1: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 21:51:01.99 ID:8MuVoZQn0
P「中学生組のアイドルに『あすらん』が流行っているらしい」

P「あすらん、あすらんって何だ?」

P「飛鳥と蘭子?あとは…ガ○ダムか?」

P「まぁ普通に考えて飛鳥と蘭子だが、『あすらんが流行る』という言い回しが妙だな」

P「女子寮に行って聞いてみるか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454503861

引用元: P「女子中学生に『あすらん』なるものが流行っているらしい」 


 

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-02-25)
売り上げランキング: 74
2: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 21:58:05.08 ID:8MuVoZQn0
【女子寮・ロビー】

P(女子寮はロビーまでなら男性プロデューサーも入って良い規則になっている)

ガチャ

P「おーい、誰かいないかー?」

幸子「あ、どいてくださいねプロデューサーさん!カワイイボクが通りますよ!」どんっ

P「えっ?」

幸子「急がないと始まっちゃいます!」タッタッタ

5: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:13:50.47 ID:8MuVoZQn0
P(なんだってんだ?)


幸子「あー!みんなもういる!一歩出遅れましたねこれはっ!」

輝子「フフ…最前列、確保」

小梅「い、一瞬遅かったね…幸子ちゃん」

幸子「皆さん今日は早くないですかー?」

乃々「もりくぼ、一番乗りですけど…」

幸子「ぐぬぬ、仕方ありません。今日は立ち見ですっ!」


P(3人掛けのソファーの席を奪い合ってる?)

P(何をしているんだあいつら?立ち見って、何をだ?)

9: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:18:35.19 ID:8MuVoZQn0
幸子「時間ですっ!始まりますよー!」ふんすっ

輝子「今日も楽しみ…フフ」

乃々「その、昨日の続きからですかね?」

小梅「う、うん。昨日、すごく良いところで終わっちゃったから…」


パッ!(照明が点灯)


幸子「きた~~っ!!」ワクワク


P(なんだ?4人の正面の明かりだけが点いた)

P「まるでスポットライトみたいだな…」

14: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:25:39.65 ID:8MuVoZQn0
蘭子「ああ、飛鳥、我が眷属、飛鳥よ!」

蘭子「あなたはなぜ飛鳥なのか!」


幸子「キャ~~!!蘭子ちゃーーんっ!!」きゃいきゃい

乃々「はじっ、はじまったんですけどっ!」ふんすっ

小梅「一番の、め、名シーン…!」ドキドキ

輝子「フフ…フフ…フフフフ…!!」ワクワク



P(なんだこれは…!)

18: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:35:17.23 ID:8MuVoZQn0
蘭子「そなたを生み出せし父祖の血脈と縁を絶ち、血族たちを捨てることは出来まいか!?」

蘭子「もしそれが出来ない選択だとするならば…! 」

蘭子「せめて、我と永遠に共であると…」

蘭子「そう誓ってはくれないだろうか!!」



幸子「切ないですねぇ」ぐすっ

小梅「で、でも、それが二人の運命だから…」

乃々「はじめから引き裂かれた、関係ですけど…でも」

19: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:44:33.22 ID:8MuVoZQn0
蘭子「さすれば、我もこの場限りで現世の肉体を捨て!」

蘭子「飛鳥、そなたと永劫の盟約を契ろうぞ!!」バッ



輝子「フー、フーーッ!カ、カッコイイ…!!」ドキドキ

小梅「蘭子ちゃん、すごくキレイ…」うっとり


パッ!(もう一つ照明が点灯)


飛鳥「ああっ!」スタッ



幸子「キタっっ!!」ぐっ

20: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 22:51:21.55 ID:8MuVoZQn0
飛鳥「 蘭子、ボクはただ黙って、キミの言葉をもっと聞いていようか?」

飛鳥「それともボクは…キミに声を掛けるべきなのかな?」


幸子「きゃぁあぁ~~~~っ!!飛鳥様ぁーーっ!!」ぴょんぴょん!

乃々「あうぁ…!すごいんですけどっ、かっこいいんですけど…っ!」ワクワク

小梅「あ、飛鳥様、来てくれた…」ドキドキ

輝子「フフ…フフフフフフ…ッ!!」ふんすっふんすっ



P(飛鳥様て!)

