1: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:09:53.57 ID:0hXokCkZ0
P「って何だ?」

卯月「私もよく知らないんですけど…、小梅ちゃんに教えてもらって」

P「ふーん、小梅ってことはまあ、何かのオカルト関係なんだろうが…、ちょっと調べてみるか。…これか? SCP財団? 何だこりゃ」

文香「SCP財団、ですか?」

P「うおっ!? 文香、いつの間に!?」

卯月「さっきからいましたよ。ひどいですね、プロデューサーさん!」

P「いや、ゴメンゴメン。で、それって何なんだ?」

文香「はい、…言ってしまえばオカルト系の創作サイトです。中々読み物としても面白いので私も読んだことがありまして」

卯月「怖い話なんですか?」

文香「…いえ、そればかりではないのですが。SCP財団、というのはそもそも、異常な物体を集める特殊な機関、という設定で、その中に存在する異常な物体の報告書、という形でいろんな人が創作しているサイトなんです。そして、それの理念がSecure(確保).Contain(収容).Protect(保護)、その頭文字を取ってSCP財団、と言うんです」

P「つまり、シェアワールドみたいなもんか?」

文香「そうですね…」

P「へえ…、面白そうだな。ちょっと見てみるか」

ちひろ「Pさん、そろそろ卯月ちゃんとつかさちゃんのレッスンの時間では?」

P「あれ、そんな時間でしたっけ? 分かりました、行ってきます。卯月、行くぞ!」

卯月「はい!」


文香「…ちひろさん、おつかれさまです。これだけの人数をこなして大変じゃないですか?」

ちひろ「いえいえ、いいんですよ。お仕事なんですから。文香ちゃんも今日はお休みなのにどうしたんですか?」

文香「いえ、…何となく居心地が良かったもので」

ちひろ「ああ、分かります。ここにいるみんな、すっごく楽しそうですもんね。私もまあそんな空間が好きでここにいるんですけど…」

文香「どうかしたんですか…?」

ちひろ「いえ、そろそろ異動を社長から言われてましてね。…あと二週間ほどで事務員の職を辞めなくてはいけないんですよ」

文香「…それは、初めて聞きました」

ちひろ「初めて言いますからね。まあ新しい場所へのステップアップですから。名残惜しくはあるんですけど…。あ、ごめんなさい文香ちゃん。ちょっと電話かけなくっちゃいけなくって」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454155793

引用元: モバP「確保・収容・保護?」 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ 8  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-01-28)
売り上げランキング: 98
2: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:12:42.80 ID:0hXokCkZ0
P「…ふーん、SCP-173 彫像、ねえ。…うわ、えげつねえ、見るの止めたら首の骨折って来るとか」

志希「ふっふ~ん? 何見てるのかな?」

P「ぬおっ!? お前といい文香といいなんでうちのアイドルはそんな影から出てくるんだ!」

志希「にゃはは~、いいじゃんいいじゃん。で、何見てたの…あー、SCPね」

P「知ってるのか?」

志希「アメリカの発祥だからね。色々面白いから暇潰しにはもってこいだよ。量もあるし」

P「確かにな。これだけの量を追うのは正直しんどいぞ」

志希「ならまあ、お勧めのを教えてあげよっか?」

P「お、それは有難いな。ただ内容は黙っておいてくれよ」

志希「ふっふ~ん、どうしよっカナー?」

P「止めろって。俺はネタバレ嫌いなんだ」

志希「ジョーダンジョーダン。…とりあえず見ておくべきなのは096、079、073、076、682あたりの有名どこは推しておこっか」

志希「ここらへんはキャラクター要素も強いからどんなものかってのの入り口にはいいよ」

P「ふーん、何か見た感じ化け物図鑑って感じだな」

志希「そう言われるのが一番良くないらしいけどねー。あくまで不気味なモノ、奇妙なモノだから概念とかも含まれるし」

P「概念もか。という事は匂いとか…、あと空腹とかもか。それこそアイドルも載ってるかもな」

志希「そーそー♪ で、そこら辺の有名どこは非公式wikiの遺産ページとか評価が高いページとか見ていけばいいよ。で、慣れたらもっと色んなもの見ていけばいいんじゃないかにゃー?」

P「おい、これ以上みくの十八番を取ってやるな。でも参考にはなったよ。ありがとうな」

志希「にゃはは、どういたしましてー。で、教えてあげた対価なんだけど」

P「ちょっと待て!? 聞いてないぞ!?」

志希「今言ったからねー。…とりあえず、ハスハスさせろー♪」

P「や、止めろ、志希。あ、そこは大事な…! にょわー!?」

3: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:13:32.53 ID:0hXokCkZ0
早苗「あれ、Pくん何してんの?」

