えっ…そ、そりゃいいけど…」

川崎「じゃ、じゃあよろしく…」

八幡「お、おう…」

八幡(やばい…ラブコメの波動待ったなし……!)

645: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 10:59:56.52 ID:JTJXqGBE0
川崎「それじゃ、由比ヶ浜のところ行く?」

八幡「おう…って、そのマスク被って行くのか?」

川崎「まあ、なんとなくね」


八幡「その格好気に入ってないか?」

川崎「確かに、気に入ってるかもね」

八幡「外から見たら面白いけどな…ウェイトレスにスクレームのマスクって…」


川崎「ほら、行きなよ」

八幡「ああ…て、なんか緊張するな…」

川崎「なんで?由比ヶ浜に来たって言うだけでしょ?」


646: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:03:36.76 ID:JTJXqGBE0
八幡「そうだけどな…彼氏もいるしな」

川崎「別に挨拶するだけじゃん」

八幡「おう…よし、行くか」


スタスタ


八幡「よう、由比ヶ浜」

結衣「えっ?ヒッキー、来てたんだ」

八幡「さっきだけどな」

結衣「寝坊してたんでしょ?」

八幡「まあ、そうとも言うな」

結衣「そうとしか言わないし…」

S「……」

八幡(うわ…露骨に迷惑そうな視線かましてますね、S君…)

647: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:06:46.24 ID:JTJXqGBE0
雪乃「比企谷くん?遅いわよ?」

八幡「悪いって…別に奉仕部の活動じゃねぇんだからいいだろ」

雪乃「こういうのも遅れずに来るのが重要なのよ」

八幡「へいへい」


葉山「やっ、比企谷」

八幡「おう」


結衣「えっと…そっちのウェイトレス?の子ってもしかして…」

川崎「ま、あたしだけどさ」

結衣「やっぱり…すごい格好だね…あはは」

八幡「いや、お前も人のこと言えないけどな」

648: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:10:33.21 ID:JTJXqGBE0
結衣「えっ?そうかな~?」

八幡「婦警って…エロいし、ビッチに見える」

結衣「だ、誰がビッチだしっ!…もうっ!」


S「…」

八幡(彼氏の前で言うことでもなかったか…そろそろ退散しよう)

八幡「それじゃあな由比ヶ浜、雪ノ下。俺向こう行ってくる」

結衣「う、うん…またねっ」

雪乃「ええ」

スタスタ

649: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:14:07.92 ID:JTJXqGBE0
川崎「ねえ、比企谷」


八幡「ん?なんだ?」

川崎「よかったね、なんか余裕そうで」

八幡「意味が分からんけど…?」

川崎「前の親睦会はさ、なんか余裕がないように見えてたけど…」

川崎「今回は、自然に振る舞ってたじゃん」

八幡「ああ…かもな」


川崎「やっぱり、心境の変化でもあった?」

八幡「あったとは思うが…あんまり認めたくない…」

川崎「えっ…?なんで?」

八幡「いや、その…すげぇ恥ずかしいことになるしね…」


川崎「?」

650: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:18:41.28 ID:JTJXqGBE0
八幡「……」ポリポリ

川崎「心配だったんだ、色々とさ」

八幡「マジか?」


川崎「ほら、あんた奉仕部のことで色々悩んでるみたいだったし」

川崎「この前の親睦会もさ…凄い無理してたでしょ」

八幡「そうだな…あの時は格好いいこと言ったりしてたが…」

八幡「正直きつかったな…それを忘れる為に無理に言ってたと思う」

川崎「ハロウィンも少しだけ心配だったけど、取り越し苦労だったみたいだね」


八幡「まあ、そうだな…川崎っ」

川崎「なに?」

八幡「その…えっとな…あ、ありがとな…」

川崎「…!…い、いや…べつに…お礼言われることじゃないし…」

川崎「あたしが勝手に心配してただけだしさ…」

651: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:22:06.21 ID:JTJXqGBE0
八幡「それでも…お礼は言っておきたくてな…まあ」

川崎「う、うん…、じゃあ…受けとっておく…」

八幡「言葉受け取るってのも、良く考えたら変だよな…」


川崎「まあ、確かにね」

八幡「ははははっ…」

川崎「あははっ……」

八幡(気まずいが…いい感じだな…これはもう…認めないとな……)

八幡「俺は…」

川崎「……

652: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:28:02.90 ID:JTJXqGBE0
川崎「……?どうしたの?」

八幡「…なんでも」

川崎「…はあ」


いろは「せんぱ~~いっ」

戸塚「八幡」


八幡「ん?戸塚と一色か」

いろは「川崎先輩もこんにちはです」

川崎「うん」

戸塚「川崎さん…なんかすごい格好だね…かわいいけど」

川崎「えっ…!?…か、可愛くないし…!」

戸塚「え、可愛いと思うけど…ねえ八幡?」

いろは「そうですね、スタイルいいですしっ」


川崎「……あ、あんたは?」

八幡「な、なにが…?」

653: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:32:41.12 ID:JTJXqGBE0
川崎「良く考えたら、一緒に衣装買ったのに、ちゃんと感想聞いてないから」

八幡「か、感想かよ…?」

川崎「そう、感想…」


八幡「…えっとな、似合ってると思うぞ…かわいいな…」

川崎「……あ、あそ…わかった…」

八幡「おい…マスク被るなよ…どうしたんだよ…?」

川崎「な、なんでもない…!」


いろは「すっごいいい雰囲気ですね~~

戸塚「多分、川崎さんは真っ赤だろうね、だからマスクしたんだよ」


川崎「……っ!!」

八幡「好き勝手言ってんなよ…ったく…はあ…」


654: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:38:02.68 ID:JTJXqGBE0
ワイワイ

結衣「…」チラ


結衣(ヒッキー達のところも楽しそうだな~)

S「結衣…さっきから比企谷ばかり見てないか?」

結衣「えっ?あ、ごめんS君…そんなつもりじゃないんだけど…なんの話だっけ?」

S「……受験終わったら旅行でもどうかなって話だよ」

結衣「あ、旅行の話だったね、あはは~いいと思うよっ」


雪乃「上の空と言った感じね」

葉山「俺たちで行くのかい?」

S「4人で行った方が楽しいと思うしね」

葉山「しかし、俺たちだけというのもな…」

S「そうかい?あまり多くてもどうかと思うけど…」

葉山「それはそうかもしれないが」

655: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:45:12.77 ID:JTJXqGBE0
雪乃「葉山くん」

葉山「なんだい?雪乃ちゃん?」

ぎ乃「少し葉山君もグループを蔑ろにしてるかもしれないわね」


葉山「…」

雪乃「私も、比企谷くんを蔑ろにし過ぎてたかもしれないわ」


葉山「雪乃ちゃん…?」

雪乃「最近、そう思うようになってきたの」

葉山「……」

雪乃「奉仕部にも随分かよっていないし」

雪乃「少し、改めた方がいいかもしれないわね」

葉山「そうか…なら、俺も今度戸部や優美子を誘って出かけてみるよ」

雪乃「ええ、それがいいわね」

656: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/13(水) 11:49:21.28 ID:JTJXqGBE0
S「そういえば、結衣さ」

結衣「えっ?なに、S君…?」

S「今日はそのコスプレ着たままでいいからね?」

結衣「え…?あ…っ」

S「ね?」

結衣「……S君…あのさ、やっぱり…」

S「結衣っ」

結衣「…う、うん…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ザワザワ

三浦「なんか帰る奴多くなってきてない?」

三浦「もしかして、お持ち帰り?マジで?」

三浦「見つかったら、退学もんだってのに…よくやるしっ」

675: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 10:47:14.17 ID:i5zYvn/R0
結衣「あれ?優美子?」

三浦「結衣…?」

結衣「なんか、帰る人も増えていってるかな?」

三浦「まあ、元々あんたとかSの主催だし」

三浦「あーしら以外は、ついでに来たってのも多いっしょ」

結衣「優美子…ありがとね、今日は来てくれて」

三浦「ん~?別にお礼なんていらないけど、結衣の頼みだし?」

結衣「うん…もしかしたら来にくいかなって…」

三浦「…」

結衣「ほら、隼人くんのことがあるしさ…」

677: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 10:59:24.03 ID:i5zYvn/R0
三浦(あ、気遣ってくれたかな?)

三浦「別にさ、隼人のことは…一応見切りつけたつもりだし、3か月前に」

結衣「そうなんだ」

三浦「まあそりゃ、最初はきつかったけど」


結衣「うん…そうだよね…」

三浦(そういえば結衣もだっけ…ヒキオのことで)

三浦(好きなのに、雪ノ下さんのこともあって言えなくて…)

三浦(そんな三角関係が続いてたんだっけ)

三浦(で、Sと知り合ってそっちにある意味逃避した?)

