21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:59:59.24 ID:7di/svxf0
ー仕事終了後ー

P「おっ!!やよい、今日は仕事頑張れてたんじゃないか?」

やよい「うっう~!!絶好調でしたぁ~」

やよい「ところでプロデューサー……」

P「どうした?やよい?」

やよい「クリスマスのこと…約束ですよ…?」

P「あぁ!!勿論だよ」 

引用元: やよい「プロデューサー、メリークリスマスです!」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 10 高槻やよい
高槻やよい(CV:仁後真耶子)
日本コロムビア (2015-10-21)
売り上げランキング: 2,391
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:06:36.02 ID:7di/svxf0
765プロ事務所

やよい(えへへ~、プロデューサーさんに褒められちゃいました~///)

春香「あっ、やよい。おかえり」

やよい「あっ、春香さん」

春香「今日も疲れたね~」

やよい「そうですね~。あ、お茶飲みますか~?」

春香「あ、ありがとね!!やよい」

やよい「うっう~!!美味しいの入れちゃいますぅ~」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:10:51.05 ID:7di/svxf0
春香「やよいは偉いね~?」ヨシヨシ

やよい「わわっ、どうしたんですか~?」

春香「私なんて、ドジばっかだし…」ハァ

やよい「そんなことありません!!」

やよい「春香さんはと~~っても元気で優しくて、みんなのお姉ちゃんです!!」

春香(やよいの方がお姉さんみたい…)クス

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:12:25.48 ID:7di/svxf0
>>26
おk

今更だが、誤字脱字は脳内補完で頼む

あと、エロは必要かな?

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:16:53.41 ID:7di/svxf0
やよい「そういえば、小鳥さんはどうしたんですか~?」

春香「そういえばいないね…」

やよい「どうしたんでしょう…」

春香「心配しなくても大丈夫だよ~?お姉ちゃんが居るからね!!」

やよい「うっう~!!頼りになります~」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:19:59.98 ID:7di/svxf0
春香「でも、みんながいないと寂しいよね…」

やよい「そうですよね…」

春香「数カ月前まではみんな暇だったのにね…」

やよい「でも、お仕事楽しいです~」

春香「うん、そうだよね…私たちアイドルだもんね…」

やよい(春香さん…元気ありません…)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:22:33.04 ID:7di/svxf0
やよい「あのっ!!はるk……

P「ただいま~!!」

高音「ただいま戻りました…」

春香「おかえりなさい!プロデューサーさん」

やよい「あ、おかえりなさい~」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:29:18.41 ID:7di/svxf0
エロは無しでいきます

引き続きスローペースですが

P「いや~、高音の打ち合わせが長引いてな…」

高音「質の高い会議ができて私は満足です」

春香「プロデューサーさんも忙しいですね~」

P「あぁ、この後は響のCM撮影に行かなきゃな…」

P「春香とやよいはもう上がりか…?」

春香・やよい「はい!!」

P「そうか、休憩はしっかり取るんだぞ?」

高音(らぁめん食べたい…)

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:35:30.76 ID:7di/svxf0
P「特に、やよいは約束の前に風邪なんか引くなよ?」

やよい「うっう~!!もっちろんです!!」

P「じゃあ、俺は行くな?」

春香「頑張ってくださいね。プロデューサーさん!!」

高音「……」

やよい「へへっ…///」

春香「……」

やよい「ぅっぅ~///」

高音「やよい…??」

やよい「はっ!?トリップしてましたぁ~!!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:39:10.58 ID:7di/svxf0
春香「どうしたの?やよい?」

やよい「い、いえ…何でもありませんっ!!」

貴音「…」

やよい「私、先に帰りますね~!?」

春香「うん、やよい。お疲れ~」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:43:13.92 ID:7di/svxf0
ー帰り道ー

やよい(危うく、バレちゃう所でしたぁ~)

やよい(皆に言った方がいいのかな…)

やよい「こんなの…卑怯かな…?」

貴音「何が卑怯なのですか?」

やよい「??……って、貴音さん!?」

やよい「い、いつから…?」

貴音「ずっといましたよ、やよい」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:46:48.28 ID:7di/svxf0
貴音「何か隠し事があるようですね?」

