2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:10:26.57 ID:Nxs3QPTx0
京子「ん~終わった!今日も長い一日だった」

結衣「オイコラ、お前は寝てただけだろ」ペシッ

京子「てへへ…」

京子「まぁそんなことは置いといて」

結衣「置いとくなよ」

京子「部室行こうぜ結衣~」

結衣「ん…あぁゴメン京子」

結衣「今日もちょっと用事があってな…」

京子「えーまた!?もう一週間くらい来てないじゃん」

結衣「本当ごめんな」

引用元: 京子「結衣の意外な一面」 

 

きゃらスリーブコレクション ゆるゆり 歳納京子 (No.68)
エンスカイ (2012-03-25)
売り上げランキング: 25,894
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:10:58.59 ID:Nxs3QPTx0
京子「むぅ~結衣恋人でも出来たのか?」

結衣「な、バカ!変な事言うな」ゴン

京子「いたぁ!」

京子「うぅ…結衣のバカー!!」

京子「次来たときは罰ゲームだからな!」

京子「うわぁ~ん」ダダッ

結衣「あっ…京子!」

結衣「恋人…なんてできるわけないだろ…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:11:32.88 ID:Nxs3QPTx0
京子「というわけで、結衣はまた休みです」

京子「結衣がいないとつまんないなぁ…」

ちなつ「そんな…結衣先輩にもう一週間会ってないんですよ!」

ちなつ「私干からびちゃいますよ!!」

あかり「結衣ちゃんどうしちゃったんだろう…」

あかり「ごらく部嫌いになっちゃったのかな」シクシク

京子「私たちをこんなに悲しませる結衣には……」

京子「お仕置きが必要なんじゃないだろうか!」ダンッ

二人「!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:13:02.12 ID:Nxs3QPTx0
あかり「ちょ、ちょっと京子ちゃん!?」

ちなつ「お仕置きなんて何考えてるんですか!」

ちなつ「そんな理不尽なことばっかしてるから…」

ちなつ「…結衣先輩も愛想尽かしたんじゃないんですか」

京子「むむむ…」

京子「あ~残念だなぁ」

京子「せっかく結衣の意外な一面が見れたかもしれないのに」

ちなつ「!?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:14:29.71 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「…話だけでも聞きましょうか」

京子「食いつきいいねぇ~ちなちゅ!」

ちなつ「ちなちゅ言うな!」

京子「その前に…だ」

京子「二人は結衣の性格をどんな風に感じ取ってるかな」

ちなつ「結衣先輩はとにかくクールです!」

ちなつ「あのクールな瞳と性格に落ちない女はいません!!」

京子「ふむふむ…確かに」

あかり「性格というか」

あかり「言葉づかいはに男の子っぽいところがたまにあるよね」

京子「うむうむそれも言えてる」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:15:47.32 ID:Nxs3QPTx0
京子「どっちも結衣の特徴だよね」

京子「結衣の代名詞というか」

京子「結衣といえばコレ!みたいな」

ちなつ「まぁそうですけど…」

ちなつ「でもそれがどうしたんですか?」

あかり「それとお仕置きがどう関係するのかな」

京子「フフ…まぁまぁ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:17:21.50 ID:Nxs3QPTx0
京子「二人はさ、見てみたくならない…?」

ちなつ「…ゴクリ」

あかり「…」

京子「普段からは想像がつかない結衣を!」

京子「あまりの恥ずかしさに顔を朱色に染める結衣を!!」

京子「恥ずかしさに思わずもじもじする結衣を!!!」

京子「女の子らしく振舞う結衣を!!!!」バンッ

二人「!?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:19:33.01 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「た、たとえば…」

――――――――――――――――――

結衣『ん、はぁ…ん!』

ちなつ『ふふ、結衣先輩…かわいいですよ』

結衣『ち、ちなつちゃんダメだよこんなところで…』

結衣『まだ部活やってる人たちも残ってるし…』

ちなつ『ふーん…』

ちなつ『ならやめましょうか?』

ちなつ『私は全然構いませんよ』

ちなつ『結衣先輩が嫌がることはしたくありませんし』

結衣『そんな…』モジモジ

結衣『ちなつちゃんのイジワル…』

結衣『・・・お願い、続けてちなつちゃん』ウルウル

ちなつ『ふふ、よく言えました結衣先輩』ニコッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:20:25.13 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「み、みたいな感じですか…はぁはぁ」

京子「いやまぁ…そうだけどさ」

京子「そこまでディープなのはちょっと…」

あかり「…っは!」

京子「おかえりあかり」

京子「あかりにはちょっと刺激が強すぎたな」

ちなつ「すみません…ちょっと興奮しすぎてしまいました」

ちなつ「でもいい妄想のネタをもらいました…ふふ」

京子「うわぁ…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:21:39.69 ID:Nxs3QPTx0
京子「てっとり早く結衣がもじもじしちゃう方法があるんだよね~」

京子「なおかつ健全です」ジロッ

ちなつ「な、なんですかその目は!」

あかり「その方法って?京子ちゃん」

京子「うむよくぞ聞いてくれたあかり」

京子「ふふふ、結衣にこれを着せます!」バーン

二人「こ、これは…!」

ちなつ「フリフリミニスカのメイド服…?」

あかり「かわいい~!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:22:58.71 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「でもこんなものどうしたんです?」

