1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:18:52 ID:6YI9Wupg
こんなに遠くに来たのは初めてだ。
雨に降られ、風に吹かれ。
崖を行き、森をいくつ越えただろう。

見たこともない景色が眼科に広がり、
友の手が私を強く握る。

その橋は永遠に続くようにも、
すぐに果てるようにも感じられた。

友の名はワンダ。

私の名はアグロ。

これは私たちの命を懸けた物語だ。 


転載元:黒馬と友達
 

ICO/ワンダと巨像 Limited Box (特製ブックレット、プロダクトコード同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2011-09-22)
売り上げランキング: 2,437
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:19:43 ID:6YI9Wupg
ワンダと初めて出会った時、ワンダの背は今の私の膝くらいだった。
物静かだけれど、私を優しく撫で、
「あぐろ、あぐろ」
と覚えたての私の名前を何度も呼んでくれた。

ともに草原を駆け、気づけばワンダは私の背にまたがり、
私はワンダの足となり、風のように駆け回った。
ワンダは私のだいすきな人になった。 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:20:15 ID:6YI9Wupg
ある日ワンダと村を歩いた。
食べものや、雑貨を買いに来た。
帰りしな、手綱がびくんと引かれた。
顔を上げると、太陽のように暖かく、
風のように優しい笑顔の少女が立っていた。

彼女の名はモノ。 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:20:50 ID:6YI9Wupg
ワンダとモノは、それはそれは良い仲になった。
モノとワンダを背に乗せて、
ゆったりと草原を走った。

風と競争するような力強い走りも好きだが、
風と散歩するような、こんな走りも好きになった。

二人と私はずっと一緒だった。
モノが一人で私に跨ったとき、バランスを崩して
モノが私の体に抱きついた。
ワンダは一瞬焦った顔をしたけれど、すぐに大きく笑った。
モノも笑った。
私はモノに抱きしめられながら、
モノも私のだいすきな人になった。 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:21:25 ID:6YI9Wupg
ずっとずっと一緒にいたいなと思った。

ずっとずっと。 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:21:59 ID:6YI9Wupg
きっとそれがいけなかったんだ。

ずっとずっとじゃ足りなかった。

ずっとずっとずっと。
そう願えば良かったんだ。 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:22:34 ID:6YI9Wupg
モノがしんだ。



ワンダは泣いた。
その声は朝も夜もなく、私の耳に届いた。
物静かで、無口なワンダ。
「モノ、モノ」
ただ彼女の名を叫んだ。

涙が枯れたワンダはどこかへ消え、
戻るとモノの亡骸を毛布で来るんだ。
弓を背負い、ワンダは何も言わずに私に跨る。

かける言葉も見つからない。
私にあるのは駆ける足。

途方もない距離を、ただひたすらに駆けていった――― 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:23:18 ID:6YI9Wupg
たどり着いた城の戸が開く。
私は屋上から漂う甘い香りに惹かれていたが、
城の中からこみ上げてきた嫌悪感に震えた。

踏み入れた城の中、小さな池が出迎えてくれた。
奥は天井が高く、いくつもの像が私たちを見下ろす。
それは城というよりも、教会に近い気がした。
ただ、村にあったそれとは違い、
ここにはなにか、弓矢でどこからか狙われているような、
嫌な雰囲気が漂っている。

光の中にベッドのような台が見えてきた。
ワンダは私の背からモノの亡骸を抱き降ろすと、
その台に寝かせ、毛布を剥いだ。
その後ろ姿は、あまりに切なく――― 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:23:59 ID:6YI9Wupg
!!なんだこれは!!
やめろ!!私に触るな!!
ワンダ助けて――

どこから湧いたのだろう。
無数の黒い影が私に迫ってきていた。
ワンダは怯えることなく、前を見据えている。
モノが亡くなった日から変わらない、
深く悲しい瞳で。

ワンダが剣を抜く。
見たことない剣だったけれど、
その剣に照らされた途端、影が消えていく。 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:24:41 ID:6YI9Wupg
同時に雷が響き、天から声が降りてきた。

ドルミン

私が知る中で最も邪悪という言葉が似合う声だった。

怯える私を置いて、ワンダはそいつと会話を進める。
そうなることが分かっていたように。
そうなることを望んでいたように。
ドルミンとワンダは契約を結んだ。

モノの魂。
巨像の破壊。

それが全てで、これが始まり。 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:25:18 ID:6YI9Wupg
ワンダは私の手綱を握り締め、城から飛び出した。
しばらく行くと崖に行き着く。一心不乱にワンダが登る。
不安でずっと見上げていた。

ワンダはどこへ行ったのだろう?
ここで待ってていいのかな。

登り続けるワンダを見つめ、見えなくなって顔を下ろす。
不安で、怖くて、寂しくて。 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:26:07 ID:6YI9Wupg
だけど私はワンダを信じr―――――

「ヴオォォォオォオォ!!!!」

今までに感じたことのない地響きと、雄叫び。
ワンダの登った崖の上からだ!!

