1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:18:54 ID:sX8AuN9M
朝 食堂

エレン「あれ? ライナーの姿が見当たらないな・・・」

コニー「ああ、聞いてなかったのか? 営倉行きだってよ」

エレン「はぁ? 何しでかしたんだ、あいつ?」


クリスタ「・・・・・・・うぅ」グスグス

ユミル「お・・・おい、もう泣くなよぉ・・・かわいい顔が台無しだぞ」

サシャ「そ、そうですよ・・・元気出してください!」

アニ「・・・ライナーの奴」イライラ 




進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
グッドスマイルカンパニー (2015-05-28)
売り上げランキング: 5,095
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:20:00 ID:sX8AuN9M
コニー「・・・なんでもよ・・・あいつ、クリスタに夜這いかけたらしいぜ・・・」

エレン「は、はぁ!? そんな奴じゃないだろ、ライナーは!」

コニー「だよな、信じられないよな でもまぁ、人は見かけによらないってのか」

エレン「マジかよ・・・あの野郎」


アルミン「・・・・・・・・」

ベルトルト「・・・・・・・・」

ジャン「・・・・・・・・」

ミカサ「・・・・・・・・」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:24:55 ID:sX8AuN9M
夜 人気のない倉庫

~第23回 パンツ職人会議~

ミカサ「・・・・・・・ライナーがしくじったわ」

アルミン「・・・・・まさか、ライナーが失敗するなんて」

ジャン「あいつ・・・俺とやった模擬戦では上手く出来てたじゃねーかよ・・・」

ベルトルト「きっと・・・焦りすぎたんだ」グスッ

ミカサ「ちがう ベルトルト」

ミカサ「ライナーの腕は私も認めていた でも・・・実戦でも上手く行くとは限らない」

ミカサ「・・・・いい機会だから、もう一度初心を思い出しましょう」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:26:38 ID:sX8AuN9M
ミカサ「アルミン パンツ職人とは?」

アルミン「ハッ! 対象に気付かれる事なく! 下着を脱がすエキスパートですッ!」

ミカサ「ベルトルト パンツ職人としての必須技能は?」

ベルトルト「ハッ! 対象の眠りを妨げない隠密性! 対象に気付かれず脱がす技術と忍耐力! そして性欲に負けない自制心ですッ!」

ミカサ「ジャン パンツ職人のモットーは?」

ジャン「ハッ! 相手は気持ちよく眠っててハッピー! 自分はアソコが見れてハッピー! WIN-WINですッ!」

ミカサ「そして最も大切なことは・・・相手を慈しみ、アソコを見る・・・それは獣の性欲ではなく、聖母の愛」

アルミン「・・・・ライナーが言う台詞だったね」グスッ

アルベルト「うぅ・・・ライナー」グスッ

ジャン「勝手に・・・逝っちまいやがってよぉ」グスッ

ミカサ「そう 失敗したら死ぬ 社会的に」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:29:38 ID:sX8AuN9M
ミカサ「ライナーはとても優秀だった」

ミカサ「ガタイの良さを感じさせない隠密性 メキメキと伸ばした技術と持ち前の忍耐 そして人一倍強い自制心」

ミカサ「貴方たちの中でも その実力はトップレベルだった」

アルミン「そうだよ・・・なんで失敗したのか、僕にはわからない」

ミカサ「・・・さっきも言ったように、彼は焦ったわけではなかった 実戦には・・・魔物が潜んでいる」

ベルトルト「魔物・・・」汗ダラ・・・ 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:32:16 ID:sX8AuN9M
ミカサ「そう 意中の相手の布団にもぐりこみ、下半身を覆う衣服を脱がしていく」

ミカサ「・・・これは、普段の生活では到底ありえない状況 己の性欲を完全に押し込めなければ、耐える事の出来ない衝動」

ミカサ「どれだけ模擬戦の中で優秀でも・・・この感覚は本番でしか味わえない」

ミカサ「ライナーはそれに耐え切れず・・・雄たけびを上げてしまった」

ベルトルト「!?」

アルミン「お・・・雄たけびって・・・」

ジャン「あのライナーが・・・信じらんねぇ」ゴクリッ 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:36:48 ID:sX8AuN9M
ミカサ「見たところ、クリスタの衣服はほとんど脱がされてなかった ・・・潜り込んだ時点でおかしくなったのね」

