前回 八幡「川崎といい感じになってる」

2: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 16:55:57.01 ID:O3md2Q8/0
放課後


校門前

結衣「……」ソワソワ


三浦「結衣、落ち着きなよ。覚悟決めてるんでしょ?」

結衣「う、うん…だ、大丈夫だよ…」

三浦「全然大丈夫には見えないけど…」

三浦「いざとなったら、あーしいるしさ…隼人は…あんまり頼りにならないかな…こういうとき」

結衣「ひどいよ、優美子」


三浦「戸部や海老名巻き込むのもあれだしさ…ちょっと手薄かな~」

結衣「ううん、助けてくれる人はいるんだけど…あはは」

三浦「えっ?そうなん?」

結衣「でも、その人に頼っても悪いかなってさ…これはあたしが招いたことなんだし」

引用元: 八幡「川崎といい感じになってる その2」 

 

4: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 17:09:12.35 ID:O3md2Q8/0
校舎の外


M「この場所が限界やな…」


A子の彼氏「車の中で男二人いるってだけで、既に怪しいだろ…」

M「だから、スモークフィルムわざわざ貼り付けたんやで…これなら見えへんやろ」

彼氏「余計あやしい気が…」

M「まあ、どのみちもうすぐやしな」

彼氏「お前、随分ご執心だな…そんなに気に入ったの?」

M「いや…あの子、今ヤバいぞ?このままやったら、もっと悪い奴に引っかかるやろ…美人やし」

M「でも精神的に落ち着く場所がないから、流されとる…最悪やん」

M「今回のこれで、うまい方向に行けばいいけどな」


5: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 17:14:31.70 ID:O3md2Q8/0
奉仕部


雪乃「ねえ、比企谷くん」


八幡「なんだ?」

雪乃「私や由比ヶ浜さんは…あなたにはどう見えるかしら?」

八幡「どうって…?どういう意味だ?」


雪乃「やはり許せないかしら?」

八幡「おいおい、意味がわからんけど…そもそも、俺が許すとかじゃないだろ」


雪乃「…」

八幡「お前らは別の道歩んでるだけで…それが悪いことか?」

雪乃「…いいえ、その道なのだけれど…」


八幡「なんだ…?」

雪乃「崩れるかもしれないわ」

八幡「…そうか」

雪乃「驚かないの?」

6: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 17:19:38.08 ID:O3md2Q8/0
八幡「川崎も、もしかしたら別れるかもって言ってたしな…脆い関係だって」

雪乃「そうね…川崎さんの言う通りだわ」


八幡「おまえ…葉山と別れるつもりなのか?」

雪乃「姉さんから叱責えお受けてしまって…それ以外にも、少し薄さは感じていたし」

八幡「…由比ヶ浜は?」

雪乃「あちらの方が深刻かもしれないわ」


八幡「やっぱりか…」


雪乃「由比ヶ浜さんは…今、自分の過ちと決別しようとしてるわ」

八幡「それって…Sと別れるってことだろ?」

雪乃「ええ…果たしてどうなるか…」


八幡「…」

16: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:13:55.15 ID:O3md2Q8/0
スタスタ

結衣「あ、来た…」


三浦「…結衣、正念場」

結衣「うん…!」

S君「結衣、待たせたかな?」

結衣「ううん、大丈夫だよっ」

S君「あれ、三浦さんも一緒か…」

三浦「ま~ね、ていってもあーしは木陰の木みたいなもんだから」

S君「うん…?」

結衣「あのね、S君」

S君「なにかな?」

結衣「実は…言わないといけないことがあって」

S君「なんだい?」

17: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:24:20.71 ID:O3md2Q8/0
車内

M「ほ~、あいつがそうか…男前やな」

A子の彼氏「背も高いな…M、いざとなったら強硬手段に出るのか?」


M「自慢じゃないけど、俺喧嘩弱いからな…人の顔面なんか怖くて殴られへん」

彼氏「いや、普通はそうだろ?」

M「それにこの歳で人殴ってたら、もう人として問題あるやろ」

彼氏「そうかもしれないけど…」

M「日本は先に手出した方が悪いという鉄則がある国やからな~」


彼氏「そういうことね…いや、でも普通のことだろ?」

M「それ実践できてる奴が何人おるかやな」

M「特にああいう奴は…」

彼氏「高校内の問題で警察沙汰にできるか?」

M「いや、俺部外者やし、俺が個人的に呼んだら終わりやな」

彼氏「うわ…マジか」

19: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:29:11.36 ID:O3md2Q8/0
S君「黙ってたらわからないよ、話ってなに?」