三浦(なんつーか、不器用っていうか…)

678: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 11:03:55.13 ID:i5zYvn/R0
三浦「Sって変態なんでしょ」

結衣「え…あっ…ちょっと…」

三浦「このあと、Sとすんの?そのコスプレで」

結衣「え…ま、まあ…あはははっ」

三浦「気を付けてやんなよ、見つからないようにねっ」

結衣「う、うん…」

三浦「しっかし警官のコスプレって…結衣さ~」

結衣「え?え?だめかな?似合わない?」

三浦「いや、めっちゃ似合うけど~なんていうか…」

三浦「Sが喜びそう…」

679: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 11:06:31.23 ID:i5zYvn/R0
結衣「あはは…優美子も似合ってるよ~それ、赤ずきんちゃんだっけ」

三浦「ほんと?嬉しいし」

結衣「誰かに見せるつもりなの?」

三浦「いや…そんなことは…」

三浦「そういえば、感想聞いとけばよかったし」


結衣「えっ?どうしたの?」

三浦「なんでも…そうだ、あーし用事思い出したから行ってくる」

結衣「うん、それじゃあね」

685: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 19:55:16.88 ID:xNDEWcO10

川崎「あ、もうこんな時間だ」

八幡「そろそろ帰る時間か?」

川崎「そんなに急ぐわけでもないけどさ」

八幡「…か」

川崎「か?」


八幡「…か、彼氏としては…送る必要が…あるとかないとか…」

川崎「…ば、バカ…っ!」

八幡「今日はそういう設定だっただろ?」

川崎「そうだけど…店の中だけじゃないの?」

八幡「そ、そうか…」

川崎「う、うん…」

八幡「………」

川崎「………」

686: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 19:58:57.49 ID:xNDEWcO10

いろは「うわ…戸塚先輩」

戸塚「なに?」

いろは「あの二人すごいですよ…!」

戸塚「いい雰囲気だよねっ」

いろは「それもありますけど…お持ち帰りコース確定じゃないですか~」

戸塚「ちょっとちょっと…それはマズイって」

いろは「まあ、先輩にいきなりそこまでする余裕はないと思いますけど」


戸塚「…八幡が元気になったのも、彼女のおかげみたいだね」

いろは「やっぱりそう思います?」

いろは「奉仕部に掃除に行ってた時は元気なかったんですけど」

687: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/14(木) 20:03:24.04 ID:xNDEWcO10
戸塚「早く付き合えばいいと思うけどなっ」

いろは「そうですねっ」

戸塚「うんっ、もどかしくていいんだけどさ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雪乃「もうそろそろ終わりの時間かしら?」

葉山「ああ、一応俺たちも受験生だしね」


雪乃「なら、帰る準備をしてくるわ」

葉山「わかった、ここで待ってるよ」


スタスタ


葉山「ここの上の階を使う人もいるみたいだけど…」

葉山「やっぱり、彼女のマンションに行くか」

708: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/15(金) 10:56:32.12 ID:IsdxgTSa0
結衣「ねえ、ゆきのん」


雪乃「あら、由比ヶ浜さん…まだ着替えてないの?」

結衣「うん、まあね」

雪乃「…S君とするのね…はあ」


結衣「あはははは…」

雪乃「比企谷くんも近くにいるのよ?いいのかしら?」

結衣「そ、それは…えと…」

雪乃「…ねえ由比ヶ浜さん、少しいいかしら?」

結衣「なに?ゆきのん?」

709: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/15(金) 11:07:09.81 ID:IsdxgTSa0
雪乃「私たち、比企谷くんとはこれ以上の関係にはならないって決めたわよね?」

結衣「うん…そうだね」


雪乃「それで、私は葉山くんと、あなたはS君と付き合ったわ」

結衣「うん」

雪乃「でも…よく考えてみて…本当によく」

結衣「……ヒッキーを蔑ろにしちゃってたかな…」

雪乃「そうね」


結衣「そうだよね…部活にもあんまり顔出せなくなってたし…」

雪乃「少し彼氏を優先して浮かれすぎてたところがあるわね、わたし達」

結衣「…わかってるよ、それは…でもさ…」

雪乃「由比ヶ浜さん…?」

710: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/15(金) 11:15:33.10 ID:IsdxgTSa0
結衣「ヒッキーはさ…あたしとゆきのんどっちも選ばなかったから……」

結衣「ゆきのんとの三角関係みたいになってさ…あたし想いも言えずに、きつくて…」

雪乃「そういう節はあったかもしれないわね…」

結衣「その時にS君と出会って…最初はそっちに逃げて…身体の関係になって…」

雪乃「由比ヶ浜さん…」

結衣「忘れることができたし、すっごく楽しかったよ?」

雪乃「…」

結衣「ゆきのんと隼人くんの関係とはまた少し違うと思うけど…」

雪乃「私も似たようなものよ」

結衣「ヒッキーはさ、悩んでも仕方なかったと思うよ?今にして思うと」

雪乃「由比ヶ浜さん…それは本音?」

結衣「……」


711: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/15(金) 11:20:47.97 ID:IsdxgTSa0
結衣「今日ずっとヒッキーのこと見てたけど…」

雪乃「…なに?」

結衣「沙希とさ、楽しそうに話してたよ。なんていうか、恋人同士みたいに」

雪乃「そう…相性良さそうだものね」


結衣「それに…沙希だけじゃなくてさ…優美子も」

雪乃「…」

結衣「いろはちゃんや、彩ちゃんも加わってさ…なんか楽しそうだった」

雪乃「不思議なコミュニティね」


結衣「うん…ヒッキーも元気みたいだし」

712: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/15(金) 11:26:16.40 ID:IsdxgTSa0
雪乃「比企谷くんも前に進めてるみたいね、なによりだわ」

結衣「うん…」


雪乃「由比ヶ浜さん、少し自重していきましょうこれからは」

雪乃「浮かれるのは、このくらいで十分でしょう?」

結衣「ゆきのん…」

雪乃「私たちも今のコミュニティを大事にする必要があるのだし」


結衣「今のコミュニティか…うん」

雪乃「ええ、言いたいのはそれだけよ。私は葉山君を待たせてあるから…これで」

結衣「またね、ゆきのん」

スタスタ

結衣「あたしが得たコミュニティって…どのくらいの価値なんだろ…?」

747: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 13:43:02.77 ID:9iWPa7hP0
川崎「あのさ、送ってって言ったらしてくれんの?」

八幡「え?なんだよ急に、嫌じゃねぇのか?」


川崎「嫌なんて一言も言ってないじゃん」

八幡「そ、そうか…」

川崎「どうなの?」

八幡「いや…そのくらいいいけど」

川崎「じゃあ、お願いするよ。着替えてくる」

八幡「えっ、気がえるのか?」

川崎「当たり前でしょ、この格好で出歩けって言う気?」

八幡「ま、まあ…そうだな…」

748: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 13:51:03.32 ID:9iWPa7hP0
八幡(なんか…もったいない…いやいや)

八幡(俺マジでどうしたんだ?欲求不満か…?)

八幡(いやいや、俺に限ってそんなことありえないしね?)


八幡(ということはあれか?もっと川崎のウェイトレス姿をみたいという願望…いやいや…)

いろは「せんぱいせんぱい」クイクイ


八幡「あ、なんだよ?引っ張るなよ」

いろは「この後暇なら、ご飯でもどうですか?」

八幡「…戸塚も来るのか?」

いろは「戸塚先輩も来ますよっ」

八幡「そうか…まあ、行くか」

749: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 13:54:14.09 ID:9iWPa7hP0
いろは「あれ?もっと即答するかと思ったんですけど…」

八幡「ん?ああ…それは、川崎送る約束もあったしな」

いろは「ああ~、そういうことですか」

八幡(ん?待て待て…戸塚よりそっち優先しかけたのか?俺は…)


八幡(やっぱり今日の俺はおかしいな…風邪かもしれん)


いろは「川崎先輩も来れないですかね~」

八幡「そればかりは聞いてみないとな」

いろは「ていうか、送りオオカミになるつもりだったんですか?先輩」

八幡「なに言ってんだ…」

750: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 14:17:57.31 ID:9iWPa7hP0
ワイワイ

三浦「……なんか話してるし」

三浦「……」


川崎「え?レストラン行くの?」

八幡「ダメか?嫌なら、一色にもそう言うけど」

川崎「別に行ってもいいよ、時間もまだ大丈夫だし」

川崎「今から帰って作るのもね」

八幡「そういや、料理得意なんだよな」

川崎「普通くらいにはね」

八幡「専業主夫志望の俺には羨ましい限りだ」

川崎「あんたもできるんでしょ」

八幡「俺のはまだまだ微妙過ぎるしな」

751: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 14:23:05.13 ID:9iWPa7hP0
三浦「…なんか…」

三浦「いや、別にヒキオなんて気にならないし…」

三浦「いや、なんでそもそもヒキオ見てんのよ…」


戸部「あんれ、優美子じゃん?どしたん?」

三浦「あれ、戸部…」

海老名「ヒキタニ君見てたかな?」

三浦「見てないし…あんたらもう帰んの?」

海老名「まあ、翔くんもさ…テンション下がったとかで」

戸部「いやいや、ここでやるとかマジ冷めるわ…よくみんなできるわ~」

三浦「やってる奴って一部でしょ」

戸部「そういうわけだから、先に帰るわ。隼人くんにも言ったし」

三浦「わかった、海老名送ってやんなよ?彼氏っしょ」

戸部「わかってるって~」

海老名「じゃあ、待たね~」

752: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/16(土) 15:11:28.38 ID:9iWPa7hP0
戸塚「とりあえず、場所変えようか?」

