1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:11:31.79 ID:beFqQgQ90

幼女「どっから入ってきた?」

サンタ「あ。あの、上から」

引用元: サンタ「メリークリスマス!」幼女「おめ誰だよ」 


 

ナノブロック サンタクロース&クリスマスツリー 2013 NBC-099
カワダ (2013-10-31)
売り上げランキング: 14,368
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:13:43.68 ID:beFqQgQ90

幼女「何?」

サンタ「メリークリスマス。良い子にプレゼントを」

幼女「ぶち殺すぞ」

サンタ「・・・・・・」

幼女「どうやって入ってきたんだよ」

サンタ「サンタの力で」

幼女「は?殺すぞ」

サンタ「」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:18:13.81 ID:beFqQgQ90

幼女「サンタって何だよ」

サンタ「おや。サンタクロースを知らないのかね」

幼女「知らねーよ」

サンタ「ええ。知らないのか、驚いた」

幼女「あ?」

サンタ「いや・・・サンタというのはね」

幼女「知らねえよ黙れ」

サンタ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:20:36.62 ID:beFqQgQ90

幼女「・・・・・・」

サンタ「・・・・・・」

幼女「警察?」

サンタ「えっ」

幼女「110番でいいの?」

サンタ「まさか通報されるとは思わなかった」

幼女「どうせロリマンコ狙ってきたんだろこのヒゲ」

サンタ「うわぁ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:24:31.06 ID:beFqQgQ90

幼女「どうせ不法侵入で盗んだりレイプしたりすんだろ」

サンタ「やべー間違ったコレ完全に失敗したこれ絶対良い子じゃねえ」

幼女「殺すぞ」

サンタ「すぐに殺すとかいっちゃいけません」

幼女「マジ抉るぞ」

サンタ「・・・」

幼女「にまんかい殺すぞ」

サンタ「ちょ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:29:10.92 ID:beFqQgQ90

サンタ「とりあえず悪い事なんか何もしないからさ」

幼女「じゃあ何が目的だおい」

サンタ「いやさっき説明しようとしたら」

幼女「黙って説明しろデブ」

サンタ「はい」

サンタ「いや。あのね。サンタは子供にプレゼントをね」かくかくしかじか

説明しました

幼女「信じられねえ」

サンタ「・・・」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:32:05.72 ID:beFqQgQ90

幼女「無料奉仕でプレゼントとかマジ信用できねえ」

サンタ「まぁふつうに考えたらそうですよね」

幼女「ありえねえ」

サンタ「まあとにかく、子供の欲しいものを配ってまわってるんだよ」

幼女「ほしいものくれるの?」

サンタ「そうだよ」

幼女「ホント」

サンタ「うんうん」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:36:08.94 ID:beFqQgQ90

幼女「じゃあ2000万円」

サンタ「うわぁ金額の高が子供にしてはリアル過ぎそこはヒャクオクマンエンとかだろ」

幼女「はやく」

サンタ「ちょっとそういうのはあんまり」

幼女「使えねえ」

サンタ「・・・」

幼女「クズ」

サンタ「いやきみいくつ?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:40:34.76 ID:beFqQgQ90

幼女「ななさいだ」

サンタ「7つにしては聡明で尖ってるねえ」

幼女「黙れ」

サンタ「はい」

幼女「じゃあいくらまでなら出せるの?」

サンタ「いや・・・せいぜい子供が欲しがるおもちゃレベルで」

サンタ「ていうか現金はねえわ。いろんな角度でねえわ」

幼女「クソが」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:45:07.96 ID:beFqQgQ90

サンタ「もっと子供らしいお願いは無いのかい」

幼女「ガキ扱いしてんじゃねーぞ」

サンタ「いやきみ子供でしょ」

幼女「ふん」

サンタ「まぁ来ちゃったからにはプレゼント置いてかんと」

サンタ「なんか無い?外でトナカイも待ってるし」

幼女「なんでトナカイいんだよ」

サンタ「俺もわかんねえやハハ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:48:22.64 ID:beFqQgQ90

