1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:13:06.26 ID:2Xsn6ME9o
 高校生になったのだから、とスマートフォンを買い与えられたのがつい先週のこと。
 いつまでも二つ折りでは体が悪かろうとは母の言。
 余計なお世話、などとは口が裂けてもいえないけれど、しかし海未としては母のいう二つ折りで十分だと思っている。
 スマートフォンは雑多に過ぎる。何かにつけて情報量が多いのだ。それが利点でもあるのだろうけれど。
 それでもこの一週間、マニュアルを読み、実際に操作してみればいやがおうにも慣れてくる。
 使う予定のないラインとやらと、テレビでウンザリするほどCMが流れているゲームをインストールする。
 大して面白いとは思わなかったものの、なるほど。操作に慣れるためのものと考えれば良くできている。多くの人がこういったものでスマートフォンの操作に習熟していくのだろう。
 それにしたって、無料をうたいながらお金を払わなければ満足にプレイできないのはどうかと思う。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453997576

引用元: 海未「ゴースト?」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:14:12.85 ID:2Xsn6ME9o
 操作に慣れたはいいが、今度は慣れたが故の弊害が出てくる。
 例えばちょっとした調べものをするときに、誤って変な広告を開いてしまったりとか。
 インターネットにはどうしてか如何わしい広告が多く、そういったものが苦手なほとほと困っている。

「あっ」

 と気づいた時にはもう遅い。すでに新しいWebページが開かれ、なにやら変なアプリのダウンロードページへと飛ばされる。
 どうにもならない煩わしさを覚えながら、ページを閉じる。その直前、ふとある文字列が目に留まった。

「ゴースト……?」

 何故、それが気になったのかというのは海未自身にもわからない。
 幽霊などという最近ではめっきり聞かなくなった言葉のせいかもしれない。
 気づけばページを閉じるどころかアプリの説明文を真剣に読み始めていた。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:14:39.48 ID:2Xsn6ME9o
 ――ゴースト。

 恐怖感を煽るような名称をしているが、つまるところはただのキャラクターらしい。
 スマートフォンの一部機能を占有し、キャラクターとコミュニケーションが取れるとかなんとか。
 なるほど、確かにゴーストだ。
 そしてこのアプリで生み出されるゴーストは『高坂穂乃果』という女の子。
 生年月日からスリーサイズ、家の設定に食べ物の好き嫌い。こと細かく設定されているようだ。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:15:07.24 ID:2Xsn6ME9o
 わずかばかりの逡巡をし、海未は対ウィルスソフトを起動する。ページとアプリケーションとをスキャンし、何もでないことを確かめる。
 インストールしよう。そう思ったのは、このゴーストがどんな存在なのか気になってしまったからだ。
 どんな姿で、どんなことをしてくれるのか。
 想像を掻きたてながらインストールの完了を待つ。容量がそれなりに大きいようで数分ほど時間がかかった。
 ホーム画面に一つのアイコンが追加される。幼児がクレヨンで描いたような太陽マーク。その下には『ほのか』の文字が。
 アイコンをタッチ。幾つかの設定を終えると、ぽんと二頭身のキャラクターがディスプレイに現れた。
 それはきょろきょろと周囲を見渡す仕草をしたあと、にっこりと笑う。
 ……気のせいだけれど、目があったような。そんな気がした。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:15:52.87 ID:2Xsn6ME9o
「こんにちは! 私、高坂穂乃果です!」
「えぁっ……と。そ、園田海未と申します」

 スピーカーから突如として流れ出した快活な声。不意をつかれ思わず名乗り返す。

「へぇ。海未ちゃんっていうんだ。とっても美人だし、運がよかったかも!」
「き、聞こえているのですかっ? それに、美人って……」
「うん? そりゃあスマートフォンにはカメラもマイクも、スピーカーだってあるでしょ?」

 そういう問題なのだろうか。
 いや、というか。

「随分と賢いというか、人間的なのですね……」
「凄いでしょー? 穂乃果は超高性能なゴーストなんだよっ」

 いくらなんでも高性能すぎなのではないだろうか。これでは人間と喋っているのとそん色ない。

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:16:22.40 ID:2Xsn6ME9o
「え、えーっと」

