1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 16:38:34 ID:OZlQ5r/6
魔王「どうした側近、今いいところなんだぞ」

側近「どうしたもなにも相手は」

少女勇者「あうぅ……」

側近「年端もいかない少女ではないですか!」

魔王「確かに少女だな」

側近「そうなんです!」

魔王「でも勇者なんだろ?」

側近「それはそうですが」


魔王「トドメだ勇者ァ!」

少女勇者「ひぃっ!?」

側近「お待ち下さい魔王様ァ!」 





勇者死す。【早期購入特典】:「『勇者死す。』サウンドセレクション」付
日本一ソフトウェア (2016-02-25)
売り上げランキング: 283
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 16:49:03 ID:OZlQ5r/6
魔王「なんだ側近、今いいところなんだと言ってるだろう」

側近「だって、今の魔王様の相手は」

少女勇者「ぅぅぅ……」フルフル

側近「見るからに可愛い少女ではないですか!」

魔王「まあ、少女だな」

側近「そうですとも!」

魔王「だが勇者なんだろ?」

側近「そうなんですが」


魔王「死ねぃ勇者ァァ!」

少女勇者「ひぃぃ!」

側近「待ってください魔王様ァァ!」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 16:59:09 ID:OZlQ5r/6
魔王「なんで止めるんだ側近!」

側近「止めるに決まってますよ!、だって」

少女勇者「なんなのぉ……」ガクガク

側近「少女なんですよ!?」

魔王「少女だな、何度も聞いた」

側近「ええ、めんこいめんこい少女にございます!」

魔王「しかし勇者なんだろ?」

側近「…………まあ」


魔王「消えろ勇者ァァァ!」

少女勇者「いやぁぁ!」

側近「お待ちいただきたいです魔王様ァァァ!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 17:08:14 ID:OZlQ5r/6
魔王「何なの!、さっきから何なの側近!」

側近「だってねえ!、少女、幼女、し、少女なんですよ!」

側近「どうして殺さなくてはならないのですか!」

少女勇者「……今のうちに回復を……」

魔王「そりゃお前、勇者だからだろ」

側近「あっ……あー……」

魔王「もう殺していいだろ?、てか殺して然るべきだ」

側近「いやその!、待ってください!」

少女勇者「回復魔法!」ポワン

魔王「なぜ待つ必要がある!、勇者だぞ!」

側近「少女ですよ!」

少女勇者「魔王覚悟ぉ!」ダッ

魔王「ぬんっ!!」ドゴォ

少女勇者「ごっふ!?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 17:23:31 ID:OZlQ5r/6
側近「あーーーーっ!、殴った、今殴った!」

少女勇者「か、かふっ……」ピクピク

側近「なんで少女を殴ったんですか魔王様ァ!」

魔王「勇者だからだよお前アホか!」

側近「勇者じゃないよ少女だよバカ!」

魔王「ロリコンもいい加減にしろ!」

魔王「とにかぁく!、こいつは殺すの!、勇者だから屠るの、葬るの!」

側近「だからダメですってばぁ!」ガシ

魔王「バッカ、お前離せコラ!」

側近「離しませんよぉ!、少女を手にかけるのをやめるまで離しませんー!」

魔王「だから少女以前に勇者だろが!」

側近「勇者以前に少女なんです!」

少女勇者「あぐぅ……か、回復……」 


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 17:51:33 ID:OZlQ5r/6
魔王「くそっ!、平行線のままだ!」

側近「ぬぉぉ、離すものかぁ!」

魔王「てめえどっちの味方だ!」

側近「分け隔てなく少女の味方ですよォ!」

魔王「だから相手は勇者だと言っとろうがァ!」

少女勇者「魔王覚悟ぉ!」ダッ

魔王「オッラァ!」ゲシィ

少女勇者「おげぇ!?」 


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 18:03:41 ID:OZlQ5r/6
側近「あーーーーっ!、蹴った、今蹴飛ばした!」

少女勇者「あ、あが、が……」ピクピク

魔王「お前が腕離さないから蹴るしかないだろ!」

側近「少女はボールじゃないんです!、蹴るな!」

魔王「だから勇者だよ倒すべき対象だよ離せ!」

側近「これ以上危害を加えるなら私とて黙ってはいられませんよ!」

魔王「これ以上邪魔をするならもう我慢できんぞ!」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 18:22:38 ID:OZlQ5r/6
少女勇者「ダメだ、勝てない……逃げなきゃ」ズルズル

魔王「!、逃がすか!」

魔王「灼熱魔法!」カッ

少女勇者「うぎゃああああああ!」ボォオオオオオ

側近「回復魔法!」ポワン

少女勇者「ああああ……あ、あれ?」

魔王「だぁぁぁ!、お前ふざけんのも大概にしろやぁコラァ!」

側近「魔王様こそ早まらないでください!」

側近「きっと話し合えば分かり合えるはずなんです!」

魔王「勇者と話し合うことなど無い!」

側近「そっちじゃないです!、少女のすばらしさについて話し合うんです!」ジタバタ

魔王「お前の趣向なんざ聞いてもわかる筈なかろうがァ!」ジタバタ

少女「……向かっても逃げてもダメ……どうしよう」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 18:48:53 ID:OZlQ5r/6
~会議室~