サンタ「現金以外で。なにかホラ」

幼女「防御力」

サンタ「ワロタ」

幼女「できねえのかよ」

サンタ「そういう抽象的なのもきついわ。どこのグラップラーだよ」

幼女「・・・」

幼女「ともだち」

サンタ「ん」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:52:53.85 ID:beFqQgQ90

幼女「おともだちほしい」

サンタ「おお、ここにきて子供らしい願いが」

サンタ「・・・でもそういうのもちょっと無理だね」

サンタ「ぬいぐるみとか、欲しい服とかそういうのとかじゃないと」

幼女「カスサンタ」

サンタ「いやサンタの限界もあるんでサーセン」

幼女「ともだちだめか」

サンタ「・・・・・・」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:57:00.27 ID:beFqQgQ90

幼女「じゃあいらない。ほしいもの全然くれない!」

サンタ「ああ・・・そう言われちゃうとね・・・」

サンタ「まぁ形だけでも。クマのぬいぐるみとかでいいかな」

ギシ・・・ギシ・・・

幼女「!」

サンタ「おや」


幼女の親「なんだ。夜中に何かうるせーぞガキが」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:59:35.13 ID:beFqQgQ90

幼女「いやサンタが」

親「は?サンタ?」

親「なに馬鹿な事いってんのおまえ」

幼女「いやここに」

サンタ「俺は子供にしか見えない。声も聞こえない」ボソッ

幼女「えっ」

親「なんなんだよおまえ。イラつくわきめえ」

幼女「・・・」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:01:43.81 ID:beFqQgQ90

親「サンタとか信じちゃってんの。馬鹿みてえ」

幼女「・・・・・・」

親「なにその目」

親「らっ」ドゴッ

幼女「くぎゅっ・・・!」

サンタ「!!」


親「調子のってんなよガキがコラ」ズドッバキッ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:04:09.20 ID:beFqQgQ90

幼女「けほ・・・ッ」

サンタ


サンタ(俺は・・・子供以外の人間に干渉する事ができない)

サンタ(・・・・・・)


バキッ ビシッ ドバッ


親「ふう。舐めやがってこのガキ」

親「はやく寝ろよ。明日の仕事ははええからな」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:06:41.58 ID:beFqQgQ90

サンタ「・・・・・・」

幼女「・・・・・・」

サンタ「すまない。俺は止める事ができない」

幼女「役立たずサンタ」

サンタ「いつもこうなのか?」

幼女「おまえにはカンケイない」

サンタ「そうだな」

サンタ「・・・・・・」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:10:03.78 ID:beFqQgQ90

幼女『ぶっ殺すぞ』

幼女『2000万』

幼女『防御力』


サンタ(なるほどね・・・)

サンタ(家庭環境の背景・・・か)


幼女『おともだち』


サンタ(・・・・・・)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:13:55.28 ID:beFqQgQ90

サンタ「なぁ。ともだちは無理って言ったけど」

サンタ「俺が友達になってやろうか」

幼女「はぁん」ゴシゴシ

サンタ「サンタが友達なんて世界に誇れるぞ。どうかな?」

幼女「・・・いつもいっしょにいるおともだちがいい」

サンタ「そうか。確かに俺はいつも一緒にいられないな」

幼女「・・・」

サンタ「それでも、駄目かな?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:15:51.46 ID:beFqQgQ90

サンタ「居ないよりはいいだろ?」

幼女「いないって決めつけんな」

サンタ「いるなら欲しいなんて言わないだろ」

幼女「・・・」

サンタ「実は俺、こんな格好してるけど。日本人なんだ」

幼女「うそつけデブ」

サンタ「いやほんとほんと」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:19:58.26 ID:beFqQgQ90

サンタ「俺は日本支部のサンタな訳。バイトで今こんな格好でサンタやってるけど」

サンタ「明日になればもとの姿に戻る。いつもの生活がまた始まるんだ」

幼女「・・・・・・」

サンタ「悪いけど、今君が必要としてるものは、プレゼントできない」

サンタ「“サンタクロースじゃ君を救えない”」

幼女

サンタ「でも、俺が“俺”に戻ったら」

サンタ「何か君の為に。してあげられる事があるかもしれない」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:23:21.52 ID:beFqQgQ90

