1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:16:28 ID:hPlR0fdM
 
 
格闘巨人「「ウオオオオオオオオオッ!!」」
 
 ドンッ  ドゴォッ  ズズーン…

 

コニー「……大丈夫だ。あの巨人は並の巨人より強い」

コニー「あいつが派手に暴れてるうちは、この建物も潰されないだろう」

アルミン「あの巨人は必ずあとで倒す!!」

コニー「べ、別に無理に倒さなくても」

アルミン「とにかく今はここから脱出する方が先だ! ガスは?」

補給班員「ほ、補給所には3、4メートル級が……」

ジャン「それを何とかするのがお前らの仕事だろうが!!」 ガッ

マルコ「よせジャン!」

アルミン「落ち着けジャン! 当て身!」デュクシ

ジャン「うっ」バタッ

アルミン「皆を集めて! 作戦会議だ!」 




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:17:17 ID:hPlR0fdM
アルミン「まず残ってる武器は? 武器!!」

補給班員「た、確か憲兵団管轄の品が……」

アルミン「それを集めてくれ!」

補給班員「は、はい!」

アルミン「ジャンも一緒に!」 ブン  ドシャッ

ジャン「ぐえっ」

アルミン「補給所の見取り図は!?」

補給班員「こ、これです」

アルミン「貸してー!」

 

マルコ「な、なあ。アルミンってばどうしちゃったんだ?」

コニー「エレンが喰われるの見てからなんか覚醒した。やたら腕っ節が強くなった」

マルコ「そ、そうなんだ! 元々頭がきれるから頼もしいね」

コニー「いや頭の方はバカになった」

マルコ「えっ」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:18:16 ID:hPlR0fdM
 

ライナー「……お前ら、あの巨人についてどこまで知ってるんだ」

アルミン「強い。特に左ストレートには要注意だよ」

ライナー「……いやそういうことじゃなくて、何ていえばいいかな。なぁアニ」

アニ「知らない」

アルミン「あっ。そういえばあの巨人は――」

ライナー「! あ、あの巨人は?」

アルミン「蹴りも使っていた。足元から入るのは危険だ。やるならやっぱり上からだ」

ライナー「……あー、お前、あの巨人をやるつもりなのか?」

アルミン「もちろん! ガスさえ手に入れば、駆逐できる!」

アニ「……えっと……あの巨人が味方になるとしたら……」

アルミン「あの巨人とは必ず決着をつける! 戦わなければ、死ぬだけだ!」

コニー「お前まぁだ言ってんのか! 助かってからでいいだろそんなこと!」

ライナー「あ、ああ、そうだな。まずは助かってからだ」 スッ

アルミン「あこら逃げるな! 話はまだ終わってない!!」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:24:49 ID:hPlR0fdM
ジャン「――あったぞ、憲兵団管轄の品だ!」

アルミン「よし!」

マルコ「長身のライフル銃に……通常弾と散弾か」

アルミン「弾なんかは何でもいい。巨人を駆逐できるのなら!」

マルコ「じゃ、じゃあ適当に詰めておこう……」

ジャン「そもそもこの鉄砲は……巨人相手に、役に立つのか?」

アルミン「ないよりはずっとマシだよ!」

アルミン「補給室を占拠している巨人が、何体いようと戦えるさ!」

アルミン「大切なのは戦う覚悟だ。死せる餓狼の意志なんだよ!!」

アルミン「そうだろみんな!」

モブ「……戦う意志……」

モブ「お、おお……」

モブ「おおおおお……」

\ オオオオオオオオオオオオオオオオッッ /

マルコ(え、あれ? 僕がおかしいのかな……) 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:29:29 ID:hPlR0fdM
アルミン「作戦はこうだ」パサッ

アルミン「まずリフトを使って、中央の天井から大勢の人間を投下」

アルミン「そして、巨人を十分ひきつけた上で――発射!」

アルミン「そのまま開戦!!」

マルコ「ええっ!?」

アルミン「みんなでリフトから飛び降り、血湧き肉踊る宴へご招待だ!」

ジャン「そんな無茶な!」

マルコ「それじゃ絶対に犠牲が出ちゃうよ!」

アルミン「慌てないで、ちゃんと別の手は打つ!」

アルミン「天井付近の足場に、何人か潜行させておくんだ」

アルミン「ミカサとか……ライナーとか……適当に」

アルミン「そうすれば前から後ろからで巨人達は大慌てだ!」

アルミン「これで駆逐できる!!」

ジャン「肝心なトコはっきりさせろや!!」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:33:22 ID:hPlR0fdM
マルコ「まずミカサ、ライナー、ベr……えとそこの僕と少しキャラ被ってる人」