ワンダは見えない。

けれど蠢く大きな黒い影は見えた。

それはここから見ても大きい。
怯えて体が震える。

ワンダ・・・!! 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:27:12 ID:6YI9Wupg
待つしかない。
何度も繰り返す地響きと、雄叫びの中、
駆けるしか脳のないこの四肢を呪い、
ただひたすら待った。


「・・・ウォォオオォ・・」

どのくらいの時間が経ったのかはわからないけれど、
今までにないくらい悲痛な雄叫びと、地響きがこだました。
そして静寂に包まれた。

ワンダはどこ!!

帰りをただ待った。
刹那、
あのドルミンの邪悪を感じ、
光の柱が崖の上を照らした。 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:27:54 ID:6YI9Wupg
城の方から何かが砕ける音と、
ドルミンの声が聞こえる。
呪った四肢を全力で振り回し、
城へ急いだ。 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:28:40 ID:6YI9Wupg
城の中には砕けた像と、
傷ついたワンダがいた!

嬉しくて駆け寄る私に目もくれず、
ドルミンから何を聞いたのか、
モノの亡骸を見つめながら、
今まで見たことのない、
とても恐ろしい微笑みを見せた。 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:29:21 ID:6YI9Wupg
あの日から凍りついたワンダの感情。
モノを救えるかもしれないという、
希望を見つけたのだろうか。
あれが希望の微笑みならば、
希望とはそれほどまでに
恐ろしいものなのだろうか。 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:29:52 ID:6YI9Wupg
やっと私に気づき
「アグロ!」
と私を呼んだ。
その声も表情も、さっき見せた微笑みは見当たらない、
モノがいたころのものだった。

私はなんだか嬉しくなって、
あの大きな黒い影のことも、
今思っていた事全て、
一瞬で消えてしまった。

ワンダが呼んでる!! 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:30:27 ID:6YI9Wupg
ワンダは私を撫で、背に跨ると。
再び城から飛び出した。

こうして見ると、ここは駆け回るにはもってこいだ!
いろんな地形があって楽しい限りだ。
あの日からこんなふうに風と競争することもなかった。
すっかり忘れていたけど、やっぱり楽しい!
ワンダがいる!
ワンダを感じる!
嬉しいなぁ!! 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:32:01 ID:6YI9Wupg
ぽっかり空いた大地にかかる、
細くうねる橋を渡って、
穴のそこへと続いてく
これまた細い道を行く。
慎重に慎重に。
危ない道だものね!ワンダ


振り返って見えたワンダの表情に戦慄した。
そこにモノのいた頃の笑顔はなく、
深い悲しみの瞳と、
歪んだ希望の微笑みがあった。 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:32:51 ID:6YI9Wupg
忘れていたんじゃない。
忘れたかったんだ。
ワンダは昔のワンダじゃない。

もうあの頃には戻れないのかな。

いつの間にか穴の底に到達していた。 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:33:32 ID:6YI9Wupg
穴の底は薄暗く、
気持ちをより一層陰鬱にしていく。
壁に洞窟のようなものが見え、
そこに向かって進んでいく。 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:34:04 ID:6YI9Wupg
洞窟には扉のようなものが見えt――――

ドォォン!!・・・ドォォォォン!!

なにかが扉を叩いている・・!!
扉を叩く音と共に、体を突き上げる地鳴り。

ドォォォッッッ・・・!!
「ブオォォォオオォォ!!」


なんだ・・・コレ・・・!! 


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:35:22 ID:6YI9Wupg
目の前に現れた大きな黒い影。
大きなという言葉しかないのが悲しいくらい大きい。
生き物なのかはわからないけれど、
城がそのまま動いているような大きさだ。

― 巨像。
ドルミンの言っていた、
崖の上で見た影が、コレだったんだ・・・!! 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:36:05 ID:6YI9Wupg
逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなky・・・!!