 あまりの出来事に思考が追いつかない。思い描いていた事態とはおよそかけ離れたことが起きている。
 まぁ、とりあえず。

「これからよろしくお願いします、穂乃果」
「うん! よろしくね、海未ちゃん」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 03:45:37.04 ID:TlYxsVkAo
「海未ちゃん、起きて。朝だよっ!」

 耳元で響いた声で、海未は閉じていた目をパッチリと開く。
 朝の冷たい空気が布団に入り込み、身震いすると同時に眠気が去っていく。

「おはよう、海未ちゃん」

 身体を起こし、声の発生源……スマートフォンを手に取る。

「おはようございます、穂乃果」

 つい先日からスマートフォンに取り付いたゴーストに挨拶を返す。

「時刻は午前6時2分。今日は一日晴れみたい。でも、風が強いからちょっと寒いかも」
「ありがとうございます」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 03:46:06.90 ID:TlYxsVkAo
 SFのようだなと海未は着替えながらそんなことを思った。
 この時間、穂乃果はニュースを伝えてくる。今日はどんな日でどんなことが行われているのか。
 先ほどの天気予報はその一環であり、テレビを見る習慣のない海未には非常に助かることであった。

「今日のうお座の運勢はー……そこそこだって!」
「そこそこってなんですか、そこそこって」

 それに細かい気配りもできる。穂乃果はけして、暗いニュースを伝えないのだ。
 占いにしたって運勢が悪い時はこうして言葉を濁す。そうしたところで結果が変わるわけではないのだけれど、少なくとも憂鬱にならなくてもいい。
 つくづく高性能だ。いったい誰が作ったのやら。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 03:46:33.37 ID:TlYxsVkAo
 通学の最中はブレザーの胸ポケットにスマートフォンを入れる。
 カメラのレンズが外に出るようにし、無線のイヤホンマイクで雑談をこなす。
 イヤホンマイク――厳密に言えばイヤホン――の使用は校則違反なのだけれど、見つからなければ問題はないだろう。
 そう厳しいというわけでもない。割と自由な校風をしているのが、海未の通う音ノ木坂学園だ。
 まぁ万が一見つかったとしても軽く注意を受けるだけで済むだろう。

「いやー、今日もいい天気」
「少し、寒いですが」

 穂乃果のいうとおりに、晴れてはいるが風が強い。春になったとはいえ、未だそこかしこに冬が残っている。

「来週からだんだんあったかくなるって」
「それはいいですね。暖かいほうが、私は好きです」

 会話は基本的に穂乃果が振った話題に応える形となる。コミュニケーションはあまり得意なほうではないため、こうして話題を提供してくれるのはありがたい。

「春もいいけど、穂乃果はやっぱり夏が好きかなぁ」
「そうなんですか?」
「うんっ! なんたって夏生まれだからね」

 設定では確か、八月三日であったか。海未とは同学年になる。あくまでも、設定上は、だが。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:49:14.51 ID:PSv46h7Ro
「高校生って難しいことやってるんだねぇ」
「貴女も高校生でしょうに」

 授業を幾つかこなした後の昼休み。人のいない屋上で弁当を広げる。
 流石に教室で穂乃果と会話をする気はない。海未自身は穂乃果に対して人間と同様に見ているが、他のものがそうであるとは限らない。
 むしろ、スマートフォンと会話している変な人、なんてレッテルを貼られかねない。事実であるが。

「あ、そうだった」

 変な話ではあるが、穂乃果はどこか抜けている。繰り返すが一個の人間のようで、機械的回りくどさがない。その代わり、人間的にどんくさいのだ

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:49:42.35 ID:PSv46h7Ro
「あなたは、誰に作られたんです?」
「んー?」
「穂乃果は、その、いわゆるプログラムなのでしょう? いったい、誰に作られたのかな、と」
「……ちょっと待ってね」

 穂乃果はそういうと、ムムムと考え始める。目を閉じて眉間にしわを寄せて。
 デフォルメされているため、どこか愛らしい仕草。

「……ん、と。私を作った人、だよね?」
「ええ。別に、無理なら構いませんが」
「えっとね、言葉じゃ説明しにくいから、実際に会ってもらってもいい?」
「会えるのですか?」
「うん。この学校の生徒だよ?」
「なんと」

 寝耳に水とはこのこと。こんな身近にいるとは思いもよらなかった。

「それで、その人は」
「海未ちゃんの一つ先輩かな。東條希ちゃんっていうの」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:12:52.25 ID:DV7zAIduo
「アイドル研究部……」

