1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 12:03:19.64 ID:vfjx0Euk0
智絵里「私っ……ひくっ……怖くっ、てっ……」ポロポロ

愛海「さいっていだよね!?許せない!!」

P「……」

早苗「……」

乃々「……」

智絵里「やめてっ、もらおうとっ……したけどっ……やめてっ、くれなくてっ……」ポロポロ

愛海「幼気な女の子にそんなことする!?人として歪んでいるよ!!罪の意識ってやつが欠けているんだ!!」

P「……」

早苗「……」

乃々「……」

智絵里「私っ……もう怖いっ……ですっ……Pさん……!!」ポロポロ

早苗「智絵里ちゃん……怖かったわね……」ナデナデ

乃々「……これ……ハンカチですけど……使ってください……」スッ

智絵里「うっ――うあぁぁ……!」アーン

愛海「……駅員も警察、まったく役に立たないんだ……だけど、このまま泣き寝入りなんてあたしは悔しい!!
だから、皆で!!その犯人をとっちめてやろうよ!ねぇっ!?」

P「愛海……」

愛海「Pさん……!」ジー

P「……」チラッ

早苗「……」コクッ

ガシッ

愛海「えっ」


P「ち ょ っ と 署 ま で 来 い」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374807799

引用元: 智絵里「(やだ、痴漢……?)」ビクッ 愛海「……」 

 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 12:18:52.43 ID:vfjx0Euk0
愛海「冤罪だよ……」

早苗「皆そう言うのよ」

愛海「本当にあたしじゃないんだって!!」

P「じゃぁこれはなんだ」

愛海「それは……!」

早苗「……アイドル達から寄せられたアツイ被害届の簡易版よ」

P「だけじゃない。俺は……お前の蛮行を散々見て来た。それで……それでどうやってお前を信じろってんだよ!?えぇっ!?」

早苗「P君抑えて!!」

愛海「本当に今回はあたしじゃないんだよぉ!!」

P「前科百犯が何言ってやがる!!今回が百一犯目じゃないなんて誰が信じるか!お前がやったんだろ!?
お前が智絵里を泣かせたんじゃないのか!?」

愛海「違う、違うよ……本当に今回はあたしじゃないんだよ……信じてよぉ……」ヒックヒックッ

P「!? ……すまん、愛海……怒鳴って悪かった……だが、それは……無理なんだ……すまん……」

愛海「そんなぁ……」ポロポロ

早苗「愛海ちゃん……本当に、申し訳ない気持ちで一杯だけど……貴女を信用することは出来ない……
だってあたしも被害者だもん」

愛海「そうだけどさぁ……」ポロポロ

P「……愛海。今ならまだ間に合う。真剣に謝れば、智絵里だって許してくれるさ。後はクラリスの前でしっかりと罪を告白して、
今後努めて正しく生きれば、それで良いんだよ」

早苗「また、トップアイドルを目指す道に戻れるわ」

愛海「その頃にはアイデンティティが死んでるような気がするんですがそれは……」

P「……愛海、謝ろう?」

愛海「そんなぁ……」

バンッ

乃々「ちょっと待って欲しいんですけど……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 12:31:01.49 ID:vfjx0Euk0
P「……どうした、乃々?おじさんたち今大事な話しているから入ってきちゃ駄目だって」

