1: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:08:35.89 ID:op3figTa0
美嘉「ついに!!ついにきた!!!」

美嘉「みりあちゃんのSSR!!!!」

美嘉「これでいつでも動くみりあちゃんが見れる・・・ふひひ★」

美嘉「あぁ^~ようやくみりあちゃんがアタシのスマホに来てくれるんじゃ^~」パキパキ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454231315

引用元: 美嘉「みりあちゃん禁断症状」 

 

2: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:10:30.63 ID:op3figTa0
美嘉「さて、それじゃあみりあちゃんが来てくれるまでガチャ回しますかっ」

美嘉「来るまで課金すればSSR引く可能性は100パーセントだから、楽勝だよね!」

美嘉「起動起動、っと」

美嘉「・・・えっ?」

美嘉「ロード画面から、先に進めない・・・!?」

4: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:15:13.88 ID:op3figTa0
美嘉「そ、そんな!これじゃ、これじゃあ!!」

美嘉「みりあちゃんに会えない・・・っ!!!」

美嘉「う、うわぁっ!」ガタンッ

美嘉「ぐっ、ぅあっ、く、苦しい・・・!!」ばたっ

美嘉「みりあちゃん、みりあちゃん分が、足り、ない・・・っ」ガクガクブルブル

美嘉「あぁぁぁぁ!!みりあちゃん!みりあぢゃんッ!!」バタバタ

5: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:17:57.50 ID:op3figTa0
美嘉「みりあぢゃんッ!みりあママぁ!!」バタバタ

美嘉「たずげでっ!助けでママぁ~!!」

美嘉「苦じいっ!!苦しいよお!!」ジタバタ

美嘉「みりあちゃんを早くペロペロしたいのに゛っ!」

美嘉「デレステが起動でぎないよお゛!!」ビクンビクン

6: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:21:03.06 ID:op3figTa0
美嘉「みりあぢゃんッ!みりあぢゃぁん゛っ!!」パキパキ

ガチャ


未央「どうしたの美嘉ねえ。大きな声出して・・・って美嘉ねえ!!」

卯月「きゃあっ!?」

凛「どうしたの!?」


美嘉「みりあぢゃん・・・たずげで・・・ママぁ・・・」ぐふっ

10: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:24:04.93 ID:op3figTa0
未央「美嘉ねぇーーーーっ!!」ゆさゆさ

美嘉「みりあぢゃんに、会いた、い」がくっ

凛「ヤバイよこれ!美嘉が、美嘉が!」

卯月「みりあちゃん禁断症状になっちゃいましたぁぁぁっ!!!!」

美嘉「あ゛ぁぁぁぁッ!!みりあちゃんに会いたいんじゃァァァッ!!!」ビクンビクン

11: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:32:05.61 ID:op3figTa0
美嘉「みりあぢゃんッ!!アタシに会いにぎでッッ!!」バタバタ

未央「美嘉ねえ、いつの間に母性本能の病気がこんなに進行して・・・」ぐすっ

卯月「禁断症状で錯乱状態になってます!」

凛「誰かっ!誰か来てーー!!」

ガチャ

杏「どうしたの、さっきから?」

智絵里「なにかあったの?」

かな子「何かトラブル?」

12: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:35:58.25 ID:op3figTa0
美嘉「みりあぢゃァァァんッ!!」ドタンバタン

智絵里「!!?」びくっ

かな子「美嘉ちゃん!!」

杏「やっば、もしかして禁断症状?」

凛「うん、さっきからこうなんだ」

卯月「ど、どうしたらいいでしょうか!?」おろおろ

15: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:39:46.16 ID:op3figTa0
未央「みりあちゃん分を補給させれば治まるんだよね?今日みりあちゃんは!?」

かな子「あっ!今日凸レーション仕事で居ないよ!?」

凛「うそ・・・まずいんじゃない?」

卯月「それじゃあどうしたら!?」おろおろ

美嘉「みりあ、ちゃ・・・」ビクビク

智絵里「はわわわっ、あわわわ!?」おろおろ

杏「何かみりあちゃんの代わりになる物を探そう」

16: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:43:00.47 ID:op3figTa0
未央「みりあちゃんの代わりになる物!?」

凛「みりあちゃんの代わりになる物が必要なんだね!?」ドタバタ

杏「うん、なんでもいいから探すんだ!」

美嘉「ガアアアアッ!ガアアアッ!!」ハァハァ

かな子「どこ!?どこにあるの!?」ゴソゴソ

卯月「何か無いでしょうか!?」

智絵里「あった!あったよ!!みりあちゃんの写真が!!」

杏「でかした!!」

18: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:48:36.24 ID:op3figTa0
凛「さすが智絵里!」