やよい「あのぅ…その…」

貴音「やよい…人には一つや二つは隠し事があります」

貴音「私にはそれが良しき事なのか悪しきことなのか分かりません」

貴音「ただ、やるならば全力でやりとげるのみですよ?」

やよい「…」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:50:16.71 ID:7di/svxf0
やよい「貴音さん…」

貴音「やよい…目を見れば分かります。」

貴音「明日が良い日になると良いですね…」

やよい「うっう~!!頑張りますぅ!!」

貴音「それでは、私はらぁめんを食しに参りますので…」

やよい「はい、さよーなら!!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:54:38.89 ID:7di/svxf0
ー帰宅ー

やよい「ただいま~」

母「おかえり、やよい」

父「今日は早いじゃないか?」

やよい「はい、今日ははやく上がれました~」

父「それにしても…やよい…明日は本当に一緒に来ないのか…」

母「そうよ?家族全員での旅行じゃない…」

やよい「うん、私はいいよ。長介達と楽しんできて!!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:59:13.50 ID:7di/svxf0
この間のことです。

私がよく行くスーパーのクリスマスキャンペーンでクジが引けるのですが

なんと、私は一等の豪華温泉旅行3泊4日の旅のチケットを当てました

チケットは五人分

だけど、お父さん、お母さん、弟妹達を合わせると一人分たりない

一番下の子は割引で入れるから

けど、私は中学生だし…仕事もあるから

仕方ないよね…

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:01:54.11 ID:7di/svxf0
やよい「たまには贅沢してきてよ!!」

父「そうか、すまんな…やよい…」

やよい「ううん、平気だよ!!」

母「こんなに立派に育って…」グスッ

やよい「…」

本当は私だって行きたい…

けど、私には明日はプロデュサーがいるから…

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:06:25.52 ID:7di/svxf0
25日朝

父「じゃあ、やよい…行ってくるな…?」

母「ごめんね…やよい」

やよい「楽しんできてね~!!」

ひとりになった瞬間寂しさが込み上げてきた

いけない…元気は私の取り柄なんだから!!

やよい「うっぅ~!!今日も一日頑張るぞぉ!!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:11:16.07 ID:7di/svxf0
今日のお仕事はクリスマスミニライブとケーキ配りです

やよい「うっう~!!張り切っていこぉ~!!」

BGM:キラメキラリ

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:20:06.17 ID:7di/svxf0
やよい「ライブ会場に着きましたぁ~!!」

伊織「あら、随分張り切ってるわね、やよい」

あずさ「あらあら、やよいちゃんは偉いわね~」

亜美「そりゃ、と→ぜんっしょ?ね、真美?」

真美「そ→だよ、ね?にいちゃん!!」

P「確かにそうだな、これも大事な仕事だ」

P「気を引き締めていくぞ!!」

みんな「お~!!」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:24:48.99 ID:7di/svxf0
ライブ中・舞台袖

やよい「うっうー!!やっぱり竜宮小町のみなさんは凄いですぅ」

P「何いってるんだ、やよいだって凄いじゃないか」

やよい「そんな…私はまだまだです…」

P「やよい…」

やよい「わたし…今だって怖くてしょうがないんです…」

P「……誰にだって苦手な物はあるさ」

P「雪歩だって男性が苦手だろ?」

やよい「はい…」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:30:47.84 ID:7di/svxf0
P「大丈夫だ、やよいには俺がついてるさ!!」

やよい「あの……///プロデューサー…」

P「どうした?やよい?」

やよい「真美ちゃんが見てます…」

真美「Σありゃ、見つかっちった!?」

P「こーら、何覗き見してるんだ」

真美「覗き見じゃないよぅ…」

真美「お二人さんがなかなか良い雰囲気でしたからなぁ→」

P「こ、こらっ!!」

真美「じゃ、やよいっちファイト→」タタタ

P「まったく…」

やよい「……」ブルブル

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:35:31.90 ID:7di/svxf0
P(やよい…緊張してるな…)

P「やよい…?」

やよい「なんですか?プロデューサー…?」

P「いつも通り、元気なやよいで行ってこい!!」ギュッ

やよい「プ、プロデューサー///!!?」

P「よし、それだけ元気があれば大丈夫だ」

やよい「ぅっう~!!いってきますね~!!」

P(やよいも立派なアイドルなんだな…)