サンタ「その為に今、君と友達になりたいな」

サンタ「友達の為に何かするのは、当然だからな」

幼女

幼女「ほんとに?」

サンタ「ああ」

幼女「お義父さんが殴ったりするのも止めてくれる?」

サンタ「善処するよ」

幼女「うん・・・」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:26:31.12 ID:beFqQgQ90

幼女「ぜったいだぞ」

サンタ「ああ。約束するよ」

幼女「嘘ついたら殺す」

サンタ「死なない為にがんばるよ」

幼女「ぐすん、ぐすん」

幼女「ありがと。ありがと。ぐすん」

サンタ(・・・かわいそうに)

サンタ(ずっと耐えてきたんだ。この娘は)

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:30:55.14 ID:beFqQgQ90

サンタ「とりあえず。プレゼントとしておいておくね」

幼女「マフラー」

サンタ「ああ。約束のしるしだ」

幼女「うん」

サンタ「つけてみなよ」

幼女「あったかい」くるくる

サンタ(かわええとこあるやないかってかカワイイな・・・)

サンタ(いやいや何考えてんだ俺)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:33:18.13 ID:beFqQgQ90

サンタ「じゃあもう行くね。外からトナカイの殺気を感じるから」

幼女「うん」

サンタ「じゃあ元気で。さよなら」

幼女「サンタばいばい」

サンタ「じゃあね」


サンタは部屋から忽然と消えた


幼女「・・・・・・」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:36:58.65 ID:beFqQgQ90




男「・・・・・・ふぅ」

サンタ「どうじゃったね、仕事の方は?」

男「いやー大変でした。まさかサンタがこんなにきついとは」

サンタ「ほっほっほそうじゃろう。サンタは忙しいものでな。バイト募集してよかったわい」

男「ええ・・・でも、楽しかったですよ」

サンタ「そりゃあよかった」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:40:41.61 ID:beFqQgQ90

サンタ「それじゃこれがバイト代ね」

男「ありがとうございます」

サンタ「それと、君の記憶を消さねばならん」

男「え?」

サンタ「君の、“サンタの仕事をして報酬をもらった”という記憶だけを残してな」

男「ちょ、ちょっと待って下さい。なんで・・・」

サンタ「君は個人の家宅まで入っとる訳じゃからな」

サンタ「サンタ活動中の間の記憶は消去させてもらう」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:43:09.66 ID:beFqQgQ90

男「そんな・・・」

サンタ「ん?何か不都合な事でもあるかね?」

サンタ「まぁあったところで、記憶を消す事に変わりはないが」

男(・・・・・・)

サンタ「では始めよう。目を閉じて・・・」




男(幼女・・・)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:44:31.00 ID:beFqQgQ90




      そうして、数年が過ぎた。




53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:47:49.98 ID:beFqQgQ90



男「んん~~~・・・今日も疲れたな・・・」

同僚「おつかれさまです、男さん」

同僚「はい、コーヒーです」

同僚「ブラックの砂糖一個ですよね」

男「おお、気が利くな同僚さんは」

同僚「い、いえそんな事・・・///」

男「ふぅ・・・あ、美味しい」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:51:21.16 ID:beFqQgQ90

同僚「そういえば、そろそろクリスマスですよね」

男「ん・・・そうだなぁ」

同僚「男さんは、何か予定とかありますか?」

男「いや、それがさぁ」

男「面接の仕事をいいつけられちゃってさ」

同僚「あ、そうなんですか・・・」

男「まったく、クリスマスくらい面接とかしなくてもいいのにな。しかもなんで俺!」

同僚「男さんは人を見る目がありますから」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:56:14.07 ID:beFqQgQ90

