1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 15:51:25 ID:egJBteZ2
『やあシンジ君。』

『やらな(ry

シンジ「ミサトさん届けてくれてありがとうございます」クシャクシャポイ

ミサト「いいのよ、これも仕事だしね。」 



新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)
高橋 脩
KADOKAWA/角川書店 (2014-11-22)
売り上げランキング: 16,158
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 15:54:40 ID:egJBteZ2
シンジ「メールでもチェックしよっと」

シンジ「うわ」

シンジ「カヲル君から200通も来てるよ!」クリック

『明日食事でもどうだい?』

『第三新東京公園の男子トイ

シンジ「削除」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 15:56:56 ID:egJBteZ2
ピンポーン

シンジ「はい」

カヲル「やあシンジ君!!やらな

ドアバッタン!!

シンジ「なんなんだよまったく…」

シンジ「ああもうこんな時間だ。」

シンジ「トイレ行って寝よ」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 15:58:51 ID:egJBteZ2
トイレガチャ

シンジ「うわっ!!!!」

カヲル「大胆だね、シンジ君///」

ドアバタン

シンジ「うわああああああああああああ!!!!!!!」

アスカ「ちょっと!うるさいわよバカシンジ!!」

シンジ「かかかかカヲル君が!カヲル君が!」

アスカ「あのホモがどうしたのよ」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 16:01:07 ID:egJBteZ2
トイレガチャ

アスカ「いないじゃない。」

シンジ「ええっ!?さっきはいたんだけど…」

アスカ「幻覚でも見てたんじゃないの?」

シンジ「そうかな…?」

シンジ「布団敷こう」

ガラガラ

カヲル「まってたよシンジ君」

シンジ「」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:15:09 ID:AAJIzQe.
シンジ「…ということがあったんですよ。」

リツコ「対処法はあるわ。」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:19:04 ID:AAJIzQe.
リツコ「カヲル君はホモ…。つまり!シンジ君を女にすれば、寄ってこない筈よ!!」

シンジ「そんなことができるんですか!?」

リツコ「出来ないわ。ネルフ特製、染色体変更機がなければね。」

シンジ「染色体?」

リツコ「そう。人体の雌雄を決定しているのは染色体。その染色体をすべて変換することで、性転換を可能にしたわ。また生殖器に関しては山中教授が発見したiPS細胞によって」 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:20:39 ID:AAJIzQe.
シンジ「しくみが よく わかりました(棒)」

シンジ「じゃあそれをお願いします。」

リツコ「分かったわ。」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:26:36 ID:AAJIzQe.

シンジ「でも、みんなには何て説明したら…」

リツコ「あら、その点に関しては心配ないわ。」

リツコ「使徒のせいにすればいいのよ。」

シンジ「でも、前に父さんの花瓶を割ったのとか、副司令の将棋の駒無くしたのも使徒のせいにしてませんでしたか??」

リツコ「使徒って便利ね」

使徒「解せぬ」 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:23:31 ID:AAJIzQe.
リツコ「使徒の汚染でパイロットが性転換しました」

ゲンドウ「…ああ」

冬月「…」

ゲンドウ「下がりたまえ」

ゲンドウ「…」 


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:27:15 ID:AAJIzQe.
リツコ「使徒の汚染でパイロットが性転換しました」

ゲンドウ「…ああ」

冬月「…」

ゲンドウ「下がりたまえ」

ゲンドウ「…」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:28:42 ID:AAJIzQe.
冬月「どうした碇。」

ゲンドウ「いや」

冬月「そうか」

ゲンドウ「性転換したシンジ…ユイにそっくりだった」

冬月「そうだな」

ゲンドウ「ああ」

ゲンドウ「…」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:31:40 ID:AAJIzQe.
さて、そんなこんなで次の日

アスカ「ちょっと、アンタ私より胸大きいじゃない!」

シンジ(♀)「知らないよ!」

ピンポーン

シンジ(♀)「だれだろう」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:34:03 ID:AAJIzQe.
カヲル「あJしおほえん9VCYHんぢおひおCPS」

シンジ(♀)「わっ!カヲル君!!!??」

カヲル「シンジ君をぉぉ!!!女にしたのはぁぁ!!!何エルだぁぁあぁ!!!今すぐぶっ潰す!!ヌガァァァァァァァアアアァァァアア!!!」

シンジ(♀)「落ち着いて!」

カヲル「これが落ち着いていられるかァァぁァァ!…ぬ?」

カヲル「ふつくしい」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:38:34 ID:AAJIzQe.
シンジ(♀)「えっ」

カヲル「シンジ君…」ハァハァ

シンジ(♀)「怖い」

カヲル「僕はシンジ君が好きだった」

シンジ(♀)「うん、知ってた。」

カヲル「でも、僕は今気づいたよ。」

カヲル「僕は、オトコが好きなんじゃない。」

カヲル「シンジ君が好きなんだァァァァぁ!!!!!!!!!!!!」 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 18:40:38 ID:AAJIzQe.
カヲル「君は女性になっても美しい。」

シンジ(♀)「えっと、男だったころから美しかったってこと?」

カヲル「僕と付き合って下さい!!!」

シンジ(♀)「だが断る」

カヲル「死のう」

【おわれ】