ミカサ「・・・そこからは、本当に酷かった アニとユミルに朝までサンドバックにされ・・・」

ミカサ「ボロ雑巾のような状態で教官に突き出されたわ」

ジャン「うぅぅ・・・ライナー」グスグス

アルミン「惨い・・・惨すぎるよ」グスグス

アルベルト「ライナー・・・故郷はどうするんだ」グスグス 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:39:34 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・ライナーは命をもってパンツ職人の危険性を教えてくれた 怖いのなら・・・足を洗ったほうがいい」

ミカサ「パンツ職人とはあくまで相手を思いやり、幸せな安眠を阻害してはならない それが出来なければ、死あるのみ」

ミカサ「誰も臆病者とは思わない ・・・これは遊びではないもの」

アルミン「・・・・・・」

ジャン「・・・・・・」

ベルトルト「・・・・・・次は僕が行く」

ミカサ「・・・・・・・・・本気なの?」 


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:53:14 ID:sX8AuN9M
ジャン「ベ、ベルトルト!」

アルミン「き、君は怖くないのかい!?」

ベルトルト「怖い・・・とても怖いよ・・・でも、ライナーとは同郷の縁があるんだ」

ベルトルト「仇を・・・取りたい・・・ッ!」

ベルトルト「そして・・・何よりも・・・クリスタのアソコが見たいんだッ!!!」 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:54:48 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・・・・・・・貴方の決意、しっかりと受け止めた 私の教えた技術、精神・・・全てを駆使して」

ミカサ「自分を見失っては駄目」

ベルトルト「うん ・・・三日後の深夜、決行する・・・!」

ジャン「・・・・・・しくじるなよ 絶対生きて・・・帰って来い」

アルミン「僕には・・・武運を祈ることしか出来ない・・・必ず、成功させてくれ・・・」グスッ

ベルトルト「ああ・・・二人とも、僕は必ず帰ってくるよ・・・!」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 14:58:04 ID:sX8AuN9M
三日後 深夜 女子寮

ベルトルト(・・・・・・・みんな寝てるね)ガチャ

アニ「・・・」スースー
ユミル「・・・」グゥーグゥー
クリスタ「・・・」スースー
サシャ「・・・パァン、フヒヒ」スピースピー

ミカサ「・・・・・・」(幸運を、ベルトルト)親指グッ

ベルトルト(ミカサ・・・見ていてくれ!)親指グッ 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:03:24 ID:sX8AuN9M
ベルトルト(よし・・・音を立てず・・・ゆっくりと・・・クリスタのベッドへ・・・!)スリアシ

ベルトルト(はぁ、なんて美しい寝顔なんだ・・・この世のものとは思えないよ)ウットリ

ミカサ「・・・・・・んん」(ベルトルト 時間は無限ではない スピードも重要)クイッ

ベルトルト(了解、ミカサ よし、静かに・・・布団の中へ!)スッ バサッ

ベルトルト(・・・は、はぁぁぁぁぁぁ! なんて甘い香りなんだぁ!)スーハー スーハー

ベルトルト(息をするたびに・・・至福が押し寄せてくるよぉ! ああ、脳が痺れてきた・・・)ハァハァ・・・

ミカサ「・・・!」(まずい・・・あれではライナーの二の舞) 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:07:08 ID:sX8AuN9M
ベルトルト(・・・ハッ! そうか、ライナーもこれに・・・ 駄目だベルトルト、気を確かに・・・!)フゥー

ベルトルト(落ち着けベルトルト・・・! よし、まずはパジャマのズボンから・・・)ズリ・・・ズリ・・・

ミカサ「・・・」(・・・・・・持ち直した ベルトルト 勝負はここからよ)

ベルトルト(ゆっくりと・・・ゆっくりと・・・ 慎重に・・・)ズリ・・・ズリ・・・

ベルトルト(・・・よし、上手くできてる ライナー、見ていてく・・・ん、んん!?)ゴソッ! 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:09:47 ID:sX8AuN9M
ベルトルト(少しずり下がった隙間から・・・純白のパンツッ・・・!)ドキッ!