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:42:09.00 ID:7di/svxf0
MC中

司会「やよいちゃん、いつもと違って何だか恋する乙女って感じだったね」

やよい「うっうー!!いつもより元気100倍で歌いましたぁ~!!」

司会「やよいちゃんの元気の秘訣って何かな?」

やよい「皆の笑顔が私の元気の源ですぅ~」

司会「そうなんだ…では、先ほどの歌のテーマは"想い"でしたが誰を想いながら歌ったなかな?」

やよい「うっう~!!わたしの家族とぉ~…それと……」

司会「どうしました?」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:45:58.86 ID:7di/svxf0
やよい「なんでもありません!!」

司会「そうですかー、では、最後にやよいちゃん今日は誰と過ごすのかな?」

やよい「それは言えませんっ!!」

司会「それは好きな人なのかな?」

やよい「好きとか以前に頼りになって。優しくて。私の王子様ですぅ~」

司会「以上、765プロの高槻やよいちゃんでしたー」

P(……)

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:49:58.48 ID:7di/svxf0
ー楽屋ー

伊織「まったく、この伊織ちゃんにプライベートな質問なんて…!!」

あずさ「まぁまぁ、伊織ちゃん…」

亜実「亜実は真美と過ごすけどね!!」

真美「おっきいケーキを食べるのだ→」

やよい「わぁ~、いいなぁ~」

亜実「ん?やよいっちも来る?」

真美「一緒に食べよ→よ」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:54:03.32 ID:7di/svxf0
やよい「ううん、ごめんね~今日は用事があるの」

亜実「おやおや、またタイムセールですかな?」

真美「やよいっちは偉いですな→」

あずさ「あら?やよいちゃん手伝いましょうか?」

やよい「平気ですぅ~、あずささん」

あずさ「遠慮しなくていいのよ?」

伊織「…」

伊織「やよいが良いって言ってるんだから放っておけばいいのよ!!」

伊織「どうしてもなら、そこの暇男が何とかするでしょ?」

P「ん、あぁ」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:58:26.39 ID:7di/svxf0
P「伊織…暇男はあんまりだぞ」

伊織「うるさいわね…伊織ちゃんはパーティーがあるから帰るわよ」

伊織「ほら、あんた達も!!」

亜実「は→い」

真美「わかった→」

あずさ「では、お先に失礼しますね?」

P「あぁ、おつかれ」

伊織「やよい、ちょっと来なさい」

やよい「なぁに?伊織ちゃん」

伊織「しっかり決めなさいよね!!」ボソ

やよい「…え??」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:03:02.77 ID:7di/svxf0
伊織「ちょっと!!あんた…やよいを頼んだわよ?」

P「あぁ…任せろ!!」

ーーーーーーーーーーー
亜実「あ→ぁ、いおりん良かったの?」

真美「にいちゃんをぱーてぃに誘うつもりだったんでしょ?」

伊織「そんなこと言ったら、あんたたちだって!!」

亜実「言いっこ無しだよ→」

真美「そ→だよ!!」

あずさ「あらあら…」

伊織「やよい…頑張りなさいよ!!」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:11:15.51 ID:7di/svxf0
P「さて、行きましょうか?お姫様?」

やよい「お姫様だなんて…服だってこんななのに…」

P「やよいのお気に入りのドレスなんだろ?」

やよい「はい…」

P「いいから…行くぞ?」ヨイショ

お姫様だっこ

やよい「わっ!!プ、プロデューサー///?」

P「じっとしてろよ?お姫様」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:18:45.58 ID:7di/svxf0
P「さて、何処に行く?」

やよい「スーパーのタイムセールに行きたいですぅ」

P「やっぱりそこなのか…」

ーーーーーーーー
やよい「着きました!!」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:21:47.43 ID:7di/svxf0
P「着いたけど、閉まってるな…」

やよい「うっうー…」

P「何か買いたい物でもあったのか?」

やよい「はい…」

P「そうか…」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:29:34.91 ID:7di/svxf0
P「しょうがないから、向こうのデパートで買おう」