乃々「あうぅ……プロデューサーの怒鳴り声、事務室の方まで聞こえてましたけど……いぢめですか……?」

P「!! そ、そうか……それはすまなかった。だがもう大丈夫だ……ほら、愛海。智絵里のところ行くぞ」

智絵里「あ、あの……Pさん……!」

P「智絵里!……ごめんなぁ、智絵里……俺がしっかりしていれば……お前に怖い思いなんてさせずに済んだのに……
ごめんなぁ……ごめんなぁ……」ポロポロ

智絵里「そ、そんな……Pさんは……私が……もっとしっかりした人ならきっと……!」ポロポロ

P「智絵里……!」

智絵里「Pさん……!」

乃々「あうぅ……話、再開しても良いですかぁ……?」

早苗「どうぞ」

愛海「あたしじゃないんだよぉ……信じてくれよぉ……」アーン

乃々「し、信じますけど……」

愛海「うっそマジ?ひゃっほー!!ちょっとプロデューサー!!聞いてる!?あ・た・し!犯人じゃないってさ!!」

P「どういうことだ……乃々……」

乃々「あうぅ……えっと、智絵里さんが……」

智絵里「Pさん。それは私から説明させてください……愛海ちゃんは、その、違うんです……」

愛海「だ っ て さ!どうするの、さっきあたしを散々恫喝して取り調べしてた二人とも? 
ね ぇ ど う す る の ????wwwwww」ニヤニヤ

早苗「ちょっと黙ろうか」

愛海「はい」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 12:56:44.78 ID:vfjx0Euk0
P「……感覚?」

智絵里「はい……」

P「そ、それだけか?」

智絵里「えっ……し、信じてもらえませんか……?」ウルッ

P「い、いや!そうじゃなくて……ただちょっと、理解が追いつかないというか……」

愛海「……あたしから説明するよ」

P「いや良い。……どういうことですか、早苗さん?」

早苗「……智絵里ちゃんから被害届が出たのは……愛海ちゃんがこの事務所に来てすぐ。
所属アイドル総勢による『棟方愛海拘束具着用運動』署名と一緒ね……それからは出ていない。
ということは、わかるわね?」

P「わかるわ」コクッ

早苗「それでいいのよ」

P「……愛海、正直に答えてくれ。それから何度智絵里にセクハラした?」

愛海「22,456回。全身くまなく」

P「……で、触り心地はどうだった?」

愛海「どれも最高でした」

P「正直に答えてくれて、ありがとう……なるほど、それだけ触られれば、こいつの
手つきを体が覚えるなんていうのも無理な想像じゃない……」

智絵里「うぅ……なんだか恥ずかしいです……!」カァァ

乃々「でも体は正直なんですけど……」

早苗「そうね。たとえ拘束しようとも愛海ちゃんには意味を為さない。それならば空気に撫でられる
ようなものだと思えばと悟ったアイドルも中にはいる。あたしのように、P君へのセックスアピールに
利用するのもまた……智絵里ちゃんは前者だったのね」

乃々「(必死に生きているんだな、皆)」

P「なんてこった……そんなことにも気付かず俺はアイドルにあんなことを……!
愛海……すまない……本当に済まなかった!どんな罰だって受ける!!だからこんな俺と、
良ければまた、トップアイドルを目指してくれ!!!」ドゲザ

愛海「どうしよっかなー♪ さぁっきあんなに怒鳴られちゃったからなぁー♪」

智絵里「……」スッ

愛海「ひっ!? や、やだなぁPさん頭上げてよぉ……もとはと言えば普段の行いが悪いあたしが悪かったんだからさ
もう良いよだからお願い早く頭あげてお願いしますからぁ!!」ドゲザ

P「ありがとう……愛海!」

愛海「う、うん……」ドキドキ

智絵里「ふふっ……」ニコッ

愛海「ひっ!?」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 13:19:20.33 ID:vfjx0Euk0
乃々「これで一件落着なんですけど……」