結衣「うん…じつはさ…もうさ」

S君「うん?もう?」


結衣「ハロウィンでもさ…なんかあたし道具みたいに扱われてたし…」

S君「え?」

結衣「正直、あの時はS君への感情も冷めてさ…もう、卒業まで持ちそうにもないし…」

S君「え?え?結衣?」


三浦「言ったれ、結衣っ」

結衣「S君…あたしと別れてっ」

S君「…!」

結衣「お願い…」


20: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:37:38.08 ID:O3md2Q8/0
S君「なんで…?そんなこと言うんだい?結衣…」

結衣「S君…ごめん」

S君「なんで…僕たち、けっこう相性よかったと思うけど…なんで?」


結衣「理由は…さっき言ったよね…」

S君「比企谷か?やっぱり、まだあいつのこと…!」

結衣「ヒッキーは関係ないよ」

S君「うるさいっ!そうに決まってるだろ!」


結衣「ひっ…」

三浦「大声出すなっての…理由はさ、結衣が話したじゃん」

S君「三浦…お前が入れ知恵したのかよ…?」

三浦「はあ?そんなことしてないし…あんたが、結衣に振られただけでしょ?」

S君「…っ!」

21: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:46:17.20 ID:O3md2Q8/0
結衣「S君…別れてくれるよね?」

S君「…ふざけんな…!」


ガシ

S君「絶対別れないからな、結衣っ!身体の相性だって良かったのに…簡単に手放してたまるかっ!」

結衣「いたい…!やっぱり、その程度なんじゃん、あたしなんてっ!」

S君「なにを…!」

三浦「ちょっと、あんたいい加減に…!」

S君「うるさいっ!」


M「おいおいおいおいっ!まてまてまてっ!」

S「なんだ…!?」

M「穏やかやないな~、こんな場所で…!」

三浦「…誰?」

A子の彼氏「どうも、A子の彼氏です」

三浦「あ~、あの大学生の…」

22: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:52:08.95 ID:O3md2Q8/0
S君「誰だ?お前は…?」


M「いや、通りすがりの部外者やけど…」

結衣「…」

S君「…そうか、結衣、お前はこいつと…!」

結衣「えっ…違うよ…誤解だよ…!」


M(どないしよ…ここは一気に煽った方がいいか?)

M(ていうか、こいつ収まりそうにないからな~)

M(ていうか教員はなにしてんねん?これやから進学校は…)

M(まあ、学校の中の問題にされてもアレやけどな…)

M「つっても、この前遊んだけどなっ」

結衣「え…あ…」

S君「おまえ…!」

23: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 19:58:04.30 ID:O3md2Q8/0
M(あ…目座ってる…歯くいしばっとこ)

ボカッ ボカッ ボカッ

S君「この野郎っ!よくも人の彼女を!」

M(そ、想像以上に…ここまで…するか…!?)

結衣「M先輩…!?」


A子の彼氏「M…!平気か?」

M「いや…平気やない…」

S君「この野郎…」


三浦「あんたって…アホだとは思ってたけど…ここまでとは」

S君「えっ…?」


M「…もしも~し…ここに暴漢が…命の危険感じました…」

S君「え…なんで…いきなり…?」

M「今度からは、よく考えて行動せなあかんな…坊や」

26: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/25(月) 20:05:03.57 ID:O3md2Q8/0
奉仕部