男「そんな事ないって・・・同僚さんは、予定は?」

男「土曜日だよね、クリスマスイブは」

同僚「いや・・・わたしも特に予定無いんで・・・」

男「そっか」

同僚「あの・・・もしよかったら、男さんが仕事終わってからでもいいんで」

同僚「どっかいったりとかしません?」

男「え。俺と?」

同僚「はい」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:59:28.55 ID:beFqQgQ90

男「あー・・・うん。でも俺、結構遅くなるかもしれないし」

同僚「あ・・・どうせわたしも暇ですし・・・待ちますよ」

男「う、うん。じゃあ、時間が空いたら」

同僚「はい!」

男「うん。当日にならないとわからないけd


上司「おーい、三田ぁ! これ報告書のここんトコどうなってんのぉ?」

男「うげ。お呼びだ」

同僚「フフッ」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:02:44.49 ID:beFqQgQ90

クリスマス当日


男「さて・・・仕事おわり」

男「あ。これから面接か」

男「しかしこの時間から面接なんかやるかね普通」ブツブツ

男「用意しなきゃな」

男「あと40分くらいか」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:06:12.57 ID:beFqQgQ90

男「飲み物でも買ってくるか」


男「おお寒。外は冷えるぜ畜生」

男「自販機外に置くなよなぁ」

男「ん?」





男(先客か)

男(スーツだ。こんなとこで、もしかしてウチの面接の子かな?)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:08:16.66 ID:beFqQgQ90

男「・・・・・・」

女「・・・・・・」

男「あの。買わないんですか?」

女「・・・・・・」

男「自分も買いたいんで。早めにお願いします。寒いんで」

女「・・・・・・」


女「殺すぞ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:10:51.28 ID:beFqQgQ90

男「えっ」

女「すこしまて。選んでいる」

男「はい。はい」


男(何この娘)

男(ありえへん常識の子やでえ)

男(つーかこの子が面接の子だったらどうしよう。気まずい)

男(ほぼ不採用だな)

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:14:55.51 ID:beFqQgQ90

男(ん・・・)

男(随分かわいいマフラーつけてるな)





男(しっかし選ぶの時間かかり過ぎ・・・)


男(あれ?)

男(どこかで、会った事ある・・・?)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:17:44.59 ID:beFqQgQ90


男「・・・・・・」

女「・・・・・・」


男「やっぱり君がウチの面接の娘だったか」

女「落ちたか」

男「まぁ一応・・・椅子にかけて下さい」

女「落ちたしょ?」

男「おそらく」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:21:24.20 ID:beFqQgQ90

女「落ちたなら帰る」

男「まぁまぁ。とにかくお茶でも飲んできなよ」

男「俺も形だけ面接しなきゃならんし」

女「ちっ」

男(こいつは普通にやっても採用かどうかは厳しいな・・・)


男「・・・んー・・・」

男「君、どこかで会った事、あったっけ?」

女「あ?」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:25:27.56 ID:beFqQgQ90

女「ねえよ」

男「だよね。ていうか落ちたにせよ仮にも今日あった他人にその態度はありえ

女「ぶち殺すぞ」

男「嘘だろおい」

女「ちぎるぞ」

男「あれ、なんかこの感じデジャブ」

女「ふん」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:29:36.03 ID:beFqQgQ90

男「しかし随分若く見えるね。ほんとに20歳?」

女「16歳」

男「あら~・・・経歴詐称までしちゃってるのこの娘」

男「しかし開き直ったなおい」

女「ふんだ」

男「まぁとにかくそれじゃ当然採用は無理だ」

男「しかし、嘘付いてまでそんなに働きたいのかい?」

女「カンケイないだろ」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:33:06.19 ID:beFqQgQ90

男「いや、君みたいな娘がその年で働かなくちゃならないなんてよほどの事情だ」

男「首を突っ込むようだが、どうしちゃったの?」

女「借金」



女「飲んだくれが借金しまくるから。このままだと風俗いかされるから」

男「ああ」

男「なるほどね」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:37:33.54 ID:beFqQgQ90