京子「作った」

あかり「ほ、ほんとに?京子ちゃん」

ちなつ「ちょっと手先が器用なんてもんじゃすみませんよコレ!」

ちなつ「ほんとこの人は…」

京子「えへへ~もっと褒めろ!」

京子「結衣に着せたら面白いかなと思ってね」

ちなつ「本当は結衣先輩のこと好きなんじゃないんですか京子先輩」ジッ

ちなつ「嫌がらせのためだけじゃこんなもの作れませんよ」

京子「な、な、な、何言ってんだよちなつちゃんったら~」

京子「結衣とはその幼なじみってだけで…」モジモジ

あかり「ふふふ…」ニコニコ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:23:54.80 ID:Nxs3QPTx0
京子「って、私がもじもじしてどうするんだよ!!」

ちなつ「まぁ今のは見なかったことにしてあげます」

あかり「でも、どうやって結衣ちゃんに着せるつもりなの?」

京子「うむ、それはだな…コイツを使おうと思う!」

ちなつ「これは…」

ちなつ「目立ちたgirl、もとい話題BOX…そんなのもありましたね」

あかり「うぅ…あかりその箱にいい思い出がまったく無いよ…」

京子「まぁまぁ…その箱にだね」

【今日一日メイド服を着用する+女言葉で話す】

京子「この紙をぽいっと」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:25:11.58 ID:Nxs3QPTx0
京子「んで、みんなに協力してほしいんだけど」

京子「結衣にしてもらいたいことを紙に書いてくれないかな」

京子「あんまディープなものはダメだからね」ジッ

ちなつ「そ、それくらいの理性はありますよ私だって!」

あかり「何にしようかなぁ~」

・・・
・・


京子「よーしそこまで!」

京子「それじゃ確認するから紙貸してね~」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:26:57.67 ID:Nxs3QPTx0
【おこたでみかんをあーんで食べさせてほしい】

【髪の毛をもふもふしてほしい】

【見つめ合った後に正面からハグ】

【生ひざまくら】

【耳元でその人のすきなところ+愛してるをそっとささやく】

【隣に座って手を握ってほしい】

【京子ちゃんにラムレーズンあーんで食べさせる】

【徹夜で桃鉄99年】

【1分間何も言わずに、ただただ見つめ合う】

【おでこにちゅ~】

【結衣のマンションの合鍵を渡す】

【勢いつけてくるっと一回転】

【プッキーゲーム】

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:28:34.48 ID:Nxs3QPTx0
京子「ふむふむ…」

京子「これを全部箱に入れて…」

京子「私が代表してBOXから紙を一枚引く」

京子「そして、じゃんけんして勝ち残った人が!」

京子「紙に書いてあることを結衣にしてもらうわけだ」

あかり「結衣ちゃんにとってメリットが無いような…」

ちなつ「…そうですよ、都合が良すぎです」

ちなつ「こんなギブアンドギブの遊びに付き合ってくれません」

京子「次来たときは罰ゲームだからなって言っておいたからね~」

京子「大丈夫だよ…たぶん」

ちなつ「はぁ…」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:29:13.68 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「とりあえず」

【京子ちゃんにラムレーズンあーんで食べさせる】

【徹夜で桃鉄99年】

【結衣のマンションの合鍵を渡す】

グシャッ ポーイ

京子「あぁん!」

ちなつ「やっぱり京子先輩でしたか」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:30:20.73 ID:Nxs3QPTx0
京子「とりあえずメイド服の紙は分かりやすいように折り目を付けよう」

ちなつ「姑息ですね…私も結衣先輩のメイド服姿見たいですけど」

あかり「でもあかり執事服の結衣ちゃんが見てみたかったなぁ」

ちなつ「確かに似合いそうだよね」

京子「それも考えたんだけど」

京子「なんか無難に着こなしそうな気がするんだよね結衣って」

ちなつ「あ、分かります!」

京子「もじもじして恥ずかしがる結衣が見たいから」

京子「とりあえず今回はメイド服で!」

京子「今日はここまで」

京子「また明日ねみんな!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:31:53.66 ID:Nxs3QPTx0
歳納自宅

京子「あ~早く結衣のメイド服姿見たいなぁ」

京子「顔真っ赤にするよ絶対」ニシシ

京子「…でも最近ごらく部に来てくれないのはどうしてだろ」

京子「ほんとに恋人でも出来ちゃったのかな…」

京子「私に愛想尽かしちゃったのかな…」

京子「どっちも嫌だよ」

京子「結衣…」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:34:06.88 ID:Nxs3QPTx0
船見家本家

まり「スー…zzz」

結衣「ふふ…」ナデナデ

結衣母「結衣本当にありがとね」

結衣「気にしないでお母さん」

結衣母「まりちゃんのお父さんとお母さんが急に出張になっちゃって…」

結衣母「ウチで預かることになってねぇ」

結衣母「結衣に懐いてるから」

結衣「きっと結衣がいたらまりちゃん寂しくないかと思って」

まり「…ぅにーzzz」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:35:03.94 ID:Nxs3QPTx0
>>30 訂正