八幡「なんか騒がしくねぇ?」


雪乃「そういえばそうね…」


ガラガラ

いろは「せ、せんぱ~い、大変ですよっ!大変ですっ!」

八幡「一色かよ…どうした?」

雪乃「あら、一色さん…ごきげんよう」

いろは「あれ?雪ノ下先輩もいるんですか…?え?」

雪乃「…」

いろは「ま、いいですけど…実は、校門のところで…傷害事件?があったらしくて…」

八幡「傷害事件…誰だ?」

いろは「どうも結衣先輩絡みらしいんですけど…」

八幡「おい…それってまさか…」

雪乃「由比ヶ浜さんが…?」

いろは「殴られたのは部外者みたいですよ~」


八幡「…どういうことだ…?」

46: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:08:39.89 ID:aVeXqBPN0
校門

八幡「人が多いな…」

いろは「そうですね」


雪乃「由比ヶ浜さんはどこかしら?大丈夫なの?」

八幡「あそこか…いた」

いろは「無事みたいですね~よかったです」

八幡「三浦もいるな」


三浦「あっ!ヒキオ、遅いしっ!なにやってんの!?」

八幡「え?俺、怒られてんの…?」

三浦「とにかく、こっち来なっての」


47: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:14:07.21 ID:aVeXqBPN0
結衣「へ、平気ですか…?ごめんなさい…ホントに…」

M「ま、気にすんなって…これで問題もいい方向に向かうやろ。ちょっと有名人になるやろけどな」

結衣「は、はい…」

M「それより、事情聴取が面倒そうやな…俺らに非がないとはいえ」


八幡「由比ヶ浜…?平気か?」

結衣「あ、ヒッキーっ!」

八幡「事情は三浦から聞いたけど…その、大変だったな…」

結衣「あ、あたしは大丈夫だったんだけど…」


八幡「…」チラ

M「…」チラ

八幡「…」ペコ

48: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:21:36.71 ID:aVeXqBPN0
M「俺らは警察の人らのところ行ってくるわ」

結衣「あ、わかりました…」

八幡「…」


スタスタ


A子の彼氏「なあ、よかったの?」

M「なにが?」

彼氏「お前…やられ損じゃね?別に対価もらったわけでもないんだろ?知り合ったばかりで」

M「う~ん、まあ覚悟してたし仕方ないやろ…」

彼氏「お礼に一発やらせてもらうとか」

M「あ~結衣ちゃんにそれやったらおつりがきそうやな…」

彼氏「だろだろ?いけそうじゃん」

M「いや、その後虚しくなるやろ絶対…」

M「付き合うっていうのも、なんか違う気がするしな」

彼氏「うわ…なんか変な性格してるな」

M「うっさい」

50: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:26:04.85 ID:aVeXqBPN0
結衣「あ、あのさ…」

八幡「おう…」

いろは「…」

三浦「…」


雪乃「由比ヶ浜さん…」


結衣「その…さ、ヒッキーには色々謝らないといけないことあったり…えっと」

八幡「謝ること?そんなのあんのか?」

結衣「えっと…その、ヒッキーのこと蔑にしちゃったこととか…奉仕部も…」

八幡「部活サボってたことだな?それなら、これから来てくれよ」

結衣「え……いいの?」

八幡「なんで?お前、退部届け出したっけ?」

結衣「でも…あたし、最近全然行けてなかったよ…?」

51: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:32:04.79 ID:aVeXqBPN0
八幡「そういうのはいいから…明日から来てくれよ」

結衣「ヒッキー…」

八幡「Sとのことは…正直俺では相談にのってやれそうにないしな」

結衣「…」

八幡「進んだ道が瓦礫に埋まってしまったんなら…戻ってくるしかないだろ?」

結衣「ひ、ヒッキー…っ!」ダキ


八幡「うわっ…!だ、抱き着くなよ…!」

結衣「わあああぁぁぁぁ…」

八幡「わかった…わかったからね?とにかく離れましょうか…?」


いろは「先輩…なにやってるんですか…」

三浦「ヒキオ…」

八幡「なんでゴミを見るような目で見るんですかね…ホントに…」

52: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:37:14.67 ID:aVeXqBPN0
川崎「…」