P「SCP財団読んでるんですよ」

早苗「SPC財団?」

P「鮫を殴れ! …というかそのボケ知ってるってことは早苗さんも知ってるんじゃないですか」

早苗「あはは、小梅ちゃんに布教されちゃってね。暇潰しにはちょうどいいから」

P「順調に布教してるな、小梅の奴…」

早苗「そういう君もハマってるんじゃないの」

P「まあ、文香も言ってましたが純粋に読み物として面白いですからね。早苗さん好きな記事とかあります?」

早苗「私? …うーん、ちょっと邪道だけど日本支部の710-JP-Jとか」

P「ブフッ…! いや、確かに面白いですけどね!?」

早苗「あんまりあの翻訳文の感じに慣れなくって」

P「ああ、まあ、日本支部のほうはやっぱり日本人が書いてるってのもあって読みやすいですよね。でも俺なんかはSCP-1983なんかが好きですね」

早苗「先のない扉か! カッコいいわよねー、アレ」

P「ですよね、意志の弾丸の下りとか鳥肌が立ちますよ」

早苗「そうよねー。…って、もうこんな時間じゃない! Pくん会議があるんじゃなかった!?」

P「えっ? おおっ!? ホントだ! すいません! ちひろさん…は、いないのか。とりあえず行ってきます!」

早苗「まったく、急ぎなさいよ! つかさちゃんの初ライブなんでしょ?」

P「はーい! 行ってきまーす!」

4: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:15:02.57 ID:0hXokCkZ0
人っ子一人いない真昼の事務所。そこでアタシは一人、息を大きく吸っていた。
と、背後の扉が開く音。

P「つかさ、そろそろ出るぞ。準備はできてるか?」

つかさ「ヨユーっしょ。…って言いたいとこだけどやっぱパねえわ。本番の緊張ってのは」

P「ははは、お前にもそんな一面があるんだな、ギャル社長さん」

つかさ「当たり前っしょ? 社長とアイドル、使う回路は別モン。それくらいは当然、OK?」

P「そっか、ならさ」

そう言うとPはアタシの手を握り、頭をなでる。咄嗟のことで流石のアタシも混乱し。
手を振り離そうとすると優しい声が頭上から降ってきた。

つかさ「ちょ!?」

P「大丈夫だ、お前は俺が信じたアイドルなんだから」

その声は、強張っていたアタシを解き放ってくれた声。
灰色の世界から抜け出させてくれた、声。

P「輝けるよ。お前、言ったろ? 新しく輝く場所に立ちたいって。そしてお前はその力もある、努力も積んできた、そして俺が信じてる」

つかさ「…」

P「だから行けるさ、輝きの向こう側に」

そうだ、アタシは、輝きの向こう側に…。

つかさ「…そうだな。ありがと、感謝はしとく。でもそれを返すのはキッチリあとでな」

P「おう、じゃ、車回しとくぞ」

つかさ「…確保、収容、保護」

P「あれ、お前も知ってんのか?」

つかさ「パートナーの趣味把握すんのなんか当然っしょ」

照れ笑いをして駆け出した。『確保・収容・保護』。どこかの理念だというその言葉。
アタシはすっかり、Pの手で。ああ、言わせんなよ。

人っ子一人いない白昼の街。そこでアタシは、輝きへの第一歩を。

5: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:41:09.42 ID:0hXokCkZ0










































+ 閲覧にはセキュリティクリアランス4以上の承認が必要です:

9: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:34:33.23 ID:0hXokCkZ0
- 承認

アイテム番号: SCP-346-Im

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-346-Imは半径1kmからなるサイト-34626のSCP-346-Im専用特別人型SCP収容エリアに収容されます。
サイト-34626は周囲一帯を高さ3mの鉄柵及び有刺鉄線で囲んだ上で放射能装置の実験区域として監視施設を設置し、一般人の侵入を防ぎます。
万が一、一般人がサイト-34626内に侵入しようとした場合は即座に拘留しBクラスの記憶処理を行った後に開放してください。
一般人がサイト内まで侵入した場合は、自発的に脱出するまで内部への救出を禁じます。

現在SCP-346-Im及び、SCP-346-Im-1は、収容に対し関心を示しておらずサイト外に対する興味も示していません。
その為SCP-346-Im及びSCP-346-Im-1はサイト内の行動に関しては制限を受けていませんが、後述の方法以外を使用しサイト外への脱出を図った場合は
機動部隊スキャンダル-8(“パパラッチ”)が収容に当たります。
サイト内には現在の収容担当者である千川博士、あるいはセキュリティクリアランス4以上の研究者3人の許可が無い限り
収容担当者以外の女性職員の侵入を禁止します。男性職員の場合は収容担当者もしくはサイト管理官の許可を必要とします。
新たなSCP-346-Im-1が発生した場合は、関係者に事故、事件等で死亡したというカバーストーリーを流布してください。
収容担当者は週に一回、財団による精神検査が義務付けられ、一か月ごとに変更されます。