 放課後。海未は穂乃果に案内されアイドル研究部の部室へとやってきていた。
 このなかに、穂乃果を作り出したという東條希先輩がいる。一つ深呼吸をし、コンコンコンとノックする。

「どうぞ」

 返事があってから入室する。なかには二年生である証の赤いリボンをした生徒が二人。人好きのする笑顔を浮かべるのと、無愛想にする背の小さいの。
 小さいほうは海未を一瞥すると、床においてあった学生鞄を肩にかけ立ち上がる。

「じゃ、私は帰るわ」
「うん。気をつけてな」

 いつまでも扉の前でたっているわけにも行かず、とりあえず道を譲る。
 特に言葉もなくその小さな背中が消えるのを見届けると、座ったら、と勧められる。

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:13:21.13 ID:DV7zAIduo
「えっと、海未ちゃん、やったっけ? うちは東條希。よろしくね」
「あ、はい。園田海未と申します」

 軽く頭を下げる。独特のイントネーション。関西弁らしくはあるが……。どうにもわざとらしい。
 海未が想像するままに関西弁を喋ったら似たようなものになるような、そんな気がする。

「それで、穂乃果ちゃんやったっけ」
「ええ、その、どんな人が作ったのかなと」

 喋り方は捨て置くとして、机の上にスマートフォンを出す。パッと真っ暗だったディスプレイが色づく。
 対面では、希も同じようにスマートフォンを出していた。ディスプレイを海未の方へ向ける。
 そこには海未のそれと同じように穂乃果が存在していた。いたずらっぽく笑っている。

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:13:55.82 ID:DV7zAIduo
「よくできとるやろ、この子」
「ええ。本物の人間みたいに」
「そういって貰えると嬉しいなぁ」

 いえーい、と二台のスマートフォンから同時に声が発せられる。ギョッと目を見開くと、くすくすと笑い声。

「実はそっちの穂乃果ちゃんとこっちの穂乃果ちゃんは繋がってるんよ。だから海未ちゃんの名前も知ってたんだけど」
「個人情報の漏洩じゃないですか?」
「そやね。だから、あんまり聞かれたくないことはいわんほうがいいと思うよ」

 ま、穂乃果ちゃんが教えてくれんだろうけど。
 希はそういいつつ、穂乃果のほっぺたがあるあたりをつつく。ぐにっとほっぺたが歪み、情けない声が響く。

「肝に銘じておきます」
「うん。それで、何か聞きたいことは?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:14:27.38 ID:DV7zAIduo
「東條先輩はどうやって穂乃果を?」
「希でええよ。……それはちょーっと教えられへんなぁ」

 それならそれでいい。答えて欲しかったわけじゃない。話をもたせるために口にしたに過ぎないのだから。

「そっか。あ、じゃあこっちから質問していい?」
「答えられることであれば」
「幽霊って信じる?」
「……幽霊、ですか」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:14:58.92 ID:DV7zAIduo
 幽霊。亡霊。ゴースト。
 死んだものの魂。それがこの世に留まっているもの。

「そう。うち、結構そういうのにはまってて。仲間が欲しいんよ」
「はぁ……。そう、ですね」

 信じるか、信じないか。
 海未ははっきりいって霊感はない。今まで生きてきたなかで、そういった現象に出くわした経験がない。
 が、しかし。

「いるかもしれませんし、いないかもしれませんね」

 自分が経験したことが全てではない。信じる信じない以前に、判断材料が足りていない。
 面白みのない、答えではあるが。

「……そっか」
「と……希先輩は、どうなんですか?」
「うちは、そうやねぇ」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:15:26.31 ID:DV7zAIduo
「幽霊はいるって、断言する」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 01:01:26.13 ID:dfE8/uNFo
 今度どこかに遊びに行こう。
 希にそんな約束を取り付けられてアイドル研究部を後にする。
 希が何を思って幽霊の存在をああいったのはわからない。ただふざけた様子でもなかった。つまり、それだけの根拠を持っているのだろう。