今までに聞いたことのない心臓の鼓動。
それが私自身のものだと気づくのに少し時間がかかる。

私の足が動き始めると、手綱は逆に向けて引かれた。

ワンダの顔を見る。
あの恐ろしい微笑みをたたえ、
今までにないくらい強く手綱を引いている。 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:36:49 ID:6YI9Wupg
ワンダは見知ったように、弓を弾き巨像を跪かせる。
跪いた衝撃の大きさに悲鳴をあげる私から飛び降りて、
巨像の背に駆け上がるワンダ。

逃げ惑いながらもワンダを見つめる。
真っ黒な血を体に浴びながら、
ワンダは巨像に剣を突き立てる。
そこにさっきまでの微笑みはなく、
モノを亡くした日の悲痛な瞳が見えた。 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:38:50 ID:6YI9Wupg
ワンダが大きく剣を振りかぶり、
突き立てた。
巨像は、切なく悲しい鳴き声を上げながら、
息絶えた。

すると巨像の中からドルミンに感じた邪悪が
黒い蛇のように溢れ出てきた。
私は体を仰け反らせ怯えそうになる足を地面につきたてる。

ワンダを救わなくちゃ!! 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:39:36 ID:6YI9Wupg
ボロボロになったワンダが巨像のそばで立ち尽くしている。
生気を奪われたような、ボロボロのワンダ。

急いで逃げなきゃ!

ワンダを救わなくちゃ!!


・・・・ズチャッ・・・・!!

ワンダの体がくの字に折れる。
巨像から出てきた蛇のようなドルミンの邪悪が、
ワンダの体を突き刺したのだ。 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:40:52 ID:6YI9Wupg
ワンダ!!!

口から黒い煙を放ち倒れるワンダを、
天空から光が包みこむ。
まぶしさに遮られ、ワンダを見失い、
光が収まるとワンダは消えていた。

城に戻ると、砕けた像とワンダ。

もう、戻れない。

その時その思いは、確信に変わった。 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:41:28 ID:6YI9Wupg
私たちはひたすら駆けた。
風を追い越し、心を殺し。

私の体はボロボロで、
それでも足を振り回す。

ワンダの体もボロボロで、
それでも手綱を握りしめ。 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:42:33 ID:6YI9Wupg
ほとんどワンダ一人の戦いだった。
私ができるのは巨像の断末魔を共に受け止めるだけ。

時には共に戦った。

襲い来る恐怖。立ち向かう狂気。
目の前で潰える巨像の命。
くすんでいくワンダの瞳。 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:43:16 ID:6YI9Wupg
できることなどなにもなく、
戻る場所はどこにもない。
邪悪な希望にすがりつき、

一心不乱に駆けていた。 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:44:57 ID:6YI9Wupg
いつのまにか城の像は、あと一つになっていた。
ワンダは巨像の血を受けて、
体中黒く染まっていた。
ほとんど気力だけで立っているような状態。
私を呼ぶ声もかすれて風に消えそうだ。
それでも私を引く手綱は、どんどん力強くなる。

歪んだ希望を見つめながら、
最後の巨像へと向かった。 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:47:08 ID:6YI9Wupg
最後の巨像へと向かう道程、
ワンダが不意に私を抱きしめた。
抱きしめたのか、バランスを崩したのかわからない。

そして耳元で
「アグロ」
と私の名を
かすれた声で囁いた。 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:49:18 ID:6YI9Wupg
その先の言葉は聞こえなかった。

私はモノに抱きしめられたときのことを思い出し、
変わり果てた私とワンダを想う。

この戦いが終わったら、また三人で過ごせるのかな。
そしたら今度は願うんだ。

ずっとずっとずっと。 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:51:02 ID:6YI9Wupg
変わってしまったかもしれない。
汚れてひしゃげてしまったかもしれない。

けれどどんなに汚れても
形がいびつになったとしても
変わらないものはここにある。

モノへの想い。ワンダへの想い。

また三人で風とともに・・・ 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:51:41 ID:6YI9Wupg
そんなことを思っていると、森の奥の扉にたどり着いた。

最後の戦いだ。

また三人で。

歪んだ希望でもいい。また三人でずっとずっとずっと。 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:52:24 ID:6YI9Wupg
そびえ立つ遺跡。

この上に最後の巨像がいる。

足場の悪い橋。ちくしょう最後の最後に。

でも私にできるのは、ワンダを見送ることだけだ。

それならせめて――― 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:53:48 ID:6YI9Wupg
飛び上がる私。

砕ける橋。


届け届け届け届け届け届け届け
届け届け届け届け届け届け届け
届け届け届け届け届け届け届け
届け届け届け届け届け届け届け
届け届け届け届け届け届けとdッ!!