10: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:42:02.37 ID:0hXokCkZ0
説明: SCP-346-Imは一般的な日本人男性の容姿を持った人型オブジェクトです。
本人の申告及び、所持する身分証明証等においては19██年11月██日に生まれた██ ██であるとされていますが、戸籍上に該当する人物は存在していません。

20██年11月28日以前に該当する異常が発生していないため、オブジェクトの異常性はその日付を境に発生したと推測されています。

体内成分その他の生物学的条件においては後述の異常性を除けば通常の人間と変わりはありませんが
実験に参加した一部Dクラス職員、及び研究者からは頭部がアルファベットのPに見えることがあると報告されています。

11: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:44:11.92 ID:0hXokCkZ0
SCP-346-Imの異常性はSCP-346-Imが勧誘行為を行う際に発生します。
SCP-346-Imは主に都市圏の路上において勧誘行動を行います。勧誘行動の内容は自らを芸能事務所のプロデューサーと名乗り、対象となった人物にアイドルにならないか、と問いかけるものです。

この勧誘行為自体は、断ることも可能ですが多くの場合は肯定の意を示します。
この反応は財団が指定する各種の強制力や認識災害に繋がる異常なミーム的能力によるものではなく、SCP-346-Imのコミュニケーション能力の高さに由来することが確認されています。

この勧誘に肯定の意を示した時点で対象者はSCP-346-Im-1に指定されます。
現在SCP-346-Im-1は財団の研究員、Dクラス職員だった者を含め███体が確認されています。

この勧誘は一回で終了することもあればその後数回にわたることもありますが、いずれも否定の意を示した場合異常性が発現することはありません。
複数名の対象が存在する場合は全ての対象に対して勧誘を行うわけではなくSCP-346-Im内で何らかの基準が存在することが推測されています。

13: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:50:01.56 ID:0hXokCkZ0
SCP-346-Im-1に変質した対象者は、変質する以前の記憶を一部改竄しそれ以降いかなる物理的損傷も受けず老化現象を発生せることもありません。
この現象においては時空間に対する現実改変の影響が指摘されており現在調査が進められています。

また、自身及び周囲の環境変化を異常とは認識せず、どれほどの社会的地位があろうともそれを放棄したうえでアイドル活動への移行を宣言し
その後それ以外の活動が確認されなくなります。
現在時点でSCP-346-Im-1は女性のみが確認されており、男性がSCP-346-Im-1に変質した例は確認されていません。

医療機関に偽装した財団の検査においてはSCP-346-Im-1の一部に著しい筋組織、神経組織の発達が確認されており
軽度の現実改変能力を持つSCP-346-Im-1も確認されたため、現在、SCP-346-Imのオブジェクトクラスに対して変更の提案が為されています。

15: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:53:03.98 ID:0hXokCkZ0
SCP-346-ImはSCP-346-Im-1の勧誘成功後、SCP-346-Im-1を伴い近隣に存在する事務所(以降、SCP-346-Im-2と指定)に移動し、正式な契約を結びます。

SCP-346-Im-2は、通常時は一般的なオフィスビルですが、SCP-346-Im、もしくはSCP-346-Im-1が侵入した時点で
内部構造を事務員や事務作業が存在する「CGプロダクション」と指定される架空の芸能プロダクションへ変化させます。

SCP-346-Im-2は財団による収容が行われるまで全国に██棟が確認されていました。

SCP-346-Im-2はSCP-346-Im、SCP-346-Im-1が内部に存在している場合のみ第三者による侵入、干渉が可能であり
この特性を用いて書類を偽造することにより現在のサイト-34626に全国各地に存在していた全てのSCP-346-Im-2が移転され
現在時点で千川博士がSCP-346-Im-2の職員として登録されています。

17: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:55:50.30 ID:0hXokCkZ0
SCP-346-Im及びSCP-346-Im-1は不定期に消滅と出現を繰り返します。
消滅に際してはSCP-346-Imの言動から、営業、LIVEバトル、レッスン等が理由として挙げられていますが確認は取れていません。
SCP-346-Im、SCP-346-Im-1に装備したGPS装置及び映像機器は消滅と同時に反応を失いました。

消滅はSCP-346-Im-2から半径500mの範囲から離れた時点で徒歩、乗用車等いずれの手段を用いても即座に発生します。
一回の不定期な消滅は約5時間であり、夜間(おおよそ午後6時から明朝9時)においては定期的な消滅を行います。

