1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:20:18.93 ID:bcZFcR8Zo


エリカ「えっ!?」

まほ「えっ?」

エリカ「た、隊長?……肩車ってどういう」

まほ「あっ!ち、違うんだ、これは。ちょっと間違えただけだ。気にするな」

エリカ「でも今確かに、肩車してって言いましたよね?」

まほ「いいんだ。私はもう行くぞ」ツカツカ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452176418

引用元: 【ガルパン】まほ「エリカ、肩車をしてほしい」 


 

ガールズ&パンツァー 戦車道のよこみち

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-12-23)
売り上げランキング: 14
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:21:18.79 ID:bcZFcR8Zo

エリカ「待ってください!」

まほ「……なんだ?」

エリカ「私は副隊長として、隊長のために出来ることならなんでもします。
だから……もし何か言いたいことがあるのなら正直に、言ってください」

まほ「……」

エリカ「……」ゴクリ

まほ「じゃあ、質問を一つだけしていい?」

エリカ「はい!何個でもどうぞ!」

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:23:20.53 ID:bcZFcR8Zo

まほ「この前、島田流率いる大学選抜と戦った時の話」

エリカ「ええ、隊長は大活躍でしたね!」

まほ「私のことはいいんだ、それよりもエリカのことだ」

エリカ「えっ、いえそんな私なんて!す、少しは頑張りましたけど隊長ほどでは……うふふ」テレテレ

まほ「頑張っていたが、言いたいのは試合のことじゃないんだ」

エリカ「もう言い過ぎですって……え?」


まほ「決着がついた直後、お前は何をしていた?」

エリカ「えーとその、それはもちろん喜んでましたけど……」

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:24:15.62 ID:bcZFcR8Zo

まほ「嬉しかったのか?」

エリカ「べっ、別に大洗が好きなわけじゃないですよ!戦いに勝ったから……」

まほ「違う。違うんだエリカ。試合のことじゃないと言っているだろう」

エリカ「えー?じゃあ一体何を聞いてるんですか?」



まほ「プラウダの隊長を肩車して、嬉しかったのかと聞いているんだ」




エリカ「へっ?」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:25:10.53 ID:bcZFcR8Zo

まほ「今日、あの試合の録画映像が各校に配布された。私は先に確認したんだが……
お前は決着の時、プラウダの隊長を肩車していたな?」

エリカ「ああ、あれはですね。決着の直前くらいにあのちびっ子が興奮して飛び乗ってきたんですよ……
振り落とすわけにもいかないし、私も観戦に集中したかったのでしぶしぶ支えてたんです。
まったく、おこちゃまですよねえ」

まほ「……そうか」

エリカ「で、それがどうかしたんですか?」

まほ「もう大丈夫だ。ありがとう」

エリカ「???」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:25:38.24 ID:bcZFcR8Zo

まほ「じゃあ、また明日」スタスタ

エリカ「そういえば、最初に言ってた肩車って……まさか」

エリカ「あの!」

まほ「何だ?まだ何かあるのか」

エリカ「もしかしてなんですけど、あの~」

まほ「どうした?言ってみろ」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:26:07.57 ID:bcZFcR8Zo

エリカ「隊長は、嫉妬しているんですか……?」


まほ「!!!!!」ビクッ

エリカ「その反応はやはり」

まほ「ちちちちち違うわ////だ、誰がし、し、嫉妬なんて///」

エリカ「顔、すごい赤くなってますよ」

まほ「見るな!!」


9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 23:28:18.12 ID:bcZFcR8Zo

エリカ「まあ、確かにカチューシャは見た目は可愛いですからね」

まほ「……ん?」

エリカ「隊長も結構可愛い物好きだし、ぬいぐるみみたいにあいつを肩車したいって隊長の気持ちはわからなくもないです。
私だけそんなことして、すいませんでした」

まほ「カチューシャを肩車したい?……何を言ってるんだ?」

エリカ「え?隊長は私に嫉妬したんですよね。カチューシャを肩車してたのが羨ましくて……」



まほ「エリカのばか!!!」



エリカ「ばっ!?!?」


14: ◆3hqm7P36Pw 2016/01/10(日) 03:33:03.36 ID:j0uMmBzdo

まほ「……!」ハッ

エリカ「ひ、ひどいです」グスッ

まほ「す、すまない、エリカ」アセアセ

エリカ「隊長のためにと思って、お話を聞いたのに……」ジワジワ

まほ「違うんだエリカ、勘違いなんだ……!」

エリカ「もういいです!私なんか!どうせ可愛くもない副隊長ですよ!
妹がいなくなって数合わせでなっただけですもんね!」

まほ「そんなことなっ……」

エリカ「……さようなら!」ダッ

まほ「エリカ!!エリカー!!」

15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 03:35:13.07 ID:j0uMmBzdo

エリカ「ううっ……」トボトボ

エリカ「私、隊長にひどいこと言っちゃったわ」

エリカ「でも隊長だって、いきなり私にばかなんて……」

ブーブー

エリカ「着信……隊長かな!?」バッ

エリカ「って、知らない番号だわ」ガクッ

16: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 03:35:39.39 ID:j0uMmBzdo

