1: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:00:11.39 ID:ryZ6M3Do0
秋月涼「僕の名前は秋月涼!」

涼「東大入学を目指して日夜鋭意勉強中の」

涼「浪人生だ・・・」

涼「浪人生」

涼「ぎゃおおおおおん!!」

涼「ま、また落ちちゃったよぉー!?」

涼「嘘・・・僕、これで2浪なの!?」

涼「うわーん!こんなの実家に帰れないよーーっ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454792411

引用元: 秋月涼「ラブます!」 

 

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 秋月涼
秋月涼(三瓶由布子)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2009-11-04)
売り上げランキング: 53,466
2: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:06:23.09 ID:ryZ6M3Do0
涼「ううっ、これからどうしたら・・・」ぐすん

涼「あっ、そうだ!」

涼「おばあちゃんに頼ろう!」

涼「ばあちゃんは東大の近くで温泉旅館を経営してたはずだ」

涼「頼んで、しばらく泊めてもらおう!」

涼「突然行っても大丈夫かな?」

涼「まぁ、あのばあちゃんだし。どうにかしてくれるよね!」

3: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:11:23.89 ID:ryZ6M3Do0
涼「確かここら辺に・・・」てくてく

涼「あった!」

涼「ここが『温泉旅館・あいます』だ!」

涼「懐かしいなぁ。思えば子供の頃にこの旅館で・・・」



女の子『知ってる?アイしあう二人がとーだいに入ると、幸せになれるんだって』

涼(幼少)『そうなの?』

女の子『うん。だから』

女の子『いっしょにとーだいに行こうねっ』にこっ

涼(幼少)『うんっ!』

4: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:14:38.51 ID:ryZ6M3Do0
涼「・・・はぁ」

涼「それが今や、東大2浪の僕」

涼「あの女の子が誰なのかもわからないままだし」

涼「というかっ!誰だかわかったところでそんな約束憶えてるわけないのにーっ!」ぎゃおおおん

涼「はぁ、何やってるんだろう、僕」

涼「何はともあれ、まずはばあちゃんに事情を話さないと」

涼「こんにちはー!秋月ですー!」

涼「秋月涼です!ばあちゃん、いるー?」

涼「・・・留守かな?」

6: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:23:49.43 ID:ryZ6M3Do0
涼「おかしいな、旅館で留守だなんて・・・」キョロキョロ

涼「ま、いいや。ばあちゃんの部屋でまたせてもらおうか」

涼「うーん、やっぱり懐かしいなぁ」

涼「そう言えば、ここは温泉旅館だから大きなお風呂があるんだよね」

涼「ばあちゃんを待つ間に、ちょっと入らせてもらおうかな!」

涼「温泉温泉~♪」

7: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:40:02.74 ID:ryZ6M3Do0
ざぷーーん!

涼「はぁ~、あったまるなぁ」ほかほか

涼「やっぱり温泉は良いな~」

涼「落ちつく~」まったり

涼「落ち・・・」

涼「ううっ、全然落ちついてる場合じゃなかった」ぐすん

涼「浪人生は辛いよぉーーっ!」ぎゃおおおん

8: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:46:34.33 ID:ryZ6M3Do0
涼「はぁ、それにしても他のお客さん全然居ないなぁ」

涼「いったいどうしたんだろ?」


「~~~~」
「~~~」


涼「んっ、脱衣所で人の声が」

涼「なんだ、やっぱりお客さんいるんじゃないか!」

9: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:55:08.55 ID:ryZ6M3Do0
島村卯月「は~汗かいたねぇ美穂ちゃん」

小日向美穂「すみません、島村さん。買い出しのお手伝いお願いしてしまって」

卯月「いいのいいの!私だって買い物する予定だったんだし」

卯月「それより、お風呂入っちゃおうよ!」

美穂「はいっ」

ガラッ

卯月「あれ?先に誰かいる・・・」

美穂「へっ!?」びくっ


涼「ん?」

10: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 06:58:44.53 ID:ryZ6M3Do0
美穂「へっ、えっ、な、なんで・・・!?」ブルブル


涼「な、なななっ!なんでおん、女の子がっ!?」あたふた


卯月「美穂ちゃん?私メガネを外すと誰がいるかわからないんだけど、誰が入って・・・」

カチャ(メガネ装着)

卯月「はっ!?」びくっ


涼「なんで女の子がここにーー!?」ザバーンっ


卯月「きゃーー!!チカーーン!!」
美穂「きゃ~~っ!!」

11: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:04:59.56 ID:ryZ6M3Do0
涼「はわわわわっ!?す、すみませーーんっ!!」ドタバタ

卯月「きゃー!きゃーー!!チカンよーー!!」

涼「あわわわわぁっ!?」

涼(ううっ、しまった!僕、間違えて女湯に入っちゃったのかな!?)ドタバタドタバタ


塩見周子「おなかすいたーん♪」てくてく


どすーん!


