1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:10:46.68 ID:6COZbSMW0
京子「皆お待たせ!京子ちゃんが来たよんっ」ガラッ


結衣「……」カリカリ


京子「あれ、結衣だけ?あかりとちなつちゃんは?」


結衣「まだ来てない」


京子「何だ、そうなのか。結衣は何してんの?」


結衣「宿題」


京子「あとで写させてねっ」キョピッ


結衣「いや自分でやれよ」


京子「あはは」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454166646

引用元: 【ゆるゆり】結衣「京子と二人」 

 

ゆるゆり (14)巻 特装版 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2016-01-18)
売り上げランキング: 125
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:11:42.09 ID:6COZbSMW0
結衣「……」カリカリ


京子「……暇だ…」


結衣「宿題やれよ」


京子「それはやだ」


結衣「……」カリカリ


京子「……ん?」


結衣「……」カリカリ


京子「何だって!?」ガタッ


結衣「どうした?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:12:34.21 ID:6COZbSMW0
京子「あかりとちなつちゃんから今日は用事あって部活に来れないって連絡きた」


結衣「そうなのか」


京子「うん、何か最近あの二人妙に仲良いよなー」


結衣「確かに…あかりとちなつちゃんの仲が良いのは元からだけど最近は前よりも距離が近いような気がするな」


京子「もしかして付き合ってたりして!…なんちゃって」


結衣「……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:13:21.20 ID:6COZbSMW0
結衣「……」カリカリ


京子「結衣」


結衣「ん?」


京子「放課後の部室で二人っきりだね…」


結衣「気持ち悪い言い方すんな」


京子「いやん」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:14:15.73 ID:6COZbSMW0
結衣「宿題終わった」


京子「よし、じゃあ何かするか!」


結衣「何すんの?」


京子「……」


結衣「考えてなかったのかよ」


京子「そうだ、こんな時の為の話題BOXだよ!」


結衣「話題BOXか…」


京子「うん!」


結衣「変な話題入ってないだろうな」ジトッ


京子「そそそ、そんなの入ってるわけないじゃーん」


結衣「何で目逸らすんだよ」


京子「べ、別に?」


結衣「……」


京子「まぁ、とにかくやろうぜ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:15:01.84 ID:6COZbSMW0
京子「何が出るかな〜♪」


『ラムレーズン』


京子「おお、ラムレーズンだ!」


結衣「ラムレーズンだな」


京子「ラムレーズン食べたい!」


結衣「へぇ」


京子「結衣が買ったラムレーズンが食べたい!あとで買って?」


結衣「買わない」


京子「!」ガーン


結衣「…別にあとで買わなくてもまだ家の冷凍庫にラムレーズンあるから」


京子「マジか!さっすが結衣!愛してるよっ」


結衣「はいはい」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:16:08.71 ID:6COZbSMW0
『ごらく部』


結衣「ごらく部か」


京子「何かさ、こうして二人で部室にいると一年生の頃を思い出すよね」


結衣「ああ、あの頃はまだ私と京子だけだったしな」


京子「今はあかりとちなつちゃんも入ってごらく部もすっかり賑やかになったよな!」


結衣「そうだな」


京子「皆と過ごす毎日が楽しくて幸せだよ〜」ニヒッ


結衣「……うん、私も」ボソッ


京子「あれ、結衣にゃんが珍しく素直だな」


結衣「うっさいわ」


京子「でもさ、こうして結衣と二人っきりなのもいいけど、やっぱりあかりとちなつちゃんが来ないと寂しいよね」


結衣「そうだな、明日は四人揃うといいけど…」


京子「うん、四人揃ってこそのごらく部だからね!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:16:59.04 ID:6COZbSMW0
『おっぱい』