エリカ「はあ……もしもし?」

『早く出なさいよね!カチューシャが電話してあげてるんだから!』

エリカ「いきなり電話してきてなんでこんな態度……え、カチューシャ?」

カチューシャ『そうよ!』

エリカ「なんであんた私の番号知ってるのよ」

カチューシャ『プラウダの情報網を甘く見てもらったわ困るわ!』

エリカ「まぁいいけど……で、なんの用事?私、ヒマじゃないんだけど」

17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 03:36:16.35 ID:j0uMmBzdo

まほ「ああ、やってしまった。エリカ……」

まほ「怒らせてしまった……どうしようどうしよう」オロオロ

まほ「謝ればいいのかな。でもなんて言って謝れば……」

まほ「戦車道の教本にも、西住流の教えにも、友達と仲直りする方法なんて乗ってないし」

まほ「友達……いや、エリカにとって私はあくまで隊長でしかないのかもな」

まほ「うう」

まほ「しかしエリカもエリカだ。何なんだ、あの察しの悪さは」

まほ「いや、だめだ、エリカは悪く無い。私があんなことを口走るのがそもそもの……」

まほ「ああ、嫌われてしまったのだろうか。副隊長をやめるなんて言われたら、私は」


みほ「ひとりで何やってるの……?お姉ちゃん」

21: ◆3hqm7P36Pw 2016/01/22(金) 00:19:43.61 ID:8FrIQr5MO
まほ「みほ……わ、私はエリカに嫌われてしまったかもしれない」


みほ「どうしたの?何があったの?」


まほ「それは、ちょっと恥ずかしくて言えない」


みほ「お姉ちゃん?」ズイッ


まほ「う……」タジッ


~説明~


みほ「肩車……」


まほ「憧れていたのかもしれないな。ふれあいというものに」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 00:20:51.02 ID:8FrIQr5MO
まほ「私は戦車道一筋で、仲間たちとの触れあいというものがほとんどなかった」


まほ「みほたちのように、放課後にみんなで遊んだりとか……」


まほ「そして気付いたんだ。私はエリカに全く触れていない。隊長副隊長は最も親密であるべきなのに」


まほ「試合で勝っても、他の学校ならば抱き合って喜ぶような場面でも、私はエリカを抱き締めるどころか……」


まほ「手を握ることも、肩に手を置くことすらしなかった」


まほ「それに気づいたら、妙に意識してしまってな。ますますやりにくくなってしまった」


みほ「うん、うん」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 00:21:34.35 ID:8FrIQr5MO
まほ「そんな時、見てしまった。エリカがプラウダの隊長を肩車しているのを……悔しかった。そして羨ましかった。エリカに易々と触れることが出来る彼女が」グスッ


まほ「それで私は、ついエリカに……私は肩車してほしかったわけじゃない。ただ普通にエリカと触れあいたかった。そして仲良くなりたかったんだ」ポロポロ


みほ「お姉ちゃん、良く頑張ってしゃべってくれたね」


まほ「みほ……私はどうすれば」


みほ「もう、お姉ちゃんの中では答えが出てるでしょ?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 00:24:49.15 ID:8FrIQr5MO
まほ「……!!」

みほ「それを信じて進めば大丈夫だよ。西住流は何があっても前に進む流派なんだから」

まほ「みほ……ありがとう」

まほ「エリカに会いに行ってくるよ」ゴシゴシ

みほ「うん、頑張ってね!」



まほ「エリカ、待っててくれ。やっとわかったよ」

まほ「私のやるべきことが……!」

28: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/01(月) 12:49:07.89 ID:BoZwUxrmO
カチューシャ『それでね、あの戦いからノンナの機嫌が悪いのよ』


カチューシャ『肩車してもらおうとしても、なんか乗り気じゃないっていうか』


カチューシャ『「わかりました。でも誰の肩でもいいんでしょう?」とか言われたわ』


エリカ「はあ?どうせあれでしょ。私があんたを肩車してたから妬いてるんじゃないの?」


エリカ「誰が見たってそうでしょ……ん?」


エリカ「もしかして、隊長は……!?」


エリカ「感謝するわ!大切なことに気づけた!」


カチューシャ『あ、ちょっと!勝手に切るn ピッ



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 12:50:13.07 ID:BoZwUxrmO
エリカ「隊長、隊長……待っててください!」