その為、SCP-346-ImはSCP-346-Im-2が本体となっているのではないか、という説が存在しましたが
SCP-346-Imを拘束、移動させたところ周囲にSCP-346-Im-1、SCP-346-Im-2が出現したことにより現在は否定されています。

また、SCP-346-Imにとってはこちらの消滅行動の方が主目的であり、勧誘行為は二次的な行為であることがSCP-346-Imの発言から確認されています。

SCP-346-Im-2から半径500mの範囲においては小規模の現実改変イベントが随時発生しており
SCP-346-Im-1が表紙を飾る雑誌が発行され、テレビ番組が放映されています。

該当する出版社、テレビ局に確認を取ったところ該当する雑誌、プログラムにそのような人物は一切起用していないとの確認が取れています。

20: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 23:10:18.94 ID:0hXokCkZ0
補遺1: SCP-346-Im-1一覧(抜粋)


SCP-346-Im-1-1

発生日時: 不明

発生場所: 不明

特徴: 国内において一般的に使用される制服を着用。
SCP-346-Imが発見された当時より行動を共にしており、最初期のSCP-346-Im-1であると推測される。
制服の特徴等から東京都において失踪届けが出されていた女子高生██ ██であると判明。当時17歳。


SCP-346-Im-1-78

発生日時: 20██/11/06

発生場所: 愛知県███市

特徴: 当時、███市内の警察署に所属していた交通課の女性巡査である██ ██。当時28歳。
交通違反の取り締まりを行っていたところSCP-346-Imに遭遇、勧誘に対し肯定の返答を行ったことが同僚職員により目撃されている。
遭遇の翌日、所属する署に退職届を提出した後行方不明となり、失踪届けが出されていた。


SCP-346-Im-1-103

発生日時: 20██/05/21

発生場所: 愛媛県██市

特徴 当時、██市内の古書店に勤めていた██ ██。当時19歳。
所属する大学からの報告に潜入していた現地エージェントが違和感を覚え、SCP-346-Imの発見に至り現在の収容プロトコルが制定された。

21: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 23:18:52.02 ID:0hXokCkZ0
SCP-346-Im-1-179

発生日時: 20██/02/19

発生場所: サイト-34626

特徴 元Dクラス職員D-835782。当時18歳。
SCP-346-Imの特性を確かめる上で行われた実験においてSCP-346-Im-1に変質。
この実験の際、周囲に十数名のDクラス職員が存在したにも関わらずSCP-346-Imは対象だけを指定した。


SCP-346-Im-1-183

発生日時: 20██/09/19

発生場所: サイト-34626

特徴 元SCP-346-Im収容担当者であった桐生博士。SCP-346-Imに接触し、SCP-346-Im-1に変質。
監視カメラにはIDカードを用い、既に実験を終了していたサイト-34626に侵入、SCP-346-Imへの接触を図る博士の姿が確認される。

SCP-346-Imはかねてから博士に対し勧誘行動を取っていたことが確認されている。
当時博士には鬱病の傾向が見られ、博士の自室には『輝きの向こうへと』と記されたノートが発見された。

この事例を以て以降のSCP-346-Im担当者は定期的なメンタルチェックを義務付けられ、定期的に変更されることとなった。

22: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 23:27:07.10 ID:0hXokCkZ0
補遺2: 『輝きの向こう側へ』抜粋

彼の話を聞いた。いや、オブジェクトを「彼」と呼んでいる時点で私は狂っているのだろう。
だが、彼の言葉は魅力的だった。灰色の毎日、来る日も来る日も異常なオブジェクトと向き合い自らの矮小さを知る日々。
そんな世界に意味はあるのだろうか。輝きも、色も見えないこの世界に。

私は心を決めた。そうだ、私の設定は女子高生にしよう。
誰にも伝えていなかったが、かねてからの実験を通し彼に提出した書類がアイドルとしてのステータスになることは発見済みだ。

どうせなら今の私とは百八十度違った私になろう。私にとって夢中になれるものを求めよう。

さあ、新しい世界が私を待っている。新しい虹色の世界が、輝きの向こう側が。


その輝きが紛い物であるとは理解している。だから君達は。




そこで輝いていてくれ。





24: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 23:37:20.77 ID:0hXokCkZ0
ちひろ「…ええ、私たちの輝く場所はそちらではないんです」

ちひろ「人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない」

ちひろ「たとえこの世界が灰に包まれても、私たちはそれを成し遂げなくてはならない」

ちひろ「私たちは輝きを守るために暗闇に向き合わなくてはならない」

ちひろ「私たちの理念はただ一つ―――」






ちひろ「確保・収容・保護」






(了)