やよい「でも、お金が…」

P「なに、俺が払うさ」

やよい「うっうー!!ありがとぉございます!!」

買い物終了

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:39:48.56 ID:7di/svxf0
帰宅ーー

やよい「ただいまー」

P「お邪魔します…って家族は?」

やよい「旅行中です」

P「そ、そうなのか…」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:45:09.81 ID:7di/svxf0
やよい「ちょっと待っててくださいねー」

P「おう、待ってる」

キッチンから等感覚でリズムを刻む包丁

気が付くと、俺は疲れのあまり寝てしまっていた

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:49:00.86 ID:7di/svxf0
ーーーーーーーー
P「ん…ぅ…すぅー」

やよい「あれ?プロデューサーさん寝ちゃってます…」

やよい「ちょっとだけならいいですよね…?」撫で

やよい「ふふっ///」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:53:02.47 ID:7di/svxf0
P「はっ!?ここは…?」

やよい「あっ、起きましたぁ~」

P「そうだ、やよいの家か…」

P「で、何でやよいは膝まくらを??」

やよい「これはっ~///」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:59:08.86 ID:7di/svxf0
やよい「うちはお世辞にも綺麗じゃありませんから!!」

P「そっかありがとな…」

P「それじゃ、冷めないうちに食べるか!!」

やよい「はいっ!!」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:01:58.44 ID:7di/svxf0
P「やよい…これ、美味しいぞ!!」

やよい「よかったですぅ~」

P「やよいは良いお嫁さんになれるな!!」

やよい「そ、そんなっ///」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:04:29.11 ID:7di/svxf0
P「どうした、やよい?」

やよい「そのプロデューサー、今日の私のライブどうでしたぁ?」

P「あぁ、立派だったよ?」

やよい「…本当ですか?」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:08:15.57 ID:7di/svxf0
やよい「私、不安なんです…」

やよい「いつ、みんなに忘れられてしまうか分からない…」

やよい「怖いんです…」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:11:21.27 ID:7di/svxf0
やよい「私…グズだし…のろまだから…」

P「そんなことない!!」

P「やよいは立派なアイドルだ!!」

P「それに皆がやよいを忘れようと、俺は忘れないさ!!」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:14:37.87 ID:7di/svxf0
やよい「え…」

P「俺がやよいをずっと見てる!!」

P「だって、俺は…やよいの王子様なんだろ?」

やよい「ぷろでゅーさー……」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:18:45.96 ID:7di/svxf0
P「だから、泣くな…やよいは元気な姿が一番さ」

やよい「はい…」

やよい「うっう~!!プロデューサー、メリークリスマスです!!」

P「メリークリスマス!!やよい」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:04:37.37 ID:whrLl0Ks0
P「じゃあ、ケーキも食べようか」

やよい「はいっ!もって来ますね」

~~~~~

P「…おっ、このケーキ旨いな!奮発した甲斐があった」

やよい「あう…ちょっと食べるのもったいないかも…」

P「気にすんな、これは俺から高槻家へのクリスマスプレゼントだと思え」

やよい「はい、ありがとうございますっ!それじゃあ、いただきまーす!」パクッ

やよい「ん~、おいひいです~」モグモグ

P「そうか、そりゃよかった」

やよい「きっと弟たちも喜びますー!」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:12:14.33 ID:whrLl0Ks0
P「やよいって本当、何でも美味しそうに食べるよな」

やよい「だって、本当においしいですから」モグモグ

P「ほら……口にクリーム付いてるぞ……よっと」パクッ

やよい「はわっ!?」

P「ん?どうかしたか?」

やよい「い、いえっ。なんでもないですっ…///」

P「?」

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:18:30.62 ID:whrLl0Ks0
やよい「……そうだっ」

P「どうした?」

やよい「その……プロデューサー……はい、あーん……///」

P「ちょ、やよい!?」

やよい「あぅ、ごめんなさい!…恥ずかしいですよね…」

P「いや、嬉しいよ」

やよい「ほ、本当ですか?じゃあ…あーん…」

P「あーん…」パクッ

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:22:50.83 ID:whrLl0Ks0
やよい「どっ、どうですか…?」

P「うん、やよいの味がする」

やよい「ぷっ、プロデューサー!///」

P「あはは、ごめんごめん」

やよい「う~…からかわないでくださいっ!」

P「やよい、じゃあ俺も…はい、あーん」

やよい「……ぁ、あーん…」パクッ

やよい「…えへへ…プロデューサーの味がしますっ///」

P「」ドキッ

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:31:17.92 ID:whrLl0Ks0
P「(おぉ……今のは反則だろ…)」

やよい「えへへ、まねしちゃいました…」

P「大人をからかうんじゃない、このっ」

やよい「あうっ、プロデューサー、食べ物で遊んだらメッです!えいっ」

P「っぷっ、やよいこそ、クリームつけるなっ」

やよい「あははっ、鼻に付いてます!」

P「やよいこそ、ほっぺに付いてるぞ」

P・やよい「あはははっ!」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:35:47.60 ID:whrLl0Ks0
やよい「ごちそうさまでしたー!」

P「それじゃ、片づけようか」

やよい「いえ、私がやっておきますから、プロデューサーは休んでてください!」

P「でも、さっきからやよいばっかり働いてるだろ?」

やよい「いいんですよ、慣れてますからっ。それに…」

やよい「プロデューサーはいつも私の為に働いてくれてるじゃないですか!」

P「ま、まあな…」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:42:13.24 ID:whrLl0Ks0
やよい「だから今だけは、プロデューサーはゆっくりしてください!」

P「やよい…ありがとな…」ナデナデ

やよい「あぅ……えへへ…///」