いろは「そうですね、そうしましょうか」

川崎「由比ヶ浜達に挨拶は?終わった?」

八幡「さっき軽くな」

いろは「いつのまにしてたんですか?」

八幡「いや…なんか急いで奥の方に行ったけどな」

川崎「…」

戸塚「…」

いろは「なるほど…」


八幡「なんだ…?」

いろは「とにかく行きましょうか、聞きたくない声とか聞こえちゃうとあれなんで…」

八幡「はあ?」

773: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 00:33:03.76 ID:mUK+cLRm0
三浦「待ちな、ヒキオ」

八幡「ん?三浦…?」

川崎「……」


三浦「あんたら、これからご飯行くって?」

八幡「聞いてたのかよ…」

三浦「まあね…あーしも行きたい…てか行くしっ」

川崎「あんた、由比ヶ浜たちと帰るんじゃないの?」

三浦「いや、帰んないし」

川崎「まあ、それならいいかもだけど」

三浦「つーかさ、なんで上から目線?」

川崎「は?」

三浦「は?」


八幡「怖いからやめてくれませんかね…」

774: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 00:36:48.15 ID:mUK+cLRm0
戸塚「あ、ははっ、仲良さそうでいいんじゃないかな…」


三浦「よくないしっ」

川崎「まさかっ、よくないでしょ?」


戸塚「ひっ…」

八幡(ハモった…)

いろは「とにかく、帰りましょうかっ」

八幡「おう…」


「…ああん…あああ……」


いろは「……うわ…」

三浦「げっ…」

川崎「……っ!」

戸塚「喘ぎ声…」

八幡「うわ…聞こえてきたな…」


775: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 00:48:36.48 ID:mUK+cLRm0
いろは「ていうか…結衣先輩の声…?」

八幡「……よし、帰るか」スタスタ

川崎「あ…比企谷っ」スタスタ


戸塚「由比ヶ浜さんかな…これは…」

いろは「と、とにかく行きましょうか…はは」

三浦「つーか、あいつ…なんか正妻ポジってやつ?なにそれ…」




結衣「ああっ…!…S君…だめぇ…っ!…はあはあっ…!」

S君「絶対に許さないよ、結衣っ…あんなに比企谷のこと見つめてっ」

結衣「うんっ…そ、そんなつもりじゃ…っ!…あんっ!」

S君(そうだよ、あくまであいつは嫉妬心を呼び覚ます相手でしかないんだ…なのに…)

S君(なんだ…?この感情は…!…くそっ)

S君「とにかく、今日は何回戦でもしてやる…君が誰の物か分からせてあげるよっ」パンパン


結衣「あんっ!…S君…っ!あ…っ!…くっ……うんっ!…は、はあああっ!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

776: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 00:54:50.11 ID:mUK+cLRm0
次の日


八幡「眠い…」スタスタ

八幡(昨日の出来事はなんか夢のような…変な感じだな、急に現実に戻ったみたいか)

八幡(まあ、ハロウィンパーティ自体がファンタジーだしな…)

八幡(なんか知らんが、川崎と一日恋人関係とかわけわからんことになったし…)

八幡(あと喘ぎ声…いやいや、なんでもないな、うん)


八幡「それにしても…ああいうの聞いても、結構冷静だな俺は…」

八幡「少し前なら、もっと動揺したような気がしたが…」

八幡「ハロウィンに行くだけでも動揺してたと思うが…」


八幡「ちょっとは前に進めてんのかね…俺も」


スタスタ

川崎「お、おはよ…」

八幡「あ…か、川崎…よ、よう…」

川崎「う、うん……」

川崎「……」

八幡(なんか…川崎の顔をまともに見れないんですけど…いつも通りの制服だが…)


786: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 09:03:31.46 ID:QKxWOz2O0
川崎「昨日は…色々すごかったね」

八幡「確かにな…なんか夢のような」

川崎「あたしも…あんな風にみんなで過ごしたのって久しぶりだしさ」


八幡「ま、俺もだな…」


川崎「…こ、声とか聞こえるし…」

八幡「ばっかお前…思い出させるなよ…恥ずかしくなるだろ…!」

川崎「なに想像してんのよ…ば、バカ…!」


八幡「と、とにかく行こうぜ…」

川崎「そ、そうだね…」


スタスタ

787: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 09:07:32.01 ID:QKxWOz2O0
結衣「…う~…腰が重い…もう…S君は…」

スタスタ

結衣(なんだろう…?なんだか虚しい……)

結衣(あたしがS君と一緒になって…ヒッキーのグループと離れて…)

結衣「それで手に入れたものって……なんなんだろ?」


結衣「悩まなくてもよくなったこと…?でも、それなら…S君じゃなくても…」

結衣「…なんだか、愛されてるって感じがしなくなってきたし…」


A子「おはよ~結衣~」

結衣「えっ?あ、やっはろ~」

A子「どうしたの?元気なさそう」

788: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 09:11:57.36 ID:QKxWOz2O0
結衣「うん…ちょっとね…」

A子「あ?もしかして、昨日がんばり過ぎた?」

結衣「うう……」


A子「わたしも参加したけどさ、S君としてたんだ~」

結衣「ま、まあ…あはは」

A子「S君て実際どうなの?人気あるけどさ~」

結衣「変態…かな」


A子「うわ…なんかその一言でイメージが…」

結衣「昨日もコスプレで何回もされたし…もう…」

A子「結衣も大変だね…」

789: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 09:16:10.66 ID:QKxWOz2O0
A子「そういえば、あっちはどうなの?」

結衣「あっちって?」

A子「ほら、比企谷だっけ?」


結衣「ヒッキーがどうかしたの?」

A子「付きまとわれてるんじゃないの?そういう話もあるよ?」

結衣「え~?なにそれっ!?」

A子「同じ部活ってだけで、なに勘違いしてるんだって感じだけど」

結衣「違うよ…ヒッキーは…」

A子「違うの?」


結衣「付きまとわれたんじゃなくて…あたしが離れて行ったんだよ…それだけ」

A子「ふ~ん、まああんな奴からは離れた方がいいよねっ」

790: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 09:21:12.37 ID:QKxWOz2O0
A子「なんかいつも一人で気持ち悪いし」

結衣「…違うよ」

A子「えっ?」

結衣「ヒッキーは一人なんかじゃないよ、たくさんの人に慕われてるし、目立たないだけで…むしろ…」

せ衣(今は、あたしが一人かも……)


A子「結衣…まあ、いいや。ねえ、今度さ買い物行かない?」

結衣「買い物?」

A子「なんかさ、わたしの彼氏の知り合いが結衣のこと可愛いって言ってたんだ~」

A子「大学生なんだけどさ~」

結衣「え、ええ~~っ!?」

A子「見たところ、S君とも微妙な感じみたいだしさ…会ってみるだけでも…どうかな?」

結衣「う、う~ん…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

802: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 13:52:52.59 ID:QKxWOz2O0
雪乃「葉山くん、今日は私奉仕部で勉強してから帰ろうと思うの」

葉山「雪乃ちゃん…」

雪乃「由比ヶ浜さんもだけれど、私もずいぶん奉仕部へは行ってなかったから」


葉山「どういう心境の変化かな?やっぱり昨日のこと?」

雪乃「別にそれだけではないけれど」

雪乃「昨日の比企谷くんを見て…そう思ったのは確かね」

葉山「そうか…じゃあ、今日は先に帰るよ」

雪乃「ええ、ごめんなさい」

葉山「別に構わないよ、俺も久しぶりに戸部でも誘ってご飯でも行こうかな」


雪乃「そうね」


803: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 13:59:20.09 ID:QKxWOz2O0
奉仕部

川崎「お邪魔しますって…なんか、質素だね…」

八幡「まあな…ポットとか湯呑みとか…あとは茶菓子とかそんなもんしかないしな」


川崎「たまに掃除してんの?」

八幡「おう、手伝ってもらって悪いな」

川崎「いや、それはいいんだけど…ていうか、あんまりすることなさそうだけど」

八幡「ま、一応な。ほい、ちりとり」

川崎「うん」


サッサッサッ


八幡「……」ガタガタ

川崎「なんか似合ってるね、あと手慣れてる」

八幡「ま、家でもやってるしな…」

川崎「…台所に立つ男と、掃除のできる男はモテるって聞いたことある」

八幡「マジで?俺モテまくりじゃん……なんてな」


804: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:04:01.91 ID:QKxWOz2O0
川崎「…昨日のあんた見てたら…違和感ない気もするけど…」

八幡「はあ?なにが?」

川崎「…なんでも」


八幡「あっそ」

川崎「今日もあの二人来ないの?」

八幡「さあな…別にいいだろ。季節考えたら部活なんてとっくに終わってんだから」

川崎「まあ、そうだけど…別に活動してなくても、前は受験勉強してたんでしょ?」

八幡「そうだな…お前からも前に聞いたけど、彼氏としてるんだろ」

八幡「正直、ここでする必要もないしな」

川崎「あんたの思い出の場所なんだよね…?」

八幡「ああ」

川崎「だからあんた、まだ来てたんだ…それで掃除とかしてさ」

川崎「また3人で揃うの待ってたんじゃないの?」

805: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:09:09.49 ID:QKxWOz2O0
八幡「…前はな…」