涼「ぐえっ!」どさっ

周子「あいたっ!」

12: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:06:48.57 ID:ryZ6M3Do0
周子「ん?なんやあんさん。こんなところで素っ裸で・・・」

涼「ぎゃおおおおんっ!す、す、すみませーん!」ダッ

周子「あ、ちょぉ」


卯月「周子ーー!そいつ、そいつチカンよ!捕まえてーー!」タッタッタッタ


周子「チカン!?」


涼「ち、違うんですーー!!」ドタバタドタバタ

13: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:13:02.05 ID:ryZ6M3Do0
ライラ「なんの騒ぎや・・・って、ワオ!」

卯月「チカンよーー!!」

ライラ「なんやて!?チカン!?」

四条貴音「なに、チカンだと・・・面妖な!」

ライラ「素っ裸やった!チカンのうえに露出狂やで!」

貴音「・・・斬る!」チャキッ


涼「ぎゃおおおおんっ!違うんですー!違うんですー!」ドタバタドタバタ

14: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:16:19.51 ID:ryZ6M3Do0
涼「あわわわわわ、あばばばばば・・・」プルプル

卯月「ぜーぜーっ!とうとう追い詰めたわよ、チカン!」

貴音「覚悟は出来ているのでしょうね・・・」ギラリ

涼「違うんですぅ、僕は、その、男湯と女湯を間違えただけでっ!」ブルブル

周子「間違えるわけないやん」

涼「本当なんです!おばあちゃんの温泉旅館に泊めてもらおうとして来ただけでっ!」

15: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:20:21.82 ID:ryZ6M3Do0
卯月「温泉旅館?」ぴくっ

涼「は、はいっ!」

卯月「よくもそんな嘘が言えたものね、チカン!」

涼「嘘じゃないんです~~」ぐすっ

卯月「アンタねぇ、ここが温泉旅館だったのはずーっと昔の話よ!」

涼「へっ!?」

卯月「ここは今、男子禁制の女子寮!『女子寮・あいます荘』なのよ!!」

涼「じょ、女子寮!!?」ガーン

16: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:22:21.63 ID:ryZ6M3Do0
卯月「嘘つきのチカンには・・・」わなわなわなわな

涼「ま、待って!誤解なんです!!」ぶんぶん

卯月「鉄拳制裁!!!」

ぱこーーんっ!!


涼「ぎゃおおおおおおおおいんっ!」びゅーーん!

涼「げふっ・・・!」どさっ!


卯月「ふんっ!」ぷいっ

17: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:26:16.59 ID:ryZ6M3Do0
涼「うーん、うーん」ピクピク


ライラ「えらい吹っ飛んだで、あのチカン!」

卯月「当然よ!あんな奴!」

周子「それにしても、どないしよか」

美穂「け、警察とか、呼んだ方がいいのでしょうか・・・?」

貴音「本人は誤解だとか言っていたが、そうするべきだろうな」



律子「なんだなんだこの騒ぎは・・・」


卯月「律子さん!」

19: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:29:37.10 ID:ryZ6M3Do0
律子「ん?お前は、甥の涼・・・?」

涼「り、律子叔母さーーん!!」

律子「誰がオバさんだ!律子さんと呼べ!」ぽかっ

涼「あいたっ!?」

卯月「り、律子さん!?そいつ、そいつチカンなんです!」

涼「誤解なんです!ばあちゃんの旅館に来たら、そこが女子寮になってて!!」

涼「そうだ!ばあちゃんは、僕のおばあちゃんはどこに!?」

20: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:35:46.52 ID:ryZ6M3Do0
律子「ばあさんなら世界一周旅行に出て、もう一年も帰ってきてないよ」

涼「旅行!?」

律子「困ったもんさ。旅館を潰して女子寮にしたってのに、経営放っぽってプラプラしてるんだよ」

涼「そ、そんな!それじゃあ僕はどうしたら・・・」がくっ

律子「なんだ涼。お前宿無しか?」

涼「は、はい・・・」

律子「ならお前、この女子寮の管理人やれ!」

涼「・・・えっ!?」

卯月「はぁ!?」

21: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:37:55.86 ID:ryZ6M3Do0
涼「ちょ、ちょっと律子さん!?」

卯月「どういう事ですか律子さん!?」

律子「お前、今東大生だったろ。ここは東大からも近いし、孫のお前が責任持って女子寮を経営してくれると助けるしな」

涼「むちゃくちゃですよーー!!」


周子「と、東大生・・・?」

全員「えーー!?東大生!?」


涼「・・・へっ?」

22: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:41:54.14 ID:ryZ6M3Do0
周子「そうかそうか!あんた東大生かー!いやぁ、賢そうな見た目しとるしな!」

卯月「ちょ、ちょっと周子!?」

美穂「すごいです・・・!」

卯月「美穂ちゃんまで!」

涼「あ、いや、そのっ」

貴音「うむ。本人も誤解だと言っていたことだし。管理人として男手があった方が助かるぞ」

涼「いや、だからっ、そのっ!」

ライラ「なーなー、東大生ってすごいんか?」

涼「え、まあ、日本の最高学府なので・・・」

23: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:45:40.19 ID:ryZ6M3Do0
涼(って、ちがーう!!)