ベrrrト「」 ガーン

マルコ「あとはアニ、ジャン……コニー、サシャ」

マルコ「と、とりあえず実力順でこんなところかな。潜行しておくメンバーは」

アルミン「なんで僕が入っていないの!?」

マルコ「ええっ」

コニー「そりゃーお前、指揮るやつが大勢の側に残らねーとまずいだろ」

アルミン「くっそれもそうか」

マルコ「ア、アルミンってそんな好戦的だったっけ?」

コニー「もうめんどくさいから流せ。巻いてけ」

アルミン「仕方ない、7人とも託したよ! 僕の分まで一太刀にこめてくれ!!」

ジャン「てめー勝手なことばかり抜かs」

ミカサ「任せて、アルミン」

ジャン「お、おおそうだ、俺たちに任せろってんだ!」 チラッ

コニー「ジャンってやっぱ俺たち側に近くね?」   サシャ「はひ?」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:35:08 ID:hPlR0fdM
マルコ「その……僕が勝手に選んだメンバーに、全員の命を背負わせてしまって、ごめん」

ライナー「問題ないね」

アニ「誰がやっても失敗すれば全員死ぬ。リスクは同じだ」

アルミン「僕の案だ! きっと最善策だよ!!」

マルコ「ま……まぁ……不安だらけだけど、これでいくしかない」

マルコ「時間もないし……もうこれ以上の案は出ないのかな……ううん……」

アルミン「あとは全力を尽くすだけだ!!」

ミカサ「大丈夫。自信を持って」

ミカサ「アルミンは正解を導く力がある」

ミカサ「私もエレンも、その力に命を救われた」

アルミン「そんなことが! いつ!?」

ミカサ「自覚がないだけ。後で話そう」

アルミン「応!!」

コニー「いちいち声でけえな」 


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:36:12 ID:hPlR0fdM

モブ「リフトの用意ができたぞ!」

モブ「鉄砲もだ、すべて装填した!」

ライナー「もしくはこいつをケツにぶち込む」

アルミン「よし行くぞ!」





キャタキャタキャタキャタ……


ガコン


マルコ「大丈夫……数は増えてない」ガチャ チャキッ

モブs「」 ガチャガチャガチャ  チャキッ

マルコ「作戦を続行する!」

アルミン「巨人共め……!!」

マルコ「みんな頼むから先走らないでくれよ特にアルミン」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:39:48 ID:hPlR0fdM

巨人「」 ズシーン…  ズシーン…

ピタッ…

 

巨人「(にんまり)」 くわっ

 

モブ「ひいいいいいっ」

マルコ「落ち着け! 十分に引き付けるんだ!」

 

巨人「」

巨人「」ズン

巨人「」ズン

 

マルコ「待て……待t」

アルミン「くらえええええええぇぇぇぇ!!」 カチッ バババババ

マルコ「待てって言ってるだろうが!!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:40:31 ID:hPlR0fdM
モブ「うわあああああ!」 バババババ

モブ「あああああああ!!」 バババババババ

アルミン「うおおおおおおおお!!」バババババババババb

マルコ「あーもうメチャクチャだよ!」バババババ

 

ミカサ「始まった!」ダッ

ライナー「こ、これちょっとタイミング早くないか?」ダッ

ベrrt「い、行っていいのか?」ダッ

アニ「……!」ダッ

ジャン「合図ぐらいしろよババア!」ダッ

コニー「マジかよもうスタートかよ!」ダッ

サシャ「あわわ一番出遅れちゃった!」 ダッ

 

アルミン「チッ、弾切れだ! 僕も出る!」 バッ

マルコ「アルミン!?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:41:11 ID:hPlR0fdM
キィン   ザザッッ

ミカサ(とらえた! 皆は?)