P(いや、確かにかっこいいけども!)

21: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:03:07.74 ID:8MuVoZQn0
蘭子「ああ!我にとっての敵は、飛鳥!もはやそなたの現世のしがらみだけ…!」

蘭子「たとえその身が朽ち果てようとも…飛鳥は飛鳥のままぞ!!」

蘭子「血脈…それがどうしたというのか!!」

蘭子「薔薇の華はどのような姿であろうとも、その甘美なる香りに変わりは無い!」

蘭子「飛鳥、それはそなたとて同じはず…!!」

蘭子「その高貴なる魂に、いささかの翳りがあろうものか!!」

23: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:17:11.89 ID:8MuVoZQn0
蘭子「飛鳥、どうかその肉体を捨ててはくれまいか!?」

蘭子「さすれば、捧げられしそなたのその血肉に代わり…」

蘭子「我が魂のすべてを差し出そうぞ!!」

蘭子「その我が魂を糧に、古の盟約に則り」

蘭子「我らは永遠の共になろうぞ!!」


飛鳥「ああっ!蘭子!!」バッ


蘭子「飛鳥!!」



幸子「きゃ~~っ!!キタキタキターー!!」

小梅「ひゃぁ…っ!あ、あ、飛鳥様っ!蘭子ちゃん…!」ぱたぱた

輝子「~~~~!!~~~~っ!!」ふんすっふんすっ

乃々「ヤバイんですけどぉ…!すごいんですけど…っ!」ワクワク

24: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:24:58.75 ID:8MuVoZQn0
飛鳥「キミの言葉通りに、その魂…」

飛鳥「ボクが頂戴しよう!」


輝子「ひゃーーっ!キャーー!!」きゃいきゃい
幸子「キャーキャーッ!!」きゃいきゃい


飛鳥「ただ一言、ボクをキミの同類だと言って欲しい!」

飛鳥「そうすればもう、ボクらのセカイは生まれ変わるのさ…!」

飛鳥「今日からはもう、昨日までのボクではない!」

飛鳥「蘭子、キミの友であるボクになれるんだ!!」

25: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:34:06.28 ID:8MuVoZQn0
飛鳥「蘭子!」シュタッ

蘭子「ああ!飛鳥よ!」


小梅「~~~~っ///」かぁぁぁ
幸子「飛鳥様~~っ!!」キャーキャー
乃々「飛鳥様っ!ヤバすぎですけどぉ!」ドキドキ
輝子「フフ…フフーー…ッ!」ふんすーっ


蘭子「契りをここに」

蘭子「我ら、たとえ魂までもが燃え尽きる日がこようとも!」

飛鳥「ああ、ボクらにどんな冷たい風が吹こうとも!」


蘭子「永遠に」ぎゅっ
飛鳥「いっしょさ」ぎゅっ

28: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:42:10.26 ID:8MuVoZQn0
輝子「飛鳥様ぁーーっ!!」キャー!!

小梅「ら、蘭子ちゃーんっ!!」

幸子「きゃ~~!!飛鳥様っ!飛鳥様ぁ~~~~!!!!……ぁ」ぱたり

乃々「飛鳥様っ!蘭子さんっ!!かっこいいんですけどっ!!」バタバタ


パンッ(照明落ちる)


小梅「お、終わっちゃったね、今日の公演…」

乃々「はぁはぁ、もりくぼ興奮しちゃったんですけど…」

輝子「フフ…今日も楽しい、劇だった…」

幸子「きゅぅ…」ぱたり

30: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:45:57.85 ID:8MuVoZQn0
P「ふむ…」

P「ヅカかな?」
※ ヅカ=宝○歌劇団

P「なにはともあれ、女子中学生組に絶大な人気があるようだな」

P「これは…この方面でのプロデュースもあり、か?」


キャーキャー!
サチコサンキゼツシテルンデスケドォ!?
サ、サチコチャン、シッカリッ
アスカシャマァ…
オキナイトアンコールガミレナイヨ!

31: ◆juyLLdML1mbY 2016/02/03(水) 23:46:30.96 ID:8MuVoZQn0
第一話・終