涼(僕は、僕は東大に入学できなかった、ただの浪人生なんですーー!!)

涼「あのっ!

周子「いやー、一時はどうなることかと思ったで。身元の怪しい奴やったら警察沙汰やもんな!」

涼「あ・・・」

美穂「あ、あのっ、良かったら、勉強とか教えてもらえたら・・・」

律子「これで私も店の他に女子寮の面倒を見なくて済む。やってくれるな、涼?」

涼「・・・」

涼「は、はいっ!お任せくださいっ!!」

24: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:49:01.07 ID:ryZ6M3Do0
涼(い、言っちゃったぁ~~!!)

涼(東大生を騙っちゃったよぉ~~~!!)ぎゃおおおん


卯月「ちょ、ちょっとみんな!?おかしいじゃない!こいつはチカンなのよ!?」

周子「それは誤解やいうことになったやん、卯月」

卯月「誤解だとしても!ここは女子寮なのよ!?男子禁制のっ!!」

律子「管理人は誰でもいいだろ」

卯月「そ、そんな!」

卯月「~~~~っ!」キッ

涼「ひっ!」びくっ

25: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:56:42.02 ID:ryZ6M3Do0
卯月「私はアンタが管理人なんて、絶対に認めないんだからねっ!!」

涼「あわわわわわ・・・!」

涼(ううっ、嘘がバレたらどうなるんだろ、僕)ぐすん


周子「それじゃあ新管理人に乾杯や!みんな、飲むでー!」

貴音「うむ。らぁめんの出前も取りましょう」

美穂「私、お料理作りますっ」

ライラ「ウチは食べるだけやー♪」

卯月「まったくもう。みんな騒ぎたいだけなんだから・・・」

26: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 07:59:33.99 ID:ryZ6M3Do0
周子「それでは!我らがあいます荘と、その新管理人就任を祝い!」

全員「かんぱーーい!!」

涼「あ、あははっ、かんぱーい!」

涼(こうなったら、ヤケだ!)

涼(とことんまで・・・管理人をやってやるぞ!!)


涼「秋月涼、このあいます荘の管理人、頑張らせていただきまーす!!」


周子「あはは、いいぞー!」ケラケラ

ライラ「いいぞートーダイ!」きゃっきゃ


卯月「・・・」ぷいっ

27: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 08:03:52.98 ID:ryZ6M3Do0




監督「カット!」

監督「よし、OK!ドラマ『ラブます』第一話撮影終了!みんなお疲れ様でした」


涼「お疲れ様でしたーー!」ぺこり

卯月「お疲れ様でしたっ!」ペコペコ

ライラ「お疲れ様でございます」

周子「お疲れ~」

28: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 08:08:31.81 ID:ryZ6M3Do0
涼「島村さん、お疲れ様!」

卯月「お疲れ様でした秋月さん!ううっ、なれない事ばかりで、ご迷惑をおかけします」ペコペコ

涼「い、いえ!僕こそ変な芝居になってまければいいんですがっ!」ペコペコ

律子「あはは、なんで主演二人がペコペコし合ってるのよ」

美穂「卯月ちゃんのツンデレキャラ、新鮮で良かったですよ♪」

卯月「うぅ~、ホントですかぁ美穂ちゃん?」

美穂「はい、可愛かったです!」にこっ

29: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 08:18:26.23 ID:ryZ6M3Do0
ライラ「わたくし、関西弁は難しいございますよ」

周子「あたしもがっつり地元っぽくしゃべるの久しぶりだからなー。これイントネーションおかしかったりしたら笑えるよねー」

貴音「わたくしも、ところどころ言葉使いが素だった気が・・・」

律子「貴音の場合は演技しない方が面白いのかもね。もともとかなり原作からアレンジした配役だし」

貴音「そんなものでしょうか?」

30: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 08:24:45.23 ID:ryZ6M3Do0
涼「みなさん、改めてこれから最終回までよろしくお願いします!」ぺこり

卯月「はいっ!島村卯月、がんばります!」

美穂「楽しいドラマにしましょうね!」

律子「はいよー。私たちはラジオ番組でもしっかり盛り上げていくかたね」

周子「ラジオいっしょよろしくねー律子さん」

貴音「フフフ、ならばわたくしはエンディングテーマでの音楽番組出演が決まっていますので、たくさん番宣しておきましょう」

ライラ「ライラさんはマイペースでがんばるです」

涼「ええ、がんばりましょうね!!」

31: ◆WxXh66dpxA 2016/02/07(日) 08:28:30.24 ID:ryZ6M3Do0
終わり

なんか周子さんってそのままキツネっぽいから書いてみた
複数の事務所からアイドルが集まってドラマ撮影とかするのかなーと思いながら配役妄想してみた

第一話というのは作中の話で、特に続きの予定は無いのでこの辺で終了です