未央「すげェ!」

杏「早くこれを美嘉に!」

卯月「はい!」ぴらっ

美嘉「・・・」ぴくっ

美嘉「あぁ^~///みりあぢゃんがアタシに会いにきでぐれだんじゃ^~///」パッキパキ

かな子「はぁ、これで一安心だね」

智絵里「間に合ってよかったぁ」ほっ

20: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:53:08.84 ID:op3figTa0
美嘉「あぁ^~///みりあちゃん、みりあちゃん、みりあちゃん、みりあちゃん」ペロペロ

凛「ね、ねえ、これって・・・」

未央「う、うん」

美嘉「みりあちゃんみりあちゃんみりあちゃんみりあちゃんみりあちゃんみりあちゃんみりあちゃんみりあちゃん///」ちゅばちゅば

杏「ダメだ!ただの幻覚症状だった!!」

卯月「そんなぁ!?」

智絵里「何か、何か他にみりあちゃんの代わりになる物は!?」

21: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 18:56:38.67 ID:op3figTa0
凛「探すんだ!何かみりあちゃんの代わりになる物は無い!?」

未央「どこ!?いったいどこにあるの!?」ドタバタ

卯月「みりあちゃんの代わりになる物を探さないと!」

智絵里「これ以上何かあったかな!?」

かな子「あった!あったよ!みりあちゃんの衣装が!!」

杏「でかした!!」

23: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:05:49.06 ID:op3figTa0
未央「スゲェ!」

凛「さすがはかな子!」

卯月「美嘉ちゃん、みりあちゃんの衣装ですよ!」バサッ

美嘉「ハァハァ・・・ハァハァ・・・」もぐもぐ

杏「食べるんだ・・・」

美嘉「あぁ^~///みりあちゃんの味がするんじゃ^~///」パキパキパッキーン!

かな子「やった!いつもの美嘉ちゃんだ!」

智絵里「よかったぁ、これで一安心だね」ほっ

26: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:13:52.64 ID:op3figTa0
美嘉「あぁ^~///みりあちゃんがぴょんぴょんするんじゃ^~///」パキパキパッキーン!

凛「これって・・・」

卯月「大変です!いつもの中毒症状になっちゃいました!」

杏「こうなったら、鎮静剤しか!」

未央「任せて!ごめんね美嘉ねえ・・・鎮静剤!!」

メリメリメリメリ

美嘉「・・・うっ」

かくんっ

智絵里「ふぅ、これで落ち着いたね」

30: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:20:23.43 ID:op3figTa0
美嘉「あぁ^~///TOKIMEKIがエスカレートするんじゃ^~///」パッキパキ

かな子「うわああああ!!鎮静剤が効かないよお!?」

凛「そんな!!」

美嘉「みりあちゃんはアタシの母になってくれるかもしれない女性なんじゃぁ^~///」パキパキパッキーン

卯月「そんな!こんな時、いったいどうしたら・・・」

未央「誰か!誰か助けてーーっ!!」

31: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:23:29.57 ID:op3figTa0
ちひろ「そんな困った時には、このスタドリとエナドリはいかがですか?」にっこり


全員「「ちひろさん!!」」


ちひろ「どんな時にもこのドリンクさえ飲めば、ほらっ!」


美嘉「んっ、んっ」ゴクリ

美嘉「あれ?アタシ、どうしてここに・・・?」


凛「意識が戻った!」

32: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:28:52.61 ID:op3figTa0
美嘉「なんだかすごく良い気分!このドリンクのおかげなの?」

※個人の感想です。

ちひろ「エナドリ、スタドリには素晴らしい成分がたくさん入っているんですよ!」にっこり

※効能を保証するものではありません

未央「すごいんだね!」

卯月「私も飲みたいです!」

33: ◆IF5x66v7sHqD 2016/01/31(日) 19:31:46.50 ID:op3figTa0
美嘉「素晴らしいドリンクね!アタシ、もっと飲みたい!」

かな子「いいなぁ、私も私も!」

智絵里「私にもちょうだい!」

杏「本当に良いドリンクなんだね!」

ちひろ「プロデューサーの皆さんも、ぜひ購入をお考えくださいね♪」にっこり

全員「バイバーイ!」


おしまい!!!!!!!!