ベルトルト(あ、ああ! そして可愛らしい赤いリボンのワンポイントッ!)フゥーフゥーフゥーフゥー!

ベルトルト(清純な白い大地に、凛と咲き誇る一輪の赤い花! そして、そこから漂う濃厚な少女の香り!)ハァハァハァハァ!

ベルトルト「こ・・・こんなものっ!! 滅多にお目にかかれませんよっ! ええ!」


クリスタ「!?」パチッ!

ユミル「!?」パチッ!

アニ「!?」パチッ!

ミカサ「!・・・」(ベルトルト・・・! 声に出しちゃ・・・駄目でしょ・・・!) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:15:42 ID:sX8AuN9M
クリスタ「き、きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ガタガタ

ユミル「だ、誰だぁ!! またクリスタのベッドに誰かいるぞ、おい!」ガタッ!! バサッ!

ベルトルト「!!!! は・・・えぇ・・・・!!?」ビクッ!

アニ「・・・・・・・あんた」ギロリッ

ユミル「てめぇぇぇぇぇ・・・ ライナーの仲間か・・・・!」ギロリッ 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:17:54 ID:sX8AuN9M
アニ「・・・・・・・覚悟・・・出来てるね?」ポキポキッ!

ベルトルト「ぼ、僕は! 違うんです! 僕は違います!!」汗ダラダラ

ユミル「20cmくらい背ぇ縮めてやろうかぁぁぁ!? あああん!?」ゴキゴキッ!

ミカサ「・・・」(ベルトルト・・・・・・さようなら)



サシャ「ウェヒヒ・・・ハァム! グフッ」スピースピー 


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:24:01 ID:sX8AuN9M
翌朝 食堂

エレン「あれ、ベルトルトがいないな」

コニー「ああ・・・営倉行きだってよ」

エレン「な・・・べ、ベルトルトまでか!?」

コニー「あぁ・・・見てみろよ」


クリスタ「うぅぅ・・・ううぇ」グスグス

ユミル「な、泣くなよぉクリスタ・・・! ベルトルトにはしっかりケジメ付けさせたからぁ」

サシャ「そ、そうですよぉ! おしりが二倍くらいに腫れてましたし」

アニ「・・・・・・あいつら、何考えてんの」イライラ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:27:43 ID:sX8AuN9M
エレン「・・・まじかよ・・・ライナー以上に信じらんねぇ・・・」

コニー「なぁ 本当に何考えてんだか・・・」



アルミン「・・・・・・」

ジャン「・・・・・・」

ミカサ「・・・・・・」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 15:59:28 ID:sX8AuN9M
夜 人気のない倉庫

~第24回 パンツ職人会議~

ジャン「う・・・うぅぅ・・・あの馬鹿野郎・・・」グスグス

アルミン「帰ってくるって・・・言ってたのに・・・」グスグス

ミカサ「・・・」

ジャン「ミ、ミカサァ・・・あいつは最後・・・どんなだったんだ・・・?」グスグス

ミカサ「・・・聞かないほうがいい」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 16:29:24 ID:sX8AuN9M
アルミン「僕たちは・・・聞かなければならない 聞く義務と責任がある・・・」グスグス

ミカサ「・・・ユミルにアイアンクローされながら、アニからケツキック ・・・それを朝まで」

ミカサ「おそらく・・・もう満足にトイレも出来ない体になってしまった」

ジャン「まじかよぉ・・・ベルトルトォ・・・」グスグス

アルミン「あんまりだ・・・あんまりだよ・・・」グスグス 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 16:32:07 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・・・・二人に言いたい事がある」

ミカサ「もう・・・パンツ職人から足を洗うべき」

ミカサ「私も・・・もう弟子達のあんな姿を見たくはない」

アルミン「・・・」

ジャン「・・・」

ミカサ「貴方達が失敗するとは思っていない でも・・・リスクが大きすぎる」

ジャン「・・・・・・・・・・・・・・・何と言われようと、俺はやるぜ」 


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:16:10 ID:sX8AuN9M
アルミン「ジャ・・・ジャン!」