男「かわいそうだけど、そりゃどうする事も出来んね」

女「なら最初からきくなバカ」

男「まぁそらそうね」

女「・・・・・・」

男「・・・・・・」


女「ぐすん。ぐすん」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:41:19.80 ID:beFqQgQ90

女「風俗、いきたくない」

男「・・・・・・」

女「どうしよう。どうしたらいいの。ぐすん」

女「借金もある。帰ったら殴られる・・・!」

男「・・・・・・面接はここまでだ」ガタッ

女「・・・・・・グスン」


男「どうせこの後予定ないだろ?」

男「飯でも食いにいこうぜ」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:44:21.61 ID:beFqQgQ90

女「・・・・・・」

男】「あ、同僚さん?このあとだけどさ」

男】「仕事の関係でちょっと会うのは難しそうなんだ」

男】「うん、ごめんね。それじゃ」ピッ


男「さて。いくか」

女「いくとは言ってない」

男「奢ってやるぞ。フランス料理とか食った事あるか?」

女「・・・・・・いく」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:47:57.29 ID:beFqQgQ90

レストラン


女「ふわあああああ」

男「おいどうした」

女「こんなん食べたことない・・・!ぱくぱく」

男「そらよかった」

女「うめえ」

男「うん、うまい」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:50:19.59 ID:beFqQgQ90

男「初めて食ったが、フランス料理ってのも良いもんだな」

女「あ?初めて?」

男「ああ」

女「来た事あるみたいなそぶりだったけど」

男「いんや」

男「ま、クリスマスだし。多少見えはったのもあるな。ハハ」

女「・・・・・・」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:53:15.33 ID:beFqQgQ90

男「さっき君がつけてたマフラー」

男「かわいい奴だね。若いといっても、少し幼過ぎやしないか?」

女「殺すぞ」

男「ええー・・・こんな紳士にふるまってるのに!」

女「これオカワリ」

ウェイター「はい」

男「おいフォアグラはやめろ」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:57:46.81 ID:beFqQgQ90

女「あれは私のいちばん大事なマフラー」

男「ふうん」

女「約束の宝物なの」

男「約束ねえ。恋人にでも貰った?」

女「サンタ」

男「あ、サンタに。そう」


男(――――――)

男(ん・・・?)



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:00:57.49 ID:beFqQgQ90


男「はー、美味かったな」

女「げふ」

男「・・・家まで送ろうか?」

女「・・・いい」

男「そうか。じゃあここでお別れだ」

女「・・・・・・」

男「じゃあ、な。元気で」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:02:22.05 ID:beFqQgQ90

女「おい」

男「ん?」

女「なんで奢った」

男「なんでって」

女「同情か」

男「そうだな。同情だ」

女「・・・」

男「それとまぁ」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:04:56.54 ID:beFqQgQ90

男「君が結構かわいかったから。クリスマスには華かな。と思って」

女「・・・」

男「じゃ」







男「なんでついてくる」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:09:07.51 ID:beFqQgQ90

女「帰りたくない」



女「どっか連れてって」



男「俺んちとかしかねーぞ。金はフォアグラで飛んだ」

女「いいよ」

男「・・・」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:13:31.17 ID:beFqQgQ90

男宅

女「汚え部屋だ」

男「そら男の独り暮らしですから」

女「でもウチもこんぐらい汚い一部は」

男「ほいほい。16歳だしな。シャンメリー飲むか?」

女「おう」

男「俺は安発泡酒・・・と」

女「・・・・・・」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:15:38.15 ID:beFqQgQ90









女「殺すぞ」

男「何・・・だと・・・」

女「なんかしゃべれ」

男「俺に落ち度まったくないだろ今の流れ」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:20:23.38 ID:beFqQgQ90

男「まぁ・・・なんつーか」

男「饒舌な方でもねーし」

女「ちっ」

男「こいつ飯奢ってやったのに」

女「あとにまんかい奢れ」

男「うそおん」


女「・・・へへ」

男(おう)