川崎「前は?」

八幡「今は…ちょっと違うな」


川崎「えっ?違うんだ?」

八幡「これ言うのは…すげぇ恥ずかしいんだけどな…その…」

川崎「う、うん…」


八幡「最近は…寂しさとかは薄れてきてるっていうかな…ささいなことに感じてきた…」

八幡「まあ、俺も自分の心境を変えれたってことだと思うが…」


川崎「な、なにが言いたいわけ…?」

八幡「つまりな…お、俺の心境を変えてくれた人物がいるわけで……そいつといると、自然に振る舞えるし」

八幡「だからいつもの俺を保てて、いつのまにかそれが普通になったんだろうな…」

806: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:14:36.81 ID:QKxWOz2O0
川崎「ちょ、ちょっと待ってよ…!…そ、それって…」

八幡「まあ、もうわかってると思うが…川崎だな」


川崎「……っ!!!」

八幡(うわ…死ぬほど恥ずかしいぞ…これ…小町に聞かれたら大変だな…)

八幡(すげぇからかわれるな…)


川崎「…あっ…そ、そう…へ、へえ……」

八幡「川崎…顔が真っ赤だぞ…」

川崎「なっ……だ、誰のせいよっ!ばか…っ!…も、もう……!」


八幡「悪い…お前の迷惑考えてないな…」

川崎「……」

川崎「別に、迷惑じゃないって」

八幡「…そ、そうか…?」

807: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:26:38.94 ID:QKxWOz2O0
川崎「あたしもさ……そう言ってもらえて…むしろ嬉しいから…」

八幡「お、おう…」


川崎「……」

八幡(川崎顔が赤すぎるな…目背けてるし…こうして見ると…やたらと可愛い気がする)

八幡(今までで一番かわいく見えてるな…これは…恋?はっ!なにを言ってるんだ俺は…!)


川崎「あたしがしたことってさ、コスプレ衣装一緒に買いに行ったりとかそんくらいだけど…」

八幡「スタジエールとかも色々あったけど…そういや、そんなもんだな…」

川崎「昨日は…一日彼氏だったけどさ…」

八幡「おう…そう考えると…一日っていうのは短いな…」

川崎「そ、そうだね…一日っていうのはあんまりだよね…じゃ、じゃあさ…」

八幡「も、もうちょっと延長するか…?」


川崎「あ、あんたが良いなら…あんたと過ごすの楽しそうだし…」

八幡「変に気遣わなくて済みそうだしな…」

808: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:32:26.84 ID:QKxWOz2O0
川崎「ど、どのくらい延長すんの…?」

八幡「そ、それは…今後考えるとして……」

川崎「わかった…じゃあ、これからよろしく、比企谷…」

八幡「おう…俺の方こそ…」

川崎「……」


八幡(マジか…なにこれ?とんとん拍子に話が進んだぞ…?)

八幡(しかし、まあ…いいか…こういうのも…)

八幡「なんというか…色気ない展開だな…これ」


川崎「……」

八幡「おい…なんか言えよ…」

川崎「は、恥ずかしくて何もいえない…」

八幡「そ、そうか…ま、まあ…」

809: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:47:51.35 ID:QKxWOz2O0
ガラ

雪乃「あら、比企谷くんと…」

八幡「雪ノ下…?」

川崎「……」

雪乃「川崎さんもいたのね…ごめんなさい」

八幡「川崎は掃除を手伝ってくれたんだよ」

雪乃「そういえば綺麗に整理されているわね…そう、あなたが」

川崎「いまさら来たんだ…」

雪乃「……ごめんなさい…」

川崎「比企谷は、一人でこの思いでの場所を守ってたみたいだよ」

雪乃「そうね…」

八幡(実際は一色達もだけど…今は言わないでおくか…)

川崎「あの…比企谷…今日はあたし先に帰るね…」

八幡「マジか?」

川崎「色々気持ちの整理つけないと…今あんたと帰ったら…ホント大変なことになりそうだし…」

810: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/17(日) 14:51:54.05 ID:QKxWOz2O0
八幡「わ、わかった…じゃあ、また明日な」

川崎「うん…明日ね…」スタスタ

雪乃「…あっ…」チラ


川崎「……」スタスタスタ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


八幡「ほい、お茶」

雪乃「ありがとう…あら?新しいわね」

八幡「まあな、俺の好みで選んでた」

雪乃「おいしいわね、ありがとう」

八幡「なんか変だな、俺がもてなす側とか…座ってる位置も逆だ」

雪乃「そうね…あのころとは…逆になったみたいなものね…」

八幡「…」

823: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 01:09:52.56 ID:cCoGQTi30
雪乃「比企谷くん…川崎さんとは?」

八幡「ついさっきな…ほんとさっき、付き合うことに…」

雪乃「あら、おめでとうと言えばいいかしら?」


八幡「おう…ありがとう?」

雪乃「なぜ疑問形なのかしら…」

八幡「わかんねぇ…」

雪乃「相変わらずね、あなたも」

八幡「お前もな」


八幡「しかし、急だな?なにかあったのか?」

雪乃「どうしてそう思うの?」

八幡「俺がお前の立場だったら、なにかあれば奉仕部に来るかなと思ってな、例えば葉山と」

824: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 01:31:26.09 ID:cCoGQTi30
雪乃「葉山くんとは特に仲が悪くなったとかはないわ」

八幡「ならいいんだが」

雪乃「ただ、きっかけはハロウィンかしら?」

八幡「ん?」


雪乃「魔法が解けたみたいな感覚ね…」

八幡「魔法かよ…また、なんというか…」

雪乃「少し浮かれすぎてたわ…ごめんなさい…」

八幡「雪ノ下…」

雪乃「あなたや奉仕部のことを蔑ろにし過ぎていたわね…この数か月間」

雪乃「本当にごめんなさい…」

八幡「別にいいっての…お前だって悩んで前に進んで行ったんだろ?」

八幡「それなら…しょうがないだろ、俺はずっと囚われてたしな」

825: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 01:39:23.94 ID:cCoGQTi30
雪乃「お互い自分で決めたことだから、と言いたいのかしら?」

八幡「まあ、そんなところだ。お前は離れて、俺は残っただけだ」

雪乃「でも、由比ヶ浜さんも同じことをしたけれど…あまり、いい噂にはなってないわ」


八幡「マジか?まあ、想像はつくが…」

雪乃「彼氏を作って、さっさと離れて行ったと思われてるわね…」

八幡「ああ…まあ、そうなるか…」

雪乃「彼女は私と違って顔が広いから…そういう噂になりやすいのよ」

八幡「お前も有名だろ?」

雪乃「でも友達はいないから…せいぜい葉山君を奪ったという噂が出るくらいね」

八幡(由比ヶ浜は確かに噂になりやすそうだな…相手も転校生でイケメン…なかなかネタにしやすい)


826: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 01:46:54.32 ID:cCoGQTi30
雪乃「しかも相手が…S君だから」

八幡「あいつ、あんまり良くないのか?」

雪乃「そうね…あまり…盛り過ぎてる気がするわ」

八幡(由比ヶ浜が相手だし…それはわからんでもないけど…)

雪乃「何を妄想しているの?」


八幡「な、なんでもねぇよ…」

雪乃「本当かしら…あやしいわ…」


八幡「とにかく、Sの奴は注意が必要ってことだろ」

雪乃「話を逸らしたわね…」

八幡「おい…」

827: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 02:00:49.20 ID:cCoGQTi30
八幡「とにかく、俺が言いたいのは…前も似たようなこと言ったけど…」

雪乃「…」

八幡「3人だけの関係で終わらなくてよかったってことだよ」

雪乃「比企谷くん…」

八幡「前の親睦会の時は…無理して言ってるって自分でも思うが…」

雪乃「今はどうなの?」

八幡「自信持って言えてる…て程ではないか」

雪乃「でも前に進めたのね、それを後押ししてくれたのが川崎さんでしょう?」

八幡「そうだな…」


雪乃「でも…あなたはいい方向に前に進んだみたいだけれど…」

雪乃「私や、由比ヶ浜さんがそうとは限らないわ」

八幡「おいおい…葉山のこと信じてないのか?」

雪乃「そうではないけれど…」

828: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 02:10:27.05 ID:cCoGQTi30
八幡「俺と川崎の関係だってどうなるかわからないんだし、信じて進めよ」

雪乃「そうね…そうなのだけれど…」

雪乃(最近感じている…私や葉山くん、S君や由比ヶ浜山のコミュニティ…)


雪乃(なんだか…ひどく脆い…まるで外見だけのような身体だけの関係みたい…)

雪乃「ごめんなさい、早いかもしれないけれど、今日は帰るわ」

八幡「そうか、鍵は閉めて行くから気にすんなよ」

雪乃「わかったわ、お任せするわね」

スタスタ

雪乃(駄目ね…これ以上彼といると…また甘えたくなってしまう…)

雪乃(信じられないわ…私はまだ比企谷くんのこと…)


雪乃(葉山くんの近くにいるよりも安心してる自分がいるわ…)

雪乃(比企谷くんから離れた先の道しるべが…こんなにも脆い道だなんて…)

スタスタ

831: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 03:46:03.11 ID:cCoGQTi30

