1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/28(木) 13:24:53 ID:GCbz.N0E



 765プロ事務所



P「……」カキカキ

P「ふぅっ、事務仕事おわりっと」


P「……」

P(それにしても、失敗した。年末の国民的歌番組で、うちのアイドルが出たのは良いんだが、そのトークコーナー)



P(まさか俺がステージ上まで呼び出されて、アイドル達から「ありがとうございます!」と言われるサプライズを受けるとは……)

P(いや、それも良い!! 感動してボロ泣きしたし)


P(問題は、そのシーンが瞬間最高視聴率を取り、アイドルでも無い俺がちょっとした有名人になってしまった事だ!!)

P(何をするにも、『765プロのプロデューサー』だとバレてしまう事なんだ……)

引用元: P「三万だ……」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】
765PRO ALLSTARS
日本コロムビア (2016-02-17)
売り上げランキング: 93
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/28(木) 13:34:50 ID:GCbz.N0E


P(こんな安月給にこんな激務、たまに行く夜の店がストレス発散になってたのにぃぃ!!)ギリッ

P(行ったら絶対、週刊誌へ情報流されるしなぁ……はぁぁっ)ガクッ


P(アダルトショップに行った時も)

店員『常連さん、765のプロデューサーだったんスね!? 常連さんの為に、新作の「アナドルマスターチ◯コフ◯ラガールズ」のBlu-rayをキープしてたっス!!!』



P(……)

P(もう二度と行けん……)


P(だからまぁ、長い前フリだったけど何が問題かって、つまり)

P(俺はオカズが欲しいんだ!!)クワッ

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/28(木) 13:41:25 ID:GCbz.N0E


P(ちょうど今、事務所にはアイドルが一人。ソファーに座って雑誌を読んでる真だけ)チラッ

P(『パンツをくれと交渉』するなら絶好のチャンスだ!!)ガタッ


P「なぁ、まこと?」

真「ほえっ? 何ですかプロデューサー?」チラッ



P(テーブルを挟んだ向かい側のソファーに座り、気を落ち着かせ、相手の顔を真っ直ぐに見詰める)ボフッ

P「……」


P「真、三万だ……」

真「はい?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/30(土) 15:13:09 ID:JRytEhLI


P「……」

真「……」


P「ダメか?」

真「すみません。あの、何がですか?」キョトン



P(レッスン後の今、お前の履いてるパンツが欲しい!!)クワッ

真「っ!?」ビクッ


P(しかし、そんな事を俺の口から直接言ったんじゃセクハラ……間違いなくアウツ!! ここをクビになる)

真「プロデューサー?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/30(土) 15:22:03 ID:JRytEhLI


P「三万やろう真……」ニコリ

真「あのっ、ボクには理由がさっぱり」オロオロ


P(現物を見せた方が、欲に引っ張られて落とし易いんだったな)

P(だからおもむろに財布から諭吉を三枚抜き出し、真の前……テーブルの上に置く)ゴソゴソ



P「まこと……」スッ

P「三万やろう」


真「……」

真「ん……」ゴクリ

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/30(土) 15:33:31 ID:JRytEhLI


真「だ、だっ……だから、ボクには貰う理由がっ」チラッ

P「……」


P(一瞬だったが、差し出された金を見たな……そして、すぐには突き返さない)

P(恐らく、読んでいた雑誌に欲しい服か何かが載っていて、金が欲しいんだろう)



P(そう、つまり……何かしらのきちんとした理由が存在すれば、お金は欲しい。そんな所だ)

真「もしかして、ボクにして欲しい事があるんですか?」


真「あ、エッチなことは駄目ですからねっ!! なーんちゃって、あははっ」

真「そう言うのは、貴音とかあずささんに頼みますもんねー。で、そろそろ本当に教えてくださいよ? なんなんですか?」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/02(火) 12:11:40 ID:0CxGJBzw


P「……」

P(言える訳が無い。事務所のアイドルにパンツをくれなんて言ったら、確実にクビ!!)


P(だから、パンツをくれとは言わん。真が自主的にパンツを置いて行く……そう仕向ける!!)グッ

P「……」



P「さっき、見てた雑誌にさ?」

真「へっ? あ、はい。コレですよね?」スッ


P「ああ、何か欲しい服でも載ってたのか?」

真「えっへへー、実はそうなんですよ!! ここっ、ここっ、このページに載ってる服なんですけど、可愛くないですか!?」ペラペラ

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/02(火) 12:20:08 ID:0CxGJBzw


真「でも、値段が……」

P「三万八千円」


真「はぁっ、そうなんですよねぇ。今月も使っちゃったし、来月まで待たなくちゃ……」ガクッ

P「そうか」



P「じゃあ、4、5、と。五万ならどうだ真?」ゴソゴソ

真「五万なら足りますけど……って、そうじゃなくて、だから何なんですかプロデューサー!!」


P「まこと、五万やろう」

P「五万有れば、この服と、新品の下着まで揃えられるな?」ニコリ

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/02(火) 12:33:12 ID:0CxGJBzw


真「……」

真「はい? 新品の下着までって……」


真「あははっ、やだなぁプロデューサー。それだと、ボクの下着が欲しいみたいに聞こえますよ?」

P「まこと」



P「五万だ。五万やろう」

真「うっわーーっ、否定しないよこの人……」ドンビキ


真「だいたい、ボクのパンツに五万って」

P「……」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/02(火) 12:43:49 ID:0CxGJBzw