雪乃「あら?お客さんみたいね」

八幡「か、川崎…よ、よう…」


川崎「なにやってんの?」

八幡「…ちょっと問題が解決したような…そうでもないような」

川崎「あっそ」

八幡「おい…いや待て、川崎…事情はなんとなくわかるだろ…」

川崎「わかんないし…知らない」スタスタ

八幡「おい、川崎っ…待てって…!」

川崎「明日のお弁当、ランクメチャクチャ落とすから」

八幡「一応作ってきてはくれんのな…」


三浦「なに、あのバカップル…ふん」

いろは「三浦先輩って、先輩のこと好きなんですか?」

三浦「なっ!そ、そんなわけ……ないし…」

いろは「なんか、最後の方弱かったですよ」

三浦「…」

53: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:42:44.53 ID:aVeXqBPN0
葉山「雪乃ちゃん、優美子…!怪我はないか?」

雪乃「葉山くん…」

三浦「隼人…あーしらは大丈夫だって」


葉山「そうか…よかったよ…しかし、Sの奴が…」


三浦「あんなに暴れたのは予想外だった」

葉山「あぶなかったね、部外者が助けてくれたとか?」

三浦「まあ…部外者っていうのは間違ってないけど…」

葉山「俺がいれば…すまない」

雪乃「いえ、あなたのせいではないでしょう、気にしないで」

三浦「でも、隼人がいたら…多分、殴ってたでしょ?相手を」

葉山「…それは…」

三浦「それだったら、まずかったよきっと…」


三浦(あれは…なんとなく、ヒキオみたいな戦法かな?)

55: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:53:26.79 ID:aVeXqBPN0
次の日

八幡「一日しか経ってないが…なんか、1年くらい経過したみたいな雰囲気だな…」

戸塚「人って、急に環境変わるとそういう錯覚に陥るって言われてるね」

八幡「そうか…」


戸塚「でも昨日は凄かったらしいね」

八幡「一色から聞いたのか?」

戸塚「うん、そうだよ」

八幡「警察沙汰とか…平塚先生も忙しいだろうな…」

戸塚「先生の落ち度じゃないし…大丈夫じゃない?S君のせいなんでしょ?」

八幡「100%な…しかし、受験に響かないといいが…由比ヶ浜も」

戸塚「S君は…まあ、退学かな」

八幡「それはそうだろうな…」

58: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 14:59:28.45 ID:aVeXqBPN0
戸塚「八幡はさ…許すの?彼女たちを」

八幡「…そうだな、て、許すもなにもないけどね」

戸塚「僕はさ、部外者だし…直接言う権利なんかないって思ってたけど…」

戸塚「それぞれ違う道を進んだのはいいと思ったんだ…」

戸塚「でも、あの二人の道は…あんまりいい道じゃなさそうって思ってたけど…」


八幡「戸塚も思ってたの?」

戸塚「でもそれは僕が、恋愛経験未熟だからかなって思ってたんだ、でもさ…」

戸塚「こういうことがあって…」

八幡「…おう」

戸塚「それも経験にはなったんだろうけど…」

戸塚「何事もなく、元の鞘に収まるのは…どうなのかな?」

61: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:09:02.97 ID:aVeXqBPN0
八幡「第三者視点ってやつかな…」

戸塚「えっ?」

八幡「川崎も…同じように思ってるかね」

八幡(そういえば、一色も昨日雪ノ下を見る表情が…そういうことだったか)


八幡(なんで、今更奉仕部来てるの?って感じだったしな…)

八幡「決して元通りじゃない…この半年で大きく変わったな…」


戸塚「僕は、八幡が気持ち的に割り切れるならそれでいいと思うよ?」

八幡「雪ノ下も葉山と別れる感じだし…彼女もち俺だけ?え?」

戸塚「いつかとは、逆の立場になってるね」

八幡「おいおい…マジかよ」


戸塚「でもさ、八幡は既に辛さを経験済みだから…彼女たちを蔑ろにはしなさそうだよね」

八幡「まあ、奉仕部には卒業までは参加するっての」

戸塚「うん、さすが八幡」

62: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:13:57.58 ID:aVeXqBPN0
別の場所