A子の彼氏「M、由比ヶ浜て子のことどう思うんだよ」

M「可愛い子やと思ったわ、でも彼氏もちなんやろ?」

彼氏「らしいけど、どうもうまくいってないらしいよ」

M「ふーん、そうなんか…」

彼氏「だから狙ってみたらどうだ?彼女いないんだろ?」

M「まあな…ええかもしれんけど…」


彼氏「A子がセッティングしてくれるからさ」

M「わかった、参加してみるわ」


832: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 03:58:38.55 ID:cCoGQTi30


八幡「小町~~っ、風呂空いたぞ~」

小町「わかった~~」


ガチャ

八幡「ふう…」

ピルルルルルルル

八幡「あれ、電話か…て、三浦かよ…」

八幡「はい…」

三浦「3秒ルール…」

八幡「いや、もういいだろそれ…」

三浦「まあ、いいけど…昨日はどうだった?」

八幡「どうって…楽しくはあったけどな…」

三浦「あそ、あーしはあんたが面白かった」

八幡「なんだよ、それ…」

833: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 04:04:01.61 ID:cCoGQTi30
三浦「スクレームの衣装もそうだけど…一日彼氏とか」

八幡「はあ…あれはだな…」

三浦「レストランではやたらウケたしっ」


八幡「くそ…一色達にも笑われたしな…八幡、人間不信になりそう…」

三浦「拗ねんなっての、まあ元気みたいだしいいんじゃない?」

八幡「ん?そうか?」

三浦「まあ…あんたも前に進めたみたいでさ」

八幡「三浦…コンビニの時は斜め下に行ってたからな…」

三浦「あれ意味無さ過ぎ…労働して忘れてるだけだし…」

八幡「受験生だしな」

三浦「あんたの場合、人とのつながりで和らげないと駄目だったみたいだし?」

八幡「それは…そうだな…」

834: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 04:09:52.89 ID:cCoGQTi30
八幡「三浦は?前に進んだのか?」

三浦「あーし?…あ~あ、誰か失恋したあーしを支えてくれる人いないかな…同じ境遇の人で」

八幡「な、なんだよ…突然…」


三浦「別に最初は同情とかでもいいからさ~」

八幡「おいおい…同情って…」

三浦「…」

八幡「……」


三浦「鈍感な奴ってキモい」

八幡「ひでぇ…」

三浦「あーしのさ、ハロウィン衣装どうだった?」

八幡「えっ?」

三浦「だから、感想聞いてんの」

835: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 04:15:50.86 ID:cCoGQTi30
八幡「ええとな…良かったと思うぞ…うん」

三浦「でしょ?あーし、お買い得じゃん」

八幡「……」


三浦「あんたのこと3か月くらい見てきたんだけど…結構、電話とかもしたよね?」

八幡「…」

三浦「デートはしてないけど」

八幡「…」

三浦「なんとか言えっての…」

八幡「…すまん」

三浦「…なんでよ?あんた、まだ結衣たちのこと…」

八幡「いや……川崎と、付き合ってるからな」

三浦「…でも、1日だけの恋人だって…昨日は…」

八幡「今日延長になった…」


三浦「…なにそれ…」

836: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/19(火) 04:21:26.83 ID:cCoGQTi30
八幡「悪い…三浦」

三浦「ま、いいけど…死ぬほどからかってやるし」

八幡「いやいやいや、勘弁してくださいよ…」


三浦「恋人期間延長っていうのがもう既に臭いし」

八幡「やめろって…悶えたくなるだろ…!」

三浦「どうせ、顔真っ赤にしてたくせに…ああ、恥ずかし~」

八幡「うう……」


三浦「…それじゃ、ヒキオ。あーしはもう寝るっ」

八幡「おう…またな…」

三浦「ふんっ」プッ


八幡「…え?なにこれ…?俺はモテ気か…?モテ気なんですか…?」


859: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:28:20.65 ID:4a5OmJQl0
それから次の日

スタスタ

八幡「なんかあんま眠れなかったな…眠い」


川崎「…あ、」

八幡「あ…」

川崎「おはよ…比企谷」

八幡「おはよう…」

川崎「…」

八幡(昨日と同じで気まずい…いや、しかし…昨日と決定的に違うことがあって…)

八幡「行こうぜ」

川崎「…!…うん」


スタスタ

860: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:34:14.94 ID:4a5OmJQl0
教室


川崎「なんかさ」

八幡「どうした?」

川崎「こうやってさ、一緒に教室入るだけでも新鮮な感じ」


八幡「そんなもんか?」

川崎「あたしの世界、昨日から変わりまくったんだけど…大志にはかわかわれるし」

八幡「言ったのかよ…」

川崎「なんか表情に出てるって言われた」

八幡「俺はまだ、小町には言ってないぞ」

川崎「すぐバレルでしょ?あんたの妹、勘が良さそうだし」

八幡「ま、そうなんだが…はあ」


川崎「付き合ってるんだよね、あたし達」

八幡「お、おう…そうだな…」

861: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:39:47.17 ID:4a5OmJQl0
川崎「じゃあ今度の日曜日にでもさ…どっか連れて行ってくれると嬉しいかも」

八幡「…川崎からそんな言葉が出るとは…」

川崎「こういうのは男から言ってくれるんじゃないの?」


八幡「俺にそれを聞くか?彼女なんて今までいなかったのに…」

川崎「あたしもよくわからないけからさ…」

八幡「わかった、駅前とかでよければ適当に行くか」

川崎「なんか凄い適当なデートだけど…ま、いいか」

八幡「それなりに真面目にやるっての」

川崎「わかった、それでいいよっ」

862: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:43:48.24 ID:4a5OmJQl0
三浦「なんか仲良さげに話してるし…本当に付き合ったんだ」

三浦「…」

結衣「どうしたの、優美子?」

三浦「結衣?ううん、なんでもないって」

結衣「そう?」

三浦「それより今度、大学生と出かけるって本当なん?」

結衣「え、うんそうだよ?A子とその彼氏さんも来るし…ただ遊びに行くだけだけど」

三浦「でも、Sには内緒でしょ?」

結衣「うん…それはね」

三浦「まあ、あんなアホに言う必要ないと思うけど…なんか、結衣に対する態度もあれだし」

863: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:47:52.06 ID:4a5OmJQl0
結衣「…」

三浦「でも一応恋人なわけだしさ」

結衣「…それは」


三浦「ちゃんと節度もってやりなよ?最近の結衣ってなんか危ういから」

結衣「そ、そうかな…?」

三浦「うん、危うい」

結衣「わかった、気を付ける」


川崎「それじゃあ…楽しみにしてる」

八幡「おう…わかった」

八幡(いきなりハードル高いイベントだな…おい…)

864: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 16:55:05.49 ID:4a5OmJQl0
奉仕部 

ガラガラ

八幡「あっ…」


雪乃「あら、比企谷くん…ごきげんよう」

八幡「なんか久しぶりに聞いたな、その台詞」

雪乃「ごめんさない、先に入らせてもらってたわ」

八幡「元々ここの部長なんだし当たり前だろ」

雪乃「…ええ…」


八幡「しかし…ここっていつまで使えるのかね」

雪乃「先ほど平塚先生に聞いてみたのだけど…特に期限はないようね」

雪乃「図書室のように使用していいとのことだわ」

八幡「卒業まで使えるのか…」

雪乃「そうなりそうね」


八幡「由比ヶ浜は相変わらず来ないか…」

雪乃「そうね、あなたが呼べばすぐ来ると思うけれど」

八幡「それ意味ないだろ…」

865: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 17:00:46.14 ID:4a5OmJQl0
雪乃「川崎さんは今日はいないの?」

八幡「用もないのに、奉仕部に来る気はないってよ」

雪乃「あら、意外に冷たいのね」

八幡「ここ密室だしな…恋人が二人っきりはマズイだろ…色々と」

雪乃「…ああ、そういうこと…確かにそうね」

八幡「俺が連れ込んだみたいにとられるのも嫌ってことで、校門で待つってさ」

雪乃「待たせてるの?」

八幡「俺もすぐ帰るつもりだったしな、今日は」

雪乃「そうなの…そういえば、S君が」

八幡「あいつがどうかしたのか?」

866: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/20(水) 17:13:19.47 ID:4a5OmJQl0
雪乃「この場所を使いたがっていたわ」

八幡「はあ?なんでだよ?」


雪乃「由比ヶ浜さんと勉強するのが目的みたいだけれど…」

八幡「絶対違うだろ…」

雪乃「そうね…本当の目的なんて目に見えているわね」


八幡「由比ヶ浜はなんて?」

雪乃「あまり強く言えなかったみたいだから…私が断ったわ」

八幡「そうか…」


雪乃「万が一、奉仕部でそんなことがあったんて思ったら、ゾッとするわね…」

八幡「確かにな…Sの奴…怖すぎるだろ…」

雪乃「彼は学校の成績などで、周囲を味方につけてるから…」

雪乃「堂々とハメを外せるんでしょうね」

894: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 19:23:51.11 ID:9ygUR7QX0
八幡「えっ何?ここってそこまで勉強至上主義か?」

雪乃「一応進学校だもの、S君もそこはわかってるのよ」


八幡「…あいつの場合、表で勉強や人間関係はちゃんとして…」

八幡「裏でハメ外してるのか」

雪乃「そうね…正直、最近はS君の近くにいるのが苦痛になってきてるわ」

八幡「お前は別に大丈夫なんじゃないか?問題は由比ヶ浜だろ?」


雪乃「葉山くんといると、彼の傍にいることも増えるわ」


八幡「…」

895: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 19:28:10.95 ID:9ygUR7QX0
雪乃「ただの愚痴になってきてるわね、気にしないで頂戴」