~~~~~

やよい「~♪」カチャカチャ

P「やよい、大丈夫か?」

やよい「へっ?プロデューサー、どうしましたか?」

P「いや、じっとしてたらやよいが心配になってな」

やよい「大丈夫ですよー。いつもやってることなんですから!」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:49:05.78 ID:whrLl0Ks0
P「いや、そうじゃなくてな」

やよい「?」

P「寒くないのかな、と思って」

やよい「このくらい平気ですよ~」

P「そうなのか?」

やよい「はい、……へっ……へっくしゅ!!」

P「ほら、我慢して…」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:52:56.57 ID:whrLl0Ks0
やよい「大丈夫ですから」

P「無理すんなよ…」ダキッ

やよい「はわっ!ぷぷぷろでゅーさぁー!?///」

P「…暖かいか?」ギュッ

やよい「ぁ……はい……」ドキドキ

P「やよいに風邪ひかれたら、俺は嬉しくないからな。無理はするなよ?」

やよい「はい、ありがとうございますっ///」

P「やよいはいい子だなあ」ナデナデ

やよい「え、えへへ……///」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 22:57:36.78 ID:whrLl0Ks0
~そして~

やよい「プロデューサー、終わりましたっ」

P「ありがとな。…そういえば旅行、やよいは行かなくてよかったのか?」

やよい「はい。実は……」

~説明終了~

P「やよい…なんていい子なんだ…!」

やよい「でも寂しくなっちゃって……プロデューサーに来て欲しかったんです…」

P「ああ、やよいの為ならいくらでも一緒にいるよ!」

やよい「プロデューサー…!」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:04:52.21 ID:whrLl0Ks0
やよい「ありがとうございます!」

P「いいんだよ、………俺も一人じゃ寂しかったしな……」

やよい「………プロデューサー……」

P「ん?なんだ?」

やよい「あの……今夜、泊まってくれませんか……?」

P「なっ、そ、それは……」

やよい「ぅ……やっぱりだめですかぁ…?」ウルウル

P「それとこれとは話が…」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:09:49.09 ID:whrLl0Ks0
やよい「一日だけでいいんです!…だから……」

P「でもな、やよい…」

やよい「ぅ……」

P「わかった、泊まるから!元気出してくれ!」

やよい「プロデューサー……!」

P「やよいには勝てないよ…」

やよい「うっうー!ありがとうございますー!」

P「まったく…」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:17:40.72 ID:whrLl0Ks0
やよい「じゃあ、お風呂お先にどうぞ!」

P「あ、ああ、分かったよ」

~風呂場~

P「やよいの家にお泊まりか…ファンに知られたら殺されるな…」

『プロデューサー…あのぉ……』

P「なんだ?」

『そのっ……お風呂、一緒に入ってもいいですか…?///』

P「なっ、何言ってんだ!?」

『ぅぅ………ぁぅ……だめですか……』

P「……」

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:24:54.00 ID:whrLl0Ks0
やよい「お、お邪魔します…」ドキドキ

