1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:00:59.51 ID:5O6IKAW+0

留美「(……今日の仕事場に向かっている途中に……スマフォを落としてしまったわ……)」

留美「(電車を降りたところでは持っているのを確認した……たぶん、この道すがらに落としてしまったんでしょう……)」

留美「(幸い、時間に余裕はある……少し探してみましょうか……)」

少年「ん……あの人は……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374663659

引用元: 少年「あの人は……アイドルの和久井留美!?」 

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:02:50.47 ID:5O6IKAW+0

少年「もし……お姉さん、どうされました?」

留美「? 私の事?」クル

少年「……もしかして、アイドルの和久井留美さんですか?」

留美「え……ああ、そのとおりよ」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:04:20.12 ID:5O6IKAW+0

少年「おお、やはり……よく、テレビで拝見させてもらってます」ペコリ

留美「あ、ああ……これはどうも。知ってくれていて、私もうれしいよ」

少年「あの……不躾かもしれませんが……何か、お困りですか?」

留美「え、えーと、実はスマフォを落としてしまって……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:05:01.88 ID:5O6IKAW+0

留美「(しまった……これは、いうべきことではなかったかしら……?)」

少年「どこで落としたのか、わかりますか?」

留美「ああ……たぶんだが、この近くだとは思うのだが……」

少年「……お時間は大丈夫ですか? よければ、探すのを手伝いますが……」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:06:06.00 ID:5O6IKAW+0

留美「い、いや! 時間に余裕はあるが……そんなことは……」

少年「俺も暇ですし……遠慮なさらず」

少年「そうですね……5分くらい探してみて見つからないようなら、少し離れた所に交番がありますから、そこに届を出しましょう」

留美「……そ、そこまで言うなら……お願いしようかしら……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:06:49.22 ID:5O6IKAW+0

留美「(物おじせず、落ち着いた子ね……中学生くらいかと思ったけど、高校生かもしれないわ)」ゴソゴソ

留美「(それよりも、あの感じ……どこかで……)」

少年「あ……すみません、和久井さん! スマフォが落ちてたんですが……これ、そうですか?」

留美「あら……うん、機種も色も同じ…………私のもので間違いないわ」

少年「よかった……結構あっさり見つかりましたね。なによりです!」ニコ

留美「!」ドキッ

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:07:28.46 ID:5O6IKAW+0

留美「(ちょ……わ、私なにこんな子供にトキめいているのよ……!)」

留美「(……というか……さっきの笑顔といい……どこか、既視感……)」

モバP「あれ……和久井さん? 何かあったんですか?」

留美「ぷぷぷぷプロデューサー君!? なんでここに……!?」

モバP「いや、和久井さんとは今日の仕事場で合流する事になってたでしょう? ここからは実質一本道なんですよ」

少年「あ、父さん」






留美「……え?」





留美「え?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:08:44.62 ID:5O6IKAW+0

留美「えーと……確認するとその少年は……君の息子で……間違いないんだね?」

少年「改めて……はじめまして、●●と申します。いつも父がお世話になっております」ペコリ

モバP「まーたお前は、こまっしゃくれてくれちゃって」グリグリ

少年「や、やめてよ父さん!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:09:50.30 ID:5O6IKAW+0

留美「ごめん、ちょっと聞きたいのだけど……プロデューサー君、キミ……何歳だったかしら?」

モバP「32……あ、今月末で33歳になりますね」

留美「ああ……そうだったわね、ありがとう(そうだった……見た目若いから忘れがちだけど、私よりも年上だったんのよね……)」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:11:03.60 ID:5O6IKAW+0

留美「(あれ? ということは……)」

留美「えーと、少年君、キミは……いくつなのかな?」

少年「はい、今年9歳になりました」

留美「まさかの一ケタ!?」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:11:51.79 ID:5O6IKAW+0

モバP「ははは……俺は背は低いんですけど、コイツは妻に似たのかでかいんですよね、年の割に」グリグリ

少年「だから、やめってってば父さん……」

モバP「なーに、お前はすぐに俺の背を追い抜くさ! これもすぐにできなくなる!」

留美「つ……妻ってことは……」

モバP「え、ああ! 間違いなく、血のつながった親子ですよ、俺ら」

少年「よく兄弟に間違えられるよね、俺ら」

留美「ふふ……ふ……さいですか……」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:15:43.05 ID:5O6IKAW+0

留美「(既視感があるわけね……あの子の態度とか笑顔とか……プロデューサー君そっくり……)」

留美「(これは……親子だというのも、納得だわ……)」

モバP「そういや、お前はなんでここにいるの?」

少年「ああ、友達と待ち合わせしてたんだけど早く来すぎちゃって……ぶらぶらしてたんだよ」

モバP「あー……いいな、学生は夏休みで……」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:21:10.06 ID:5O6IKAW+0