P「いやまだだ!まだ犯人の野郎はのうのうと生きてやがる!俺はそいつを断じて許したりはしない、必ず然るべき報いを受けさせてやる!!」

早苗「法的に発言はアウトだけど、まぁ、ね。気持ちは解からなくもないわ。何せ被害者が智絵里ちゃんだからねぇ?
お姉さんも俄然やる気が出てくるってもんよ!」

愛海「こうなったら乗り掛かった船ってやつだね!たどり着くのが桃源郷でないとしても、最後まで付き合うよ、犯人捜しをさ!」

智絵里「皆……!」ジーン

乃々「頑張ってください。応援してます」スタスタ

P「乃々、これを解決するにはお前に掛かっている」ガシッ

乃々「そんなわけないんですけど……もりくぼに出来るのは自宅で誰にも邪魔されずひっそりと皆の健闘を祈ることくらいなんですけど……」

P「……あの時、お前が此処に入って来てくれて助かったよ。じゃなきゃ、俺は愛海に取り返しのつかないことを……」

乃々「あれは棟方さんの自業自得の感が否めないんですけど……」

P「もしもあのまま愛海に嫌疑を掛けたままで居たらと思うと俺は……俺は……!
いざってときに、お前が居てくれないと、俺、駄目みたいなんだ……だから、側に居てくれないか?」

乃々「そういうのはロマンチックな夜景を背に聞きたかった……いや、ホワイトクリスマスの夜に街の大きなモミの木の下?卒業式とか、上京するつもりだったもりくぼを引き留める幼馴染もしくは同級生P……うぅ……夢が広がるんですけど……」

P「俺と一緒に来い、乃々!」

乃々「はいっ! ――いや、あの……えっと……あうぅ……」

智絵里「茶番もう止めにしませんか?」ニコッ

愛海「はいっ! ――いや、あの、えっと、つい……えへっ☆」ペロッ

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 13:44:07.55 ID:vfjx0Euk0
P「さて、そんなわけで捜索本部隊が出来たわけだが。で、早苗さん。此処からどうしたらいいの?」

早苗「んー。まぁ、現場に行ってみるのが無難なんじゃないかな?」

智絵里「っ……!」ビクッ

愛海「大丈夫。智絵里さんの体は一人だけのものじゃない。あたしが護るよ」モミ

智絵里「うんはい」

P「こんな感じか」

乃々「目に生気がないんですけど……」

早苗「怖い思いをした子を現場に連れてくのは、有力ではあるけれど、ちょっと気が引けるのよね……。
……どうする、智絵里ちゃん?」

智絵里「だ、大丈夫です……Pさんが……一緒に居てくれるなら……」

愛海「」チーン

P「安心しろ、智絵里。今度こそ、お前は必ず俺が護る」

智絵里「Pさん……!」

乃々「あのぉ……二人だけの世界に入らないで欲しいんですけど……
うぅ……誘っておいて放置なんていぢめですか……?」

早苗「それじゃぁレッツゴー」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 14:03:45.36 ID:vfjx0Euk0
P「というわけで道中凛わんとみくにゃんを拾った訳だが」

凛「ちょっと凛わんってどういう意味?」

前川「あの、今みくにゃんって呼ぶの止めてもらえますか?」

P「何故にゃん?みくはどんなときも自分を曲げないんじゃなかったかにゃん?」

前川「止めてください。嫌がらせのつもりなんでしょうけど猫なで声が心底気持ち悪いんで本当に止めてください」

P「お前それ以上罵倒したら今日のダイヤが一つずれることになるぞ覚悟しろよ!俺は跳ぶときは跳ぶ男だからな!」

凛「プロデューサー、みくに絡むときって凄く良い顔するよね。別にどうでも良いけど」

愛海「拗ねてる凛さんも可愛いよ」モミ

凛「こんなところで何してるの?急な仕事、ってわけじゃないよね?」

乃々「じつはかくかくしかじかなんですけど……」

凛「許せないね。愛海、正座」

愛海「良いの??後悔しちゃうよ???」

凛「早苗さん。私が今愛海に胸触られていたの見てたよね?」

早苗「うん、バッチリ」

愛海「ごめんなさい」ドゲザ

凛「智絵里、怖かったね」ナデナデ

智絵里「凛ちゃん……!」グスッ

前川「……そういうことですか。なら遊んでいる暇なんて無いでしょう。私に出来ることならなんだって協力しますよ?」

P「お前本当誰だよ」

前川「猫の手も借りたいでしょう?」ニヤリ

P「にゃん……!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 14:20:27.12 ID:vfjx0Euk0
早苗「智絵里ちゃん、大丈夫?」