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:22:51.77 ID:beFqQgQ90

数時間後


男「さて・・・そろそろ寝るか」

男「どうせ泊まってくだろ?」

女「お・・・おう」

男「じゃあきたねーけどこのベッドに。俺はこの辺で寝るから」

女「あ?」

男「え?」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:25:25.80 ID:beFqQgQ90

女「ああん?」

男「はい」

女「うん」

男「だよね」


パチッ(電気消す音) <オヤスミー


男「あー明日休みでよかった」

女「・・・・・・」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:27:44.16 ID:beFqQgQ90









女「似てる」

男「ん?」





139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:30:59.15 ID:beFqQgQ90

つぎのひ

男「おはよう」

女「ぶち殺すぞ」

男「蛮族にもほどがあらあ」


男「」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:34:53.41 ID:beFqQgQ90

女「小さい頃」

男「ん」

女「サンタがきたんだ」

男「うん」

女「でも今は来なくなった」



女「サンタが言ってた。大人にはサンタ見えないって」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:37:04.60 ID:beFqQgQ90

女「わたし大人になったのかな」



女「あの頃と、きっと何も変わらないはずなのに」





男「まぁ子供だよね」

女「殺すぞ」

男「オヤスミ」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:43:08.82 ID:beFqQgQ90

つぎのひ

男「おはよう」

女「ぶち殺すぞ」

男「蛮族にもほどがあらあ」


男「さて。これから君はどうする?」

女「・・・・・・」

男「まさか、ずっとここにいるわけにもいかんだろ」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:46:11.50 ID:beFqQgQ90

女「ずっとここにいる」

男「おい」

女「ぶっ飛ばすぞ」

男「ええー」

女「うそ。ごめん。帰る」

男「ごめんって言ったごめんってwwwww」

女「切り裂くぞ」

男「はい」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:48:39.49 ID:beFqQgQ90

男「じゃあ送るよ」

女「いい。一人で帰れる」

男「車でいった方が早いぞ」

女「いいって」

男「いや送る。乗ってけ」

女「・・・・・・」

男「な」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:51:40.29 ID:beFqQgQ90



女「この辺でとめて」

男「ここ?でいいの?」

女「うん」

男「ここが女の家か」

女「いいから。もう帰って」

男「じゃ俺も降りる」

女「あ?」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:53:58.13 ID:beFqQgQ90

女「なんで。やめて」

男「家の人はいる?」

女「たぶん」

男「俺も挨拶するかな」

女「殺すぞ」

男「俺の屍を超えてゆけ」

女「ちょっと!」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:56:58.06 ID:beFqQgQ90

ガラガラ

男「すいません」

女「・・・・・・!」

女の親「はい。あ?」

男「女さん送りにきました者です」

親「あ?何?」

女「・・・」

親「ああ?」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 17:59:56.20 ID:beFqQgQ90

親「なにお前。朝帰りとかふざけてんの?」

女「・・・・・・」

親「てめしばくぞコラ。テメーもなんなんだよ。あ?」

親「女とヤったの?」

男「いえ」

女「・・・」

親「意味わかんね」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:02:24.00 ID:beFqQgQ90

親「まあいいや。とにかく女入れ」

男「借金はいくらですか?」



女「!」

男「借金があると聞きました。おいくらですか?」



親「女てめえ」

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:05:19.60 ID:beFqQgQ90

親「家庭の事情ペラペラしゃべるとか何考えてんだおい」

女「・・・ッ」

男「おいくらですか?」

親「ざけんなよてめえッ!!テメエが払うとでも言うんかゴラァッ!?」

男「はい」

親「・・・・・・はい?」


女「えっ」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:08:38.41 ID:beFqQgQ90

親「はぁ?」

男「まぁ高にもよりますけど」



親「・・・そうか!お前、女の彼氏か!!」

親「それで借金かついでくれるって訳だ!!そうだろ!?」

男「まだ彼氏でも何でもないですけどね」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:12:10.07 ID:beFqQgQ90

親「っしゃあああああ!!!!マジかよぉ!?きたあああああ!!!!」

女「どう・・・して・・・」

親「400万!!400万だ!いけるか?」

男「いけます」

親「うおおおお!ホントかよおおお。ひゃあああ!」


女「うそでしょ殺すぞ」

男「嘘じゃねえよ」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:16:49.09 ID:beFqQgQ90