結衣「やっぱり変なの入ってるじゃねーか」


京子「てへっ」


結衣「…まったく……」


京子「おっぱいといえばひまっちゃんだよね」


結衣「そうだな」


京子「前に本屋で会った時に触ったことあるけど大きくて柔らかかった」


結衣「お前古谷さんに何してんだよ」


京子「でもさー結衣もなかなか侮れないよね」ワキワキ


結衣「は?」


京子「ずるいぞこのやろー!」モニュッ


結衣「……んぁ…っ!」ビクッ


京子「え、何今の声」


結衣「……!」バッ


京子「……」ニヤニヤ


結衣「……」バシッ


京子「あいたっ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:17:46.81 ID:6COZbSMW0
京子「さて、話題BOXはそろそろ終わりにして帰るか。結衣の家でラムレーズンが私を待ってる!」


結衣「そうだな」


京子「うん、ついでに泊まっていい?」


結衣「……まったく、しょうがないな。京子は」


京子「へへっ、やった」


結衣「帰りにスーパー寄っていくけど、晩ご飯リクエストとかある?」


京子「ラムレーズン!」


結衣「それはデザートだろ」


京子「んー結衣が作ったものなら何でも嬉しいよ」


結衣「……ふーん」


京子「え、和牛ステーキにしてくれるって!?」ジュルッ


結衣「言ってねぇよ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:18:24.81 ID:6COZbSMW0
京子「ただいまー!」


結衣「お前の家じゃないだろ」


京子「いいじゃんいいじゃん」


結衣「まだ晩ご飯作るには早いし、ゲームでもするか」


京子「そうだな!あ、その前にラムレーズン食べていい?」


結衣「ご飯食べられなくなるから後にしろよ」


京子「大丈夫大丈夫、ラムレーズンは別腹だからっ☆」


結衣「……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:19:18.74 ID:6COZbSMW0
結衣「京子、ご飯できたぞ」


京子「わぁい結衣のオムライス 京子結衣のオムライス大好き」キョピッ


結衣「……」ジトッ


京子「あ、ごめんなさい」


結衣「さて、食べるか」


京子・結衣「いただきます」


京子「んーうめぇ!」パクッ


結衣「そうか、良かった」


京子「いやー結衣はいいお嫁さんになれるよ」


結衣「何言ってんだお前は」


京子「何なら私のお嫁さんになっちゃう?」


結衣「……」カァァ


京子「……なーんて…」


結衣「……」


京子「……顔赤くなってる…」


結衣「なってない」


京子「いやいや、なってるって」


結衣「うるさい。黙って食べろ、バカ」


京子「……はーい」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:19:59.97 ID:6COZbSMW0
京子「お風呂あんがとー」


結衣「ん、じゃあ私も入ってくるね」


京子「あーあ、どうせなら一緒に入りたかったなー」


結衣「……」


京子「そして結衣のあんなところやこんなところをじっくり見……」


結衣「……」スッ


京子「ごめんなさい冗談です。だからその手を下ろしてください」


結衣「……ったく…とにかく入ってくる」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:20:44.76 ID:6COZbSMW0
京子「んーっ」ゴロゴロ


京子(……暇だな…)


京子(……)


京子(……)クンクン


京子(この布団結衣の匂いがする……)


京子(心地良くて、安心できて、私が大好きな匂い……)


京子(…….うん、やっぱり落ち着くな…このまま眠っちゃいそう…)ウトウト


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:21:51.73 ID:6COZbSMW0
結衣「京子、お風呂上がったぞ」


京子(……)ウトウト


結衣「京子?」


結衣「……寝てる…のか?」


京子(……)ウトウト


結衣「……」ツンッ


京子(……ん?…何か頬っぺたに指の感触が…)


結衣「……こうして大人しく寝てると、可愛いんだけどなぁ…」


京子(……!?)