モバP「おっと、そろそろ時間だな……和久井さん、いきましょうか」

留美「え? ええ……そうね」

少年「それじゃあ、俺も行きますね。父さん、和久井さん、お仕事頑張ってくださいね」

モバP「ははは、いってくれるな! じゃ、お前も気を付けて行けよ?」

少年「和久井さん、それでは! 今日は友達にアイドルに会えたって自慢できますね」

留美「ええ……そうね……」

モバP「おいおい……」

少年「はは……別に父さんの職業をおおっぴらに話すことはしないよ。偶然出会って別れた、だけにしとくさ」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:24:11.96 ID:5O6IKAW+0

留美「全く知らなかったわ……プロデューサー君に息子がいるだなんて……」

モバP「あれ? 言った事ありませんでしたっけ? まあ、積極的に話題に出したことはないかな……」

留美「それに……結婚してるなら、指輪ぐらい付けておきなさいよ……」

モバP「あー……和久井さんに会う前は、付けてたんですけどね……」

留美「……え?」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:25:01.99 ID:5O6IKAW+0

留美「(え、ちょっと、どういうこと!? 私に会う前には指輪を付けていた→私に会うときはハズしていた→モバP「和久井さん、俺のココ空いてますよ?」ってアピールと言う事? そ、それって……)」

モバP「ちょっと思うところありましてね……」

留美「プ、プロデューサー君!? 流石に、その、それは息子くんも悲しむのでは……!?」

モバP「え? いや……そうかもしれませんがね……いつまでも妻の事を引きずるのもどうか、と思いまして……」

留美「(ええぇえええ!? 浮気じゃなくて本気!? 本気ってことなのプロデューサーくん!?)」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:29:17.29 ID:5O6IKAW+0

モバP「今から4年前……息子が5歳の時に妻が亡くなりまして、その時ですね、恥ずかしながら俺、ものすごく落ち込んでしまって……」

留美「え……あ……?」

モバP「何とか生活する、くらいの気力はあったんですが……あの頃の俺は、とても父親じゃなかった……」

留美「…………」

モバP「親類にも、叱咤されましてね……お前が息子に支えられてどうするんだって……」

留美「息子くんが……?」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:32:26.69 ID:5O6IKAW+0

モバP「親ばかかもしれませんが……息子は昔からかなりのしっかりものでね……」

モバP「俺が悲しみに暮れて、碌にあいつの事見てやれなくても、自分の事を自分でしちゃうんですよ」

モバP「そこに甘えてしまって……あいつを『しっかりものにするしかない』状況においこんじゃったんですよね」

留美「……」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:34:42.25 ID:5O6IKAW+0

モバP「だから……妻の思い出は、一時封印したんです。俺、気を持ってないと、思い出に甘えてしまうから……」

モバP「……って、なにいってんだって感じですよね、すみません、変な話して……」

留美「……」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:37:30.88 ID:5O6IKAW+0

留美「プロデューサーくん……私は、その方法、賛成しかねるわ……」

モバP「和久井さん……?」

留美「奥さんの事、愛していたんでしょう? それこそ、亡くした時にダメになるくらいに……」

留美「どうしても私には……無理やり忘れて、乗り越えてるように見えるの」

モバP「……」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:40:05.79 ID:5O6IKAW+0

留美「その……私がどうこう言うのは、おかしいのかもしれないけど……」

留美「無理やり思い出にするんじゃなくって……その、キミと息子君で、自然に思い出にすべきじゃないかしら」

モバP「自然に……」

留美「ごめんなさい……私、何言ってるのかしらね……」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:43:55.16 ID:5O6IKAW+0

モバP「いいえ……そんなことはありません」

モバP「和久井さんには、愚痴を吐きだしたみたいで申し訳ないんですけど……」

モバP「自分でも気付かない内に、誰かに聞いてほしかったのかもしれません……」

モバP「和久井さん、すみませんでした……それと、ありがとうございます」

留美「ふふ……いいのよ、ちゃんとコンディションを整えて、プロの仕事をしてもらわないとね」

モバP「う……肝に銘じておきます……」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 20:48:36.89 ID:5O6IKAW+0

――数日後

留美「プロデューサーくんの過去には驚いたわ。まさに人に歴史ありね……」

留美「……ん? ゼ○シィ? 仕事関係の資料かしら……?」

留美「……あら、婚姻届までついてるのね」

留美「…………」

留美「……」カキカキ

留美「……いや、何書いてるのよ私……」

留美「……プロデューサーくんも、自然に乗り越えられる日がくるわよね……?」

留美「……息子くんだって、しっかりしてるとは言っても、まだ母親は必要でしょうし……」

留美「…………」

留美「……一応、持っておきましょう、そうしましょう」


-終-