八幡「おう…」

雪乃「今日はここまでにしましょうか、葉山くんを待たせてあるし」

八幡「お前も待たせてたのか」



雪乃「待ってくれてるの、今日は」

八幡「んじゃ、ここで解散するか」

雪乃「ええ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


校門近く

川崎「あっ…比企谷…」

八幡「よ、よう…川崎…待たせて悪い」

川崎「いいって、あたしが勝手に待ってただけだしね」

八幡「…行くか」

川崎「そうだね、行こっか」


896: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 19:35:31.90 ID:9ygUR7QX0
スタスタ

八幡「…」

スタスタ

川崎「…」

スタスタ


川崎「ねえ…」

八幡「なに?」

川崎「なんか、話さないの?」

八幡「……」

川崎「こ、恋人でしょ、あたし達さ」

897: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 19:43:32.14 ID:9ygUR7QX0
八幡「そんなはっきり言うなよ…恥ずかしいだろ」

川崎「だって事実じゃん」

八幡「まあ、そうなんですけどね…」


川崎「て、手とかさ…つないだりとかさ」

八幡「つなぐのか…?他の奴に見られるぞ?」

川崎「いや?ならいいけど…」

八幡「いや、嫌じゃねぇよ」

ギュウ

川崎「あっ……!」

八幡「これでいいか?」

川崎「うん」

898: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 19:50:53.26 ID:9ygUR7QX0
スタスタ

川崎「今日、三浦があんたのこと見てたよね」

八幡「…は?マジか?」


川崎「マジで」

八幡「お、おう…そ、そうか…」

川崎「なんか、ちょっとだけ不安になってさ…まあ」

八幡「それで、手つないでると…」

川崎「…」

八幡(わかりやすい奴…)


八幡「川崎」

川崎「な、なに?」

八幡「飯でも食って帰るか」


川崎「!…うん、そうしよ」


八幡「それじゃ、行こうぜ」


899: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 20:02:57.88 ID:9ygUR7QX0
レストラン


川崎「そっか、雪ノ下は戻ってきたんだ」

八幡「今日はな」


川崎「いつもみたいに話せたの?」

八幡「どうかな…俺に気遣ってるのか、棘がないな」

川崎「気まずいんでしょ、多分」


八幡「…」

川崎「ここ数か月は、あんた一人に負担かけてさ自分たちは、彼氏と楽しんでたんだしね」

八幡「お前も結構言うよな…」

川崎「あいつらが親睦会に呼んだ頃から、違和感は感じてたけどね」


川崎「あれって、彼氏彼女が楽しむ場だしさ…三浦も呼ぶ必要なかったと思うし」

901: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 20:12:24.82 ID:9ygUR7QX0
八幡「雪ノ下は、今のコミュニティに違和感感じてるみたいだけどな」

川崎「違和感?」


八幡「おう、薄い氷のような関係で、春が来たら溶けてしまいそうだって」

川崎「上手い例えかもね、つまり卒業と同時に別れそうってことでしょ?」

八幡「そうなるな…しかし、S達もか?」

川崎「いや、あっちは…卒業までもつかわからないでしょ」


八幡「そんなにかよ?由比ヶ浜と最近話してないから知らんけど」

川崎「身体だけの関係っていうのは前から思ってたけどね」


八幡「身体だけ…か」

川崎「由比ヶ浜も…なんでこうなっちゃったんだろ」

八幡「ん?」

川崎「あたしが夜のバイトしてる時に、乗り込んで来たの去年だよ?」

八幡「スタジエの時のあれか」

902: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 20:21:21.80 ID:9ygUR7QX0
川崎「あんた変な格好で来てたけど…」

八幡「悪かったな…あれは、軽く黒歴史だ」

川崎「あん時もそうだし、今年のバレンタインとかさ…仲良かったじゃない、3人とも」


八幡「…あの時まではな」


川崎「あの時だよね?他校の生徒から、チョコあげる云々言われたの」

八幡「よく覚えてんな…」

川崎「鼻の下伸ばしてたしねあんた。あ~やだやだ」

八幡「まてまて、誤解だ…まあ、それより…」


八幡「3年になってからだな…正確にはSが現れてからだけど」

903: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 20:28:15.36 ID:9ygUR7QX0
川崎「奉仕部を現状維持にして、3人とも別々の恋人作ろうってなったんだっけ」

八幡「結果的にはそうだな…俺だけ乗り遅れたけど」


川崎「あんたを蔑ろにする必要は微塵もない気がするんだけど…」

八幡「いや、まあ親睦会とかにも呼ばれたしな」

川崎「比企谷の気持ちを汲んでないじゃん、結構ひどいことな気がするけど」

八幡「…」


川崎「前も言ったかもだけど、あの時どうしようもない寂しさとかあったでしょ?」

八幡「…かもな」

川崎「比企谷、辛そうに見えたしね」

904: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 20:37:23.49 ID:9ygUR7QX0
八幡「あいつら、部活にも来なくなったしな…だんだん」

川崎「だからさ、雪ノ下が今さら来ても、なんか変じゃない?」

川崎「こんな季節だし、部活なんてやってないしさ」


八幡「それはそうだけどな…」

川崎「謝るんなら、もっと違うやり方があると思うけど」

八幡「…コミュニティの関係にも悩んでるし、心に余裕がないんだろ」

川崎(あたしは、雪ノ下が比企谷に近づこうとしてるように見えるけど…)

川崎(これは言わない方がいいかな)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽乃「ひゃっはろ~、雪乃ちゃん」

雪乃「姉さん…なにをしてるの?マンションの前で」

葉山「陽乃さん…」

陽乃「こらこら、また連れ込もうとしてたな~?ダメだぞ~?」

雪乃「まったく…もう」

陽乃「雪乃ちゃん、ちょっと話があるんだよね」

雪乃「…?」

葉山「じゃあ、俺は帰るよ。積もる話かもしれないし」

陽乃「さっすが隼人っ!話がわかるっ」

914: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 21:26:57.49 ID:9ygUR7QX0
雪乃「また連絡するわ」

葉山「よろしく頼む」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マンションの中


雪乃「それで、姉さん?話というのはなにかしら…」

陽乃「ダメだぞ、雪乃ちゃん。学生の身で彼氏を家に連れ込むなんて」

雪乃「…それは…」

陽乃「母上様に知られたら…どんな摂関が待ち受けているか…」

雪乃「母上様って…なんなのその呼び方…」


陽乃「というのは冗談で、母さんも心配してるらしくてね」


雪乃「…そうなの」

陽乃「まさか隼人と付き合うことになるなんてね~」

雪乃「…別に不思議なことではないでしょ?私たちの家系は普通の家系とは少し違うし」

陽乃「いやいや、何々家って言っても時代が時代だしね~政略結婚なんてはやらないし」


雪乃「私はそういう意味で彼と付き合ったわけじゃないわ」




915: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 21:36:38.52 ID:9ygUR7QX0
陽乃「仲直りするために付き合ったの~?それも違うんじゃない?」

雪乃「姉さんはどこまで知ってるの…?」

陽乃「うふふ、比企谷くんを忘れるために付き合ったで間違ってないよね~?」


雪乃「……」


陽乃「肯定っていうことでいいの?」

雪乃「最初はそうだったわね……由比ヶ浜さんのこともあって、奉仕部の関係が壊れるのが怖くて…」


雪乃「それで、彼から目を背けるように違う世界へ足を踏むいれて…」

陽乃「それが隼人だったわけね」

雪乃「彼は受け入れてくれたわ、私を」


陽乃「な~んか中途半端に付き合ったね~」

雪乃「…そうね、でも彼との生活も悪くなかったわ…楽しかった」

陽乃「ま、隼人エスコートは得意だし…雪乃ちゃんも引っかかったか」

雪乃「その言い方はないわ、葉山くんは昔の確執も忘れて付き合ってくれたのよ」

陽乃「あら?けっこう庇うんだ、意外」

雪乃「…彼氏だもの」

916: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 21:42:49.54 ID:9ygUR7QX0
陽乃「でも、今は比企谷くんに傾きつつあるって感じ?」

雪乃「彼との関係がやっぱり薄いものだって気づいてきてるの…」

陽乃「なるほど~つまり、比企谷くんはわたしが貰えばいいっていうことね?」


雪乃「えっ?なにを言ってるの?」

陽乃「うんうん、多分比企谷くんも、奉仕部の二人に裏切られて大変だろうからね~」

雪乃「比企谷くんには彼女がいるわよ…」

陽乃「あら?それは残念…ということは、雪乃ちゃんの想いも届かないか」

雪乃「…」

陽乃「というより、これじゃ隼人がかわいそうだね~」


雪乃「……」

920: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 21:49:50.67 ID:9ygUR7QX0
陽乃「雪乃ちゃん」