船見家本家

まり「スー…zzz」

結衣「ふふ…」ナデナデ

結衣母「結衣本当にありがとね」

結衣「気にしないでお母さん」

結衣母「まりちゃんのお父さんとお母さんが急に出張になっちゃって…」

結衣母「ウチで預かることになってねぇ」

結衣母「結衣に懐いてるから」

結衣母「きっと結衣がいたらまりちゃん寂しくないかと思って」

まり「…ぅにーzzz」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:35:53.29 ID:Nxs3QPTx0
結衣「お仕事ならしょうがないよ」

結衣「それに私小さい子と遊ぶの好きだし」

結衣母「ありがとね結衣」

結衣「明日には戻って来るんだよね」

結衣母「ええ、結衣がいなくて京子ちゃんもきっと寂しがってるかしらね」

結衣「どうだろうね、あいつはそんなタマじゃないよ」

結衣母「結衣ったら京子ちゃんの話になると口元がいつも緩むのね」

結衣「な…!そんなことないから!」

結衣母「ふふ」

結衣「もう、あまりからかわないでよ…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:36:39.38 ID:Nxs3QPTx0
学校

京子「おはよー結衣!」

結衣「おはよ、京子」

京子「今日はごらく部来れるの?」

結衣「うん、大丈夫…もう用事は終わったからな」

京子「そっかそっか、でも罰ゲームだからね」

結衣「な、あれ冗談じゃないのかよ」

京子「私たち三人ほったらかしてを悲しませた罰だ!」

結衣「何だよそれ」

結衣「ったく…分かったよ」

京子「えへへ~」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:37:49.61 ID:Nxs3QPTx0
お昼休み

結衣「私ちょっと職員室行ってくるから」

京子「おっけー」

京子「…ふむ、千歳~」

千歳「ん~歳納さんどうしたん?」

京子「結衣って攻めだと思う?それとも受け?」

綾乃「な、何言ってるのよ歳納京子!!」

千歳「うふふ…面白い質問やな歳納さん」

千歳「船見さんはクールでキリッとしたイメージやからなぁ」

千歳「ずばり攻めやろ」

京子「なるほどねぇ」

千歳「例えばな」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:39:50.57 ID:Nxs3QPTx0
結衣『綾乃!』

綾乃『ふ、船見さん?一人で生徒会室まで来るなんて珍しいわね』

結衣『実は綾乃のためにプリン焼いてみたんだ』

綾乃『ほんと…?』

結衣『お菓子とかあまり作らないから、味は保障できないけど…』

結衣『よかったら食べてほしいんだ』

綾乃『嬉しいわ船見さん』

綾乃『それじゃいただこうかしら』

結衣『うんどうぞ』

綾乃『はむっ……』モキュモキュ

結衣『…』

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:40:16.21 ID:Nxs3QPTx0
綾乃『!?』

綾乃『お、おいしい!これ本当に船見さんが作ったの?』

結衣『よかった…そこまで喜んでもらえるなんて』

綾乃『市販のよりずーっとおいしいわ!』

綾乃『で、でも私いまお返しできるものなんてなくて…』

結衣『…お返しはキスがいいな』

綾乃『何言ってるのよ船見さん!?…冗談はやめて!』

結衣『冗談なんかじゃない』

結衣『嫌だったら、大声出すなり突き飛ばしても構わない』

綾乃『船見さん…そんな嫌なんて』

結衣『そっか、綾乃…目閉じて』

綾乃『……ん』

結衣『ん…』

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:42:57.59 ID:Nxs3QPTx0
千歳「はぁはぁ…なんてのがな」ボタボタ

綾乃、京子「ちょっとまったあああああああ!!」

綾乃「な、な、なんで相手が私なのよ!!」

京子「そうだそうだ!」

千歳「まぁまぁ…それはそうと」

千歳「船見さんがもじもじしてるところって想像できへんのよ」

綾乃「確かにそうね」

京子「うんうん、でもねもしかしたら今日ごらく部来たらそれが見れるかもよ」

綾乃「どういことよそれ」

京子「それは秘密っ!」

千歳「気になるなぁ…今日遊び行かせてもらおうなぁ綾乃ちゃん」

綾乃「そ、そうね…仕方なくなんだからね」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:44:57.97 ID:Nxs3QPTx0
結衣「ただいま、みんな楽しそうだね」ヒョコ

結衣「なんの話してしてたの?」

京子「ふふん、ひーみつ!」

結衣「なんだそれ…ん」

結衣「綾乃、顔真っ赤だよ大丈夫?」ズイッ

綾乃「ふ、船見さん!?」

綾乃「だ、大丈夫だから!心配はノンノンノート ルダムよ!」

結衣「ぷぷっ…」

綾乃(あんな千歳の妄想聞かせられたら…い、意識もしちゃうわよ)

千歳(結綾とは盲点やったなぁ…)ダバダバ

結衣「ぶれないな千歳は…はいティッシュ」

千歳「おおきになぁ船見さん」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:46:46.23 ID:Nxs3QPTx0
放課後 ごらく部