P「どうぞ…」

P「(やっぱり勝てない……それとも俺が変態なだけか?)」

やよい「プロデューサー、お背中流しますね?」

P「ああ、頼む…」

やよい「んしょ……んしょ…」ゴシゴシ

P「(くっ…後ろにはタオル巻いてるとはいえ、裸のやよいが…!押さえなければ…)」

やよい「プロデューサー、気持ちいいですか?」

P「」ブッ

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:30:38.61 ID:whrLl0Ks0
やよい「どうしました…?」

P「いや、キモチイイヨー…」

やよい「えへへー」ゴシゴシ

P「(くそっ!勃っちまったぞ……やばいやばい…)」

やよい「プロデューサー……大きいです…」

P「」ブホッ

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:35:08.73 ID:whrLl0Ks0
やよい「背中、洗うのにも一苦労ですー」

P「そ、そうか」

P「(やべー…バレたのかと…)」

やよい「終わりましたっ!」

P「ああ、ありがとな」

やよい「次は私ですね…お願いしますっ」

P「おーけー…」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:38:21.82 ID:whrLl0Ks0
やよい「…」ドキドキ

やよい「(プロデューサーとお風呂…なんかドキドキしちゃうかも…)」

P「やよいの背中は小さいなー」

やよい「やっぱりそうですか?」

P「まあ、これから大きくなるよ」

やよい「自信ないです…胸もないですし…」

P「気にすんな、ちっちゃくてもやよいはかわいいよ」

やよい「かっ、かかかわいいだなんて、そんな…///」

P「かわいい」

やよい「ぁぅ………///」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:44:35.76 ID:whrLl0Ks0
~そして~

やよい「ふぅ~…」

P「いい湯だった。……大丈夫か、やよい?」

やよい「ち、ちょっとのぼせちゃったかも…」

P「少し涼んでおけ」

やよい「はい…」

やよい「(なんでだろ…ドキドキしすぎちゃったのかな…?)」

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:49:09.66 ID:whrLl0Ks0
P「お、もう治ったか?」

やよい「はい、すみません、心配かけて」

P「やよいが無事ならいいんだよ」

やよい「えへへ…」

P「…」

やよい「プロデューサー、どうしました?」

P「えっ?ああ、やっぱ髪下ろすと綺麗だなあ…とおもって」

やよい「綺麗ですか!?///」

P「うん、正直アリだな」

やよい「うぅ…なんか恥ずかしいです……でも、プロデューサーがそう言ってくれるなら…」

やよい「下ろしてみようと思います…二人の時には…」

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:50:07.98 ID:whrLl0Ks0
P「常時それでもいいと思うけどなあ…」

やよい「いえ、その…プロデューサーだけ、特別です!」

P「俺だけ?」

やよい「はい……///」

P「そうか…よくわからんが、ありがとな」ナデナデ

やよい「えへへ……」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 23:54:14.86 ID:whrLl0Ks0
P「そうだ、実はやよいにプレゼントがあるんだが…」

やよい「えっ?でもケーキは……」

P「あれは高槻家へのプレゼントだ。やよいのは別にある」

やよい「そうだったんですか?でも、そんなに貰ったら…」

P「いいから、ちょっと待ってろ」

やよい「は、はい」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:00:37.58 ID:8yBc/+g80
------

----

--

~デパート~

やよい「これとこれと……えっと…」

P「やよい、これか?」

やよい「あっ、ありがとうございます!」


アリガトウゴザイマシター

P「これで全部か」

やよい「あっ、あと、買いたい物があるんで…」

P「そうか、どこの売場だ?」

やよい「プロデューサーは待っててください!」

P「え?いいのか?」

やよい「私一人で大丈夫ですから!」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:05:54.60 ID:8yBc/+g80
P「行ってしまった……」


P「……やよい、喜んでくれるかな……」


--------

----

--

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:12:03.99 ID:8yBc/+g80
P「お待たせ」

やよい「楽しみです~」

P「はいこれ、開けてみて」

やよい「はい!…」ガサガサ

やよい「ふぇ?これは?」

P「どうかな…?」

やよい「こ、これっ、ネックレスですか!」

P「ああ…やよいにはまだ早いと思ったんだけど……きっと似合うと思うんだ」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:15:30.73 ID:8yBc/+g80
やよい「こっ、こんな高価なもの受け取れません~!」