雪乃「なにかしら?」

陽乃「ここに男連れ込んだことが世間に知られたらどうなるか…わからないわけじゃないよね?」


雪乃「…それは」

陽乃「雪乃ちゃんがどんな気持ちだったかはわからないけど、母さん達に迷惑かけるのはダメだよ?」

陽乃「親不孝者になっちゃうし」

雪乃「…ごめんなさい」


陽乃「しばらく、隼人から離れること」

雪乃「えっ…それは…姉さん」

陽乃「あんまり隼人には任せたくないしね~色々と」

雪乃「……」

陽乃「嫌がらないところ見ると、隼人との関係もその程度だったか」

雪乃「…そうね…私から彼にも言っておくわ」

陽乃「お願いね~聞かなかったら、私も言うから安心していいよ~」

雪乃「怖いわよ…姉さんなんだか…」

925: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 21:58:39.44 ID:9ygUR7QX0


川崎「比企谷、ごちそうさま…」

八幡「おう…て、割り勘だけどな…」


川崎「大志いわく、そういうの男として情けないってさ」

八幡「おいおい、マジでか」

川崎「あたしはそうは思わないけどさ」

八幡「なら、助かる…ま、また今度は奢るし…できるだけ」

川崎「うん…デートのときとかね」

八幡「おう…その時にでも…」

川崎「わかった、また連絡してよ」

八幡「そうする、じゃあな」


川崎「ばいばい」


八幡「……デートかよ…そういえば、前に一色の奴としたっけ…?いや、あれは…」

八幡「まあ、ああいう感じでいいのかね…参考にさせてもらうか…いや、しかし…」

926: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 22:04:49.61 ID:9ygUR7QX0
それから…次の日曜日


A子「集まったね~っ!」

彼氏「4人てことは…ダブルデートか?」

結衣「ええっ…デートなんですか…?」

M「いや、まあただ遊んでるだけやろ」

結衣「あ、あははそうですよね…」

M「君がえっと…結衣ちゃんでいいんかな?よろしくな」

結衣「はい…M先輩でいいんですよね?」

M「そうそう」


A子「M先輩、結衣の外見に一目ぼれしたんですよね~?」

結衣「えっ…」

M「アホ…結衣ちゃん、困惑しとるやろ…可愛い思ったんは事実やが」

927: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 22:11:17.71 ID:9ygUR7QX0
結衣(うわ…はっきり言う人だな…あたし目の前にいるんだけど…)

彼氏「大胆な奴…」

M「いやいや、まあそんなんいいからどっか行こかっ、時間勿体ないやん」

A子「じゃあ、どこに行きます~?この辺だったら、ゲームセンターとか近いかも?」

彼氏「じゃあ、とりあえずそこにしようか」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カコーーーン


A子「うわー、エアホッケーだ~、久しぶり~」

彼氏「まだこんなのあるんだな…懐かしい気がする」


結衣「……えっと…」

M「結衣ちゃん」

結衣「は、はい」

M「ほい、飲み物買ったで」

結衣「あ、ありがとうございます…」

M「ええよええよ」

929: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 22:15:21.98 ID:9ygUR7QX0
M「ゲーセンなんて結構久しぶりやな」

結衣「そうなんですか?」

M「中学の時は結構嵌ったけど…格闘ゲームとか」

結衣「補導拳!でしたっけ?」

M「ん?…いや、多分それは違うな…惜しいけど…」

結衣「え…あ、あ、そうですか…」


M「いや、ええねんけどねっ」

結衣「…」

M「なあ、結衣ちゃん」

結衣「はい?なんですか?」

M「君、彼氏おるんやって?」

930: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/22(金) 22:23:40.32 ID:9ygUR7QX0
結衣「…はい、いますけど…」

M「やっぱそうなんか…ということは」

M「あんまりこういうのは、いい顔されへんやろ?」

結衣「そうですね…バレちゃうと、マズイかも…あははっ」

M「バレるって言ってないんか?」

結衣「はい…その、言いだしずらくて…」


M「…そうか~、あんましうまく行ってないみたいやな…A子から聞いてるけど少しは」


結衣「あはは…そうかもしれないですね…」

M「ふ~ん、そっか」

結衣「M先輩は彼女いないんですか?」


M「俺?おらんけど」


結衣「そうですかっ」

944: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:01:35.70 ID:+j1QDhl50
その頃~


川崎「ねえ、比企谷」

八幡「ん~?」

川崎「あれさ、食べてみたい…」


八幡「ケーキかよ、意外だな」

川崎「そうかな?」

八幡「あんまり食べるイメージとかないけどな」

川崎「あたしだって一応女だしねっ」

八幡「いや、どこから見ても女だけどねっ」


「ありがとうございました~」


八幡「川崎、ショートケーキでよかったか?」

川崎「うん、ありがと」


946: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:08:08.10 ID:+j1QDhl50
川崎「あっ、おいしい」パクパク


八幡「…なんか新鮮な光景だな」

川崎「そう?可愛い彼女の新鮮な表情見れて、役得でしょ」

八幡「それはあるかもな」

川崎「ちょっ!納得しないでよ…恥ずかしくなるじゃんっ」

八幡「冗談で言ったのかよ…」

川崎「当たり前でしょ…もう」


八幡「でもま、川崎が楽しんでくれればこういうのもいいな」

八幡「まだ、食べ歩きしかしてないが」

川崎「あたし長女だしさ、今まであんまり甘えてこなかったっていうか…」

川崎「そういう意味では、比企谷とこうして出かけてるの楽しいよ」

947: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:16:04.32 ID:+j1QDhl50
八幡「お前、甘えてんの?」

川崎「わかんないけどさ、あんたは頼りになるし…甘えたくはなるかな」

八幡(マズイ…なんか甘えてこられたら、理性が効かなくなりそう…)

八幡(大丈夫だよな…大丈夫…)



川崎「あ、でもさ…比企谷だけに負担かけさせるとか考えてないから」

八幡「ん?負担?」

川崎「いや、ほら…ケーキもそうだけど…費用だして貰ってるしさ」

八幡「そういうことか、別に気にしなくていいけどな、バイト代も貯めてたし」

川崎「そういえばあるんだっけ、まあそれとは別にさ…考えてあるから」

八幡「お、おう…わかった、なんだかよくわからんけど任せる」

川崎「うん、任せてよ」

948: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:21:34.36 ID:+j1QDhl50
---------

八幡「それで…この後、どうする?」

川崎「映画見る予定なんだっけ?」

八幡「そうだな、まだ時間あるし違うところ行くか?」

川崎「ゲームセンターとか…」

八幡「ゲーセンかよ…」

川崎「ほら…プリクラ撮りたいし…」

八幡「おいおい…なんで…?」


川崎「携帯に貼れるでしょ」

八幡「待て待て…そんなことする気かっ!?」

川崎「いいでしょ、別に…いや?」

八幡「そ、そんなことはねぇけど…」

川崎「な、ならいいでしょ…行こうよ」

八幡「…はい」

949: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:26:37.56 ID:+j1QDhl50
ガコーーーーン


M「うおっ、負けたしっ!」

結衣「やった~、勝った~!」


M「やるな、結衣ちゃん。エアホッケーうまいやん」

結衣「あはは、ありがとうございますっ」

M「んじゃ、次どうしよか…」

結衣「そうですね…あれ?二人は?」

M「はぐれてもうたな…どっか行ったんちゃうか」

結衣「え…どうします?電話します?」


M「そうやな」

-------------------

950: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:33:42.76 ID:+j1QDhl50
結衣「どうでした?」

M「なんか二人で別の場所回ってるみたいやわ、そっちも適当に回れ言われた」

結衣「え~、どうしましょうか…」

M「まあ、結衣ちゃんが嫌じゃないんならどっか行く?」

結衣「あたしは別に大丈夫ですけど…」

M「ならそうしよか…」


川崎「えっと…結構いいの撮れたかな?」

八幡「俺は引きつってるな…川崎は…」

川崎「あ、あたしは…?」

八幡「可愛い」

川崎「なっ…あ、あそ…」

川崎「あんたも面白い顔だけどね」

八幡「それ褒めてないよな…」

951: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:41:04.48 ID:+j1QDhl50
結衣「あ…ヒッキー…」

八幡「あれ…由比ヶ浜?」

川崎「あれ、こんなところで何してるの…て」


M「ん?どないしたんや?」

結衣「あ…い、いえ…」

M「…」


八幡(なんだこれ?由比ヶ浜がS以外の男と…はあ…)

川崎「……」


結衣「あ、あのね…?これは…その…」

M「遊びに来てるだけやで?他の連中とはぐれてもうてな」

八幡「はあ…」(年上か?なんかそんな気が)

川崎「別にどうでもいいけどさ…」

結衣「沙希…」

952: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:45:47.20 ID:+j1QDhl50
M(なんや、複雑な感じがしよるな…フォローしてやりたいけど)

M(どういう関係かわからんし…迂闊に言葉に出すと逆効果かもな)


川崎「Sに知られたらさ…なんか色々あるだろうし」

結衣「うん…わかってるよ…」

川崎「わかってないと思うけど…」

川崎「わかってるなら、奉仕部に顔出すでしょ…少しは」

結衣「…」

八幡「おい…川崎っ」

川崎「ごめん…言い過ぎた」

結衣「ううん…沙希の言う通りだよ…」

八幡「由比ヶ浜」

結衣「あのさ、二人って…」

八幡「ああ、付き合ってる」

結衣「そっか…そうなんだ…」

953: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 12:56:35.43 ID:+j1QDhl50
川崎「ま、そういうことだからっ」