まほ「エリカ、エリカ!」


エリカ「いた!隊長!」


まほ「エリカ!!」


エリカ「隊長!!!」



ピタッ



まほ「えっと……//」


エリカ「はい……//」


まほ「その、さっきはすまなかった」


エリカ「そんな。私こそすいませんでした」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 12:51:57.00 ID:BoZwUxrmO

まほ「エリカ、わ、私は」


エリカ「肩車はちょっと難しいですけど」


まほ「うっ」


エリカ「で、でも……//あの、私の肩で良ければ、い、いつでもお貸ししますから」


エリカ「頭を乗せてくれたりしても//」


まほ「えっあっそ、そうか?//」


エリカ「はい……//」


まほ「じゃあ、お言葉に甘えて」


エリカ「あ、立ったままだとあれなんで……//そこのベンチで」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 12:52:30.54 ID:BoZwUxrmO
まほ「あ、すまん、いきなりそういう」


エリカ「いえいいんです!さ、どうぞ」ポンポン


まほ「し、失礼します……//」スッ


エリカ「ふふっ、そんなかしこまらなくても」


まほ「う……//か、肩は重くないか?」


エリカ「頭が乗ってるだけなんだから重いわけ無いですよ」


まほ「うん、それはそうだな……//」



34: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/02(火) 12:40:52.69 ID:MLWOR37pO
エリカ「……」スッ


ナデナデ


まほ「!」ビクッ


エリカ「あっすいません!隊長が可愛くてつい」


まほ「い、いい……驚いただけだから、続けてほしい//」


エリカ「はいっ」


ナデナデナデ


まほ「今日はかっこ悪いところばかり見せてしまったな……」


エリカ「そんなことないですよ。私は嬉しいです。隊長がこうやって甘えてくれて」


まほ「……//」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:41:32.38 ID:MLWOR37pO
エリカ「副隊長ですから。いつでも支えますよ」


まほ「ありがとう……ねえ、エリカ」


エリカ「はい?」


まほ「今日だけはもうちょっとこうして、くっついてて……いいかな?//」


エリカ「もちろん!それに、今日だけなんて言わず、いつでも甘えてくれていいんですよ?」


まほ「それは……考えとく///」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:42:10.77 ID:MLWOR37pO
エリカ「そういえば、なんで私を追いかけてきてくれたんですか?」


まほ「あの後、みほに会ってな」


エリカ「え?」


まほ「え?いやみほに会ったんだが」


エリカ「だってここは黒森峰の学園艦ですよ?」


まほ「えっ」


エリカ「えっ」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:42:52.96 ID:MLWOR37pO
数日後



まほ「というわけで、今日の訓練はここまで。明日は射撃訓練を行う!」


まほ「各自、気を引き締めていくように!」


エリカ「……」


隊員「」ヒソヒソ


隊員「」ヒソヒソ


エリカ「……返事は!?」


隊員「「「は、はい!!」」」


まほ「解散!」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:43:42.84 ID:MLWOR37pO
まほ「まったく。最近隊員たちが私の話をしっかり聞いていない気がする。

何か別のことを気にしているような」


エリカ「そりゃそうでしょう、だって……」


エリカ「隊長がずっと私に後ろから抱きついてるんですから!!」


ギュゥウウ


まほ「だって、いつでもいいって言ったじゃないか」


エリカ「限度があるでしょう!?隊員たちの前でこんな//」


まほ「隊員たちの前じゃなければいいんだな?」


エリカ「そ、それは別にいいですけど……//」


まほ「まったくエリカったら……///」


エリカ「って、話をそらさないでください!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:44:36.89 ID:MLWOR37pO
エリカ「学校中どころか、学園艦中で噂になってますよ!?」


まほ「そんなことより、エリカ……訓練も終わったしいつもの///」


エリカ「あ、はい……じゃあちょっと体離してください」


まほ「うん」


パッ


エリカ「今日も一日お疲れ様でした」


ナデナデ


まほ「……//」


エリカ(まあ、これはこれで可愛いからいいか……)



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 12:45:13.83 ID:MLWOR37pO
まほ「エリカ、このあとお風呂いこう!」


エリカ「はい」


まほ「そのあと私の部屋で夕飯食べよう!」


エリカ「えっ?じゃ、じゃあお邪魔します」


まほ「それで今夜は泊まっていけ!」


エリカ「!?いやそこまでは」


まほ「一緒のベッドで寝よう!」


エリカ「まって!!」


まほ「さあ、いくぞ」


エリカ「誰かぁーーーー」






おしまい☆