P「四万九千」

真「っ!?」ビクッ


P「十秒経つごとに減らす」

真「えっ? いや、あのっ」オドオド



P「四万八千」

真「あっ、あ、あっ、あっ」プルプル


P「四万七……」

真「まっ、待ってくださいよっ!!」ガシッ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 10:27:03 ID:rjoVCqhg


真「どうして減らすんですかっ!?」

P「パッと決めてくれないと、こっちも気持ちよく払えないからな」


真「うぐぐっ……」

P(よしっ、ここで悩んでると言う事は)ワクワク



真「プロデューサーが、欲しいんですよね?」

P「何の事か分からないけど、何かを貰えるなら貰いたいな」


真「はぁぁっ……まさかプロデューサーが、ボクのパンツをねぇ」

真「こう言っちゃなんですけど、すっごい変態だと思いますよ? それに、ボクのなんて可愛くないのに……」ゴニョゴニョ

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 10:37:03 ID:rjoVCqhg


P「なんの事かは分からないけど、真は可愛いと思ってるよ?」

真「ふぇっ!?」ピクッ


真「そっ」

真「そう、ですか……」プイッ



P「……」

真「うぅっ……」


真「分かりました!! 下着代の五千円だけ貰います!!」パシッ

P「ん? 残りの四万二千は?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 10:45:55 ID:rjoVCqhg


真「もっと安い服で良いんで、今度の休みにボクと一緒にお出掛けして、プロデューサーが選んでください!!」

P「……」


真「やっぱり、駄目、ですか?」チラッ

P「(パンツを貰えるならそれで)いいよ」ニコリ



真「っ!!」ガタッ

真「わっはーーっ♪ 本当ですかぁプロデューサー!? もうキャンセル無しですよ!?」


P「ああ。ちょうど休み同じだし、俺も予定を空けとくよ」ニコリ

真「じゃあじゃあ、ちょっと待っててくださいね!? ボク、トイレで脱いで来ます!!」タタッ

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 16:40:31 ID:rjoVCqhg


P(よしっ!! だいぶ出費が抑えられたぞ!!)グッ

P(それにしても、いまトイレで脱いでるんだよな……と、言う事は、ノーパンか)


P「ふむ」

P「ぐあああああっ、オシイ!! 今が夏なら、スパッツかショートパンツだっただろうに!!」



P「ジーンズだと、余り妄想が捗らないんだよなぁ……はぁっ」

P「いや、待てよ。ジーンズのファスナーを下げたら実はノーパンだったら、それはそれで」


真「プロデューサー♪」タタッ

P「やべっ、戻って来た!?」ビクッ

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 16:47:42 ID:rjoVCqhg


真「目、つむってください」

P「はい? なんでだ?」


真「いいですからっ、早くっ」

P「ああ。なんだか分からないけど、こうか?」パチッ



真「えへへっ、幾らボクでも、見られてると恥ずかしいんで……」テレテレ

真「それじゃあ、行きますよプロデューサー? せーーーのっ、えいっ!!」グイィッ


P「っ!? もがぁっ!?」

真「あははははっ♪ えーっと……ボク、先に帰りますねっ? お疲れ様でしたプロデューサー!!」タタッ

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 16:56:55 ID:rjoVCqhg



 ガチャッ バタンッ!!

真「うわあぁぁぁぁぁぁん!!」

真「やっぱり恥ずかしいよおおおおお!!!」タッタッタ


P(大声を出しながら階段を下りるなって)

P(しかしまさか、パンツを顔に被せられるとは……はぁっ、温かい)



P「ふがふが」

P(なんか思いの外、かなり上手く行ったよなコレ?)


P「ふがふが、ふがふが」

P(財力にまだ五万は余裕が有るし、後もう何枚かはパンツを獲得できるな)

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 17:06:26 ID:rjoVCqhg



 数日後 765プロ事務所



P(使いまくってたら、真のパンツがついに擦り切れてしまった)ガクッ

P(今、事務所に居るアイドルは……ソファーへ座ってラーメン雑誌を読む貴音だけ)チラッ



P(これは、交渉に行くしか無い!! 臆するなよP!! お前は既に実践を経験しているんだ!!)