あかり「結衣ちゃん久しぶりだねぇ~」

ちなつ「結衣先輩…相変わらず凛々しくて素敵です!」

結衣「二人とも久しぶりだね」

結衣「ごめんね、なかなかごらく部に来れなくて」

あかり「もう用事はいいの?」

結衣「うん大丈夫」

京子「結衣~二人とも寂しがってたんだからな!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:48:12.77 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「そりゃまぁ寂しかったですけど」

あかり「一番寂しがってたのは京子ちゃんじゃ…」

結衣「へぇ…」

結衣「可愛いところがあるじゃないか京子」クスッ

京子「な、何言ってんだあかり!」

京子「むぅ~」

京子「あかりなんかこうしてくれる!!」

あかり「ひぇ~あかりのお団子を弄ばないで~」

結衣「オイコラ、あかりをいじめるな」コツン

京子「あいたっ…えへへ」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:50:47.00 ID:Nxs3QPTx0
京子「はぁ~それにしてもぬくいなおこたは」

ちなつ「そうですねぇ…」

あかり「ふにゃ・・・」

結衣「おい京子、罰ゲームはどうした」

京子「あ…そうだった」

結衣「私はなければまったく構わないんだけどな」

京子「だめだめ!」

結衣「はぁ…」

結衣「それで、私はどうすればいいんだ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:52:34.02 ID:Nxs3QPTx0
京子「取り出すのは懐かしの話題BOX!」

結衣「あったなそんなの」

京子「この中にね~」

京子「私たちが結衣にやってもらいたい事をいっぱい書いておいたんだ」

結衣「事前に準備済みか…」

結衣「・・・あまり変なことはしないからな」

京子「やってくれるんだ」

結衣「一週間もごらく部休んだ私も悪いからな」

あかり(結衣ちゃん…)

ちなつ(器が大きすぎますよ…)

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:53:19.25 ID:Nxs3QPTx0
京子「どれ、まずは一回目いってみようか!」

京子「どれどれ~そりゃ!」

結衣「お前が引くんかい」

【おこたでみかんをあーんで食べさせてほしい】

結衣「ふむ…これくらいなら」

結衣「誰にやればいいの?」

京子「じゃんけんで決めるよ」

ちなつ(これはほのぼのかつイチャイチャできる…おいしい)

あかり(あかりが書いた紙だ…)

京子「じゃーんけん、ぽん!」

京子グー ちなつグー あかりパー

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:57:50.39 ID:Nxs3QPTx0
あかり「やったーか、勝ったよぉ~!!」

京子「主人公の私があかりに負けた…?」

あかり「んん!?主人公は私だよねぇ京子ちゃん!?」

ちなつ「むきー!!」

ちなつ「ちょっとあかりちゃん、結衣先輩に変な事しないでよ!?」

あかり「あかりそんなこと、しないよぉ」アセアセ

結衣「あかりにおこたでみかんをあーんすればいいのか」

あかり「ぇへへ…よろしくね結衣ちゃん」

結衣「あぁよろしくなあかり」

京子 ちなつ「ぐぬぬ…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:00:31.58 ID:Nxs3QPTx0
結衣「それじゃせまいけど、あかりの隣に座らせてもらうよ」

あかり「うん、座って結衣ちゃん」

結衣「よっとこれはなかなか…せ、せまいな」ギュッ

あかり「そ、そうだねぇ」

あかり(すごい密着してるよぉ…恥ずかしいかもコレ)

結衣(あかりの体温とこたつが心地いいな)

あかり「結衣ちゃん狭くない?大丈夫??」

結衣「あかり大丈夫だよ、心配してくれてありがとな」ナデナデ

あかり「ふぁ…えへへ」

ちなつ「ちょっと、ナデナデなんてオプションありですか!?」

京子「そうだ早く食べさせろ!」

結衣「そ、そんな怒らないでよ二人とも」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:03:11.06 ID:Nxs3QPTx0
結衣「みかんをむいてっと・・・」

あかり(結衣ちゃんの指キレイだなぁ…)

あかり(あまり結衣ちゃんと絡むことなかったから楽しみかも)

結衣「あかり?ほら」

あかり「あ、あーん」モキュモキュ

あかり「おいひ~いつもよりおいしく感じるよぉ」

結衣「ふふ、お世辞がうまいなあかりは…ほらまだあるよ」

あかり「あむあむ…ぇへへ」

京子「なんだぁ~この幸せオーラは…?」

ちなつ「次は絶対勝つ次は絶対勝つ次は絶対勝つ次は絶対勝つ」ブツブツ

結衣「よし食べ終わったな、私は元の席に戻るよ」

あかり「うんありがと結衣ちゃん!」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:06:21.15 ID:Nxs3QPTx0
結衣「これくらいの罰ゲームならなんとか出来そうだな」