魔王「……」

少女勇者「……」

側近「……えー、それでは」

側近「この少女を

魔王「勇者な」

側近「……どうするか話し合いたいと思います」

魔王「まさか、会議室に勇者を招くことになるとは思わなかったぞ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 19:15:04 ID:OZlQ5r/6
側近「ではまず、魔王様の主張をどうぞ」

魔王「殺すべきだ、勇者だからな」

少女勇者「っ……」ビクッ

側近「次に私の主張です」

側近「殺すべきではありません、少女ですから」

魔王「……相容れないな」

側近「あ、私思いつきました」

魔王「言ってみろ」

側近「この者が勇者で無くなればいいのです」

側近「少女であり、勇者であるのがいけないのです」

側近「片方だけになれば万事解決ですよ!」

魔王「そうだな、勇者でなければ興味も無い」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 19:27:42 ID:OZlQ5r/6
側近「確か勇者は女神と契約して加護を受けているから勇者である」

側近「そうでしたよね?」

少女勇者「う、うん」

側近「それで、女神との契約を切る方法は?」

少女勇者「分かんない……」

魔王「簡単だ、一度殺して転生すれば

側近「亡くしてどうするんですか!、無くすのは女神との契約ですよ!」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 19:44:21 ID:OZlQ5r/6
側近「契約破棄の方法は現時点では分からないようですね……」

魔王「だから殺せば」

側近「あ?」

魔王「あ?」

側近「……」

魔王「じゃあ逆はどうだ?」

側近「逆ですか?」

魔王「少女でなくなれば」

側近「てめえふざけてんのかああーーーー!!」

魔王「どっちかでなくなればいいと言ったのはお前だろ!」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 20:01:44 ID:OZlQ5r/6
魔王「俺の部下に時間を操る魔法を使う者がいる」

魔王「そいつにかかれば少女を急成長させて大人にすることも可能だ」

側近「少女を少女じゃなくすって正気かテメェ!」

魔王「じゃあどうしろと言うのだ」

側近「あ、そうだ」

側近「私が引き取ります!」

少女勇者「えっ」

魔王「はぁ?」

側近「私の養子になって丹念に愛でるのです!」

側近「勇者が魔王軍に下ったとなればそのうち女神との契約も切れるかもしれませんし」

魔王「病気もここまでキテるとはなぁ……」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 20:20:17 ID:OZlQ5r/6
側近「というわけで少女ちゃん!」

側近「私の家に行きましょう!」

少女勇者「えっえっ」

魔王「あ、そうか」

魔王「女神は所詮人間界での女神であるわけだから」

魔王「魔界に連れ帰れば力が及ばなくなって契約が切れるかもな」

少女勇者「ええっちょっと」

側近「なるほど!」

側近「では行きましょう少女ちゃん!」

少女勇者「わ、私の意見は?」

魔王「無い」

少女勇者「そんなぁ!」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 20:42:38 ID:OZlQ5r/6
~十年後~


魔王「あー、そんなこともあったな」

側近「ええ、確かに魔界に連れ去ったら女神との契約は切れたのですが」

女「♪」ギュ

魔王「そいつはあの時の勇者か、成長したな」

側近「時が経つというのは残酷なものですな……」

女「側近様ぁ♪」スリスリ

魔王「何これ」

側近「少女と侮って愛ですぎたみたいです」

女「私、小さい頃に連れ去られて何も知らないまま成長してしまったんですよ?」

女「だから責任取ってくださいね、側近様」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 20:52:19 ID:OZlQ5r/6
魔王「良かったな、お前に相手がいないものだからどうしようかと部下の間でも話題になってたのだ」

側近「ぬ、ぬぉぉ、わ、私が愛するのは、少女のみですのだぁ!」

女「もう!、またそんな意地悪を言って!」

バンッ!

「ついに会えたな魔王っ!」

魔王「ほう?、よくここまで来たな」

側近「っ!、あ、あぁ……!」

幼女勇者「お前を倒して世界を平和にしてみせる!」

側近「ようじょだあああああああ!!」

女「側近様ってばぁ!」 


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/15(土) 21:04:30 ID:OZlQ5r/6
魔王「いいだろう、返り討ちにしてやる!」

幼女勇者「うおおお!」ダッ

魔王「せやぁ!」ドカッ

幼女勇者「あぐぅ!?」ドサッ

側近「あっ、あっ……!」

魔王「この程度か、つまらぬ」


魔王「トドメだ勇者ァァァァァァ!!」

側近「お待ち下さい魔王様ァァァァァァ!!」



おしまい