P(前回と同じにやれば、必ず上手く行くさ)スタッ


P「なぁ、貴音?」

貴音「はい? どうかなされましたか?」チラッ

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 17:17:32 ID:rjoVCqhg


P(テーブルを挟んだ向かい側のソファーに座り、気を落ち着かせ、相手の顔を真っ直ぐに見詰める)ボフッ

P「……」


P「貴音、三万だ……」

貴音「っ!?」



P「……」

貴音「……」


P「お前に、三万やろう」

貴音「あなた様……」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 17:27:50 ID:rjoVCqhg


P(テーブルの上へ、見せ付けるように金を置いて、と)スッ

貴音「あなた様に心よりの感謝を」パシッ


P「え゙っ!? ノータイムで取っちゃうの!?」

貴音「わたくしが以前より、最高級ふかひれらぁめんを食べたいと申していたのを、憶えていてくださったのですね!!」キラキラ



P「そんなこと、言ってたっけ?」

貴音「ふふっ。あなた様はまことにいけずです……そうで無ければ、このように昼食代を託したりはしない筈」ニコリ


P「あっ、これは昼食代じゃなくてだな」アセアセ

貴音「こうしては居れません!! 人気のめにゅう、すぐに向かわねば無くなってしまいます!!」ガタッ

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/03(水) 17:34:57 ID:rjoVCqhg


P「おい、貴音?」

貴音「さらばっ!!」タタッ


P「たかねえええええええええええええええ!!!」

貴音「外へいでよ、アクロバッター!!」




 ガチャッ バタンッ!!



P「……」

P「……」プルプルプルプル


P「オチが早いんだよっ!! なんで二人目でオチが着くんだ!!」バンッ

P「クソっ、まだ二万は余裕が有る、諦めんぞ!! 次のアイドルだ次のアイドル!!」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 14:55:36 ID:skR7YeD.



 翌日 765プロ事務所



響「はいさーい!!」ガチャッ

P「響キタ!!」


P「ひびきーーーっ!!」タタッ

響「なんだプロデューサー?」



P「二万やろう!!」スッ

響「ありがとねっ!! これで皆に豪華な夕食を食べさせてあげられるぞ!!」パシッ


響「さっそく買いに行くさ!! じゃあねプロデューサー!! ハム蔵も行くぞ!!」タタッ

ハム蔵「ヂュイ!!」スタタタッ

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 15:01:10 ID:skR7YeD.


P「ちょっ!?」ビクッ

P「……」


P「……」プルプルッ

P「……」プルプルプルプルッ



P「いいかげんに」

P「しなさーーーーーーい!!!」バンッ


P「おっとイケない。すぐに体をプルプルさせてしまう」

P「僕の悪いクセ……」クスッ

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 15:07:06 ID:skR7YeD.


P「……」

P「って」


P「あ゙あ゙あああああああああああああああ!!!」ゴロゴロッ

P「だからオチがはえぇんだって!! ワンクッション挟めやっ!!!」ゴロゴロゴロゴロッ



P「金もなくなっちまうしさぁ……」

P「うちのアイドルにはまず、人の話を聞くところから教えないと」


P「しかし、こうなったらもう……」スタッ

P「残る手段はアレしかない!!」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 19:45:25 ID:skR7YeD.



 更に翌日 765プロ事務所



美希「むにゃむにゃ……なの」

P(美希がソファーで横になって寝ている)ゴクリ


P(気付かれないように、何とかパンツを抜き取るしか無い!! そして買って置いた新品のパンツを穿かせる!!)

P(まずは、スカートの中に手を突っ込んで、そーっと、そーっと……)スゥッ



P(よし、後はずり下げるだけだ。起きるなよー)

P(この現場さえ押さえられなきゃ、なんとでも言い訳出来るんだ)スルスルッ


美希「んーっ……」モゾモゾ

P(っ!? ヤバい、起きたか!?)

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 19:50:26 ID:skR7YeD.


美希「むにゃむにゃ……」ボーッ

美希「ハニー?」


P(まだ寝惚けてるっ、なんとか誤魔化さないと!!)

P「にゃ、にゃあ……」




美希「あふ? イヌさんなの」ゴロン

P「猫だよっ!!!」


美希「へっ!? なっ、なにしてるのハニー!?」ビクッ

P「あ、やべっ」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/06(土) 19:56:50 ID:skR7YeD.



 数ヶ月後 刑務所 面会室




真「ボク、待ってますから……早く戻って来てくださいね?」

P「すまんな真」


真「いえ。その、好きで……やってる事ですし」モジモジ

真「あっ、それと今月分です」スッ



P「毎月、ありがとう真!!」ポロポロ

真「うわぁっ、泣かないでくだいよ。ボクので良かったら、こうして幾らでもあげますから……ねっ?」


P「俺、これからは真面目に生きるよ!!」

真「はい、期待してます!! また一緒にがんばりましょうプロデューサー!!」ニコリ

50: ◆uC4PiS7dQ6 2016/02/06(土) 19:59:21 ID:skR7YeD.


 ギャルゲーアイドルマスター

 真ルート トゥルーエンド


終わり