ジャン「確かにリスクはでけぇ・・・だが、それは承知した事だろ!」

ジャン「ミカサ・・・! 以前言ったとおり・・・俺はお前のアソコが見たいッ! 何としても見てぇんだ!」

ジャン「その為に励んできた! ライナーと模擬戦だって何度もした!」

ジャン「俺は・・・この思いと・・・あいつらと歩んできた時間を・・・無駄にしたくはねぇ!」

ミカサ「・・・・・・・・・・・・・」

ミカサ「・・・・わかった 師匠として、受けなければならない」 


33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:31:41 ID:sX8AuN9M
アルミン「ミカサ・・・! いいの!?」

ミカサ「但し・・・私も全力で防衛する それでいい?」

ジャン「へっ! 望むところだぜ! 三日後の深夜、会いに行くぜ、ミカサ」///

ミカサ「・・・わかった」

アルミン「ジャ・・・ジャン! 考え直すんだ! 三人目となったら、どんな地獄が待っているかわからないよ!?」 


36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:38:49 ID:sX8AuN9M
ジャン「・・・アルミン 俺は失敗なんてしねぇ それに男には、戦わなきゃならない時があるんだ・・・それが今よ・・・!」

アルミン「・・・・ジャン・・・変わったね ・・・今のジャンは・・・すごくかっこいいよ」

ジャン「へっ・・・・・・・お前らのおかげだ」///

ミカサ「・・・・・・・・・・・・」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:44:08 ID:sX8AuN9M
三日後 深夜 女子寮前

ジャン(ライナー! ベルトルト! ・・・見ていてくれよ・・・!)

ジャン(今夜、俺の持てる最高の技術で挑む・・・ミカサに・・・!)

ジャン(さぁ、ジャン・キルシュタイン! いくぞ!)ガチャ


ユミル「よぉ~~~~~~ 待ってたよぉ 変態くん」ニッコリ

アニ「・・・」シュッ シュッ

ジャン「」 


41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:49:07 ID:sX8AuN9M
ユミル「なぁに固まってんだよ さ、中でくつろごうぜぇ」

ジャン「は? え?」

アニ「ほら 入りな」グイ

ジャン「ちょ・・・え? あれ?」

アニ「・・・最近ムシャクシャしてたんだ キツめで行くから」

ジャン「え、なに? え?」

ユミル「夜は長いぞぉ 覚悟しとけよぉ」ククク

ジャン「ん? え? ・・・はい?」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 17:51:36 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・」(ジャン・・・どうか恨まないで)

ミカサ「・・・」(私の下着はおろか、下半身に触ることさえ、エレン以外の男性には許されないの)

ミカサ「・・・」(・・・というか、来る日時を相手に教えちゃ駄目でしょ)

ミカサ「・・・」(凡ミスよ ・・・ジャン) 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 18:06:04 ID:sX8AuN9M
翌朝 食堂

エレン「ジャンもかよ!?」ガタッ

コニー「ああ 今回はユミルたちが待ち伏せしてたらしくてよ 特に被害はなかったってよ」

エレン「はぁー・・・ どうなってんだよ」

コニー「なぁ 馬鹿の考えることはわかんねーわ」


クリスタ「・・・」

ユミル「うちの男子には変態しかいないのかねぇ・・・ったく」

サシャ「まぁ、さすがにもういませんよねぇ」

アニ「・・・・・・」


アルミン「・・・・・・」

ミカサ「・・・・・・」 


47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 18:08:05 ID:sX8AuN9M
夜 人気のない倉庫

~第25回 パンツ職人会議~

アルミン「・・・・・・」

ミカサ「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・なんだか・・・広く感じるね」

ミカサ「・・・ええ」

アルミン「・・・正直、今回の事は予想できたよ」

アルミン「ミカサが本気になったら、だれもパンツずり下げるなんて出来ない」

アルミン「ジャンも・・・解っていたんだろう」グスッ

ミカサ「・・・」(ジャンは解っていなかったわ) 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 18:09:59 ID:sX8AuN9M
アルミン「・・・ジャンは・・・・どうなったの?」