京子「くっそー次いくぞ次!!」

京子「…これだ!」

【今日一日メイド服を着用する+女言葉】

結衣「はあああああああああああああ!!??」

結衣「おい、なんだコレ!」

京子「でも、罰ゲームだしぃ~」ニヤ

ちなつ「罰ゲームなら仕方ありませんね」ニヤニヤ

結衣「ちょ、ちょっと二人とも…?」

結衣「…それにメイド服なんてここにないだろ?」

京子「いや~じつはここに」

結衣「あるのかよ!!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:09:48.45 ID:Nxs3QPTx0
結衣「うわ…丈も短いし、フリフリ付いてる」

京子「…」ジー

ちなつ「…」ジー

あかり「…」ドキドキ

結衣「あぁもう分かったよ、着るよ!着ればいいんだろ!?」

京子「やりぃ~さすが結衣様!」

京子「着替え終わったら女言葉も忘れないでね~」

結衣「うるさい」

結衣「ったく…」

ガララッ バタン

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:12:53.79 ID:Nxs3QPTx0
ガラッ

綾乃「歳納京子!きてあげたわよ!」

千歳「お邪魔しますぅ~」

京子「おー二人ともちょうどいいところに…まぁまぁ座ってよ」

京子「今から面白いものが見られるよ」

千歳「うふふ、例のやつやね?楽しみやわぁ~」

綾乃「船見さんがねぇ・・・どうするのかしら」

京子「この箱の紙に書かれたことを結衣が罰ゲームとしてやってるわけ」

京子「今その最中なんだ」

千歳「へぇ~」

千歳(ええこと思いついた!)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:15:52.18 ID:Nxs3QPTx0
ガラッ

結衣「あ・・・あの」

結衣「……着替え終わった」モジモジ

一同「…」

ちなつ「結衣先輩…可愛すぎますよ!!」

あかり「かわいいよぉ~結衣ちゃん!」

京子「似合ってる似合ってる!可愛いよ結衣!!」

結衣「ほ、ホント・・・?」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:17:46.94 ID:Nxs3QPTx0
綾乃「かわいい…」

千歳「歳納さんええ趣味してるなぁ!…眼福やわ~」

結衣「な・・・!綾乃と千歳も来てたのか!?」

京子「結衣~女言葉忘れてるよ!」

結衣「う…それだけは勘弁して・・・」

結衣「本当に恥ずかしいんだ・・・京子お願い」ウルウル

京子「・・・」

京子「分かった分かった結衣、ごめんね意地悪言って」ナデナデ

結衣「ん・・・」

京子(やべーこの結衣可愛すぎる・・・)

千歳「・・・」コソコソ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:20:21.55 ID:Nxs3QPTx0
京子「よし、次の行こうか!」

結衣「まだ続けるのかよ・・・」

京子「もちろん・・・そらっ」

【プッキーゲーム】

結衣「もうなにが来ても驚かないよ・・・」

ちなつ「ついに・・・きましたね」

京子「負けられん・・・ほらみんなじゃんけんだ!」

綾乃「な、なんで私たちもやるのよ!?」

京子「いいからいいから・・・じゃーんけん」

京子パー あかりパー ちなつチョキ 綾乃パー 千歳パー

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:22:36.32 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「きゃああああああああああああああああああ」

ちなつ「やりました、私やりましたよ結衣先輩!」

結衣「あはは・・・」

結衣「お手柔らかに頼むよ・・・ちなつちゃん・・・」

京子「なんでだよぉ・・・」

あかり「ちなつちゃん嬉しそうだねぇ」

あかり(でもポッキーゲームってなんだろう?)

千歳「ウフフ・・・天国やわぁここは」

綾乃「千歳・・・」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:23:57.28 ID:Nxs3QPTx0
結衣「はぁ・・・どうせプッキーも用意してあるんだろ?」

京子「ご名答!はむっ」ポリポリ

結衣「お前が食べるんかい」

京子「えへへ・・・はいプッキー」

結衣「ったく・・・ちなつちゃんチョコ側でいい?」

ちなつ「は、はひ!」

結衣「ち、ちなつちゃん動揺しすぎ」

ちなつ「そんな・・・だって結衣先輩とこんなこと出来るんですよ!?」

結衣(そんなに嬉しいんだ・・・)

結衣「ふふ、それじゃ始めようか」

京子「・・・」ムスッ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:25:00.62 ID:Nxs3QPTx0
ちなつ「はむっ・・・」

結衣「ん・・・いふよ?」

ちなつ「はひ」

ポリ

あかり(な、何これ…プッキーゲームってこんなことするの!?)

ポリポリ

京子「・・・」イライラ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:25:18.04 ID:Nxs3QPTx0
ポリポリポリ

結衣(そ、そろそろ口付いちゃうけど・・・)

ちなつ(結衣先輩の口結衣先輩の口結衣先輩の口結衣先輩の口)

京子(まずい・・・このままじゃキスになっちゃうじゃん)

京子「・・・ハーックシュン!!!!!」

二人「!?」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:26:03.25 ID:Nxs3QPTx0
パキッ