間に合わない。と思うよりも先に体が反応していた。

首を反らせ、その反動で思い切り手綱ごとワンダを壁に投げつけた。 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:55:50 ID:6YI9Wupg
砕けた橋とともに、落ちていく私。

遠くなる空。

痛みばかりの日々。

だいすきな人。

目を閉じた私の前に

少し前の思い出が蘇る。

走馬灯を馬である私も見るのか。 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 10:59:02 ID:6YI9Wupg
――――いつだったか巨像を探しているうちに、
なぜか海岸にたどりついたことがあった。

ただ巨像だけを求めていたワンダが
唯一あの時ふっと肩の力を抜いた。

そして私から降りて駆け、
振り返りながら

「アグロー!」

と私を呼んだ。
その顔には少しだけ、
三人の頃の笑顔が差し込んでいて。
私も水をバシャバシャと弾きながら
風と競争した。

ああ。そうだ。あの時少しだけ戻ったんだ。

二人だけだったけど、戻れたんだ――― 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:00:29 ID:6YI9Wupg
ッパーン!!

体が水で貫かれるような衝撃とともに、
深く深く水のそこに押し込められていく。
かすかに私の名前を呼ぶ声が聞こえる。

意識が遠のいていく。

ワンダ・・・モノ・・・

私のだいすきな人。

ずっとずっとずっと。

一緒に。 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:02:25 ID:6YI9Wupg
―――アグロ―――

なぜだろう。闇の中の水泡の奥から
モノの声が聞こえた気がした。

水面が見える。

戻れるんだ。

私たちは。

四肢をぶん回して水上へ向かう。 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:03:02 ID:6YI9Wupg
そうだ。願ったんだ。

今度はずっとずっとずっと三人で。 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:03:55 ID:6YI9Wupg
無我夢中で川岸を探す。
足に鋭い痛みが走り、下半身が水中に飲み込まれそうになる。
いつの間にか降り始めた雷雨の中、
必死に川岸を目指す。

ワンダを悲しませたくない。

モノを悲しませたくない。

何より私は

だいすきな二人に会いたい!! 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:04:56 ID:6YI9Wupg
痛みを抱えた足を、川から少し入った林の中で休ませる。
あれだけ当たり前に使っていたけれど、もう私の足じゃないようだ。

風と競争はかなわないかなぁ。
でも三人だったらゆっくり散歩もできるよなぁ。

雨が止んだらゆっくり城に戻ろう。

そしたらワンダもモノもいたりして。。。 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:06:12 ID:6YI9Wupg

一本使えないだけでこうも動けないのかと、
からだの不思議を感じながら、
二人の待つであろう城を目指すアグロ。

やっと見えてきた、すでに郷愁すら感じるドルミンの城。
不意に城の方から凄まじい光と突風が吹き、
アグロはかがまずにはいられない。
なにかが崩れる音が続く。 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:06:53 ID:6YI9Wupg
聞きなれない音や光にアグロは、

「きっとワンダが最後の巨像を倒したんだ!」
「そしてモノの魂の儀式が行われたんだ!!」

と感じずにはいられない。
傷ついた足をかばいながら、なんとか城にたどり着いた。 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:08:49 ID:6YI9Wupg
階段を登りきると光に照らされた白い衣がなびく。

太陽のように穏やかで風のように優しい、
ずっと会いたいと望み、願った人がそこにいた。

「アグロ・・!」

自身の命を救ってくれたその声と、
ずっと願っていた優しい手のぬくもり。

歪んだ希望は、
あまりにも美しく
尊い現実を与えてくれたのだ。 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:09:46 ID:6YI9Wupg
不思議と城の邪悪さは消えていた。
像はすべて壊されていた。
像以外の床や壁も壊れていた。
何かがおかしい。
アグロは感じていた。

いつもそこにいたはずの
いつもそばにいたはずの

ワンダがどこにもいなかった。 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:11:15 ID:6YI9Wupg
何かがおかしいと私は感じていた。
すると城の奥から、

・・・おぎゃぁ・・・

小さな泣き声が聞こえる。

入口にあった小さな池の方からだ。
モノとともに歩いていく。
私のあゆみに合わせて、
支えてくれるように共に歩いていく。 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:12:02 ID:6YI9Wupg
この声はきっと。

痛みをこらえながら、確信めいたその希望に手を伸ばす。

池の中は干上がり、中に小さな赤ん坊がいた。 


52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:12:43 ID:6YI9Wupg
モノが死んでから、

ワンダがここに来てから、

ワンダとドルミンが契約を結ぶ間、




私は願っていた。

ずっとずっとずっと三人で。 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/31(金) 11:13:31 ID:6YI9Wupg
私はあの甘い香りのした屋上へ向かう。

傷ついた体を休めるために。

優しい光の中で、変わり果てたワンダとモノと私。

ずっとずっとずっと三人で。

また風と散歩するように駆けよう。

これは私たちの命を駆ける物語なのだから。

【完】