結衣「うん…」

M「…話、終わった?」

結衣「あ、はい」

M「ほんなら行こかっ」


スタスタ


八幡「まさか、こんなところで由比ヶ浜に会うなんてな」

川崎「だよね、ちょっと驚いた」

八幡「川崎お前…敵意むき出しって感じだったな…」


川崎「一応言いたいこともあったしさ…」

八幡「そうか…」


川崎「あと…」

八幡「なんだよ?」

川崎「比企谷、あんた…由比ヶ浜のこと好きだったでしょ?」

八幡「ななっ!なに言いだすんだよ…いきなり…!」

川崎「すごい動揺してるし…図星だったの?」

八幡「待て待て、川崎さん?根もないことなんですが…」



954: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/23(土) 13:00:53.14 ID:+j1QDhl50
川崎「どうだか…ほら、映画館行こっ」ギュウ

八幡「ちょ…おい、川崎…」

川崎「なに…?」

八幡「な、なんでも…」

川崎「ならいいけど…」ギュウ


八幡(腕組んでくるし…胸の弾力が…いや、それよりも)

八幡(これ、誰かに見られたら…もう泣きそうになるな)

川崎「ほら…早く歩いてよっ…その、さ…」

八幡「わかってる…」(川崎の奴も恥ずかしそうだな…)


スタスタ

969: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:11:35.48 ID:O3md2Q8/0
近くの喫茶店

M「ふ~ん、なんかちょっと複雑なんやな~」

結衣「はい…」


M「いやでも、さっき余計なこと言わんでよかったわホンマ。元々あの男のことが好きやったんやな」

結衣「えっと、えっと……はい」

M「いやそんな照れられても…ま、いいわ」

結衣「…あたし、どこ歩いてるかわかんなくなってきちゃって…ホントに」

M「悩んでるときに、優しくされたら好きになるかもな…忘れられるし」

結衣「S君ですよね…?」

M「そうそう、俺も似たようなことあったし…でもな…彼氏がな」

M「あんま悪く言いたくないんやけど…」

結衣「いえ、はっきり言って頂いたほうがいいです」

970: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:16:47.74 ID:O3md2Q8/0
M「外見とかはいいんかもしれんけど…さすがに中身がヤバいやろ」

結衣「う…」

M「ハロウィンパーティやったっけ?そこで結衣ちゃんがされたことはな…」


結衣「あははは…」

M「笑いごと違うで?無理やり過ぎやし、嫉妬し過ぎやし」

結衣「無理やりだとは思いましたけど…やめてくれなかったし…」

M「見つかったら終わりやしな…せめてホテルやろ…いや、それもあかんけど」

結衣「す、すみません…」

M「いや、別に責めてるわけじゃないよ」

971: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:23:40.22 ID:O3md2Q8/0
結衣「あたし、流されてますかね…」

M「流されとるな…このダブルデートも流された結果と違うか?」

結衣「それは…そうかも…」

M「ま、ええわ。それより、彼氏のことやけど」

結衣「はい…あたし、もうどうしたらいいのかわかんなくて…友達には今日ここに来てるのバレたらマズイって言われたし」


M「まあ、その彼氏やったらキレるかもな…また寝かせてくれへんで」

結衣「うう…もう、無理やりは嫌なんです…」

M「これ以上関わると、暴力とかに発展するかもしれんからな~」

結衣「……」

M「あと、さっきの奴とも仲直りしたいんと違うか?」

結衣「あ…はい…ヒッキーとも仲直りしたいです」

M「ヒッキーて…でな、結衣ちゃん」

結衣「はい」

972: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:28:24.75 ID:O3md2Q8/0
M「行動するんは君やで?決めるんも君や」

結衣「先輩…」

M「俺と結衣ちゃんなんて今日会ったばかりやし、これ以上のことは言われへんしな」

M「流されるのが嫌や思うんなら…こっからは自分で歩き」

結衣「……はい」


M「あ~でもな、こうして会えたんもなんかの縁やし…」

M「S君の方は…助けてあげられるかもしらんな」

結衣「そ、そうですか…?」

M「うん、とりあえず今後どうするかよく考えっ」

結衣「わかりました、ありがとうございますっ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


975: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:36:06.08 ID:O3md2Q8/0
近くのレストラン


川崎「映画だけどさ」

八幡「おう」


川崎「さすがに迫力あったね」

八幡「3Dだし、さすがに凄かったな」

川崎「ていうか、俳優がほとんど昔の俳優そのまま使ってるのがさ、すごいって思ったよ」

八幡「当時は俺たち生まれてないけどそうらしいな」


川崎「ところで…ここの支払いも比企谷でいいの?」

八幡「心配するな、それくらいの金はある」

川崎「でも、さっきの映画代もけっこうしたしさ…」

八幡「元々、今日は俺の奢りだろ」

川崎「そうだけど…これは腕によりをかけないとね」

八幡「なにが?」

川崎「明日わかると思うよ」

979: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:44:27.48 ID:O3md2Q8/0
「ありがと~ございました~」

カラン


川崎「食べた食べた」

八幡「俺も久しぶりに腹いっぱいだ」

川崎「ありがと比企谷、ごちそうさま」

八幡「おう」


川崎「このあと…どうしよっか?」

八幡「もうけっこういい時間だしな…」

川崎「じゃあさ…帰る?」

八幡「そうするか」

川崎「わかった、そうだプリクラだけど…ちゃんと貼ってある?」

八幡「スマホの裏に…恥ずかしいんですが…」


川崎「あたしも同じだしさ…いいでしょ」

八幡(絶対人には見せられないな…一色とかが見そうで怖い…)


八幡「じゃあ、帰るか…えっとな…送っていくぞ」

川崎「う、うん…ありがと…」


八幡「手…」

川崎「うん…」


スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



980: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:54:54.85 ID:O3md2Q8/0
それから…次の日 学校


三浦「え…?結衣、マジで?」


結衣「うん…そうしよっかなって…」

三浦「そっか~、まあいいんじゃない?」

結衣「優美子もそう思う?」

三浦「あーしは、あんた程あいつのこと知らないけどさ…変態なんでしょ?」

結衣「…」コク


三浦「しかも嫉妬深くて、ハロウィンであんなことするんならさ…あーしは無理」

結衣「そうだよね…」

三浦「でも大丈夫なん?あいつ納得すんの?」


結衣「それはわからないけど…自分で決めたことだからさ…」

三浦「結衣…よし、あーしも応援するし」

結衣「優美子?」

981: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 15:58:02.69 ID:O3md2Q8/0
三浦「あーしも近くに行ってあげる」

結衣「え…そ、そういうこと…あ、ありがと…」

三浦「うん、任せなってのっ」


結衣「あはは…」


雪乃「……由比ヶ浜さん、ちょっといいかしら?」

結衣「ゆきのん?どうしたの?」

雪乃「いえ、少し話せるかしら?」


結衣「うん、いいけど…」

982: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 16:05:41.86 ID:O3md2Q8/0
校舎の隅

雪乃「そう…S君と別れるつもりなのね」

結衣「うん、放課後に言う予定なんだ」


雪乃「…大丈夫なの?彼が納得するとは思えないけど…」

結衣「う~ん、ちょっと怖いかな…」

雪乃「あなたに危害を加えたりは…」

結衣「そこは大丈夫だと思うけど…助けてくれる人もいるし」

雪乃「そうなの…なんなら比企谷くんにも…」


結衣「ダメだよ…」

雪乃「由比ヶ浜さん?」

結衣「ダメ…ちゃんとけじめつけてからじゃないと…ヒッキーに助け求めるなんて…」

雪乃「…そうね、失言だったわ」

結衣「そういえば、ゆきのんも隼人くんとさ…別れたの?」


雪乃「いいえ、でも少し距離をとるように言うつもりよ」

984: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 16:40:26.82 ID:O3md2Q8/0
雪乃「私も葉山君も…少し反省しないと…」

結衣「ゆきのん…」


雪乃「気を付けてね、由比ヶ浜さん…」

結衣「うん、ありがとう」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼休み


八幡「なあ、川崎…」

川崎「なに?」

八幡「これはなんだ?」


川崎「なにって…お弁当だけど」

八幡「それはわかるんだけど…なんであんの?」

川崎「あんたの分作ってきただけ、昨日のお礼ってわけじゃないけどさ」

八幡「いや…豪華すぎるでしょ…」

川崎「けっこうがんばったよ」

八幡「だろうな…俺も少しは料理するから…わかるぞ」

985: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 16:46:49.33 ID:O3md2Q8/0
川崎「とにかく食べてよ」

八幡「待て、教室で食べるのか?」

川崎「いいじゃん、別に」


八幡(視線がなんか気になるな…)


三浦「なにあれ…」

八幡(あーしさんが見てるような気が…)


川崎「ほら、比企谷」

八幡「お、おう…いただきます」パク

川崎「どう?」

八幡「旨い…メチャクチャ」

川崎「よかった」

八幡(この手間は…正直割に合わない気が…川崎)

川崎「ほら、どんどん食べてよっ、昼休み終わるしさ」

八幡「そ、そうだな…」パクパク


三浦「…ったく、イチャイチャしてるし…バカじゃん」

三浦「…まあ、なんか楽しそうで何よりだけどさ、ヒキオ…」


次回 八幡「川崎といい感じになってる その2」