ちなつ「あー!?ちょっと京子先輩空気読んでくださいよ!」

結衣「びっくりした・・・ごめん折れちゃったね」

ちなつ「そんな、結衣先輩が謝る必要なんて全然ありませんよ!」

ちなつ「悪いのは京子先輩なんですから!」

京子「うるせーやい・・・今日は体も心も冷えるんだよぉ」ズビッ

結衣「飲み屋のおっさんかお前は」

結衣「・・・あかりが気失ってる」

京子「あかりは脱落っと」

結衣「オイコラ、起こさないのかよ」

結衣「・・・あかり、不憫な子」

あかり「・・・」アッカリーン

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:29:20.30 ID:Nxs3QPTx0
千歳「ちょっと血が足りへんなぁ・・・でも倒れるわけにもいかんし」

結衣「千歳・・・」

京子「・・・気を取り直して次行くぞ次!」

結衣「もういいって・・・」

京子「何言ってんだ結衣、私がまだやってないだろ!?」

結衣「なっ・・・」

京子「あ」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:29:57.03 ID:Nxs3QPTx0
千歳「うふふ・・・」

綾乃「おこたあったかいわねぇ・・・生徒会室にも欲しいわ」グデー

ちなつ「杉浦先輩・・・」

京子「あぁもう次はこれだー!」

【綾乃ちゃんとキス】

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:33:01.24 ID:Nxs3QPTx0
京子「なんでだよおおおおおおおお!」

千歳「綾乃ちゃんと船見さんがキスするんやねぇ」

結衣「・・・」

ちなつ「こ、こんな紙入ってなかったですよね!?」

千歳「不思議やねぇ」

千歳(まぁ書いてBOXに入れたのウチなんやけど)

綾乃「綾乃ちゃんと船見さんがキス~?」

綾乃「良かったわねぇ綾乃ちゃん・・・」

綾乃「ってなんで私なのよ!?」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:35:39.73 ID:Nxs3QPTx0
結衣「あ、綾乃・・・嫌だったら無理しなくていいからね?」

綾乃「そ、そんな嫌だなんて言ってないじゃない!」

結衣「これは罰ゲームなんだ」

綾乃「そ、そうよ罰ゲームなら仕方ないわ!」

結衣「・・・綾乃」

綾乃「優しくしないと・・・罰金なんだから」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:38:18.26 ID:Nxs3QPTx0
結衣「・・・目閉じて」

綾乃「・・・」

結衣「・・・ん・・・」

綾乃「!?・・・んむっ・・・」

結衣「・・・ん」

結衣「・・・ぷはぁ」

綾乃「はぁ・・・」

千歳「・・・」ドバドバ



京子「・・・・・・・・・・・・・・・」カリカリ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:40:48.22 ID:Nxs3QPTx0
綾乃「船見さん・・・私初めてだったんだから」

結衣「わ、私もだよ」

綾乃「・・・船見さん」

千歳「千鶴ちゃん、楽園はごらく部にあったで・・・」バタッ

京子「お二人さんもう終わったかい」ヌッ

結衣「うわぁっ京子!?」

京子「結衣次で最後だから」

結衣「そ、そうか」

京子「・・・それじゃ最後引くよ」ゴソゴソ



【京子ちゃんが結衣をお持ち帰り】

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:42:58.59 ID:Nxs3QPTx0
結衣「なんだコレ・・・」

ちなつ「これ明らかにさっき入れたましたよねぇ京子先輩!」

綾乃「メチャクチャじゃないの!」

京子「あーこれが出ちゃったか」

京子「みんなには悪いけど、結衣は私が持って帰るからね」

京子「うん罰ゲームは絶対だから」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:48:27.02 ID:Nxs3QPTx0
京子「荷物と着替え持って・・・と」

結衣「ちょ、ちょっと京子!?」

京子「じゃあねみんな」ガシッ

結衣「せめて制服に着替えさせろぉー!」

ガラッ バタン

ちなつ「京子先輩のバカー!」

綾乃「船見さん!」

綾乃「はぁ・・・まったく、ホラ千歳帰るわよ」

千歳「・・・」ダバダバ

綾乃「ひいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:51:08.92 ID:Nxs3QPTx0
帰り道
京子「はぁはぁ・・・」

結衣「京子!ちょっと止まれ!」

結衣「というか力強すぎだろ、おい!」

モブ1「ねぇねぇ、あれ船見さんと歳納さんじゃない!?」

モブ2「ほんとだー・・・って結衣ちゃんメイド服着てない?」

モブ1「可愛いけど・・・どういう状況なの」

モブ2「さぁ・・・」

<メイドサンダー カワイー

結衣「うわぁぁああああ見ないでえええええええ」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:51:49.24 ID:Nxs3QPTx0
結衣の家

結衣「は、恥ずかしかった・・・」

結衣「いろんな人に見られた・・・もうお嫁に行けない・・・」

京子「・・・」

結衣「京子、さっきからどうしたんだ?」

結衣「綾乃とキ、キスした時から様子おかしかったけど」

京子「・・・なんでもないよ」

結衣「何でもないって・・・そんな風には見えないよ」

京子「・・・」ポロポロ

結衣「京子!?」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:53:12.26 ID:Nxs3QPTx0
京子「あれ・・・なんで泣いてるんだろ私・・・ひっく」