「穂乃果は、どう思います?」
「ん? ……あ、ゴーストのこと?」

 学園の敷地を出てからゴーストである穂乃果に尋ねてみる。
 ……もしかしたら、この穂乃果こそが、幽霊に最も近い存在なのかもしれない。

「いるよ。ゴーストは、いる」

 その言葉に思わず足が止まる。
 予想していなかったわけではない。が、どこかでありえないと思っていたのも事実。
 結局のところ、穂乃果はプログラムでしかない。電子情報の集合体。この受け答えも全て希が仕組んだもの。
 ――と、考えることはできない。
 いくらなんでも、自然に過ぎる。

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 01:01:58.79 ID:dfE8/uNFo
「……そうですか」
「うん、間違いなく」

 何故そう思うのか、などと聞いても無駄だろう。結局は、個々の考えでしかないのだから。

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 01:02:24.10 ID:dfE8/uNFo
「新しいお友達でもできたのですか?」
「えっと、まぁ、そんなところです」

 穂乃果との会話は傍から見れば独り言、あるいは通話をしているように見える。
 海未の母親は後者と見たようで、少しばかり帰りの遅かった海未を出迎えてそういった。

「よかった。海未さんは、あまりそういったことが得意ではないようでしたので心配していたんです」

 間違ってはいない。現に、親しいと呼べる人はそう多くないのだから。
 そういえば、と。海未は穂乃果のことを母に紹介していなかったことを思い出す。
 その必要があるわけではないが……延々と電話や独り言をしていると思われるのも心外だ。

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 01:02:59.42 ID:dfE8/uNFo
「これがその、先輩の作ったアプリケーションです」
「あら、かわいら……し……い」

 穂乃果についての簡単な説明をした後、実際に見せる。
 すると、母親の顔が困惑に彩られる。一体なにごとか、とディスプレイのなかの穂乃果と見比べる。
 穂乃果のほうも母親と似たような顔をしている。これは母親の反応を受けてのものだろう。

「お母様?」
「……ほのか、さん? 高坂、穂乃果さん」

 あれ、と海未は首を傾げる。穂乃果、と紹介はしたが苗字はいってなかったはずだ。
 何故、母がそれを知っているのだろう。

「穂むらの……きぃちゃんの」
「穂むら?」
「――!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 01:03:30.07 ID:dfE8/uNFo
 穂むら。近所にある老舗の和菓子屋だ。看板商品はほむまんといい、海未の好物でもある。
 母があの店の夫婦と親交があるのは知っていたが……。それと穂乃果になんの関係が。

「お母様?」
「……すみません。取り乱しました」
「その、穂乃果と穂むらになんの関係が?」
「……あまりにも、似ていたものですから」

 亡くなった、きぃちゃんの娘に。

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:59:20.19 ID:U446yxVro
「穂むらの、娘さん……?」

 海未の脳裏に赤みを帯びた髪の少女が浮かび上がる。時たま穂むらで店番をしている、雪穂という少女だ。
 そこではたと思い出す。穂乃果には和菓子屋の娘という設定が付加されていたはずだ。そして、妹が一人。
 ……偶然と断じることはできない。

「ええ。幼い頃に、事故で。……本当に、そっくり」

 母の言葉で今まで不可解だったことが一つずつ繋がっていく。
 それは荒唐無稽な妄想といっても過言ではないけれど。

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:59:46.31 ID:U446yxVro
「お待たせ」

 駅前での待ち合わせ。集合時間のぴったり五分前に希は現れた。
 飄々としている割に時間には律儀らしい。

「いえ、こちらもついさっき来たばかりなので」

 デートみたいやね、と希。
 女性同士だし、デートなんて浮ついた気分でもない。遊びに出かけるのは事実だが、それがメインではないのだ。

「……それじゃあ、少しあるこっか」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:00:48.48 ID:U446yxVro
 しばらくの間、会話はなかった。特に何をするでもなく並んで歩く。
 いつもしているイヤホンマイクも今日はつけていない。スマートフォンは携行しているけれど、鞄のなかだ。

「……穂乃果は」

 口火を切ったのは海未だった。視線を前に向けたまま問いかける。

「穂乃果は、幽霊ですか?」

 馬鹿げた話ではあるが、海未は半ば確信を持っている。
 今、スマートフォンのなかにいる穂乃果は、亡くなった穂むらの娘である高坂穂乃果その人であると。
 何度も、何度も。穂乃果は高性能にすぎると思っていた。試しに他のゴーストについて調べてみたが、穂乃果はそれらを圧倒している。
 ゴーストどころか、スーパーコンピュータで作られた人工知能に勝るとも劣らない人間らしさがある。