P「やよいらしいな…」

やよい「それに、こんなの私に似合わないですよ…」

P「そんなことないよ、付けてみてよ」

やよい「は、はい……」

やよい「えっと……」

P「俺が付けてやるから…」

やよい「ごめんなさい~…」

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:20:21.16 ID:8yBc/+g80
やよい「どうでしょうか……?」

P「ああ、………凄く似合ってるよ」

やよい「本当ですか?」

P「うん、髪を下ろしてるせいか、余計大人びてて……綺麗だよ、やよい」

やよい「あぅ、照れちゃいます……///」

P「こんなプレゼントじゃ、嫌だったかな…?」

やよい「いえ!すっごく嬉しいです!こんなに綺麗でかわいい物……一生大切にしますね!」

P「(本当は指輪が良かったけど、いつか渡したいな……)」

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:23:42.42 ID:8yBc/+g80
やよい「プロデューサー、実は私もプレゼントが…」

P「えっ、やよいもか?無理しなくていいのに…」

やよい「いえ、私のはこんな高価なものじゃないですから…」

P「そっか、楽しみにしてるよ」

やよい「ちょっと待っててくださいね!」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:32:29.47 ID:8yBc/+g80
やよい「お待たせしましたー!プロデューサー、どうぞ」

P「どれどれ」ガサガサ

やよい「あの…こんなのでごめんなさい」

P「マフラーと手袋か、ありがとう……ってこのマフラー、手編みじゃないか!」

やよい「はい、この日の為に作りました!でも、手袋は作る時間が無くて……今日あわてて…」

P「ありがとうな、よくできてるよ」

やよい「本当ですか?」

P「一生懸命編んでくれたんだな……大切にするよ」

やよい「えへへ……///」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:37:13.07 ID:8yBc/+g80
やよい「プロデューサー、それと……あの……」

P「なんだ?」

やよい「もう一つあるんですけど…」

P「もう十分なんだけどな」

やよい「あの、ちょっと目、つぶっててください!」

P「ん?…こうか?」

やよい「はい、ちょっと待っててください」

P「なんだ?まだ何k……んっ!?」

やよい「///」チュッ

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:40:41.58 ID:8yBc/+g80
やよい「えへへ……///」

P「やよい……卑怯だぞ……」

やよい「メリークリスマスです!プロデューサー……」





------

----

--

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:45:41.74 ID:8yBc/+g80
~3年後、クリスマス~



P「やよい、今日も付けて来てくれたのか、ネックレス」

やよい「はい!一生大切にするっていいましたから!」

P「ありがとう、嬉しいよ」

やよい「そういうプロデューサーも、そのマフラーと手袋、してくれてるじゃないですか」

P「あはは、まあな」

やよい「えへへ、嬉しいかもっ」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:49:31.69 ID:8yBc/+g80
P「今日もプレゼント持って来たんだがな…」

やよい「本当ですか!?」

P「ああ、去年と一昨年はやよいの家族がいたから渡しづらくてな…」

やよい「ふふっ、楽しみです」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:54:29.35 ID:8yBc/+g80
P「これ、なんだけどな……」

やよい「箱……?」

P「開けてみてくれ」

やよい「はい…」パカッ

P「給料三ヶ月分かな……」

やよい「これっ、指輪ですか…!?」

P「ああ……やよい、今は無理かもしれないけど…いつかは……」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:59:31.82 ID:8yBc/+g80
やよい「うっうー!……嬉しいです!プロデューサー!」

P「やよい、そろそろその『うっうー』やめないか?」

やよい「あっ…えへへ…///」

やよい「あの……いつかは、ってことは…」

P「ああ…」

やよい「…私、待ってます!ずっと、ずーっと!」

P「ありがとう、やよい」ギュッ

やよい「あぅ……///」

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:10:43.61 ID:8yBc/+g80
私はプロデューサーのおかげでここまで大きくなれた

ずっとずっと私を見ていてくれたから

私のことを絶対に忘れることなく育ててくれた私の王子様

いまはただのプロデューサーだけど、いつかは…



やよい「プロデューサー…」チュッ

P「んっ…やよい、いきなり…」

やよい「えへへっ、メリークリスマスですっ!」

fin