京子「なんかね、結衣が他の女の子とイチャイチャしてる見てると」

京子「胸が張り裂けそうになって・・・」

結衣「京子・・・」

結衣「焼きもちやいてたワケか」

京子「お餅なんて焼いてないもん・・・」

結衣「大室さんみたいなこと言うな」

結衣「はぁ・・・」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:55:41.67 ID:Nxs3QPTx0
結衣「自分で考えた罰ゲームで、自分が傷ついてどうするんだよ」

京子「だってぇ・・・」

結衣「頭いいのにバカなんだから」

京子「・・・」グスッ

結衣「・・・ったくしょうがないな京子は」ギュッ

京子「あ・・・」

京子「結衣・・・あったかい」

京子「ごめんね・・・結衣にいっぱい恥ずかしい事させて」

京子「私の事嫌いになったよね」

結衣「・・・なるわけないだろ」

京子「ほんとに?」

結衣「何回も言わせないの」ギュッ

京子「・・・えへへ」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:58:31.97 ID:Nxs3QPTx0
結衣「・・・落ち着いた?」

京子「うんありがと結衣」

結衣「暖かいお茶でも入れるね」

京子「・・・結衣あのさ、ごらく部を一週間休んだ理由って何だったの?」

結衣「まりちゃんの面倒見てたんだよ」

結衣「まりちゃんの両親二人とも出張で家空けちゃってね」

京子「そうだったんだ」

結衣「だから恋人なんかできたワケではないよ」

京子「そっか・・・えへへ・・・」

京子「・・・」ズズッ

京子「あちっ!」

結衣「大丈夫か?」

京子「う、うん」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:00:36.50 ID:Nxs3QPTx0
結衣「そうだ、京子コレ」

京子「遊園地のペアチケット?」

結衣「まりちゃん面倒見てくれたお礼だってさ」

京子「そう・・・だ、誰と行くの?」

結衣「それ言わせるなよ・・・」

結衣「きょ、京子と一緒に行きたいってことだよ!」

京子「私と!?」

結衣「嫌なら無理しなくていいけど」

京子「そ、そんなことない!」

京子「結衣と一緒に行きたい!!」

京子「えへへ・・・」

結衣「ったくもう・・・」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:01:31.45 ID:Nxs3QPTx0
結衣「そういうことだから今週の土曜日空けておいてね」

京子「もちろん!・・・あラムレーズン食べていい?」

結衣「どうぞ、急に図々しくなったな」

京子「安心したらお腹空いちゃってね!」

結衣「まぁ元の京子に戻って良かったよ」

京子「ラムレーズンうめぇ!ところで結衣さん」

京子「いつまでメイド服着てるの?」

結衣「ハッ・・・!なんか着心地いいからつい」

京子「へへ~気に入った?」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:03:57.50 ID:Nxs3QPTx0
結衣「なっ・・・そんなわけあるか!」

結衣「今すぐ着替えてやる」

京子「えー似合ってるのに」

京子「・・・それね実は私作ったんだよ」

結衣「え!?コレ京子作ったのか!」

京子「うんそだよ、結衣に着てもらいたくてね~」

京子「一か月くらいコツコツ縫ってたんだ」

結衣「む・・・」

結衣(そんな事言われたら脱ぐに脱げないんだけど)

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:04:50.98 ID:Nxs3QPTx0
京子「脱がないの?」

結衣「今日一日って約束だからな」

京子「結衣・・・可愛いよ」

結衣「あんまからかうなよ」

京子「照れた?」

結衣「て、照れねーよ」

京子「結衣ったら素直じゃないんだから」

結衣「お前がそのセリフ言うか」

京子「確かにそうだね」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:05:43.34 ID:Nxs3QPTx0
翌日 ごらく部

あかり「ゆ、結衣ちゃんあのね」

あかり「今日はあかりがみかんあ~んしてあげる!」

ちなつ「ゆ、結衣先輩!今日もプッキーありますから・・・その」

綾乃「船見さん・・・今日もよかったらそのキスの練習に・・・」

結衣「あはは・・・」

京子「むぅ~」

京子「結衣は私のもんだ!渡さないからな!」

綾乃「ちょっと、歳納京子!あなたは引っ込んでなさいよ」

ちなつ「そうですよ!」

あかり「そうだそうだ!」

結衣「はは・・・」

結衣(どうするんだこの状況・・・)

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:07:39.14 ID:Nxs3QPTx0
おまけ

京子「髪もおっけー、服もよし、今日もカワイイ京子ちゃん!」

京子「・・・そろそろ駅に行くか」

京子「ふふっ今日は結衣を独り占めしちゃうもんね~」

京子母「あら、京子お出かけ?」

京子「うん、ちょっと結衣とね」

京子母「ふーん、そんなおめかししてデートかしら?」

京子「なななななんでそうなるの!?」

京子母「分かりやすい子・・・あんた達ほんと仲良いわね」

京子「いいじゃん!もうあんまからかわないでよ!」

京子「いってきます!」

京子母「ふふ・・・」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:08:45.24 ID:Nxs3QPTx0
なもり駅

京子「お~い結衣~!」

結衣「おっ京子・・・今日はずいぶんと気合入ってるな」

京子「へへ~んだって結衣とのデートだからね!」

結衣「そ、そうか・・・」

京子「お?照れた??」

結衣「・・・ねーよ、ほら電車来るし行くぞ」ギュッ

京子「わわっ・・・えへへ」

京子(さりげなーく手繋いじゃってさ・・・ふふ)