智絵里「はっ、はいっ……み、皆が居てくれるから、なんとか……」ドキドキ

早苗「無理そうなら直ぐに言ってね?」

愛海「あたしらが乗ってるのはあの線だよー」

前川「あれですか。事務所の子も何人か利用していますが、愛海ちゃん以外の痴漢の話は聞かないですね」

P「なぁ、やっぱさ、お前も愛海に触られても何も感じないの?」

愛海「いやそんなことないよ?」モミッ

みく「にゃっ!? こ、こらー!」

乃々「あっ、みくさんいたんですか……気付かなかったんですけど……」

みく「えっ、ひどくない?」

乃々「あれ……?さっきの眼鏡を掛けた人は迷子ですか……?」キョロキョロ

みく「ひどくない?」

P「……」スッ

みく「……わかったにゃ……もうみくにゃんでいいにゃ……」ポロポロ

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 14:47:10.75 ID:vfjx0Euk0
P「一時間往復してみたが、収穫はなかったな。せいぜいみくにゃんサプライズソロライブくらいか」

凛「流石はプロデューサーだよ……ネコミミだけじゃなくてマイクまで持ってるなんて……」

P「っていうかあれのおかげで犯人が見つからなかったんじゃないか!?どうすんだよ前川ぁ!!?」

みく「……うるさい……黙れ……」ゼェゼェ

P「まぁ新譜の宣伝になっただろうから良しとするか……智絵里、ごめんな?」

智絵里「い、いえ……寧ろ……みくちゃんのおかげで、ちょっと楽しかったです……なんて……」

みく「……」b

乃々「今日はもう帰って良いですか……?」

P「そうだな。凛とみくはわざわざ済まなかったよ。気を付けて帰れな」

みく「ちょっと……みくもう……立てないんだけど……」ゼェゼェ

P「俺はお前を信じてるぞみく!」

みく「ひどいとかそういうもんじゃない。お前は最低だ」

P「解かったよ。後でおぶって寮まで連れて行くから、休んどけ」

みく「……お姫様だっこ」

P「はいはい」

みく「にゃー♪」

乃々「それじゃぁ、失礼します」

P「待て乃々。お前と早苗さんはこれからバラエティだろうが。さらっと帰ろうとするな」

乃々「……むーりぃ……」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 15:07:04.11 ID:vfjx0Euk0
P「智絵里、愛海も用意しろよ。おっ、みく。また体重増えたな」ガリッ

智絵里「はっ、はいっ!私達も行こう、愛海ちゃん?」

愛海「……智絵里さん、あの時……泣いてたよね……」

智絵里「えっ? あっ、えっと……」

愛海「駅に着いたら、すぐにあたしにぶつかって、それで……」

愛海「あたしは……何をしていた?」

P「何って……お前の事だ。痴漢だろ」

愛海「そう、痴漢。痴漢してたの」

P「早苗さん」

早苗「確保ー」

愛海「あぁいやじゃなくて!いやそうなんだけど、違うんだよ!」

P「何が違うってんだよ……いやまぁ、智絵里にじゃないんだろうけどよそ様に迷惑掛けたんだから謝罪と
クラリスへの告解をだな」

愛海「だから!よ・そ・さ・まじゃないの!!」

愛海「そうだよ!!あのときあたし痴漢してたんだよ!!」


愛海「でもそれは――!!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 16:08:44.10 ID:vfjx0Euk0

 流れ込んでくる人波の中に彼女を探す。……居た。彼女だ。その姿は、間違いなく、人気アイドル渋谷凛だ。
クールで垢抜けた雰囲気、だけれど、隠しきれない年相応の幼さ。それこそが彼女の人気の秘訣である。多くの男たちが狂気に犯されながら求める、まさにアイドルの鑑。
 