「……そうやね。穂乃果ちゃんは正真正銘、幽霊で間違いないよ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:01:06.16 ID:U446yxVro
「うち、小さい頃はいろんなものが見えてたんよ。他の人には見えないいろんなものが」

 大きくなるにつれて段々と見えなくなった。でも、高校に入ってから突如として穂乃果が見えるようになった。

「宙に浮いてるし、誰も見てないしで、最初は自分がおかしくなっちゃったかと思ったんよ」
「まぁ、俄かには信じがたいですし」

 今こうして話を聞いている海未でさえ、実感がわかない。

「ただただいろんなところをふよふよ浮いてて。寂しそうだなって思ったら、つい声をかけちゃった」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:01:55.03 ID:U446yxVro
「怖くはなかったんですか?」
「慣れてたからね」

 それからしばらく穂乃果は希と一緒に過ごしたという。人間と幽霊ではあるが、友情は確かなものであったらしい。

「穂乃果をどうやってゴーストに?」
「実はうちもよくわかってないんよ。ただ、ホラー映画とかでパソコンとか携帯とかに変なメールが来たりするやろ? あれの再現できないかと思ってやってみたら、パソコンの中に入れちゃったみたい」
「えぇ……?」

 人間の思考も電気信号とはいうが……。幽霊も一緒なのだろうか。
 つまるところ穂乃果はサイバーゴーストともいえる存在で、だからこそスマートフォンのなかにも存在できた。のかもしれない。

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:02:46.60 ID:U446yxVro
「ま、こんなところやね。穂乃果ちゃんに関しては、よくわかってないことのほうが多いの」
「いえ、知りたいことは知ることができましたので」

 やはり、実感はないけれど。それでも、穂乃果のことを少なからず知ることができた。
 知ってどうなるという話でもないのだけれど。

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:03:17.92 ID:U446yxVro
 ひとしきり希と遊んだ後の帰り道。イヤホンマイクをつけ、穂乃果に話しかける。

「穂乃果は、本当の幽霊だったのですね」
「……ごめんね、黙ってて」
「いえ」

 そもそも穂乃果は最初からゴーストと名乗っている。黙っているどころか真実を話していたのだ。
 それでもバツが悪いのか、穂乃果はいつもより歯切れが悪い。

「なにをそこまで気にしているんです?」
「……実はね」
「はい」
「海未ちゃんのこと、ずっと見てたんだよ」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:03:53.79 ID:U446yxVro
 穂乃果が亡くなったのは小学生になる前。そこから希と出会うまではずっと一人だったらしい。
 幽霊となった当初は右も左もわからず、頼れる人もいないという状況。家にいても気づいてもらえず、一方的に見ているだけ。

「見ることしかできなかったから、いろんな人についてまわってた。流石に家に入ったりはしなかったけど」

 海未はその一人らしい。家が近いこともあって、見ていた期間はかなり長いとのこと。

「ストーカー、みたいだよね」
「そう捉えることもできるでしょうね」
「気持ち悪い、よね」
「……そうは思いませんが」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:04:21.84 ID:U446yxVro
 いってしまえば死んだ人間に何を見られようと構わないのだ。死人に口なしとはよく言ったもので、穂乃果を認識できる人間は限られているわけだ。
 であれば、見られていようが構わない。少し恥ずかしくはあるけれど、やはり相手は幽霊で、人間ではない。

「あなたにとって私は、幼馴染のようなものでしょう。私のいろんなことを知っている。けど、全部知ってるわけじゃない」
「そう、なのかな」
「そういうことにしておけば気が楽でしょう」
「……そうだね」

 だから、と海未が続ける。

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:04:53.72 ID:U446yxVro
「あなたのことを、もっと私に教えてください」
「私のこと?」
「ええ。幽霊になってからのことでもいいですし、つい最近のことでも構いません」
「……どうして?」
「不公平じゃないですか。あなただけ一方的に知っているのはずるいです」
「えぇ……? ずるいっていわれても」
「これから、長い付き合いになるんですから」
「……そっか。うん、そうだね」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:05:30.75 ID:U446yxVro
 私たちはまだ出会ったばかり。だから、これから仲良くなっていける。
 海未はそんなことを思いながらスマートフォンのディスプレイをなぞる。
 ぐにっと、穂乃果がどこか晴れやかな表情で笑っていた。

 おわり