ミカサ「・・・ユミルにキャメルクラッチを決められながら、アニから腹部へローキックの連打」

ミカサ「最後は簀巻きにされ・・・バックドロップの練習台 簀巻きのまま教官へ引き渡された」

ミカサ「ジャンの・・・ギブッ! ギブッ!・・・ と叫ぶ声が今も耳から離れない・・・」

アルミン「・・・凄惨・・・だね」グスッ 


54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:10:40 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・・・・アルミン・・・貴方の考えていることはわかる」

ミカサ「やめるべき 貴方なら理解できるはず」

アルミン「・・・・・・ミカサのいう事は良くわかる」

アルミン「・・・でも・・・僕だって男なんだッ!」

ミカサ「!」

アルミン「クリスタの・・・クリスタの・・・ァ・・・ソコ・・・僕だって見たいんだぁ!」/// 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:15:46 ID:sX8AuN9M
ミカサ「アルミン・・・」

アルミン「ライナー・・・ベルトルト・・・ジャン・・・ みんな散っていった・・・」グスッ

アルミン「みんなが見れなかったものを見ることが・・・最高の弔いになると思うんだ」

アルミン「僕は行くよ・・・・・・ みんなの為、そして何よりも自分の為に・・・!」

ミカサ「・・・アルミン 成長したのね」

アルミン「な・・・何を言うんだ」/// 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:24:33 ID:sX8AuN9M
ミカサ「応援する アルミンなら必ず成功する」

アルミン「ありがとう・・・ 三日後の深夜 行くよ・・・!」

ミカサ「わかった・・・ これまでの全て、思い出して」

ミカサ「挫けそうになったら・・・初心に帰って」

アルミン「わかったよ・・・ミカサ ・・・必ず成功させてみせる!」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:28:31 ID:sX8AuN9M
三日後 深夜 女子寮

アルミン(・・・・よし!)ガチャ


アニ「・・・」スースー
ユミル「・・・」グゥーグゥー
クリスタ「・・・」スースー
サシャ「・・・スゥープ、ムフ ムフフフ」スピースピー


ミカサ「・・・」(アルミン・・・がんばって)親指グッ

アルミン(ミカサ・・・行ってくるよ!)親指グッ 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:33:52 ID:sX8AuN9M
アルミン(音を立てずに素早く・・・クリスタの布団の中へ、忍び込むッ!)スススッ バサッ

アルミン(・・・蕩けるようなこの香り・・・ライナー、ベルトルト・・・僕にもよく理解できるよ)スゥーハァー

アルミン(あらかじめ10回くらい抜いてこなかったら、僕も叫んでいたかもしれない)フゥー

ミカサ「・・・」(・・・落ち着いてる その調子)

アルミン(まずは・・・パジャマの下から・・・ ゆっくり・・・ゆっくりと)ズリ・・・ズリ・・・ 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:38:27 ID:sX8AuN9M
アルミン(ゆっくり・・・ゆっく・・・!・・・こ、これは・・・ああ!)ピタッ

アルミン(隙間から、あ、あらわになった、ピンク色のパンツっ! フリルがその可憐さを一層引き立てているッ!)ドキドキ

アルミン(そこに小ぶりなフリフリのリボンが付いていて、まるでクリスマスのプレゼントのようだっ!)ハァハァ

アルミン(細く繊細な腰を包む・・・この美しい包装紙! 中に何が入っているのか覗いきたくなる、掻き立てられるようなこの香り!)ムフ・・・ムフフ

ミカサ「・・・!」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:48:11 ID:sX8AuN9M
アルミン(こ、こんなもの、滅多にお目にかかれませんよ! ええ!)ムッフー

アルミン(・・・・でも・・・・・・僕のお目当ては・・・その中身っ!)