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:09:38.73 ID:Nxs3QPTx0
<あ 次は ななもり 駅 でぇす

結衣「ここで降りるからね」

京子「うん、ところでなんて遊園地に行くの?」

結衣「ナモリパークだってさ・・・つい最近出来たらしい」

京子「へぇ~楽しみだな」

結衣「ふふ・・・じつはお弁当も作ってきたんだ」

京子「本当に!?」

結衣「ほんとほんと」

京子「楽しみすぎてもうお腹空いてきちゃった」テヘヘ

結衣「ったく・・・」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:11:33.61 ID:Nxs3QPTx0
ナモリパーク

京子「うわぁすっごい人だね」

結衣「最近できたばっかりらしいからね」

京子「はぐれたらどうしよっか」

結衣「・・・」ギュ

結衣「こ、これならはぐれないだろ」

京子「う、うん・・・」

京子「・・・」

結衣「恥ずかしいから無言はやめて・・・」

京子「だ、だってさ・・・これ恋人握りってヤツ」

結衣「あぁもう!ほら行くぞ!」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:10:37.58 ID:Nxs3QPTx0
京子「まずはメリーゴーランドだ!」

京子「次はコーヒーカップ!!」

京子「そしてジェットコースター!!!」

結衣「落ち着けって乗り物は逃げないよ」

京子「そだね」

京子「待ち時間もさ・・・結衣と一緒だとあっという間だねきっと」

結衣「藪から棒だなほんと」

結衣「・・・まぁ私も苦痛ではないかな待ち時間は」

結衣「京子とお喋りできるしね」

京子「・・・えへへ」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:13:25.39 ID:Nxs3QPTx0
京子「見てみて~結衣変なマスコットいるよ!」

結衣「オイコラ、変って言うな」

結衣「えーっとなもりっていうらしいね」

結衣「マンガを書くのが好きなくらげ・・・?」

京子「変なの~」

結衣「・・・あの写真撮ってもらえます?」

なもり「・・・」コクコク

結衣「ふふ、それじゃお願いします!」

結衣「京子ほらこっちおいで」

京子「うん!」

結衣「お願いしま~す」

なもり(え!?私が君たちの写真を撮るの?)ガーン

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:15:10.04 ID:Nxs3QPTx0
京子「お腹空いた~結衣のお弁当食べよ?」

結衣「はいはい」パカッ

京子「美味しそう~・・・から揚げ、たこさんウインナー、卵焼き・・・」

京子「結衣さん・・・あなたのお弁当を毎日食べたい」キリッ

結衣「食費もバカにならないな」

京子「むー!」

京子「・・・ねぇ結衣、他の人から見て私たちってどう映ってるのかな」

結衣「さぁ、仲のいい女友達かな」

京子「・・・そっか・・・じゃ」

結衣「へ?・・・ちょ」

チューッ

京子「これなら?」

結衣「こ、恋人同士です・・・」

京子「よろしい」フフン



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:17:23.01 ID:Nxs3QPTx0
京子「よし、次はジェットコースターだ!」

結衣「ちょ、ちょっと大丈夫なの?さっきお昼ごはん食べたばっかりだよ?」

京子「大丈夫だって!ほら、行くぞ~!」

結衣「はぁ・・・ったく」

・・・
・・


京子「気持ち悪ぃ~うっぷ」

結衣「ほんとバカだよな京子って・・・胃薬飲んで芝生で休も?」

京子「ごめんね・・・」

結衣「ホラ、ひざまくらしてあげるから休んでな」

京子「う、うん」

結衣「・・・」ナデナデ

京子「んぅ・・・」

京子(これはこれで幸せかも・・・)

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:19:47.37 ID:Nxs3QPTx0
観覧車

結衣「みて京子私たちの街があんなに小さく見えるよ」

京子「ほんとだキレイだね」

京子「・・・ねぇ結衣、今日ほんとに私で良かったの?」

結衣「京子・・・あのね、好意がなければデートなんか誘わないよ」

京子「結衣・・・ごめん隣座るね」

京子「・・・」

京子「私ね結衣のことが大好き」

京子「可愛い結衣も、かっこいい結衣も、お料理上手な結衣も」

京子「全部大好き」

京子「・・・」

京子「迷惑かけると思うけどこれからもずっと側にいてほしい・・・」

結衣「・・・」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 02:22:18.89 ID:Nxs3QPTx0
結衣「私も京子と同じ気持ちだよ」

結衣「甘えん坊な京子、泣き虫な京子、みんなに迷惑かける京子、みんなを笑顔にしてくれる京子」

結衣「全部大好きだよ」

京子「結衣ぃ・・・」

結衣「ホラすぐ泣かないの」ナデナデ

京子「だって・・・嬉しくて」

結衣「もうすぐ雪が降っちゃうけどさ・・・」

結衣「二人でならきっと寒くない」ギュッ

京子「・・・そうだね!」

結衣「ずっと一緒だよ、京子」

京子「うん!」

おわゆり