葉山「雪乃ちゃん…本気かい?」

雪乃「ええ、距離をおいてくれないかしら?」

葉山「陽乃さんがそんなことを…」


雪乃「私たち、少しハメを外し過ぎていたわ…」

葉山「そうかもしれない…でも…」

葉山「比企谷のところに戻るのかい?」

雪乃「奉仕部に戻るだけよ」

葉山「同じじゃないか…」」

雪乃「私は今、どこに向かえばいいのかわからないの…」

雪乃「卒業までに…そのことを考えたいのよ…安心できる場所で」

葉山「雪乃ちゃん…」

雪乃「ごめんなさい、葉山くん」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

63: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:20:38.68 ID:aVeXqBPN0
昼休み


川崎「はい、お弁当」

八幡「あれ…ランクが…」

川崎「き、昨日は…あたしも大人げなかったから…」

八幡「だから、誤解だって言っただろ」

川崎「そうだけどさ…やっぱり色々…由比ヶ浜と引っ付いてるしさ」

八幡「妬いたというわけか」

川崎「バカ…っ!」


八幡(1ランクくらい下がったのか?それでも豪華すぎるけど…)

八幡(次は何でお返しするのか…?季節的にはクリスマスか…)

川崎「今日も奉仕部行くの?」

八幡「まあな…由比ヶ浜も来るし、久しぶりに3人集まる」

川崎「そっか、再出発って感じなんだ」


八幡「そうなるかな」

64: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:25:06.74 ID:aVeXqBPN0
川崎「昨日の事件もそうだし、由比ヶ浜も大変だね」

八幡「まあ、被害者の立場だしなんとかなるって」

川崎「だといいけどさ…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

放課後


川崎「あたし、教室で待ってようか?」

八幡「図書室で待っててくれって…奉仕部来ないの?」

川崎「なんとなく行きにくい…元々仲いいわけでもないしさ…色々思うところあるし」

八幡「そうか、じゃあ後で迎えにくるな」

川崎「うん、待ってるよ」

65: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:30:07.50 ID:aVeXqBPN0
いろは「あれ?先輩じゃないですか?」

八幡「おう、一色か」


いろは「川崎先輩待たせてるんですか~?」

八幡「いや、まあ…て戸塚は?」

いろは「戸塚先輩は先に帰りましたよっ」

八幡「そうか…お前は生徒会だもんな」

いろは「そうですけど…昨日のS先輩の処遇とかで面倒になりそうで…」

八幡「あいつどうなんの?」

いろは「さあ?部外者の人が被害届け取り下げたんで罪は軽くなるみたいですけど…」

八幡「マジか…由比ヶ浜の知り合いっぽいしな」

いろは「ただし、二度と結衣先輩に近づかないようにってことらしいです」

八幡「ふ~ん」

いろは「学校は退学になりそうですね」

八幡「まあ…そうだろうな…傷害の現行犯だしねっ」

67: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:36:42.90 ID:aVeXqBPN0
いろは「一応、自主退学って形にするみたいですけど…」

八幡「そっちの方が、履歴的には有利か」

いろは「大学受験するためには大検でしたっけ?そういうのいるし面倒ですよこれから」




八幡「高校中退扱いだからな…」

いろは「あ、奉仕部に行くんですよね?わたし用事あるんで、これで失礼しますねっ」

八幡「おう」


八幡「じゃあ、行くか」スタスタ


八幡(被害届け取り下げた…か)

八幡(おそらくその部外者は、相手に殴らせてそのまま警察呼んで終わらせた…理性的だな)

八幡(なんか仲良くなれそうな気がする、俺も同じ立場ならそうやって由比ヶ浜を救ったと思うし)

スタスタ

68: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:45:34.08 ID:aVeXqBPN0
三浦「ヒキオ」

八幡「三浦…なにやってんだ?」

三浦「結衣を送ってた」


八幡「奉仕部にか?」

三浦「一人では行きにくそうだったから」

八幡「まあ…そうか」

三浦「じゃあ、あーし帰るね」

八幡「おう、なんか悪かったな」

三浦「ヒキオさ…」

八幡「なんだよ?」

三浦「今、あんたいい顔してるよね、3か月前よりも」

八幡「3か月前って…そうかよ」

三浦「楽しそうでいいじゃん、じゃあね」

八幡「おう」


八幡(そういえば、三浦に告白されたんだよな…信じられんけど)

69: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:49:39.99 ID:aVeXqBPN0
八幡「ちょっと緊張するな…よ~し」