アルミン(この包装紙を解いた・・・先にあるんだ! 待っていてくれ! クリスタのプレゼントッ!)ズーリ ズーリ

クリスタ「・・・」スースー

ミカサ「・・・」(・・・乗り越えたようね アルミン 常に平常心よ)

アルミン(・・・ふぅ ようやくズボンを足首まで下ろせた ・・・クリスタも良く眠っているね) 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:51:21 ID:sX8AuN9M
アルミン(・・・ここからが難関だ ・・・ぴったりとフィットしたこのパンツ)

アルミン(脱がすのは繊細な力加減と・・・体勢を維持する忍耐が必要だ)

アルミン(よし・・・ライナー、ジャン、アルベルト・・・共に行こう!)グッ ズッ・・・ズズッ・・・

ミカサ「・・・」(・・・下着にたどり着いた 焦っては駄目 慎重に)

アルミン(・・・・・・・・・おしりのバンクを越えるまでが勝負・・・そうだったね、ミカサ)ズ・・・ズズズ

アルミン(全ての感覚を指先に・・・クリスタの呼吸に合わせて・・・数ミリ単位で降ろしていく)ズズ・・・ズ

アルミン(・・・あと・・・あとちょっと・・・・・・行ける・・・・よし、やった! バンクを越えた!)ズ・・・・ズズ 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 19:58:18 ID:sX8AuN9M
アルミン(ここから先はおしりに引っかからないから・・・抵抗なく降ろしていける・・・)ズズズ・・・

アルミン(もうちょっとで・・・僕はやる遂げるよ! みんな・・・見ていてくれ!)ズズズズ・・・

ミカサ「・・・」(動きが軽くなった・・・ 山場は過ぎたようね)

ミカサ「・・・」(アルミン・・・存分に堪能して 弟子の初勝利・・・私も嬉しい)ジーン

サシャ「む、むぅぅぅ」ムクリ 


ミカサ「!!!」

アルミン「!!!」 


66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:02:09 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・」(なぜ・・・起きたの? どうして今なの?)

アルミン(な、なんだ!? ・・・誰か起きた!?)ビクッ ビクビク

サシャ「・・・もうこんな時間ですか そろそろ行かねば・・・」ゴソゴソ

ミカサ「・・・」(・・・また食糧庫へ忍び込むのね ・・・! まずい、アルミンが動揺している)

アルミン(ど・・・どうしよう・・・! まずい・・・こんな所見られたら・・・僕は・・・!)ビクッ ビクビク

アルミン(落ち着け! 落ち着くんだ僕!)ガタガタガタガタ 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:04:33 ID:sX8AuN9M
サシャ「起こさないよーに 起こさないよーに」ソローリ ソローリ

ミカサ「・・・」(アルミン・・・! サシャ、早く行って!!)

アルミン(ヒッヒッフー ヒッヒッフー)

アルミン(よし・・・振るえが止まってきた・・・あとは息を殺して・・・静かに誰かが通り過ぎるのを・・・)

サシャ「・・・・・・・ん? クリスタの布団・・・なんか膨らんでますねぇ」

アルミン「」

ミカサ「」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:06:48 ID:sX8AuN9M
サシャ「・・・・・・・・・・・・・ん~~~? ハッ! まさかクリスタッ!」

サシャ「何か隠し持ってますね! パァンとか! ハァムとか!」ジリジリジリ

ミカサ「・・・」(・・・もうだめアルミン! 逃げて!)

アルミン(・・・・・・・・・もうだめだ・・・・もうだめだ・・・・・・もうだめだ・・・これしかない・・・)ブツブツ

サシャ「それでは~~~拝見っ!」ジュルリ グフフ 


70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:08:11 ID:sX8AuN9M
布団「」ガタッ!!

サシャ「!? ひぃえ!! ひ、ひっ!! 布団が立った!?」ビクッ!

布団「」ダダダダダダダッ ガチャ! バタン!

サシャ「ひ、ひぃぃぃぃ!!! 布団が走った!!」ビクビクッ!

クリスタ「ん・・・・え? 何?」パチッ

ユミル「な、なんだぁ?」ムクリッ

アニ「・・・?」パチッ

ミカサ「・・・」(アルミン・・・) 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:09:49 ID:sX8AuN9M
ユミル「芋女! うるせぇんだよ!」

サシャ「ち、違うんです! 布団が! 布団が走ったんです!」

クリスタ「ふ・・・布団? ・・・なんか寒・・・って、え? い、いやぁぁぁぁぁぁあ!」

アニ「! ・・・」バサッ!