結衣「ありがとな、京子」


京子(…いきなりどうしたんだろう……)


結衣「いつもこうして泊まりに来てくれるから寂しくないし、本当に嬉しいんだ」


京子(……結衣…)


結衣「まぁ、京子が起きてる時にはこんなこと恥ずかしくて言えないけどな…」


京子(…ごめん…起きてるんだ、私……)


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:22:46.70 ID:6COZbSMW0
結衣「……京子のお嫁さん、か…」


結衣「…本当になれたらいいのにな……なんて…」


京子「えっ」パチッ


結衣「……」


京子「……」


結衣「……なっ…お前、起きて……っ!?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:23:24.58 ID:6COZbSMW0
京子「ごめん、実はずっと起きてた」


結衣「え…じゃあ今の…聞いて……?」


京子「……はい」カァァ


結衣「……う…うわあああああ」ガバッ


京子「ちょっ、結衣、何で布団にこもんの!?」


結衣「うるさい!バカ!」


京子「いや、落ち着けって!」


結衣「……」


京子「……とりあえず布団から出てきてよ」


結衣「いやだ」


京子「えぇ…」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:24:34.34 ID:6COZbSMW0
結衣「……ごめん…」


京子「え?」


結衣「……気持ち悪いよな…こんなの…」


京子「いや、」


結衣「いつもの京子の冗談なのにさ」


結衣「実は今回だけじゃなくて今までも京子に冗談でそういうこと言われたり何かされたりする度にいつもドキドキしてたんだ」


結衣「気持ち悪いよな、私。幼馴染みで…しかも女の子同士なのに……ごめん…」


京子「……」バッ


結衣「ちょっ…布団はぐな……っ!?」ガタンッ


京子「……」ドサッ


結衣「……京子?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:25:31.32 ID:6COZbSMW0
京子「あのさ、結衣。私別に気持ち悪いなんて一言も言ってないんだけど」


結衣「……でも….」


京子「それにさ、別に冗談なんかじゃないよ」


結衣「……」


京子「私は本気で結衣をお嫁さんにしたいなって思ってるし、私も結衣のお嫁さんになりたいなって思ってるんだよ」


京子「今回だけじゃなくて今までだって本気だったんだよ」


京子「つまり私も結衣と同じってこと」


京子「わかった?」


結衣「……った…から……」


京子「え?」


結衣「…わかった…わかったから、とりあえず退いてくれ…この体勢恥ずかしいから……」カァァ


京子「あ…ごめん……」バッ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:26:27.81 ID:6COZbSMW0
京子(私結衣に覆い被さっちゃったのか)カァァ


結衣「……京子…」


京子「……な、何?」


結衣「その…さっきのやつ、告白ってことでいいのか……?」


京子「え?まぁ、そういうこと…かな……」


京子「ていうか結衣こそ」


結衣「え?」


京子「さっきのあれは告白ってことでいいの?」


結衣「…まぁ、うん……」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:27:13.06 ID:6COZbSMW0
京子「……でさ、今後どうなんの?」


結衣「何が?」


京子「私たちの関係。気持ちを確かめ合ったことだし恋人同士になったりするのかなって」


結衣「まぁ…そうなるのかもな……」


京子「そうだよなぁ」


結衣「……」


京子「結衣」


京子「結衣のことが好きです。私と付き合ってください!」


京子「……こんな感じ…かな?」


結衣「……はい…」カァァ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:27:56.25 ID:6COZbSMW0
京子「よし、次は結衣が言って!」


結衣「…私も言うのか?」


京子「ほら、早く早く!」


結衣「……京子のことが好きです。私と付き合ってください」


京子「はい!…これで私たち恋人同士じゃん」


結衣「…うん、そうだな」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:28:34.22 ID:6COZbSMW0
京子「それにしても恋人同士ってどんな感じなんだろうな?」


結衣「さぁ…」


京子「まぁ、とりあえず普通に今まで通り過ごして少しずつ恋人らしい関係になっていけばいいんじゃないかな」


結衣「そうだな。その方が私と京子らしいかもな」


京子「へへっ、だろ?」


結衣「うん」


京子「…これからもよろしく!」


結衣「…ん、此方こそ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:29:10.31 ID:6COZbSMW0
京子「んー何か眠気覚めちゃったしゲームでもしようぜ!」


結衣「ところでお前宿題は?」


京子「宿題?」キョトン


結衣「さっき私が部室でやってたやつだよ。明日提出だし今日の内に終わらせておけよ」


京子「写させ」


結衣「ないよ」


京子「……」


結衣「……」


京子「…おやすみ」


結衣「おいこら」



おしまい