ガラガラ

八幡「おっす」

雪乃「あら、比企谷くん、こんにちは」


八幡「よう」

結衣「あ、あはは…やっはろ~…ヒッキー…」

八幡「由比ヶ浜…久しぶりだな」

結衣「うん…ヒッキー」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


結衣「そっか、隼人くんと別れたんだ」

雪乃「ええ」

八幡「ま、いいんじゃね?俺にはそれくらいしか言えんが」

雪乃「あら、余裕の発言ね…」

八幡「彼女いるしな」

雪乃「先に言われたわ…」

結衣「ヒッキーらしくない…イケメン発言だよ…」

八幡「今のは冗談だからな?」


70: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 15:55:02.39 ID:aVeXqBPN0
雪乃「ところで…今日はどうしようかしら?」

結衣「どうって?」

雪乃「私としては…3人で夕食でも行きたいのだけれど」


結衣「あ、それいいかもねっ…あはは」

雪乃「そ、そう…?比企谷くんは?」


八幡「川崎を待たせてるからな…一緒でいいなら」

結衣「そっか…でもいいかな?」

雪乃「そうね…では4人で行きましょう」


八幡「…」

八幡(気を遣ってるっていうのが手に取るようにわかる…)

八幡(3人がこうして揃ったけど…関係性はまだまだハリボテ同然…)

八幡(でも、こうして戻ってきた…まだ時間もあるしな…)

八幡(卒業までに徐々に関係性を修復していけばいい)

72: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 16:00:02.08 ID:aVeXqBPN0
八幡「それじゃあ、川崎呼んでくるな」

結衣「うん、お願いね」

ガラガラ

雪乃「…ふう」

結衣「ごめんね…なんだか…空気軽くできなくて」

雪乃「私もよ…でもここが安息の場だって改めて思ったわ」

結衣「うん、そうだね」


雪乃「失ったものも大きいのだけれど…」

結衣「処女とか…」

雪乃「いえ、私は別に…そういのを言ってるわけじゃなくて」

結衣「あ、そうなんだ…」


雪乃「…」

結衣「…」


雪乃「でも…そうね、私たちにとって…今日が再出発の日ね」

結衣「うんっ!再出発だねっ!」


結衣(M先輩…あたしは奉仕部を足場にして…進んで行きますっ)

77: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 16:05:27.13 ID:aVeXqBPN0
図書室

川崎「なんで、二人と一緒なの?」

八幡「すまん…なんか急に決まったことで…」

川崎「急って…あのね」


八幡「再出発の門出だったしな…断りずらくて…」

川崎「あの二人、まだ比企谷のこと狙ってるとか?」

八幡「ばか…そんなことないっての」


川崎「あんたはそうでもさ…あの二人はわかんないじゃん」

八幡「なら、断るか?お前が嫌なら…」

川崎「…いいよ、別に」

八幡「マジか?いいのか?」

川崎「うん、あたしだって別に奉仕部の門出を壊したいわけじゃないしさ」

八幡「すまん…恩にきる」

78: ◆Uk8up8MWHU 2016/01/26(火) 16:14:37.21 ID:aVeXqBPN0
八幡(川崎も内心は煮え切らない気がする…)


八幡(色々フォローとかいれとかないとな…小町に相談してみるか?)

八幡(クリスマスイブにデートにでも…あれ?なんかリア充っぽくね?)


川崎「でもちょっとだけ安心してる」

八幡「なにが?」

川崎「比企谷が、あの二人に対して恋愛感情なさそうで」

八幡「おいおい…」

川崎「なんとなくだけどさ…伝わってきてるよ」


八幡「今はさすがにな…美人の彼女もいるし」

川崎「だから…そういう発言は…」

八幡「なんだよ、事実だぞ?」

川崎「~~~~~っ!」


八幡(顔真っ赤だぞ、川崎…)


八幡(俺はこれから、川崎と親睦を深めて行くわけだけど…)

八幡(あいつらは、また道を見つけるところからか…)

八幡(まあ、とにかくきょうは奉仕部の門出を祝うとするかね…)



八幡「行こうぜ、川崎」

川崎「うん、比企谷っ」


おわり^^