ユミル「まだ変態がいやがったのか! にがさねぇぞ!」ガタッ! ダダダダッ!

ミカサ「・・・」(アルミン・・・どうか・・・逃げて・・・世界の果てまで逃げて・・・) 


74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:23:13 ID:sX8AuN9M
翌朝 食堂

エレン「・・・・アルミン・・・・アルミンまで・・・・」

コニー「・・・・まさかなぁ・・・・一番そんな事する奴には見えなかったけどなぁ」


クリスタ「えっぐ・・・ひっく・・・」グスグス

ユミル「元気だしてくれよぉ・・・ほら! パンやるぞ、パン!」

サシャ「あ・・・ありがとうございますっ!」

ユミル「てめぇじゃねーんだよ!」ダンッ

アニ「・・・・・・・・・」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:27:16 ID:sX8AuN9M
エレン「なぁ・・・何かの間違いだろ? アルミンはそんな奴じゃないぞ」

コニー「俺にいわれてもなぁ ・・・でも確かにあいつら、夜に見かけない時あったろ?」

エレン「・・・・・・くっそ 信じらんねぇ なぁミカサ、お前はアルミンから何か聞いてないのか?」

ミカサ「・・・何も聞いてない」

エレン「・・・はぁ・・・ アルミン・・・何考えてんだよ」


ミカサ「・・・・・・」

ミカサ(エレン・・・ごめんなさい アルミンをパンツ道に導いてしまったのは私)

ミカサ(全ては私の責任・・・) 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:28:58 ID:sX8AuN9M
夜 人気のない倉庫

~第26回 パンツ職人会議~

ミカサ「・・・」

ミカサ「・・・また、一人になってしまった」

ミカサ(・・・アルミン ・・・まさかあそこでサシャが起きてしまうなんて・・・)

ミカサ(結局捕まったアルミンは・・・ユミルに引きずられながら部屋まで連れて来られ・・・)

ミカサ(朝まで・・・アニとユミルからダブル電気アンマを食らわされ続けた・・・)

ミカサ(アルミン・・・最後は廃人のようになって・・・うぅ)グスッ 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:32:27 ID:sX8AuN9M
ミカサ(・・・ライナー、ベルトルト、アルミン、ジャン・・・みんな私のかわいい弟子たち)

ミカサ(貴方たちが未熟だったわけじゃない ・・・ただ運が悪かっただけ)

ミカサ(・・・・・・あなた達へはなむけする為にも、今夜も最高の技をもってエレンを攻める)

ミカサ(・・・みんな・・・夜空から、見ていて)グスッ 


84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:37:18 ID:sX8AuN9M
深夜 男子寮

ミカサ(・・・私ほどの達人になると、もう誰か起きているかなど確認しない)ガチャ

ミカサ(扉を開けた瞬間、エレンの寝床目掛けてジャンプ そのまま潜り込む)バッ ズサッ

ミカサ(ここまで1秒もかからない スピードの重要性はとても高いの)

エレン「・・・」グーグー

ミカサ(エレン・・・ 今日もぐっすりと眠っている・・・ 良い香り・・・) 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:40:58 ID:rM9Dg7LY
>>83
それだけでなく何気に1人だけ営倉行きじゃないあたり女子陣の優しさを感じる 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:41:10 ID:sX8AuN9M
ミカサ(そして・・・ エレンの呼吸に合わせ ワンアクションでズボンとパンツを引き抜く)ザッ!

ミカサ(何百回と繰り返したこの行為 気付かれる要素などどこにもない)

ミカサ(ここまで2~3秒 ・・・流石にアルミンたちをここまで鍛え上げる事は出来なかった)

ミカサ(みんな・・・ごめんなさい 師匠が不甲斐ないばっかりに・・・)グスッ

ミカサ(・・・そして・・・私の目の前には・・・可愛らしいエレンのエレンが・・・あ? え?)ビクッ!


エレンのエレン「」ビンビン! 


89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:45:56 ID:sX8AuN9M
ミカサ(!!! エ、エレンのエレンが・・・エレンのエレン巨人に・・・!)ハァウッ!