男「その代わり条件が」

親「え?何?」

男「女を預からせてもらう。俺の許可なくしては、女に絶対に会わないこと」

親「はぁ・・・?」

親「女を“金で買う”って事か?」



女「・・・・・・」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:20:10.93 ID:beFqQgQ90

男「そうですね」

親「はぁ・・・それも別にいいけどよ。借金がチャラになるなら」

親「しかし親なんだからよ。別に会おうが自由


男「親ねえ」ポリポリ

親「あ?」

女「・・・・・・」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:20:48.80 ID:beFqQgQ90





             男「ぶち殺すぞ」






197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:25:57.62 ID:beFqQgQ90


ドゴァアアッッ!!


親「ぐっどふふぁあッ?!」ドタッ

女「!!!」


男「何が親だこの野郎」

男「自分の娘を金で売る様な奴が」

男「自分の娘を暴力で傷つける様なクソ野郎が」



男「   いっちょ前に親ヅラしてんじゃねええ馬鹿野郎があッッ!!!!   」



女「・・・・・・ッ!!」ブワッ

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:29:26.05 ID:beFqQgQ90

男「そういう訳で。殴ってすいません。娘さん下さい」ペコペコ

親「あ・・・あぐ・・・」

男「じゃあとりあえず借金関係から片付けましょう。僕はとりあえず金おろしてくるんで」


女「・・・・・・」






210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:33:01.69 ID:beFqQgQ90


どっかのこうえん



男「いやー、借金の辺りはどうにかなったよ。これでよし」

女「男・・・」

男「ごめん。勢いでおとーさん殴っちゃった。すいません」

女「いや。それはいいけど」

女「スカッとしたし」

男「ははは」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:37:44.82 ID:beFqQgQ90


男「とりあえず、これで君は自由」

男「さっきはああいったけど、君の意志で会いたければ会いにいくといいさ」

男「バイトでも何でもすれば、一人で生活するくらいはできるだろ」

男「少なくとも風俗にいくよりかはよっぽどいい。生活の初期費用くらいは負担する」




女「なんで・・・?」



女「昨日あったばっかりじゃん。なんでここまで・・・して・・・くれるの」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:41:53.48 ID:beFqQgQ90

男「んー・・・」

男「まぁ・・・なんだろうね」

男「ちょいと昔割りの良いバイトをしたおかげで蓄えはあったし」



男「それにさ」

男「なんとなく“こうしなきゃって”」

男「君のマフラーをみている内に思ってさ」

男「実のとこ理由は自分でもよくわからないんだ。ハハ」



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:45:17.82 ID:beFqQgQ90




女「・・・やっときてくれた」

男「え?」



女「ぐす。ぐすん」

男「あはは。女泣かせのオレ」

女「・・・こりょすじょ」グス

男「かわいいなコイツ!」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:49:32.32 ID:beFqQgQ90


男「まぁ、とにかくあれだ。今日はクリスマスだろ」

男「プレゼントって事で。な」

女「・・・うん!」ゴシゴシ


男「あれ。雪だ。寒いと思ったら」

女「マジだ」

男「ホワイトクリスマスか。いいね」

女「うん」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:56:49.71 ID:beFqQgQ90

男「よし。じゃあ今日もどっか飯でも食いにいくか」

女「フォアグラ」

男「この娘遠慮を知らん」

女「へへ」


男「女」

女「え、n


女「ここここよすぞ・・・///」

男「かわいいなやっぱ」


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:59:32.03 ID:beFqQgQ90



     んーとりあえず、しばらく家に住むか・・・?


     しばらくと言わずずっと住ませろ殺すぞ


     ああ 殺されちゃたまらないもんな




236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:01:09.75 ID:beFqQgQ90


     マフラーが冷たい風に吹かれて揺れた。
     それは温もりを伴いながら。

     ハッピーハッピーメリークリスマス。



     おあり