 彼女を決して見失わないように注視する。歩みを止めると、私も立ち上がり、人垣を縫って彼女に近づく。人を一人挟んで、彼女の後ろに付いた。彼女は音楽を聴きながら、周囲にはまるで警戒を払っていない。当然だ、此処は女性専用車両なのだから。

 私は今一度グローブを嵌め直した。後は次の駅で人垣が裂け、彼女の真後ろに立つ機会を待つだけ――。

 雑念が去った。まさに虚心坦懐として、私はそれに従事出来る。鬼と、悪魔と、金の亡者と罵られ続けた私には相応しい残忍さだ。そうして、私は昨日、一人の少女に犠牲になってもらったのだから。彼女、渋谷凛にも同様となってもらう。これは仕方がないことなのだ。アイドルと、偶像となってしまった彼女たちには避けられぬ運命……呪うなら、自分の選択を呪うしかない。

 車内が大きく揺れ、人垣もまた乱れる。運良く渋谷凛の後ろに付いた……好都合。駅に着いた瞬間に彼女に接触する。念のため周囲を確認したが、木場さんや東郷さんのような抜け目のない輩ではない。両脇には、何処かで見たことが在る気がする眼鏡の女学生と長身の女性だけだ。心から待ち遠しかった。というのに、その瞬間はあっという間に私の元へたどり着いた。――今だ!

 私は瞬時に渋谷凛の全身に触れようとした――が。

「……何やってんですか、ちひろさん……」

 その腕は掴まれ、聞きなれた男性の声が、それほど大きな声だったわけでもないのに、私の頭の中で劈いた。振り向くと、長身の女性からはかつらがとれており、見慣れた顔がそこにあった。


「Pさん……」

「……愛海ちゃんの言うとおりだったわけですね。でも貴方が……何故ですか?ちひろさん」

「……貴方は、誰?」

「みく。はいネコミミ」

「……前川みくです、にゃん」

「……そう。なるほど……はめられたのね、この私が……」

 今はネコミミを付けただけだが、確かにその姿にはネコアイドルみくにゃんの面影があった。

「なるほど……そういうこと……――ならばこの心の余裕は――」

「……いやぁ、良い体してますねぇ」

 扉は音を立てて閉まる。列車が動き出すと――私は愚かさを全て自覚した。あの残忍だと思っていた心の凍結は、全て彼女への諦観が起こした錯覚なのだと。そして今回のフルリアルフィギュア計画の要諦であった、CGガールズたちが持つ不感症もまた棟方愛海にのみ限定されているということを……なるほど。
だからか。先日私が緒方智絵里の身体データを収集した直後、事務所に行くことが出来なかったのは……彼女に対する、罪悪感から……。

「……どうして、こんなことになっちゃったのかな……」

「ちひろさん……まだ間に合います。智絵里に謝って、凛にも……ね?クラリスに告解すればきっと」

女「駅員さん!あの男性女性専用車両に乗ってるんですけど!!」

P「うっおやっべ!」パリーン

 通報されそうになったPさんが窓ガラスを突き破って脱出しました。

「……どんな罪だって、自分で悪いことをしたと認めれば、償うチャンスはきっと貰え」

 と、愛海ちゃんが言うと、

駅員「ちょっと君、良いかな?君さ、●×線での痴漢の常習者でしょ?」

愛海「うっおやっべ!」パリーン

 連行されそうなった愛海ちゃんは窓ガラスを突き破って脱出しました。

「……お客さんたち、あの二人の知り合い?」

ちひろ「さぁ?」

凛「誰ですかあの人たち」

前川「知らないにゃぁ」

駅員「にゃぁ?」

前川「!?にゃっあっ、あっ、あっ――」


 間もなくしてその少女が大人気ネコアイドル前川みくだと発覚すると車内は騒然となり、三時間に渡る前川みく緊急ソロトレインライブが開催された。
かくして前川みくのニューシングルはオリコンチャート一位を獲得しみくはその存在を全国に轟かせたのであった。


ワールド前川END