ミカサ(嘘・・・初めて見た・・・! こんな大きくなってる所・・・初めて・・・///)

ミカサ(・・・思春期・・・思春期になったのね、エレン・・・! なんて逞しい・・・)ウットリ

ミカサ(布団を持ち上げる姿はまるで世界樹・・・神々しいほどのエレンの香り)ハァハァハァ

ミカサ「・・・っ!」

ミカサ(駄目・・・駄目よミカサ・・・! 触れては駄目・・・! パンツ職人の精神に反する行為) 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:47:48 ID:sX8AuN9M
ミカサ(性欲に負けては駄目・・・! 聖母の様に・・・見守るだけ・・・それしか許されない)スッ

ミカサ(師匠である私が・・・それを体現できなかったら・・・ あ、固い///  みんなが浮かばれない・・・)グニグニ

エレン「・・・ん ・・・んぅ?」///

ミカサ(そう・・・私は歴代最高のパンツ職人・・・ ん、すごく・・・熱い/// プライドがある・・・誇りがある・・・)スリスリ

エレン「んっ・・・/// え・・・!?」///

ミカサ(・・・これは己との戦い・・・負けるわけには・・・ ・・・ピクピクしてる/// かわいい/// ・・・いかない)シコシコ

エレン「ひぅ・・・!/// ちょ・・・なんだ!? おかしいぞ!!」ガバッ!

エレン「え」

ミカサ「あ」 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 20:49:31 ID:sX8AuN9M
翌朝 食堂

サシャ「・・・・・・あれ? ミカサの姿がないですねぇ」

コニー「ああ 営倉行きだってよ」




                                  おわり 


100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 21:44:44 ID:sX8AuN9M

営倉

教官「アッカーマン訓練生! 入れ!」

ミカサ「・・・」

ライナー「・・・ミ・・・ミカサ!?」

教官「扉を閉めるぞ」ゴゴゴ・・・

ベルトルト「そんな・・・ミカサまで・・・!」棒立ち

ジャン「お、おい、どうしちまったんだミカサ・・・!」

アルミン「ふぇ/// ひっ/// ふぅ・・・ミ、ミカサ・・・!?」

ミカサ「みんな・・・・・・ごめんなさい」

ミカサ「私は・・・・・・負けてしまった」グスッ

ミカサ「あなた達の師匠とはもう・・・名乗れない」グスグス

一同「・・・」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 21:45:34 ID:sX8AuN9M
ミカサ「・・・・・・みんな、体のほうは大丈夫?」グスグス

ライナー「あ・・・ああ! 俺はその・・・慣れてるからな!」

ベルトルト「僕は尻をやられすぎて、まだ座ることが出来ないけれど・・・この通り、元気だよ!」

ジャン「なーにあのくらい、どうってことねぇよ! ・・・っ痛っつつ」

アルミン「僕もたまにへんな所に意識が飛ぶけど・・・ひっ/// 平気さ!」

ミカサ「みんな・・・う・・・うぅ・・・ごめんなざい」グスグスグス 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 21:46:20 ID:sX8AuN9M
ライナー「・・・」

ライナー「なぁ・・・ミカサ・・・みんなで話し合ってたんだが また・・・一から教えてくれよ」

ミカサ「・・・え?」グスグス

アルベルト「・・・ここには全員いるんだよ」ニコッ

ジャン「ああ・・・俺たちパンツ職人がな・・・!」親指グッ

アルミン「またみんなで一から出直そうよ!・・・んん///」

ライナー「みんなもこう言ってる・・・頼むぜ ミカサ師匠!」ニカッ! 


103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 21:46:56 ID:sX8AuN9M
ミカサ(なんて・・・気持ちのいい連中だろう・・・ こんな私に・・・また着いてきてくれるというの?)ズズッ

ミカサ(私は・・・答えなければならない この弟子たちに・・・!)涙グイッ

ミカサ「・・・わかった またみんなで一から出直そう・・・!」

ミカサ「私たちはもう死んだも同然・・・ 恐れるものは何もない・・・!」

一同「おうっ!」



営倉の外

・・・オウッ!

教官「・・・筋金入りの変態どもだなっ!」

                       おわり