 
 ザッ
 
 ザザッ
 
 バッ
 
 スカッ
 
 スカッ
 
 スカッッ
 
 
ベrt「サシャとコニーとジャンとライナーと俺だ!」

ライナー「急いで援護を!」

コニー「やばい……!」

サシャ「ひー」

ジャン「あんなタイミングで出来るか!!」

マルコ「全部アルミンのせいだよ!!」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:41:54 ID:hPlR0fdM
アルミン「ふっ!」

ジャキン!

巨人「」ズズーン…

アルミン「残りは4体か!」

コニー「す、すまねえな」

アルミン「どうも。そして無事ならすぐに立つ!」

コニー「立ってるだろうが!」


巨人「」ズシーン ズシーン

巨人「」ズン ズン ズン


サシャ「ずみ”ま”ぜんでじだああ”あ”あ”あ!!」 ドシャッ

ミカサ「まずい、位置取りが乱れた!」

ライナー「うおおおっやばい捕まる!!」

ベr「捕まった!!」

アニ「くっ、世話の焼ける!」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:42:46 ID:hPlR0fdM
アニ「――ッ!」 ヒュンヒュン

ザクッ

 ザンッ

巨人「」ズシーン   巨人「」ズシーン


ベ「助かりました!」

アニ「どうも」

ライナー「おいおい、危なかったな俺達」

ライナー「ケガをしなくて良かったぜ。本当に」

アニ「」(蹴     ライナー「ぶっ」 ゴンッ

 

ジャン「オイ! まだ二匹残ってんだよ!」

アルミン「うおおおおおおおおっ!」 ザンッ 

巨人「」 ズシーン

ジャン「なにこのアルミンつええ」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:46:09 ID:hPlR0fdM
コニー「残りはあと一体!」

アルミン「だめだ、距離が離れすぎている! 一番近いのは……」

アルミン「マルコ! みんな! 全員降りて来るんだ!」

マルコ「お、終わったのか!?」

アルミン「まだ一体残っている! そいつは、そこにいる全員でかかるんだ!」

マルコ「ええっ」

アルミン「戦え!」

アルミン「戦え!」

アルミン「戦うんだよ!」

モブ「お……おおっ! 戦おう!!」

モブ「相手はたった一体だ! 俺たちなら勝てる!!」

モブ「やってやる! やってやるぞ!!」

\ オオオオオオオオオオオオオオオオッッ /

ピョーン ヘ(^o^)ヘヘ(^o^)ヘヘ(^o^)ヘヘ(^o^)ヘヘ(^o^)ヘ  ピョーン

マルコ「どうしてそうなるんだ!」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:46:44 ID:hPlR0fdM
モブ「この野郎! フクロだ! オラ!」 ドガッドガッ
モブ「銃身アタック! 銃身アタック!」 ディシ! ディシ!
モブ「いいからケツにぶち込め!」 ブスッ ブスッ

アルミン「僕も混ぜろー!」 ダッ

\ オオオオオオオオオオオオオオオオッッ /

 

ジャン「……普通だ。これが現実ってもんだろうな」

ジャン「普通に考えれば、簡単に分かる」

ジャン「どんなでかい奴でも、数の暴力でどうにかなるってことぐらい」

コニー「マジで?」

 

巨人「」 ズシーン  プスプス…

アルミン「勝ったぞおおおお!!」

\ オオオオオオオオオオオオオオオオッッ /

マルコ「……」

マルコ「まぁ結果オーライだし……いいか……」 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 05:47:34 ID:hPlR0fdM

こうしてガスを補充することができた訓練兵たちは

無事に市街地を脱出することができた



その際アルミンは周囲の制止をふりきり

率先して果敢に格闘巨人へと挑んでいった

幸い格闘巨人は弱っていたため 比較的容易に討伐することに成功した



しかし! そんなことでアルミンの闘志が満足するはずもない

次の獲物を屠るべく 城壁の彼方を臨み始めた青く鋭い瞳

さあ行けアルミン! 友のカタキを蹴散らし進め!

アルミンの真の戦いはまだ始まったばかり! さあ急げ置いてくぞコニー!

輝ける明日へ向かって行けアルミン! 飛べアルミン!!



終わり